★阿修羅♪ > 議論30 > 653.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
今や末期症状を呈している彼の人、泥沼に身を投じてのたうちまわっている。
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/653.html
投稿者 短足鰐 日時 2012 年 7 月 26 日 21:25:32: 1dEIvwQCPSw5M
 

 キッカケとなったのはNHK2号機・3号機メルトダウン番組。彼の人の番組評の全編は3号機から始まり後編は2号機のはずだったが、未だ筆が進まないのは番組のあまりの衝撃に愕然としているのだろう。
 仕方ないので3号機から派生させた数々の問題に頭を突っ込みワーワーと騒ぎたて、片端から断罪し当たり散らしている。彼の人は自分が積み重ねてきたマヤカシやデタラメには頬かむりして、人さまのそれは遠慮なく裁き断罪するのである。他人のマヤカシを糾弾し続ける限り自分のマヤカシはウヤムヤにできる可能性が期待できる。
 だが、のたうちまわるほどに益々ズダボロになって行く。彼の人との間の議論はとっくに破綻しているので、ここでは一般の読者を念頭に、2号機についてその後の情報も踏まえて彼の人の主張を再吟味してみた。

 (引用はじめ)
 [2号機圧力抑制室(サプレッションチェンバー)はどうして壊れてしまったのか?] (その2)
 http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/550.html
 投稿者 あっしら 日時 2011 年 4 月 19 日 12:40:52: Mo7ApAlflbQ6s
 >このため、主蒸気逃がし安全弁を通じて圧力を低下させることになるが、主蒸気が逃げる先は圧力抑制室であり、主蒸気逃がし安全弁からサプレッションプールまでつながる10数本のパイプがそれを担う。
 水がない圧力抑制室ということを考えれば、それは、温・高圧の蒸気が水で冷却されることなく、いちばん壁が薄いといわれる圧力抑制室を直撃することを意味する。
圧力抑制室が損壊してしまうのも当然であろう。
 (引用おわり)

 上が彼の人の2号機チェンバー損壊説の核心部分。
 圧力抑制室付近で衝撃音が起きたのは、15日午前6時頃であった。だから彼の人の説によればこの時刻とほぼ同時かやや先行した時刻に「主蒸気逃がし弁」の開放操作が行われなければならない。だがこの番組では8つあるSR弁(主蒸気逃がし安全弁)の開放にことごとく失敗したとしている。S/Cに水があろうとなかろうと、この部分の整合性がとれなくては彼の人の説は根底から崩れ去るのである。苛立ちも最高潮!!

 他方ではSR弁は何回も開閉したという指摘もある→(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120724/t10013821551000.html)。
どちらが正しいのかここでは深入りしない。ここでのテーマはSR弁の開放が空のチェンバーを直撃して損壊したという説の可否の検証である。

 だからかの人は、ほぼこの時刻にSR弁の操作をして成功したという確たる事実を突き付けて証明しなければならない。その時、S/Cに水がなかったことも。計算上この時刻に水はなくなるはずだや、それを失念したなどという想像ではダメである。なんらかの確たる事実を突きつけなければならない*。

 あとでの専門家の検討では、格納容器の圧力が想定外の6〜7気圧まで上昇すれば、窒素ガスの圧力ではこれに打ち勝って開けることができないというSR弁の構造的欠陥を指摘したが、この番組の目玉ではあった**。

 格納容器のベントの失敗も、空気を送り込む配管が地震によって損傷したのではないか、という指摘である。ここも各種の事故調よりはるかに踏み込んでいる。
 これについても全般的な指揮をとった東電幹部が証言しているが、抽象的なまわりくどい言い回しながら、暗にこのことを認めている、と受け止めた。NHKのインタヴューがここまでの発言を引き出した労は評価してやるべきだ。

 *)現場検証で確認されたわけでもないのに、S/Cが損壊したなどと断言することが粗雑で乱暴である(しかも「政府・東電の極めて深刻な失態」とまで断罪しているのである)。
 NHKの番組では番組構成の自然の流れとしてS/Cにつながるベローズの部分に亀裂が入り蒸気が噴き出している映像を出していたが、これとて一つの推測に過ぎない。どの部分がどのように損壊したのか、本当のところは現時点では不明なのだ。数十年後、現場に人でもロボットでも足を踏み入れない限り分からない。その時でも損壊した事故部分が現状ののままの態様で保存されつづけているいるかどうかも怪しいのだ。
 **)この指摘は功績だが、これを言いたいがために勇み足をした疑もある。


 (補足)
 S/C方式はそもそも格納容器全体をコンパクトにするために生み出された苦肉の策だと言う。だからS/Cとその上部のドライウェルとは厚さ数ミリの8本ぐらいのステンレス性の蛇腹(ベローズ)で結合されている。この部分が脆弱なのは明らかだ(田中三彦氏は2号機の「ベローズが、あるいはトーラスの現地溶接部が、地震発生直後に、長く激しい地震動で破損」していた可能性を指摘している)。
 こんな経済効率を優先したいわば手抜き設計の格納容器に、原子炉の暴走という非常事態時に水さえあれば、正常に作動したなどという大前提の上に議論を立てるのが狂っているのだ(意図はしていなくてもこの方式の原発の設計に問題ないという前提にたっていることになる)。この大前提そのものを根本的に疑ってからなければならない。
 水の問題に関して言えば、GEの元技術者も後藤政志氏もS/Cに水がある場合の危険性について言及していることにも注目したい↓。

 
 GEの元技術者が、圧力容器からの蒸気がチャンバーの水に作用して泡が発生することを問題視しているのが重要
 http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/186.html

 http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/526.html#c3
 03. 短足鰐 2012年1月05日 21:30:08 : 1dEIvwQCPSw5M : zqw7Lv8Ckk
 >10月8日の言い分では「福島原発第一 2号機の水素爆発について 後藤政志が語る、福島原発事故と安全性」(http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/211.html)で紹介されている後藤さんの2号機S/C損壊に関する説明は、小出さんよりもまじめに考え「圧力損壊」にも触れている」とある。

 小出氏よりカスを自任する者が、小出氏より後藤氏のほうが「まじめだ」と評するのがまず笑止だ。面倒だが、後藤氏の主張をたどると概略次のようになる。
 地震によりベント管等(リングヘッダ、ダウンカマ)やS/Cシェルが損壊しそこから水素がトーラス室に漏れたのではないか(そして爆発)が第一の主張である。次に考えられるのは、ベント管を通して蒸気がS/Cに入ると内部の水面が持ち上がって振動する。その水力学的動荷重でS/Cが損壊した可能性である。

 最後の方に「圧力損壊」ともとれることに触れている。が、これは真空破壊弁(S/Cの圧力をドライウェルに逃す弁/ドライウェルの減圧クラッシュを防止する部品)等の周辺部品の故障・損傷を前提にし、さらにS/Cにある水が地震で揺れることを前提にした解説である。この部分をあの人はS/Cが空の場合に援用してグチっているのである。
 自分に都合のよい部分をわずかにつまみ食いする天性の詐術師である。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 短足鰐 2012年7月26日 22:44:14 : 1dEIvwQCPSw5M : zqw7Lv8Ckk
 (追加)
 対策チームがたとえ水がないことを把握して注水の必要性を認識していたとしても、ベントが不可能な状態では注水も物理的に不可能である。給水口が開けられるくらいなら、それ自体がベントになる。
 だから彼の人は、そのとき物理的にもまた給水ポンプなど装備的にも給水できる物理的・人的条件が整っていたことも証明しなければならない(つまり断罪までしているからここまでの義務を負う)。 

02. あっしら 2012年7月27日 00:13:24 : Mo7ApAlflbQ6s : DvLZNEv2EI
短足鰐さんへ:

2号機問題は、まとめたものを後日投稿する予定ですので、そのときにまたレスポンスを付けてください。

>対策チームがたとえ水がないことを把握して注水の必要性を認識していたとし
>ても、ベントが不可能な状態では注水も物理的に不可能である。給水口が開け
>られるくらいなら、それ自体がベントになる。
> だから彼の人は、そのとき物理的にもまた給水ポンプなど装備的にも給水で
>きる物理的・人的条件が整っていたことも証明しなければならない(つまり断
>罪までしているからここまでの義務を負う)。


 格納容器の圧力は、設計圧範囲で推移し、高くても8から9気圧でしたから、消防ポンプの水圧でも注水が可能でした。
 
 給水口を開ける必要はありません。消火系という注水配管が設備されています。
これは原子炉も同じです。

 3月12日の1号機を皮切りに原子炉に消防ポンプを使って注水をしました。
 給水口を開けることがベントになるのなら、原子炉に給水口を開けることなぞできませんよ。


※ 2号機に関する政府事故調の考えを提示しています。参考までに。

「X5yJj96VL6さんへ:キモい詩でおちょくって喜ぶより、私と類似の論を提示した政府事故調に噛みつく方が楽しいぞ。」
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/870.html

 

 


03. 短足鰐 2012年7月27日 06:33:19 : 1dEIvwQCPSw5M : zqw7Lv8Ckk
 >高くても8から9気圧でしたから、消防ポンプの水圧でも注水が可能でした。

 なるほど。
 だが、当時のチェンバー内の水蒸気等の温度にもよるが、注水した水が直ちに沸騰蒸気に転嫁する状況のときには、チャンバーの内圧をさらに高めて危険である。対策チームが注水の必要性を認識し注水可能の状態であっても注水を断念した可能性もある。この注水断念の決断が間違っていたなどと直ちに結論することはできない。へたに注水したらチャンバー全体の大規模な崩壊につながった可能性もある。それよりベントに集中したくなるのは自然である。
 こう考えると、必要にして十分な大きな格納容器でなく、チェンバー方式でコンパクトにまとめた原子炉は、核暴走を始めたらもはや対応はほとんど不可能な設計であったと捉えるべきであると思う。


04. あっしら 2012年7月28日 00:41:41 : Mo7ApAlflbQ6s : DvLZNEv2EI

短足鰐さん、こんばんは。

 2号機の格納容器への注水は、土壇場の緊急避難的対応策として言っているわけではありません。

 S/Cを水源として使い始めれば、政府事故調が言うように、S/Cの状態をモニターし問題を露出させない対応が求められるのです。

 「注水した水が直ちに沸騰蒸気に転嫁する状況」になってからではなく、RCICが停止する前から、格納容器に注水する必要があったというのが私の主張です。


05. 短足鰐 2012年7月28日 04:36:22 : 1dEIvwQCPSw5M : zqw7Lv8Ckk
 >RCICが停止する前から、格納容器に注水する必要があったというのが私の主張です。

 上の条件を満たす作業を対策チームがやっていたとする。そこでSR操作をしたところが300度近い高温の蒸気が大量に噴き出してチェンバーの水があっと言う間に沸騰蒸気に替ってしまった。その蒸気の温度は300度より低くなっているもののたとえば150ぐらいだったとする。そこに注水したらさらにチャンバーの内圧が上がり危険だと判断されれば注水を断念せざるを得ない場面もあるということ。このチャンバー方式の原子炉は、もはや手の打ちようがなくなる場面が急激に眼前に出現する可能性がある構造欠陥を持っているということだ。
 ここで行った思考実験の可能性は極めて低いなどと断言できるかい?


06. 2012年7月28日 13:33:31 : 7H3tip4e0Y
彼の人とかあいまいな表現を使わず明確に書け。何事も明瞭簡潔の書くべきだ。内々の議論なら個人同士でおやり。

07. 2012年8月10日 14:03:13 : FvOLcNgmdw
あっしらは早いとこ「2号機問題はまとめたものを投稿」しろや。

原子炉専門家でもわからんものを、原子炉ネットデータを人覗きした文系の引きこもりがどんなトンデモを言い出すのかちょっと楽しみ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧