★阿修羅♪ > 国際32 > 285.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
「バルダイ討論クラブ」のプーチン:多極化世界における伝統的価値の尊重を語る(E-wave Tokyo)
http://www.asyura2.com/22/kokusai32/msg/285.html
投稿者 HIMAZIN 日時 2022 年 10 月 31 日 17:42:09: OVGN3lMPHO62U SElNQVpJTg
 

http://eritokyo.jp/independent/Ukraine-war-situation-aow1823.htm

「バルダイ討論クラブ」のプーチン
多極化世界における伝統的価値の尊重を語る

Уважение к традиционным цен
ностям в многополярном мире

Vesti War in Ukraine #1823 30 Oct 2022

ロシア語翻訳・青山貞一(東京都市大学名誉教授)
独立系メディア E-wave Tokyo 2022年10月31日

本文

 プーチン大統領が長年にわたってバルダイ・クラブで警告してきたことが、今、誰の目の前にも起こっている。システム危機、グローバルな制度の劣化、集団安全保障のほぼ完全な喪失である。

 今週4日間、世界各国から集まった政治学者や有力ジャーナリストによるヴァルダイ・クラブ(Valdai Club)の会合で、地球上の変化の本質とそのリスクを理解するためのブレーンストーミングが行われた。

 プーチンは最終日に演説し、何時間でもできるだけ率直に質問に答えるというのが伝統である。今年で19回目の開催となります。しかし、これほど国際的な背景があることは、かつてなかったことです。聴衆が固唾を飲んでプーチンの話に聞き入ったのも理解できる。おそらく、クラブのメンバーに話したのは、専門家の同僚ではなく、地球変動の直接的な創造者だったからだろう。

 「私たちは歴史的な分岐点に立っています。私たちの前には、おそらく第二次世界大戦後最も危険で、予測不可能で、同時に重要な10年間が待っています。欧米は単独で人類を支配することはできないが、必死にそうしようとしており、世界のほとんどの人民はもはやそれに我慢することはできないのである。これが新時代の大きな矛盾である。古典の言葉を借りれば、上流階級はそんな暮らしはできないし、下層階級はそれを望んでいない、というやや革命的な状況である。このような状態は、世界的な紛争、あるいは紛争の連鎖をはらんでおり、西側諸国自身を含む人類にとって脅威となるものである。この矛盾を建設的に解決することが、今日の主要な歴史的課題である」と国家元首は強調した。

 プーチンは、より公正な世界秩序への世界的な移行のイニシエーター、リーダーとしてまさに行動しながら、すべての国、すべての文化への注意を呼びかけたのです。深く民主的である。世界はいつの間にか(欧米の努力で)これに慣れてしまった。しかし、地球上の人口の大多数は、アメリカン・モデルのプロクラステス的なベッドに収まることを望んでいないことも明らかである。そして、これ以上絞り込むことはできない。

 「節目の変化」は苦しいけれど、自然で必然的なプロセスです。未来の世界秩序が目の前で形づくられていく。そして、この世界秩序において、私たちは皆の意見を聞き、あらゆる視点、あらゆる国家、社会、文化、あらゆる世界観のシステム、思想、宗教的信念を考慮に入れ、誰にも一つの真実を押し付けることなく、この基盤の上にのみ、国家の運命、地球の運命に対する責任を理解し、人類文明の交響曲を構築しなければなりません」、プーチンは確信を持っている。

 昨年に引き続き、「ロシアの国際情勢(Russia in Global Affairs)」創刊以来20年間編集長を務めるフョードル・ルキャノフ(Fyodor Lukyanov)がモデレーターを務めた。フョードルは、優しく、時にはユーモアを交えながら、大統領に質問を投げかけていたが、彼を捕まえようとする気持ちがないわけではない。プーチンはそのパスを受け取り、力なく受け流した。

- 大統領、恐怖心についてですが、今年は春から何となく核のファクターが出てきたときに、その存在を指摘され、4年前のこのイベントでの「みんな天国に行く」という発言を思い出して、多くの人が少し不安になったようです。急がなくていいんですね?と思っているあなた、それはもう、どこか心配で......。

- わざと警戒されるように考えているのです。効果はあった、とプーチンは言った。

 そして、私たちが楽園を急がないことは、言うまでもありません。ロシアは今、経済も含めて他国より自信があると感じているからなおさらだ。私たちにはすべてのリソースがあり、それはつまり、大きな安全マージンがあるということです。

 そして何より、欧米との経済関係の新しいモデルへの移行の難しさのピークは過ぎ去ったのです。プーチン側としては、「中期的な難しさを理解し、見ている」という重要な発言であった。

 私たちは、すべてを生産することができないことを理解しています。しかし、私はあなたのところに来る前に何人かの同僚と話し、政府、中央銀行、行政の全員と話しました。それでも、我々の専門家は、規制や制裁の波に伴う困難のピークは過ぎたと信じています。ロシア経済はおおむね新しい状況に適応しています。

 輸出入ともに新しいサプライチェーンを構築し、それに伴うコストを削減するためには、まだまだやるべきことがたくさんあります。しかし、一般的には、困難のピークは過ぎ、ロシア経済は適応しており、より安定した、より主権的なプラットフォームでさらに発展していくでしょう。

 大統領が長年にわたってバルダイ・クラブで警告してきたことが、今、誰の目の前でも起こっている。システム危機、グローバルな制度の劣化、集団安全保障のほぼ完全な侵食である。

 「いわゆる西側諸国は近年、特にここ数ヶ月、悪化の一途をたどっている。彼らはいつも煽るようにプレイしています。ウクライナでの戦争の煽りです。台湾を中心とした挑発行為だ。それは、世界の食料・エネルギー市場の不安定化である。もちろん、後者は意図的に行われたものではなく、まさに欧米列強による多くのシステム上のミスによるものであることは疑いない。そして今、私たちは汎欧州のガスパイプラインの破壊も目の当たりにしているのです。これはとんでもないことだ。

 プーチンは、軍事や政治だけでなく、経済や人道的な領域でもシステム的な危機が発生していると強調する。ひとつの問題を解決するために、すべてを投じてきたのです。

 「世界を支配する力」こそが、このいわゆる西洋が勝負を賭けているものだ。しかし、このゲームは確かに危険で、血まみれで、ダーティーと言えるでしょう。国や民族の主権、アイデンティティ、独自性を否定し、他国の利益に価値を置かない。いずれにせよ、否定することが明示されていなくても、実際にはそのようなことが行われているのであれば。このようなルールの策定者以外には、自分のアイデンティティを確立する権利はないのです。プーチンは、「すべての人は、まさにこのルールについて調べなければならない」と指摘した。

 ルールは国際法や協定に取って代わられ、特に、一部の、同じNATO加盟国の安全保障を、他の国の犠牲の上に強化してはならないことが明記されています。同時にモスクワは、米国やNATOとの安全保障に関する条約案という妥協案を、最後まで西側に提示しようとした。

 「しかし、昨年12月、彼らはまたもやあっさりと押し切られた。しかし、今の時代、黙っていることはできない。風の種を蒔けば、旋風を刈るとはよく言ったものだ。危機はまさにグローバルなものとなっています。誰にでも影響がある。ここで幻想を抱いてはいけない。人類は今、2つの道を歩んでいる。それとも、不完全ではあるが、世界をより安定させ、より安全にすることができる解決策を一緒に見つけることができるだろうか」とプーチン大統領は自信をもって語った。

 プーチンは、「常識の力を信じている。遅かれ早かれ、多極化した世界秩序の新しい中心地と西側諸国は、共通の将来について対等に話し合いを始めなければならないと確信している」と述べた。その一方で、矛盾はますます深刻になっている。その理由の一つは、欧米のエリートたちが、自分たちが選んだ道だけが真実であると盲信していることである。

 「アレクサンドル・ソルジェニーツィンの有名なハーバード大学でのスピーチからの引用です。1978年当時、彼は西洋の特徴として「優越感の余韻の盲点」があると指摘していた。これは現在も続いていることであり、「地球上の広大な地域はすべて現在の西洋のシステムによって発展し、支配されるべきだという考えを裏付けるもの」である。1978. 何も変わっていない」とプーチンは述べた。

 その結果、世界が一時期一極化した時に、醜い方向へ向かっていったのである。大統領が指摘したように、西洋は自分たちの無謬性に自信を持ち、そこから一歩進んで、それを嫌う者を滅ぼそう、今で言う「廃絶しよう」という気持ちになったのである。

 冷戦の最盛期、体制やイデオロギー、軍事的対立の最盛期にも、敵対する他民族の文化や芸術、科学の存在そのものを否定することは、誰にとっても思いもよらなかったことです。誰も思いつかなかったのです。そして今、何が起きているのか。

 ナチスはその時代、焚書にまで至り、今や欧米の「自由主義と進歩の擁護者」はドストエフスキーやチャイコフスキーを禁止するまでに落ちぶれたのである。代替的な視点はすべて破壊的なプロパガンダであり、民主主義への脅威であると宣言される不条理なところまで来ているのだ。ロシアから発信されるものは、すべて「クレムリンの策謀」である。しかし、自分たちをよく見てください。私たちは本当に万能なのだろうか?敵対者を批判すると、「クレムリンの策略」「クレムリンの手」と受け取られる。これはナンセンスだ。私たちは一体何をしに来たんだ! せめて頭を働かせて、もっと面白いものを提示できないか、もっとコンセプチュアルに自分の主張を提示できないか。

 国家システムの分野でも、西側イデオロギー論者は、民主主義に代わるものはない、つまり彼らの自由主義モデルしかないと主張している。彼らは侮蔑的に、唇で強調したいのですが、傲慢にも他のすべての民主主義のバリエーションや形態を拒否したのです」。このやり方は、植民地時代からずっと確立されてきたもので、誰もが二流の人間で、自分たちは例外だと見られているのです。今まで何世紀もこうして続いてきたのだ」とプーチンは憤る。

 そして、西洋が課したルールから自由になろうとする動きがあれば、すぐにそれを罰しようとする動きが出てくる。「欧米は経済戦争、貿易戦争、制裁、ボイコット、カラー革命、あらゆる種類のクーデターを準備し実行する。そのうちのひとつが2014年のウクライナでの悲劇的な結末につながったのですが、彼らはそれを支持し、このクーデターにどれだけの資金が使われたかとまで言っているのです。

 一般に、彼らは単に傲慢で、何も恥じることがないのです。イランの将軍であるスレイマニを殺したのだ。スレイマニをどう扱おうが勝手だが、彼は他国の役人なのだ!」。第三国の領土で殺して、こう言ったんだ。ところで、これは何でしょう?私たちはどこに住んでいるのだろう?- と国家元首(プーチン)は述べた。

 このような自由主義的な世界秩序、つまりアメリカのやり方は、混乱を拡大させるだけだとプーチンは確信しており、西側諸国に対しても、少しでも独立性を示せば、日に日に不寛容になっていく。

 「何でもかんでも根こそぎ抑圧し、自国の同盟国にはさらなる制裁を加える。そして、頭を低くして何事にも付き合う。これらすべては、大げさでなく、アメリカ型の新自由主義的な世界秩序モデルのシステム的な危機ではなく、教義的な危機なのである。彼らは、創造や積極的な発展という考えを持たず、単に支配を維持すること以外に世界に提供するものはない」とプーチン大統領は述べた。

 大統領は、多極化した世界における真の民主主義とは、何よりも、いかなる国家や社会も、自らの社会政治システムとその進路を選択する能力を有することを意味すると強調した。ロシアにとって、これは何世紀にもわたる伝統と伝統的な価値観への信頼である。いわゆる新自由主義的な価値観との違いは、特定の社会の伝統、文化、歴史的経験に由来するものであるため、それぞれのケースでユニークなものであるということです。

 だから、伝統的な価値観は誰かに押し付けるものではなく、それぞれの国が何世紀にもわたって選択してきたものを大切にすることが必要なのです。もし西洋のエリートが、何十種類ものジェンダーやゲイパレードのような、私の意見では奇妙でファッショナブルな傾向を、国民や社会の意識に導入できると考えるなら、それはそれでいいのです。好きなようにさせてあげましょう!  しかし、彼らが絶対にやってはいけないことは、他の人たちに同じ方向に進むことを要求することだ」とプーチンは言った。

 同時に、ロシアは独立した別個の文明として、自らを西側諸国の敵と考えたことはないし、考えてもいない、とプーチンは強調した。また、欧米諸国が長年コーカサスの過激派を支援してきた後も、モスクワはNATOと同様に彼らとの関係を構築しようとした。お互いを敵視しないことを提示したのです。

 「その見返りは? 要するに、協力の可能性のある主要な方向すべてにおいて、「ノー」を突きつけられたのだ。私たちに対する圧力はますます高まり、国境付近には緊張の温床が作られています。では、この圧力の目的は何でしょうか? 練習のためでしょうか? もちろん、そんなことはありません。ロシアをより脆弱にすることが目的です。その目的は、ロシアを自国の地政学的目標を達成するための道具にすることである。そして最終的に、もし何もできなかったとしても、その目的は同じだ。しかし、そのようなシナリオは、ロシアに関してはうまくいかなかったし、これからもうまくいかないだろう」とプーチン大統領は断言した。

 現在、欧米諸国による対ロシア経済電撃戦は失敗している。金やユーロ・ドル建ての外貨準備の凍結など、すでに1万件近い制裁措置がとられているが。

 「ドルを武器に、米国と欧米諸国は国際金融準備制度の信用を失墜させた。まず、ドルやユーロ圏のインフレによって通貨を下落させ、そして-ツァップツァップ-国際準備をポケットに入れたのだ。自国通貨建て決済への移行が積極的に進められるだろう。それは避けられないことです。これが多極化した世界の主権的な経済・金融政策の論理である」と強調した。

 ロシアは、制裁がなくても、外国の大企業が最も残忍な方法で行動することがあるので、技術的な主権も強化し続けるだろう。

 「欧米が医薬品や食用作物の種を他国に売る場合、国の医薬品や品種改良を殺すように命令する。実際、実際には、機械や設備を供給し、地域のエンジニアリングを破壊している。ある商品群の市場を開放した途端、それこそ現地の生産者は「寝たきり」で、ほとんど頭を上げることができないのだ。

 これが人間関係の作り方です。こうして市場や資源が奪われ、各国が技術的・科学的な潜在能力を奪われていくのです。これは進歩ではなく、奴隷化であり、経済を原始的なレベルまで低下させるものである。技術開発は世界の不平等を増大させてはならず、縮小させなければならない」と国家元首は述べている。

 ロシアの立場は、BricsやSCOなどの国際組織におけるパートナーや同盟国にも大きく共有されている。彼らは共に世界の新しい政治・経済の中心地であり、世界人口の半分を占めているのです。もう、侮れない意見です。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 新共産主義クラブ[-12348] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2022年10月31日 23:17:24 : ygPYSTNtBo :TOR QndtYmQxTDlOOEk=[1] 報告
>国家システムの分野でも、西側イデオロギー論者は、民主主義に代わるものはない、つまり彼らの自由主義モデルしかないと主張している。彼らは侮蔑的に、唇で強調したいのですが、傲慢にも他のすべての民主主義のバリエーションや形態を拒否したのです
 
 
 それならば、戦争をやるときも、それぞれの民族衣装を着てやればよい。
 
 三島由紀夫さんが、楯の会隊員4名と共に自衛隊市ヶ谷駐屯地(現・防衛省本省)を訪れ東部方面総監を監禁。バルコニーで自衛隊員にクーデターを促す演説をしたときに、彼は西洋式の洋服の軍服を着ていた。
 
 どうして、あの時、三島由紀夫さんは、日本式の戦闘服である羽織・袴を着て演説をしなかったのだろうか。
 
 どうして、北朝鮮軍は、軍服を「パジチョゴリ」にしないのだろうか。
 


[スレ主【HIMAZIN】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)
2. 鼻タレ[147] lUCDXoOM 2022年11月01日 03:20:23 : l36oypprog : WnIuZktUMU5rYnc=[1] 報告
ずっと大昔から議論されてきたことだけどアメリカってのはもともとそのルーツからして邪悪であるという意見が多い。
信仰の自由を求めた102人の清教徒がメイフラワー号に乗ってアメリカに渡ったという伝説が語られているが眉唾である。
実際には人殺しや強盗、カルトなど手のつけられない連中が英国にいられなくなって逃亡したという説もある。
どうであろうとも、
このメイフラワー号の連中がその最初からして他国を侵略するという星の下に生まれた業をもつ連中であることは逃れられない。
インデアンを言葉巧みに騙して、あげくは皆殺しにした祖をもつ国が米国だからろくなものじゃないといえば言い過ぎだろうか。
米国は世界の癌であり、世界の悪の生起するところであるというのが何十年も前からふつうの外国人が口にするところだ。
民主主義というけれど、中国やロシアのような広大な面積と多民族をもつ大国を日本のような民主主義体制で統治すれば即内乱が起きてばらばらになるだろう。
あのような国をひとつにまとめて平和を保つにはプーチンのいうようにその国その国に見合った独特の「民主主義」が必要ともいえる。
そして日本や米国がほんとうに民主主義的かといえばそうでもないのだ。とくに米国の貧富の格差のひどさ。1%の人間が国民の富を収奪しているあの国のどこが民主主義だろう。
プーチンのいうことはあまりに、もっともすぎる話だがそうだからこそ西側の資本に汚染された新聞テレビ雑誌、大学学者、評論家、作家たちはいっさい耳を傾けようとしない。
これが現在の西側世界の惨状だ。
3. 2022年11月01日 07:53:43 : QPursfOFSA : YnRoWXVLaGFNVms=[231] 報告
まずはロシアが先住民族と認定したアイヌの解放からやろう
北海道をジャップランドの地図から消滅させよう

そして縄文文化を破壊した天コロ一族の消滅に移るべき
公にそのような組織に参加できるならどんな訓練に従う

その代わりに合法的に薩長テロリストや天コロ一族に崇拝者を殺して回れる
機会と時勢と力が欲しい

4. DJエロ親父[248] REqDR4ONkGWVgw 2022年11月01日 09:36:54 : wRC8bQVGaE : cWp1WFpxSmRTYzY=[43] 報告
これやるには、最低限でも国連憲章書き直すことから始めなきゃダメだぞ!
それが出来ないなら、国連解散して、新たな国際組織をを作る!
いずれにせよ、今の国連のフールドでやってたら、永遠に無理!
5. HIMAZIN[2668] SElNQVpJTg 2022年11月01日 09:57:57 : PP8Ji9JEVM : ank4Y1lXcTl4UlU=[457] 報告
>>2

>ずっと大昔から議論されてきたことだけどアメリカってのはもともとそのルーツからして邪悪であるという意見が多い。

こんな話もありますね。

イギリス東インド会社の北米支社として出発したアメリカ合衆国
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/a2a8f1c317e732b9479b82f98212fc54
(一部抜粋)
歴史教科書から世界のニュースまで、ありとあらゆる全ての公の映像の中では、不思議な事にイギリス東インド会社旗(グランドユニオン旗)が出て来ない。
もちろんイギリス東インド会社旗とそっくり瓜二つの初代アメリカ国旗の、不都合すぎる映像も公的な場所では出て来ないのである。
宗主国からの独立(植民地解放?)の美しい神話のアメリカ合衆国旗と、悪しき植民地主義の象徴的なイギリス東インド会社旗。
180度反する両者が、同一のグランドユニオン旗を使用していた歴史的事実は正義のアメリカとしてはイメージが悪すぎる。
不都合なアメリカの歴史を何とかして隠したい。誰にも知られたくないのである。
(抜粋終了)

6. 鼻タレ[149] lUCDXoOM 2022年11月01日 11:00:48 : mYmApS7sSY : MGpaMW9SV1Z6a2M=[2] 報告
>3
アイヌが北海道の先住民族のわけないでしょうが。笑
アイヌは先住民族ではなくカラフトあたりから北海道にわたってきた
渡来人です。
ちゃんと古代史を学び直しなさい。
今さかんに話題になっている統一教会などの幹部が北海道のアイヌの
子孫だといつわって「北海道アイヌ協会」の上層部を組織している。
いわゆるサヨクリベラルたちがこの協会を応援しているが欺瞞もはなはだしい。
それから
天皇家には興味も関心もないが、仮にも日本の象徴だ。
天コロなどとみだりに叫ぶな、ばかもの! 
批判は大いに結構だし、資料をもとに糾弾するのならともかく
おまえはキチガイか? 失せろ馬鹿者!
7. 2022年11月01日 18:59:55 : hOZSeqFwkI : blUzQ29ZMm1zelk=[621] 報告
余計なお世話だが6氏が3氏に怒りをぶつけておられる様子をみて一言申します。

3氏のコメントには実質的な内容が全くない。
それ以上に何を言いたいのかわからない。
一読して...、
何を言いたいのか、わからない。


だから6氏のように怒る必要はない。

せっかくのネットコメント欄にはご自分の意見を言うべきです。
他者のコメントに怒り狂っても、その怒りだけをしゃべってどーする?

「怒り」を引き出すことを「仕事」にしている者もいる。
ご自分の言いたいことを冷静に伝えることが大事です。

冷静な言葉しか、他者には伝わりません。


8. 2022年11月01日 21:27:13 : D9idiKz60U : T1JVYmRCZWhMUms=[58] 報告
>>6
今「日本」と名付けられたこの地の先住民族は何?!
「アイヌは先住民族ではなくカラフトあたりから北海道にわたってきた渡来人」と言う説はある意味では正しいけど(ウチナーンチュも南方から今の南西諸島に来た)、その時今「日本」と名付けられていたこの地は無人島では?!
因に今「日本」と名付けられているこの地の多数派であるヤマト人は大陸系弥生人で、同じハプログループの民族はユーラシア大陸の奥の方にいる。
9. 2022年11月01日 21:28:33 : D9idiKz60U : T1JVYmRCZWhMUms=[59] 報告
>>8
のこの部分を変更:

×今「日本」と名付けられていた

〇今「日本」と名付けられている

10. 孚鵠[39] m3SNlA 2022年11月02日 08:52:30 : YaGK9u4JOI : QXpPaWpoYmw4cmM=[410] 報告
本日の桜井ジャーナルはおもしろい。


https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/

11. 鼻タレ[157] lUCDXoOM 2022年11月02日 12:00:43 : 2uJ4ZAL0BQ : QTFhNC9vV2J4d0k=[1] 報告
>8
んーとね、何でもいいんだけど、素人にわかりやすく、またネットでも聴ける講義があるからそれを読んでみてはどうかな。
無料講演 吉本隆明『敗北の構造』
https://www.1101.com/yoshimoto_voice/speech/sound-a018.html
これは同じタイトルで本にもなってるんだけど、講演のほうが
直感的でわかりやすい。
一口に「日本人」といっても違うんですよ。また一口に「日本」といっても違う。
もっと多様で重層的な歴史認識や列島認識が必要なのに
反日サヨク連中は反日サヨク連中でいっさいの学術的思想的な世界認識を無視するし、保守の連中は保守で天皇や日本が唯一無比のものだと思っている。
そういうね、政治的な立場からの意見なんか何の意味もないんだよ。政治板にあふれている頭のおかしなアジ演説なんか聴きたくわ無いわけ。
つまり、北海道が無人島だったってあーた、そういうこといってちゃだめですよ。
政治板のバカとかわらない。
もっと視野を広く、時間軸も深く重層的にとらえないと。
12. 2022年11月03日 07:14:56 : H3qewymxyA : akJmdGxndm1hajY=[-3988] 報告
NASAが小惑星「プシケ」への
探査機打ち上げ
https://ladbible.com/news/nasa-psyche-asteroid-8000-quadrillion-20221030

「プシケ」には、
推定1000京ドル(14.7垓円)相当の
貴金属が含まれている可能性があり、
全人類に10億ドル(約1472億円)が
配れるそうです。

宇宙に関する嘘の劣化が著しい。
http://rapt-plusalpha.com/55883/


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

13. 2022年11月05日 15:02:44 : FH58q0VUa6 : RnJHNm5Ld1NRd28=[1] 報告
フランシス.フクヤマなる日系アメリカ人が書いた 歴史の終わり という本は西欧の価値観が絶対という思想がよく表れていた。

歴史は全く終わっていないが。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際32掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際32掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際32掲示板  
次へ