ローマ法王が中東歴訪へ(読売)

 
★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ5 ] [ FAQ ]

 
投稿者 FP親衛隊国家保安本部 日時 2000 年 3 月 19 日 21:56:48:

回答先: イスラエル、建国以来の厳戒態勢 投稿者 倉田佳典 日時 2000 年 3 月 19 日 18:50:22:

【ローマ18日=西田和也】
ローマ法王ヨハネ・パウロ二世は二十日、イスラエル、パレスチナ自治区などの歴訪に出発する。エルサレムでは、キリスト教を代表して、ユダヤ教、イスラム教を含む三大啓示宗教の融和促進を訴える。バチカンは今回の訪問を、イエス生誕二千年記念の「巡礼」として宗教的意義を強調するが、エルサレムの帰属問題への発言力を確保したいとの政治的思惑もある。
法王はヨルダンに立ち寄った後、二十一日夕にイスラエル入りし、二十六日まで聖都エルサレムに滞在する。法王による聖都訪問は、東エルサレムがヨルダン領だった一九六四年の故パウロ六世以来。
エルサレムでは、ホロコースト(ナチスによるユダヤ人大量虐殺)記念館や、イスラム教聖地アル・アクサ・モスクのある神殿の丘、ユダヤ教聖地「嘆きの壁」にも足を運び、この両宗教やキリスト教他宗派の指導者と対話にのぞむ。
また、自治政府のアラファト議長、イスラエルのバラク首相らと会談する。ベツレヘムのパレスチナ難民キャンプを訪ね、パレスチナ和平交渉の争点の一つである難民問題にも光りを当て、「公正な和平の理解者」の立場をアピールする。
国際社会で強い影響力を持つバチカンも、米国主導で進む中東和平では影が薄い。バチカンは先月、パレスチナとの関係を定めた協定に調印、その中で、エルサレムに「国際法に基く地位」を求め、「一方的な解決は受け入れられない」とイスラエルにクギをさしている。他方、バチカンは、法王の訪問がイスラエル、パレスチナ双方に政治利用されるのは避けたい考えだ。具体的には、エルサレムを「恒久不可分の首都」と主張するイスラエルが、法王訪問をその「国際承認」として喧伝する動きをけん制する一方、同自治区では、「独立国家」認知と受け取られかねない行事などを自粛する。
(3月19日18:44)



フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。