Re: おしっこ療法〜以前ココでも話題になりましたが・・・<飲尿治療>健保法違反の疑いで甲府市の医院を調査へ 厚生省(毎日新聞)

 ★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ9 ]

投稿者 佐藤雅彦 日時 2000 年 8 月 24 日 17:22:42:

回答先: おしっこ療法〜以前ココでも話題になりましたが・・・<飲尿治療>健保法違反の疑いで甲府市の医院を調査へ 厚生省(毎日新聞) 投稿者 FP親衛隊國家保安本部 日時 2000 年 8 月 23 日 20:34:07:

  殺人カルト官庁・厚生省の尿療法弾圧に抗議する

●いまや厚生省は、薬害エイズや薬害クロイツフェルト・ヤコブ病によって、オウム教団なんぞよりはるかに多くの国民を死病で苦しめている日本最大の“殺人カルト”です。 その厚生省カルトが、有望な“非主流医療”を行なっている佐野外科医院に弾圧を加えてきました。
-----------------------------------------------------------
題 名: おしっこ療法〜以前ココでも話題になりましたが・・・<飲尿治療>健保法違反の疑いで甲府市の医院を調査へ 厚生省(毎日新聞)

甲府市の佐野外科医院(佐野鎌太郎院長)で、末期がん患者に対し、患者自身の尿を飲ませるなど正規の診療と認められていない行為を続けていたことが23日、分かった。厚生省と山梨県、山梨社会保険事務局は健康保険法違反などの疑いがあるとみて、刑事告発や保険医の指定取り消しなどの処分を視野に調査を進めている。
[毎日新聞 8月23日]

     (Ψ空耳の丘Ψ9SR366: 2000/8/23、
       投稿者: FP親衛隊國家保安本部)

-----------------------------------------------------------

●佐野外科医院は、尿療法を癌治療に応用していることで、尿療法関係者にはよく知られた病院です。 彼が実施してきた療法が、インチキならば、私も厚生省のやりかたをとやかく言うつもりはありません。 しかし佐野医院は、尿の抗癌作用についてきちんと調査研究しながら臨床使用してきたわけで、厚生省の出方にはアヤシげなものを感じますな。

●いうまでもなく自分の尿を内服や外用に使うぶんには完全にタダです。 もっとも、米国のブルジンスキーが使っている「アンチネオプラストン」――「抗腫瘍因子」という意味の人尿から精製した抗ガン剤――のようなものは、精製作業に手間がかかっているから、きっとかなり高価でしょうが……。 (「アンチネオプラストン」についての詳細は、『ガン治療革命』[青木書店]を参照してください。]

●人尿抽出成分から精製した抗ガン剤「「CDA-II」の薬効については中国の安徽(アンホイ)医科大学で臨床試験が行なわれ、その成績の概略は、中華尿療法協会(Chinese Association of Urine Therapy)のHPで公開されています。 このHPには、佐野外科医院における同剤の癌治療臨床成果も、掲示されています。(今回は、その邦訳を紹介します。)  これを見るかぎり、重症および末期の癌患者にも、かなり有望な成績を出しています。

●人尿の内服および外用による、各種疾患への治療効果は、この100年間、欧米の大学の医学部で、数々の臨床研究が行なわれ、有効性が確認されています。 日本でも、京都大学の結核研究所(たしか現在は改組されて臓器再生研究所か何かに“変態”を遂げたはずですが)では人尿中の抗結核物質が、また防衛医大でも抗癌物質が、有効性の確認を得ています。 (こうしたデータについては、拙訳書『尿療法革命』[仮題,論創社]をこうご期待。 現在校正段階なので冬にはおそらく出るでしょう。)
  つまり、尿療法は、根拠のない酔狂やまじないの類[たぐ]いでは到底なく、臨床医学的な裏付けを持った生化学的療法なのです。
  ならば、現代の医者たちはなぜ、これをインチキ呼ばわりするか?
  第一に、勉強不足だからでしょうね。  人尿の薬理効果については、1960年代頃までの外国の内科雑誌をかたっぱしから調べれば、かなりの論文に出会うことができるのですが――実際『尿療法革命』の翻訳段階で私はそうやって可能な限りの原論文に当たりましたが――厚生省や文部省が国家試験用に定めた“お勉強定食メニュー”(カリキュラム)には、そうした知見は全く反映されていませんからね。 抗生物質が普及するまでの医療は、欧米でもまことに心許[もと]ないもので、瀉血[しゃけつ]なんぞが大学医学部の正規のカリキュラムとして教えられていたらしい。 (このあたりの事情については拙著『現代医学の大逆説』[工学社]を参照してください。)  しかし製薬メーカーが荒稼ぎできる新薬の時代に入ると、安価な工夫で実効性を上げることができる伝統的医療は、カネ儲けの足をひっぱることになるので、無視や弾圧の対象となった。 (磁気治療がなぜインチキよばわりされ、医学界がまともに研究してこなかったについての現実的な裏事情についても『現代医学の大逆説』に書いてあります。)  そういうわけで、医者は“学校で習わなかった”から、知らないんですね。 若干の研究心旺盛な医者は別だろうけど……。
  第二に、安価で実際に効く「非主流医療」が広がれば、医者はオマンマの食い上げになる。 それで、カルトが信者の流出を恐れて自分と似たカルトを攻撃するのと同様に、主流派の医学利権複合体――産官医学複合体――は、有効な非主流医療を弾圧する。

●本当は、漢方薬がそうであったように、非主流医療や民間療法についても、医学的な効果を見定めて、役に立つものなら医療保険制度のなかに吸収してしまえば良さそうなものなのに、と思うのですが、日本の医師会や殺人カルト厚生省などの医療利権集団にはそうした戦略的発想はないようだ。 ま……封建集団は小賢しい知恵を身につけるよりも、馬鹿なままのほうが、手の内が見えて対処しやすいわけだけど……。  


★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 
  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

-----------------------------------------------------------

安徽(アンホイ)医科大学・第1付属病院で実施された
  癌患者に対する人尿抽出製剤(「CDA-II」製剤)
   の臨床治験の成果(要約)
     (出典: http://www.auto-urine.com/ecancer.htm )


――――――――――――――――――――
臨床成果、       症例、        %
――――――――――――――――――――
完全緩解、      2症例、        6%
部分緩解、      6症例、       1%
症状が安定、    15症例、      47%
効果なし、       9症例、      28%
――――――――――――――――――――
患者はすべて静脈内への輸液のみによって「CDA-II」投薬治療を受けた。

「CDA-U」の投薬量は1日当たり200cc(10g)で、これをリンゲル液300ccと混合して静脈注射した。

47人の患者のうち、治療を受けた32人の患者は、4週間にわたって治療処置を受けた時点で治療効果の判定が可能であると見なされた。

他の15人の患者は様々な 理由により治療処置を途中で断念した。

●CDA-IIの有害作用(安徽医科大学の臨床試験)
―――――――――――――――――――――
有害作用、             症例、    %  
―――――――――――――――――――――
静脈性の抗刺激反応、   7つの症例、  17%
眩暈感、            2つの症例、   5%
腹部のガス、         1つの症例、   2%
発熱、              2つの症例、  2%
吐気、              1つの症例、  2%
―――――――――――――――――――――
治療を受けた47人の患者のうち41人は、3週間治療を続けた時点で治療効果の判定が可能であると見なされた。

●安徽(アンホイ)医科大学で行なわれた臨床試験の個別症例ごとの成績

症例番号および患者名(身元がわからぬよう記述してある)[引用者注:ここは台湾の繁字体漢字で表記されているが、本稿では文字化けしていることをご勘弁ねがいたい]/性別/年齢@診断名A治療処置の時期B症状の好転(Symptomatic Improvement)。C有害作用。D臨床的な効能
1 ?○如 /男性/73@食道癌(放射線治療後に再発)A95.10.25-95.11.30B症状の更なる進行病気C無D効果なし

2 c。ウ、、/男性/64@肺癌(右肺上部)が鎖骨下の骨に転移。A95.11.7-96.1.2Bわずかな好転C無D症状に変化なし

3 ィL。ウュ^/女性/58@子宮頸癌が外陰部および腹部と膣の連結部位に転移。A95.10.20-95.12.10B腫瘤サイズの顕著な減少および症状の好転C静脈の抗刺激反応D部分緩解

4 ヲカ。ウォH/男性/72@非ホジキンリンパ腫・第3期A95.11.2-96.4.8B腫瘍が消滅、腫瘍による圧迫も消失、全身状態が大いに改善されたCめまい、静脈の抗刺激反応D完全緩解

5 シB。ウコヨ/男性/70@食道および胃癌の広範囲な転A95.11.11-95.11.20B重い出血により死亡C無D----
6 トャ。ウエツ/男性/50@悪性リンパ腫・第4期A95.10.25-95.12.6B疾患の進行により死亡C潮紅D効果なし
7 ァ#ウ、ヘ/男性/40@肺癌・第4期。脊椎に転移A95.11.7-95.12.23B全身状態が改善されたC吐気D症状が安定

8 ク・ウオo/男性/64@胸部脊椎への肺癌の外科手術後の転移A95.11.8-95.11.28B症状の更なる進行C発熱、めまいD効果なし

9 チ[。ウゥM/男性/30 @上咽頭癌が骨格および肺に転移A95.11.21-95.12.19B症状の更なる進行C無D効果なし

10 ョ}。ウョ*/男性/60@食道癌。放射線治療後に再発し肺に転移A96.7.18-96.8.22B肺内部の腫瘍は増加を続けたC無D効果なし

11 サッ。ウュZ/男性/32@悪性リンパ腫・第3期A95.11.15-95.12.10B変化なしC無D----

12 、y。ウ、ク/男性/78@前立腺癌・第4期。骨格に転移A95.11.25-95.12.4B患者は治療処置の継続を拒否した。C無D----

13 ア茖ウオo/男性/67@食道癌、放射線治療後に再発A95.11.20-96.1.2B症状が安定し、ゆっくりと好転したC無D症状に変化なし

14 スイ。ウゥセ/男性/50@大量の腹水を伴なった末期の肝臓癌A96.1.12-96.3.10B腹水および腹部膨満の減少、腫瘍は変化なしC無D部分緩解15 ィソ。ウエI/男性/70@肺癌。胸部以外に転移A96.1.25-96.2.19B最初の2週間は改善したように身えたが、その後は悪化C無D----

16 ヲw。ウ/男性/58@腎臓癌、外科手術後に肺に転移A96.4.10-96.5.2B変化なしCなしD----

17 、}」/男性/72@肺癌。脊椎に多発性の転移A96.2.2-96.3.4B症状が安定。ただし、さほどの好転は見られずC無D症状が安定

18 ァd。ウェ*/女性/60@腹水を伴なった末期の肝臓癌A96.7.2-96.7.22B症状の更なる進行C静脈の抗刺激反応D----

19 ウッ。ウキs/男性/46@下部喉頭癌腫、外科手術後頚部に転移A96.7.29-96.8.29B症状の更なる進行C無D効果なし

20 チァ。ウャu/男性/76@肺癌(左肺上部)が胸壁に転移A96.3.25-96.5.18 、96.10.10-96.11.10B腫瘍が消滅、全身状態が大いに改善、食欲と体重が増えたC静脈の抗刺激反応D完全緩解

21 エ #ウオリ/男性/54@肺癌(左肺)が脳に転移A96.2.30-96.3.30B症状が安定し、ゆっくりと好転Cわずかに静脈の抗刺激反応D症状が安定

22 ァ#ウュ^/女性/48@悪性神経膠腫、外科手術に肺に転移A96.7.2-96.7.24B変化なしC無D----

23 スイ。ウェ*/男性/62@肺癌(左肺)、腰部の脊椎に転移A96.5.22-96.7.2B症状の更なる進行C静脈の抗刺激反応D効果なし

24 カタ。ウ/男性/62@食道癌、外科手術後に肝臓に転移A96.7.10-96.8.2B変化なしC無D----

25 サu。ウ/男性/66@肺癌、外科手術後に胸部と脳に広範囲に転移A96.5.12-96.6.28B症状が安定し好転C無D症状が安定

26 ァ#ウュサ/男性/46@広範囲に転移した末期の肺癌A96.10.6-96.11.2B症状が安定し好転C腹部膨満D症状が安定

27 セG。ウキ〜/男性/56@食道癌が肝臓に転移A96.11.20-96.12.10B症状が安定し、わずかに好転C無D----

28 シB。ウオX/女性/70@肺癌(左肺)が腰部の脊椎に転移A96.11.20-96.12.20B腫瘍は大幅に退縮、症状が大いに好転C無D部分緩解

29 アi。ウャツ/男性/50@喉頭癌、外科手術後に肺に転移A96.11.10-96.12.20B腫瘍が大幅に退縮、症状は大いに好転C静脈の抗刺激反応D部分緩解

30 ォ¥。ウー*/男性/47@広範囲に転移した結腸癌A96.12.10-96.12.30B症状が安定しわずかに好転C無D----

31 、ィ。ウェレ/男性/74@食道癌が肺に転移A96.12.10.97.1.8B症状が安定し好転C無D症状が安定

32 ァd。ウォC/女性/42@広範囲に転移した子宮頸癌A96.11.2-97.1.2B症状が良好に好転し、患者は元気になり、腫瘍は安定したC無D部分緩解

33 シ・ウコス/女性/61@肺癌が肝臓に転移A96.10.12.96.12.10B症状が安定し好転C無D症状が安定

34 ウ¥。ウ/女性/20@脳幹腫瘍、放射線治療後に再発A96.11.10-97.1.2B症状が安定し、クオリティー・オブ・ライフが改善されたC 無D症状が安定

35 アi。ウヲュ/男性/38@直腸癌、外科手術後に腹腔に広範に転移A96.12.28-97.2.18B症状の更なる進行C無D効果なし

36 シB。ウォT/男性/54@肺癌・第4期A6.10.15-96.11.27B症が安定し好転C無D症状が安定

37 テQ。ウ・チ/男性/38@上咽頭癌、放射線治療後に転移A96.12.20-967.2.5B症状が安定し好転C無D症状が安定

38 ウ¥。ウシy/男性/64@肺癌(右肺)、外科手術後に転移A96.11.7-96.12.7B症状が安定し好転C無D症状が安定

39 シB。ウコヨ/男性/56@胃癌が肝臓に転移A96.11.20-96.12.15B患者は治療処置の継続を拒否したC無D----

40 ョ]。ウカウ/男性/59 @食道癌が肺に転移A96.11.31-96.12.14B患者は、症状が好転しないため治療処置の継続を拒否したC無D----

41 ヲィ。ウォT/男性/68@直腸癌、外科手術後に再発A96.12.8-97.1.20B腫瘤が退縮し、疼痛が軽減し、食欲が増進したC無D部分緩解

42 カタ。ウュ^/女性/57@卵巣癌、外科手術に広範囲に転移A97.1.2-97.1.22B患者は治療処置を継続できる余裕がなかったC無D----

43 シ・ウョト/男性/49@広範囲に転移した悪性黒色腫A96.12.5-97.1.15B症状の更なる進行C無D効果なし

44 ウ」。ウ・ヘ/男性/65@肺癌および胆管癌A96.10.20-96.10.30B症状の更なる進行C無D----

45 ァ#ウャテ/女性/36@胃癌が肝臓と黄疸に転移A96.12.10-96.12.24B症状の更なる進行C無D----

46 ウー。ウゥセ/男性/48@肺癌(右肺下部)A97.1.31-97.3.1B症状が安定し好転C無D症状が安定

47 ゥP。ウ/男性/36@腹腔の背側の平滑筋の肉腫A97.2.16-97.3.26B症状が安定し好転C無D症状が好転
-----------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------

★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★
  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

●日本で実施された「CDA-II」製剤の臨床治験の成果(要約)

@臨床成果、A抗癌効果、B症状の好転、C小計(該当症例数)、Dパーセンテージ(臨床投与を受けた患者全体に占める該当患者の割合)
-----------------------------------------------------------
@完全緩解 A腫瘍の完全なる根絶 B食欲の劇的な増進、呼吸障害・疼痛・咳の症状の劇的な好転 C4症例 D9%
-----------------------------------------------------------
@部分緩解 A腫瘤の大きさが50%以上減少する、B食欲が良好になる、呼吸障害・疼痛・咳の症状の好転 C16症例 D34%
-----------------------------------------------------------
@好転 A腫瘍の大きさが50%未満だが減少する B食欲の回復、呼吸障害・疼痛・咳の症状が確認可能な程度の好転を示す C13症例 D28%

      A変化なしB症状の有意な変化はない。C8症例D17%

-----------------------------------------------------------
@症状の更なる進行 A腫瘍が増加 B症状がますます悪化して死に至る C5症例 D11%
-----------------------------------------------------------
総計47症例(100%)患者は全員、佐野医師の特別療法――尿療法、食餌療法、ビタミンC(20-40g/日)の大量投与、およびB17(3-9g/日)――に追加したかたちで「CDA−U」製剤の投与を受けた。

「CDA-II」製剤の投薬量は200cc(10g)だった。これはビタミンCと一緒に500ccリンゲル液に混合され、静脈注射で患者に投与された。カプセル剤の場合の投薬量は1日当たり15錠だった。

50人の患者のうち、47人の患者は4週間以上にわたって「CDA-U」の投与を受けていたので、これら47人を評価の対象とした。

以上のデータは佐野外科病院の佐野鎌太郎博士から提供を受けた。

●CDA-IIの有害作用(佐野外科医院の臨床試験)
有害作用、        症例数、  %
--------------------------------
静脈の抗刺激反応、  17症例、 34%
静脈の血栓症、      4症例、 8%
--------------------------------

中華尿療法協会(Chinese Association of Urine Therapy)
72, Wu Kon Lio Road, Wuku Industrial Park, Taipei Hsien, Taiwan, R.O.C.
Tel: 886-2-22988446
Fax:886-2-22996990
E-mail:Webmaster@auto-urine.com





フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. てんさい(い)[894] gsSC8YKzgqKBaYKigWo 2018年8月31日 09:49:56 : 0kUGInjLpY : VLecBnM2280[558] 報告
究極の自然療法である「尿療法」についてご案内申し上げます
http://www.asyura2.com/0403/bd35/msg/237.html
投稿者 佐藤雅彦 日時 2004 年 4 月

  拍手はせず、拍手一覧を見る

★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。