★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ57 > 677.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
事實は小説より奇也 時空を超え、歴史を改竄せんとする勢力有り
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/677.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 1 月 10 日 19:24:45: xsXux3woMgsl6
 

 
 
 
 
モントーク1


 
 
 
 
モントーク2


 
 
 
 
Timeline Trailer #1


 
 
 
 
Howard The Duck (1986) Pt. 9


 
 
 
 
Howard The Duck (1986) Pt. 10 End


 
 
 
 
専門家「???…」、遺跡から「スイス製腕時計」出土―広西 2008/12/15(月) 10:21:30 [サーチナ]
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1215&f=national_1215_003.shtml
 
 
専門家「???…」、遺跡から「スイス製腕時計」出土―広西
【社会ニュース】 V 2008/12/15(月) 10:21

  14日付新文化報によると、広西チワン族自治区防城港市の上思県で11日、明代(1368−1644年)から清代(1644−1912年)に作られたとみられる墓を発掘していたところ、「スイス製」と刻まれた腕時計の模造品が見つかった。
 
 


 
 
広西チワン族自治区防城港市の上思県で11日、     

明代(1368−1644年)から清代(1644−1912年)

に作られたとみられる墓を発掘していたところ、      

「スイス製」と刻まれた腕時計の模造品が見つかった。   

 
 
  同遺跡からは10月下旬、石灰石、砂、米などを練り合わせて作った「三合土」製の大型棺が出土し、広西チワン族自治区では初めての例として注目された。

  「腕時計」が見つかったのは棺室内。棺とは別に、約5キログラムの「三合土」があり、その底部の土を取り除く作業を進めていたところ、泥まみれの状態で見つかった。形状や大きさから、腕時計を模した指輪とみられている。

  腕時計は外部が銅製で、針は10時6分を示している。泥をぬぐうと「スイス製」の文字が浮き出た。

  専門家によると、副葬品と考えるにしても、現地には金属でミニチュア品を作る習慣はない。なにより不思議なのは時代が合わないことで、世界で初めて腕時計が作られたのは1904年で、(1918年説もある)スイス製腕時計が中国に伝わったのは、数十年前とされている。

  墓の年代とは明らかなへだたりがあり、現在のところ、なぜ「腕時計」があったのかは、理解に苦しむ謎という。

  「遺跡から“腕時計”」のニュースは各メディアが注目し、ウェブサイトにも次々に掲載されている。写真は古美術や文化財の専門サイト、中国文物網が掲載した同記事。(編集担当:如月隼人)
 
 
 
 
「謎の腕時計」出土の明代墓、状態良好な被葬者調査−中国 2009/06/10(水) 18:08:23 [サーチナ]
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0610&f=national_0610_037.shtml
 
 
「謎の腕時計」出土の明代墓、状態良好な被葬者調査−中国
【社会ニュース】 Y! 2009/06/10(水) 18:08

 10日付中国新聞社電によると、広西チワン族自治区防城港市の上思県、十万大山の山腹で2008年10月に発見された石灰石、砂、米などを練り合わせて作った「三合土」製の大型棺と内部の木棺が10日までに中国全土から集まった専門家立会いのもとで開棺された。
 
 


 
 
広西チワン族自治区防城港市の上思県、十万大山の山腹で       

2008年10月に発見された石灰石、砂、米などを練り合わせて作った

「三合土」製の大型棺と内部の木棺が                      

10日までに中国全土から集まった専門家立会いのもとで開棺された。

 
 
  大型棺は9日、木棺は10日午前に開棺された。木棺の底部には、北斗七星の図案があった。中国に伝わる道教では、北斗七星を神格化した北斗星君は死を司る神とされている。

  被葬者の状態は良好で、現代医学の手法を応用した検査を行なうという。

  同棺が納められていた墓室からは、腕時計を模した工芸品が見つかった。外部は銅製で針は10時6分を示し、裏側には「スイス製」との文字があった。墓は明代(1368−1644年)または清代(1644−1912年)のものとされている。スイス製腕時計が中国に伝わった年代とは明らかな隔たりがあり、専門家も「理解に苦しむ」と述べた。(編集担当:如月隼人)
 
 
 
 
モントークプロジェクト
http://asyura.com/sora/bd5/msg/262.html
投稿者 ライチュウ 日時 2000 年 1 月 24 日 20:52:00:


原爆開発の「マンハッタン計画」にも参加したフォン・ノイマン博士が中心となって行われ、映画の題材にもなった、1943年のレーダー不可視実験、通称「フィラデルフィア実験」(「レインボー・プロジェクト」)において、偶然にもテレポート現象が発見された。
これについての研究は、その後もモントーク空軍基地において極秘に継続され、数々の成果を上げた。これが「モントーク・プロジェクト」である。

 この「モントーク・プロジェクト」に関わっていたという人物がプレストン・ニコルズであり、ブロックされていた記憶は呼び戻され、プロジェクトの全貌が明らかとなった。

 「モントーク・プロジェクト」も、フォン・ノイマン博士を中心として行われ、その成果には、マインドコントロール、思考の物質化、年齢遡行、魂の移植、そしてタイムワープがある。
このシステムは、オリオン・デルタ・T・アンテナなど、異星人から供与された技術と、ダンカン・キャメロンという霊能者(超能力者)の力によって動作するもので、簡単に言うと、霊能者の思念が周りのアンテナ、送信機、コイルなどにより現実化するという構造で、最終的にはタイムトンネルを開くことにも成功したという。

 タイムトンネルには、ダンカン・キャメロンや後述するアル・ビーレックの他、金髪碧眼の典型的なアーリア人の特徴をもつ、10歳から16歳ぐらいの少年、通称「モントーク・ボーイ」(グレイがアブダクトにより集めてくるともいわれる)が送り込まれ、火星の探査、歴史への干渉などが行われた。キリストの暗殺を謀ってタイムトンネルが開かれたり、紀元6037年にトンネルを開き、廃虚と化した都市(実は火星)にある「黄金の馬の像」に刻まれた碑文の解明に努力を費やしたりしたということである。

また、火星のピラミッドの地下には広大な都市があり、そこには太陽系外からのエネルギー体の侵入を排除する「太陽系ディフェンスシステム」があって、太陽系への異星人の侵入を阻んでいたが、どういう訳かこのシステムのスイッチは1943年に切られたそうである。そのせいで、それ以降、地球への異星人の飛来が増大したという。

実は、このスイッチを切ったのはモントークプロジェクトの首脳であり、1943年の火星にタイムワープし、システムの動作を止めたということである。
そして、その指示をしたのはオリオン星人もしくはシリウス星人だという主張もあるという。

1943年のフィラデルフィア実験にある二人の人間が参加していた。ダンカンキャメロンとエドワードキャメロンという兄弟である。

フィラデルフィア実験の最中、機器が停止しなくなり、異状自体に陥った。キャメロン兄弟は、実験船エルドリッジ号の甲板から海に飛び出したが、その先は、1983年のモントーク基地であったという。

そこには年老いたフォン・ノイマン博士が待ち構えており、もう一度1943年に戻り、エルドリッジ号の機械の破壊をするよう命じられたという。

その後、エドワード・キャメロンは1943年に戻り、ダンカン・キャメロンは1983年の世界に留まった。しかしながら、これにより時間軸の消失したダンカンは、加齢速度が加速してしまい、急速に歳を取ってしまった。

プロジェクトグループは1947年時点のダンカンの父親にコンタクトを取って子供を作らせ、1951年に男の子が誕生、既に死んでしまっているダンカンを1963年に戻し彼の魂をその男の子に移植し、新ダンカンとして現在にいたっている。

エドワードのほうは1943年以後も海軍に在籍し、数々の極秘実験に参加したが、「減齢(年齢遡行)実験」により、1927年にアル・ビーレックとして生まれ変わり、現在にいたっているという。

ダンカンもアルビーレックもプロジェクトに参加し、火星に行っており、このプロジェクトの全貌を明らかにしたプレストン・ニコルズの知人でもある。

また、無線機マニアでもあるニコルズが「FRR24型無線機」を譲ってもらおうと、ラインハルト博士という人物にコンタクトをとったが、何とラインハルト博士は、「魂の移植」が行われたフォン・ノイマン博士だったとのことである。

「FRR24型無線機」は「フィラデルフィア実験」と「モントークプロジェクト」の双方で使用されたもので、世界に3台しか存在しないはずであるが、ニコルズの手許には現在4台あるという。これは、フォンノイマン博士が1990年から1930年の自分に向けて無線機を送り込んでいたためであり、無線技術が1930年くらいに飛躍的に進歩するのもこのためだということである。

モントークプロジェクトは1983年に終焉している。1983年のモントーク基地と1943年のエルドリッジ号との間にタイムトンネルがつながってしまい、(キャメロン兄弟が海に飛び込んだら1983年だったという話。) モントークの送信機とエルドリッジ号の送信機が同調してしまった。さらにそんな最中、ダンカンの思考が怪物を産み出してしまい、基地内を歩き回っている。

技術者たちはシステムを止めようとしたが、止まらず、送信機につながる電線を全て断ち切るしかなかった。

この事件以来、基地内の機器は全て狂ってしまい、その後基地は閉鎖されることになった。(基地は表向きには1969年に閉鎖されたことになっている。)

ところで、モントークプロジェクトは近年(1992年時点)再開の兆しを見せているという。

この実験に関わっていたというプレストン・ニコルズによれば、新しいケーブルが引き込まれていたり、近隣で電波障害が起こったりしているという事である。

さらに、数年前の矢追純一のUFO特番でもモントーク基地を取材していたが、やはり、廃虚のはずの基地内の小屋に電灯が点いていたり、新しいケーブルが引き込まれていたり、何気なく警備が厳重だったり、基地内の黒板に最近の日付で何かが書かれていたりしていた。(この特番では、「基地内のガラスにグレイタイプの異星人の姿が写っていた!」ということもやっていたが。)
 
 
 
 
時の回廊の守り手= 「オスロの怪光=セルン実験」?
http://www.asyura2.com/09/eg02/msg/182.html
投稿者 Orion星人 日時 2009 年 12 月 16 日 23:47:00: ccPhv3kJVUPSc


http://www.y-asakawa.com/message2009-1/09-message73.htm

Britain's Daily Mail News Serviceが目撃者達の証言として伝えるところでは、青い光は北部のある山の後ろから上昇したように見えた。その光は空中で止まり、輪になって動き始め て数秒以内に巨大な渦巻き状となって空を覆った。またそれは、「飛び回る火球」のようであったという。

また、ノールウエーのハマーフェストのバスの運転手のカトリーヌブロッケ氏は、「それは、満月ぐらいの大きさで、爆発したかのようにどんどん大きくなりました。私は今までにそんなものは見たことがありません」と述べている。

セルン(CERN)と結びついた怪光現象

前回のノールウエー上空の怪光の映像には皆さん相当驚かれたようである。

私はHPに怪光現象を掲載した後、名古屋と大阪の講演会に出かけたため、その後の情報を知ることが出来なかったが、帰って来てからブログを覗いてみると、どうやら今回の 奇妙な現象には、スイスにあるセルン(CERN)の「大型ハドロン加速器」(Large Hadron Collider通称『LHC』)が関係していたようである。(参考ブログ d2009-12-13)

12月8日の夕方に セルンの実験場で陽子の衝突によって、人類が今までに作り出した最高の高エネルギーの量子が量子的にノールウエーのランフヨルドンにあるRamfjordmoen地球物理学天文台実験センターに転送され、そこからMFレーダーアンテナを使って上空に照射され結果、あのような渦巻き状の発光現象が生じたというわけである。

真偽のほどは分からないが、写真に写り出された渦巻き状の輪の中心に向かっている青色の螺旋状の光の姿を見るかぎり、少なくとも流布されているロシアのミサイル発射失敗説などで なさそうである。

前回、HPに掲載した写真を見ると、あまりに鮮明に撮影されていて驚かされたが、夜間の撮影であることを考えると、三脚を使用していることは確かである。となると、事前にこうした現象が発生することを知らされていた人間がいて、撮影したのではないかと思いたくなってくる。となると、ますますミサイル発射失敗説の確率は低くなってくる。
 
時の回廊の守り手

実は、一昨日ある女性(A)にお会いした際に、「オスロの怪光=セルン実験」説を裏づけるびっくりするようなを聞かされることとなった。 その話とは概略以下のようなものであった。

その女性は睡眠中の12月8日の深夜、つまりオスロで怪光が発生した時刻と思われる時間帯に 、突然、首から頭部にかけて強烈な衝撃を受けて激痛に襲われ失神寸前の状態になった。 寝違えによる首の痛みなどといった程度のものではなく、それはしばらく息をするのさえ困難な状況であった。

朝になり、幾らか痛みはひいたものの、鏡を見ると顔が変色している上に異様に膨らんでおり、それはひどい状態であった。さっそく整形外科に行って診察してもらったが原因も治療法も分からず帰宅。現代医学では無理と感じて、翌日、整体治療師に見てもら うことにした。

その治療師は透視能力を持っておられる女性であったようで、彼女の顔を見たとたん、「あなた、一体何をしたの?」、「 何か凄い勢いで向かってくる光の束のようなものを、体を張って止めている様子が見えるわよ! 」、「 それは、強烈な衝撃波のようなものに見えるわ!」と、話したというのだ。

言われた女性には、そうした記憶が残っていないので全くなんのことか分からずにいたが、そういわれてみると、睡眠中に突然何か強烈な力による衝撃を受けて、頸椎 (けいつい)がよじ曲げられるような感覚に襲われ、その直後に尋常ならざる痛みに襲われた場面が思い出された。

実は、その女性(A)は数年前にある超能力者に会った際に、あなたは「次元の交差点の守り手」、「時の回廊の守り手」だと言われたことがあったようである。彼女はその意味がよく分からないまま今日に至っていた が、ある友人から今回の怪光現象が「次元の扉」を開くことに関係していると言われていることや、激痛発生がオセロの怪光発生と同じ時刻であ ったことを聞かされ、 治療師の見たことは何かそれと関係があるのではないかと、思い至ったようである。

私は彼女の言う「次元の交差点の守り手」という話をお聞きしたとたん、マウリツィオ・カヴァーロ氏が語った、セルン(CERN)は「次元の扉」を開けるための実験で、非常に危険であるという言葉が、脳裏をよぎった。

オスロの怪光がセルンと関係するものであるかどうか、カヴァーロ氏からまだ確認を取っていないので、確かなことは分からないが、超能力を持った治療師が伝えたように、彼女は「 時の回廊の守り手」としての役割を担っており、今回、スイスとノールウエーで行なわれた実験がまさに 「次元の扉」をこじ開ける実験であったために、その強烈な量子エネルギーの衝撃波を身をもって防いだのかもしれない。

もしも、私の推測が正しければ、「次元の交差点の守り手」としての大切な役割を持った人間が世界中に何人か配置されていて、同日、同時刻に 、彼女と同じようにその役割を果たしたのではなかろうか。だからこそ、今回我々は3次元世界で、特段大きな異変に遭遇せずに済んだの かもしれない。
 
陽子が流れるセルンの巨大トンネル
   
今科学者が取り組んでいる「大型ハドロン衝突加速器」を使った実験は、実は原子の開放以上に危険な行為で、 参加している科学者も実験が引き起こす最終的な結果については、十分に熟知していないのではないだろうか。

だとすると、カヴァーロ氏が伝えているように、実験の真の狙いが「次元の扉」を開くことにあるようなら、一歩間違ったら地球と人類にとって取り返しがつかな い大変な事態が発生する可能性が大である。

原子力開発に取り組んだ学者達が、その後の原爆や水爆実験を見て、おのれの研究開発がもたす悲惨な状況に対する恐れから、原水爆実験の反対に向かっ て動き出したように、今、スイスの地下実験場で陽子の衝突実験に取り組んでいる研究たちも、もしもこのまま研究が続けられるようなら、同じ思いにかられることになるのではなかろうか。

しかしその時ではもう遅いのだ! それは、火の消し方が分からない子供がマッチを振り回しているようなものであるからだ。それも宇宙の一角を燃やすほどの危険性のある火をである。

あるメールが伝えるもの

実は、講演会に来られているある女性から、昨日、私の不安を裏づけるようなメールが届いた。
 
HPでオスロの怪光拝見しました。
光を見た瞬間、全身がふるえ涙があふれてきました。
カヴァーロ氏の故郷の絵を見て落ち着かせようとしてますが、今もふるえは止まりません。
恐怖しかありません。
どうぞこの感覚が私の錯覚であるように祈っております。
具体的には分かりませんが世界は大変なことになると大きな恐怖が襲ってます。

光からは温かさも感じず、ただ冷気のみです。
手には冷気が残存してます。
このような感覚は初めてです。
この感覚は思い過ごし小娘の独りよがりと、笑って読まれていることを祈るばかりです。
 
このメールを読んだとき、私はノールウエーの上空に発生した怪光現象が決して聖なる力によって引き起こされたものでないことを実感するところとなった。このメールを送ってこられた女性は、私の講演会に参加されて、マウリツィオ・カヴァーロ氏の描いた二枚の絵を見られて、涙を流して感動された方で、清らかな心を持たれた女性である。

それだけに、彼女が怪光の写真に「冷気」を感じられたということは、正に、怪光の中に「陰の力」「ネガティブなエネルギー」を感じられたからに相違ない。 もしも、ノールウエーの怪光がセルンの実験に関係しているとしたら、彼女は、そうした実験が人類にとってマイナスの結果を産むものであること感じ取られたものと思われる。

宇宙からやって来ている高位の存在たちは、人類のなす事に口を挟んだり、手を出すことは出来ない。人間の自由意志を尊重しなければならないからである。しかし、その先にあるものが地球のみならず宇宙全体にとって大きなマイナスを及ぼす ものであるならば、手をこまねいて見逃してはおれないのではなかろうか。

だからこそ、昨年の第1回目の実験は彼らの手によって失敗に終わらせたのだと、カヴァーロ氏は述べていたわけである。 しかし、その失敗の意味に気づかなかった研究者たちは、実験を続けることになり、今回のような結果を産んだということではなかろうか。

そう考えると、これから先の実験にはな何らかの形で彼らの力が加えられる可能性は大である。また是非そうあって欲しいものである。

さらに一言つけ加えるなら、今回のノールウエーの怪光について、マシュー君のメッセージがあるブログに掲載されていたので読んでみたが、あたかもあの光は聖なる力であるが如く書かれていた。もしも、それが本当 にマシュー君からのメッセージであるとすると、私は以後彼の言は信じ ないことにしたいと思っている。私は彼のメッセージより二人の女性からのメッセージの方に真実性を感じるからである。

渦巻状の光のディスプレイの中心に向かっている青色に輝くビームはプラズマエネルギー。

どう見ても、ロシアのミサイル実験とは関わりのないことは明らかだ。

★ 前回のHPの題名を「オスロ上空の怪光」と書いたが、掲載した写真はオスロ上空でのものでは
   ないようなので、「ノールウエー上空の怪光」と修正しておきました。
 
 
 
 
「ノルウェー上空に謎の螺旋」はミサイルの失敗? (更新) | WIRED VISION
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/606.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2009 年 12 月 10 日 23:36:04: xsXux3woMgsl6

イルミナティーによる過去に繋がる神々の存在した時空消滅の攻撃/螺旋光は四次元以上
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/616.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2009 年 12 月 13 日 08:10:16: 8EItFG7yGzQIA

聖書の神は未来に行ったナチス超人アーリア人?−−911前後に現場周辺に現れていたUFOとナチス製UFOの奇妙な類似
http://www.asyura2.com/07/bd48/msg/608.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2007 年 4 月 27 日 21:52:58: 8EItFG7yGzQIA

未来のテクノロジーの秘密を握る黄金の台座とナチスの超人思想
http://www.asyura2.com/07/bd48/msg/578.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2007 年 4 月 25 日 22:13:44: 8EItFG7yGzQIA

誰かさんのように禄でもない朝鮮カルト・暴力団が多いせいで遂に任務に失敗、人類を食料とするオリオン系の勝利ですね
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/633.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2009 年 12 月 20 日 17:25:40: 8EItFG7yGzQIA

1999年7の月ハルマゲドン≠ニいうのがー。三次元の世界では、たいしたことがなかったんですが、霊界ではあったんです。
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/650.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2009 年 12 月 27 日 01:59:04: xsXux3woMgsl6

表と裏はひとつの者 ケリを附ける事を宿命づけられてゐるb國日本
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/643.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2009 年 12 月 24 日 22:55:43: xsXux3woMgsl6
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. そこちょっとつんつく 2010年1月11日 17:54:16: 8EItFG7yGzQIA
 あ〜もう...これアップされると自分的にはヤバイかもです...と申しますのは最近謎の組織っぽいのからン百万円払い込んで上げるからというメールが頻繁に来まして、こういうのはこうして優しくして貰ってるうちに手を打たないとと、最後に杜撰な書き込みを適当に行ってとんでもキャラ化を試みて阿修羅を卒業したところでした。
 人間の顔写真を多数持ったイスラエル兵が
死んだ人間と生きている人間とを見比べて両方連れて行くのは人口削減予定の生きている人間の方の臓器を価値があり死んだ人間の体を修復する為に使ってその治った体に死んでしまった魂を移植したり、コロラド州辺りに頻繁に発着するUFOに搭乗するエイリアンを造り出すのにも人口削減予定の生きている人間の臓器は利用されるようです。
 英国の地下では人間を造ってそこに魂を移植するというような事をやっているとの告発もあり、これをやられた人は知らないうちに体に赤いぶつぶつができている事があるそうで、日本でも既にT山椿○氏など、統一協会・創価学会・幸福の科学(要するに後藤組?)や似非右翼にブラックジャーナリストそして極東会(〜住吉会?)らの腐敗警察上層に野放しにされるオウム真理教残党北朝鮮工作員勢力によって同様の事が起きているようです。まだ成功はしていないようですが。
金正日の後継者問題が一時騒がれていましたが新聞に掲載された当該後継者の留学先での写真には確りと悪魔崇拝の例の指サインを出して写っているのが確認できました、北朝鮮の背後にもイルミナティーでしょう。 
連れ去った人間の臓器についての売買以外の重大秘密利用と英国地下他での人間製造および魂の移植については余りにもとんでもですので永遠に取り上げる事も無いと思ってましたが今回ご投稿を拝見して書いてみる気になりました。

02. そこちょっとつんつく 2010年1月11日 21:06:27: 8EItFG7yGzQIA
歴史の改竄をする必要性のあったのは誰か?
人類の偉大なルーツを自分達白人系に変えたいアシュケナジーユダヤならば、ただ人類のルーツの太古火星へと金髪碧眼を大量に送り込みさえすれば良かった。
しかし、金髪碧眼を大量に太古火星文明に送り込んだだけでなく、太古火星文明が設置していた太陽系ディフェンスシステムのスイッチをこの太陽系に侵入する為に切らなければならないという事は?......
ここにグレイが協力活動していて、何らかの目的で金髪碧眼を大量に太古火星文明に送り込まなければならなかった黒幕存在が浮かび上がって来るのです。
彼らは地球に入植(引っ越し)したかったが重力等の理由で地球人類とのハイブリッドを試みてすらそれが叶わなかった......そこで、太古火星文明が何らかの理由で地球に移住する際に遺伝子操作をした時点のそれ以前の人種を改竄する為に、カモフラージュとシンクロニシティーを招き改竄された歴史のシナリオを活性化する為に、自身等と同じ金髪碧眼の地球人類を大量に太古火星文明に送り込みその中に本当の自身等の種族を混ぜて送り込んだのではないでしょうか。
もはや闇の権力の真の黒幕はユダヤなどではなくユダヤ陰謀論者の中にはこの恐るべき事態から目を逸らさせる為のプロパガンダもある事が分かります。
映画『トータルリコール』でもありましたね。「太古火星文明の(太陽系ディフェンス)テクノロジーを復活させよ」というメッセージが。
魂の移植テクノロジーはオウム信者等の生きている日本人を北朝鮮工作員の魂とすり替えて行く事もできるし生きている地球人をインベーダーの魂とすり替える事も、また未来や過去そして遠い星や異次元の魂を生きている人間の中に入れる事も可能なようです。


03. 卍と十と六芒星 2010年1月11日 22:37:10: xsXux3woMgsl6

此の投稿を私がしたと云ふ事は、
此の問題を表に出しなさいと云ふ事のやうな氣がします。
つんつくさんは大變かも知れませんが、さう云ふ事かと。
私も此の問題の眞の中樞が猶太とは迚も思へません。
然し、其れにしても此の内容を現實に起きてゐる問題として、
消化出來る人が一體何人ゐるんでせうかね。
其處が問題かと。

「トータル・リコール」
紹介していただき有り難う御坐います。
改めて試て見ます。

餘談ですが、
今度の一月三十日の滿月は、
ブルー・ムーンであり、
そして太陽と地球と月と火星が一直線に成りますね。
而も土曜日、サターンですね。
氣に成ります。

(卍十*)


04. そこちょっとつんつく 2010年1月12日 18:15:40: 8EItFG7yGzQIA
先生...もしかしてご性格ちょっと意地悪??
ご引用して頂いたリンク先の拙投稿をした折りには、問題意識の鋭い阿修羅読者の皆様に何とかこのモントーク実験周辺の歴史改竄者云々の問題の存在に気付いて頂けないものかとうまい婉曲的な投稿に苦慮した覚えがあります。
まあ誰かが1度でもこの金髪碧眼の外宇宙からの侵入者の母星を、この侵略者が生まれる前の過去に破壊でもすればそれでこの金髪碧眼インベーダーについての問題は排除できてあとはやっぱりその空いた席を同様にユダヤとグレイの同盟がやっている歴史になって行くのかそれとも、更にその金髪碧眼インベーダーの母星破壊について逆にまた歴史改竄をし返して来られるにしても良い方向への歴史のシナリオが開け活性化するには違いない事でしょう。
金髪碧眼インベーダーもグレイも自分達では地球に同化する遺伝子操作は行えずにわざわざ過去に自分達の遺伝子を送り込んでわれわれ日本人を始めとするアジア人種の祖先であるシュメール−太古火星文明人に操作して貰う手続きを経なければならなかった訳ですし人間のホルモンや血液を必要としてそれを我々のようには科学的に何とかできずにいちいちアブダクションするくらいです、また間抜けな事にあちこちでこうした情報も洩れてしまうへまをやるような不完全な情報統合性ですから、彼らを信奉し彼らの為にせっせと新技術を開発するイルミナティーの方がむしろ手強くて金髪碧眼インベダーやグレイは余り大した事はなく我々に本気で戦う気があるなら決して勝てない相手ではないでしょうけれども、できればヤハウェとか太古火星に太陽系ディフェンスシステムを設置したようなわれわれのルーツ超文明知性とか金星人の魂等を我々の側も召還して味方について貰って共に事態の解決に当たって頂く方が頼もしいとは思うのです。


05. 卍と十と六芒星 2010年1月18日 22:10:18: xsXux3woMgsl6

そこで大問題なのは、
現地球人類は、果たして助ける價値が有りや無しや、
と云ふ事になるのではないかと思ふのです。
さう考へた場合、自分も地球に生きる日本人乍ら、
今の人類の堕落を見た場合、疑問を抱かずにはゐられません。
悲しい事ですが。
地球人類は何度同じ過ちを繰り返せばいいのか、と成るのではないかと。
最早駄目だ、滅ぼすしかない、
と云ふ結論に達しつつあるのではないか、と思つて仕舞ひます。
我々の危險を侵してまで、助ける價値など何等無いと。

(卍十*)


06. 2010年3月27日 04:01:54
こんち。はじめまして。地球に10箇所以上あるスターゲートはひらいてるのもありますよね。確認されてる3万光年のデルタからきている数百万年動いてるアデンのは空中で開いて地球の磁気グリッドだけでなく宇宙ひろく磁場を拡散しています。これが水平方向にフィールドを強めたら武器は無力化しますね。つまり銀河系全部にまたがる超宇宙文明が太古の昔から存在していて人類は下等生命体らしいですね。地球の歴史は6000億年。数万年先から来る人類のビジターは劣化してます。ユダヤや銀行家は関係ないですよ。欧米はドルイド教のくにです。悪魔教です。これは、宇宙戦争で敗れて母性がなくなり地球に逃げてきた外国人の爬虫類宇宙人が太古よりポールシフトを避ける為に地下に住んでて人類の子供を食料にしてきて悪魔教だと誤魔化しているのが真相です。2.5メートル500キロ。残忍で冷酷で超科学で人間を支配して地球の食物連鎖の頂点にいる人間の天敵です。人口削減はかれらが人間を彼らの食料供給の適正数まで減らそうとしてるだけ。人間に代わろうとしてるのです。古代より人類のトップはこのことにきずいてましたが食われる恐怖によりしたがってきました。タイムラインは数十年変えても大局にさはないです。これからは、h虫類宇宙人以外の宇宙人とコンタクトをとるべきです。チャネリングで。火星のアヌンな木人と地球人とは核戦争したみたいですよ。沢山移住したら怒るよね。英雄

07. 2010年3月27日 05:11:49
なんだかなぁwww
宇宙的スケールの話もいいけどさ、もっと身近な問題、「自分とは一体何者なのか?」とか知るべきなんじゃないの?
日本人の・・・というか、日本に暮らす民族のルーツは何処かとか、日本社会の本当の姿とか。
断っておくけれど、学校で習った「日本史」なんて全部デタラメだからね。
じゃあ何故学校で「嘘」の日本史を教えるのか?
それが分かれば現在「日本」で、「極東」でおきている問題の殆どが分かる。

逆に言えば、それが分からなければ「日本」はいつまでもウラの権力者のいいように弄ばれ、いずれは自滅するんじゃない?アイデンティティーの崩壊で。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。