★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 昼休み2 > 121.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
GLA高橋信次の著書と講演の内容:「肉体に戻ると震度3の地震が起こった」は虚偽
http://www.asyura2.com/0311/lunchbreak2/msg/121.html
投稿者 罰天使 日時 2003 年 12 月 01 日 18:13:52:.cqmwk1ePLJyg

GLA高橋信次の著書と講演の内容:「肉体に戻ると震度3の地震が起こった」は虚偽

 すでにこの阿修羅サイトの「空耳の丘」で一度検証したことですが、GLA批判サイト
の「骨抜童子」掲示板「第三停泊港」http://6536.teacup.com/kaminari226/bbsで、下記
の資料の虚偽を、さらにみごとにあばいた投稿がありましたのでご紹介します。
 まず、次の資料を読んでください。

*資料1:『心の発見・現証編』P108-111

"一九六八年十一月ニ四日、午前一時。
 私は、今までの人生の在り方について、思ったこと行ったことの一切を、八正道と
いう心の物差しではかり、誤っていた部分の原因を追及してみた。心の曇りをとり
除くことが大切だからである。(中略)
 このように反省をして、心の調和をはかって瞑想していると、身体がゆれはじめ、
胸のあたりが暖かくなり、何か盛り上がって、やがて"もう一人の私"が身体の前に
飛び出すのであった----。
 しばらく光に照らされているうちに、私はドームの中に入る。光の筒のような中
を、スピードを上げてゆく。身体は風を切り、私の耳をかすめてゆく。
 ドームから出ると新緑の大地である。それは言葉では表現することができないよう
な美しい光景であった。私の指導霊ワンツースリーが迎えにきた。(中略)
 そこには、現代と古代の人が入り乱れたような万国の人々が整然として並んでいた。
 私は指導霊の指示に従って、物質と生命という題で、一時間半ほど講演をした。
(中略)生まれて初めての講演であり、私はただ驚いていた。肉体から脱け出した
"もう一人の私"の講演が終るとともに、万雷の拍手を浴びたのである。
 私が肉体にもどるとともに、震度3ほどの地震があった。私は、われに返り、妻
を起こそうとすると、妻は「今、私はあなたの講演を聞いていました。うしろの方
で、各国の衣装をつけた人々が何万と芝生の上に腰を下ろしておりました」
と、私が眼にした情景と全く同じ情景を語り出したものであった。
 信じられないような事実が起こったのである。
 私の家に来ていたKグループの一人K・Iも、「私の守護霊マシェルが先生の
講演を聞いて感激をしておりました」といった。"


*資料2: 高橋信次講演「太陽系の天使達」(昭和1976年6月5日)より 

"今、皆さんがあげました「心行」を、ちょうど、私は、「昭和43年」の「11月」の
「22日」に完成致しました。そして、「23日」の夜、午前1時、今で申しますと、「
菩薩界」という所へ行きまして、初めて、「物質と生命」という講演をやりました。その
時の司会が、「モーセ」です。その前に、「ミカエル」が講演やりまして、約1時間半。
ですから、23日の午前2時30分は、ちょうど、地球上に、大きな地震、震度3の地震
がありました。それは、禅定のまま、私、行きましたものですから、側に寝ておった家内
が、「今、お父さんの講演を聞いておった。」ということでした。"


●上記資料の中に見られる「震度3の地震があった」という記述・講演が、果たして事実
であるのかどうか。それが今回のテーマです。すでに資料1と資料2の間でも、信次のい
っていることが食違っていて、いつものごとく虚偽の匂いがぷんぷんです。
 この「震度3の地震が地上に起こった」という信次の主張の真偽を、投稿者「169!」氏
が、詳しく検証した結果、先におこなったよりも、さらに厳格に「虚偽」と断定されたと
いうことです。
 それをこれから、引用ご紹介しましょう(第三停泊港で伏字にしていた人名・組織名は
実名で開いてあります)。
 題して★「天上界から戻るとともに起きたという地震などは無かった」

--------------------------------------------------------------------------------
★【天上界から戻るとともに起きたという地震などは無かった】

 GLA開祖である高橋信次は、自著『心の発見 現証篇』で、自分が天上界に
行き、そこで講演会(日時:1968年11月24日)をしたと述べている。
 そして、その講演会が終了してこの世の自分の肉体に戻ってきたとともに、
震度3の地震が起こったとも、同書で主張している。
 しかし、気象庁「過去の有感地震に関するデータベース」から、当該地震の有無
を検索してみると、そのような地震は存在していなかったことが明らかになった。
 このことから、高橋信次は、事実に反する虚偽の記載をしていたと判断できる。

《参考資料》

1)『阿修羅』サイト 掲示板
   「GLA高高橋信次(TL人間学・高橋佳子の父)の幽体離脱・天上界行き
    エピソードはウソ」
    http://www.asyura2.com/0311/bd31/msg/285.html
2)  同 サイト 掲示板
   「やはり東京都では1968年11/24深夜に「震度3」の地震は存在せず。」
    http://www.asyura2.com/0311/bd31/msg/337.html
3)『心の発見 現証編』高橋信次 著 (1973 三宝出版)
   第3章 悪霊  
    > 過去世の姿――転生輪廻の人々(p106-113)
4)『正法』サイト http://www.shoho.com/
  (園頭広周氏[高橋信次の高弟。故人]の支持者が作成したサイト)
    >阪神大震災はナゼ起こったか
    http://www.shoho.com/newpage22.htm
5)  同 サイト 
    >高橋信次師の最後の講演  
     >六月五日 演題「太陽系の天使達」  
      http://www.shoho.com/newpage17.htm

6)『気象庁』サイト
   http://www.jma.go.jp/JMA_HP/jma/index.html
    >震度データベース検索
    http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/shindo_db/shindo_index.html

『正法』サイト > 阪神大震災はナゼ起こったか
http://www.shoho.com/newpage22.htm
より、高橋信次の昭和48(1973)年7月、八起ビルでの講師・幹部講習会での
発言を、以下に一部引用する。

>また、昭和四十八年七月、八起ビルでの講師・幹部講習会にて高橋師は次の
>ように話している。
 
>ですから、この地球も生きているのです。私がなぜこのことを自信を持つていえる
>かというと、昭和四十三年十一月二十四日午前一時、あの世で講演しました。
>金剛界で一時間半講演した時に、ワン・ツー・スリー即ちモーゼが、「お前、ここを
>ポンと押せば地震が起こるんだよ。お前が地上界へ帰った瞬間に、震度3の地震を
>起こすから心配するなよ」といわれたのです。そうして、私の意識が肉体に帰ったの
>が丁度一時間半、その時間に震度3の地震がありました。震源地は利根川の下流。
>まさかワン・ツー・スリー、モーゼが起こしたといったら、あいつ、気違いではないか、
>といわれると思うのですが、それでもよいのです。ぼくはそういうことを知っているん
>ですから。
------以上引用--------

上記引用の要旨

「昭和43年11月24日午前1時、あの世で一時間半の講演した。その時に、
 モーゼに、お前が地上界へ帰った瞬間に震度3の地震を起こすといわれた。
 地上界に戻った時に、実際震度3の地震が起きた。震源地は利根川の下流だ」


『正法』サイト >高橋信次師の最後の講演  >六月五日 演題「太陽系の天使達」  
http://www.shoho.com/newpage17.htm より一部引用。

> 「お早ようございます。今、皆様に差し上げました〃心行〃は昭和四十三年
>十一月二十二日に完成いたしました。そして二十三日の夜、午前一時、
>天上界で初めて〃物質と生命〃という講演をやりました。その時の司会が
>モーゼです。その前にミカエルが講演をやりまして、約一時間半、二十三日午前
>二時三十分はこの地球上に震度三の地震がありました。私は禅定のまま天上界
>にいったものですから、そばに寝ていた家内が、「今、お父さんの講演を聞いて
>いました。」ということでした。
------以上引用--------


註1:「二十三日の夜、午前一時」
・・・正確には、23日の夜が更けて、翌24日午前1時であることが、先に挙げた、
3年前の「昭和四十八年七月、八起ビルでの講師・幹部講習会」や、「心の発見
 現証篇」(1973)からも分かる。

註2 :「その前にミカエルが講演」
・・・「心の発見 現証篇」には、高橋信次が到着した天上界の光景が詳かく
述べられている。天上界は「新緑の大地」(同書)であり、鳥や草花にも迎えられた
とある。さらに、野外の広場の様子や、何万人といる聴講者がどのような服装をして
いたか、「聞き入っている人々の胸には日本語が自国語に変わる装置」(同書)が
つけられていることまでこと細かに記述されている。
 ただし、ミカエルの講演もあったことについてだけは何の記述も無い。非常に不自然
である。
 なお、高橋信次が講演会を始めたのが午前1時ということであり、その講演会が
一時間半ほどのものであり、「午前二時三十分」にこの世に戻ってきたところから
すると、ミカエルは、わずか数分程度の「講演」をしたこととなる。


『気象庁』サイト 震度データベース検索
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/shindo_db/shindo_index.html
を用いての検証報告

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

@)昭和43年(1968年)11月後半(11/16-11/30)に、震度3の地震は、

>全国いずれかの地点での有感地震検索(震度 ≧ 1)
>(検索期間 1968/11/16 00:00 - 1968/12/01 24:00)

 >No.7 1968年11月19日02:17:16.7 36゜20.0'N 140゜39.0'E 50km M:4.6 鹿島灘  
 >No.18 1968年11月25日06:20:58.2 40゜16.0'N 142゜34.0'E 50km M:6.0 岩手県沖  
 >No.24 1968年11月27日10:06:0.0 28゜23.0'N 129゜30.0'E 0km M:0.0 詳細不明 
 >No.28 1968年11月28日16:00:5.3 40゜6.0'N 142゜34.0'E 20km M:5.3 岩手県沖  

というように、全国において4件しか起こっていない。

いずれも、「利根川の下流」を震源地とした地震などでは全くない。
震度3という、それなりの警戒をもって注視されたであろう中規模の地震が、管轄省庁で
ある気象庁の資料に全く無かったということである。

註 :「129゜30.0'E 」は、九州地方の経度。

A)また、問題となっている肝心の11月24日に起こった地震であるが

 >No.17 1968年11月24日01:08:0.0 32゜44.0'N 130゜16.0'E 0km M:0.0 詳細不明 
 >長崎県 1 小浜町雲仙

と11月24日にはこの一件しか存在していない。この日に起きた地震というのは全国でも
ただこれ一件のみである。

 震源地は、利根川を遠く離れた長崎県であり、しかも震度は1にとどまっている。

 同日は、これといった大きな地震もない平穏な一日であったということがわかる。

*-*-*-*-*-*-*-*

結論:

1968年の11月後半(11/16-11/30)に震度3の地震は4件あったが、
いずれも、震源地は「利根川下流」などではない。

しかも、問題の11月24日には、そもそも震度3の地震など、
全国のどこにも起こらなかった。

よって、高橋信次の記述は、資料によって虚偽であると判明した。

------------
以上、【天上界から戻るとともに起きたという地震などは無かった】

--------------------------------------------------------------------------------
 この投稿の転載を快諾して下さった169!さんに謝意を表します。


<関連掲示板>
GLA・高橋佳子(TL人間学)の『真創世記・天上編』のウソと矛盾
http://www.asyura2.com/0311/lunchbreak1/msg/290.html
GLA高橋佳子(TL人間学)『真創世記』黙示編の虚偽と矛盾(1)
http://www.asyura2.com/0311/lunchbreak2/msg/113.html

<宗教法人GLA(高橋信次・高橋佳子)関連情報サイト・掲示板一覧1>(15年6/13版)
http://www.asyura.com/0306/bd27/msg/358.html
http://www16.tok2.com/home/asyura/0306/bd27/msg/358.html
<宗教法人GLA(高橋信次・高橋佳子)関連情報サイト・掲示板一覧2>(15年7/1版)
http://www.asyura.com/0306/bd27/msg/530.html
http://www16.tok2.com/home/asyura/0306/bd27/msg/530.html
<宗教法人GLA(高橋信次・高橋佳子)関連情報サイト・掲示板一覧3>(15年8/24版)
http://www.asyura.com/0306/bd28/msg/542.html
http://www16.tok2.com/home/asyura/0306/bd28/msg/542.html
<宗教法人GLA(高橋信次・高橋佳子)関連情報サイト・掲示板一覧4>(15年10/20版)
http://www.asyura2.com/0311/bd31/msg/319.html

 次へ  前へ

昼休み2掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。