★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論15 > 143.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
グノーシスと悪魔崇拝のつながりに関する説明はデタラメ
http://www.asyura2.com/0311/dispute15/msg/143.html
投稿者 あっしら 日時 2003 年 10 月 18 日 04:47:55:Mo7ApAlflbQ6s

(回答先: 悪魔学講座 投稿者 リンクフリー 日時 2003 年 10 月 18 日 00:31:55)


リンクフリーさん、こんばんわ。
あらぬ方向に誘導してしまったようですね(笑)

宗教にあまり深入りしたくはないのですが、早見氏の論考で気になる部分があるのでレスします。

● 悪魔崇拝とグノーシス

早見氏は、「西洋社会の表の顔がキリスト教なら、裏の顔がグノーシス思想」という見方を基礎に、グノーシス思想が「悪を崇拝する思想」に連なるような見方を開示されていますが、そのような見方には強い違和感を抱きます。

まず、カソリック化される前のキリスト教は、大きな枠組みとしてグノーシス思想に位置づけられると考えているからです。
新約聖書はエッセネ派教義の言行録風脚色(剽窃)で、その教義を示したのは紀元前1世紀に生きた“義の教師”(洗礼者ヨハネ?)であり、イエス・キリストは流布されているようなかたちでは実在していなかったと思っています。

エッセネ派教義+旧約聖書(司祭の存在)+ミトラ教儀礼(パンと葡萄酒)という奇妙な接合体系で自己を正当化したのがカソリック聖職者機構だと見ています。

正統派キリスト教自体が、表の顔と裏の顔を持つ宗教形態だと受け止めています。

表の顔は、信仰者を奴隷化ないし道具化するための偽善的キリスト教で、裏の顔は、そのようなことを愛と真理の言葉を伴って平然と唱えられるという「悪を崇拝する思想」です。

古代ユダヤ教(サドカイ派)は、このような意味でカソリックに先行するものです。
神殿及び祭祀階級の消滅が、以降のユダヤ教(パリサイ派的)を方向付けました。
(古代ユダヤ教=旧約聖書は、“バビロン捕囚”から戻った支配層によって確立されたと考えています。紀元前4、5世紀のことですからそれほど古いわけではありません)

「悪を崇拝する思想」は、広くセム系諸部族に伝播したバビロニア起源のものに、カバラ・ピュタゴラス派・ヘルメス思想が補強していったものだと考えています。
(“正統派”キリスト教の裏にぺったり貼りついているのが「悪を崇拝する思想」です)

グノーシスについての早見氏の説明ですが、「グノーシス思想の基本理念は、絶対的な二元論」と、“絶対的”を付けるほどの二元論なのかという疑念を提起できます。

ゾロアスター教は絶対的な二元論といっても差し支えないと思っていますが、グノーシスは、重層論といったほうがふさわしいものです。

 「グノーシス思想では、善なる神が君臨する精神世界と、悪なる造物主・デミウルゴスが創造した物質世界の二つがあると考えます。つまり形あるものとないものの二つですね」というより、上位の創造主が支配する上層世界と下位の造物主が創造した下層世界があり、人間は上層世界の要素(光)を内に持ちながら、下層世界に落ちたために肉体という牢獄のなかにそれを押し込められているという世界観です。
(グノーシスでは、旧約聖書の創造主ヤハウエは、悪なる造物主デミウルゴスとされます。このため、グノーシス系キリスト教徒は、旧約聖書を聖典から除外するよう強く求めていました)

グノーシス(叡智)は、牢獄から解放されて上層世界(本来の居場所)に旅立つための術(知識)であり、それは、真の創造主と霊的なつながりを持つことで得られるというものです。

(早見氏のように、精神世界と物質世界をもって二元論とするならば、キリスト教も二元論になります)


グノーシス的世界観が、「この苦悩から脱け出すために、第一に禁欲に努めて精神を純化、浄化させようという方法や、逆に決まりや道徳など無視して、性の快楽を享受しようという方法」という外見的には両極端の動きにつながったことは確かです。
しかし、グノーシスにとって下層世界の決まりや道徳は、決まりや道徳ではなく悪の束縛ですから、それを無視することは浄化につながると考えることができます。また、性の快楽享受も、牢獄の役割を果たしている肉体レベルのことですから、とやかく悩むことはないという解釈も成り立ちます。

グノーシス的宗教運動は、マニ教・ポゴミール派・カタリ派と続き14世紀頃には表舞台から消えてゆきましたが、それが、「後世、現在に至るまで綿々と受け継がれてきた秘密結社やオカルトの流れ」になり、「悪を崇拝する思想が、現在まで続いている」わけではありません。
「表面的にはキリスト教が勝ち、グノーシス思想に代表される悪魔的な考え方は消えていきました。しかし、実は水面下に潜っただけであり、その戦争は今日まで2千年にわたって続いている」というのは、早見氏のはなはだしい誤解です。


早見氏自身が書いているグノーシス思想の説明から、グノーシスが「悪を崇拝する思想」という判断がでてくるはずもありません。
悪を憎み悪に囚われていることを嘆く考えが、「悪を崇拝する思想」や「グノーシス思想に代表される悪魔的な考え方」だという早見氏の思考を疑います。


● カソリックとプロテスタント


「イエス・キリスト以来のカトリックは、教義の建て前としては金儲けに否定的でした」と書かれているので、カソリックが実態として金儲けにいそしんだという理解はされていると受け止めます。

カソリック聖職者機構は、自分たちの利益をはかるために、信者の金儲けというより蓄財を抑制したのです。
(儲けてもいいけど、できるだけ寄進し、死ぬときに残ったお金は全部遺贈してくれというものです)

先ほど、「表の顔は信仰者を奴隷化ないし道具化する目に見えるキリスト教で、裏の顔は、そのようなことを愛を語りながら平然と行える「悪を崇拝する思想」」と書いたように、信者から巧妙に利益を吸い上げるシステムがカソリック聖職者機構です。
(古代ユダヤ教の祭祀階級(モーセ&アローン一族)も同じです)


早見氏の「そうなると、もうピンと来ると思いますが、金儲けをしようとする人々、財産を蓄えたいという人々にとって、カトリックの存在は大変目障りであり、事業拡大の障害以外の何ものでもありません。それなら、この際障害を取り除いてしまおうというのが、宗教改革のもうひとつの重要な側面だったのです」というのは、カルヴァン派や英国国教会について顕著に言えます。

金儲けに関するカソリック機構は、共産主義という宗教を信仰させることで、共産党官僚が権威・権力・経済を支配できるようになったのと実に似ています。
(共産主義をキリスト教、党官僚機構をローマ教皇庁組織だと考えてください)


プロテスタントは、聖職者組織を排除したことでキリスト教の裏の顔を素直に表に出し、裏表をなくしたと言えます。

カソリックは古代ユダヤ教に類似し、プロテスタントはタルムード・ユダヤ教(古代イスラエル崩壊後今日まで)に類似していると思っています。

 次へ  前へ

議論15掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。