★阿修羅♪ > エボラ・ゲノム15 > 446.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
戦争は、なぜ起きるのか?・・・29  人口削減とUFO問題
http://www.asyura2.com/09/gm15/msg/446.html
投稿者 あのに 日時 2020 年 2 月 10 日 16:53:01: xZaQXyDl16EGo gqCCzILJ
 


戦争は、なぜ起きるのか?・・・29  人口削減とUFO問題

このさき、戦争や医療の問題とすこしはなれたUFO問題をすこし書く。だが、これもほんとうは、見えない戦争の問題というべきなのである。


1、人口削減とUFO問題

わたしは、かって空耳板で、この人口削減とUFOエイリアン問題が、きわめて密に関連すると書いてきた。空耳板のせいか、あてずっぽう、でたらめを、みなと同様にわたしが書いているとおおくのひとは思っていたようだ。誤解である。わたしは仮説を書くだけだ。検証に耐えねばひっこめる。

だが、エイリアンのアジェンダを考えると、この人口削減と社会の変化がぴったりくるのである。いま、われわれは、とてつもない時代を生きているのだ。終末のとき、すなわち黙示録の時代だ。

人口削減と社会の変化はエイリアンからイルミナティに、くだされた命令であったのだろう、とわたしはいつも思ってきた。われわれの生活は、想像以上にエイリアンの意図に影響されているのではないかと思うのだ。まったく、見えもしないし、感じとることもできないが・・・・

2、エイリアンの実在について

まず、エイリアンの実在について、いままでなんども書いているが、これを記そう。

UFOエイリアンというと、すべてのひとが、反射的にトンデモ話だな、とみがまえるであろう。だが、これは、おそらく数世紀以上の強力な洗脳の結果なのであろう。これにくらべれば、天動説など、かわいいミニチュア版の小話にすぎない。

・ウソでつくられた史上最大の常識、「UFOエイリアンは存在しない」

このUFOエイリアン問題は、とてつもなく、きわめて大きな問題である。都市伝説という言葉もあるが、そんな陳腐なレベルではない。「UFOエイリアンは存在しない」とずっと思わされているが、まちがいである。

「UFOエイリアンが存在する」は、かぎりなく事実である。


「UFOエイリアンは存在しない」は、数世紀以上にわたるCIA工作員たちによって、つくられたウソなのであった。この錯綜した万華鏡の中では、だれでも人は迷うだけである。
これをウソであると言うことは、陰謀論というらしいが、UFO問題にかんしてCIA工作員たちがつくりあげるウソは、とほうもなく、ものすごい規模なのである。イルミナティの史上最大の工作活動であろう。

陰謀論という言葉は、デーヴィッド・アイクが最新巻の「今知っておくべき重大なはかりごと」の巻2の最後尾の第9章p327で書いているように、CIA用語である。デタラメで、信用できないという価値付けをするため、うそ、でたらめだというレッテル貼りするために使われる。

おそらくディープステートもCIA用語だ。陰謀論という言葉とはちがって、こちらは言い換えである。ISISもブラックウオーターもいっぱいCIA用語には言い換えがある。フェイクニュースもそう。混乱、撹乱のためのCIA用語である。

みなは、なにもかもCIA用語を使って時事問題、国際情勢などを解説して、混乱し、混乱させている(大笑) CIA用語しか使えないようにされているわれわれ。

3、わたしの確信
このUFOエイリアンの存在問題は、80年代にレナード・ストリングフィールドが、厖大な数の墜落UFOの調査をしている。このあたりの情報を読んだとき、わたしはUFOエイリアンの存在は、事実であろう、と思い至った。それ以後、UFOエイリアンの存在は、確信が深まるばかりであった。

その数年後に、わたしは、昼間の午後1時ころ、県庁前の渋滞の6車線の国道をクルマで運転中に高空に15分間あまりUFOを見た。超高空の長さ数キロ以上の超巨大葉巻型UFOは、壮観なものであった。ジャンボ機なら数十基よこにならぶだろう。バックミラーあたりにマッチ棒を置いた感じだ。最初フロントガラスについたゴミかと思った。
なぜか、車を止めて、あたりの人に声かけもしなかった。なぜか、いまでもわからない。家に帰ってテレビを見たり、新聞を見たりして、世界が変わるのを期待したが、なにもなかった(笑)。しかし、これで、もうみじんもUFOの存在はわたしにとって、疑いないものとなったのである。同時に、それを隠す世界的規模の陰謀も確信したのであった。

だが、いま一般には、99.99%以上(たぶん100%ちかいかも)の人が、「UFOエイリアンは存在しない」と考えているようにみえる。存在しないと考えているから、多くの目撃者は、これを心霊現象だとか、妖怪現象だとか考えるわけだ。
また、CIA工作員が誤誘導することもきわめて多いことを、まえ北海道、苫小牧の山の牧場シリーズで書いてきた。たとえば、UFO問題を考える 58
http://www.asyura2.com/16/bd62/msg/276.html 

UFOエイリアンが存在する公式発表が、軍や公式機関に、むかしからあっても、盲点みたいになっていて、見えない、まるで意識できないのだ。すさまじいまでのマインドコントロールである。地球上ほとんどすべてのひとが、この洗脳で、人生を終わっていく!
月刊ムー誌の編集部や執筆者の多くも、こころの底では「UFOエイリアンは存在しない」と考えているかもしれない(笑)。
本屋を見ても、UFOエイリアンのまともな本が置いてある本屋は、ひとつもない。まともな本はすぐ絶版にさせられるからだろう。アマゾンで見ても、検索で出てくればいいほうで、あとで書くラマーの本などは、どれだけ探しても、アマゾン、グーグルでは、出てこなかった。

ここで、アマゾン、グーグルの役割がわかる。情報を消滅させるという役割だ。とくに、グーグルのウイルスマンは、そのUFO工作の中心人物らしい。

ケネディ暗殺の事例でも書いたように、「公式発表、公式説明」が、人々の常識をつくる。つくるというより、これでマインドコントロールするわけだ。20年以上前に、ほとんど完全にケネディ暗殺者が特定されていようと、20年でも、30年でも百年でも、永遠の謎だと、マスメディアでは記事にするわけだ。

UFOエイリアン問題でも同じだ。軍、FBIなどの公式発表は、いつともしれぬ昔からいっぱい、もうやまのようにあった。それを無視して、あらたに公式発表があった、とか、軍の公式動画が公表されたとか、ウソメディアは書くわけだ。ウソメディアにひきづられて、ふつうのブログも「UFOエイリアンは存在しない」。だが軍の公式動画があらたに公表された(笑)、と書くわけだ。

こういった「公式発表、公式説明」による繰り返し洗脳する方法が、マインドコントロール技術だ。膨大なカネに飽かせて、来る日も来る日も、ふきこまれれば、ほんとうかいな、と一般人はなるわけだ。こうして、「UFOエイリアンは存在しない」と、100%の人が思わされてきたのである。けっして、電磁波などで、この種のマインドコントロールがおこなわれているわけではない。

もしも、だれかが、この洗脳がとけて、UFOエイリアンが存在する、と確信した場合、ゲッと胃の内容物を吐き、おそらく3日くらい精神不安定状態で寝込むことになるだろう。発狂してしまう人さえいるかもしれない。それほどまでに、このショックは大きい。そうならないのは、たんにだれもが、洗脳がとけていない証拠にすぎない。


3、なぜ、「UFOエイリアンは存在しない」と隠されるのか?

軍などの公式発表は、過去数十年、無数にあるわけだが、戦争板でかいた「戦争は、なぜ起きるのか?・・・」や「ケムトレイル、HAARP・・・」などの記事にもすこし書いておいた。たとえば、
ケムトレイル、HAARP。  これは兵器? これは戦争? 13 追加 UFO問題について 
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/652.html
 
このなかで、ヘルムート・ラマー/オリヴァー・ジドラ著「UFO あなたは否定できるか」 文芸春秋社1996年刊という本がある。
 
これはドイツ語からの訳本であるが、ドイツ語圏が、いかに知的な世界かがよくわかる。ここは、グーテンベルグ以来の本の国なのだ。たとえば、この本には、UFOが近づくと車のエンジンが止まり、飛び去ると自動的に始動するという謎が、点火ケーブル近傍の空気のイオン化で、説明されている。さすが、ラマーである。

この本の第5章で、1978年のオーストラリアのフレデリック・バレンティッヒ(フレデリック・ヴァレンティヒ Frederick Valentich)のセスナ機飛行中での失踪が解説されている。

このヴァレンティッヒの例では、オーストラリア運輸省の公式発表があり、失踪直前までの録音もユーチューブ上にいまもあり、家族のインタビューもあったと思う。だれでも、読めるし、聞くことができる。自身の洗脳を解くのは、じつは、きわめて簡単なことだ。
UFOエイリアン否定派にとっては、鬼門というべきで、とうぜんグーグル、アマゾンで検索しても、かんたんには探せない本のひとつにさせられている。

このヴァレンティッヒのひとつのケースだけで、証拠は十分であろう。

ヴァレンティヒの失踪のように帰らないのは、殺され、エイリアンの食事、栄養源になってしまうからだろう。

こんな例は、むかしから「神隠し」とよばれて、いっぱいあることをわたしは、よく知っていた。わたしは、フランク・エドワーズの「しかも、それはおこった」とか、かれの諸書にある謎の失踪事件をいっぱい、幼少期からいつも朝4時頃起きると、床のなかで読んできた日課であった。マリー・セレスト号の事件について、わたしはいつも考える、へんな子どもであった。こんな小学生は、どこにもいなかったであろう(笑)。

こういった「神隠し」の例は、チャールズ・フォートの本のなかにもきっとあるのだろう。のち、南山宏氏や並木伸一郎氏を知って、同じ仲間だと、かれらのフアンになったものだ。

あるいは、バーミューダー・トライアングル消滅事件というのが、いっぱい昔からあるが、チャールズ・バーリッツに、ウイリアム・ムーアというCIA工作員がへばりつき、UFO誘拐という説を言わないように封じたのだろう。UFO問題を知る人にとっては、このバーミューダー・トライアングル消滅事件とUFOの関連は、ごくあたりまえの「常識」であった。むしろ、だれも言わないほうが、不思議だとわたしは昔から思っていた(笑)。

また、子どもの行方不明事例は世界中で数知れないし、それにイルミナティがかかわることもあり、そのなかで、エイリアンの食糧として供給されることもあるのかもしれないとさえ、過去思ってきたものだ。だれも言わないが。

あるいは、ウイリアム・クーパーの暴露のなかには、墜落UFO内から人間の切断された器官が発見された?、アズテック墜落UFOだったか?
80年代から、エイリアンの食糧が人間であることは、UFO研究界では、あまねく、ひろく知れわたった「常識」なのであった。

これを消滅させるのが、CIA工作員たちの、UFOエイリアン否定の工作の意図、努力である。そして、日本から世界へとCIA工作員たちによって、UFOエイリアンの存在否定説は、ひろがることになるだろう。

ほんとうにエイリアンに喰われると知ったら、だれでも、みなはパニックになるだろう。これを確信した場合、だれでもゲッとなり、吐く人さえ出てくるにちがいない。精神不安定どころではないだろう。社会パニックになるかもしれないのだ。

だが、わたしはこれを原点に、過去のUFO問題の投稿をしてきたのであった。多くの人と、見方が微妙にずれるのは、おそらく、この確信のせいだろう。

人間は、かれらの食糧源だったのだ。

この事実を確信したなら、それをもとに人生を生きざるをえない。重い、衝撃的な事実だからだ。エイリアンも、人類にこれを知ってほしくないので、イルミナティに、人間を喰らうという「エイリアンは存在しない」という工作をさせるわけだろう、とわたしは思ってきた。

ケムトレイル、HAARP。  これは兵器? これは戦争? 13 追加 UFO問題について 
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/652.html

まえUFOエイリアンの存在については、過去のわたしの記事では、フィル・シュナイダー Philip Snaider の講演動画もあげておいた。
https://www.youtube.com/watch?v=xedmfAgx8eg

フィル・シュナイダーとは、ダルシーとデンバーの巨大地下基地D.U.M.B.Sの建設者であり、グレイのレーザー攻撃で満身創痍(まんしんそうい)となった人だ。工事中に地下で、グレイと出会い、戦闘になって、グレイをライフルで撃ち殺し、自身の指をグレイのレーザー砲で失ったりしながら、生きて地上にもどった唯一の人である。これらの傷害が、あまりにひどいので、この苦痛がなくなるなら、いつ殺されてもいい、とまで言っていたが、講演後に首にビニールチューブを巻き付けられ、殺されている。確か、自殺だということになっているが、その映像は暗殺以外のなにものでもない。ウイリアム・クーパーも取り囲まれて銃撃戦の死となっているが、シュナイダーと同じ一方的な銃殺にちがいない。

フィル・シュナイダーには、グレイと戦った、からだの傷というまぎれもない物理的証拠があるので、わたしは例にしたわけだ。シュナイダーPhilip Snaiderの講演は、ウイリアム・クーパーの講演とならんで、かぎりない真実のひびきがある。

ウイリアム・クーパーWilliam Milton Cooperの講演も、いまグーグル工作員やWiki工作員にめちゃめちゃにされているが、真実のひびきがある内容である。井口博士のブログは、グーグル工作員がめちゃめちゃにして検索で探せないようにしている。井口博士本人すら探すに苦労するかも、な状態なのである。ここは、だれもがぜひ保存しておくべきだろう。

ウイリアム・クーパーの講演訳
https://quasimoto.exblog.jp/i8/1/
https://quasimoto.exblog.jp/i8/2/


そのほか、William Milton Cooperの「蒼ざめた馬を見よ」BEHOLD A PALE HORRSE など、資料はネットで探せばPDFがいっぱいある。

なぜ、CIA工作員が、UFOエイリアンの隠蔽、撹乱、否定の工作をするか?という問題は、結論は人間が食糧である、という他に、イルミナティの将来のNWO世界では、UFOエイリアンが存在しない世界をつくる、というエイリアンからの指示にもとづいた政策をイルミナティがとっているからであろう。ただ、人口削減と社会の変化そのものは、おそらくエイリアンからの指示にもとづいたものである。

われわれにとって、UFOエイリアンは、ゲームや映画のエンタメのテーマ以外のなにものでもなくなるという「未来のNWO世界」が用意されているわけだ。ディスクロージャなど夢物語のしかけであっただろう。


4、デーヴィッド・アイクのレプティリアン説

デーヴィッド・アイクは、「大いなる秘密」などで、イルミナティの英国女王などがレプティリアンに姿を変えるなどの目撃証言から、人間のからだが、レプティリアンに変わる(シェイプシフト)という説を発表して、ほとんどなにも知らない一般の人から、嘲笑、あざけりや軽蔑を受けた。

もし、UFO問題にあるていど知識があれば、姿を変えるなどの目撃事例は、遭遇事例やアブダクション事例では、あたりまえのように、おこっていることは、常識なのだが・・・

わたしにとっては、アイクの説はイルミナティがレプティリアンとなんらかの関係を持っているという証拠を、アイクは提示したのだと思うようになった。
つまり、レプティリアンは、イルミナティ秘密結社を育てるという役割であったように思うのだ。イルミナティ秘密結社の構想は、レプティリアンによって定められたものだったのだろう。

なぜ、こんなに長いあいだ、エイリアンは地球征服を待っていたのか、というと、簡単なことだ。人類がエイリアン・ピラミッドに組み込まれるためには、IT技術などの社会ツール監視ツールなどが必要だが、人類がその域まで達するには、6000年の歳月が必要だったからだ。

このエイリアン・ピラミッドに組み込まれるための「変化」は、あるとき黙示録的災害とパンデミックによってひき起こされるだろう。家畜人類5億人を残して、あとは抹殺されるわけだ。わたしは、これを2021年ではないか、と書いてきた。臨死体験者高木善之氏が、世界のおわりと言っているからもある。わからないが。

レプティリアンについては、アイクがいうには、蛇の秘密結社があることが証拠だという。蛇の秘密結社は、ウイリアム・ブラムリーも「エデンの神々」で書いていて、古代から存在する謎の組織だ。たとえば、ギリシャには、デルフォイの予言というのがあるが、ここはほんとうはアポロンの聖地ではなく、蛇の神ピュートンの聖地であり、太古より蛇の秘密結社が存在していたようである。おそらく6000年前にさかのぼる起源があるのだろう。


デーヴィッド・M・ジェイコブスDavid M. Jacobs は、エイリアン、レプティリアンなどは、ごく最近、宇宙から地球に現れた存在であると、「ヒトが霊長類でなくなる日」で書いているが、これはまちがいである。なぜならば、6000年前から、人類の大きな社会変動が起きている。これはエイリアンの地球到着による社会変動であろうからだ。デーヴィッド・アイクは、このことを正しくも指摘している。

この社会大変動は、エイリアンの人類への介入に見える。これは、いま現在へと、継続、連続している。


5、デーヴィッド・M・ジェイコブスのエイリアン地球征服説

デーヴィッド・M・ジェイコブスDavid M. Jacobs 著並木伸一郎訳「ヒトが霊長類でなくなる日」WALKING AMOUNG USという最新の情報では、ジェイコブスもかっては疑惑的だったレプティリアンを、かれは存在すると、その本のなかでは言っている。

わたしも、なんの役割をしているのかわからないレプティリアン(爬虫類的異星人)は、まれにアブダクティの証言に出てきて、変だな?、といつも思ってきた。またインセクタリンにはいつも、困惑していた。奇妙な容貌のヘンテコなものがいるらしいな、くらいにしか、わたしは過去何十年も思っていなかったのだ(笑)。アブダクティの証言に乏しかったからだ。


ジェイコブス「ヒトが霊長類でなくなる日」WALKING AMOUNG USによると、インセクタリン(昆虫型異星人インセクトイド、カマキリ型、マンチスともいわれる)が、すべてを統率し、地球を征服しようとしている、と。これは、とても説得力がある。インセクタリンには、ハイブリッドである要素はみじんもなく、徹頭徹尾エイリアンそのものなのだ。

地球征服の最終段階では、いっけん人間にみえるエイリアン(ヒューブリッド)をつかって、人類社会に融合しようとしているわけだ。未来には、UFOもエイリアンも存在しない世界になるだろう。ただ、あるのは地球製UFOと米軍、あるいは人間もどき(ヒューブリッド)だけだ。

つまり、エイリアンピラミッドと人類ピラミッドが、ヒューブリッド・エイリアンの層で、融合するわけだ。このピラミッドは、最底辺の5億人の家畜人類のうえにそびえる単一なピラミッドになる。
最底辺の5億人の家畜人類は、エイリアンに問答無用と、利用されつくすわけだ。ただ、エイリアンピラミッドは、見えないだろう。人類ピラミッドのイルミナティ階層も、いままでと同じように、見えない。


6、人口削減は、エイリアン・インセクタリンからイルミナティに下された命令である。地球征服のために行われる。

これが、正しいかどうかだが、ジョン・E・マックの「アブダクション」という600ページもある分厚い本には、つぎのようにあるから真実に思える。この内容は、アブダクティ、スコットには、ジョン・E・マックに口外していいかを、迷ったという。


第5章、スコット
p152 新型エイズによる世界の大きな変化

世界に大きな変化が来ようとしているという。エイリアンたちはこの世界がもっと安全なときにしか来るつもりはない。だが、その状況は、われわれ人間が病気によって、とくにペスト並みのスケールに達する伝染性の強い新型エイズによってどんどん死んで、人類がもっと少なくなったときに初めて発生するだろう。この内容はスコットにとって恐ろしく、またきわめて悲劇的な物だったが、、同時に彼はそれについて口外するのを許されていないとも感じていた。

p153 人類のいない地球
エイリアンの意図はここ(地球)に住むこと、それも人類のいない地球に住むことだという。


以上ここの章には、とても興味深い内容が書かれている。

わたしは、これが本に記載されたことが、 ジョン・E・マックが殺された理由では、ないか、と思っている。人口削減と社会の変化が、エイリアンの命令で起こされているという、もっとも重要な証言であるからだ。

ジョン・E・マックは、デーヴィッド・M・ジェイコブスのようには、アブダクティの証言を抽出せず、アブダクティの証言をありのままを記載している。ジョン・E・マックとデーヴィッド・M・ジェイコブスのふたりを読み比べ、考えることで、UFO問題はほぼすべてが解決するだろう。


ユーチューブ動画には、このケムトレイル撒布を見守るUFOの動画がある。トカナより
https://tocana.jp/2019/11/post_123654_entry.html
ユーチューブ動画は、
https://www.youtube.com/watch?v=jdasATSXFkY


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年2月10日 23:01:35 : SCAhtq2ak6 : SWY0a3NqT0ZMMTY=[10] 報告
ジョンは、シスコ、サンタバーバラ、サンディエゴ、をクルーズ観光後インディアナポリスの自宅に帰ってきた。

咳が出て出張先のハリスバーグの病院でCTを撮り軽い肺炎と診断された。

アトランタに知り合いの医師がおりそこの病院でしばらく治療することにした。

移動は全て航空機であった。診断の結果彼はRNAコロナウイルスの新型肺炎であった。

CDCは西海岸、中西部、東部、南部のジョンと接触した人物を隔離した。

東京の米軍基地経由で備蓄の錠剤が運ばれ投与された。ウイルスは3日間で完全に消失した。

NSAは秘密裏に錠剤のコピーを作成し3億人分の備蓄を開始したようなことがあったらどうしよう。

2. 2020年2月13日 10:31:35 : O4pUfLwvsA : T1BlbkkwdDkuVEk=[581] 報告
 いつも拝読しています。

 人間がエイリアンの食物であろうとの推測に同感いたします。
法隆寺のトカゲ頭の像やエジプトの長頭の絵姿など不可解でありながら
説明がないという事例が山ほどあり、説明がない事自体に何か大きな
問題が存在しているに違いないと昔から思っていました。
 SF小説が好きでしたので思考実験や論理的な結論が感情と相容れな
くとも受け入れることは比較的抵抗なくできました。
ネット情報が出来てから子供を含む人間の失踪が言われ始め、総合す
ると人間より次元が上の存在なしには現状の説明がつかないと思い至
り宇宙には存在があり、人間言うところの「ユダヤ教の神」はそれで
はないかなどとも考えるようになりました。

 しかしこうなると、地球上の闘争と同様の支配被支配関係が宇宙に
展開されるという事になり、文字通り神も仏もない...のかと...。

 人間は自分の寿命より隔絶した長いタイムスパンについては考えに
くいという事があると思いますが、スピリチュア関係の意見によれば
善なる存在もあるとのことで、死は我々の常識とは相当異なる現象な
のかもしれず、ここに希望があるのかな...とも考えたり...。

 しかし、では宇宙のような存在は何なのか、人間存在がなければ何
者(物)も存在しないとの議論も行われているようだしどこまで広げ
ればいいのか、とも思ってしまったり。
そんなことの内に人生100年以内に終わるだろと思ったり。

ご自愛されて書き続けて下さいますように。

3. 2020年2月16日 15:51:15 : sCntrLPOJA : UGxON3Z6Wi9TUWs=[32] 報告
My grandfather escaped in Tokyo from Vladivostok using a railroad from Warsaw.

My grandfather survived over the United States. My mother was born in Pittsburgh.

I was an adult and made a living as a teacher. There was discrimination, but I exerted myself.

On some days, my friend showed me a picture postcard of the Japanese shrine near Maizuru. It was in Maizuru for that day and my grandfather.

I play the role by which it was given from a god to me. My name,Avigan drucker。The far past、There was an affair which is its state.

▲上へ      ★阿修羅♪ > エボラ・ゲノム15掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > エボラ・ゲノム15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
エボラ・ゲノム15掲示板  
次へ