★阿修羅♪ > 国際30 > 685.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
COVID-19ワクチンの犠牲者は増え続け、VAERSへの報告では6985名が死亡(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/685.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 7 月 03 日 18:28:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

COVID-19ワクチンの犠牲者は増え続け、VAERSへの報告では6985名が死亡
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202107020000/
2021.07.03 櫻井ジャーナル

 アメリカのCDC(疾病予防管理センター)とFDA(食品医薬品局)が共同で運用しているVAERS(ワクチン有害事象報告システム)への報告によると、​「COVID-19(2019年-コロナウイルス感染症)ワクチン」を接種して間もなく死亡したと6月25日までに報告された人数は6985名​に増えた。





 アメリカ軍の調査でもmRNA(メッセンジャーRNA)技術を使ったファイザー製とモデルナ製の「COVID-19(2019年-コロナウイルス感染症)ワクチン」が心筋炎を引き起こすという結果​​が出た。これらを含め、「COVID-19ワクチン」が深刻な副作用を引き起こすことは間違いないと言えるが、通常のワクチンと違い、被害者は法的に救済されない​​という。「ワクチン」推進派はその危険性を知っているのだろう。

 アメリカにおける生物化学兵器の研究開発はフォート・デトリックを中心にして行われている。ここにUSBWL(陸軍生物兵器研究所)が創設されたのは1943年。当時はキャンプ・デトリックと呼ばれていた。第2次世界大戦後、ここへ生物化学兵器に関するドイツや日本の研究者が集められ、重要資料が持ち込まれる。

 日本で生物化学兵器の研究開発が始まったのは1933年。軍医学校を中心に、東京帝国大学や京都帝国大学の医学部が協力、生体実験を実施するため、中国で特別な部隊が編成された。当初は加茂部隊や東郷部隊と呼ばれたが、1941年からは第731部隊と呼ばれている。

 第731部隊の隊長は1936年から42年、そして45年3月から敗戦までが石井四郎、その間、42年から45年2月までを北野政次が務めた。日本の敗戦が間近に迫ると第731部隊の幹部は大半が日本へ逃げ帰り、アメリカ軍の対諜報部隊CICの尋問を受けることになる。

 しかし、その尋問は厳しいものでなく、尋問の過程でGHQ/SCAPの情報部門G2の部長を務めていたチャールズ・ウィロビー少将と石井は親しくなる。隊の幹部たちはアメリカの保護を受けるようになった。

 1946年にアメリカ軍の極東医療分隊に所属する「406医療一般研究所」が厚木基地からほど近い倉庫で活動を開始する。後に同部隊は東京都千代田区丸の内の三菱ビル内に本部を移し、朝鮮戦争の際には戦闘地域へ要員を派遣。1951年当時、406部隊には309名が所属し、そのうち107名は日本人だったという。(Stephen Endicott & Edward Hagerman, "The United States And Biological Warfare", Indiana University Press, 1998)

 1952年2月に朝鮮の外務大臣はアメリカ軍が細菌兵器を使用していると国連に対して強硬に抗議、中国の国営通信社である新華社は、アメリカ軍が第731部隊の元部隊長、石井四郎や北野政次、また同部隊と姉妹関係にあった第100部隊の元部隊長、若松和次郎らに協力させて生物兵器を使ったと伝えた。(David Talbot, “The Devil’s Chessboard,” HarperCollins, 2015)

 捕虜となった約30名のアメリカ人パイロットが生物兵器を投下したと告白したが、パイロットたちは帰国した後に政府から国家反逆罪に問うと脅され、告白を取り消している。病原体には炭疽菌や腺ペストが含まれていたようだ。ウィリアム・コルビーは1970年代にCIA長官として議会で証言した際、1952年にアメリカ軍が生物化学兵器を使ったと認めている。(前掲書)

 第731部隊を含む日本の生物化学兵器人脈は「伝染病対策」の中枢を形成することになる。その拠点として1947年には国立予防衛生研究所(予研)が創設された。当初は厚生省の所管だったが、1949年には国立になる。1997年には国立感染症研究所(感染研)に改名された。

 その間、1950年にアメリカ海軍はサンフランシスコ上空に細菌を散布、55年にはCIAがフロリダ州タンパ湾の周辺で生物戦の実験を行い、百日咳が急増、12名が死亡している。1956年と58年にアメリカ陸軍はジョージア州サバンナとフロリダ州エイボン・パークで黄熱ウイルスを持つ蚊で実地試験を実施、66年には陸軍の特殊部隊がニューヨーク市の地下鉄でバチルス(桿菌)を捲き、68年と69年にはCIAがワシントンにあるFDA(食品医薬品局)の上水道設備で飲料水へ毒物を入れる可能性を調べる実験を行った。

 アメリカはキューバに対しても生物兵器を使ったと考えられている。キューバでは1981年にデング熱が流行したが、これはアメリカによる攻撃だったと見られているのだ。「SARS-CoV-2(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2)」に対して有効だと言われた薬のひとつ、インターフェロン・アルファ2bはキューバで研究が進められてきたが、デング熱に対しても使われて効果があったという。この薬は病原体を攻撃するのではなく、リンパ球を刺激、免疫力を高めるのだという。

 これも繰り返し書いてきたが、1969年に国防総省国防研究技術局の副局長を務めていたドナルド・マッカーサーはアメリカ下院の歳出委員会で、伝染病からの感染を防ぐための免疫や治療のプロセスが対応困難な病原体が5年から10年の間、つまり1974年から79年の間に出現すると語っている。これはエイズの出現を予言する発言だとして世界的には話題になった。

 フォート・デトリックの研究者はアフリカでも研究を続けている。例えば、2010年頃からギニア、リベリア、シエラレオネの周辺で研究、その地域では13年12月からエボラ出血熱が広がりはじめた。さらにナイジェリアからアメリカやヨーロッパへ伝染が拡大し、大きな騒動になったが、2014年7月にはシエラレオネの健康公衆衛生省はアメリカのテュレーン大学に対し、エボラに関する研究を止めるようにという声明を出している。

 生物兵器の専門家として知られているイリノイ大学のフランシス・ボイル教授の説明によると、テュレーン大学やCDC(疾病管理センター)が西アフリカで運営していた研究所では生物兵器を研究していたが、同じ場所にフォート・デトリックのUSAMRIID(アメリカ陸軍感染症医学研究所)の研究者もいた。

 1980年代の前半からエボラを引き起こすウイルスを含む病原体を細菌兵器にしようとする極秘研究「プロジェクト・コースト」が南アフリカで進められた。その中心にいた科学者はウーター・ベイソンだが、アメリカ、イギリス、スイス、フランス、イスラエル、イラク、リビアといった国々からも資金が出ていたとされている。

 2001年9月11日にニューヨークの世界貿易センターとバージニア州アーリントンの国防総省本部庁舎(ペンタゴン)が攻撃されたが、それから間もない9月18日から炭疽菌の付着した手紙が送られ、5名が死亡し、約20名が病気になっている。そうした手紙を送りつけられた人びとの中には、トム・ダシュル上院議員とパトリック・リーヒー上院議員も含まれていた。

 攻撃の直後、アメリカ議会には憲法の機能を停止させる「愛国者法USA PATRIOT Act / Uniting and Strengthening America by Providing Appropriate Tools Required to Intercept and Obstruct Terrorism Act of 2001)」が提出されていた。大半の議員は法律案を読まずに賛成したが、ダシュル議員とリーヒー議員はこの法律に疑問を持ち、反対している。手紙を受け取った後、両議員は法案に賛成するようになった。​この法律のモデルになった対テロリズム法案を1995年に提出したのは自分だとジョー・バイデン大統領は自慢​している。

 後に炭疽菌の出所はフォート・デトリックだということが突き止められ、ある研究者が容疑者だとされたが、その人物は何も語らないまま「自殺」した。この研究者が犯人ではないと考える人も少なくない。

 フォート・デトリックは現在でもアメリカにおける生物化学兵器開発の拠点だが、2019年夏、​数カ月にわたって施設が閉鎖された​と伝えられている。廃液に絡む安全上の問題が発覚したことが原因のようだが、詳細は不明だ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[139052] kNSCqYLU 2021年7月03日 18:31:22 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[37837] 報告

2. 命を大切に思う者[4920] lr2C8JHlkNiCyY52gqSO0g 2021年7月03日 19:57:53 : bkAOVORMBs : VnRhL3pRaG02dHM=[145] 報告
製薬会社自身が認めてる、ワクチンではなく細胞改造薬であることと、治験していないことの
2つの事実だけで、国民全員に打つのが大きな脅威だとわかるよ。

かつて普及させた経験のない細胞改造薬なのだから、5年以内に3割も5割も死ぬ可能性はそこそこある。
実際に数年間使って実証実験をしてからでないと、国民全員に打っていいわけないだろう。

普及させた経験のあるワクチンでさえ、数年間使って治験しない限り普及を認めてないのに、
経験のない細胞改造薬で、治験もせずに普及を認めるなんて、おかしいのです。 
3. 2021年7月03日 20:21:17 : wdkhbuDMPY : REVlaC4xTGt5RVk=[308] 報告

https://blog.goo.ne.jp/beingtt

妊婦へのスパイクタンパク注射は「残虐行為」とピーター・マッカロー博士は警告している

一方で、covidワクチンが最初の20週に投与された場合、5人中4人の妊娠が終了していることが明らかになっている(少なくとも、これまでに得られたわずかなデータによれば、だ)。つまり、covidワクチンの「人口削減」という側面は、グローバリストが期待した通りに機能しているということです。

想い出してください:Covidワクチンのスパイクタンパクが卵巣などの生殖器を直接攻撃することは、生体内分布(薬物動態)の研究で明らかになっています。スパイクタンパク質が人間の細胞に干渉するように設計された生物兵器であることを考えれば、妊婦の自然流産を高い確率で達成していることも何ら不思議ではありません。

私は最近、内科の専門家であり、2つの医学雑誌の編集者であるピーター・マッカロー博士にインタビューしました。彼はこれを人口削減のためとは言いませんが、このワクチンが妊婦を攻撃し、80%以上の胎児を中絶させていることに同意しています。彼はこれを「残虐行為」と呼び、これらのワクチンを妊婦に押し付けることは「恥ずべきこと」だと言っています。以下のインタビューでは、彼の生の声を聞くことができます。

Brighteon.com/fc2aa0fe-eae0-4c32-bc23-47e6b6ab9d97

これらのことは、すべての妊婦が妊娠20週目にワクチンを接種した場合、米国だけでも来年1年間で出生数が320万人も減少する可能性があることを意味しています。この場合、胎内で殺される胎児の数は、「ホロコースト」レベルに達しており、これが医学的な「残虐行為」と呼ばれる所以です。(蛇足:そして生まれたとしても。「無事」ではないと思います)

医学や科学の分野が人類に背を向けているのです。彼らは今、何百万人もの赤ちゃんを殺し、大人にスパイクタンパクの生物兵器を注射して、脳卒中や心臓発作、死亡、生涯にわたる傷害を引き起こしています。

ワクチン産業は、人類と戦争しているのです。生きている赤ちゃんは彼らの敵なのです。ジョー・バイデンの土地管理担当者は、かつて人間の子供を「環境ハザード」と呼んでいました。

これは戦争なのです 生物兵器による攻撃です。単なる「人道に対する罪」ではありません。これは、科学と医学の機関による、全人類に対する精神的な裏切りです。科学と医学は、長い間、人類を助けるために動機づけられているように見せかけていましたが、今では明らかに、人類の破滅に向けて働いていることが明らかになっています。

4. 2021年7月04日 02:25:08 : GG41he5vIu : SFpQL3VhQWZudEk=[138] 報告
とりあえず、計画実行し、
このニューコロちゃんをしっかりご活用になった、
バイデンジャンプのバイデンさん!

責任者なので、捕まえて無差別大量殺人のレッキトシタ殺●罪で
死●にしてあげてください。

世界一、金メダルのテロ謀略他国民と自国民殺害世界一の
アメリカ国バカ●民のクズの●様、
サッサとしてください!
もちろん加担した、下僕公務員と世界料理研究所と
ダマスゴミも皆様全員、サッサとしてください!

世界支配しているズラの、金持ちが殺しても殺人は殺人です!

よろ●くお願いいたします。

5. しんのすけ99[1224] grWC8YLMgreCr4JYglg 2021年7月04日 02:44:17 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[2121] 報告
>>2さん 貴方の仰ることは この板では極めてマトモです なので言うのですが

これだけ世界規模で蔓延してしまった殺人ウィルスを防ぐ方法は ワクチンしかないのですから
治験が終わっていないのは承知の上で 危険があるのも踏まえた上での「やむを得ない普及」ですから

治療薬にしたって 危険性があるのもワクチンと同じで アビガンはいまだに承認されずイベルメクチンも
その他の治療薬だって 安全性と有効性は 未確認なのはワクチンも治療薬も一緒なのです

しかし 手をこまねいて見ていたら 本来 治験を終わらせる三年間で あと何百万人死ぬことになるのか
想像を絶する事だけは間違いありませんよね 

【治験を終わらせるのを待っていたら 滅亡する国だってあるかもしれない】

いくら6985人が死んだとはいえ ワクチン接種した人の数は10億人以上です 分母が大きすぎて
評価のしようはありません

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/vaccine/world_progress/


ワクチン接種で重篤な副反応が出る確率よりも、名古屋で○○する方が確率の方が高いww
https://buzzcutangler.com/funny/34482/

6. 2021年7月04日 11:58:09 : wdkhbuDMPY : REVlaC4xTGt5RVk=[310] 報告
https://www.researchgate.net/publication/347781954_Review_of_the_Emerging_Evidence_Demonstrating_the_Efficacy_of_Ivermectin_in_the_Prophylaxis_and_Treatment_of_COVID-19

COVID-19の予防および治療におけるイベルメクチンの有効性を示す新たなエビデンスのレビュー

Pierre Kory, MD1*, G. Umberto Meduri, MD2†, Jose Iglesias, DO3, Joseph Varon, MD4 , Keith
Berkowitz, MD5 , Howard Kornfeld, MD6 , Eivind Vinjevoll, MD7 , Scott Mitchell, MBChB8 , Fred
Wagshul, MD9, Paul E. Marik, MD10
抄録
2020年3月、ポール・E・マリク教授を中心に、COVID-19の治療プロトコールを開発するために、急速に出現している基礎科学、トランスレーショナルデータ、臨床データを継続的に検討する「Front Line COVID-19 Critical Care Alliance(FLCCC)」が設立されました。
その後、FLCCCは最近、抗寄生虫薬であるイベルメクチンがCOVID-19に対して非常に強力な抗ウイルス性および抗炎症性を有することを発見しました。
彼らはその後、COVID-19の予防と治療の両方において、複数の大規模無作為化観察対照試験において、臨床転帰が反復して一貫して大きな改善を示したことを確認しました。
さらに、集団全体への影響を示すデータ 健康の結果は、さまざまな 南米諸国の市長や地域保健省は、イベルメクチンが効果的であることを期待して、市民への「イベルメクチン配布」キャンペーンを開始しました。
このようなキャンペーンを実施していない近隣地域と比較して、これらの地域の各地域における症例数と症例死亡率が時間的に関連して減少していることは、イベルメクチンがパンデミックに対する世界的な解決策であることを示唆しています。
これは、ベリーズ、マケドニア、そして2億1,000万人が住む北インドのウッタルプラデシュ州の国の治療ガイドラインに、COVID-19の予防および治療薬としてイベルメクチンが最近組み込まれたことによって、さらに明らかになった。
我々の知る限りでは、今回のレビューは、複数の疾患相における多数の臨床試験に基づいているため、治療効果の強いシグナルを示す十分な臨床データをまとめた最も早いものである。

7. 2021年7月04日 13:04:21 : VVHM1AJBow : M3BxamgvUVMweG8=[28] 報告

新型コロナウイルスは,
既に発表されているように, 数日空気に晒せば死滅するウイルスなので、
外気に漂っているウイルスは放っておけば消えます。

要は, 体内に入ったウイルスで人々が発症&重症化しなければ良いんです。

多少, ウイルスが体内に入っても, 抗ウイルス薬で体内で増殖させなければ,
被感染者の自己免疫で余裕で撃退できるので, 直ぐに治ります。

重症化&死亡まで悪化することが無ければ, もはや風邪と同レベルの流感です。
こうして風邪やインフルエンザの流行のように, 新型コロナ流行も自然消滅します。

大事なのは「適時の適切な対処」。私は,
「風邪に早めの葛根湯。新型コロナに早めのイベルメクチン+有効ビタミン」
と思っています♪

8. RAPT理論[-1044] UkFQVJedmF8 2021年7月04日 13:25:32 : H3qewymxyA : akJmdGxndm1hajY=[-1136] 報告
https://twitter.com/kibounohoppe/status/1411295080925712388

問題発言だよ
「2億回打って亡くなった人は0」
5月12日時点で4434人死亡
CDCの発表など知っていただろうにゼロで済ませる非道

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

9. 2021年7月04日 13:33:15 : l2KxQJtts2 : RkdPcEJrWjFGcmM=[3] 報告
 

2億人ほど打った時点での(接種後48時間以内の)実際の死亡者数 

米国のワクチン死の報告数と(推測)実際数
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/754.html#c62
  
日本のファイザーワクチン死の(推測)実際数
355人×100/0.3=118333人

   
 
   

10. 2021年7月04日 13:46:44 : l2KxQJtts2 : RkdPcEJrWjFGcmM=[5] 報告
 

米国、2億2千万人ほど打った(6月25日)時点での
(接種後48時間以内の)実際の死亡者数 

米国のワクチン死の報告数と(推測)実際数
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/754.html#c63
  
日本のファイザーワクチン死の(推測)実際数
355人×100/0.3=118333人


   

11. 2021年7月05日 10:10:09 : 7mNLBtH6Xk : Y2VBOWdnUlcvQm8=[864] 報告
とりあえず、お邪魔します!
5.さんの、しんのすけ99さんの・・・

・・・これだけ世界規模で蔓延してしまった殺人ウィルスを防ぐ方法は ワクチンしかないのですから・・・・
・・・・6985人が死んだとはいえ ワクチン接種した人の数は10億人以上です 分母が大きすぎて評価のしようはありません・・・・

とても、同意できません!
ニューコロちゃんは、殺人ウィルス??
そういってるのは世界の金持ちのカルト思想パンデミックに協賛した、
パンとサーカス、ナチスに学ぶ、政府とダマスゴミと白衣を着た悪魔・・・
ではないですか??

かかっても、95%無症状か、インフル程度・・・・今じゃ日本でも、
ニューコロちゃん→新型インフルエンザ等感染症に格下げ・・デス!!

でも、
キルゲイツ毒物ワクチンモドキは、目的なのでとっても凶暴で危険です!

そんで、確率論ですが・・・
アベスガグル一味のキルゲ●ツ毒物ワクチンモドキであなたの家族が、
1人でも死んだら、
1人/1億3千万人で、何パーセント・・・・でしょうか??
アベスガグル一味は、その程度の確率なら捜査しませんよね!
人減らしに共謀している犯人だから・・・

でもね、健康な人に告知や協力金なしで、人体実験すること自体で
犯罪が成立です!そして、死体の山・・・・
こんな犯罪者をほっておくから次々と騒乱を犯し、殺しに来ています!
視点を変えて考えてみてください・・・・

よろ●くお願いします。

12. 2021年7月05日 20:50:12 : olf8MjX40E : bTd6WE95d3puN1E=[36] 報告
むつかしい講釈は要らない、打ちたい奴は打てばいい、俺は打たない。
13. 2021年7月05日 21:47:57 : sYpIUvCUtM : NU5MWERyZlFLRy4=[30] 報告
>>5

どうして「殺人ウィルスを防ぐ方法は ワクチンしかない」とかいうデタラメを得々と?

ワクチンは「病気ではない人に投与する薬物」です。従って、「投与によって害がある」となると
「医療行為」と呼べるかどうかすら怪しくなるので、本来は、治療薬以上に厳格な安全基準を適用
して審査すべきですが、新型コロナワクチンは、著しく緩めの審査しかされていません。そして、
他の病気へのワクチンと比べて、桁違いに多くの健康被害を出してしまっています。
つまり、過去にワクチン一般に求められてきた安全性の水準を、米国や日本で現時点接種されて
いる新型コロナワクチンは満たしていません。

「6985人が死んだとはいえ ワクチン接種した人の数は10億人以上です 分母が大きすぎて
評価のしようはありません」
↑下記のようなデータも含めて、単なる割り算ができないという告白でしょうか?

# 日本でのインフルエンザワクチンは、ここ10年、1500万人-2000万人接種で死亡報告は最大3人
https://kansensho.jp/pc/article.html?id=QA17112906
Q.34: インフルエンザワクチンの接種後の死亡例はありますか?
# 5000万人以上接種した年度もあったが、死亡報告は3人
https://www.mhlw.go.jp/content/11120000/000583992.pdf
# ↓日本での接種直後の死亡確率比較。
https://ameblo.jp/sayao/entry-12679674194.html
これだけリスクが違えば、普通は「欠陥製品」と見なされます。欠陥車と普通の車の事故率は、
ここまで違わないのでは?

それでもなお、ワクチン接種のリスクが、感染して重症化/死亡するリスクより「十分に低い」と
思えるか?は、「感染して重症化/死亡するリスク」を、どの程度と見るかに依存します。例えば、
少し前までの台湾のように、「感染して重症化/死亡するリスク」が非常小さいと見なせる場合は、
ワクチン接種を急ぐ必然性がないわけです。実際、台湾では新型コロナに感染して死亡するリスクが
低かったので、過去のデータで比較すると↓新型コロナワクチン接種の死亡リスクの方が高くなる。
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2021/06/post-d99e79.html
流行が拡大すれば新型コロナに感染して死亡するリスクが当然上がるので、台湾の保健当局は過去の
台湾の統計ではなく、海外の統計をリスク比較での参考にして、国民へのワクチン接種を決断したと
考えられます。欧米では、過去の新型コロナ感染数、その結果の死亡数ともに多いので「新型コロナ
ワクチンの接種によるリスクより、感染によるリスクが大きい」と、保健当局が判断したわけですし、
各個人としても、そう判断する人は多いでしょう。

では、日本でのリスク比はどうなるか?が問題です。「日本では、これから感染して死亡する人数は、
これまでに感染して死亡する人数と大差ない」と仮定して、大雑把に見積もります。
https://parstoday.com/ja/news/japan-i80194
7月 03, 2021 20:13 Asia/Tokyo
# このデータは NHK からの孫引きになりますが、オーダー概算用には、こんなもので十分でしょう。
国内で感染が確認された人は、合わせて80万5917人となっています。
亡くなった人は合わせて1万4855人です。
# ざっくり、死亡者数を日本の総人口で割って、死亡は高齢者(65才以上)に多いこと、日本の高齢者の
# 割合は、総人口の 1/3 くらいなことを考慮し、自分の年齢に合わせて 0.3倍 から 3倍までの適当な
# 数値を掛けて補正します。すると、1より大きい値を掛けた「高リスク」な人は、ワクチン接種での
# リスクより、新型コロナ感染での死亡リスクの方が一桁上ということになり、1より小さい値を掛けた
# 「低リスク」な人の場合は、同じ程度ということになります。

ただし、今後の感染リスクには不明なことが多いのは確かですが、それを言うなら、現時点で日本で
接種されるワクチンが、全て「外から遺伝子を送り込み、ヒトの細胞内で、抗原となるタンパク質を
作らせる」タイプのワクチンである事のリスクについて、不明点が多いことの考慮の方が先でしょう。

中国の不活化ワクチン、塩野義製薬が開発中の組み換えタンパクワクチン、ロシア製ワクチンの一つ
「エピワクコロナ」のようなペプチドワクチンなどは、既に他の感染症のワクチンへの適用例がある
技術によるもので、技術としての一般的リスクについての知見は、蓄積されています。さらに言えば、
これらの成分は「抗原」そのもので、体内で投入された量以上に増えることは、ありません。しかし、
「遺伝子を投入して抗原をヒトの細胞に作らせる」タイプのワクチンでは、どれだけ抗原が体内で生成
されるかは、投入した遺伝子の活性がどうなるかに依存し、振れ幅が大きくなります。ワクチン由来の
抗原に毒性がないかは、人工的な抗原を利用する組み換えタンパクワクチンやペプチドワクチンでは、
開発時に確認されますし、不活化ワクチンの場合と同様、体内の量が投与時から単調に減少するので、
「毒性が現れるしきい値」を越えて投入しなければ、潜在的毒性があっても、結果的に無事で済みます。

実際、中国の新型コロナワクチンの有害事象報告は、他の病気のワクチンの有害事象報告と同程度の
ようです。
https://www.asahi.com/articles/ASP5Y4HCFP5YUHBI014.html
中国ワクチン、異常反応は10万件で2件 「低い水準」
2021年5月29日 14時10分

一方、遺伝子を投入するタイプの「ワクチン」は、体内で生成される抗原に潜在する毒性があった場合、
体内の量がしきい値以下に収まるかが問題になり得ます。つまり、外部遺伝子を人為的にヒト細胞内に
投入するタイプの「ワクチン」は、本来「遺伝子治療」としての観点からの安全審査もすべきですが、
それはされませんでした。特に「mRNA を脂質にくるんで投入する」というタイプの「ワクチン」には、
全く先例がないため、その中長期的リスクに対し有力な科学的知見がない「暗闇への跳躍」の状況です。
そして、日本では、「遺伝子をヒト細胞に投入するタイプのワクチン」しか選択肢がありません。
米国でも、そうでしたが、間もなく認可されそうな「組み換えタンパクワクチン」に対して期待している
という意見↓は、mRNA の安全確認をめぐる事情の不透明さが、一因と考えてよいでしょう。
https://bit.ly/3hhsG6v
Breaking News Novavax’ Traditional Vaccine Brings Imminent Competition to the Genetic-based
Vaccines Currently Under EUA
TrialSite Staff June 14, 2021

日本語での「mRNA の安全確認をめぐる事情の不透明さ」の「学術論文に基づく解説」として、下記を
推薦しておきます。
https://rplroseus.hatenablog.com/entry/2020/02/03/221654
例えば、上の中の「最新記事」の中の一つである下記など
https://rplroseus.hatenablog.com/entry/2021/06/26/152352
2021-06-26
核酸ワクチンへの疑問ーマローン博士の主張を考える

治療薬について考える場合「モノクロナール抗体」のような「新薬」と、アビガンやイベルメクチンの
ような「既存薬」を区別する必要があります。既存薬は、既に別の病気への薬として認可される際に
副作用について十分(=認可拒絶理由がない程度に)調べられていて全くの新薬と違い、こと安全性に
ついては、懸念材料は「ないも同然」です。特にイベルメクチンは、寄生虫による病気の薬として何年も
使われてきた実績があります。
このような「既存薬を別の病気の治療薬として転用する」という取り組みは、新型コロナの流行以前から、
いろいろな病気についてされていて、そう目新しいものではありません。「ドラッグリポジショニング」
「ドラッグリパーパシング」、「既存薬再開発」といった用語があるので検索して見るとよいでしょう。

新型コロナの流行の初期から、既存薬の転用による治療は、有力な対策として挙げられていました。e.g.
https://wired.jp/2020/05/29/coronavirus-treament-remdesivir/
https://www.technologyreview.jp/s/200122/repurposing-drugs-might-help-fight-this-pandemic/
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/20/03/11/06670/

治験というものは、その労力の多くが、「プラシーボ効果」と「真の薬効」の分離に割かれています。
しかし、患者の立場からすれば、プラシーボ効果かどうかなどより、「今、自分に効くかどうか」が
はるかに重要な問題です。実際、既存薬を、治験など待たずに新型コロナ治療のために使用する事を
公式に認可(緊急使用許可)した国は少なくありません。例えば、中国やロシアなどで、アビガンの
使用も、あっさり認められました。というか、欧米の巨大製薬企業の影響力が保健当局に及ばない国^^;
あるいは患者目線で保健行政をしている国では、概して比較的安価な既存薬が「効きそうだ」という
根拠(「使って見たら、治った」という内容の複数の報告)が出た時点で、緊急使用許可を出します。
なお、「緊急使用許可を出している薬のリスト」は、治療実績の統計により、時々入れ替えられます。
例えば、ロシアでは、数ヶ月に1回くらいの頻度で、リスト内の薬を入れ替えているようです。
具体例として、流行の初期には「クロロキン」という元々は肺炎の薬がリストに入っていましたが、
数ヶ月前の見直しで「統計的に見ると効果不十分」として、リストから外れました。もっとも「今は
他に「もっと効果のある薬」がリストに入っているから、相対的に効果が低い薬を残す意味がない」
という意味合いのようです。

一般に、薬が効くかどうかには、個人差もあります。「真の薬効」があるとして認可された薬でも、
患者によっては効きません。「統計的にはプラシーボと有意差がない」とされた薬でも、複数の病院
での投与に際し、「投与された患者は確かに回復した」という事実の重みは、否定できません。何か
プラシーボ効果以外の「有効になる条件」が見落とされて「治験時に採用された特定の用法では薬効を
証明できなかった」だけという可能性もあり得ます。実際、治験の実施主体や実施条件により、治験の
結果が逆転することもあります。レムデシベルは製薬企業自体が実施した治験での有効性ありの結果を
米国のCDC が認めて緊急使用許可が出たことを根拠に、日本では国内治験なしで、認可されました。
しかし、WHOが行った、より大規模な治験で「効果なし」という結果になり、WHO の推奨リストから、
レムデシベルは外れています。しかし、日本はレムデシベルの認可を取り消していません。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201120/k10012721961000.html
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/202011/568043.html

一般に薬の効能や副作用には人種による差がありえます。よって、安全性を重視する場合、少なくとも
副作用については、国内使用認可に先立って、独自に検査が必要とされます。通常は、「真の薬効」の
存在証明も含めて改めて国内治験が要求されるため、海外産新薬の承認時期が年単位で遅れるのが普通
という現実があります。

ところが、レムデシベルは、国内で「過去に一般使用を承認された実績」がない薬なので日本での使用
では、米国の治験で検出されない副作用が出るリスクがあったにも関わらず、短期間で承認されました。
ファイザー製、モデルナ製、アストラゼネカ製のワクチンも、同様です。そして、実際、ファイザー製の
ワクチン接種開始後ほどなく、重篤な副反応の一つである「アナフィラキシー」が海外より高い率で発生
するという事態が発生しました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/ecc45f47b279ea4fac232d678f6a83736f9f8c7b

これは、日本の保健行政が承認にあたって「安全性」を真剣に考えてなどいないことの結果と言えます。
なお、原因としては、「「体格差」を投与量に反映せず、誰にでも同じ量を投与するので、小柄な人には
多すぎるためでは」」という意見があります。かなりの説得力がある意見に思えます。

既存薬のアビガンやイベルメクチンを新型コロナ治療薬として速やかに認めようとしない事は、つまり、
日本の保健行政が患者目線でない事の現れです。さらに、アビガンやイベルメクチンが特許権も切れた
比較的安価な薬で「製薬企業のボロ儲けのタネ」にならない事情を考慮に入れると、「高価なワクチンや
治療薬でボロ儲けしたい製薬企業にとって、認可が不都合だから」という見方も否定しがたいでしょう。
実際、大製薬企業の「お膝元」のアメリカでも事情は同様で、現場の医師にはイベルメクチン使用に賛成
する人が多く、現場から遠い「学者」、「政府」、そして「製薬業界」が反対派の巣窟となっています。
https://trialsitenews.com/university-of-oxford-principle-study-now-includes-ivermectin/
University of Oxford PRINCIPLE Study Now Includes Ivermectin
TrialSite Staff
June 23, 2021
# 「イベルメクチン反対派」の内訳。やはり、製薬業界が「要」のようです(of course)。
overwhelming majority of academia, government and, of course, industry
https://bit.ly/3dHRlig
UK-based Meta Analysis Peer Reviewed & Published Suggests Ivermectin A Key Public Health Weapon
in the War Against COVID-19
June 19, 2021
https://trialsitenews.com/conflict-of-interest-in-who-recommendation-against-ivermectin/
# WHO の諮問先の専門家にも製薬企業から利益提供されている人が多い。

14. しんのすけ99[1231] grWC8YLMgreCr4JYglg 2021年7月06日 03:05:00 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[2128] 報告
>>13
貴方ねえ 都合のいい事だけ拾い集めていませんか?

貴方が真っ先に張ったリンクですよ まったく同じサイトですよ ワクチンを打つべきではないとは
一言たりとも主張はしてませんよね?

↓↓↓

感染症ニュース】新型コロナウイルス感染症 2回目のワクチンを接種しました
https://kansensho.jp/pc/article.html?id=IE00000636

【経験談】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
http://kansensho.jp/pc/exp/?id=43

【新型コロナウイルス感染症】感染症の専門医が第5波到来を予測 感染力の強いデルタ株に注意
https://kansensho.jp/pc/article.html?id=IE00000673

↑↑↑

都合のいい事だけ拾い集める手法は「チェリーピッキング」と言って、そこいらのネトウヨと同類です
13で示したリンクには、あくまでも「報告医師から予防接種を受けたことによるものと疑われるとして報告された死亡例は以下のとおりです」
と書かれており、【医師が疑う 予防接種を受けた事による疑い】の事例が3件 と言う事ですよ

コロナワクチンの場合はまだ評価はされていない、7000人弱の死者が ワクチンを受けた事で
報告医師が疑う事例なのかどうか まだ判りませんね(陰謀論者が疑うのではなく医師が疑う事例ですよ)

そして

そもそも インフルエンザと比較する事が 小林よしのり「ネトウヨ手法」、比較すること自体がおかしい
大袈裟なインフルエンザでの死者数と 未確定なコロナの死者を わざわざ比較して
「コロナの死者は やっと一万人に届いた程度だ インフルだって一万人死んでいるのに」
って、ご都合主義の塊みたいなものですからね。


インフルとコロナを 比較するのには せめてあと5年は経過させてからでないと 比較対象にはならないので。

15. 2021年7月06日 20:11:22 : RP5Smq1YKI : SlAyM1ZUR3JCWTI=[1] 報告
 
これが現実。


米国のワクチン有害事象報告システムvaersによると、6月25日時点で、
米国の医療機関からvaersへの、接種後48時間以内の死亡報告数が6985人。

http://img.asyura2.com/up/d13/3415.jpg

このvaersへの報告数は、実際の有害事象数の1%未満とされ、

https://digital.ahrq.gov/sites/default/files/docs/publication/r18hs017045-lazarus-final-report-2011.pdf

この1%未満が、(薬の有害事象報告率と同様に)0.3%なら、ファイザーワクチンによる
実死亡者は、6985×100/0.3=2328333人で、約233万人ほどいることになる。

初めに予想されていたとおり、ファイザー接種後の早い段階(48時間以内)での死亡が、
その時点での全接種者(2億2千万人)の1%以上もあった、ということ。

ハンク・アーロン氏のように、早い段階(48時間以内)を超え、数週間後〜数ヶ月後まで
には、この何倍も死亡するといわれている。

http://www.asyura2.com/21/cult32/msg/55.html#c9

   
 

16. 2021年7月08日 07:05:44 : sYpIUvCUtM : NU5MWERyZlFLRy4=[38] 報告
>>14
リンクしている資料をよく御覧下さい。挙げた数字は「副反応疑い」つまり「有害事象」と
しての「死亡報告数」なので、新型コロナワクチンでの「死亡報告数」と同じ条件での比較が
可能です。リンク先のリンクを追えば実際の判定がどうなったかの資料がありますが、かなり
段数が多いので、別リンクを一つ挙げておきます。
https://www.pmda.go.jp/safety/info-services/drugs/calling-attention/safety-info/0071.html

∴インフルエンザワクチン接種との因果関係が認定されて「副反応」と判定されている数は
当然、もっと少ない。で、問題は、「有害事象」の報告数が、違い過ぎるということです。
データの内容を見て、論理的に議論しましょう。それこそネトウヨばりのレッテル貼りや
藁人形論法を使うのではなく。ちなみに、「チェリー・ピッキング」だと論理的に示す方法
とは、「都合の悪いデータ」を具体的に示して見せることだというくらい、分かりますよね?

公衆衛生上の施策としてワクチン接種を考察する場合、個別の経験談や主観は重要ではなく、
統計的/確率的/客観的な議論を重視せざるを得ません。実際に因果関係が認定される場合
(より厳密には「因果関係が否定できない」と認定される場合)、現行の健康被害補償制度が
機能しなくなる恐れもあります。これは今回の大量接種開始前に、既に懸念されていた事です。

https://diamond.jp/articles/-/253780?page=3
新型コロナワクチン、現状の日本の制度では訴訟が多発しかねない理由
久住英二:ナビタスクリニック理事長、内科医師・血液専門医
2020.11.11 4:55

現行の健康被害補償制度での認定基準
https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000588416.pdf

17. 2021年7月08日 12:28:35 : 1zOrOS1L4w : TlZwOGpFVlRiUW8=[2] 報告
>>15に関連し
 
米国における、ファイザー接種後48時間以内のワクチン死、
2億2千万人が接種した時点で、実死者数が233万人程度。

米国総人口3億3千万人のうちの233万人は、約141人に1人。
米国においては、141人に1人が、ファイザー接種後48時間以内に
ワクチン死をしている。

ファイザー接種後48時間以降には、この何倍も死亡するといわれ、
接種開始から半年以上経った現時点、米国人の50人に1人程度は、
ワクチンにより死亡しているのではないだろうか。

ただし、この50人に1人の死亡は、半年の間に、時期をずらして起こり、
症状は心筋症等、一般的な症状が殆どである。

  

18. しんのすけ99[1235] grWC8YLMgreCr4JYglg 2021年7月08日 13:17:38 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[2132] 報告
>>16
いいですか? 貴方が>>13で示したリンク先には 
>「報告医師が疑う 予防接種を受けた事による疑いの事例が3件 」 と明記されていますよ

あくまでも 医師が疑う事例 ですよ (貴方は、【医師の疑い】と言う肝心な事に触れないで ただ単に 3件という 数字だけ抜き出している)


そしてこのスレで取り上げた数字は >「ワクチン」を接種して間もなく死亡したと6月25日までに報告された人数は6985名​に増えた。

あくまでもただの死亡者数ですよ それがワクチンのせいなのかどうか、評価はまだ始まったばかりです
下手すりゃ ワクチン打った帰り道に交通事故で死んだ人までカウントしてますよ
(もちろん、それだってワクチンの影響が、絶対にないと 言い切れるまでには時間を要する訳ですが)

◆ 要するに 医師が薬害を疑う事例の数字と ただ単に接種後の死亡者数を集めた数字を同じ条件に
 得意になって比較する事じたい ご都合主義と言わざるを得ない そこら辺のネトウヨと同類と
 「単なる割り算ができないという告白でしょうか?」 ← 計算の問題じゃありませんね ◆


コロナワクチンの薬害が ないと言っているわけではない 現時点でインフルと比較するのは早過ぎる
少なくとも5〜10年は掛かりますよ それが証しに 貴方が新たに持ってきたリンクだって内容は
平成18年度じゃないですか 15年も前ですよ 古いデータだから当てにならんとか言うつもりはないが
そのくらい時間を経過させてもなお 薬害だったのかどうかは そう簡単に結論は出来ないと言う事でしょう

19. 2021年7月08日 14:45:51 : VdAhJOoGoA : TVlqRDhieXhSSEU=[2] 報告
現時点、2億2千万人が接種したものの、
その後接種は進まず、ワクチン打ち止まり状態の米国。
生島ラジオ番組のゲスト氏によると、インテリ層の接種率はたった一割とのこと。

http://www.asyura2.com/21/cult32/msg/682.html
 

20. しんのすけ99[1236] grWC8YLMgreCr4JYglg 2021年7月08日 17:05:55 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[2133] 報告
そして16さん 貴方が新たに拾ってきたサイトでも 「コロナワクチンは インフルエンザワクチンと比較
しても危険性が高いから 打つべきではない」 とは、まったく主張していませんよね?

当たり前ですよ 怪しげな陰謀論サイトならともかく 医療を真剣に取り組んでいる機関のサイトであれば
「コロナワクチンが インフルエンザワクチンよりも危険だ」 などと今さら 主張する訳がない
評価するのはこれから、5年10年かけて評価をしていくのが常識なのですから


しつこいようだが、コロナワクチンに危険性がないと主張している訳ではない

7000人弱もの死者を 個別に評価するには 相当な時間がかかる 誰がどう考えたってただ単に
接種後に死んだ人の数を積み重ねただけの数字です 個別の評価なんて 今やっている暇はない筈です。

21. 2021年7月08日 18:47:13 : V88pFIQw0A : OG9Db0xTMlpJdy4=[1] 報告
 
VAERS
(Vaccine Adverse Event Reporting System ワクチン有害事象報告システム)
で報告された死者数 =(そのまま疑いの余地なく)ワクチン副作用による死者数
ということで、6月18日時点の(米国内の)VAERS報告死者数は6113人。

この報告数を
https://digital.ahrq.gov/sites/default/files/docs/publication/r18hs017045-lazarus-final-report-2011.pdf
により、実際の人数に換算すると、6113人×100/0.3=2037666人で、約204万人。

これが(米国内の)実際のワクチン副作用による死者数です。

日本も、公式報告数に対し、同じ算出ができると思われます。


   

  

22. 2021年7月08日 19:16:10 : V88pFIQw0A : OG9Db0xTMlpJdy4=[4] 報告
>>21 
>6月18日時点の(米国内の)VAERS報告死者数は6113人、、、

は更新↓されていました。

6月25日時点の(米国内の)VAERS報告死者数は6985人。
実際の人数に換算すると、6985人×100/2328333人で、約233万人。
これが(米国内の)実際のワクチン副作用による死者数です。

   

23. 2021年7月08日 19:36:18 : V88pFIQw0A : OG9Db0xTMlpJdy4=[5] 報告

× ーーー 6985人×100/2328333人で、約233万人。
○ ーーー 6985人×100/0.3=2328333人で、約233万人。

24. 2021年7月09日 04:29:21 : sYpIUvCUtM : NU5MWERyZlFLRy4=[40] 報告
>>18 , >>20

もう少し、細部に注意を払いつつ、視野を広げて下さい。

「「報告医師が疑う 予防接種を受けた事による疑いの事例が3件 」 と明記されていますよ」

予防接種の有害事象は、「「医師」と「ワクチン製造販売業者」の2ルートで報告される」という
決まりであり、医師の報告は、「医師が副反応だと疑いを持ったから」に決まっていて、それは、
新型コロナワクチンでも同じ。予防接種法や関連する政令は、その点では変わっていません。なお、
現在、日本で接種されているワクチンは外国企業製品で、それらの企業には有害事象報告が集まる
ルートがないので、製造企業からの報告はありません。つまり、条件は同じ。ちなみに、
「# 5000万人以上接種した年度もあったが、死亡報告は3人
https://www.mhlw.go.jp/content/11120000/000583992.pdf
では、製造販売業者の報告分も入っています。まあ、製造販売業者からの死亡報告はなかった年度
なので、死亡報告数が多くなってもいません。
予防接種法と直近の改正内容は下記。
https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=323AC0000000068
https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/203/meisai/m203080203001.htm
https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tc5481&dataType=1&pageNo=1

ところで、
「これだけ世界規模で蔓延してしまった殺人ウィルスを防ぐ方法は ワクチンしかないのですから
治験が終わっていないのは承知の上で 危険があるのも踏まえた上での「やむを得ない普及」ですから
治療薬にしたって 危険性があるのもワクチンと同じで アビガンはいまだに承認されずイベルメクチンも
その他の治療薬だって 安全性と有効性は 未確認なのはワクチンも治療薬も一緒なのです」

って、あまりにも雑な言い方で、結果的に日本の現政権ないし保健当局の現在の方針を全面肯定して
しまっています。しかし、「危険度の最小化」や「リスクーベネフィット分析」は、公衆衛生政策に
限らず、合理的な行政の基本です。情報が乏しいとしても乏しいなりに(最大限の収集努力はして)、
得た情報によって合理的に判断するのは政府の責任で、民主主義国家では、政府の行動を監視して、
必要に応じて、政策を転換させる/政権を交代させるのは、国民の権利でもあり、責任でもあります。
そのためには、少なくとも「今の政策は最善なのか」/「より良い政策はないか」考えないことには、
話が始まりません。

「今、実行されている政策を受け入れるか否か」の二択でしか考えておられないとすれば、あまりにも
視野狭窄で短絡的と考えます。薬は様々で、その危険性や有効性も様々。ワクチンだけに話を限っても、
世界を見渡せば、いろいろな種類があります。感染対策も、薬物に限った話ではないことは明らか。e.g.
http://www.asyura2.com/21/senkyo281/msg/770.html#c36
# 誰でもニュース等で見聞きしたことがあるか、ネット検索すれば分かること。

そろそろ、「打つか/打たないか」、「危険か/危険でないか」などの二択思考をやめませんか?
それが無理なら、他の人間が二択でしか考えていないと思い込むのだけは、やめて下さい。
「いつ、誰に、どれを、どれだけ」打つことが、「どのように、どの程度、どういう意味で」危険
なのか、あるいは利益があるのかを考え合わせて、なるべく合理的な選択をすべきです。さもなくば、
「失敗の本質」↓事例のような事になります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E6%95%97%E3%81%AE%E6%9C%AC%E8%B3%AA
https://honcierge.jp/articles/shelf_story/6997
# 「権威」に盲従したり、「空気」に流されたり、「異端や偶然を排除」すると危険なようです。

それと、公衆衛生政策では「危険だと立証されるまでは安全とみなす」のは、大失敗の元です。
薬害エイズとか、水俣病、イタイイタイ病とか、喫煙問題とか、種類は全く違う様々な問題で、
「予防原則」の無視が共通の要因になっています。「危険な兆候を察知したら、一度立ち止まり、
可能な限り情報を集めて、「中止」あるいは「リスクを最小化する方策と共に再開」」するのが、
定石/賢明な態度です。

さて、(まだ)日本では使用されていませんが、

https://johosokuhou.com/2021/06/25/48236/
モデルナ在庫不足でアストラゼネカ使用検討へ ワクチン供給不安から職場接種を一時停止 
血栓などの副反応は?
2021年6月25日

現在の事態を客観視する際には、アストラゼネカ製ワクチンの使用方法が諸外国でどう変遷したかに
参考になる事がいくつもあると考えます。

血栓の問題が表面化したとき、多くの国の保健当局が「一時的に使用を停止」しました。e.g.

https://jp.sputniknews.com/covid-19/202103158228912/
アイルランド アストラゼネカ製コロナワクチン使用の一時停止を勧告
2021年03月15日 03:03
勧告の背景には、ノルウェー医薬品庁がアストラゼネカ製ワクチン接種後に血栓など血液凝固障害を
新たに4件確認したと発表したことによる。
https://johosokuhou.com/2021/03/13/45011/
アストラゼネカ製のワクチン問題、WHOが「血栓症との因果関係はみられない」との見解 
欧州各国は一時使用停止
2021年3月13日
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/03/post-95811.php
アストラゼネカ製ワクチン、デンマークなど副反応めぐり接種中断 血栓との関連を調査
2021年3月12日(金)11時28分
オーストリアは副反応の可能性がある症例の調査を実施する間、特定のバッチ番号の
アストラゼネカ製ワクチンの使用をすでに停止。
このほか関係筋の話で、イタリアで男性2人がアストラゼネカ製ワクチンの接種後に死亡したことを
受け、当局が特定のバッチ番号の同ワクチンの使用差し止めを命じたことも明らかになった。
EMAによると、エストニア、リトアニア、ラトビア、ルクセンブルクも、調査実施中は特定の
バッチ番号のアストラゼネカ製ワクチンの使用を停止した。このバッチには100万回分のワクチンが
含まれており、EU加盟国のうち17カ国に供給された。
デンマークの事例では、60歳の女性が接種後に血栓症を発症し死亡。この女性はオーストリアで利用
されたものと同じバッチ番号のワクチンの接種を受けていた。デンマーク当局はアストラゼネカ製
ワクチンの接種を2週間中止した。

その後、「若年層の方が血栓発生リスクが高い」という分析結果が出たのを受けて、ある年齢以上に
限って(「ある年齢」は、国により異なる)接種を再開した国もあるし、接種を停止したままの国も
あります。どの国の保健当局も、いろいろな情報を考え合わせて判断しているわけです。ちなみに、
アストラゼネカ製の場合、「問題発覚前の接種対象年齢のまま接種継続した」記事は、見ていません。

WHO の判断も、科学的には「最終的な結論」からは遠いもので、WHO とは違う判断をした国が不合理と
言うことは、できません。実際、アストラゼネカ製ワクチンの成分分析をした論文が最近出てきて、
「製造工程に品質確保上の問題がある」事を示しています。

https://note.com/vaniboo/n/n8e045bfa6add
日本で承認の、新型コロナワクチン。成分の半分は、製造過程で紛れ込んだ
<得体の知れないモノ>と判明! (nature誌より)
ThinkDifferentTank
2021/06/02 20:02
... 「不純物」が多すぎる、ロットによってその内容も異なるバラツキがある ....
*原論文のURL*
https://www.researchsquare.com/article/rs-477964/v1

「ウイルスベクターワクチン」という点では技術的に共通点がある「スプートニクV」の開発元や
ロシアの保健当局は、この可能性を早い時期に指摘しています。製造ノウハウの一端を、敢えて
公開したのは、「同じように見られては、たまらない」と考えたからでしょう。
https://jp.sputniknews.com/covid-19/202103188236937/
2021年03月18日 12:55(アップデート 2021年03月19日 04:16)
「スプートニクV」を開発したガマレヤ国立疫学・微生物学研究センターのアレキサンドル・
グンツブルグ所長は、血栓症はアストラゼネカ社が行なったワクチンの精製処理が不十分で
あったことから発生した可能性があると指摘した。
https://jp.sputniknews.com/russia/202104158317894/
2021年04月15日 07:00
ロシア開発のコロナウイルスのワクチン「スプートニクX」について連邦保健分野監督庁の
アーラ・サモイロワ長官、接種後に血栓が生じたケースは1つもないことを明らかにした。
サモイロワ長官は、血栓の副反応がないことはアルゼンチン保健省も治験結果を公表した
なかで確証していると述べている。
サモイロワ長官は「スプートニクXワクチンはクロマトグラフィーと精密ろ過膜の高技術を
使ったマルチステージ・クリーニングによって、血栓を引き起こすリスク要因である残留DNAが
ワクチンに多く入り込むのを防いでいる」と強調している。

さて、日本でのマスコミ報道からは、あたかも「アストラゼネカ製ワクチンは、ファイザー製や
モデルナ製より、ずっと接種リスクが高い」かのような漠然とした印象を受けます。しかし、
それは「統計的に裏付けのある事実」ではありません。むしろ、統計的表現がされている情報と
しては、その逆を示唆するものの方が目につきます。

血栓症だけに限っても「ファイザー製やモデルナ製の方が接種後の方が発生率が低い」と
統計的に立証されているわけではありません。
http://www.asyura2.com/21/senkyo281/msg/449.html#c29
において要約が引用されているオックスフォード大学の論文についての記事参照。

http://www.asyura2.com/21/senkyo281/msg/449.html#c73
で言及している下記の記事が「ハンガリーにおけるワクチン間の比較」をしています。
https://jp.sputniknews.com/covid-19/202104268345170/
...
「スプートニクV」は、安全性(死亡数が32分の1から7分の1)と有効性(コロナウイルスの
感染数が7分の1から2分の1)の面で最高指数を示したことが判明した。
例えば、「スプートニクV」を接種した10万人のうち、コロナウイルスに感染したのは95人
だけで、死亡したのは1人だった。これに対し、アストラゼネカ社製ワクチンは10万人あたり
700人が感染し、7人が死亡。ファイザーおよびバイオンテック社製ワクチンは10万人あたり
555人が感染し、32人が死亡した。....

日本の保健当局は、先に引用した久住英二氏の言うように、米国での制度を参考に、感染リスク、
ワクチン接種リスクを評価可能な形で情報公開すべきです。そして、自らのスタッフでの分析だけ
ではなく、パブリックコメントを求めたり、国会での議論に応じたりもして、日本国民にとっての
リスクの最小化に努めるべきです。現政権で出来ないなら、政権交代が必要ということになります。

「接種を一時停止」の際に考慮すべきことは、原因調査方法(継続調査の体制作り含む)やリスク
最小化のための接種方法、時期、対象の再検討、健康被害補償制度の見直し、再開可否判断など、
多岐に渡ります。接種方法については、先に述べた接種量の調整のほか、アメリカでは、「接種を
一回だけにすべき」という意見もあります。アメリカのデータでは、「二回目で重篤な有害事象が
発生する割合の方が圧倒的に高い」という理由からです。こうした事も、本来は考慮すべき要因
ですが、十分なデータ公開がされないことには、分析できません。

どういうわけか、「ワクチン不足で大量接種を一時停止せざるを得ない」状況が「たまたま」発生
しているようなので、この機会に新型コロナ対策政策を見直す意味は大いにあります。保健当局/
現政権にとっても、国民にとっても。
いまだ、日本では謎の Factor X 効果のため、一時の欧米諸国やインドのほどには「切羽つまった」
状況(例えば下記)とは言えないので、他の対策を併用しつつ、冷静に分析する方が得策と考えます。

https://www.worldometers.info/coronavirus/

「日本で新型コロナワクチンでの有害事象報告例が多すぎる」と感じているとして、その「感じ」を
できるだけ客観的に表現する方法を考えると、他のワクチンでの報告例との比較くらいしかなさそうに
思えます。接種対象人数が一番近く、データが豊富なものは、インフルエンザワクチンかと思います。
「日本で新型コロナワクチンでの有害事象報告例が多すぎるという感じ」は、政策の見直しが必要では?
と考え始めるきっかけとして、ごく自然なものでしょう。

さらに、そもそも承認過程での不備を疑う、論文に裏付けられた論説があるわけですが、お読みに
なっていない?権威に盲従せず、空気に流されず、合理的に考え始める助けになると思いますよ。
https://rplroseus.hatenablog.com/entry/2020/02/03/221654
例えば、上の中の「最新記事」の中の一つである下記など
https://rplroseus.hatenablog.com/entry/2021/06/26/152352
2021-06-26
核酸ワクチンへの疑問ーマローン博士の主張を考える」
この人の分析は、各論文を詳細に読み込んだ上で、論理的かつ冷静に、細部まで丁寧に是々非々を
論じています。
ちなみに、関連記事の数の比を見ればわかりますが、イチオシの施策はPCR検査拡充という印象。
少なくとも、PCR 検査について世間に跋扈しているデマへの反論を含む記事が多いのは確かです。
https://profile.hatena.ne.jp/rplroseus/
というプロフィールの人で、論文を読みこなす力があり、PCR 検査の実務も、よく御存知の様子。

25. しんのすけ99[1239] grWC8YLMgreCr4JYglg 2021年7月09日 16:57:51 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[2136] 報告
>>24
私はね しつこいようですが ワクチンを打つべきか打たないべきか二者択一を論じてなどいません

「インフルと単純に比較するのは時期が早過ぎる」 と言っているだけですから

貴方が 平成一八年度のインフルワクチン薬害報告を示したのと同じく 5年10年15年と経過して
初めてようやく正当に(正当であるとは限らないが)評価できると言う事なんじゃないですか?

まあ 貴方は おかしな陰謀論サイトを拾ってこないだけ マトモな人だと理解はしましたので
インモー論者だったら 初めから相手にしません マトモな医療機関のサイトをちゃんと取り上げてる

なので
少々話をしました だから 言わなくても理解できてると思いますが、櫻井ジャーナルの言う事は
信頼性に疑問があります 有名な陰謀論かぶれ媒体 と言わざるを得ません
 

「COVID-19ワクチンの犠牲者は増え続け 6985名が・・・」 このタイトルを額面通りに受け取る
訳にはいかないと言う事です


◆ 本当に 医師が(陰謀論者じゃなくて)薬害を疑ってる数字なのかどうかは 冷静に経過を見守るしか
 ないと言う事は言えると思いますよ ◆

26. HIMAZIN[2060] SElNQVpJTg 2021年7月09日 21:05:16 : kQ8LPsZjUk : LkhZYlA1U2hBQnM=[875] 報告
>>25

>遁走のしんのすけ99

>私はね しつこいようですが ワクチンを打つべきか打たないべきか二者択一を論じてなどいません

嘘つき。

http://www.asyura2.com/21/senkyo280/msg/786.html#c56
56. しんのすけ99[1087] grWC8YLMgreCr4JYglg 2021年5月17日 02:31:26 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[1984] 報告
▲△▽▼
インフルエンザと 新型コロナを 同列に比較している時点で「ご都合主義」「コロナはただの風邪バカ」

コロナには いまだ有効と確認された薬はない 危険を承知でワクチン打つしか手立てはないのだ。


http://www.asyura2.com/21/senkyo281/msg/229.html#c26
26. しんのすけ99[1144] grWC8YLMgreCr4JYglg 2021年6月02日 15:22:31 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[2041] 報告
▲△▽▼
ワクチンが 絶対に安全だと言う保障はもちろんない が しかし、これだけは間違いなく言える

◆「コロナで死ぬよりは よっぽどマシだ」 ◆

ちなみにイギリスでは、およそ1年3か月ぶりに コロナの死者がゼロになったとか

国民の6割が接種の英国、死者ゼロに…昨年3月以来初めて
https://www.yomiuri.co.jp/world/20210602-OYT1T50102/


http://www.asyura2.com/21/senkyo281/msg/338.html#c64
64. しんのすけ99[1166] grWC8YLMgreCr4JYglg 2021年6月09日 15:47:43 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[2063]
やっぱり 副作用はある 毒チンだの殺人兵器だのは大袈裟に過ぎるが、血管系の疾患リスクはありそう
ただ 脳卒中脳梗塞などのリスクを踏まえても、「コロナでのたうち回った挙句に死ぬ」のだけは御免だ


なので やっぱり ワクチンは打つ しかし あらかじめ意思表示はしておくべきだと思う

◆「ワクチン接種後 もし自分にもしもの事があったなら 司法解剖を望みます」 と言う意思表示を◆

因果関係が判らない で済まされてしまうのだけは無駄死にと言えるので。

27. しんのすけ99[1241] grWC8YLMgreCr4JYglg 2021年7月10日 02:19:28 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[2138] 報告
自分は 打つ と言ったことはあるが、他人に 打て と言ったためしはないし ワクチンが安全だなどと
ただの一度も説いたことはない マトモに字の読めない人は 相手にしませんので。
28. 2021年7月10日 03:25:14 : ER4ZrGQmtg : R2JKWU41dm9pNWM=[2] 報告
 
>>21>>22>>23
より

VAERS
(Vaccine Adverse Event Reporting System ワクチン有害事象報告システム)
で報告された死者数 =(そのまま疑いの余地なく)ワクチン副作用による死者数
ということで、6月25日時点の(米国内の)VAERS報告死者数は6985人。

この報告数を

https://digital.ahrq.gov/sites/default/files/docs/publication/r18hs017045-lazarus-final-report-2011.pdf

により、実際の人数に換算すると、6985人×100/0.3=2328333人で、約233万人。
これが(米国内の)実際のワクチン副作用による死者数です。

日本も、公式報告数に対し、同じ算出ができると思われます。

    


29. 2021年7月10日 03:32:03 : ER4ZrGQmtg : R2JKWU41dm9pNWM=[3] 報告

 
コロナに罹るほうがマシか、ワクチン打ったほうがマシか、、

ファイザーワクチン先行接種国のイスラエルにおける、接種データを
分析したフランスのエクス-マルセイユ大学医学部のエルベ・セリグマン博士ら
によると、ファイザー/BioNTechのmRNAワクチンを接種した場合、1月の時点で、
高齢者の死亡率は接種しなかった場合の40倍、絶対数は少ないものの、若い人は
260倍になるとのこと。
 
1月の時点から半年、事実↑だったようです。

http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/737.html#c35

   

30. 2021年7月10日 03:35:19 : ER4ZrGQmtg : R2JKWU41dm9pNWM=[4] 報告
 
イギリスの現状↓

mRNAワクチン接種が進んだ国の実態。

ワクチン接種にタイミングを合わせてロックダウンを行い、
ロックダウンの効果で、一旦感染を抑えるものの
http://okada-masahiko.sakura.ne.jp/england2.jpg

3ヶ月後には、ワクチン摂取率が更に増加している中で
感染の急激な増加。
http://okada-masahiko.sakura.ne.jp/england3.jpg
  
http://www.asyura2.com/21/senkyo281/msg/701.html#c9

   

31. HIMAZIN[2061] SElNQVpJTg 2021年7月10日 05:44:57 : DegoMluJoc : TlpSdi53Zi5lOEk=[1] 報告
>>27

捨て台詞ご苦労。
流石は「遁走のしんのすけ99」。
言い訳が効かないから、「自分は〜」「他人は〜」などと話をすり替えてきたな。

>>16で藁人形論法を使うなと言われたばかりだろう。
マトモに字の読めない人はお前さん。
お粗末様。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際30掲示板  
次へ