★阿修羅♪ 特選リンク→ HOME  掲示板 シャンプー もくじ 地震 迷路 カウンター 電磁波 奇跡の法則

★阿修羅♪参考図書&読書メモ

アメリカの巨大軍需産業 広瀬隆著 集英社新書 840円

■聖なる予言
たしか、少し前に結構はやった本だったような気がする。初めて読んでみている途中。
P.45 「より快適なスタイルを確立することが、満足感となり、生きる目的となりました。そして、我々は最初の疑問を、いつのまにか忘れてしまいました。
我々は、自分たちが何のために生きているのか、まだ知らないということさえ、忘れてしまったのです。

■病院から身を守る本
http://www.om0.net/cgi-bin/go2.cgi?c=76&p=4
社会問題にもなっている、相次ぐ医療事故のニュース。 いつ、自分の身に
降りかかってくるかもしれない。そこで、ダメな病院から、大切な家族と
我が身を守るための本を集めてみました。
(読んでないけど、このタイトルにはいろいろと思い当たることがある。東京医科歯科大学関連 ミラーとか。)

■『道は開ける』  古本屋で200円で買ったらすごくよかった。最近読んだ本のなかで最高!
高校の時そういえば、同じおじさんが書いた本、 『人を動かす』 を借りたような記憶があるが、内容は全く覚えてなかった。この人の本はおもしろいかもしれない。どっかで探して読んでみようっと。

『リクルートのナレッジマネジメント―1998~2000年の実験』  情報の共有ってすごそう。

金持ち父さん貧乏父さん 現在の世の中の仕組みがよくわかると思う。もっと前に読みたかった。

遺言 桶川ストーカー殺人事件の真相 清水潔 新潮社 ISBN4-10-440501-9 警察が被害届、いや告訴だな、を受理しないことから悲劇が確定し(?)その後も「告訴を受理しなかったこと」隠蔽しようとした警察。。。
なぜ、警察は告訴を、被害届を受理しないか?事件があまりにも多く発生し、犯人を捕まえることができないから、成績が下がる。だったら、最初からめんどくさい事件はなかったことにしてしまえ!被害届を受理するな!という指示がでていることを示唆する、インタビュー記事。 その2

広瀬隆の本を検索してみました。

青山ブックセンター・暮らし・グリーンコンシューマー
http://www.aoyamabc.co.jp/public-html/enviro/KNEW/kn04.html

癒し系もある環境雑誌(青山ブックセンター)
http://www.aoyamabc.co.jp/public-html/enviro/KNEW/kn01.html

 現代医学の大逆説 佐藤雅彦 工学社 2000/01 発行
http://www.telestar.or.jp/new/igaku.html
 題名からは全く隠された内容が満載。このくらいカムフラージュして発行すると、
読まなきゃ隠されていることすらまったくわからない(笑い)。
世の中の仕組みを勉強し始めた韋駄天読者には超お勧め。

 「産官医学複合体の恐怖」という項目は当然おすすめとして、
ページの約半分が医学から脱線して、作者の書きたいことを書かせてもらっている
というかんじ。(工学社社長はすごい!)

 どういう風に現代社会がねじくれているのか、なぜねじくれているのか。
(だれがねじくっているのか、までは書いてないけど)

一部表題だけ引用すると、、、
・読売グループが被支配大衆にしかけた「サーカス」
・報道のエンターテイメント化
・北朝鮮ミサイル試射騒動
・筑波大の反共学者グループが仕掛けた≪精神世界≫
・筑波学園研究都市は、いかがわしい目論見で建設された
・賢人サミットのいかがわしさ
・ユング流精神分析−河合隼雄と中曽根康弘
・「MKウルトラ」計画
・クォンタム・ファンド投機会社の歴史的意義
・カジノ資本主義と金融工学
などなど。 

もともと、遺伝子治療の危険性を指摘したくて、探してきた本でした。
<要点>
培養細胞に感染したHIVはその細胞内にあらかじめ潜伏していた別のレトロウィルス(=マウス内在性レトロウィルス)と≪部品交換≫(=表現型混合)を行って、そうして誕生した新たなHIVは、これまでだったら不可能だった呼吸細胞などへの感染まで観察された。

 詳しくは、★阿修羅♪遺伝子に書いておきましたので参考にしてください。

http://www.asyura.com/bdgm/msg/361.html

ところで、遺伝子治療では、しばしば何も効果がないばかりか死んでしまうようです。
(2000/05/08 update)





エイズの本を集めてみました。

http://asyura.com/2002/health1/msg/178.html
サイバーX AIDSの虚像と真実』について

 

★阿修羅♪ 薬害エイズ殺人
(上部リンクは薬害エイズについて、★阿修羅♪ページの各所に散らばっていたものを集めました)

(下部リンクは★阿修羅♪各所に散らばっている記述の一部)
★阿修羅♪ 日本国厚生省のエイズ疑惑

★阿修羅♪ 解剖所見に「エイズの疑い」/83年死亡の血友病患者


暴露エイズウイルスは細菌兵器だった
ISBN: 4584183090
出版社: ベストセラ−ズ
著者 : ゲイリ−・L.グラム( 林督元)
1997/11 \1,600
★阿修羅♪
エイズは空気感染する

埋もれたエイズ報告

ISBN:4385357897
NHK取材班【編】;桜井 均【著】
出版社:三省堂

NDC:493.11   97.7.30   337p 19cm(B6) \1,600
血友病患者のエイズ認定はなぜ2年も見送られたのか?“エイズ第1号が2人”という異常事態はなぜ起きたのか?10年以上も前に輸血によるHIV感染が起きていた!薬害エイズ事件の埋もれた附分を克明にたどるうちに筆者はHIV感染の途方もない広がりと意外な起源に気づいた。NHKの93年入手資料と96年の厚生省公開資料の徹底検証から浮上した行政の「情報秘匿」と「不作為」の驚くべき連鎖。

1章 封印は解かれた(94〜96年)
2章 「一号患者が二人いた」(85年春)
3章 アメリカからの警告(83年春)
4章 厚生省は知っていた(83年4月〜6月)
5章 消えた一号患者(83年7月〜10月)
6章 一九八三年の血友病患者たち(83年7月〜10月)
7章 フランス・血のスキャンダル(83年〜85年)
8章 追跡「汚染ロット」(83年10月〜12月)
9章 日本にエイズ患者はいない(84年夏〜冬)
10章 「軟着陸」という解決(85年春〜夏)
11章 隠れていた感染者群(83年〜94年)
12章 輸血感染者がいた
13章 不作為の連鎖

 徳間文庫 
薬害エイズの真相 ISBN:4198904987 広河 隆一【著】 出版社:徳間書店 NDC:493.11   96.4.15   398p 15cm(A6) 
\563 血友病患者のHIV感染は、まごうことなく人為的な罹患である。新たに「発 見」された資料は、1983年当時、すでに厚生省が非加熱製剤の危険性を認 識していたことを証明した。だが、加熱製剤導入は圧殺された。導入見送りを 
決定した「空白の一週間」に何が起こったのか。最新情報と膨大の資料の分 析、そして患者とその家族の悲しみと憤りが、厚生省と医薬界の「犯罪」を告 発する。 医師デートリックの場合 
日本の血液産業 医師安部英の場合 八一年―エイズの発生 八二年―血友病患者とエイズ 八二年―日本の状況 八三年前期―アメリカ 八三年前期―日本 八三年―危機の幕開けと患者会 
研究班発足とストックホルム大会〔ほか〕 

 
戦慄のシナリオ―薬害AIDS ISBN:4900860042 HIV問題取材班【著】 出版社:オンタイムズ NDC:493.11   96.6.25   237p 19cm(B6) 
\1,262 薬害AIDSの主犯は誰か。 隠された衝撃の実態を重要資料と証言で検証する真相究明の第一弾。 第1章 AIDS日本上陸 第2章 戦慄のシナリオ 
第3章 原告弁護団からの報告 

悪魔の遺伝子操作―エイズは誰が何の目的でつくったのか

ISBN:4193550036
ゼーガル,ヤコブ〈Segal,Jacob〉;ゼーガル,リリー【著】〈Segal,Lilli〉;川口 啓明【訳】
出版社:徳間書店

NDC:493.11   92.10.31   251,4p 19cm(B6) \1,600
人類を滅亡に導く恐怖の病原体エイズ。そのウイルスは米国防総省の実験室(フォート・デトリックの550番建物)で密かに製造されていた。

第1部 エイズウイルスは遺伝子操作でつくられた(エイズ遺伝子の謎
エイズウイルスは米軍の微生物兵器だった)
第2部 エイズの起源をめぐる謀略(アフリカミドリザルの伝説
エイズはアフリカの風土病ではない
エイズウイルス生物兵器説への反論)
第3部 エイズとはどんな病気なのか(エイズという病気の特徴
エイズは治療できるのか
エイズは予防できる
社会問題としてのエイズ)
資料(エイズウイルスは米国陸軍のモンスター
米国国防総省の生物化学兵器予算
経済動向財団からフランク・C・カールーチ国防長官への請願書
世論の圧力のもとに陸軍は生物兵器実験室の計画を縮小する)

隠されたエイズ―その時、製薬会社、厚生省、医師は何をしたのか!!

ISBN:4478310831
毎日新聞社会部【編】
出版社:ダイヤモンド社

NDC:493.11   92.2.20   214p 19cm(B6) \1,359
「異性間交渉による感染急増!」AIDS蔓延の警鐘が鳴る。しかし、その陰で〈もうひとつの事実〉が闇に葬られようとしている。企業の営利追求の果てに「ばらまかれたエイズ」だ。この犯罪の真相は何か?本書は徹底レポートする。

第1章 罪なきエイズウイルス感染の悲劇
第2章 知られざる血液ビジネスの実態
第3章 血漿製剤メーカーと厚生省の二人三脚
第4章 犠牲者を増大させた「2年4カ月の空白」の真相
第5章 国営化で血液事業は改革できるのか

仕組まれた恐怖―エイズは生物兵器だった!?

ISBN:4062031043
永井 明【著】
出版社:講談社

NDC:493.11   86.11.13   213p 19cm(B6) \1,300
世界中を恐怖の坩堝に巻き込んだAIDS!世紀末の現代になぜ出現したのか?その謎に迫る。ドクターで新進気鋭のジャーナリストでもある筆者が、「ベトナム戦争における“生物兵器”だったのではないか?ペンタゴンの陰謀では」と大胆な推理を展開する迫真のドキュメント!

第1部 エイズその発生の謎
第2部 エイズ、その恐怖
第3部 エイズ、その背景


1997-03-13:『赤い楯』の日本版。感動のあまり体が震える。

★★★★★『腐食の連鎖(リング)』広瀬隆

薬害と原発にひそむ人脈

絶対のおすすめ。このページを読むよりも絶対に役に立ちます。 行動指針に絶対に必要。いまの日本は何がどうなっているのか、 わかる。当然中曽根康弘多発。

素朴な疑問:「なぜ電力会社や官僚たちは、危険とわかっている のに原発をあきらめないのでしょうか?(p20)」「なぜ製薬会社は、 安全性を十分確かめずに、こんな薬を大量販売したのでしょう。 どうして厚生省はチェックしてくれなかったのでしょう。(p30)」

★★★★★『腐食の連鎖(リング)』広瀬隆

薬害と原発にひそむ人脈

実はこの本、1996年11月30日に発行されています。買い占められたか書店に置いて もらえないか、私はつい3日前まで知らずにいました。申し訳ありませんでした。

絶対に読んで下さい。絶対に損はさせません。 『腐食の連鎖(リング)』広瀬隆 集英社:1500円。

忙しくて本屋に行けない人はもちろんですが、本屋に注文しても 一ヶ月かかってしまいます。本の注文は黒猫ヤマトにしましょう。 本の料金プラス380円しかかかりません。近くのヤマト運輸 でもいいし、長くて4日程度で届きます。
http://emall.justnet.or.jp/shop/books/ ヤマトブックサービス


疑惑 JAL123便墜落事故―このままでは520柱は瞑れない
◎角田四郎著  早稲田出版 ’93.12.28  432p 19cm(B6) ¥2,200
◎隔壁破壊説」は百パーセントありえない。日航ジャンボには自衛隊機が衝突したのか。政府・事 故調査委員会の不可解な姿勢の裏に何が存在したのか…。8年の歳月をかけた衝撃の告発。
◎序章 事故原因は究明されていない;第1章 ドキュメント「JAL123便墜落」;第2章 深まる謎;第3章 証言者たち;第4章 墜落現場に立つ;第5章 なぜ隔壁破壊説なのか; 第6章 事故調査委員会への疑惑;第7章 隔壁説は崩壊した;第8章 墜落現場特定 の怪;第9章 日航操縦士との対話;第10章 真実を求めて;終章 迷走飛行の果てに
★阿修羅♪コメント:


国連の死の商人
◎広瀬隆  八月書館 ’92.8.15  73p 21cm(A5) ¥650
◎欧米の兵器メーカーは、第2次大戦後、自分の国では戦争を起こさず、人の国へ 出掛けていっては殺人ゲームを楽しんできたのです。彼らが、アジアの人間のために、 平和をつくりだす?想像もできない話です。
◎誰のために自衛隊は行く;「国際貢献論」を仕組んだファミリー;壊滅寸前の軍 需産業と原子力産業;死の商人という「人間」の正体;軍需産業のエージェントとなっ た国連;軍需産業は崩壊するか;誰が殺されてきたか
★阿修羅♪コメント:後に発売の『地球のゆくえ』に内容が含まれています。
地球のゆくえ
◎広瀬隆 集英社 ’94.7.10 407p 21cm(A5) ¥1700
◎国際金融界をあやつる怪人ソロスから、ジリノススキー、朝鮮半島、ユーゴ内戦、 日本政界、ガットまで.新世代の世界地図と不況経済の実態!大ベストセラー「赤い盾」 に続く興奮
◎第一章:ジリノフスキーの恐怖と怪奇現象;第二章:「日本経済崩壊」の背景; 第三章:細川政権誕生の謎 細川もりひろと天皇家;第四章:カンボジア内戦の勝利者; 第五章:コダイ人と中東問題 イスラエル建国とロスチャイルド家; 第六章:世界的な金投機と通貨不安;第七章:ガットと日本農業の未来 ガットに暗躍する穀物マフィア;第八章:スイスと世界の金融マフィア 銀行の不良債権; 第九章:崩壊するロシアの未来;第十章:死の商人の巣窟「国連」; 第十一章:朝鮮半島と核兵器・原子力問題 自衛隊の実態と人員
赤い楯―ロスチャイルドの謎 下
◎広瀬隆  集英社 ’91.11.10  p507〜983, 4,10 21cm(A5) ¥2,800
◎全世界のジャーナリズムと諜報機関を育てた集団が、じつは同
 じ系譜にまとまる一族であったため、欧米のジャーナリズムはひとつのタブ ーを避け事件を報道し、歴史を記録してきたという重大な疑惑がある 
.ヘップバーン、グレイス・ケリー、バルドー….華麗な映画界の裏 にみえるスターの素顔.湾岸戦争に踏みきったベーカー国務長官の素 姓と多国籍軍を組織したイスラエル人脈とは?現在もなお金融支配の 
もとで進行する数々の政治的策謀を明らかにする3000枚におよび 大調査.経営者・サラリーマン・学生にとって必読の書. 第3章 芸術の都パリの下水道(フランスの支配者“二百家族”;地 
中海クラブ;『地獄の黙示録』;オードリー・ヘップバーンの謎;キ ュリー夫人のパトロン;カナダの夕陽;バチカンのゴッドファーザー ;悪魔の詩;ベルリンは燃えているか;スイス銀行の金庫;王者ロス 
チャイルド) 

〔参考図書〕「メディア・セックス」  1989-04-20第一版 1854円 〔参考図書〕「メディア・レイプ」   1991-04-20第一版 2575円 
著者 :ウィルソン・ブライアン・キイ 発行所:(株)リブロポート 

 標 題    日本発、世界大恐慌!―あなたは財産を守れるか? 日経平均400 
       0円、前代未聞の大不況 浅井隆著        徳間書店 ’92.5.31        268p 19cm(B6) ¥1,600(本体¥1,553) 
内 容    プロローグ パニックの前兆;第1章 予言か、予測か―忍びよる悪        魔;第2章 道は血に染まった―資本主義の歴史は“暴落”の歴史; 
       第3章 巨大トレンド―アメリカの没落と覇権の移行;第4章 19        29年―前回の大恐慌で何が起こったか;第5章 崩壊の予感―点滅 
       しだしたシグナル;第6章 メルトダウン―逆転回する地価;第7章         アメリカの巨大な意図―東京大暴落のナゾ;第8章 日本の運命― 
       あなたは財産を守れるか;エピローグ 日はまた昇る… 

 標 題    ’95年の衝撃―恐慌か超インフレか 浅井隆著 
       総合法令 ’94.5.2        265p 19cm(B6) ¥1,500(本体¥1,456) 内 容    プロローグ 動乱の大世紀末;序章 日本の株価は午前6時に決まる 
       (だれが日本の株価を操作しているのか);第1章 この大不況の正        体に迫る(平成大不況の根本的原因は、文明の「覇者交代」だ;日本 
       はバブルの崩壊で1100兆円を失った;世界のバブルの歴史は日本        の行く末を暗示している);第2章 銀行が破産する日(PKOが日 
       本の製造業を衰亡させる;銀行を守るために大蔵省は歴史的な大罪を        犯した;100兆円もある不良債権;60年前、アメリカでは何が起 
       こったのか;95〜97年に戦後初の銀行破綻が起こる);第3章        不況の本番は95〜97年だ(日本の恐怖のデフレサイクルに入りつ        
つある;恐慌への転換は1995年に始まる;大変動を予言する男、        ラビ・バトラはこう予測する;デフレの後にハイパーインフレが日本        
を襲う);第4章 陰謀か、戦略か(陰謀か?戦略か?;重要な問題        は情報の分析と戦略の立案だ;情報分析と戦略立案の達人、ジョージ        
・ソロスを分析する);第5章 文明は西洋から東洋へ(壮大な歴史        の波が東洋で動き始めている;西洋から東洋への波のなかで日本の役        
割は何か;第2のアルゼンチンか、第二のアメリカか;ロマンを持っ        て東洋を見直そう);第6章 平成幕末現象が日本を襲う(幕末現象        
が日本の未来を暗示する;平成幕末現象は大人物を求めている;平成        幕末現象を生き抜くために日本人はここを反省しろ;平成幕末に起こ        
る15の大動乱);第7章 平成幕末現象を生き抜くために;エピロ        ーグ 暗黒の21世紀か、黄金の21世紀か 

〔参考図書〕沈黙の兵器 
標 題    ロマノフ家の黄金―ロシア大財閥の復活 広瀬隆著        ダイヤモンド社 ’93.3.25        382,22p 21cm(A5) ¥2,500(本体¥2,42 
       7) (地球の支配者 1) 要 旨    ロマノフ家の人脈を解明する。すべての謎を解く鍵が本書のなかにあ        る。 内 容    第1部 ロマノフ家の大貴族フルシチョフ;第2部 ヴィソツキーの 
       歌が聞こえる;第3部 モスクワ・マフィアの暗躍 標 題    クラウゼヴィッツの暗号文 広瀬隆著        新潮社 ’92.3.25        
365p 15cm(A6) ¥440(本体¥427) (新潮文        庫) 要 旨    19世紀ドイツの天才軍人クラウゼヴィッツ。感情に流されず、戦争 
       の暗い特質を一つずつ怜悧に解き明かした彼の著書『戦争論』は、過        去の多くの軍人、政治家たちをおののかせてきた。本書はこの『戦争 
       論』を拠り所に、人はなぜ、どのように戦争するのか、克明に追求し        ていく。第二次大戦終了時から、1991年の湾岸戦争、ソ連邦崩壊 
       まで、世界の全紛争を記録した地図47枚を収める。 内 容    1 天才クラウゼヴィッッ;2 第一の合鍵;3 A…;4 B・C        
・D・E…X;5 CIA;6 KGB;7 クラウゼヴィッツの大        原理;資料(フリードマンの暗号文解読法;水素爆弾の製造法 

 〔参考図書〕:UFO世界滅亡の危機 並木伸一郎 KKロングセラーズ 9txt00.htm(4226): (題名は眉唾だが、実際の内容はすごい。マイクロ波洗脳に関しての記述が多 
数。アメリカのストレンジタワーの記述が多く、参考になる。) (情報提供ありがとうござます) 〔参考図書〕衝撃のユダヤ5000年の秘密 

 標 題    ロマノフ家の黄金―ロシア大財閥の復活 広瀬隆著        ダイヤモンド社 ’93.3.25        382,22p 21cm(A5) ¥2,500(本体¥2,42 
       7) (地球の支配者 1) 要 旨    ロマノフ家の人脈を解明する。すべての謎を解く鍵が本書のなかにあ        る。 内 容    第1部 ロマノフ家の大貴族フルシチョフ;第2部 ヴィソツキーの 
       歌が聞こえる;第3部 モスクワ・マフィアの暗躍 

 標 題    クラウゼヴィッツの暗号文 広瀬隆著        
新潮社 ’92.3.25        365p 15cm(A6) ¥440(本体¥427) (新潮文        庫) 要 旨    19世紀ドイツの天才軍人クラウゼヴィッツ。感情に流されず、戦争 
       の暗い特質を一つずつ怜悧に解き明かした彼の著書『戦争論』は、過        去の多くの軍人、政治家たちをおののかせてきた。本書はこの『戦争 
       論』を拠り所に、人はなぜ、どのように戦争するのか、克明に追求し        ていく。第二次大戦終了時から、1991年の湾岸戦争、ソ連邦崩壊 
       まで、世界の全紛争を記録した地図47枚を収める。 内 容    1 天才クラウゼヴィッッ;2 第一の合鍵;3 A…;4 B・C        
・D・E…X;5 CIA;6 KGB;7 クラウゼヴィッツの大        原理;資料(フリードマンの暗号文解読法;水素爆弾の製造法) 

 標 題    赤い楯―ロスチャイルドの謎 下 広瀬隆著        集英社 ’91.11.10        p507〜983,4,10 21cm(A5) ¥2,800(本 
       体¥2,718) 要 旨    全世界のジャーナリズムと諜報機関を育てた集団が、じつは同じ系譜        にまとまる一族であったため、欧米のジャーナリズムはひとつのタブ 
       ーを避け事件を報道し、歴史を記録してきたという重大な疑惑がある        。ヘップバーン、グレイス・ケリー、バルドー…。華麗な映画界の裏 
       にみえるスターの素顔。湾岸戦争に踏みきったベーカー国務長官の素        姓と多国籍軍を組織したイスラエル人脈とは?現在もなお金融支配の 
       もとで進行する数々の政治的策謀を明らかにする3000枚におよび        大調査。経営者・サラリーマン・学生にとって必読の書。 内 容    
第3章 芸術の都パリの下水道(フランスの支配者“二百家族”;地        中海クラブ;『地獄の黙示録』;オードリー・ヘップバーンの謎;キ        
ュリー夫人のパトロン;カナダの夕陽;バチカンのゴッドファーザー        ;悪魔の詩;ベルリンは燃えているか;スイス銀行の金庫;王者ロス        
チャイルド) 

→陰謀研究著書
このページの感想

 


もくじ 迷路からの脱出 禿げシャンプー
トップ BBS#8 情報JUNK 参考図書 読者のページ リンクページ
リンクなお友達 プロフィール 薬害エイズ殺人 闇、そして謎
メールマガジン 資料室 戦争への道 NEW 「告発の書」 洗脳テク

ケータイ電磁波
 地震 掲示板 HELP はじめに
★阿修羅♪検索説明

 

★阿修羅♪ http://www.asyura.com/  since 1995

asyuracom@asyura.com