★阿修羅♪ > 医療崩壊10 > 161.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
COVID-19患者の血漿、尿および糞便から検出された毒素様ペプチド (Carlo Brogna et al.) 
http://www.asyura2.com/22/iryo10/msg/161.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2022 年 11 月 02 日 14:27:55: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 

(回答先: ブライアン・アーディス博士 「コロナ患者から36種類ものヘビ毒・貝毒を検出。遺伝子操作された病原性大腸菌が毒素を生産」 (… 投稿者 魑魅魍魎男 日時 2022 年 11 月 02 日 08:42:04)

「Toxin-like peptides in plasma, urine and faecal samples from COVID-19 patients」  
(PubMed Carlo Brogna et al. NIH 2021/10/14)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8772524/

「COVID-19患者の血漿、尿および糞便から検出された毒素様ペプチド」

概 要

背景: COVID-19を引き起こし、世界的な大流行となったSARS-CoV-2については、これまで様々な研究がなされてきた。SARS-CoV-2の感染機構や関与するヒトの遺伝子、転写産物、タンパク質を解明するために様々な研究が行われてきた。これと並行して、COVID-19感染症に併発する肺外の臨床症状も数多く報告され、その重症度と持続性を示す証拠が増えつつある。これらの症状がSARS-CoV-2感染に伴う他の疾患と関連しているかどうかは、現在議論中である。本研究では,液体クロマトグラフィー表面活性化化学イオン化-クラウドイオンモビリティ質量分析法を用いて,COVID-19患者における毒素様ペプチドを同定したことを報告する.

方法: COVID-19患者および対照者の血漿、尿および糞便を分析し、ペプチド毒素のプロファイルを調査した。血漿は高分子タンパク質を除去し、ペプチド画分を効率的に可溶化するためにタンパク質沈殿調製法を用い、糞便と尿は直接ペプチドを可溶化する方法を採用した。

結果: COVID-19患者の試料からは、コノトキシン、ホスホリパーゼ、ホスホジエステラーゼ、亜鉛金属プロテイナーゼ、ブラジキニンなどの動物由来の毒性成分とほぼ同じ毒素様ペプチドが確認されたが、対照試料からは確認されなかった。

結論: 毒素様ペプチドの存在は,SARS-CoV-2感染と関連する可能性がある.その存在は,COVID-19の疾病と,動物毒の毒性成分とほとんど同じ(オリゴ)ペプチドの体内放出との関連性を示唆する.また,神経症状と同様に,COVID-19の肺外の異質な臨床症状の多くに,これらのペプチドが関与している可能性も否定できない.個々の症状の有無は病気の選択的なものではないが,今回検出された毒素様ペプチド群の共存によって,それらの症状の組み合わせがCOVID-19と関連している可能性がある.これらのペプチドの存在は,神経症状を含むこれまでに観察されたCOVID-19の臨床症状の病因について,新しいシナリオを開くものである.

Abstract

Background: SARS-CoV-2 that causes COVID-19 disease and led to the pandemic currently affecting the world has been broadly investigated. Different studies have been performed to understand the infection mechanism, and the involved human genes, transcripts and proteins. In parallel, numerous clinical extra-pulmonary manifestations co-occurring with COVID-19 disease have been reported and evidence of their severity and persistence is increasing. Whether these manifestations are linked to other disorders co-occurring with SARS-CoV-2 infection, is under discussion. In this work, we report the identification of toxin-like peptides in COVID-19 patients by application of the Liquid Chromatography Surface-Activated Chemical Ionization - Cloud Ion Mobility Mass Spectrometry. Methods: Plasma, urine and faecal samples from COVID-19 patients and control individuals were analysed to study peptidomic toxins' profiles. Protein precipitation preparation procedure was used for plasma, to remove high molecular weight proteins and efficiently solubilize the peptide fraction; in the case of faeces and urine, direct peptide solubilization was employed. Results: Toxin-like peptides, almost identical to toxic components of venoms from animals, like conotoxins, phospholipases, phosphodiesterases, zinc metal proteinases, and bradykinins, were identified in samples from COVID-19 patients, but not in control samples. Conclusions: The presence of toxin-like peptides could potentially be connected to SARS-CoV-2 infection. Their presence suggests a possible association between COVID-19 disease and the release in the body of (oligo-)peptides almost identical to toxic components of venoms from animals. Their involvement in a large set of heterogeneous extra-pulmonary COVID-19 clinical manifestations, like neurological ones, cannot be excluded. Although the presence of each individual symptom is not selective of the disease, their combination might be related to COVID-19 by the coexistence of the panel of the here detected toxin-like peptides. The presence of these peptides opens new scenarios on the aetiology of the COVID-19 clinical symptoms observed up to now, including neurological manifestations.

-----(翻訳と原文引用ここまで)---------------------------------

概要だけ翻訳してみました。興味があれば全文を読んでみてください。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊10掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊10掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊10掲示板  
次へ