★阿修羅♪ > 議論30 > 201.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
理想論は誰でもいえる。どの様にしてそこへ導くのかが肝要なのでは?
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/201.html
投稿者 のんぽり 日時 2010 年 4 月 23 日 01:30:40: 7p9CCripgLT3w
 

(回答先: 一足飛びにとは考えていません 投稿者 有島実篤 日時 2010 年 4 月 22 日 18:24:16)

 非常に難しい問題ではある。
 おいらだって理想論を言えば完全平等な社会の中で、その人その人の能力にあった役割を担うようなことができればいいと思う。

 まぁ、おいらはマルクスの資本論さえ読んだことがないんだが、精緻な論理の上に組み立てられ、空想から科学へと豪語した社会主義が運用する側の人間によって一部エリートの利権構造へと堕落し、自浄能力を発揮できずに瓦解して行った社会主義国家の現実を目の前にして、『資本主義の後は社会主義・共産主義でしょう』とはなかなか言えない。

 人間の本能というのか欲というものをどの様に昇華して行くのかというプロセスを示さなければ絵に描いた餅に過ぎないということになるような気がするのだが・・・。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年4月23日 02:17:52: P7fhJ2YZXA
一党独裁、硬直した体制、一部エリート層の特権階級化等々負のイメージが共産主義・や社会主義にあると言うのであれば、今までの日本はまさに近かったとと思います。
あと、高度成長期〜90年代前半くらいまでは日本は中福祉中負担の国であったので、まがりなりにも、社会資本主義だったのではないかと思います。

結局、資本主義だろうと共産主義だろうと国民全体が政治を意識し参加していかないと、封建社会になりかねない、と言うことではないでしょうか。

将来設計も、大まかな目標よりも、例えばお金がなくても選挙に出馬し当選し、議会に参加できるようなシステム、大卒・高卒などに囚われない国の将来ビジョンを考えた教育システムや雇用システムなどの細かい将来設計が必要だと思います。
 
そう考えると、日本は他人を蹴落としてまで大学に入ってしまえば安泰… というのは些か言いすぎですが、現在の競争システム自体が歪んだものであることは言えるのではないでしょうか。

 大まかな将来設計ですと、資源が少ないとされている日本が、高齢化社会で医療・福祉サービスが必要とされる中でそれなりの経済を支えていくのであれば、周りから後れを取ろうとも、自然と欧米型の社会資本主義に落ち着くのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

 お二人の議論に口を挟んでしまい、申し訳ありませんでした…
長文・拙文失礼いたしました。


02. 2010年4月23日 02:39:33: wj6GpsuWic
 非常にいい投稿者の意見です。

悩む、困惑する善意の気持ちが汲みとれます。

 さて、欲、欲望が何処から発生するのか?

このポイントを探求すべきですね。


03. のんぽり 2010年4月23日 16:17:17: 7p9CCripgLT3w: LrXK6I50Qk
>>01さん

 議論板だからコメントは別に遠慮しなくてもいいんじゃないの?
 おいらも自分の能力の範囲内で議論には応じていきたいと思う。

 さて、ご意見は概ねおいらと同じだと思う。ただ、自然と社会資本主義に落ち着くことはないというのがおいらの考え方だ。
 民主主義は自然に発生したものではなく、血と汗で獲得されてきたものであり、ともすれば容易に蹂躙されてしまう儚げな存在だと考えるからだ。

 あれほど成功した社会主義国と言われ、労働分配率も高く、総中流意識の中であれだけ栄華を謳歌出来たのは、ある意味運が良かったと言えるし、ユダヤ陰謀論ではないが、欧米(特に米)のお眼鏡に適って朝鮮特需・ベトナム特需と様々な恩恵を被ったからともいえる。
 その結果、高度成長の波に乗れ、右肩上がりの成長と団塊の世代の台頭とがうまくマッチしたことが結果的に終身雇用の形をとり、福祉も、右肩上がりを前提に大盤振る舞い出来たに過ぎない。
 バブル期に来たるべき安定成長に備えた舵きりをしなければならなかったものをこれまでの経済モデルで推し進めてきた結果、膨大な借金とゼロサムゲームどころかパイが縮小する中で、新自由主義なるモデルを持ち出して、完膚なきまでに日本の社会システムを壊してしまった。

 日本人そのものは自由も人権も自ら勝ち取った歴史がなく、儒教思想に縛られ、お上依存から抜け出せないまま翻弄されてきており、これからもこの流れに身を任そうとしているだけのようにしか見えない。
 このおいらの考え方があながち間違いではないとすれば、どん底に落ちるまで変わらないだろうし、どん底から這い上がった世界は今の発展途上国に見られる極端な格差社会だろう。

>>02さん

 人間の欲や本能の根源はもともと生物の持つ生存本能からきているものだと考えられる。力=正義でその力の部分があるときは軍事力であり、ある時には経済力が優位に立ってきた。現在は資産の寡占化が進み経済が圧倒的優位に立ち、法制度もそれに即して組み立てられている。

 おいらがユダヤ陰謀論的な考え方を取るのはロスチャイルドやロックフェラーといったごく少数の寡占的な資産グループによって政治が動かされており、その結果として生まれたシステムがグローバル経済であり、新自由主義という経済理論だと考えるからだ。

 このようなシステムはいずれ崩壊するだろうが、その後の世界は一寸想像がつかない。
 大脳に宿る本能を大脳新皮質が理性でどの様にコントロールするか、ストレスを発散するように、本能を如何に昇華させるかそれが問題かと考える。


04. 2010年4月23日 23:33:28: szvNzdHx6Q

動物は、哲学的命題、問題では、悩まない。


 しかし、人類は、悩む。


 なぜ、なぜと、悩むのか、人類は。 

 なぜと、思考する器官があるから。

  この思考する器官が、欲を、欲望を、産むのです、作り出すのです。


  それが、貴方、なのです。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧