★阿修羅♪ > 医療崩壊10 > 160.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
ブライアン・アーディス博士 「コロナ患者から36種類ものヘビ毒・貝毒を検出。遺伝子操作された病原性大腸菌が毒素を生産」 (Dr. Jane Ruby Show) 
http://www.asyura2.com/22/iryo10/msg/160.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2022 年 11 月 02 日 08:42:04: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 


「LIVE @7PM: Worldwide Exclusive: Dr. Ardis Was WRONG」
(Stew Peters Network Dr. Jane Ruby Show 動画 字幕なし 1時間2分15秒 2022/10/28) 
https://rumble.com/v1qe0hh-live-7pm-worldwide-exclusive-dr.-ardis-was-wrong.html

新型コロナ・ヘビ毒説で世界に衝撃を与えたブライアン・アーディス博士が、
さらに自説を補強する事実を指摘、また衝撃が広がっています。

1時間の動画なので、以下、要点を書きます。

------(要点ここから)---------------------

前回は、チャイニーズ・クレイト・スネイク、チャイニーズ・キング・コブラの2つのヘビ毒が
COVID-19の正体だと言ったが、それは間違いだった。

2021年7月にイタリアの研究チームが、COVID患者の血漿や尿、糞便から、36種類もの
動物毒素を検出、PCR陰性の人からは検出されなかったと発表[1]。

その毒素とは20種のヘビ毒と、イモガイが持つ神経毒コノトキシンやオニヒトデの毒、
16種類だった。

具体的には、 コノトキシン、ホスホリパーゼ、ホスホジエステラーゼ、亜鉛金属プロテイナーゼ、
ブラジキニンなどの毒性成分とほぼ同じ毒素様ペプチドが確認されたが、COVID陰性者からは
確認されなかった。
(亜鉛不足になる。ゼレンコ・プロトコルには亜鉛サプリメントが含まれていることを思い出してほしい)

論文[1]のTable 1の一番右の縦4列に学名・通称に注目。
日本の固有種であるハブの毒も検出された。

なぜ陸に住むイタリアの患者から海洋に棲むオニヒトデやイモガイの毒が検出されるのか?

昨夏、アリゾナ大学が、ホスホリパーゼA2という酵素がコロナ死に関係していることを指摘した[2]。
上記イタリアの研究でもホスホリパーゼA2は検出されている。

COVID患者の血液から、分泌性ホスホリパーゼA2(sPLA2)が見つかっている[3]。

sPLA2-IIA酵素は、ガラガラヘビの毒の活性酵素に似ており、健康な人間には少量存在して
微生物細胞膜を破壊しバクテリア感染を防ぐ。

この酵素はウイルスを殺すが、量が過剰なら、患者の細胞膜を破壊し、多臓器不全と死を招く。
sPLA2はキングコブラ毒の成分として発見され、PLA2は膜のリン脂質を加水分解することで
被害者の生理的変化を誘発する。

2018年に、ユタ大学がヘビ毒(ガラガラヘビのPLA2)の合成方法を紹介している[4]。
遺伝子操作された病原性大腸菌(E. coli bacteria)により、PLA2が持続的に生成される。
イースト菌でも可能。

アリゾナ大学の研究では、コロナ患者から通常の20倍ものPLA2が検出されている。
これは普通ではありえない量である。

COVID-19患者が、病原性大腸菌にも感染しているというルイズビル大学の報告がある[5]。
この患者は64歳白人男性で、2型糖尿病、高血圧、膵炎を患っており、
血液と尿の培養が行われ、いずれも汎病原性大腸菌が検出された。
入院中、大腸菌感染に対して積極的に抗生物質を投与されたが、多臓器不全となり亡くなった。

PCR検査はヘビ毒を特定するのに優れた方法である。

COVID-19パンデミックの臨床転帰と死亡に、病原性大腸菌による腹腔内感染が
大きく影響している[6]

2型糖尿病は、病原性大腸菌、イースト菌感染(カンジダ)と関係が深いが、
COVIDも悪化させる。

コロナ死亡率が高いのは、ネイティブアメリカン、黒人、ヒスパニックはが、
同じ順位で糖尿病も多い。

コロナ治療では、病原性大腸菌、およびイースト菌感染にも気をつけるべき。
これらが生成する合成毒素がさらに症状を悪化させる。

何度もコロナに感染するのは、それが動物毒素由来だから。
1回毒ヘビに咬まれたたら、2回目は大丈夫ということはない。

何と、合成ヘビ毒はネットで買える[7]。
発現系を病原性大腸菌、イースト菌、ほ乳類細胞などが選べる。
これらのヘビ毒は、製薬会社が研究用に購入する。

コノトキシンはモルヒネの100倍の鎮痛効果がある[8]。
ジコノタイド(ジコノチド)という鎮痛薬は、合成コノトキシンが使われている。

この薬の副作用は、歩行異常、失語症、無力症、めまい、記憶障害、言語障害、
運動失調、過緊張、視覚障害、食欲不振など。
その他の副作用として、幻覚、眼振障害、尿閉、回転性めまい、思考異常、知覚異常、
発熱、知覚障害など[9]。

コロナ禍後、おなじみの症状である。

20年前に、コノトキシン・ペプチドに関する特許を有名なソーク研究所が取得している[10]。
この発明は米国政府の支援によりなされており、政府はいくつかの特許権利を有する、と
書かれている。

大量生産に向いたイースト菌発現系による合成コノトキシン生産に関する
中国の特許もある[11]。

コノトキシンに関する特許申請数は、中国が1位、2位が米国[12]。

1999年1月のタイム誌の表紙のタイトルは、
「医学の未来 21世紀に遺伝子工学が我々をどう変えるか」[13]。
DNAの半分はヘビという意味深なイラスト。
体内でヘビ毒を生成するよう人間を改造することを、20年前に予言していた。

デトックスには、グルタチオン、NAC(N-アセチルシステイン)、ビタミンC、
EDTA(エチレンジアミン四酢酸)、ブロメライン、アロエベラ、レスベラトロールなど。

------(要点ここまで)---------------------


ヘビ毒、貝毒を生成するように遺伝子改変された病原性大腸菌、イースト菌が、
新型コロナの正体だろう、ということですね。

おそらく、高齢者施設などで飲食物に混ぜ、COVID-19のクラスターだと大騒ぎしたのでしょう。

調べても、よく食中毒を引き起こす病原性大腸菌が見つかるだけですから、
まず本当の原因はわかりません。

実に巧妙、かつ悪質です。

20年以上も前から、人類大量殺戮のために、こういった研究が密かに続けられてきたことに
慄然とします。

あまりの邪悪さに、悪魔的なものを感じます。


(関連情報)

[1] 「Toxin-like peptides in plasma, urine and faecal samples from COVID-19 patients」  
(Carlo Brogna, et al. 2021/7/8)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8772524/

[2] 「Like Venom Coursing Through the Body: Researchers Identify Mechanism Driving COVID-19 Mortality」
(The University of Arizona News 2021/8/24)
https://news.arizona.edu/story/venom-coursing-through-body-researchers-identify-mechanism-driving-covid-19-mortality

[3] 「Phospholipase enzymes as potential biomarker for SARS CoV-2 virus」
(D.V.D. Hemalika 2021/1)
https://www.ijsrp.org/research-paper-0121/ijsrp-p10919.pdf

[4] 「Synthetic Snake Venom The novel creation of crotalid Phospholipase A2 using genetic engineering
(Taylor Anderson, et al. Utah State University)
https://engineering.usu.edu/be/students/senior-projects/fall2017-spring2018/synthetic-snake-venom

[5] 「A Patient with Escherichia coli Bacteremia and COVID-19 Co-Infection:
A Case Report for the Louisville COVID-19 Epidemiology Study」
(Sarah E. Moore, et al. University os Louisville
https://ir.library.louisville.edu/cgi/viewcontent.cgi?article=1097&context=jri

[6] 「Impact of the COVID-19 Pandemic on Survival in the Patients With the Intra-Abdominal Infections」
(Lydia Galvez-Benitez, et al. PubMed 2022/10/20)
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34746164/

[7] 「Protein on Demand Kunitz-type serine protease inhibitor homolog beta-bungarotoxin B2a chain
Recombinant Protein (Malayan krait) (OPCA298869)」 (aviva)
https://www.avivasysbio.com/kunitz-type-serine-protease-inhibitor-homolog-beta-bungarotoxin-b2a-chain-recombinant-protein-malayan-krait-opca298869.html

[8] 「Conotoxin」 (Wikipedia)
https://en.wikipedia.org/wiki/Conotoxin

[9] 「Ziconotide Side Effects」 (Drugs.com 2022/7/13)
https://www.drugs.com/sfx/ziconotide-side-effects.html

[10] 「Conotoxin Peptides  US patent 5,969,096」 (Date of Patent Oct. 19, 1999)
https://patents.justia.com/patent/5969096

[11] 「A kind of method of yeast bio synthesis conotoxin」
https://patents.google.com/patent/CN110358770A/en

[12] 「Conotoxin Patenting Trends in Academia and Industry」
(Noemi Sanchez-Campos, et al. MDPI 2022/8/17)
https://www.mdpi.com/1660-3397/20/8/531

[13] 「Future of Medicine Jan. 11, 1999」 (Time)
https://content.time.com/time/covers/0,16641,19990111,00.html

[14] 「[最重要] ブライアン・アーディス博士 『新型コロナの正体は呼吸器系ウイルスではなく、ヘビ毒である』」 
(拙稿 2022/4/13)
http://www.asyura2.com/21/iryo8/msg/859.html

[15] 「コロナは蛇毒による中毒症状、ワクチンも蛇の毒から作られている!!
ブライアン・アーディス&マイク・アダムズとの対談パート2より、抜粋 (Ryoko)」
(拙稿 2022/4/15)
http://www.asyura2.com/21/iryo8/msg/873.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2022年11月02日 08:49:52 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[612] 報告
タイム誌 1999年1月号

「Future of Medicine Jan. 11, 1999」 (Time)
https://content.time.com/time/covers/0,16641,19990111,00.html

医のシンボルであるアスクレピオスの杖だが、
よく見ると絡みついているのはDNAで、その半分はヘビという
意味深長なイラストである。

2. 2022年11月02日 09:06:07 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[614] 報告
おそらく、新型コロナワクチンにも同じ毒素ないし毒素を
生成する病原体が含まれているのだろう。

だから、コロナ後遺症もワクチン後遺症も、よく似ているのだろう。

3. 2022年11月02日 09:15:31 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[615] 報告
動画の中でも話していたが、有名なワクチン反対の専門家でも、
アーディス博士のヘビ毒説を受け入れようとしない人が多いらしい。

新型コロナウイルスの存在に固執したいのだろうが、
これだけ証拠が揃ってしまうと、、、、。

なぜ日本のハブの毒が、イタリアのCOVID患者から見つかるのか?
他にどういう説明ができるのだろう?

(英語でも、habuと呼ぶのを初めて知った)

4. 2022年11月02日 12:59:27 : HEkF9ppkSQ : bGJLb0NHc0ZySkE=[1] 報告
これに対してイベルメクチンで対抗できるのか。
防御や対抗策を知りたい。
5. 2022年11月02日 14:22:17 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[617] 報告
ワクチンを打たせて、人類を殺戮、あるいはナノチップ注入で
ロボット化するのが目的。

それならば、感染力の高い遺伝子組み換えウイルスを撒くような
危険なことはしないだろう。
制御不能になり、自分たちも感染する危険があるからね。

ヘビ毒を使って呼吸困難などを引き起こし、いかにも空気感染する感染症のように
演出し、恐怖を煽ってワクチンを打たせる。

これが奴らの計画だったのだろう。

確かによく考えてはあるね。

騙されない賢い人たちも少なからずいたが。

6. [1391] iKQ 2022年11月02日 16:23:41 : y5tSktzi0c : QXNpTVRDN0M5d1E=[290] 報告

 そうだね〜〜  


 ヘビ毒     お笑いのネタで やってたな〜〜

 ===


 死ぬ前に 指先が ヘビのようになる らしいぞ〜〜  

 それで  女が 悶絶するらしい

 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

7. 命を大切に思う者[7674] lr2C8JHlkNiCyY52gqSO0g 2022年11月02日 23:15:30 : jbiEd1z83Q : UUN0SlRZV0tBVTY=[125] 報告
単に、遺伝子配列の似たものがあったというだけじゃないの?
誰でも身体の中には膨大な種類の大腸菌が居るのだから、コロナと関係なく、たまたま遺伝子配列の似たものがあっても、おかしくないと思うが... 
8. 2022年11月03日 00:43:17 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[619] 報告
>>7
>単に、遺伝子配列の似たものがあったというだけじゃないの?

毒素が検出されたのはコロナ患者だけ、
陰性の人からは検出されていないから、それはあり得ない。

9. 2022年11月03日 02:05:10 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[621] 報告
なぜ新型コロナウイルスの存在証明がどこにもないのか、
よくわかる。
おそらくウイルスの写真はフェイク。他のコロナウイルスだろう。

「どこにも新型コロナウイルスの存在証明がないのに
電子顕微鏡写真が公表されている不思議」
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/835.html

10. 2022年11月03日 02:08:51 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[622] 報告
トイレが感染源になっている可能性があるから、
よく消毒し、手を洗うこと、という注意があったが、
病原性大腸菌が正体なら、これは正しかったということか。
11. 2022年11月03日 03:11:32 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[623] 報告
新型コロナが空気感染するというのは怪しいと
前々から疑っていた。

というのは、東京など大都会の満員電車ね。
いくらマスクをしようと、ウイルスの巣になり、
ものすごい勢いで感染が拡がるはず。

でも実際はそうはならなかった。

新型コロナウイルスが存在しなかったのなら、
納得がいく。

12. [1396] iKQ 2022年11月03日 09:32:42 : y5tSktzi0c : QXNpTVRDN0M5d1E=[295] 報告

 >11    は〜〜 馬鹿ちゃうか〜〜


 だったら なぜ 家族全員が家庭内感染するのだ〜〜

 ウイルスがいないのに 感染する  感染ゴッコをしているのか??

 おまけに 熱を38度くらい だして   発熱ゴッコをしている??

 ===

 ま〜〜 こういうことを 言うやつは  ひとりものなんだろうな〜〜

 家族を知らない 哀れな老人なのかもな〜〜〜
 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

13. 2022年11月03日 10:03:38 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[628] 報告
食中毒(病原性大腸菌)
https://www.mana-kodomo.com/sick/s_08.html

★病原性大腸菌の家族内感染をふせぐために
・ 患者さんには、排便後の手洗いをよくしてもらいましょう。調理は下痢が治るまでは避けた方がよいです。
トイレが便で汚れた場合には、かならず使い捨ての手袋などを着用して掃除し、消毒薬で処理します。トイレのドアノブや手洗い場の蛇口などもこまめに消毒薬で拭きます。
・ 下着に便が付着しているような場合には、よく水洗いしたあと消毒薬につけておき、他のものとは別に洗濯します。
・ 入浴は湯船につかるのは避けシャワーにしましょう。タオルを共用するのはやめます。
・ 乳幼児が患者さんの場合、おむつ替えは、新聞紙などをしき、便が周りを汚さないように気配りして行います。やはり使い捨ての手袋を着用しましょう。
14. 2022年11月03日 12:01:22 : f9fiDVuyTw : Ym5lZGJFc20welU=[3] 報告
新手の真犯人隠蔽策が出てきたな。

コロナは無いが、真犯人がヘビ毒というには無理がある。

なぜなら、[感染者の定義をPCR陽性者]としているからだ。

そして[感染者は全員ヘビ毒を検出]とは、[PCR検査がヘビ毒を陽性検出した]ということになってしまう。

感染者の定義をPCR陽性者としている限り、その論説は嘘である。

なぜならば、PCR陽性プロトコルは、世界中で一致した定義がないからだ。

この学者が定義しているプロトコルでは陽性になったとしよう、しかしプロトコルはその国と日本で違うのだから、その国で成り立った犯人探しが、日本では犯人ではないと出る可能性がある、これがPCR陽性者だ。

PCRを全て排除した先にしか、正解は有り得ない。

15. [1397] iKQ 2022年11月03日 12:16:46 : y5tSktzi0c : QXNpTVRDN0M5d1E=[296] 報告

 >コロナは無いが、真犯人がヘビ毒というには無理がある。


 真剣に答える必要は ないのでは??

 面白い 投降には 頓智で 返さないとね   ブログが 盛り上がれば いいんじゃ〜〜ないのかな〜〜

 

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

16. 2022年11月04日 02:33:08 : l6ESDJuybk : aDFLSndsM0RQbXM=[4] 報告
コロナに限らず、ウイルスの存在を証明した人は誰一人いない。

パスツールとコッホ〜多くの科学詐欺師のうちの二人 ウイルスマニア

パスツールの遺言「“病気の原因=病原菌”は間違っていた!」現代医学の根底が嘘だった! https://ameblo.jp/mindupdate/entry-12616712139.html

病原菌論(パスツール) vs 体内環境論(ベシャン)

もしかするとウイルスは存在しないのかもしれない

17. 2022年11月04日 06:07:26 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[632] 報告
>>14
>PCRを全て排除した先にしか、正解は有り得ない。

そうは思わないね。

PCR検査は、Ct値を異様に高くし、偽陽性を出しやすくし、
陽性イコール発症者としているところが問題なのであって、
PCRも正しく使えば役に立つ。

PCR検査よりも、中国が公表して、一度も検証されていない、
怪しげなゲノム配列のほうが問題。

ひょっとしたら、遺伝子組み換えした病原性大腸菌の配列が
組み込まれているのではないか。

18. 2022年11月04日 08:33:18 : qFub5sFcFo : TEhCZ0ptNk9zbXM=[3] 報告
>>17>>14の指摘にまったく反論できていない。

>>14の挙げている問題は、PCR検査の陽性基準や検査キットが、世界中で普遍なものがなく、定義ひとつで何とでも変わるという指摘だ。

正しくの定義が違うから正しく使えないと言われているのに、>>17>PCRも正しく使えば役に立つとか、じゃあどこの国のプロトコルが正しいのか?

19. 2022年11月04日 12:54:28 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[633] 報告
>>18
例えば論文[1]では、患者は、世間一般がコロナと呼ぶ特有の症状を示しており、
彼らからのみ、ヘビ毒、貝毒が検出された事実は非常に重要。

PCR検査の信頼性がないからと言って、研究結果を否定することはできない。

20. 2022年11月04日 14:54:20 : BK9bMiLNCM : VHloYnNxYkp2aHc=[271] 報告
ここだけの話。
ドイツの免疫専門のバクディ教授はコロナワクチン反対派の旗手として有名。
あるとき、彼のもとにドイツ人の外科医が電話してきた。
この外科医が手術をしたときに、見たこともない光景があったとのこと。患者は以前の手術のときに、ある人工的な器具を付けており、医師はそれを取り除こうとしていた。
腹部を開けてびっくり。何と、あるべき場所ではないところに大腸菌がごっそりといた。その器具を付けた場所の周辺などにものすごく大量にいた。
なぜこんなところに大腸菌が。。。と思った彼は、もしかしてバクディ教授が何かヒントを教えてくれないかと思い、ひそかに電話して聞いた。

バクディ教授は、このように見たこともないいろいろな病状が、コロナ禍以降、いろいろと出現し、彼のもとに電話してくる医師がいる、ということを後に公に語った。

21. 2022年11月04日 15:10:59 : BK9bMiLNCM : VHloYnNxYkp2aHc=[272] 報告
>>>何と、合成ヘビ毒はネットで買える[7]。
発現系を病原性大腸菌、イースト菌、ほ乳類細胞などが選べる。
これらのヘビ毒は、製薬会社が研究用に購入する。>>>

>>>20年前に、コノトキシン・ペプチドに関する特許を有名なソーク研究所が取得している[10]。
この発明は米国政府の支援によりなされており、政府はいくつかの特許権利を有する、と
書かれている。
大量生産に向いたイースト菌発現系による合成コノトキシン生産に関する
中国の特許もある[11]。
コノトキシンに関する特許申請数は、中国が1位、2位が米国[12]。>>>


➡もうこれで、かなり確定的に私はアメリカ政府機関、および中国共産党が今回の人口毒製作に関与したと思う。

コーン スネイル。毒のあるイモ貝。
https://en.wikipedia.org/wiki/Cone_snail

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%82%AC%E3%82%A4
全てが海産で、潮間帯から深海まで棲息する。捕食性で、歯舌が特化した神経毒の毒腺が付いた銛で他の動物を刺して麻痺させて餌とする。毒は種類によって異なるが、ヒトが刺されて死亡する場合もある。
毒銛は、通常は鉾先を出した状態で、吻と呼ばれる柔軟性のある管の先端内部に隠されている。獲物に気付くと、貝は吻をそちらへ向け、それと同時に銛の内部に毒液が充填され、筋収縮を用いて獲物に向けて発射される。毒は瞬時に獲物の全身にまわり、小魚であれば即死する。貝はそれを見計らって綱をたぐり寄せ、麻痺した獲物を軟体部で覆って消化に取りかかる。毒銛は消化後、背骨や鱗といった獲物の消化できない部分とともに吐き出される。コノトキシンと呼ばれるイモガイの毒は神経毒で、何百もの異なる成分からなる混合物である。その成分構成や成分比は種により様々に変化する。

イモガイ1個体に含まれる毒は、およそ30人分の致死量に相当する。

イモガイの刺した直後は全く痛みを感じず、自覚がないことがほとんどであるが、その後しばらくして患部に激痛が生じ、続いて痺れ、腫れ、疼き、めまい、嘔吐、発熱といった症状が出る。ひどい場合は、視力や血圧の低下、全身麻痺、さらには呼吸不全により死に至る。
イモガイの毒には抗毒血清がないので、毒が被害者の体内で代謝され抜けきるまで、なんとか生命を持ちこたえさせることが唯一の救命策である。アンボイナではその毒は神経性で、呼吸筋の麻痺によって死に至るが、心筋や中枢神経には被害が及ばないため、人工呼吸器で対応することで乗り切れるとのこと。


https://www.youtube.com/watch?v=JjHMGSI_h0Q&t=3s
恐怖の貝毒に刺されて瞬時にマヒして、イモガイに丸呑みされていくあわれな魚ども。

22. 2022年11月04日 15:13:03 : BK9bMiLNCM : VHloYnNxYkp2aHc=[273] 報告
毒素の医療応用
ヤキイモ C. magusの毒には、モルヒネの1,000倍強力な鎮痛作用を示す成分が含まれている。この成分に由来した初のイモガイ毒由来の鎮痛剤ジコノタイド (Ziconotide) は、2004年12月にアメリカ合衆国の連邦食品医薬品局 (FDA) により医薬品として承認されており、その劇的な鎮痛効果から、将来的にはモルヒネに取って代わることが期待されている。

イモガイの毒に含まれる他のペプチドにも、強力な医薬品になりうる可能性があるものがある。例えばオーストラリア産のビクトリアジョオウイモ C. victoriae から分離された AVC1 は、手術後の神経痛を抑えるのに非常に効果的であり、神経細胞の回復速度を速める効果すらあることが確認されている。

その他臨床試験中のものには、例えばアルツハイマー病やパーキンソン病、てんかんの治療において使える可能性のある成分がある。

23. 2022年11月04日 15:52:16 : BK9bMiLNCM : VHloYnNxYkp2aHc=[274] 報告
例の蛇がまきついたDNAのらせん構造の表紙が付いた雑誌の中身。
今から見ても興味深い議論の数々が展開される。
遺伝子エンジニアリング、遺伝子治療、遺伝子工学などの将来の可能性。
あるいは警告の数々。

ほとんどの世の中の大衆が何も知らないうちに、この分野は過去二十年くらいで探求され、実験されてきた。

https://content.time.com/time/magazine/0,9263,7601990111,00.html

Who Owns Our Genes?  誰が我らの遺伝子を所有するのか。
The Biotech Century  生命工学の世紀
Racing To Map Our DNA  我らのDNA遺伝子の地図作り競争
Who Gets the Good Genes? 誰が良い遺伝子を獲得するのか。

➡ さて、もっとも興味深く、また現在の状況の予言的警告は以下の言葉だ。
興味ある結論部分だけを抜粋して翻訳した。現在のDSが行っている事柄は、まさに第三帝国内でナチスが行ったことと平行している。すなわち、優生学的なイデオロギーに基づく、生きるに値しない人々の抹殺と不妊処置。
現在のDSの考え方は、まったくこれの焼き直しに過ぎないことを理解すると、彼らの行動パターンが見えてくる。

Cursed by Eugenics  「優生学によって呪われて」
A belief that human intelligence could guide evolution led the world to concentration camps  
「人間の知性が進化を導けるという信念こそが、世界を強制収容所に導けた。」
By Paul Gray Monday, Jan. 11, 1999
https://content.time.com/time/subscriber/article/0,33009,989992,00.html

Nowhere, of course, were eugenic theories more enthusiastically codified into binding state doctrine than in Nazi Germany.
もちろん、優生学理論はナチス・ドイツの支配的な国家ドクトリンにおいてもっとも熱狂的に成文化された。
In 1933 Adolf Hitler's government adopted the Eugenic Sterilization Law.
1933年にアドルフ・ヒットラーの政府は、優生学的な不妊手術についての法を採用した。
Formulated by the Reich Ministry of the Interior, this edict ordered the compulsory sterilization of all German citizens--not simply those in custody or institutions--who displayed symptoms of a number of presumptively hereditary afflictions, including blindness, schizophrenia and offensive physical deformities.
第三帝国の内務省によって定式化され、この優生学的な法令は、次のようなドイツ市民の不妊化を強制的に命令した。その対象者は、単に拘留されている人や施設にいる人だけでなく、失明、統合失調症、厭わしい身体的奇形など、多くの遺伝性疾患があると推定される症状を示した人々であった。(中略)

(結論)They were wrong, with unintended consequences for millions of people. But the legacy of the eugenicists may be instructive. The next time you hear someone promoting the scientific improvement of the human race, think of them.
彼ら(優生学主義者たち)は間違っていた。意図せずして数百万人の人びとの犠牲という結果に終わった。しかし、優生学主義者たちが残した遺産は、私たちに教訓を残してくれるだろう。もしあなたが、誰かが科学的な人類の改良を促進していると聞くなら、彼らのことを考えなさい。
(➡ここの意図せずしてという主張には私個人は反対だ。もちろん彼らは意図的に役立たずな無駄飯くらいと彼らに思われた人々を、殺害抹消したのだから。)

24. 2022年11月04日 16:04:15 : BK9bMiLNCM : VHloYnNxYkp2aHc=[275] 報告
阿修羅民は必見の二つの動画。見よ。

1)遺伝子ワクチンは人間を破壊し、人類を破壊する」
動画を検索
スチャリット・バクディ博士

遺伝子ワクチンは人体に導入された最も恐ろしい道具である。
人間を破壊し、人類を破壊する。
心(マインド、すなわち精神と司る脳の機能)から始まり、心臓に行き、臓器に行き、身体全体に行く。
連中は私を起訴した。私を刑務所に入れたいのだ。
公判が来年3月に始まる。来年3月に居なければ、私は刑務所だろう。
連中は私の教授職を剥奪しようとしている。
これが現在のドイツです。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm41319266

2)「mRNAワクチンは人格が変わり、暗記力や思考能力を失わせる」
スチャリット・バクディ博士

私達の身体に外来の遺伝子を加えることは、致命的な危険性を持つと説明している。
加えて、mRNAワクチンは小血管に血管炎を引き起こす。
それが脳に起こり、その周囲にある脳神経細胞を殺し、そうして人格が変わり、暗記力や思考能力、もしくは意欲を持たなくなる。錯乱してしまうのだ。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm41308050

25. 2022年11月04日 21:36:16 : 6RIf26oyys : SEs4L1BUZzJLSmc=[1] 報告
絶句しました。😞

『Covidワクチンにセシウム137が含まれています。』
(日本や世界や宇宙の動向 11月01日)
https://wisdomkeeper.livedoor.blog/archives/52079162.html より
保険会社のCEO、トッド・カレンダー氏:
先週、Covidワクチンのヒドロゲルに最高機密の重要成分が含まれていることが判明しました。それはセシウム137です。つい最近、この事実を知ったリー・ブレー博士によると、セシウム137は放射性物質でありこの物質はヒドロゲルやインシュリンに含まれています。彼らは注射可能な全ての薬剤にセシウム137を混入させています。この物質が含まれるCovidワクチンを人々に注射しているのもオペレーション・システムのアップロードが目的です。これがCovidパンデミックの全てなのです。さらに分かったことは、セシウム137なしでは5Gは人体に作用しません。

報告は氷山の一角!コロナワクチン接種後の副反応、死亡のツイートが多すぎて戦慄!vol.404
2022年11月04日(金)

https://ameblo.jp/sunamerio/entry-12772825585.html

26. 2022年11月04日 21:46:32 : SVROCFUbtY : Q1U4b2xKUlpKWHc=[376] 報告
コビッド19の正体は被爆であり、コビッド19とは、その公害を公害と認知させないための陰謀だからな。

そりゃセシウムの混在もあり得るだろう。

27. 2022年11月05日 01:49:45 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[637] 報告
>>25
希少なランタノイド系列放射性元素であるツリウムも検出されている。

「カナダの研究者が、モデルナとファイザーのCovid注射剤にカーボンナノテクと
ツリウムを発見 (The Expose)」
http://www.asyura2.com/22/iryo9/msg/290.html

新型コロナワクチンには、何でも危険なものがはいっている。

決して打たないこと。

28. 2022年11月07日 00:13:34 : gs3aP8EzWY : RkFRUXhnR0piMGc=[385] 報告
[これらの「ヘビ毒」はどこから生じた? 欧州の研究者たちが、新型コロナ感染者のサンプルを分析し、そこに「毒液の有毒成分と同一」の複数の成分を見出す(in deep)]
https://indeep.jp/spike-protein-produces-snake-venom/

イタリアの研究者たちによるもので、新型コロナウイルスに"自然感染"した患者たちの血漿、尿、糞便などのサンプルを分析したというものでして、
その結果、「ヘビ毒と同一の動物毒性成分が複数検出された」というものでした。
[コロナ患者から検出された毒物ペプチド]
・コノトキシン(イモガイ毒)
・ホスホリパーゼ(ヘビ毒)
・ホスホジエステラーゼ(ヘビ毒)
・金属プロテアーゼ(ヘビ毒)
・ブラジキニン(発痛物質)

29. 2022年11月08日 03:03:26 : p5CGFjyV5g : U25ic3UvaXBiT28=[10] 報告

遺伝子操作された大腸菌説はデマでしょう。

「COVID-19患者の血漿、尿および糞便から検出された毒素様ペプチド」
「Toxin-like peptides in plasma, urine and faecal samples from COVID-19 patients」  
(PubMed Carlo Brogna et al. NIH 2021/10/14)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8772524/

↑このあたりの話が事実だとしたら一番可能性が高い要因はSたんぱく質が様々な過程で
体内で消化分解されたあとで生物毒素が発生する、という仮説だと思います。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊10掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊10掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊10掲示板  
次へ