★阿修羅♪  Ψ空耳の丘Ψ16
 ★阿修羅♪
Ψ空耳の丘Ψ16検索 AND OR
 

チャーチルの音頭で会食 明仁皇太子(当時)と反日の新聞社主ら 共同

投稿者 倉田佳典 日時 2002 年 1 月 02 日 17:47:56:

(回答先: ガーター勲位復活を「消極的容認」 昭和天皇訪英時の王室周辺 共同 投稿者 倉田佳典 日時 2002 年 1 月 02 日 17:47:22)


01/02 15:48 チャーチルの音頭で会食 皇太子と反日の新聞社主ら 外信28

 【ロンドン2日共同】英公文書館が二日までに公開した機密文書
によると、天皇陛下がまだ独身の皇太子だった一九五三年、エリザ
ベス女王戴冠式に昭和天皇の名代として訪英された際に催された昼
食会は、英大衆紙の激しい反日キャンペーンを「静かにさせる」た
め、チャーチル首相=当時=が新聞社の社主らと当時の皇太子殿下
を引き合わせようと、特別に開いたことが分かった。      
 七一年一月に当時のピルチャー駐日英大使が英外務省にあてた文
書で明らかになった。同大使は「皇太子殿下の全く無防備なご性質
、そして殿下が軍部との共犯において明らかに無実であることが、
すべての出席者を武装解除させた」と、会食で英側の雰囲気が和ん
だとの観察を記録している。                 
 同文書によると、五三年ごろは旧日本軍の戦争捕虜だった人々を
中心に反日感情が極めて強く、特に「デーリー・エクスプレス紙が
反日キャンペーンを主導した」という。            
 当時、特別昼食会の英側出席者人選に関与したというピルチャー
氏は、チャーチル首相の策略は図に当たり、昼食会を機に同紙の反
日キャンペーンは収まったとの見方を記している。       
 文書は七一年十月の昭和天皇の初訪英を控え、本国に注意をうな
がす目的で書かれた。五三年の皇太子訪英の際、「日本人による戦
争捕虜虐待の記憶が特に強い」ケンブリッジ大学周辺の訪問で注意
するよう助言したことにも触れている。            
(了)  020102 1548              
[2002-01-02-15:48]




フォローアップ:

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。