★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件11 > 420.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
筋弛緩剤事件で最終弁論「事件は存在しない」と弁護団(読売新聞)
http://www.asyura2.com/0401/nihon11/msg/420.html
投稿者 シジミ 日時 2004 年 2 月 09 日 18:00:32:eWn45SEFYZ1R.
 

(回答先: 筋弛緩剤事件:弁護側、改めて無罪主張 仙台地裁最終弁論 [毎日新聞]【冤罪というより病院側免罪のでっち上げの可能性大】 投稿者 あっしら 日時 2004 年 2 月 09 日 15:58:34)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040209-00000402-yom-soci

患者の点滴などに筋弛緩(しかん)剤を混入したとして、計5件の殺人と同未遂罪に問われている仙台市泉区の北陵クリニック(2002年4月に廃院)元職員で准看護師守大助被告(32)の最終弁論が9日午前、仙台地裁で始まった。

 弁護団は「事件そのものが存在せず、被告人が犯人であるはずがない」などと、改めて無罪を主張。三百数十ページにおよぶ弁論を用意し、10日午後までの2日間にわたり、昨年11月に無期懲役を求刑した検察側の論告に対し、詳細に反論していく。最後に守被告が意見陳述し、2年7か月に及んだ公判が結審する。

 弁護団は今回の事件を、一貫して「作り上げられた事件」と主張。この日の弁論では、元クリニック副院長らの捜査依頼をきっかけに、守被告への疑いを深めていった宮城県警の一連の捜査に対する批判から陳述を始めた。

 弁護団はまず、「十分な裏付け捜査もなしに副院長らの申し立てを真実と思い込んで被告を誤認逮捕。その結果、5件の事件が次々とでっち上げられた」と強調。弁論では、<1>起訴された5件は病変などであって、いずれも「事件性」がない<2>被告に「犯人性」が認められない――ことを、「捜査経過の検証を通して明らかにしていく」としている。

 守被告は2000年2―11月にかけ、患者の点滴などに筋弛緩剤を混入したとして、1件の殺人と4件の殺人未遂罪で起訴されたが、公判では一貫して無罪を主張。検察側は論告で「信頼を寄せる患者の命をもてあそんだ」などと断罪した。

 この日午前9時半すぎ、仙台地裁101号法廷に姿を見せた守被告は、紺色のブレザーに白いシャツ、グレーのズボン姿。落ち着いた様子で、弁護団が弁論を読み始めると、手元に広げたコピーに目を通しながら聴き入った。(読売新聞)
[2月9日14時8分更新]

 次へ  前へ

日本の事件11掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。