★阿修羅♪ > 国際32 > 322.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
ウクライナについて、イランと長期的な戦略を練るロシア(locom2 diary)
http://www.asyura2.com/22/kokusai32/msg/322.html
投稿者 HIMAZIN 日時 2022 年 11 月 17 日 19:11:28: OVGN3lMPHO62U SElNQVpJTg
 

https://qrude.hateblo.jp/entry/2022/11/17/030042

2022-11-17

ウクライナについて、イランと長期的な戦略を練るロシア

バドラクマール

Russia strategises with Iran for the long haul in Ukraine - Indian Punchline
https://www.indianpunchline.com/russia-strategises-with-iran-for-the-long-haul-in-ukraine/

Bhadrakumar 著:14/11/2022

最高指導者代表で最高国家安全保障会議書記のアリ・シャムハニ氏(左)が、ロシア安全保障会議のニコライ・パトルシェフ書記と会談した(2022年11月9日、テヘラン)。

ウクライナをめぐるホワイトハウスのジェイク・サリバン国家安全保障顧問のキッシンジャー外交に関する米国メディアの誇大広告を無視して、元KGB防諜官でプーチン大統領の長年の仲間であるロシアのニコライ・パトルシェフ安全保障会議書記が先週水曜日、地政学におけるノックアウトパンチと同等にテヘランに出張している。

パトルシェフはエブラヒム・ライシ大統領を訪問し、最高指導者代表でイラン最高国家安全保障会議長官のアリ・シャムハニ提督と詳細な協議を行った。今回の訪問は、ロシアと中国のパートナーシップにおける決定的な瞬間であり、ウクライナでの戦争の軌跡に道標を植え付けるものである。

イラン国営メディアはライシ氏の発言を引用し、"(ウクライナの)戦争の範囲の発展と規模の拡大は、すべての国々に懸念を引き起こす "と述べた。とはいえ、ライシ氏は、テヘランとモスクワは関係を「戦略的」なレベルに格上げしており、それは "米国とその同盟国による制裁と不安定化の政策に対する最も決定的な対応 "だとも発言している。

米国務省は翌日、ネッド・プライス報道官が「これは全世界が深い脅威と見なすべき同盟の深化だ。"これは一国を超えた影響を持つ関係であり、影響を持ちうる"」と警告し、迅速に対応した。プライス氏は、ロシアとイランの軍事的関係に対抗するために、ワシントンは同盟国と協力すると述べた。

テヘランでのパトルシェフ氏の会談は、非常に敏感な問題に触れたため、プーチン大統領は土曜日にライシ氏のフォローアップを行った。クレムリンの発表によると、両首脳は「政治、貿易、輸送・物流を含む経済における交流の継続的な強化に重点を置き、二国間の議題に関する多くの時事問題を議論した」という。彼らは、ロシアとイランのそれぞれの機関の間の接触を強化することに合意した。

この関連で、現在のイランの騒乱に対するパトルシェフの非常に強い支持は正しく理解されなければならない。パトルシェフ氏はこう述べている。「イランで大規模な暴動を組織し、その後、彼らの支配下にあるペルシャ語の西側メディアを通じて、同国の状況について偽情報を広める上で、西側シークレットサービスが重要な役割を担っていることに注目する。これは主権国家の内政に対するあからさまな干渉である」と述べている。

ロシアの治安当局は、西側情報機関の敵対的な活動に関する情報をイラン側と共有している。注目すべきは、パトルシェフ氏がサウジアラビアの関与に関するイランの疑惑を回避したことである。また、ラブロフ外相は、テヘランとリヤドとの仲介を公的に申し出た。

このようなことが、ワシントンを狂わせている。一方では、バイデン大統領のレベルも含めて、イランの脅威という亡霊を持ち出して、ペルシャ湾のアラブ政権を再び集結させようとしても、埒があかないのである。

最近では、Wall Street Journalが報じた、イランによるサウジアラビアへの攻撃が数日後に迫っているという根拠のない報道を受けて、米国は芝居じみた行動に出た。西アジア地域の米軍は警戒レベルを上げ、ワシントンはあらゆる事態に備えることを宣言した。しかし、不思議なことに、リヤドは動じず、イランからの脅威を回避するための米国の保護提案に関心を示さない。

明らかに、サウジアラビアとイランの国交正常化プロセスは、相互の安全保障上の懸念に関する微妙なやりとりを前面に押し出したものであり、双方とも膝を打つような反応を示すことはなく、支持を得ている。

このようなパラダイムシフトは、ロシアにとって有利に働く。サウジアラビアとの戦略的石油同盟に加え、ロシアは今、イランとの戦略的パートナーシップを深めている。

プライス報道官の発言に慌てたのは、ロシアとイランの安全保障・防衛当局の協力関係が強化されるとワシントンが推し量ったからだろう。

ワシントンが最も警戒しているのは、テヘランがモスクワとの共同戦略を採用し、攻勢に転じ、欧米の集団による制裁の武器化に打ち勝とうとしていることである。数十年にわたる制裁にもかかわらず、イランは自力で世界クラスの防衛産業を築き上げ、インドやイスラエルといった国々を凌駕するほどの力をつけている。

シャムハニ氏は、「制裁に対処するための共同・相乗的な機関」の創設と、制裁や制裁国に対する国際機関の能力の活性化を強調した。パトルシェフは、特に西側の経済的・技術的制裁に対抗するための戦略的協力のロードマップを描くために、両国の国家安全保障機関の間で以前に合意したことを想起し、同意した。

シャムカニ氏は、テヘランは経済分野におけるロシアとの二国間および地域協力の拡大を、両国が直面している米国の制裁の状況下での戦略的優先事項のひとつと考えている、と付け加えました。これに対してパトルシェフは、「私と私の代表団がテヘランを訪問する最も重要な目的は、経済、商業、エネルギー、技術分野において新しい活動を始めるためのダイナミックなメカニズムを提供するとともに、共同プロジェクトの実施を加速させるための意見を交換することである」と答えました。

パトルシェフは、"輸送能力における相乗効果を生み出すこと、特に南北回廊の迅速な完成は、二国間および国際的な経済・商業協力の質を向上させる効果的なステップである "と指摘しました。

パトルシェフ氏とシャムカーニ氏は、ロシアとイランが、西側の違法な制裁の矢面に立つ国々からなる「国連憲章の擁護者の友好グループを設立する」共同計画について議論した。

上海協力機構について、シャムハニ氏は、両国は加盟国の「交換可能な能力を賢く利用する」べきだと述べた。また、テロや過激派の危険性が引き続き地域の安全を脅かしているとし、地域的・国際的な協力を強化する必要性を強調した。

パトルシェフのテヘラン訪問は、11月16日にモスクワで開催されるアフガニスタンに関する会議を前に予定されたものである。イランとロシアはアフガニスタンをめぐって共通の懸念を抱いている。西側諸国がアフガニスタンの内戦を(再)煽っていることを懸念しているのである。

ロシアの大統領特使ザミル・カブロフは、ネザビシマヤ・ガゼタ紙に寄稿した論文で、英国がタリバンに対するいわゆる「アフガン・レジスタンス」(パンジシール地方で活動しているとされる)に資金提供していると主張した。カブロフは、米国が中央アジア2カ国に対し、タリバンに対する秘密活動の協力の代わりにヘリコプターと航空機を提供し、おとりとなっている、と書いている。

カブロフは、米国がタリバン指導者に対して、ロシアや中国との接触を断たなければ無人機攻撃を行うと脅迫していることをセンセーショナルに暴露した。彼は特に、米英はカブールに対し、アフガニスタンを拠点とするウイグル人テロリストの活動を制限することを控えるよう要求している、と述べました。

興味深いことに、モスクワは、アフガニスタンの安定化の利害関係者であり、協力できる5つの地域国家からなるコンパクトなグループの創設を模索している。カブロフ氏は、ロシアのパートナーとしてイラン、パキスタン、インド、中国を挙げた。

イランはロシアにとって、現在の制裁の厳しい状況下では、おそらく中国を除いて他のどの国もなり得ない「戦力拡大要員」である。米国の中間選挙の翌日というこの時期にパトルシェフがテヘランを訪問したのは、クレムリンが、バイデン政権によるウクライナの平和構築の偽装を見抜き、ケルソン-ザポロージャ-ドンバス方面へのロシアの動員や新しい防衛線の構築の勢いを実際に挫くことを意味するとしか考えられない。

実際、アメリカはウクライナに武器を提供するために文字通り樽の底を探っていることは周知の事実だ。在庫が枯渇し、枯渇した在庫を補充するのに数ヶ月から数年かかるからだ。(こちら、こちら、こちら、こちら)

地政学的な観点から言えば、パトルシェフがテヘランで行った会談と、その直後にプーチンが行ったライシとの電話会談は、ロシアがウクライナで長期的な戦略を立てていることを紛れもない言葉で伝えていると言ってよいだろう。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2022年11月17日 22:13:53 : zyIrcFDKIY : N2lnc1dKUDRCRWs=[10] 報告
ParsTodayJapanese【公式】
@ParstodayJ
在ウィーン国際機関🇷🇺#ロシア 代表部のウリヤノフ代表は、#IAEA 理事会会合でアメリカ代表が行った反イラン的発言に対し反応を見せ、「🇮🇷#イラン に対する最大の圧力政策は、平和を目的としたものではない」と述べています。
https://mobile.twitter.com/ParstodayJ/status/1593171903694663680?cxt=HHwWgMDTnfnZipwsAAAA
2. 2022年11月17日 22:19:00 : zyIrcFDKIY : N2lnc1dKUDRCRWs=[11] 報告
ParsTodayJapanese【公式】
@ParstodayJ
#イラン 国内で最近暴動が起きて以降、IranInternationalは、分離主義派の指導者らに常に発言の場を提供しており、最初の暴動発生から20日間で彼らのうち20人以上と、合計50回もインタビューを行っていました。
イギリス・ロンドンに本部を置いていますが、その資本はサウジアラビアが提供しています。
https://mobile.twitter.com/ParstodayJ/status/1593088789504614401?cxt=HHwWgoCjoYj05JssAAAA
3. 2022年11月17日 22:25:14 : zyIrcFDKIY : N2lnc1dKUDRCRWs=[12] 報告
ParsTodayJapanese【公式】
@ParstodayJ
🇮🇷#イラン🇺🇳国連大使「国際法への違反を認定して調査する制度を作ろうという意思があるならば、イラクの旧サッダーム政権に対しての大量破壊兵器や化学兵器の提供を含めた全ての事例を扱う、世界全体を対象とする制度にすべきだ」
https://mobile.twitter.com/ParstodayJ/status/1592873152073568258?cxt=HHwWhMDQmajsgpssAAAA
4. 2022年11月18日 18:50:06 : GqnQWnmSLQ : Z2FoMktiRGVxcGM=[5] 報告

sputniknews

仏政治家、ウクライナ側の報道にファクトチェックを呼び掛け
2022年11月18日, 11:22

https://sputniknews.jp/20221118/13847106.html

5. 2022年11月18日 18:54:24 : GqnQWnmSLQ : Z2FoMktiRGVxcGM=[6] 報告

sputniknews

スウェーデン 「ノルドストリーム」ガス漏れの原因は破壊工作と断定
2022年11月18日, 17:38

https://sputniknews.jp/20221118/13854983.html

6. 2022年11月19日 06:21:59 : Nf2PcZ7ZZc : Z2E4eW1QcUxVaFU=[822] 報告
米国という国は、自国にとっての利益や脅威について、"全世界の"と言い換えるクセがありますね。米国の利益は世界の利益、米国にとっての脅威は世界にとっての脅威、というわけです。面(つら)の皮でアイススケートでも出来そうですね。

つまりは、わかりやすく米国は追い詰められているというわけです。昔の米国であれば、利益をチラつかせながら柔らかく脅しをかけることによって、状況を上手にコントロールできたでしょうが、残念ながらもうそんな実力はないらしいですね。

バイデン政権と反共主義者達の愚かさが、米国の衰退を加速させているように見えます。今から、西側諸国の国々でさえ、米国から離れていくでしょう。日本だけは、靴底に張り付いたガムのように、いつまでもくっついているのでしょうかね。磨り減って古くなった靴ごと捨てられるその日まで。

7. 2022年11月20日 21:41:45 : lUTpOFNuGg : SXAwcjFqTlQ0L0E=[13] 報告

コード・アリス(Code_Alice🇯🇵)
@AIs_of_Dragoon
🇺🇳🇺🇦💥🇷🇺☢️⚛️ IAEA のラファエル・グロッシ長官は、ザポリージャ原子力発電所に対する砲撃の即時停止を要求

……誰(ウクライナ)が砲撃をやめるべきか、彼は正確には言いませんでした。

https://mobile.twitter.com/AIs_of_Dragoon/status/1594286780760567808?cxt=HHwWgMCt1arYhaAsAAAA

8. 2022年11月20日 21:56:01 : lUTpOFNuGg : SXAwcjFqTlQ0L0E=[14] 報告
tobimono2
@tobimono2
ウの武装集団は、17時15〜41分の間にザポリージャ原発へ攻撃を行った。
原発の冷却システムの一部であるスプラッシュプールに6回、乾燥核廃棄物貯蔵所の角で2回、チェックポイント2のエリアで3回の被弾を記録した。原発職員に負傷者はいない。
ttps://tvzvezda.ru/news/202211192337-CW4UT.html


https://twitter.com/tobimono2/status/1594265643507122178?cxt=HHwWhIDQ7f2J_J8sAAAA

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際32掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際32掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際32掲示板  
次へ