★阿修羅♪ > 国際30 > 310.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
ドルを崇拝する人びとの末路(1/2)(2/2)(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/310.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 3 月 07 日 13:45:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ドルを崇拝する人びとの末路(1/2)
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202103060000/
2021.03.06 桜井ジャーナル

 OECD(経済協力開発機構)の発表した加盟国の平均賃金が話題だ。日本は平均以下で、韓国を下回っているからだ。しかも、OECDはアメリカを中心とする西側諸国の集まりだが、落ち目である。



 アメリカの支配力を支えてきたのは基軸通貨であるドルを発行する特権。その特権がなければ各国のエリートを買収し、脅し、排除し、軍隊を世界に展開するといったようなことは不可能。その特権は世界の人びとがドルを交換の基本単位として認めているので成り立つ。貨幣を呪物として崇拝しているとも言える。カール・マルクスが言うところの「貨幣物神」だ。

 そのドル信仰を維持するために「ペトロダラー」の仕組みを作り、金融規制を大幅に緩和して投機市場を肥大化させた。「カジノ化」とも呼ばれたが、一種の金融マジックだ。

 しかし、ドル体制を支える金融システムが揺らいでいる。2008年9月にアメリカの大手投資会社リーマン・ブラザーズ・ホールディングズは連邦倒産法の適用を申請したが、この出来事は金融システムが危機的な状況にあることを世に知らしめた。このときはツケを庶民に回して乗り切ったが、その後も状況は改善されていない。

 そもそもカジノ化は行き詰まった資本主義システムを生きながらえさせるために導入された。生産を放棄し、投機でカネを回転させようとしたのだが、社会を実際に支えているのは生産活動であり、生産活動がなければ人間は生きていけない。

 しかし、経済のカジノ化を推進した人びとにとって商品やサービスはカネ儲けの手段にしかすぎない。生産活動に支えられている社会が見えていないとも言える。(つづく)



ドルを崇拝する人びとの末路(2/2)
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202103060002/
2021.03.06 桜井ジャーナル

 これまで資本主義の信奉者はシステムの行き詰まりを侵略と略奪で打開してきた。「帝国主義」、最近の用語を使うならば「グローバル化」だが、それも限界に近づいている。しかもドル信仰を放棄する国も出てきている。そうした流れの中心に存在しているのがロシアと中国。ドルを信仰している人びとにとってロシアや中国は「異教徒」であり、破壊の対象である。

 ロシアはソ連の中心国だったが、そのソ連とアメリカが核戦争の寸前になったことが何度かある。大韓航空007便がソ連領空を深々と侵犯、カムチャツカやサハリンにある軍事施設の上を飛行、モネロン島の上空で撃墜されたとされている1983年も非常に危険の状況だった。

 ソ連はアメリカが先制核攻撃を狙っていると疑っていたのだが、そう推測する動きは1979年頃に始まっている。この年の7月にアメリカとイスラエルの情報機関に関係する人びとがエルサレムに集まり、「国際テロリズム」に関する会議を開いたのだが、実際はソ連を攻撃するプロパガンダについて話あっている。彼らはソ連を「テロリズムの黒幕」だと宣伝することにしていた。この年にはズビグネフ・ブレジンスキーがアフガニスタンで秘密工作を始めていた。

 エルサレムでの会議を主催するために「ジョナサン研究所」が設立されたが、この名前は、イスラエル軍がウガンダのエンテベを攻撃した際に戦死したヨナタン(ジョナサン)・ネタニヤフの名前から採られている。この人物はイスラエルの現首相、ベンヤミン・ネタニヤフの兄だ。

 1979年にはアメリカやイスラエルの傀儡だったイランの王制が倒れている。1月に国王が脱出、4月に「イスラム共和国」の建国が宣言された。7月にニカラグアでアメリカの傀儡でイスラエルと緊密な関係にあったソモサ一族の独裁体制がサンディニスタによって倒されている。

 同じ年の12月、NATOは戦術弾道ミサイル、パーシングIIを1983年からの西ヨーロッパに配備すると決め、西側では反対運動が起こる。そうした中、反戦運動の活動家でもあったジョン・レノンがカムバック、1980年10月には5年ぶりのシングル「スターティング・オーバー」を、また11月にはアルバム「ダブル・ファンタジー」をリリースした。

 11月にはアメリカで大統領選挙があり、その投票でFBIの手先として生きていたロナルド・レーガンが勝利、副大統領にはCIAのジョージ・H・W・ブッシュが選ばれた。そして12月8日にレノンは射殺される。1981年10月に西ドイツで開かれた反核集会には約30万人が集まったが、レノンが生きていたなら、その規模は格段に大きなものになっていたと見られている。

 アメリカの動きを警戒、ソ連のKGB(国家保安委員会)とGRU(参謀本部情報総局)は1981年5月に合同でRYAN(核ミサイル攻撃)作戦を始動させた。一触即発だ。

 そうした中、1982年11月に中曽根康弘が内閣総理大臣に就任、翌年の1月にはアメリカを訪問する。その際にワシントン・ポスト紙のインタビューを受け、日本を「巨大空母」と表現して問題になった。

 同紙によると、中曽根首相は「日本列島をソ連の爆撃機の侵入を防ぐ巨大な防衛のとりでを備えた不沈空母とすべきだ」と発言、さらに「日本列島にある4つの海峡を全面的かつ完全に支配する」とし、「これによってソ連の潜水艦および海軍艦艇に海峡を通過させない」と語ったのである。

 この「不沈空母」という表現を誤訳だと騒いだ人もいるが、本質的な差はない。核戦争の危険性が高まっていた時、中曽根は日本をアメリカの空母、つまりソ連を攻撃する拠点にするという宣言したのだ。ソ連がアメリカからの攻撃に神経をとがらせていたことを知らなかったとするならば、日本政府に情報を収集する能力がないことを意味し、もし知っていたそうした発言をしたなら核戦争を始めるつもりだったということになる。

 中曽根の挑発的な発言から3カ月後の1983年の4月から5月にかけて、アメリカ海軍は千島列島エトロフ島の沖で大艦隊演習「フリーテックス83」を実施する。この演習には3空母、つまりエンタープライズ、ミッドウェー、コーラル・シーを中心とする機動部隊群が参加した。3空母の集結は尋常でない。演習では空母を飛び立った艦載機がエトロフ島に仮想攻撃をしかけ、志発島の上空に侵入して対地攻撃訓練を繰り返したともされている。

 この艦隊演習の4カ月後、8月31日から9月1日にかけて大韓航空007便がソ連の領空を侵犯している。NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)が設定したアラスカの「緩衝空域」と「飛行禁止空域」を横切っているが、NORADは反応していない。

 その後、航空機はカムチャツカを横切るのだが、その直前にアメリカ空軍の偵察機RC-135とランデブー飛行したと言われている。カムチャツカではソ連側の重要な軍事基地の上を飛行したが、ソ連側の交信記録によると、カムチャツカを横断する際に機影が一時レーダーから消えている。

 さらに領空侵犯機はソ連側の警告を無視して飛び続けした末にサハリン沖で撃墜されたとされている。通信の傍受記録を読むと、ターゲットになった航空機はモネロン島の上空で右へ旋回しながら降下したと戦闘機のパイロットから報告されているのだが、レーダーの記録を見ると左へ旋回している。この撃墜を利用してレーガン政権は大々的な反ソ連キャンペーンを展開した。

 レーガン政権は1983年11月にパーシングIIを西ドイツに配備しているが、その月にNATO軍は軍事演習「エイブル・アーチャー83」を計画、核攻撃のシミュレーションも行われることになっていた。

 これをKGBは「偽装演習」だと疑い、ソ連へ全面核戦争を仕掛けてくるのではないかとソ連政府は警戒、報復攻撃の準備を始めている。演習は5日間で終わるが、展開によっては核戦争になっていただろう。中曽根はそうした状況を作る手助けをしたわけだ。

 核戦争が回避された後、CIAはソ連を内部崩壊する工作を始める。その結果、1991年夏の段階でジョージ・H・W・ブッシュ大統領をはじめとするCIA人脈はイスラエルの情報機関を介してソ連の情報機関KGBの中枢と話をつけることに成功、ソ連を乗っ取ることで合意していた。ハンマー作戦だ。

 1991年の後半にはゴルバチョフを排除することに成功、欧米支配層の傀儡でこの年の7月にロシア大統領となったボリス・エリツィンが実権を握る。

 このエリツィンは同年12月にウクライナやベラルーシの首脳をベラルーシにあるベロベーシの森に集め、秘密裏に、国民に諮ることなくソ連からの離脱を決めてソ連を消滅させた。それ以降、約10年にわたってロシアを含む旧ソ連圏は西側の私的権力に支配されることになる。

 ソ連が消滅する直前、ゴスバンク(旧ソ連の国立中央銀行)には2000トンから3000トンの金塊が保管されていたが、後にそれが400トンに減っていることが判明した。CIAとKGBの腐敗グループが盗んだと見られている

 結局、アメリカはソ連を内部崩壊させることに成功したが、21世紀に入ってウラジミル・プーチンやその周辺がロシアを曲がりなりにも再独立させることに成功、シオニストの一派であるネオコンはジョー・バイデン政権を使い、ロシアを再び従属国にし、中国を制圧しようと目論んでいる。

 中国はケ小平の下でアメリカへ接近するが、そうした流れはリチャード・ニクソン大統領が1972年に中国を訪問した時から始まる。その後「四人組」の抵抗はあったが、そのグループは1976年に失脚した。その当時、アメリカでは新自由主義によるカジノ経済化が始まっていたが、その教祖的な存在だったミルトン・フリードマンが1980年に中国を訪問、新自由主義が中国に広まっていく。

 ところが、1980年代の後半になると新自由主義による社会の歪みが深刻化。1988年に実施した「経済改革」は深刻なインフレを招き、社会は不安定化する。胡耀邦や趙紫陽を後ろだととするエリート学生は「改革」の継続を求めたが、労働者などから不満の声が高まりから軌道修正を図ることになった。胡耀邦は1987年に総書記を辞任、89年に死亡。その死を切っ掛けに天安門広場で大規模な抗議活動が始まり、5月に戒厳令が敷かれた。

 この辺の事情は繰り返し書いてきたので今回は割愛するが、1989年1月からアメリカ大統領はCIA出身(エール大学でリクルートされた可能性が高い)のジョージ・H・W・ブッシュ、そのブッシュが大使として中国へ送り込んだ人物がブッシュと昵懇の間柄にあるCIA高官のジェームズ・リリーだということは指摘しておきたい。

 なお、リリーの前任大使であるウィンストン・ロードは大使を辞めた後、CIAの資金を流すNEDの会長に就任しているが、この3名はいずれもエール大学の出身で、学生の秘密結社スカル・アンド・ボーンズのメンバーだ。中国の学生はリリーだけでなく投機家のジョージ・ソロスともつながっていた。

 このロシアと中国をバラク・オバマ政権のネオコンは2014年に潰そうとする。ウクライナではネオ・ナチを使ったクーデター、香港ではイギリスの情報機関MI6と手を組んで反中国運動を展開したのだが、これによって中露はアメリカを警戒する気持ちが強まり、両国の接近を招いた。

 アメリカやイギリスの私的権力は中露を潰し、「資本主義の大々的なリセット」しようとしている。その環境作りに利用されているのがCOVID-19(そのために軍事的な緊張を高めているが(2019年-コロナウイルス感染症)騒動だ。あくまでも彼らの目的は中露を潰し、「資本主義の大々的なリセット」して自分たちの支配システムを維持していくことにある。そうした目論見は全面核戦争を引き起こしかねない。







(了)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[121300] kNSCqYLU 2021年3月07日 13:46:10 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[20077] 報告

2. 赤かぶ[121301] kNSCqYLU 2021年3月07日 13:47:04 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[20078] 報告

3. 2021年3月07日 19:31:52 : 8ZOfzsUjXw : SmpsVDRtem00WS4=[165] 報告
力ずく 綻び目立つ ドル覇権
4. 2021年3月07日 22:04:39 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[600] 報告

相変わらずの愚かさ

日本が最速だが、欧米ロが長期的に衰退していくのは当然

ただし

それを進めてきたのは、まさに資本主義の信奉者達自身であり

今後も中国やアジアに限らず、国家資本主義という形の信奉者たちが

覇権争いに加わり、愚かな争いを続けていくことになる


5. 2021年3月10日 00:32:45 : eOLTl2wwlQ : WC5Vc001REFib00=[3] 報告

小手先の対処で、また元に戻るとか、元に近いレベルで回復するとか、そうした、現実離れ?の思索に集中の知識人達の誘導が、当人の感覚レベルが全体に伝わるわけだし…いつもの、やっぱりそれでダメだったんだよねぇ範囲を、越えた発想にはならない。

客観分析日本国タブーとその不思議なお上を怖れる°、有精神。このお上≠フ上位にすっ゛と以前からDS世界支配カルト邪神≠ェ君臨しているというのに。1500年洗脳が効いていて悲しい精神の奴隷奇形拘束。日本社会≒伝統宗教 分析をいつまでも避けて通る流儀には首をかしげざるを得ない。すでに、役に立たないどころか有害な支配ツール化システム化は明瞭。現在の世界変化は、大化の改新越えの大変動であり、1500年間草民奴隷身分思考洗脳支配ツールの伝統宗教レベルからの、根本解決志向の日本国救済のビジョンの可能性わ謙虚に探るべきだろう。

誰かの所得は誰かの債務。これは国でも同じ。世界でも同じ。
さて、歴史的に、通貨発行権独占のDSという、・世界・国家・国民の★代行者にすぎぬ立場の、プライベートバンク(勢力)が、全世界権力をほぼ手中に入れている。
彼らの道行きは、★秘密結社、神敵対悪魔崇拝者が条件である。それで、今日の、世界人類の肥大化寄生虫群のDSの正体が理解できる。

わが日本国民を含めてこのDSの世界支配力の完全さを知るものは殆どいない。スーパーの菓子パンの値段も、主婦の財布の中の金も、全部DSのもの。
日本国土の山岳頂上の神道祠や自動車ウインドウのお守りステッカーや海中の日本伝統宗教の遺跡記念物は、伝統宗教の日本国完全支配を示す。年末年始1年24H悉く伝統宗教権威支配下の国民生活である、が、明治維新でその日本国伝統宗教権威がDS支配下に繰り込まれていた。なるほど、DS表看板米英相手の100対1の敗戦必至敗戦織り込み済み太平洋戦争に、戦いはした。その際には、神道仏教信宗教家は深刻日本の不眠不休の戦勝祈願にあけくれた。が、それは、日本国伝統宗教のさらなるDS支配下繰り込みの手続きにすぎなかった。DSは表看板の米軍を使い日本国権力の徹底傀儡化をはかる。国政担当者は、戦犯売国者系譜、朝鮮人系譜、限定とした。明治維新時点から、DS正体見抜き抵抗に動く日本各地の勢力は、弾圧され排除されてきた。太平洋戦争敗戦時とその後はさらに徹底。
全世界も17C〜20Cフリーメーソン世界支配市民革命(日本国はDS中央銀行日銀とDS工作員維新元勲等)により、DSの世界寄生吸血ルールに繰り込まれ、日本国もDSの世界寄生吸血ルールに繰り込まれる。

ピンハネの国家規模、世界規模の特定勢力ということ。
しかし、彼らの通貨発行権独占詐欺とプラスされた悪魔崇拝秘密結社永久世界支配企図の、大大金融詐欺は大大成功。無制限に金の威力の私物化をほしいままにし、狡猾な悪魔並みの天才ぶりを発揮。

経済も宗教も財物も資源も政治も科学もスポーツも芸能も殆ど手に入れた。世界の発行通貨がDS通貨で、人間社会の構成領域に一律完璧にDS通貨のみが浸透していて、その領域トップには悉く例外なくDS通貨の集積が起こる、とすれば、世界の人間社会の全領域のトップレベルが総てDS悪魔崇拝の影響を、金力の集積により大きく受けるということは自明なことだ。それゆえ、世界中の全人間活動領域の各部門のトップは悉くDSの大規模な金の集積で腐敗しており、境界を越えたDS発行権の金力と腐敗の共通項で、結び合っていて何も不思議は無いのだ。世界の近代市民革命の指導者等はこのDS仲間だし、モーツァルト、ゲーテ、等々大物芸術家等レベルから、ごっそりとDS側人員という、一般的には隠された、正反対の歴史の底流の流れの正体を知るに至るのだ。

いま僅かに、この確信的悪魔崇拝教DS勢力とその悪魔法の追従する、世界のDS傀儡権力の圧倒的な支配側に、出自存在から悪魔敵対性質のキリスト教勢力が抵抗している。NWO阻止の唯一の有効な力である。
ここに遠い、ここにきてなんと役立たずの位置の、DS繰り込み済みの日本伝統宗教支配所属を、自覚的に離れたことの無い日本国民は、DS抵抗には何の足しにもならない。かれら悪魔教対峙の、本物キリスト教徒にとっては、表面的にはDS抵抗側としての賛辞を見せても、日本のごく少数のDS抵抗のつもりの、DSの完全支配下繰り込みの伝統宗教帰属者等が何を言っているんだ?と皮肉な視線を送るだけなのだ。
ふつうの日本人の意識ではキリスト信仰は最初から白人全般の専用信仰認識止まり。

>悪魔支配の法≠ノ、有効な抵抗法≠ェ見いだされているのだよ、ということだが、なにを見ているのかさっぱりわからない。もともとその領域の思考に暗かったのだ。これからも暗いままだろう。国家、世界の問題の根本解決の希望の登場とは、思えないし、感じられないし、理解も無いし、すなわち反応しない。それでよく愛国℃メ云々と自称自認ができるものだと。大変動世界の対立勢力の本質の観察客観視分析から有効性が認められるものは希望だろう。

日本伝統宗教足場とその思考制限の不利は国際的に致命的欠陥。悪魔崇拝者の圧倒世界支配の現実も知らずに、悪魔抵抗のキリスト信仰には完全無知のままの、屠殺場誘導の羊たちが、どうやって、世界末期危機を、大逆転できるのだ?ということである。このDS悪魔崇拝教主導のNWOに世界人類は、絶望的な無知とそれゆえの狡猾なDS大衆扇動の元にある。

契約違反行為からスタートしていたDSとその正体。世界規模の公的立場契約限定のプライベートバンクなのだが、なんと壮大な、世界悪魔崇拝者エリート限定永久支配計画を立案実行する。実行している。対等な立場の契約行為ルールの正当性が通るまともな相手ではないし、最初から、宿主寄生の母屋強奪のピンハネ正当化の悪魔ルール正当化≠フ一党という全人類の敵なのだ。日本人がこの世界の敵と戦う気も無いことと、誰も期待していないことは、悲しい常識なのだ。

本当は、全人類の敵DSへの最高の抵抗の条件を揃えていて、DS支配宗教洗脳下にあるだけの日本人が、実はもっとも可能性がある。人類救済のカギを握るのが日本である。DSナイズ洗脳文脈を外れて、字義通り大胆な思考にふさわしいのとはこうしたレベルの探求だろう。いつかは越えねばならぬ未知の理解の山。けっこう険しい山。DS奴隷支配で滅びる前に、探究者は先んじて越えておくべきだろう。それこそ世界基準体得の道。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際30掲示板  
次へ