★阿修羅♪ > 国際30 > 311.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
アメリカによる無益な中国封じ込め(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/311.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 3 月 07 日 18:17:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

アメリカによる無益な中国封じ込め
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2021/03/post-4301ad.html
2021年3月 6日 マスコミに載らない海外記事


Finian Cunningham
2021年2月28日
スプートニク

 アメリカの世界覇権は、中国「封じ込め」戦略に依存している。封じ込めというのは、攻撃や敵意や対決の婉曲表現に過ぎない。そしてこの戦略は失敗するのは確実だ。
 ワシントンの国家政策立案者は、対中国冷戦政策は、アメリカがソ連に対して勝ち得たと同様の勝利をもたらすと考えているように思われる。

 影響力のある大西洋協議会が最近公表した逸話は、中国を屈伏させ、最終的に北京で政権交代を引き起こす「封じ込め」を支持すると主張している。狙いは、アメリカを他に競争相手のない、世界唯一の覇権国家にすることだ。

 このような思考の問題は、今日の世界で、冷戦戦略を適用しても徒労なことだ。当時、世界は主に二極に分裂していたので、アメリカがソ連封じ込めに成功した可能性がある。ソ連は、経済関係の点で、世界の他の国々に対して、比較的閉じた組織でもあった。

 現在、世界は全く異なっている。二極対立ではなく、多極世界の現実があるのだ。世界経済は遥かに統合されており、中国は世界最大の経済になろうとしており、主要な輸出国、輸入国、投資国で、市場なのだ。

 前トランプ政権は、中国を脅して屈伏させようとして、三年前に中国に対する貿易戦争を開始した。だが、その政策は失敗した。トランプは、世界の多くの国々同様、アメリカ経済が中国に大きく依存している現実を反映して、アメリカ製造業者と消費者を傷つけたにすぎない。トランプの貿易戦争は、腹立ち紛れに、自分に損なことをしたのと同じだ。それは知性ではなく横柄さの愚行だった。

 バイデン新政権も、同様に、中国封じ込めに取りつかれており、誰がアメリカ大統領になろうとも、闇の国家の立案者と帝国政策は変わらないことを示している。

 バイデンはトランプの貿易戦争言説と戦術を中止しているかもしれないが、上で引用した大西洋協議会の文章が示すように、ワシントンは、アメリカ世界覇権の野望に、北京政府を屈伏させるため、依然、中国に打撃を与え、弱める狙いを推進している。

 アメリカ大企業資本主義は、世界支配獲得に依存している。提携や協力や多国間協調主義は、アメリカ資本の働きが忌み嫌うものだ。これが、アメリカの政策立案者が、中国や他のいかなるライバルと見なされる国々を打ち破らなくてはならない理由だ。

 だが多極世界と統合された世界経済の現実はアメリカ冷戦戦略を時代遅れにしている。

 トランプの「アメリカ・ファースト」教義と異なり、バイデンと民主党は西欧同盟諸国に対し、よりソフトな、見かけ上、より穏やかなやり方をしている。バイデンは、同盟者と「協力して」、大西洋両岸の同盟を改良すると語っている。

 だが、この新「協力」は、アメリカの目的を、よりうまく実現するため、中国に敵対的な陣営に、西洋同盟諸国を引き込もうというワシントンの狙いが本音だ。

 今月早々、G7サミットとミュンヘン安全保障会議の両方で、バイデンは、中国とロシアは、西洋「同盟諸国」にとって、敵で脅威だと繰り返し警告した。

 バイデンと闇の国家調教師にとっての問題は、西欧同盟国が中国とロシアを孤立させる彼の政策を受け入れる余裕がないことだ。それは彼ら自身の権益に有害なのだ。

 今週、環球時報が、コメントしたように、中国経済の活力は阻止できない。世界にとって、中国市場から切り離されるのは、アメリカ市場から切り離されるより、益々想定しがたくなりつつある。

 中国は、アメリカを超え、今や、欧州連合にとって最大の貿易相手だ。中国はドイツの輸出主導経済にとっての重要市場で、ドイツはEUの事実上の代表だ。ロシアも、ドイツとヨーロッパに、より安価な安定したエネルギーを供給する上で不可欠だ。

 ソ連に対してしたように、世界を分極化するワシントンの試みが成功することはあり得ない。それは徒労だ。中国とロシアが、しばしば語る多極世界は現実であり、国々の提携と協力が、唯一実行可能な進むべき道なのだ。

 アメリカの権力は、政治的、経済的環境が一変した世界に暮らす動きの悪い恐竜のようなものだ。そのやり方が期限切れで、もはや適用できない獣だ。

 もちろん、絶滅に直面して、死に物狂いの、衰退しつつあるアメリカ権力が引き起こす軍事対決の危険がある。だが幸い、中国とロシアは手ごわい軍事大国で、アメリカは実際の攻撃を考えることができない。(このような不測の事態を考えることさえできるとは何といまわしいことか。それが、人々にとっての、アメリカ権力の極悪非道な本質だ。)

 すると結局、こういう考察に至る。もし中国(ロシア)に対する、アメリカのパワープレーが徒労で、戦争は想像も及ばないなら、アメリカは一体どうなるのだろう?

 もしアメリカが、既に腐敗過程が進行中の内部破たんを避けたいと望むなら、アメリカ社会と資本主義経済は、何らかの方法で、より民主的で、平等主義の、劇的に遥かに少ない軍国主義経済に根本的に変わらなければならない。アメリカ人は、この難題のために結集して備えることができるだろうか?

 Finian Cunninghamは、国際問題について多く書いており、記事は複数言語で刊行されている。彼は農芸化学修士で、ジャーナリズムに進むまで、イギリス、ケンブリッジの英国王立化学協会の科学編集者として勤務した。彼は音楽家で作詞作曲家でもある。20年以上、ミラーやアイリッシュ・タイムズやインデペンデント等の大手マスコミ企業で、編集者、著者として働いた。

記事原文のurl:https://sputniknews.com/columnists/202102281082211919-us-futile-containment-of-china/

----------


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[121339] kNSCqYLU 2021年3月07日 18:17:48 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[20116] 報告

2. 2021年3月07日 19:32:00 : 8ZOfzsUjXw : SmpsVDRtem00WS4=[166] 報告
不利承知 面子のためさ 脅すのも
3. 2021年3月08日 00:43:58 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[8911] 報告
日本の軍国主義封じのために中国とズブズブの関係になって日本人には中国の覇権志向否定を説いて懐柔政策を行っていた米国民主党。日本の企業経営者がその言説を真に受けて日本から中国へと拠点を移した結果中国経済は激太り→米国の覇権を揺るがす、という事態になった。これは米国の身から出た錆。米国が衰退していっても構わないが日本を犠牲にすることだけは止めてもらいたい。
4. 2021年3月08日 07:16:59 : Nf2PcZ7ZZc : Z2E4eW1QcUxVaFU=[290] 報告
中国封じ込めなんかできるわけがない。
欧州は表面だけ見栄を張っているが既に没落して久しく、米国もトランプ革命を一時的に抑えた反動で、国内は第二次南北戦争前夜の状況まで追い込まれている。

包囲網なんて、既にボロボロなのだ。日本だって「反共の防波堤」気取りの安倍政権は既になく、親中派の二階幹事長が上手に親中族議員を育てながら、菅首相というボロ看板を隠れみのに、日本国を少しづつ米国べったりから中国側へとシフトさせつつある。攻撃も激しいが、どうしてなかなか老獪にしのいでいる。

このままズルズル時間が経過すれば、遠からずバイデン政権の米国なんか自滅・分裂するが、そう簡単にはいかないと思う。今年中にも何らかの波乱が多分ありそう。……できれば、あまり無茶な事は起きないで欲しいが。

5. 2021年3月08日 15:10:56 : oyZaIFcmqk : MllDcjNWVHpBMmc=[512] 報告
ときどきどこかを爆撃しないとアメリカの兵器産業はやっていけない。事実をみればいつもどこかで戦争をしているだろう。
6. 2021年3月08日 19:02:12 : 8KPH0YKPV2 : bDA3ZTNVc0paNmc=[7] 報告
アメリカンファーストっていうのは米国に迫る勢いのあるbQ国はたたき潰すという意味
かつてクリントン政権のころ日本もダンピングで叩き潰されてる。
7. 2021年3月13日 09:38:32 : GEeoUrx4Y2 : NHlybGJJVjFia2M=[1] 報告
日本の学者やマスコミは、何事もアメリカを世界基準のように捉えるが、
世界的に見たら、そもそも第二次世界大戦前までは孤立主義の偏狭な異端の国。

第二次世界大戦後に主要国の中で戦場にならずに生産設備が破壊されず、唯一の供給者となったために世界一になっただけで特別に優れているわけではない。

軍事・経済で圧倒的だったので、おかしいと思いつつも嫌々と
世界が歩調を合わせていただけ。

奇しくも現在のコロナウイルス世界大戦で最大の供給者である中国と瓜二つなのだ。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際30掲示板  
次へ