★阿修羅♪ > 国際32 > 286.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
Re: 「バルダイ討論クラブ」のプーチン:キャンセル文化時代の稀有な討議の場(E-wave Tokyo)
http://www.asyura2.com/22/kokusai32/msg/286.html
投稿者 HIMAZIN 日時 2022 年 10 月 31 日 17:50:50: OVGN3lMPHO62U SElNQVpJTg
 

(回答先: 「バルダイ討論クラブ」のプーチン:多極化世界における伝統的価値の尊重を語る(E-wave Tokyo) 投稿者 HIMAZIN 日時 2022 年 10 月 31 日 17:42:09)

http://eritokyo.jp/independent/Ukraine-war-situation-aow1824.htm

「バルダイ討論クラブ」のプーチン
キャンセル文化時代の稀有な討議の場

Vesti War in Ukraine #1824 30 Oct 2022

ロシア語翻訳・青山貞一(東京都市大学名誉教授)
独立系メディア E-wave Tokyo 2022年10月31日

本文

 バルダイ・ディスカッション・クラブは、「キャンセルの文化」の時代である今日、とりわけ欧米の専門家が異なる視点を自由に表現できる数少ない文化的な場として確立している。40カ国から集まった参加者は、大統領に会い、話を聞き、質問をした。

 プーチンのバルダイ演説は、世界中の大学で研究されるに値することは明らかである。きっと世界中の多くの人が、理解し、「そういうものなんだ!」と内心で思いながら聴いていたのではないでしょうか。ただ、あえて言わなかっただけなのだ。プーチンがやった。

 しかし、質問に対する回答は、それに劣らず興味深いものだった。常に特殊なジャンルで、双方の思考の弾力性が要求される。今の西側諸国には、それができる指導者は一人もいないと思います。決まり文句とブループが増えるだけ。


 バルダイ・クラブは、具体的な明日の予測を示唆するものではないようだ。むしろ、概念や世界秩序全体について述べている。しかし、それに対する脅威が深刻であれば、不文律を逸脱することも可能である。

 - 世界は本当に核兵器使用の危機に瀕しているのだろうか?そして、このような状況下で、ロシアはどのように振る舞うのだろうか。

- ロシアが核兵器を使用する可能性について、私たちは積極的に発言したことはなく、欧米の指導者の発言にほのめかしただけです。リズ・トラス夫人は、ぶっきらぼうに言った。"可能な限り活用することが首相の責任であり、私はそれを行う "と述べた。ほらね、誰も何の反応もしなかったでしょ!?彼女がぼそっと言ったとしよう。この子はちょっと気が狂っているんだ。よくもまあ、人前でそんなことが言えたものだ! みんな黙ってろ!ロシアには軍事ドクトリンがあるのだから、それを読ませればいい」とプーチンは言った。

 ここでは、いつものように、誰もが自分の聞きたいことを聞いていた。リズ・トラスの大統領評に英国人は心を揺さぶられた。ドイツのシュピーゲルは、プーチンがベルリンに打撃を与えるとショルツを脅したとされる1年前のフェイクを棚上げにした。ワシントンの中心人物だけが、バルダイ演説を全く理解できなかったのだ。

- プーチン大統領は、ウクライナで化学兵器や核兵器を使用するつもりはないと言っている。彼を信じるか?

- そのような意図がないのであれば、なぜ彼はそのようなことを言い続けるのでしょうか?- ジョー・バイデンはこう言った。

 もちろん、バイデン氏は、なぜ自国が産業規模の紛争を引き起こすのか、その理由は明言しなかった。しかし、この問いは、地球の両半球にとって、これまで以上に重要な意味を持つものです。

- 台湾をめぐる中国とアメリカの緊張の高まりに対するロシアの立場について、あなたのご意見をお聞かせください。

- 台湾が中華人民共和国の重要な一部であることは間違いない。私たちは常にこの立場をとっており、それは変わりません。米国のトップが台湾を訪問する際、ロシアでは挑発的なことをすれば、挑発以外の何ものでもないと受け止められている。なぜこのおばあさんは、中国を刺激して何らかの報復をするために、台湾に行く必要があったのだろうか。ウクライナで起きていることをめぐって、ロシアとの関係が解決できないでいるときに。これはナンセンスだ」とプーチンは言った。

 「プーチン大統領の前向きな発言を評価する。複雑で不安定な国際情勢の中で、中ロ関係はダイナミックな発展の勢いを保っている。中国外務省の王文斌報道官は、「これらの関係は、非同盟、非対立の原則に基づき、両国の発展に寄与し、両国民の利益となるものである」と述べた。

 台湾訪問の後も、プーチンが言及したペロシはエレバンを訪問する時間があった。アゼルバイジャンとアルメニア間の和平調停プロジェクトの詳細をバルダイで初めて聞いた。モスクワは、アゼルバイジャンの5つの地区から撤退するようエレバンに申し出たとプーチンは述べた。ワシントン - カラバフ全体に対するバクーの主権。

 「平和条約はもちろん必要であり、国境画定や国境問題の完全な解決を支持するのと同様に、平和的解決を支持する、我々はそのためにいる。どの選択肢を選ぶかが問題なのです。アルメニア、アルメニア人、アルメニアの指導者次第である。どの選択肢を選んでも、それが平和につながるのであれば、私たちは大賛成です。しかし、私たちは何かを押し付けるつもりはない。アルメニアに何かを指示することはできないし、するつもりもない。しかし、もちろん、アゼルバイジャンとの合意は必要です。これらの合意は、相手国であるアゼルバイジャンにも受け入れられるものでなければならない。これは非常に困難で難しい問題だ」と、ロシア大統領は強調した。

 バルダイ・ディスカッション・クラブは、「キャンセルの文化」の時代に設立され、欧米の専門家などが自由に異なる視点を表現できる数少ない文化の場となっている。40カ国から集まった参加者は、大統領に会い、話をし、質問をしました。

 「北米では、ロシアとの対話が重要だと考える人が非常に多い。一例を挙げます。アメリカの民主党は中間選挙で悪い見通しを立てている。そして、有権者の支持を得るために、6月に書いた交渉を呼びかける手紙を今公表しているのです。ヨーロッパでも、多くの人々が、自分たちの問題が政府の制裁の結果であることに気づいています。プーチンは何十年も前から欧米との架け橋になろうとしている。しかし、メルケル首相のような一世代前の政治家は彼を理解していたが、今は状況が変わってしまった」とカナダのマニトバ大学のラディカ・デサイ教授は言う。

 上司に "ブレイクスルー "があることもある。マクロンは、アメリカのガス価格がヨーロッパの国内市場価格の4倍であることに怒り、何かを理解したようです。彼の憤りは何の結果にもなっていない。最も豊かな国の一つであり、国連安全保障理事会、G7、NATOのメンバーである大統領の言葉が、ワシントンで彼の耳をかすめた。しかも、初めてではない。

 "シリア周辺の不安な出来事が始まったとき、リーダーの一人が来て、私は彼と会いました。何をやるか、どうやるかが合意された。具体的には、これ、これ、これをやります。モスクワからワシントンに飛んだ。彼はパリに帰ってきた--すべては忘れ去られた。まるで何の合意もなかったかのように。どのように話すか?何について?それなら、直接ワシントンに電話したほうがいい。それだけだ」とプーチンは言った。

- 敵対行為が始まる直前にマクロン大統領と話したそうですが、彼はオフィスにジャーナリストを座らせ、スピーカーフォンでその一部始終を放送していましたね。そのようなことを、どのようにお感じになりますか?

- ネガティヴに 首脳間のコミュニケーションには一定の形式があり、それを尊重しなければ、相手のやっていることに信頼は得られないと思う」とプーチンは述べた。

- 警告を受けなかったのですか?

- いいえ、もちろんそんなことはありません。

- さて、マクロンから電話がかかってきたとき、誰がいるのか聞いてみますか?

- いや、今は誰かが聞いていると思う。

 そのような独裁の下で生活することを望まない人々は、すでに代替的な権力の中心を形成している。中国経済は1年以内にアメリカ経済を追い抜く。インドは購買力が3位で、キャッチアップしています。ブラジル、メキシコ、インドネシア、イランが追い上げてきている。アルゼンチンやサウジアラビアは、非常に高い成長率を示しています。プーチンによれば、後者はBRICSの候補として用意されているとのことだ。

- 今、欧米では、モハメド・ビン・サルマン・アル・サウドが、あなたのせいでアメリカ人に無礼な態度をとっていると話題になっていますね。

- これは事実ではありません。彼は若く、決然とした性格の持ち主である-これらは明白な事実である。彼は失礼なことを言う必要はないし、見返りに厳しい批判を聞くこともない、それだけのことです。皇太子もサウジアラビア自体も尊重すべきであり、同じように対応するはずだ。無礼講の人も同じでしょう。私たちとしては、これはナンセンスだ。皇太子もサウジの指導者全体も、自分たちの国益に導かれているのだから」とプーチンは強調した。

 そのためか、リヤドでは電力に問題がない。ヨーロッパと違って、もうすぐ制裁を喜ばせるために、本当の意味で耳を凍らせるようになるのだ。

 "ある逸話 "が頭に浮かびました。先日、ドイツ出身の友人から聞いた話です。ある家族。息子は父に尋ねる。"どうしてこんなに寒いんだ?"と。そして、"ロシアがウクライナを攻撃したから "と言っています。と子供が聞く。"それが俺たちに何の関係があるんだ?" "そして、ロシアに対して制裁を課した" "なぜ?" "嫌な思いをさせるため" "我々はロシア人か?" - プーチンは冗談を言った。

 しかし、ドイツがノルドストリームを爆破して安価なエネルギーを断たれた一方で、モルドバはすでにウクライナからトランジットの受け入れを拒否されるなど、打撃を受けていた。

 モルドバ側はガスプロムの立場を否定し、価格優遇を主張した」。「ガスプロムが頑なになっているところに、ミラー氏がやってきて、自分の立場を整理し、自分の主張が正しいと思うと言った。モルドバ国家の経済力、財政力を考慮して、モルドバ側に進言してほしいとお願いした。"ガスプロムはモルドバ政府と合意し、モルドバ条件でのガス供給契約を締結した。もちろん、支払いは必要です。このこと自体は、当たり前のことだと思うのです。キシナウで停電になったということですが。プーチンは、「なぜ電源が切られたのかは不明だが、われわれには何の関係もない」と述べた。

 第19回ヴァルダイ会議では、一方的にウクライナ危機の話に何度も戻された。プーチンは、筆者らが決めれば解決できると言う。

- ポストソビエトの中で私が最も好きな都市のひとつがオデッサである。2年後、ロシアとウクライナのどちらでビザを取得すればいいのでしょうか?- とあるジャーナリストは言った。

- オデッサは争いの種であると同時に、紛争解決のシンボルにもなり得る。問題は、私たちのことではないのです。私たちは何度も交渉の用意があると言ってきました。しかし、キエフ政権の指導者たちは、ロシア連邦との交渉を継続しないことを決定した。確かに、決定的な言葉はワシントンでこの政策を実行する人たちのものである。この問題を解決するのは非常に簡単だ。キエフに、立場を変えて平和的な方法でこの問題を解決するよう努力すべきだという信号を送るのだ」と国家元首は強調した。

 3時間以上にわたって、世界各国から寄せられた半端ない数の質問に、大統領は答えている。聞こうと思えば、十二分に聞ける。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際32掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際32掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際32掲示板  
次へ