★阿修羅♪ > 不安と不健康15 > 426.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ガンは感謝すべき細胞です。
http://www.asyura2.com/09/health15/msg/426.html
投稿者 尚林寺 日時 2011 年 12 月 17 日 11:52:05: JaTjL5JPya4go
 

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=259586

>長年自然医学の発展に貢献してきた森下敬一医学博士によれば、ガン(腫)は、血液の汚れを浄化している装置だという。<『食べなければ死なないA 259357』より
ガンが血液の汚れを浄化するってどういうことだろう…と思い、調べてみました☆
以下、森下敬一博士の「がん理論」リンクより紹介します。

☆ ガンは「血液の汚れ」 ☆
ガンの正体を一言でいうと、「血液の汚れ」である。
血液に中にガンウイルスやその他のウイルスが入り込んで汚してしまっている、それ自体がガンなのだ。
すなわち、本当のガンは、一般にガンと呼ばれているオデキを体の中につくらせた「バックグランド」である、というふうに私は考えている。

血液が汚れてきた時、その人の体の中の一番敏感なウィークポイントに、ガンというオデキができるということなのである。
本人も要求しないのに、ウイルスが体の外からいきなり入ってきてガンができる、などということはあり得ない。
ガンというオデキができるのは、目的があってのことだ。
すなわち、血液が汚れてきたのを浄化する、という目的である。

☆ ガン腫は浄血装置なり ☆
そうなると、ガンというオデキは一種の浄血作用をするものである、と解釈しなければならなくなる。
悪魔の創造物であるというのは、考え違いもいいとこで、本当は、ガンというオデキは、その人にとって、まさに救いの女神なのだ。
つまり、血液が汚れてしまって、このままではどうしようもないという時に、ガン腫ができて血液をきれいにする働きをしてくれるわけである。

最近、フランスの学者が、ガンのオデキの中に「抗毒素」が生産され、血液の中に分泌されているということを発見した。
今までは悪魔の創造物だから、切り取るとか、放射線をかけて火傷をさせるとかして、やっつけなければならないと思っていたものが、最近の研究で、ガン細胞は抗毒素を分泌して毒素を中和するばかりか、血液の中に抗毒素を送りこんでいることがわかったわけだから、ヨーロッパのガン学会はあわて始めた。

この問題を解決するためには、ガン腫は浄血装置である、という私の理論をもってこなければならない。
そうでなければ、ガンのオデキの中から抗毒素が分泌されているという事実を、説明することはできない。
浄血装置なら、そのような働きがあって当然だ。
血液の汚れは、毒素が血液の中に入りこむことであって、その毒素は腸の中でつくられる、ということについては前述したが、その結果できるガンとというオデキは浄血装置なのだ。
体というものはまったくうまくできている。
ガンができたということは、むしろ喜ぶべきことなのである。
そこのところをよく理解し、くれぐれも考え違いをしないように頭を切りかえなければならない。

☆ 敗血症はなぜ姿を消したか ☆
昔は、敗血症という病気がたくさんあった。
血が腐る病気で、まず腸の中が腐って毒素や老廃物ができ、それが血液の中に入り、血液に中でウイルスやバクテリアが繁殖する。
ウイルスだけならばなかなか腐らないけど、ウイルスがバクテリアに変わるので、血はどんどん腐っていく。
そのため敗血症になると、二、三日か遅くても四、五日くらいで死んでしまう。完全な命取りであった。
こういう病気が、三、四十年ぐらい前まで相当あったが、ここ二、三十年来、まったく姿を消してしまった。

私は、敗血症がどうして無くなってしまったのか、不思議で不思議でしようがなかった。
それについて私なりに考えて思いついたことは、体がガンという浄血装置をつくることを覚えはじめたためだということである。
敗血症では二、三日で死んだ人たちが、ガンになって1年なり2年なり生き延びるようになった。
ガンという病気でガン・センターなどに入ると、半年ぐらいで死ぬが、なにもしなければ二,三年は生き延びるのである。

有名な方たちが、ガンになってガン・センターに入る、すると皆六ヶ月ぐらいで死んでしまう。
私が不審に思うのは、入院する時はその人たちのガンの病状はそれぞれ違っていたはずであるのに、きまったように六ヶ月ぐらいで死んでしまうことだ。

ということは、人為的に殺しているということではないか。

大量の制ガン剤を与えたり、放射線をかけたりの治療法をやっているから、申し合わせたように半年ぐらいで死んでしまうのである。

それに対して、何んにもしなければ二、三年は生き延びられる。
それというのもガンというオデキが、浄血の役割をはたしてくれているからである。

敗血症だったら二、三日で死ぬべき人が、ガンというオデキをつくることによって、二、三年
生き延びられるのだから、ガンに対して感謝しなければバチがあたる、というものだ。

ガンになったということは、非常にお目出たいことだから、赤飯を炊いてお祝いしなければならない。
それも一回ぐらいでは申しわけない。365日やってもいいくらいのものである。

恐ろしいのは、ガンの腫瘍をやっつければそれで解決する、と安易に考えている愚かしさのほうだ。

ガン細胞にこんな役割があったとは驚きです。
また、この理論が約30年前に登場したときは、異端視されマスコミも報道しなかったそうです。改めて「少食」の可能性について、注目していきたいと思いました。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 乃依 2011年12月17日 14:52:56: YTmYN2QYOSlOI : ebLMWzltbQ
なるほどと思います。

02. 2011年12月17日 21:34:52: f2bDRcpoc2
そうなんですね。
日本ではすでに40年余り前に国会特別委員会で証言記録があります。
それは封印されたんですね。なぜでしょうか?
真実はあなたに見えないようにする。

すでに本でも書かれていました。
「食と生命」松本英聖著
http://homepage3.nifty.com/himaari/syoku1.htm
http://homepage3.nifty.com/himaari/syoku2.htm
http://homepage3.nifty.com/himaari/syoku3.htm


03. 藪素人 2011年12月18日 09:46:27 : BhHpEHNtX5sU2 : zqw7Lv8Ckk
拙者も「ガンを食べ物で治す法」は読んでおって、強く印象に残っておった。

 最近、近藤誠「患者よ、がんと闘うな」をざっと拾い読みした。抗がん剤は、急性白血病や小児がんなど一部のものに効くだけで、あとは有害無益、手術も早期発見も不要という内容。自ら体験した長い臨床経験から得た結論で、森下理論を間接的に裏付けると思う。
 んだが、がんの本質については何も語っておらず、老化だからしょうがないって言う、てえへん後ろ向きな論で落胆したな。これじゃ積極的な手はなにも打てねえ。

 森下説に従えば、勇気凛凛瑠璃の色だべえ。血をきれいにする食を普段から心がけることと、万一がんになれば、一層徹底することに尽きる。
 「食と生命」も読みもうした。


 森下敬一先生の「食の理論」知ってるかい?
 http://www.asyura2.com/08/health14/msg/123.html
 投稿者 藪素人 日時 2008 年 5 月 23 日 21:29:37: BhHpEHNtX5sU2

 Re: 血液と腸内をきれいにする日常の心がけが健康の要諦でないかえ
 http://www.asyura2.com/09/health15/msg/233.html
 投稿者 藪素人 日時 2010 年 2 月 18 日 21:38:24: BhHpEHNtX5sU2


04. 2011年12月18日 21:25:52 : q1V2fmTanc
癌の正体は免疫だった
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/647.html

05. 2011年12月20日 02:27:02 : Q6bHAqFl3A
ウイルスというものにもまた感謝するべきだ
すべてに無駄は無く無駄を生み出すのは人間の固定化された観念の仕業だ
ウイルスもまた人間の肉体を維持するのに欠かせない要素の一つであり
宿主がストレスを手放さず破壊的な衝動にのまれる時彼らはその役割を理解する
彼らは生命の中の生命でありこの上無く知的である事を忘れない方が良い
人の心的感情にはとりわけ敏感に反応しあらゆる役割に応じて変化する

宿主たる人が自身の体を苛めようとする事が最たる病気の原因だと云う事
そこに気付けばあらゆる病気は産まれない
現代医療であれ代替医療であれ
信じられるものを利用して何かを「信じる」ということが
物事の復帰回復への要諦である
信じると云う事は感謝する出来事のみを期待していると云う事である

ガンは血液さえ汚さなければ産まれる必要が無いのだから
食事に対して注意する事は望まれる
だがそれさえも行き過ぎては別の悩みの引き金を引きかねない

人体のパリエーションは単一ではなく
感性のパターンや嗜好に合わせた生活スタイルも単一ではない
好きな事を制限する事も又ストレスに繋がる
節度をもって人の価値観を理解し合うことが
まず善き知識を有するものとしてのあるべき姿勢である

人によっては生まれつき脂質を分解し難い体質もある
そうした人体にとって肉食はかなり負担のかかる食事である
食べた後よく腹を下したり変調をきたしたり胃に負担がかかるようなら
それはその人には適合しない食事であるとみるべきである
どんな食事がその人に適して居るか否かまで他者である
現在医学に準拠した栄養士や医師に判断させてしまうのは間違いだと言える

血液を濾過する肝臓の働きが弱れば人体の維持は難しくなり命取りになる
ガン細胞はその代替臓器としての役割を果たす為に産まれる
当然正常化を目指すには
肝臓に負担をかける食事やアルコールはもちろん控えるべきであるが
物事への非難だけでなく自身への批判といった負の感情によるストレスが
実のところ何よりも最も身体に負担をかけているのだと云う事を理解された方が良い

すべては他人から齎されるものなどではなく自身でこさえているものである


06. 2011年12月22日 07:05:52 : 34etC6OtgY
しまった。がんを切り取ってしまった。

07. 2011年12月23日 07:05:13 : Gz4aLLEiJg
↑切り取らずに放射線で焼き殺せ!
がん治療の最前線ではこれに勝るものはない。
コンピューター多次元照射の放射線技師の若手は優秀である。
天皇のがんを切り取った医者は権威に凝り固まったアナクロニズムである。

08. 2011年12月23日 14:29:17 : BfmE4nEGqI
癌やエイズにかかった人を完全に治すワクチンはすでにできているのです。
残念ながら医者や製薬会社がこのワクチンを使うのを拒否している。
それは、患者の命よりも自分達の金儲けを優先させているからです。

http://web.archive.org/web/20060113114101/http://www.knetjapan.net/mizumori/articles/chachoua.html


09. シンシア 2014年4月14日 23:43:48 : KY/C/RWJsiMkY : BLNHR1S6Pk

>最近、フランスの学者が、ガンのオデキの中に「抗毒素」が生産され、血液の中に分泌されているということを発見した。

こちらのソースを探したのですが、見つかりません。

>本人も要求しないのに、ウイルスが体の外からいきなり入ってきてガンができる、などということはあり得ない。
レトロヴィルスなどの腫瘍ウイルスによる癌化は起こりえます。

根拠が定かではないですね。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧