★阿修羅♪ > 国際30 > 300.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
事実が明らかにされないまま進むCOVID-19の恐怖劇場(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/300.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 3 月 05 日 11:57:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

事実が明らかにされないまま進むCOVID-19の恐怖劇場
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202103040001/
2021.03.04 櫻井ジャーナル


 WHO(世界保健機関)のパンデミック宣言でCOVID-19(2019年-コロナウイルス感染症)騒動は始まった。2020年3月11日のことだ。

 パンデミックを宣言するためには深刻な死者数が存在する必要があったのは過去のこと。今では深刻な死者数は定義から削除されている。2009年1月から10年8月にかけて「新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)」が流行したが、その直前のことだ。

 パンデミックの判断はWHOのSAGE(専門家諮問会議)が行うが、そのメンバーの過半数は大手薬品メーカーやビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団と緊密な関係にあることが知られている。2009年から10年にかけてのケースではオランダのアルベルトゥス・オステルハウスが製薬会社を大儲けさせるWHOの判断に重要な役割を果たした。SAGAと医療業界との癒着を批判する声に対し、WHOは「​​正当な理由はないものの、理解はできる」としている。

 豚インフルエンザのパンデミック宣言はすぐに嘘だと判明するが、これについてWHOは次のように弁明している。感染者のほとんどは軽いインフルエンザの症状を示すだけで、治療を受けなくても1週間以内に回復すると説明し、そのパンデミックは中程度だと評価していたというのだ。季節性のインフルエンザでもパンデミックを宣言できそうだ。それにもかかわらず、人びとは「パンデミック」という表現に恐怖したというわけである。

 軽いインフルエンザの症状を示すだけで、治療を受けなくても1週間以内に回復するような場合でもWHOはパンデミックを宣言するということだが、有力メディアや各国政府は「パンデミック」という用語を黒死病のような伝染病が蔓延しているかのように宣伝してきた。

 COVID-19のパンデミックが宣言された際、疑問が投げかける専門家は出てきた。そのひとりがベダ・M・スタッドラー​​。スイスにあるベルン大学の免疫学研究所で所長を務めたことのある学者で、彼はつぎのようなことを指摘している。

 SARS-CoV-2(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2)はSARS-CoV-1や風邪の原因であるベータ・コロナウイルスと近く、新型と呼ぶことはできない。また人びとがSARS-CoV-2への免疫を持っていないという主張は間違い。免疫システムが機能していることは確認されている。

 COVID-19騒動への道を切り開いく出来事が中国湖北省の武漢で起こったのは2019年12月のこと。​27名の肺炎患者が見つかり、そのうち7名が重症だった​。そこでWHOへ報告し、パンデミック宣言につながる。

 詳しい調査をしないまま原因はコロナウイルスだとされ、WHOはそのウイルスにSARS-CoV-2(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2)という名前をつけた。1月の段階で推奨されていた病名は2019-nCovだが、WHOは2月11日にCOVID-19と決める。

 病名が決まる直前、世界の人びとを武漢で発生した病気に注目させる出来事が起こる。ダイヤモンド・プリンセスというクルーズ船に乗っていた10名が武漢で見つかった病気に感染しているとされたのだ。2月4日のことだった。

 その日、クルーズ船は横浜から出港する予定になっていたが、出港は中止、乗員乗客3700名は隔離状態になった。7日には感染の確認された人が61名に増えたとされている。病気の感染力が印象づけられた。

 そうした状況になったクルーズ船だが、神戸大学病院感染症内科の岩田健太郎教授によると、常駐してるプロの感染対策の専門家がいなかった。そのためか、感染対策はお粗末だったようだ。

 このクルーズ船を所有しているのはカーニバルPLC。2003年にP&Oプリンス・クルーズとカーニバルが合併して誕生した。P&Oプリンス・クルーズは2000年にP&Oグループから分割されている。

 カーニバル社は1972年、イスラエル系実業家のテッド・アリソンによって創立された。アリソンは1924年、イギリスが委任統治していたテル・アビブで生まれた。1952年にアメリカへ渡り、そこで66年にノルウェー人のヌット・クロステルとクルーズ船の会社を設立したが別れ、72年にイスラエル系実業家のメシュラム・リクリスから支援を受けて創設したのがカーニバル・クルーズ。1993年には社名をカーニバルへ変更した。

 豚インフルエンザの際にWHOが説明しているように、パンデミック宣言が危機的な状況にあることを意味しているわけではない。そういう弁明が成立するようにパンデミックの定義は変更された。ところが大多数の人びとのパンデミックという言葉に対する印象は変更されていないため、恐怖を感じることになる。詐欺師がよく使う手法だ。

 ところが、当時のアメリカ大統領、ドナルド・トランプはロックダウン(監禁策)に抵抗する。そこで恐怖を煽るために死亡者数を増やす通達が出された。

 宣言から間もない4月8日、スコット・ジャンセン上院議員はCOVID-19として矛盾がないならば、死亡診断書に死因をCOVID-19と書き込んでいるとFoxニュースの番組で話していた。COVID-19に感染していたことにすれば、病院が受け取れる金額が多くなることが大きいという。

 こうしたことが行われるようになった理由のひとつはCDC(疾病予防管理センター)の通達。死亡した患者の症状がCOVID-19によるものだと考えて矛盾しないなら、死因をCOVID-19として良いというのだ。同じ趣旨の通達をWHOも出している。

 こうした通達によって死亡したPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)検査陽性者の多くはCOVID-19が死因だとされることになった。CDCのガイドラインが変更される前の基準で出される数値は後の基準で出される数値の6%程度になるという。

 現在、PCR検査の陽性者をCOVID-19と見なしている。PCRは微量しか存在しない特定の配列の遺伝子を増幅する技術で、増幅の回数(Ct)を増やしていけば医学的に意味のないほど微量の遺伝子があるだけでも陽性にできる。そうしたこともあり、この技術をウイルスの検出に使うべきでないとPCRを開発したキャリー・マリスは語っていた​​。

 ​​PCRを病原体の検査に使うと「偽パンデミック」を作り出す危険性があるとニューヨーク・タイムズ紙も2007年に指摘していた。同紙によると、アメリカのニューハンプシャー州にあるダートマース・ヒッチコック医療センターでそうした事態が生じている。

 2006年4月にひとりの医師が2週間ほど咳き込み、他の医療関係者も咳をするようになり、百日咳の感染が疑われたのが始まり。そこで医療センターで働く1000名近くが簡易検査を受け、勤務から外される。そのうち142名が感染しているとされ、数千名がワクチンを接種する事態になったのだが、本格的な検査を実施しても百日咳菌に感染していた人は確認されず、通常の風邪だった可能性が高いことがわかったのだ。騒動が始まってから8カ月後、関係者は伝染病が発生したとする警報はまちがいだったことを知らされた。

 こうした間違いを引き起こした原因のひとつがPCRのような高感度の簡易検査だと指摘されている。PCRを過度に信じることは存在しない伝染病の幻影を作り出すことになるということだ。こうした問題をWHOも熟知していただろう。

 COVID-19への恐怖は事実ではなく、イメージに基づくものだが、武漢で肺炎患者がまとまって見つかったことは事実だろう。その原因を詳しく調べる必要がある。

 1918年から20年にかけて流行した「スペイン風邪」では多くの人が肺炎で死んだ。インフルエンザの感染が広がったとされているので、インフルエンザで死んだと思い込んでいる人は少なくないだろうが、解剖の結果、死因は細菌性肺炎だった可能性の高い​​ことが判明している。何らかの原因で細菌が世界規模で広がったということだろう。その直前に実験段階だった髄膜炎のワクチンが接種されている​​ので、それとの関係が疑われている。

 武漢で肺炎を引き起こした何らかの原因があるはずである。今のところ、それが何なのかは不明だ。

 その武漢には中国科学院武漢病毒研究所があり、そこから何らかの病原体が漏れたという噂がある。この研究所へはアメリカのNIH(国立衛生研究所)から研究費として370万ドルが提供されていた​​と報道されている。日本でもそうだが、研究者もカネに吸い寄せされるものだ。

 NIHの下部機関、NIAID(国立アレルギー感染症研究所)の所長を1984年から務めているのがCOVID-19対策を指揮しているアンソニー・ファウチ。このファウチと武漢病毒研究所の関係を疑う人はいる。

 また武漢病毒研究所はテキサス大学のガルベストン・ナショナル研究所やカナダのNML(ナショナル細菌研究所)と共同で細菌に関する研究を実施、タミフルやレムデシビルを開発したアメリカの製薬会社ギリアド・サイエンシズともつながる。ただ、この研究所から何らかの病原体が漏れ出て肺炎を引き起こしたとしても、それが全世界に広がった可能性は小さい。

 また​​2019年の夏、アメリカ陸軍の生物化学兵器の拠点であるメリーランド州にあるフォート・デトリックで数カ月間にわたって施設が閉鎖されたと伝えられている。廃液に絡む安全上の問題が発覚したことが原因のようだが、詳細は不明。この基地は旧日本軍の生物化学兵器開発に関する資料が持ち込まれ、研究者が働いた場所としても知られている。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[120947] kNSCqYLU 2021年3月05日 11:58:12 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[19724] 報告

2. 2021年3月06日 08:38:25 : WVTrv3HodI : OGhTMHhCbkNNLjY=[42] 報告

The boy said, "We didn't have money to vaccinate, so we were saved. We are going to raise sheep in this empty land.
One day, a mosquito sucked his blood, and the DNA altering virus spread all over the earth, and the human race was cloned to produce only identical people.
A capsule containing the DNA was launched into the universe.

The capsule arrived on a mineral life form's planet.
This human DNA contains a dangerous DNA modification virus. We are in danger of extinction. Melt the entire capsule.
The human DNA disappeared from the universe.


少年は言った「僕らはワクチンを打つ金がなかったから助かったんだ。この誰もいなくなった土地で、これから羊を増やすんだ」 。
ある日、蚊が血を吸った。DNA改変ウイルスは全地球上に広まり、人類は、クローンで同じ人間しか生まれなかった。脳のないコピー人間しか生まれなくなった。DNAを記録したカプセルが全宇宙に向けて発射された。

鉱物生命体の惑星に、カプセルが到着した。「この人間のDNAは、危険なDNA改変ウイルスを含んでいる。我々が絶滅する危険がある。カプセルごと溶かしてしまえ。人DNAは宇宙から消滅した。

3. 2021年3月06日 12:13:10 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[1213] 報告
新コロの
  ウイルスは存在しない
  検査はデタラメ
  死者数は水増しインチキ
  ワクチンがワクチンじゃない

この4点、専門家に説明させれば、それは正しいと納得できる
例えば、新コロウイルスが存在するという根拠となった中国人の論文は既に撤回されている
だから新たな根拠を提示しろ、ウイルスの遺伝子の塩基配列を示せってことで
それが不明なのにどうやってPCR検査してんの
普通に筋の通らない話なのだ

新コロの大嘘を世界中で強引に押し通している強大な力が存在するのだ

トランプやバイデンがこの真実を言ってもダメだろう
じゃあ、この真実を誰が言えば真実になるのか
複数のマスコミが言うことだろうな
取り合えずNHKと日テレで言えば、日本では真実として受け入れられるだろう

逆に言えば、世界中でそんなマスコミを支配している見えない強大な力が存在するということだ
我々はそこに気付かないといけない

4. 2021年3月06日 12:18:24 : KMszoiOlZg : REFaMWNiZzcyRFk=[406] 報告
目に見えないもので恐怖を煽る

マスコミを使った支配層の常とう手段

目に見えない故、否定することも困難なのだ
もちろん、存在を立証することも困難


死後の世界の存在→天国と地獄
神様の存在
余命の有無→数か月〜数年


5. 2021年3月06日 19:01:45 : 8ZOfzsUjXw : SmpsVDRtem00WS4=[141] 報告
嘲笑う 言葉遊びを 刷り込んで
6. 2021年3月06日 19:32:17 : sKEgogb6kk : R1ZVUk9KQmpLQ00=[8] 報告

全てはペテンから始まっている。
そして100年前のスペイン風邪と同じく、毒物注射による大量殺戮が行われようとしている。

>【死者の大半はワクチン接種者】スペイン風邪 その伝染は予防接種が原因だった! 
  悪魔勢力による人口削減目的のヤラセだったのだ
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2020/06/post-789568.html
_____________________________________________
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/284.html#c7

●大衆は小さな嘘には騙されないが、大きな嘘には簡単にひっかかる。
アドルフ・ヒトラー(ナチス・ドイツ総統)

>サルでもわかる新型コロナのウソ__うつみん(内海 聡)のブログ
http://touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-600.html

>「おススメ!」:私達の体はウイルスだらけ それでもP○R受けますか?
25,578 回視聴 •2020/11/29 https://www.youtube.com/watch?v=12cflKk0buM
私達の体はウイルスまみれです。ウイルスを検出したからと言って病気であるとは限りません。
ウイルスが大量に増殖して初めて感染を起こすのでウイルス量を考えることが大切です。
新コロが存在する前提での話です。存在しないかもしれません。
__________________

横浜DP号から始まった「インチキPCR検査」とセットの新コロ詐欺。
電通支配の民放メディアは、連日連夜「新型コロナ・エクモ・死亡・感染拡大」と報道を続けた。
これは、メディアを使った典型的な「煽り・洗脳」であり、電通用語でいう「えっさっさ」である。
しかし、メディアリテラシーを持ち合わせない大衆は、それを無批判に受入れ、現在に至っている。

たとえ「虚報・捏造・デマ」であっても、メディアから繰り返し垂れ流されることで大衆は事実と認識し、虚報が事実あるとして社会が動いていく__という典型である。畢竟、社会を動かしているのは、垂れ流される情報の量であり、同時に大衆が驚くほど愚かであることを証明している。同じことが「自作自演の911」でも行われた。それは、「テロだ、アルカイダだ、ビンラディンだ」との洗脳である。

ちなみに、マスコミに対する日本人の信頼度は異常に高い。すなわち、騙されやすく洗脳されやすいということ。そのような背景があってこそ、捏造された支持率と連動したスターリン方式の改竄選挙が長期に繰り返されているわけだ。

>世界各国の「新聞・雑誌」や「テレビ」への信頼度をグラフ化してみる(2017-2020年)(最新)
http://www.garbagenews.net/archives/1102258.html

・・・以下略___________________________________

7. 2021年3月06日 20:51:03 : iUJ2wKVqW6 : WmdTOTgwUjU3TkE=[40] 報告
独裁国家が将来、反政府活動家を拘束して抹殺するには偽パンでミックをでっち上げることはとても、便利なんじゃないですかね。悪用されることが心配です。ロックダウンして人の往来を遮断すれば、秘密裏に反政府暴動などを弾圧できるんじゃないですかね。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際30掲示板  
次へ