★阿修羅♪ > 国際30 > 886.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
米国の私的権力は各国の選挙へ介入、今回の露下院選挙では露政府から厳しい抗議 (櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/886.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 9 月 17 日 13:28:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

米国の私的権力は各国の選挙へ介入、今回の露下院選挙では露政府から厳しい抗議
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202109170000/
2021.09.17 櫻井ジャーナル

 ロシア外務省は9月10日にアメリカ大使のジョン・サリバンを召喚​​、アメリカを拠点とするハイテク企業が9月19日に予定されているロシアの下院議員選挙へ不当に介入していると抗議、その際に具体的な証拠を示したという。アメリカ側は調査を約束したと伝えられている。

 ロシアで選挙期間中に禁止されているコンテンツをブロックしないとして、グーグル、アップル、クラウドフレア、シスコを含む10企業に対して通信、情報技術、マスメディアの監督官庁「ロスコムナゾール」が警告している。

 今回、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は記者団に対し、選挙への介入を証明する文書をサリバン大使へ渡し、回答を待っていると語った。ジョー・バイデン政権に対する姿勢が厳しくなっていることを示している。

 こうしたアメリカのハイテク企業がNSAやCIAのような情報機関、また捜査機関のFBIと緊密な関係にあることは広く知られている。通信内容や国際機関や各国政府の機密情報を盗むために協力し合っている可能性が高い。

 そのためにさまざまな仕掛けが作られているが、例えばニッコ・ファン・ソメーレンは1998年、ウィンドウズのセキュリティ機能をコントロールするソフトウェアに2種類のカギが存在していることを発見している。ひとつはマイクロソフトが作業に使う合法的なカギのようだが、もうひとつが謎だと指摘していた。

 その後、アンドリュー・フェルナンデスはマイクロソフトの開発者が削除を忘れたカギのラベルを発見している。ひとつには「KEY」、もうひとつには「NSAKEY」と書かれていた。素直に読めば、NSAのカギということになる。

 ファン・ソメーレンはウィンドウズ2000の中に3種類のカギを発見した。第1のカギはマイクロソフト用。第2のカギはアメリカ政府の「合法的合い鍵」だという可能性があるが、第3のカギは不明だ。(Duncan Campbell, "Development of Surveillance Technology and Risk of Abuse of Economic Information Part 4/4: Interception Capabilities 2000," April 1999)

 そもそもインターネットはアメリカ主導で築かれてきた。その前身はアメリカ国防省の研究機関、ARPA(後のDARPA)が1969年に開発したARPANET(高等研究計画局ネットワーク)だ。その2年前、MIT(マサチューセッツ工科大学)では人間とコンピュータとの間の情報伝達について研究するMAGが作られたが、その資金はARPAから出ていた。ネットワーク局NBCのフォード・ローワンはARPANETがアメリカ人を監視するために使われていると伝えている。(Yasha Levine, “Surveillance Valley,” Hachette Book Group, 2018)

 ツイッター、ユーチューブ、フェイスブックをはじめとするシリコンバレーのハイテク企業はCOVID-19(2019年-コロナウイルス感染症)の情報操作でも活発に動いている。その恐怖を煽り、「ワクチン」の接種を促進するために人びとを欺き、私的権力にとって都合の悪い事実をブロックしたり消去したりしている。

 アメリカのビベク・マーシー公衆衛生局医務長官は7月15日に「健康に関する偽情報」の脅威を警告したが、ホワイトハウスのジェン・サキ広報官は「COVID-19ワクチン」に関する「偽情報」を広めているアカウントのリストをフェイスブックへ提供したことを認めた。政府による検閲という形を避けるため、「民間企業」に検閲させている。

 アメリカの私的権力は軍や情報機関のような国家機関を利用し、自分たちの利権にとって好ましくない人物、組織、政府を抹殺してきたが、選挙へも介入している。

 第2次世界大戦後、アメリカが初めて行った大規模な内政干渉の対象は1948年のイタリア総選挙だと考えられている。本ブログでは繰り返し書いてきたが、この大戦でドイツは軍隊の主力をソ連へ向けたが、西ヨーロッパでドイツ軍と戦ったのは事実上、レジスタンスだった。その中心はコミュニストだったことから、イタリアやフランスではコミュニストの人気が高く、1948年の選挙ではコミュニストが勝利すると見られていたのだ。そこでアメリカの戦時情報機関OSSの人脈が動き、工作資金としてドイツが大戦中にヨーロッパ各国で略奪した金塊、いわゆる「ナチ・ゴールド」が使われたと言われている。(クリストファー・シンプソン著、松尾弌之訳『冷戦に憑かれた亡者たち』時事通信社、1994年)

 ロシアで2012年3月に実施された大統領選挙にアメリカが介入したことも知られている。ロシアで工作を指揮するため、同年1月にマイケル・マクフォールがアメリカ大使としてモスクワへ入り、その3日後にロシアの反プーチン/親アメリカ(親ウォール街)派のリーダーがアメリカ大使館を訪れている。その様子は撮影され、伝えられた。

 この工作でロシア人を踊らせることに失敗したが、「反プーチン」の象徴はしつらえられていた。アレクセイ・ナバーリヌイだ。この人物は2010年にアメリカのエール大学で行われているエール・ワールド・フェローズに参加しているが、その手配をしたのはマクフォールだった。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[149463] kNSCqYLU 2021年9月17日 13:29:16 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[48221] 報告

2. 赤かぶ[149464] kNSCqYLU 2021年9月17日 13:30:11 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[48222] 報告

3. 2021年9月17日 19:23:41 : FhA1BDKz6I : SFBIOXpmVzUydHc=[57] 報告
我国に対しても傘下のオカルト組織を使って選挙干渉しているんだろうな。
4. 英語文字起こしインフォ[10] iXCM6pW2jpqLToKxgrWDQ4OTg3SDSA 2021年9月18日 18:36:56 : 8wueEQ4oWE : S2Q5bDFTL3U5OTI=[444] 報告
外国の選挙に介入して、パペット政府を設置しコントロールするのが、アメリカの常套手段だった。イラク、イラン、シリア、パレスチナなどがその良い例だ。

DSはある目的のために計画を立てた。その第一部は、トランプを大統領選挙で追放して、彼らがコントロールできる人間をホワイトハウスに据えること、つまり、パペット政府の設置だった。

それは大成功!。彼らはすぐ次の拠点に駒を進めた。そこでは、WP紙と、WPの元職員が書いた本が紹介された。それが今、大センセーションを巻き起こしている。何故か。その本の中で、綜合参謀本部議長ミリーが中国に電話した内容が記載されているからだ:「トランプは狂気な人間だ。彼は核兵器で中國を攻撃しようとしている。」

トラ前大は、直ちに反論:“それは真っ赤なウソ。事実ではない!”
これに対する米国民の反応は、「もしこれが本当ならミリーは反逆罪を犯したことになる。」共和党議員達はミリーの辞職を要求している。

問題は、何故、このフェイク物語が今出てきたのか、目的は何か? これは偶然に起きたのではない。何故こんなことをしたのか。

トランプは、去年のパンデミック中に、「米国は今戦争中だ」と言っていた。
「我々は、パールハーバーよりも、9/11よりも悪質なウィルスに攻撃された。」

この発言は中国を悩まさせた。何故か。中國は、アメリカ攻撃に使った生物兵器の起源が武漢だと知られるのを一番恐れているからだ。そうなったら中国の敗北は測り知れない。世界中に影響する。世界の人々の中国を見る目が変わるからだ。

AZ州は、2020年大統領選挙の法廷監査結果の発表を9月28日に設定した。
DSはこの発表を一番恐れている。もし、大統領選挙の不正が暴かれたら、一巻の終わりだからだ。だから、DSは発表を阻止すべく猛反撃に出る、ありったけの武器と財源を使って命がけで阻止する覚悟だ。

DSが、WPの本を前面に出したのも「AZ州の法廷監査報告から米国民の目を逸らせるため」の戦術なのです。

一方、ファイク・メディアの反応は、何故かミリーを擁護しているようにみえる。
MSNBC:[もし、トランプが去年の民主的な大統領選挙結果をひっくり返そうとしているなら、ミリーの中国への電話や援助の約束はOKだ。」

NBC:「ミリー将軍は反逆罪を犯す権利がある、ミリーの裏切りが何らメリットがなくても中国に電話したり援助を約束する権利がある」だって。

元将軍たちもFoxテレビで:「ミリーは直属の上司にも、トランプ大統領にも何も報告ていない事実は、“階層構造が厳格な軍の命令系統に違反している。反逆罪として軍法会議にかけるべきだ」と異口同音に発言していた。

バイデンは「ミリー将軍に信頼をおいている」と答えた。

ミリー将軍のスポークスマン:
“ミリ―総合参謀議長は中国への電話を認めている。彼は中国に戦略的安定性を伝えただけで、トランプが何をするつもりだとは言っていない。“

9/14 トラ前大の声明:
「ヘタレ将軍ミリーが(アフガニスタン撤退の大失敗:最新で高度な武器を大量に放置し、多くの米国人や子供達が殺され、今も残されている…)を、事前に計画したのが事実なら、反逆罪で裁判にかけられるべきだと思っている。ミリーが大統領の背後で、敵の中国と取引し、米国が攻撃するときは知らせるなんて。そんなことは出来っこない。

たった今、良い知らせが入りました。フェイクニュースのミラー物語は、ヘラレ将軍らと共謀して仕組んだことが分かりました。

私が、二人の著者とのインタビューを断ったのは、二人は作り話を、事実でないことを書くからです。

はっきり言って、私は一度も中国を攻撃するなんて思ったこともない―中国も其のことを知っている。

ミリー物語をでっちあげたやつらは異常で頭がおかしい。それを印刷したやつらも同じく不道徳だ。

実のところ、私は長い間、アメリカを戦争させなかったたった一人の大統領だ。めったに報道されることはないが。」

ミリー将軍の上司だった元司法長官代理のミラー氏曰く:
「私は、ミリー将軍が中国に秘密の電話や、不見識で前例のない不服従の行為を承認したことも、承認することもない。ミリー将軍の早急な辞任を求める。」

5. 2021年9月21日 03:37:13 : rwZArosA6A : dzIyd3lFSE5yNFU=[130] 報告
4のようなバカでも英語が読めるんだ。へぇー。ところでパレスチナのパペット政府てヒズボラそれともPLO。
6. 2021年9月21日 04:39:25 : wTOgD6PBTE : VHlmR3NwMlBHMWs=[3] 報告
66歳のウヨ爺さん櫻井春彦。この板では頻繁に見る。今度はトランプの後ろ盾プーチンの提灯持ちか。Qアノン大好きトランプ大好きのウヨ爺さんを誰がまともに相手にするのだろう。
7. 2021年9月21日 04:48:07 : wTOgD6PBTE : VHlmR3NwMlBHMWs=[4] 報告
楽天は頻繁にIP被りがおこる。回線が少ないからだろう。しかしデータ無制限だとテザリングにも使えて便利ではある。
8. 2021年9月22日 13:58:58 : O4pUfLwvsA : T1BlbkkwdDkuVEk=[1474] 報告
「誰がまともに相手にするだろう」と6氏はおっしゃいますがね、...支持者の数は非常に大きいと思われますワね。
その点お気の毒ですが。

誰でも立場が危うくなると暴言が多くなるもの
ですが、度重なると他の版でのように「ハゲ!」
とか罵倒されちゃう。

でも姿を見ないと寂しいからサボらないで又出て来てね。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際30掲示板  
次へ