★阿修羅♪ > 国際31 > 261.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
ウクライナとロシアとの戦争は実際どのようなものだろう(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/21/kokusai31/msg/261.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 12 月 06 日 13:20:20: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ウクライナとロシアとの戦争は実際どのようなものだろう
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2021/12/post-02497d.html
2021年12月 4日 マスコミに載らない海外記事


最近の声明では、キエフと欧米列強との実際の紛争結果について、モスクワは非常に現実的なように思われる。
アナトール・リーヴェン
20211月24日
Responsible Statecraft

 最近アメリカ諜報機関は、ロシアが新年早々ウクライナ侵略を計画していると考えているという欧米メディア報道が新たに続いた。既に、これら報道はロシアが戦争した場合には重い経済的、政治的代償を支払うというNATOとワシントンによる警告をもたらした。

 ロシアとしては、月曜日、ウラジーミル・プーチン大統領広報担当ドミトリー・ペスコフによれば「標的を定められた情報キャンペーン」を非難し、切迫しているという報道を否定した。「これは緊張のでっちあげだ。」

 とは言え、これはウクライナ論争に関し、ロシアとの合理的妥協を見いだすためのアメリカと主要ヨーロッパ政府による決然とした本気の努力に至るはずだ。ウクライナでの戦争に起因するだろう世界的経済損害や、このような危機に中国がつけこむ手口は別として、欧米には本当に新しい戦争を回避する非常に強い理由がある。欧米は負けるのだ。

 ロシアの計画に関する諜報情報は誇張で、想像か、でっちあげの可能性さえある。近年一連のこのような恐怖があったが、根拠がなかったり、ロシアが守る分離主義ドンバス地域へのウクライナ攻撃に対する、ウクライナへのロシアの警告だったりした。

 ロシアにとっては、侵略の意欲をくじく極めて大きなものがある。欧州連合は既に問題を抱えたロシア経済に膨大な損害を与える大いに強化された制裁を課すだろう。ノルド・ストリーム・ガスパイプラインは放棄されるだろう。ロシアは中国への、ほとんど完全な依存を強いられるだろう。ウクライナ軍の一部が非常に激しく戦い、ロシアに重大な死傷者をもたらすかもしれない。もしロシアが広大な新領域を占領すれば、ロシアはドンバスとクリミアの親ロシア派住民ではなく、かなりの数の激怒した反抗的ウクライナ人を抑制する手強い課題に直面するはずだ。

 他方、ここ数ヶ月、ウラジーミル・プーチン大統領とドミトリ・メドベジェフ前大統領による演説や論文で強調されるように、ウクライナに対するロシアの懸念は本格的な形で増大している。2014年のウクライナ革命直後の数年、ウクライナについてのロシアの感じ方は、ウクライナが非常に政治的、経済的に機能不全に陥っているので、決して実際欧州連合やNATOに加入するまいから、ロシアは、最終的に思慮あるウクライナ政府がロシアと妥当な和解を求めるまで待つ余裕があるという信念で占められていた。

 だが今や、ロシア政府はウクライナへのアメリカ武器供給が、プーチンが2021年10月にヴァルダイ議論クラブでの発言で述べたような状況に導くことを懸念している。「[ウクライナの]NATO正式加盟は実現し損ねるかもしれないが、この領域での軍事的進展は既に進行中だ。そして、これは、本当にロシア連邦にとって脅威となる。」

 モスクワは特に、2020年、ナゴルノカラバフでのアゼルバイジャン・アルメニア紛争でアゼリ勝利の鍵となる役割を演じたトルコのバイラクタル無人戦闘機を、ウクライナが獲得したのを警戒している。ロシア当局者は、これら新兵器が、ウクライナに、ドンバスを武力で奪還しようとして、準備ができていないロシア軍を打倒するよう勢いづかせるかもしれないことを恐れている。(ジョージアにとっては悲惨な結果ではあったが)ロシアが守っている南オセチアを武力で奪還しようとして、2008年8月、ジョージアのミハイル・サーカシビリ大統領が追求した戦略のように。ウクライナ軍が更に強化する前に、ロシアが先制し圧倒的勢力で攻撃する軍事的誘因となる。

 より重要なのはウクライナ内での政治的、文化的変化だ。究極的なウクライナ-ロシア和睦に対するロシアの確信は、ウクライナ人とロシア人の間の深い歴史的、文化的、個人的結びつきに対する信念に基づいている。これは2021年7月、プーチンが彼のエッセイで触れた。これはウクライナ人とロシア人間の数え切れない結婚や、多数のウクライナ出身ロシア・エリートの存在や、ウクライナ国内のロシア出身の人々に象徴される。彼らは作家ニコライ・ゴーゴリ(ウクライナ語でミホラ・ホーホル)や映画監督セルゲイ(セルヒー)ボンダルチュクなどのロシアで働く歴史的ウクライナ文化人にも反射されている。

 だが2021年、ウクライナ政府は、ウクライナにおけるロシアの政治的、文化的影響力を減らす重要な措置をとり、ウクライナ人のほぼ3分の1が第一言語として話すロシア語の使用を制限した。戦争となれば、ウクライナ軍は敵ロシアに極めて重大な損失を与えるだろう。彼らは2014年よりずっと良く装備し、訓練され、主要部隊は、しっかり反ロシア愛国心に吹き込まれている。それにもかかわらず、軍事的現実は、圧倒的なロシア勝利だ。ロシア軍は、ウクライナに対して、四対一と数で勝り(ロシアが予備軍を動員すれば、更に増える)、ロシア戦闘機は、ウクライナに対して十対一と数で勝る。ウクライナの800輌に対し、ロシアは約2,900台の戦車を持っており、ロシア戦車の400台以上が際立って近代化されたT90だ。そのうち何輌が実際使えるかは不明だが、ロシアには10,000台以上のしまいこまれた戦車がある。

 アメリカとNATOは介入しない可能性が最も高い。これらの国々に対する多くのアメリカの誓約にもかかわらず、彼らが、2014年には、ウクライナを、2008年には、ジョージアを助けるため介入し損ねたように。ウクライナへの支援に関する、あらゆる欧米言説の後、ウクライナが壊滅される中、アメリカとNATOが座視して何もしなければ、アメリカの信頼性への打撃は非常に重大で、北京も、しっかり留意するはずだ。従って、アメリカ支配層の無謀なタカ派が、実際ウクライナで何らかの軍事介入を画策する可能性はあり得る。

 もしこれが起きれば結果は壊滅的だ。核戦争のリスクは別として、ウクライナのみならず、アメリカとNATOがウクライナに即座に配備できる、あるいはそうするだろうどんな軍隊にも、ロシア軍は圧倒的に数で勝り、従ってNATOとの地上戦に勝つだろう。

 ヨーロッパに本拠を置くアメリカ戦闘旅団は三つしかなく、機甲旅団は、そのうち一つだけだ。ロシアと戦うには余りにも少数だ。200機以上の戦闘機を持っているが、これらも、当初数では大きく劣るだろう。もしアメリカが本気でロシアと戦うを計画しているなら、これら武力を大きく増やす必要がある−それは(国内の必要性と政府債務を犠牲にしての)アメリカ軍事予算増加と、中国に対するアメリカの立場の弱体化を意味する。

 理論上、アメリカのヨーロッパのNATO同盟諸国は何十万人もの「戦闘」部隊を持っている。だが誰も深刻に彼らの政府がウクライナで戦うため彼ら派兵するだろうか、あるいはヨーロッパ国民が、そうするのを許すだろうか?イギリスは、いつも通り忠実に参加するかもしれない。だが反復的削減のおかげで、イギリス軍が送り込めるのは、戦闘旅団二つだけで、しかも即座に送れるの一旅団しかない。

 従ってアメリカは、ロシアの攻撃を撃退するどころか、失われたウクライナ領域を回復するため、本格的な血まみれの戦争を計画する可能性に直面するはずだ。これには世界大戦になるリスクもある。なぜなら、中国がアメリカとロシア間の戦争を利用し、同時に二つの戦争の危険でアメリカを脅すのは事実上確実だから。そして両方での敗北を。

 まだ、この結果を避けるのは完全に可能だ。ドンバス紛争解決策の合理的基礎は、ミンスクIIプロトコルの形で、2015年から存在している。ウクライナ内のドンバスの完全自治、ウクライナ主権下ながら、ウクライナ部隊はなく、国連平和維持軍が保障する。ウクライナ内のロシア人の文化的、言語的保護については、基本原理の問題として欧米に支援されるべきだ。

 同様に、(国から、ソ連と、欧米占領軍の撤退をもたらした)1955年のオーストリア国家条約は、この国を巡る戦略上のライバル関係を排除しながら、ウクライナが近代的自由市場民主政治として発展するのを自由にして、ウクライナの中立のための合理的な枠組みになる。(いずれにせよウクライナが決して取り戻せないだろう)クリミア半島に関しては、セルビアからの分離地域コソボを独立国家としてロシアが認めるお返しに、ロシア主権を欧米が認める外交的妥協が考えられる。

 これらの妥協は、ワシントンにとって非常に苦痛を伴うだろうし、かなりの道義的勇気を必要とするだろう。だが、本当の愛国心にもとづく道義的勇気は、政治家と、ただの政治屋との違いの最重要要素だ。過去の世代の経験は、現代の欧米は、政治家を産み出す能力がないことを示唆している。バイデン大統領には、今その印象が間違っていることを証明する好機がある。

 アナトール・リーヴェンはクインシー研究所Responsible Statecraftのロシアとヨーロッパ上席研究員。

 彼は元カタールのジョージタウン大学とキングス・カレッジ・ロンドン戦争学学部教授。ロシアのヴァルダイ国際討論クラブの学術委員会委員で、イギリス外務・英連邦・開発省南アジア部門の諮問委員会委員。イギリス、ケンブリッジ大学からBAとPhDを取得。

記事原文のurl:https://responsiblestatecraft.org/2021/11/24/what-war-with-russia-over-ukraine-would-really-look-like/?utm_source=feedly&utm_medium=rss&utm_campaign=what-war-with-russia-over-ukraine-would-really-look-like

----------
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[158362] kNSCqYLU 2021年12月06日 13:21:31 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[56974] 報告

2. 2021年12月06日 17:39:50 : PgsIdsWuAM : TkZqSVZTTXdBSmc=[3] 報告
プーチンが「強い大統領」を演じたくてやっているパフォーマンスだろ。
3. 2021年12月06日 17:40:08 : TGsGGr2XP2 : YnpwWjVuZjBUdnM=[2] 報告
偏向報道は海外でも同じだろう
ウクライナを侵略したのは英米側で、それまでロシアの一部として普通に暮らしていた。
西側のロシア弱体化、包囲網のためにかつての連邦国はエセ民主化により破壊された
それに対抗するためにロシアは断固たる軍事行動に出ただけだろう
オバマのとき局地戦もあったが米軍特殊部隊はロシア兵により殲滅されている
バイデンでますますロシアへの挑発は強まり戦争へ近づくだろう
もう時間が迫っているから、なりふり構わずロシアを攻撃すると思われる

4. 2021年12月06日 18:44:59 : PgsIdsWuAM : TkZqSVZTTXdBSmc=[5] 報告
>>3
おいおい。マジで言っているのか?
ウクライナの独立は1991年12月8日のベロヴェーシ合意で当時のソ連を解体する
形でロシア、ベラルーシ、ウクライナの三国合意で決まったもんだろ。
何でもかんでも英米だと考える陰謀脳は困ったもんだ。
5. 2021年12月06日 21:49:52 : E6SRfCLd1A : VkdtODJ2SG1SS1U=[120] 報告
英米が悪の大国である事はもはや常識だな。
尤も英米寄りの影響を受けた人は必死に否定するかもしれないけどな。
6. 2021年12月06日 22:41:28 : v3F4u97eUI : dy82TFJGWlNFajI=[125] 報告

創られた独立と押し付けられた武装 VS 自分の独立と自分で企画した武装。


  電磁推進機研究者談

PS.日米安保は対大日本帝国の含まれる?

7. 2021年12月06日 22:45:06 : v3F4u97eUI : dy82TFJGWlNFajI=[126] 報告

訂正。

誤;〜日米安保は対大日本帝国の含まれる〜

正;〜日米安保は対大日本帝国が含まれる〜

どうもごめんなさいです。


  電磁推進機研究者談

PS.鴟尾(しび)がケルブなら、「○大○」の「大○」なので、三角二つのダビデ?

8. 2021年12月07日 00:22:19 : PgsIdsWuAM : TkZqSVZTTXdBSmc=[8] 報告
解せないのはウクライナがNATO加盟を求めるのはずっと前からで別に最近始まった
わけではない。
しかもウクライナ加盟を支持していたのはバルト三国やポーランドなどウクライナの
加盟で「ロシアの圧力を避けられる」国であって、それ以外はむしろウクライナは
緩衝地帯としたいのが多数派だった。
つまり放置していてもウクライナがNATO加盟する可能性は殆ど無かった。
しかも加盟の前にはまず「加盟のための行動計画」を出さねばならないが、まだ
ウクライナはそこまで達していないし、仮に出しても認められるまで時間がかかる。
それにも関わらずロシア陸軍の2/3を集めて国家の威信を賭けるのは尋常ではない。
プーチンがそんな事を知らない筈がない事を考えると、ウクライナのNATO加盟阻止
そのものよりもむしろ「NATOに対して一歩も退かない強い指導者」を演出するのが
目的で危ないゲームをしているのではないかという気がするな。
独裁者がヤバいのはこういうところだ。
9. 2021年12月07日 21:15:46 : E6SRfCLd1A : VkdtODJ2SG1SS1U=[124] 報告
NATOなんて、今や英米等のアングロサクソンが加盟国を好き勝手に利用して富を奪い取る目的のための組織じゃないか。
10. 2021年12月07日 21:19:35 : E6SRfCLd1A : VkdtODJ2SG1SS1U=[125] 報告
これは参考になるだろうな。

経済戦や軍事的恫喝で米国は露国を屈服させようとして失敗した中、米露首脳会談(櫻井ジャーナル)
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202112060000/
http://www.asyura2.com/21/kokusai31/msg/260.html

11. 2021年12月07日 23:07:07 : PgsIdsWuAM : TkZqSVZTTXdBSmc=[12] 報告
何でも米英の陰謀だと喚いているような人間は自分達が戦時中は「鬼畜米英!」
と叫んでいた奴らの同類だと認識した方がいいな。
12. 2021年12月08日 09:20:54 : GlA1VPhtis : SERTTVdEdm5TcWM=[1] 報告
ロシア国民は英米にロシアを切り売りする大統領から愛国者プーチン大統領を擁立した。
そこから英米との対立が激化していて、かつてのブレジンスキーのロシアへの憎悪は狂気ともいえるものでした
アラブでもエセ民主化クーデターで安定した政府を転覆したが、シリア、ウクライナでも同じことをしようとしたが失敗している
結局は局地戦では野望は実現せず、全面的な戦争になる可能性もある
コロナで破綻寸前の各国財政は、戦争を受け入れる準備ができているのかもしれない
歴史が繰り返すのは人間の愚かさというものでしょう
13. 2021年12月08日 12:11:59 : IPZFQUuRlQ : VmQzRmhZVkZvem8=[1] 報告
>>12
プーチンはエリツィンの忠実な子分だったからエリツィンに後継者指名されて
プーチンが最初に行ったのはエリツィンを終生刑事訴追の対象にならない
大統領令の署名だったのにどこからそんな馬鹿げた妄想が出てくるのかな?
14. 2021年12月08日 19:22:34 : iSFFwVqBvU : ODI5blhvV2IvakE=[1] 報告
ロシアはこの10月だけでコロナ死者が7万5千人(日本は累計でその4分の1)にも
上って当然、政権に対する国民の不満も高まっているから、それを外部にそらしたい
という典型的な手口だろ。
プーチンも何とも安っぽい独裁者に落ちぶれたもんだ。
15. 2021年12月08日 21:19:14 : E6SRfCLd1A : VkdtODJ2SG1SS1U=[127] 報告
>>12
「生きる」と言う事は「他者との生命の奪い合い」と思った方がいいのかも?!
16. 2021年12月08日 21:26:26 : E6SRfCLd1A : VkdtODJ2SG1SS1U=[129] 報告
「陰謀等の謀略は今や常識」とも思った方がいいな。
17. 2021年12月10日 18:46:37 : KIHvS5MGL2 : UU9NWDFLSWJabDI=[82] 報告
>>13
スパイは感情を自在にコントロールできる。
プーチンは、そのスキルで、首相だったプリマコフのエリツィン追い落としクーデターを未然に防いだ事でエリツィンやオリガルヒを信頼させ後継者指名させた。
政権を取った当初は、基盤が弱かったからこそエリツィンに不逮捕・不起訴特権を与えたわけです。
まあ、エリツィンは酒の飲み過ぎで心臓が弱く余命短かったしね。
しかし、その後、彼はエリツィンを支援していたオリガルヒを裏切って対決し、連中をクレムリンから追い出した。
というわけで、政権取るまではエリツィンやオリガルヒの忠実な子分を演じて騙していただけの話。
これはロシア国民なら誰でも知ってる事。
18. 2021年12月10日 20:46:43 : E6SRfCLd1A : VkdtODJ2SG1SS1U=[136] 報告
エリツィン自身が欧米系大金持ちの取巻きみたいな人物だったしな。
19. 2021年12月10日 21:22:25 : iSFFwVqBvU : ODI5blhvV2IvakE=[3] 報告
>政権取るまではエリツィンやオリガルヒの忠実な子分を演じて騙していただけの話。

中国でも巨大企業が共産党の地位を脅かさないように、ジャック・マーを潰したり
不動産業を締め上げたりしているが、プーチンは自分の権力のために逆らう
オリガルヒを潰しただけ。
単なる権力闘争の一貫。

20. 2021年12月11日 10:08:03 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[898] 報告
>>4

ウクライナの親ロシア政権をクーデター起こして潰したのアメリカだ。
またウクライナの国土の半分はもともとロシア領でロシア革命後に移管されただけだぞ。だからロシア系住民も多く、クリミアにはロシアの軍事基地もありロシア軍が条に基づき駐屯している。だから3の書いていることは間違ってないよ。

21. 2021年12月11日 10:09:30 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[899] 報告
>>14

的外れだな。
戦争仕掛けてるのは、むしろウクライナやそのバックにいるNATOの方だよ。

22. 2021年12月11日 10:14:17 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[900] 報告
>>8

ロシア軍が集結してるのは、ウクライナ軍やNATO軍が集結してるからだぞ。
時系列をちゃんととらえないとめちゃくちゃな解釈になる典型だな。

>しかもウクライナ加盟を支持していたのはバルト三国やポーランドなどウクライナの
加盟で「ロシアの圧力を避けられる」国であって、それ以外はむしろウクライナは
緩衝地帯としたいのが多数派だった。
つまり放置していてもウクライナがNATO加盟する可能性は殆ど無かった。

それは過去の話。
最近ではアメリカや他の国でもウクライナ加盟支持の声は高まってるぞ。
NATOなんていざとなったら正規の手続きすっ飛ばしてもいくらでもやるから。

23. 2021年12月11日 10:23:59 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[901] 報告
>>11

そういう「形式的」対比など無意味だな。

だいたい先の戦争だって英米が正義だったわけじゃない。

君の先の戦争に対する「反省」とは、
英米に逆らったから悪かったっていう程度のものなんだろう。

24. 2021年12月11日 10:25:30 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[902] 報告
>>11

英米の陰謀がないという論拠なし(笑

25. 2021年12月11日 10:41:05 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[906] 報告
>>11

親ロシア政権をクーデターで倒したことは無視か(笑

26. 2021年12月11日 12:07:55 : KIHvS5MGL2 : UU9NWDFLSWJabDI=[83] 報告
>>19
>プーチンは自分の権力のために逆らうオリガルヒを潰しただけ。

自分の権力のためだけなら、ロシア国民からすればエリツィン時代同様の極貧生活が続いていただろうね。
エリツィン時代に比べてプーチン政権になってロシア国民の生活はどうなったか?
一番肝心な個所は、これなのだが。
彼等が権力を握った最大の目的は、実質独裁国家なのに気付かないボンクラが思うほど単純な話ではないのだよ。w

27. 2021年12月11日 17:46:22 : E6SRfCLd1A : VkdtODJ2SG1SS1U=[140] 報告
我国のマスコミは基本的に英米等のアングロサクソンに隷属している状態なんだよな。
28. 2021年12月11日 22:01:59 : KIHvS5MGL2 : UU9NWDFLSWJabDI=[84] 報告
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A
↑「民主化」されたウクライナの今は、民主化前と比べてどうだろうか?
エリツィン時代のロシアや今のアメリカ同様、一部の金持ちによる寡頭制資本主義体制が続き、今や欧州最貧国。

29. 2021年12月24日 17:34:45 : zhyBRoQKII : bXpPamNidmR1NlU=[1] 報告
バイデンで再びロシアへの挑発が再開されてロシアを戦争へ引き込もうとしている
しかしプーチン大統領はCIAなどの汚い手口は知悉しているから挑発にはのらないだろう
米ロの局地戦は既に行われているがロシアが撃退している
米の肝いりのISもロシアの攻撃で殲滅された
ウクライナは要衝ですからシリアのようにロシアは侵略者を撃退するだろう
日本はただボーと米国初のNEWSを見てロシアを侵略者として永遠に勘違いしてるのだろう
日本は世界の役者にもなれないから影響はないが。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際31掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際31掲示板  
次へ