★阿修羅♪ > 近代史02 > 573.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
恐るべき”破壊力”を持つ書ー鬼塚英昭著『原爆の秘密〔国内編〕〜昭和天皇は知っていた』
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/573.html
投稿者 仁王像 日時 2011 年 11 月 18 日 21:17:05: jdZgmZ21Prm8E
 

 ”破壊力”とは日本を中心とした近代史に対して。ここで書かれている内容の一端はわずかながら鬼塚『日本のいちばん醜い日』にも示唆されていたが、ここまで突っ込んで来ているとは思わなかった。
 ノンフィクション作家、鬼塚氏の「魂」とは何であろうか。この民族の血が「氏の魂」を通して滾(たぎ)り立っているように思える。
 姉妹編の『原爆の秘密〔国外編〕』も合わせて読まれたい/仁王像

『原爆の秘密〔国内編〕〜昭和天皇は知っていた』鬼塚英昭/成甲書房‘08年
 の第一章から一部抜粋・要約

第一章 原爆投下計画と第二総軍の設立
<第二総軍設立の理由に迫る>
・私は第二総軍※1は最初から、すなわち鈴木内閣ができてから、終戦工作の一環としてつくられたものと思っている。終戦工作とは何か。簡単明瞭に書くならば、原爆誘導および処理のために、天皇が畑を呼びよせつくったものである、と書いておく。どうしてか。
 一、原爆投下情報を完全に知りながら、それを全部封印した。
 二、8月3日から6日にかけて。原爆投下予定地を中心に、大勢の人々を集めた。
 三。武器弾薬も食料もないのに、たくさんの兵を召集し、その兵たちを九州に送り込んだ。 
 ※1)本土を二分して東部を第一総軍(杉山元元帥)、西部を第二総軍(畑俊六
元帥)の担当とし、予想されるアメリカ軍の九州上陸オリンピック作戦に備えて
いた。第二総軍は広島に本拠を置いて、準備を進めていた。

・畑元帥と大屋中佐は、刻々と変更される投下日時の把握に追われていた。それで、大屋中佐はもう一つの傍受室をつくるのである。…大屋中佐は鯉城(広島城)の近くに女性の二世を20名ばかり集めて、ブロークン・イングリッシュを解読させていたのである。彼は、この情報を有末中将※2に伝え、有末中将は同部に所属する皇弟。三笠宮崇仁中佐に伝えていたのである。
 テニアンから刻々と入る情報で、「8月6日8時15分」の投下時刻を正確に知ると、畑元帥と大屋中佐は大衆動員を原爆中心地近くにかけ、大阪から鹿児島までの将校たちを8月6日午前8時(これは9時に変更される)に爆心地近くの陸軍の社交場。偕行社に集まれと司令官命令を出すのである。戦争終結に導くスペクタクル・ショーの演出をやってみせるのである。
・ゴードン・トマスとマックス・モーガン=ウィッツの『エラノ・ゲイ』(1980年)の続きを見よう。

  日本とマリアナ諸島との間には1時間の時差があるから−広島のほうがテニアン島 より1時間遅かった−そのラジオのテストが広島の時間で午後3時か4時頃行われる とすれば、モニターはその夜空襲があることを知り得た。モノターを傍受したテスト の回数で、空襲にやってくる敵機の数をおおよそつかむことができた。モニターはそ の報告を上司に渡し、上司はそれを通信司令室へ送り、そこから西日本全体の防空組 織へ情報が流された。それだけのことがわずか数分間でできた。

 畑元帥と大屋中佐がどれほどテニアン基地の情報を知り得る立場にあったかが、この文章を読めば理解できる。一つの謎、畑と大屋は他の誰にも知られたくない独自の情報網が必要ではなかったのか。それで鯉城近くに、わざわざ二世の女性を20人ばかり使った秘密の傍受室と応答室をつくった。そこで、テニアンにいる秘密室と直接に原爆情報のやりとりをした。
 第二総軍から情報が流されていたが、原爆の情報は中国軍管区に届いてはいない。原爆の情報はすべて、畑と大屋の二人で闇のうちに処理されたのである。どうしてか? 劇的な演出で、多くの広島市民に死んでもらうためである。スペクタクルが必要であった。
 スティムソン(陸軍長官)は天皇にそれを期待したのである。天皇の特命を受けた畑は、大屋を三笠宮と有末のもとから強引に呼び寄せ、演出を担当させたのである。
 原爆投下を事前に多くの人々が知っていたのである。どうして第二総軍においておや、である。
  ※2)戦後、謀略機関で働いた連中は、ほとんどが自由の身となり、権力と富を得  た。元参謀本部第二部長有末精三陸軍中将も例外ではなかった。「有末機関」をつ  くり、米軍に協力した。

<原爆投下予告を確かに聴いた人々>
 (要旨)〔ロンドンのBBC放送を中継した内容のインド・ニューデリー放送は、原爆開発、投下の情報も伝えていた。それを聞いてノートに書き移す仕事をしていた少年兵がいた。VOA放送を傍受した広島逓信局勤務の無線技師の証言もある。
 また、「伝単」という飛行機から大がかりに散布された宣伝ビラの中にも「8月5日」、広島を大空襲する」というのがあった。広島上空で撃ち落とされた捕虜になった米兵のなかにも「近いうちに広島が全滅するような爆弾が投下される。ここにいたら死ぬ」とおびえているものがいた。〕

・大屋中佐は間違いなく、「マリアナ諸島から来た上級将校(捕虜)」を手に入れた。そして情報を聞き出すと、彼らを特別の場所に隔離した。その情報は間違いなく畑元帥と共有し、そして有末中将のもとへ送られた。しかし、広島に原爆が落ちるという情報は一部の憲兵のみが知るだけで封印された。広島に原爆が落ちるよう準備するのが、大屋中佐、畑元帥に命じられた、“至高の人”からの“お頼み”であったからに他ならない。
・間違いなく広島の警察内部でも、原子爆弾の風評が広まっていたのである。もし、第二総軍の大屋角造中佐と畑俊六元帥に、アメリカの兵士が示したであろう、良心のひとかけらさえあれば、広島の惨劇も、そして長崎の惨劇も防ぎ得た可能性が大であったのだ。(以下、略)

 (関連)
 http://www.asyura2.com/10/idletalk39/msg/624.html#c4

http://www.asyura2.com/10/idletalk39/msg/624.html#c5
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月18日 21:50:17: FijhpXM9AU
911見たいな事件を実際に見聞した後では、こういう話を荒唐無稽と片付けることは到底できない。

02. 2011年11月18日 22:08:24: j8DlsR41DQ
民度が低いからね。当時言っても原爆なんて信用されんだろう。今日でも放射能がでてても国民の多くが認識できない。当時秘密なら現在でも秘密が多いでしょうね。当時のことでもどのくらいわかってるのか。なんで今の時期にだしてきたか。

想像する理由は、ポールシフトが来年おきて日本は海の底になるから、もういいだろうと。
天皇制を廃止するため。でび婦人とかの行動も同じ。
東京と文殊を地震で破壊する予定だから、だんでも言え笑。日本が終わるから。

以上だけど全部違うだろうね。想像ではだめだよね。検証していかないとね。


03. 仁王像 2011年11月19日 10:08:29: jdZgmZ21Prm8E : zqw7Lv8Ckk
 (追加)
第二章 「原爆殺し」の主犯を追跡する
<日本侵攻計画と第二総軍との「不可解な暗号」>
・スティムソンは原爆を日本に確実に落とす、という約束をロックフェラー、モルガン、イギリスの金融界の面々としていた。そこでスティムソンは、原爆(ウラン爆弾とプルトニューム爆弾)が完成するまで戦争を延ばさなければならなかった。スティムソンはマーシャル参謀総長に話を持ちかけ、オリンピック作戦をつくらせた。そして、この計画をグルー(国務次官、元駐日大使)のルートで「日本の指導者の一部」に伝えた。

・NHK広島放送局原爆取材班の『原爆搭載機「射程内に在り』を続けて読む。
 「アメリカ軍がオリンピック作戦を練っていく一方、日本軍は本土決戦の体制を整えつつあった。このため創設された第二総軍をはじめとして、広島への各部隊への集中は凄まじいものがある。…」
 この8万人にものぼる軍人たちが、8月6日にほとんど被爆死するのである。生き残ったものはごく少数である。これには理由がある。彼らのほとんどは、原爆投下中心地からごく近いところにいたからである。

<発令されなかった警戒警報>
 (略)

(「暗号」→「符号」の間違いではないか/引用者)


04. 2011年11月19日 15:51:12: x0AvuO3loQ
くそ、どう言う理由かは良く理解出来ないけど、8個師団が全滅かよ。陰謀ほど聞いてて嫌な物は無い。

05. 仁王像 2011年11月19日 16:11:01: jdZgmZ21Prm8E : zqw7Lv8Ckk
 (追加)
第三章 長崎への原爆投下は真珠湾奇襲の復讐である。
<「長崎は小倉の代替地説」のウソを暴く>
・1945年4月27日に、目標検討委員会の初会合が開かれた。『資料マンハッタン計画』の中の…文中に「最高指揮官」とあるのはスティムソン陸軍長官である。「いつ、どのように出撃するかについて責任をもつ」と書かれている。
 すなわちスティムソン(ヘンリ・スティムソン=モルガン財閥の一員)が、8月6日午前8時15分に広島に原爆を落とさせたのである。トルーマン大統領は何も知らされず、ポッダムからの帰りの軍艦の中でこのことを初めて知ったのである。

06. 2011年11月19日 18:44:21: lGQ9x4NIUs
> テニアンから刻々と入る情報で、「8月6日8時15分」の投下時刻を正確に知ると、畑元帥と大屋中佐は

一体誰が テニアンから刻々と「8月6日8時15分」の投下時刻の情報をどのように畑元帥と大屋中佐に伝えたのか?

テニアンに日本兵を偲ばせて置いても「8月6日8時15分」の投下時刻の情報は分かるはずがない。
また、情報を電波で発信すれば、電波探知機で発信源は直ぐに見つかり、米軍に捕まる。
根拠を示さなければ、荒唐無稽のフィクションである。

> ・ゴードン・トマスとマックス・モーガン=ウィッツの『エラノ・ゲイ』(1980年)の続きを見よう。
> 畑元帥と大屋中佐がどれほどテニアン基地の情報を知り得る立場にあったかが、この文章を読めば理解できる。

この本のどのページに「畑元帥と大屋中佐がどれほどテニアン基地の情報を知り得る立場にあった」が書いてあるのか?
引用された記事が書いてあるページを示して欲しい。
さもなければ、「『エラノ・ゲイ』(1980年)の続きを見よう」は信用できない。


07. 仁王像 2011年11月19日 20:16:09: jdZgmZ21Prm8E : zqw7Lv8Ckk
 >>06
 p29〜p30にあります。長くなるので引用は中ほどの1/3ぐらいに絞ってあります。原著をお読みください。

08. 2011年11月19日 22:06:38: lGQ9x4NIUs
>>07. 仁王像 2011年11月19日 20:16:09: jdZgmZ21Prm8E : zqw7Lv8Ckk
> p29〜p30にあります。長くなるので引用は中ほどの1/3ぐらいに絞ってあります。原著をお読みください。

ゴードン・トマスとマックス・モーガン=ウィッツ、松田銑訳『エラノ・ゲイ』TBSブリタニカ 初版(1980年)のp29〜p30には何処にもそのような記述はない。

p.29 の4行目は 
一九四四年九月八日ーーワシントンDC、ペンタゴン の見出し
p.30の後ろから8行目には
一九四四年九月九日ーー広島市双葉山 の見出し

があるが、
「テニアンから刻々と入る情報で、「8月6日8時15分」の投下時刻を正確に知ると、畑元帥と大屋中佐は・・」
と言う文章は存在しない。

どのページにあるのか、知らせて下さるように再度お願いしたい。


09. 仁王像 2011年11月20日 08:51:13: jdZgmZ21Prm8E : zqw7Lv8Ckk
>>08
 私が引用しているのは、鬼塚氏の著作からで、「エラノ・ゲイ」ではない。鬼塚氏の著作のp29〜p30に「エラノ・ゲイ」からの引用があるということ(他の個所にもたくさん引用している)。
 原著というのは鬼塚氏の著作のことで、「エラノ・ゲイ」ではない。

>「テニアンから刻々と入る情報で、「8月6日8時15分」の投下時刻を正確に知ると、畑元帥と大屋中佐は・・」
と言う文章は存在しない。

 上の文章は、鬼塚氏の著作のp29にあるもので、「エラノ・ゲイ」にあるものではない。


10. フシギ空間 2011年11月20日 10:02:47: OmtZW.QhVGmO2 : 6wIlwRfPE6
ヨタ話
・テニアン島から飛来するのに広島に無線傍受施設を作る意味が皆無
・スペクタルは陸上で起こる必要なし、むしろ関東近辺を目標としたほうが誰にも理解しやすい
・原爆の威力を知っていようが知らないが迎撃には上がらないといけない
 迎撃機は撃墜しないように指示を出されていたのか?
・広島上空で落とされたパイロット程度が米軍の極秘情報を知り得ていたとは思えない

以上


11. 2011年11月20日 11:33:46: lGQ9x4NIUs
>>09. 仁王像 2011年11月20日 08:51:13: jdZgmZ21Prm8E : zqw7Lv8Ckk
> 私が引用しているのは、鬼塚氏の著作からで、「エラノ・ゲイ」ではない。鬼塚氏の著作のp29〜p30に「エラノ・ゲイ」からの引用があるということ(他の個所にもたくさん引用している)。

と言うことは、
> 「・ゴードン・トマスとマックス・モーガン=ウィッツの『エラノ・ゲイ』(1980年)の続きを見よう。」

ではなく、「鬼塚氏の著作の続きを見よう」ということですか。
文章は正確に書いてほしいと思います。

・ゴードン・トマスとマックス・モーガン=ウィッツの『エラノ・ゲイ』(1980年)を子細に見ましたが、どこにも「テニアンから刻々と入る情報で、
「8月6日8時15分」の投下時刻を正確に知ると、畑元帥と大屋中佐は・・」
の文章はありません。

すなわち、鬼塚英昭氏はゴードン・トマスとマックス・モーガン=ウィッツの『エラノ・ゲイ』からの引用と称して、勝手にでたらめな文章を書いたと言うことです。
何故、鬼塚英昭氏はありもしない文章を偽造したのか、その意図が問題です。

投稿者 仁王像さんには、ゴードン・トマスとマックス・モーガン=ウィッツの『エラノ・ゲイ』を自身で読んで検証されることを望みます。
鬼塚英昭氏の嘘に騙され、かつ、日本国民を騙すのは反社会的行為です。


12. 仁王像 2011年11月20日 12:04:58: jdZgmZ21Prm8E : zqw7Lv8Ckk
>>11

 >『エラノ・ゲイ』(1980年)の続きを見よう。」

 というのは鬼塚氏の文章(引用者がねつ造しているわけではない)。その後に一行づつ開けてけて引用している部分が「エラノ・ゲイ」からのもの。
 そこは貴殿の手元にある本から確認できるはず。

 >「8月6日8時15分」の投下時刻を正確に知ると、畑元帥と大屋中佐は・・」
の文章はありません。

 上の文は鬼塚氏の見解なので、「エラノ・ゲイ」には無いはず。鬼塚氏の原著を読めば、鬼塚氏が自分の意見と引用をきちんと区別して紛れないようにしている。

 鬼塚氏が文章を偽造しているかどうかは、原著を見れば一目瞭然である。原著を確かめられたい。


13. 2011年11月20日 22:31:51: lGQ9x4NIUs
>>12. 仁王像 2011年11月20日 12:04:58: jdZgmZ21Prm8E : zqw7Lv8Ckk

次の文章は勿論「エラノ・ゲイ」にはない。

「畑元帥と大屋中佐がどれほどテニアン基地の情報を知り得る立場にあったかが・・・
原爆の情報はすべて、畑と大屋の二人で闇のうちに処理されたのである。
劇的な演出で、多くの広島市民に死んでもらうためである。
広島に原爆が落ちるという情報は一部の憲兵のみが知るだけで封印された。」

この投稿文では、どの文章が「エラノ・ゲイ」からの引用で、どれが鬼塚氏の空想なのか全く分からない。
上の文は、鬼塚氏の見解、つまり、鬼塚氏の空想ですか?

> 鬼塚氏が文章を偽造しているかどうかは、原著を見れば一目瞭然である。原著を確かめられたい。

当方には、鬼塚氏が架空の話を書いていることは、原著を見なくても一目瞭然です。


14. 仁王像 2011年11月21日 19:59:25: jdZgmZ21Prm8E : zqw7Lv8Ckk
 >>13

>この投稿文では、どの文章が「エラノ・ゲイ」…で、どれが鬼塚氏の空想なのか全く分からない。

 ふむ、分からず屋めが。

>鬼塚氏が架空の話を書いていることは、原著を見なくても一目瞭然です。

 カラスの勝手だ!


15. 仁王像 2011年11月21日 20:11:18: jdZgmZ21Prm8E : zqw7Lv8Ckk

 (第ニ章から補足)
<演出された投下時間「8時15分の意味」>
・中条一雄『原爆は本当に8時15分に落ちたか』(2001年)と、もう一冊、諏訪登『広島原爆 8時15分の意味』(2003年)を読み、私は一つの結論に達した。「広島原爆は完全に仕組まれていた!」と。…アメリカ側と日本側は「8時15分」で合意に達していた。
 私が諏訪の本を読みつつ思ったのは、「8時15分」が最も劇的に、広島市民を大量虐殺しえる時間ではなかったか、ということである。歌田明弘が『科学大国アメリカは原爆投下によって生まれた』の中で、「日本、ソ連、アメリカ国民―この三通りの観客に向けて最大の効果を発揮すべく、原爆投下という“スペクラクル”は周到に準備された」と書いている(姉妹書「国外編」でも紹介)。


 (第四章と第五章から)
第四章 悲しき記録、広島・長崎の惨禍を見よ
<日本政府も認めた公式見解「広島・長崎に放射能なし」>
・姉妹書の「国外編」でこう書いた。
 「原爆は、二種類がつくられた。その一つはウラン爆弾であった。それは威力が小さかった。もう一つのプルトニーム爆弾は威力が強かった。どうしても両方を落とさないと、アメリカは、ロックフェラーとモルガンに申し訳ない事態に陥ることになる。それが、広島、長崎への原爆投下の理由であった」
 これが現実化された、そのためには落とされる側の全面協力が必要なのは自明の理である。日本人は半世紀以上すぎても、この自明の理を理解しえていないのである。第二総軍の創設も、長崎港にいた1000人ものアメリカ人の捕虜が、あの瞬間だけ姿を消すのも、すべて自明の理なのである。


第五章 見捨てられた被爆者たち
<原爆はどのように報道されたのか>
・国際金融寡頭勢力にとって、放射能汚染による被爆者たちの死が存在するということは、あってはならなかったのである。彼らはアメリカ政府を動かし、マッカーサーを動かし、ついに日本政府と日本の言論機関への口封じに入るのである。
 国家が「原爆患者は存在しない」と発表するのである。原爆による放射能汚染は広島と長崎には存在せず、従って原爆患者は存在しないから、海外からの患者への薬は要りません、と発表するのである。
・国家がなくなってもよい。しかし、なくなったはずの国家が、原爆を落としたアメリカの手先となって、財産も失った者たちに、国際赤十字が提供しようという薬を、与えないで下さい、という権利があるというのか。
 私がたった一人で、汚れちまった、かの時の、天皇を天にいただく国家を告発する理由がここにある。

<国際赤十字社、もうひとつの顔>
 マッカーサーとジュノー博士の努力を裏切ったのは日本赤十字社である。この日本赤十字社の総裁は天皇裕仁の弟の高松宮であった。明確にしたい。天皇裕仁と高松宮がこのジュノーとマッカーサーの申し出を断ったのである。
 どうしてか? スティムソンとの約束(「私には確約がある」との発言※)が怪しくなったからである。天皇は自分自身の安全が脅かされだしたからである。
・原爆被爆者を日本赤十字は裏切ったのである。広島と長崎の被爆者に、「お前たちはくたばってしまえ」と言った人々に対して、読者よ、拳を握りしめて、天誅を加えよ。それらの人々は、この高松宮の日記の中にも、日記の外にもいるのである。
  ※)8月14日(午前)、昭和天皇が畑、永野(修身)、杉山、三人の元帥に
「皇室の安泰について敵側もこれを確約しあり」と語ったことが、
畑俊六『元帥畑俊六獄中獄外の日誌』(1992年)にある。

・2007年の秋、私は報道写真家福島菊次郎の『ヒロシマの嘘』(2003年)を読んだ。…このABCC(原爆障害調査委員会)を告発し続けた男こそは、原爆写真家、否、日本最高の通気ある写真家・福島菊次郎であった。
 彼は、天皇の皇弟高松宮を総裁とあおぐ日本赤十字社がすすんで原爆被爆者を見捨てたことを、はっきり書いている(略)。
 読者よ、この福島菊次郎の「アメリカに生殺与奪の権を委ね切った国」という怒りの言葉を、私は書き続けてきたのだ。誰がどのように国家の生殺与奪の権と、誰に委ねたのか。その点に焦点を絞って私は書いてきた。


16. 仁王像 2011年11月21日 20:19:38: jdZgmZ21Prm8E : zqw7Lv8Ckk
 「通気ある」→「勇気ある」に訂正。

17. 仁王像 2011年11月22日 20:17:11: jdZgmZ21Prm8E : zqw7Lv8Ckk
 (第三章から補足)

<カトリックの聖地であるがゆえに狙われたナガサキ>
・ジョージ・ウェラー著、アンソニー・ウェラー編『ナガサキ昭和20年史』(2007年)には、「GHQが封印した幻の潜入ルポ」という副題がついている。ジョージ・ウェラーが残した記録を息子のアンソニー・ウェラーが60年を経て編集し、出版したものである。
その中に「長崎港にある二つの連合軍兵士捕虜収容所におよそ1000人が収容されているが、…原子爆弾で7人のオランダ人とイギリス人一人が死んだ」とある。しかもアメリカ兵は一人も死んでいない。
・長崎ではこの(プルトニューム)爆弾が炸裂した。グローブス将軍やオッペンハイマー博士の予想を上回る成果を上げた。
しかし、ここで奇跡が起こった。爆心地から近いところにいた捕虜収容所の人々はほとんど死なず(1000人中8人が死亡)、原爆病にもかからなかったのである。(第四章に「これは、太平洋戦争最大のミステリーであろう」と著者は書いている)

 >>15
 「権と」→「権を」に訂正


 


18. 2011年11月24日 09:55:15: AUAonEbEXQ
イエズス会の神父達も原爆病にならなかった謎もある。

19. 2012年8月06日 10:10:26 : LALCnAtfxQ
今朝8時からの広島平和式典の中継を見て検索し、此処に辿り着いた。


この本以前立ち読みしたことがあるが、鬼塚が勝手に考えた仮説では無いのか?

昭和天皇がアメリカとそのような取引を本当にやって居たのなら、

戦後の「御巡幸」等の場であのような「立ち振る舞い」が出来ただろうか?

もしもそうだったのなら昭和天皇は、欺瞞を顔に出さず国民を欺いた余程の

超演技者としか思えない。普通の人間なら良心の呵責に耐えきれるものでは無い。

昭和天皇がそのような人間だったとは、どう考えても思えない。

鬼塚は、所々で昭和天皇への批判の言葉を書いているので、個人的に昭和天皇を

嫌悪し、仮説を創ったのではないのか?

それと、西日本の防衛を担当した畑俊六元帥の部下諜報主任の大屋中佐が

死んで欲しくない人には耳元で「明日広島に特殊爆弾が投下される。」

とささやいて廻ったと記されているが、もし事実なら、

聞いた誰かが戦後ばらしていても可笑しくない話では無いのか?

この辺りが納得出来ない詐話としか思えないが・・・。


20. 2013年4月06日 10:19:59 : tt41PPFNr2
アメリカの本土上陸に備えて九州方面に配備しようとした
とっておきの軍を拠点の広島に集めてたら、
日本の暗号情報がダダ漏れで、
一網打尽にされただけなんじゃないの?

アメリカ視点では、
「新兵器の実験できて、かつ上陸後に対峙するはずの敵戦力を撃滅できた」
のだから一石二鳥でしょ。
これをきっかけに日本が降伏するもよし、
抵抗されても主戦力を撃滅できていて、それもまたよし、って感じで。

日本視点で言えば、
「軍の壊滅と、更なる原爆の脅威」
とが、無条件降伏の最後の引き金になったんでは?


21. 2014年2月15日 17:11:02 : wrjgcogkJo
美国の悪魔的作戦はまだまだ続く日本が標的

22. 2014年10月26日 05:55:18 : AiChp2veWo
正しいことを書き公表するのはとにかく大切だ。だが、鬼塚氏は日本を貶めるような書き方が多いと感じるのは私だけか。全然深く読んでいないが。日本の素晴らしい処ももっと書けばと思う。米国のこれらのやり方はわが祖国の云々より断然追求して欲しいのだが。原爆投下については、別に氏の本を読まなくとも、広島に米機が侵入してきてもサイレンが(空襲警報が)鳴らなかったり、迎撃のための飛行機が飛び出したのかどうかも分からないのでは、なんだこれと、誰もが感じていたはずだ。仁科博士でなく、岡崎の彦坂先生、すでに猛毒の出ない原発に原子力の方向を定めていた、との話はどうなのか。当時の欧米社会で原子物理学の最高権威、と言われていたボーアのその上を行く原子物理学理論をすでに持っていたと言われる岡崎のこの彦坂先生の話はどうなのか。鬼塚氏は日本の恥部や天皇のあれこれを記述していて、日本を貶めて国民の誇りや忠義の心を空中に放り投げ解体して、相手国の悪辣さはあまり聞こえてこないような書き方に思う。彼は何を言いたいのか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 近代史02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 近代史02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧