★阿修羅♪ > 国際30 > 885.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
アフガニスタンに対するアメリカの次の手? 中国をだめにする(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/885.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 9 月 17 日 13:20:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

アフガニスタンに対するアメリカの次の手? 中国をだめにする
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-d6b66f.html
2021年9月16日 マスコミに載らない海外記事


Finian Cunningham
2021年9月10日
Strategic Culture Foundation

 アメリカの帝国主義戦略家連中にとっては、アフガニスタンという悪名高い帝国の墓場は徹底的敗北ではない。今週、バイデン大統領は、愉快そうに、謎めかして言った。“中国は難題を抱えている。今後どうなるか見るのは興味深い。”

 アメリカ合州国はアフガニスタンで屈辱的、歴史的敗北をなめさせられたかもしれないがワシントンの帝国主義計画者連中には、この悪い状況の中に明るい兆しが見えるのだ。

 破壊、政治的混乱や、20年戦争の遂行に費やされた何兆ドルもの金で、アメリカ合州国は残念賞をもらえるかもしれないのだ。つまり、アフガニスタンを中国やロシアやイランや中央アジア地域にとって、不安定化が煮えたぎる大釜にして。

 今週、ジョー・バイデン大統領が記者団に、アフガニスタンのタリバン支配者と中国の将来の関係について問われた際、彼は実に楽しそうに答えた


 “中国はタリバンで大いに苦労する”とバイデンが言ったのだ。中国だけでなく、ロシアやイランやパキスタンもだと彼は言い足した。“連中全員、今していることが一体何か理解しようとしている。だから、今後どうなるか見るのは興味深いぞ。”

 このアメリカの満足そうな様子は吐き気を覚えるほどだ。ワシントンは二十年間にわたる軍事占領で何百万人もの犠牲者や避難民をもたらしアフガニスタンを破壊した。 (タリバンの先駆者ムジャーヒディーンやアルカイダ)とのCIA秘密陰謀も数えれば四十年だ。

 だから、より適切なのは、アメリカの政治、軍事指導者連中を捜査し起訴するための国際戦争犯罪法廷開設だ。最低でも、このアメリカ指導部が、“国作り”のためだと約束しながら、実際は荒らし回った中央アジアの国の戦後再建のために, ワシントンに何兆ドルもつけを回すべきだ。

 このおぞましい明白な悪行にもかかわらず、バイデンは、アメリカ人が残したアフガニスタンのくすぶり続ける残骸が、地政学上のライバルと見なす国々、特に中国に、将来惨禍をもたらす可能性を喜んでいるのだ。

 8月15日、アメリカが支援するカーブル政権が崩壊した後、アフガニスタンの支配権を取り戻して以来、タリバンに対し、北京やモスクワやテヘランは慎重に手を差し伸べている。実際、たとえばモスクワは、依然公式には、タリバンをテロ組織に指定しているとは言え、数年前に、様々な当事者たちが連絡網を確立している。

 今週タリバンが公表した暫定政権は、カーブル新政権は、2001年のアメリカ侵略以前に支配していた戦士集団の守旧派に支配されており、懸念を引き起こした。これは更に、当然、アフガニスタンが、地域の近隣諸国にとって深刻な問題となるテロと麻薬の拠点になるのを阻止すると誓約したタリバン指導部に対する疑問も生じさせる。

 アルカイダや東トルキスタンイスラム運動に所属するテロ・ネットワークと手を切るよう中国はタリバンに促している。後者は、アフガニスタンと国境を接する中国西部の新疆自治区で長年テロ行動をしているウイグル族聖戦士の保護組織だ。ウイグル族分離主義者は、タリバンの同意を得て、アフガニスタンに隠れ場所を得ている。だから可能性として、アフガニスタンは、北京にとって更なる治安上の頭痛の種になりかねない。

 この目的で、中国はタリバンと外交的に関与しており、戦後再建のために、アフガニスタンへの膨大な資本投資を約束している。北京の観点からは、これは単なる安全保障策ではない。アフガニスタンは、ユーラシア経済開発を結びつける中国の一帯一路構想の重要な要の位置にある。

 タリバンにとっても、中国や他の地域の国々と提携するのは道理にかなっている。彼らは統治を強化するのに必要な国際的承認を得ることができる。再建のため酷く必要な資金が得られるのだ。ワシントンや西欧同盟諸国はアフガニスタン新支配者に関与するのを嫌がるため、これは益々喫緊の課題となる。タリバンが権力の座について以来、アメリカは、この国の海外資産を凍結している。

 だから、国を安定させ、テロの温床に陥るのを防ぐという中国や地域の他の国々の願望に応えることは、タリバンにとっても、大いにためになるように思われる。

 しかも、北京は、アフガニスタン内で、中国の意欲的経済計画を脅かす他のテロリストの脅威にも直面している。

 パキスタン南西部のバルチスタン州での中国外交官や労働者に対する破壊的攻撃が増加している。攻撃は、バルチスタン解放軍やパキスタン・タリバン運動と呼ばれる他の組織によって実行されていると報じられている。これら集団は、石油豊富なペルシャ湾やアラビア海やインド洋と結ぶ南部パキスタンのグワダル港まで広がる中国-パキスタン経済回廊を破壊するのが動機だ。この回廊は、中国の大陸横断経済拡大のためのもう一つの重要なリンクだ。

 バルチ族戦士は、タリバンの拠点であるカンダハール市を本拠としており、少なくとも過去にはタリバンに支持されていた。中国要員や企業権益に対する最近の攻撃にはタリバンが行った形跡はない。だが、タリバンは彼らの領土から活動する戦士を抑えられるはずだと、北京にとって、大きな懸念なのは確実だ。

 だから、中国とタリバン支配者にとって、今後は不安定な綱渡りが待ち受けている。中国やロシアやイランや他の地域の利害関係者には経済的大望を実現するため安定した政治環境が必要だ。彼らの国を、アメリカ“最長戦争”の灰燼から立ち上がらせるためにはタリバンにも、そうした安定が必要だ。しかも彼らは、戦士集団と戦う内部抗争で、反感を買うつもりもない。

 だが、もしワシントンとヨーロッパの従順な同盟諸国が敵対的国際関係や障害を生じさせて、タリバン統治を困難なものにすると決めれば、結果的に、アフガニスタンは、中国やロシアやイランや他の国々にとって深刻な安全保障上の崩壊をもたらしかねない。たとえ彼らがそう望んでも、タリバンは安全を保障できないかもしれない。

 二十年前ワシントンがアフガニスタンに侵攻した動機は、いかがわしい9/11テロ事件に対する報復というより、ほぼ確実に、中国とロシアの裏庭で地政学的支配を確立するのが狙いだったのだ。軍事的に、アメリカのアフガニスタン占領は悲惨な失敗となり、将来何世代ものアメリカ人に目玉が飛び出るほどの代償をもたらした。

 アメリカの帝国主義戦略家連中にとっては、アフガニスタンという悪名高い帝国の墓場は徹底的敗北ではない。今週、バイデン大統領は、愉快そうに、謎めかして言った。“中国は難題を抱えている。今後どうなるか見るのは興味深い。”

 従来案Plan Aは、ワシントンにとって、うまく機能しなかった。代案Plan Bの頃合いだ。

記事原文のurl:https://www.strategic-culture.org/news/2021/09/10/us-plan-b-for-afghanistan-screw-up-china/

----------


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[149461] kNSCqYLU 2021年9月17日 13:21:23 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[48219] 報告

2. 赤かぶ[149462] kNSCqYLU 2021年9月17日 13:23:14 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[48220] 報告

3. 2021年9月17日 20:05:51 : fdFQPU3FSH : a0JNNGEvVUdzMWc=[10] 報告

 プランBを作動させるための撤退、そのことはイラン、ロシア、中国は認識している。東トルキスタンイスラム運動、バルチスタン解放軍にはCIAはより接近するであろう。

 周辺国としては、アフガニスタンの地域住民に救援物資が届くかぎりは援助をするであろう。しかし、急に良好な関係の構築に動きはしない。援助物資の追跡を通して、タリバンの実行支配の確立度を判定する。時間をかけての作業になる。

 混乱が周辺に波及しないことにUSが苛立てば、そそのかされた、イスラム過激派が蠢くことになるが、国境を越えないならば、周辺国は積極的に傍観すると判断している。

4. 2021年9月17日 23:54:01 : Nf2PcZ7ZZc : Z2E4eW1QcUxVaFU=[452] 報告
バイデン大統領は、愉快そうに、謎めかして言った。
”中国は難題を抱えている。"

はい、その後、何か一言つけ加えてください。

”私や私の息子とビジネスなんかにしてるから、中国のイメージが悪くなっている。"

・・・この形式で大喜利ができそうですね。

ちなみに、こっちの方がしっくりきますけどね。

バイデン大統領は、愉快そうに、謎めかして言った。
”アメリカは難題を抱えている。なぜなら私が大統領だからだ"

5. 2021年9月18日 06:05:06 : Ft5PhGZaus : eVhpVlpSams1eTY=[1049] 報告
 バイデンも耄碌爺さんの「自慢話」満開だが、オバマ政権下でアフガニスタンーイラクの問題でバイデンは何も解決できなかったと言うことは「オバマの戦争」に描かれている。
 アベのチンカス、簾のガスと同じくチョンチョンの政策無能。トランプがあと3年で米国は消滅なんて吠えるわけだ。
6. 茨城市民[325] iO@P6Y5zlq8 2021年9月18日 09:40:40 : L7K5kePxVQ : RmZsblR3TG45RTI=[64] 報告
アフガンのテロリストも中国のイスラムテロリストもアメリカCIA(カネ)と繋がっていると言われる。彼らは支援者(カネ)が無ければ動かない。ということは、彼らテロリストはアメリカCIAの援助(カネ)が無ければ無力だ。

バイデンは今後もテロリスト支援を続けると言っているのであろう。
残念ながら、それな空しい取り組みに終わるであろう。

7. 2021年9月18日 14:07:22 : 1hFwhl5XF6 : dXZTY1pyS01GUXM=[1354] 報告
ワシントンDCは既に破産しており、CIAはテロリストにカネを配れなくなっている。
バイデンは、中国が肩代わりをしたことを知っているので、茶化して減らず口を叩いているわけだ。

中共も巨大不動産会社の破綻に見舞われているので、何時まで続けられるのやら。

8. 2021年9月18日 19:27:56 : kkny5yIP9A : T05vU2k4SGRKNGc=[3] 報告
都市伝説系のYOUTUBERの間では
驚きの情報が上がっています。

去年暮れ 習近平は健康上の重大な危機にあった。
そこで弟の習遠平はトランプ大統領に支援を依頼。
トランプ大統領はメドベッドを送り、
兄貴の危機を救ってくれた。

そこで習近平・習遠平は トランプ戦略の協力者となったのです。
手始めは中国のDS系ハイテク企業への攻撃。
  意図は 中国の金融崩壊。
  次はドイツ銀行の破綻。
  CDSの爆裂。
  世界金融恐慌
  列布鹿馬の瓦解
  銀河宇宙連合の量子金融システムによる金本位制度の確立。
ざっと こんな手順になるでしょうか?

ここまで荒療治を経なければ、
2万年もの間 人類を奴隷化し続けた列布鹿馬を
掃討する術はないと悟ったのでしょう。

今 話題にすべきは それではなく、
銀河宇宙連合によって提供されたメドベッドが
本当に超絶の医療機器なのかという驚き。
若返った金正恩総書記や 寅さんの写真をメディアが
不謹慎にも 何の疑問符もつけず報じていること。
これ自体異常です。
ひょっとして これが情報開示 第1段。
メドベッドの実力は本物だと・・・

9. 2021年9月19日 03:41:21 : AJbVTKRqdM : LlF6R1JQYUt5R2c=[152] 報告
負け惜しみは見苦しい。アメリカはアフガニスタンでもう負けたのだ。

40年前にはイランでも負けたのだ。シリアでも東部の一部を除き負けたのだ。
1990年の冷戦勝利で得たものの相当部分はもうなくなったのだ。

10. 2021年9月19日 12:02:15 : FhA1BDKz6I : SFBIOXpmVzUydHc=[67] 報告
「お天道様は見ている」は英米等のアングロサクソンによるこのような行いに対して言うせりふかも?!
11. 2021年9月20日 08:27:53 : R4D0vEsTBc : bElWTFVlbHcvODI=[55] 報告
スレ名訂正しやがれ
アフガニスタンに対するアメリカの次の手? アメリカのダメリカ化が一段と加速する
12. 2021年9月21日 01:11:56 : FhA1BDKz6I : SFBIOXpmVzUydHc=[80] 報告
ロシアと中国への恫喝が通じず、孤立するアングロ・サクソン陣営(櫻井ジャーナル)
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202109210000/

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際30掲示板  
次へ