★阿修羅♪ > 近代史02 > 575.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
続・: 恐るべき”破壊力”を持つ書ー鬼塚英昭著『原爆の秘密〔国内編〕〜昭和天皇は知っていた』
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/575.html
投稿者 仁王像 日時 2011 年 11 月 23 日 09:57:29: jdZgmZ21Prm8E
 

(回答先: 恐るべき”破壊力”を持つ書ー鬼塚英昭著『原爆の秘密〔国内編〕〜昭和天皇は知っていた』 投稿者 仁王像 日時 2011 年 11 月 18 日 21:17:05)

 第一章だけで、止めるはずだったが、読み進みながら第二章以下を前稿に断片的にぶら下がらせる結果になった。ここに整理し再アップさせていただく。
 また、長くなるので引用はしなかったが、第四章では湯川秀樹が俎上に上がっている。広島に原爆が落とされることが、彼のルートで8月より3か月も前の5月に入ってきて、これを聞かされた京大の学生が、両親を広島市から近郊に疎開させて難を逃れた実話が紹介されている。ノーベル賞は、少なくとも仁科芳雄と二人で授賞すべきものではなかったかとの、指摘もある。
 また何故、湯川が生涯「世界連邦主義者」だったのかも究明されている。これまでの湯川秀樹観を打ち砕く内容である。
 さらに補足すれば、鬼塚氏をここまで突き動かしてきたのは被爆者たちの手記であった。手記や記録から氏はエネルギーを供給され続けてきた/仁王像

 鬼塚「私はたくさんの記録を読んできた。…原爆患者たちの手記を記録を読んで、私は彼らから、この本を書くエネルギーと勇気を与えられ続けたのである」p168。

第二章 「原爆殺し」の主犯を追跡する
<日本侵攻計画と第二総軍との「不可解な暗号」>
・スティムソンは原爆を日本に確実に落とす、という約束をロックフェラー、モルガン、イギリスの金融界の面々としていた。そこでスティムソンは、原爆(ウラン爆弾とプルトニューム爆弾)が完成するまで戦争を延ばさなければならなかった。スティムソンはマーシャル参謀総長に話を持ちかけ、オリンピック作戦をつくらせた。そして、この計画をグルー(国務次官、元駐日大使)のルートで「日本の指導者の一部」に伝えた。

・NHK広島放送局原爆取材班の『原爆搭載機「射程内に在り』を続けて読む。
 「アメリカ軍がオリンピック作戦を練っていく一方、日本軍は本土決戦の体制を整えつつあった。このため創設された第二総軍をはじめとして、広島への各部隊への集中は凄まじいものがある。…」
 この8万人にものぼる軍人たちが、8月6日にほとんど被爆死するのである。生き残ったものはごく少数である。これには理由がある。彼らのほとんどは、原爆投下中心地からごく近いところにいたからである。
<発令されなかった警戒警報>
 (略)

(「暗号」→「符号」の間違いではないか/引用者)

 <演出された投下時間「8時15分の意味」>
・中条一雄『原爆は本当に8時15分に落ちたか』(2001年)と、もう一冊、諏訪登『広島原爆 8時15分の意味』(2003年)を読み、私は一つの結論に達した。「広島原爆は完全に仕組まれていた!」と。…アメリカ側と日本側は「8時15分」で合意に達していた。
 私が諏訪の本を読みつつ思ったのは、「8時15分」が最も劇的に、広島市民を大量虐殺しえる時間ではなかったか、ということである。歌田明弘が『科学大国アメリカは原爆投下によって生まれた』の中で、「日本、ソ連、アメリカ国民―この三通りの観客に向けて最大の効果を発揮すべく、原爆投下という“スペクラクル”は周到に準備された」と書いている(姉妹書「国外編」でも紹介)。


第三章 長崎への原爆投下は真珠湾奇襲の復讐である。
<「長崎は小倉の代替地説」のウソを暴く>
・1945年4月27日に、目標検討委員会の初会合が開かれた。『資料マンハッタン計画』の中の…文中に「最高指揮官」とあるのはスティムソン陸軍長官である。「いつ、どのように出撃するかについて責任をもつ」と書かれている。
 すなわちスティムソン(ヘンリ・スティムソン=モルガン財閥の一員)が、8月6日午前8時15分に広島に原爆を落とさせたのである。トルーマン大統領は何も知らされず、ポッダムからの帰りの軍艦の中でこのことを初めて知ったのである。

<カトリックの聖地であるがゆえに狙われたナガサキ>
・ジョージ・ウェラー著、アンソニー・ウェラー編『ナガサキ昭和20年史』(2007年)には、「GHQが封印した幻の潜入ルポ」という副題がついている。ジョージ・ウェラーが残した記録を息子のアンソニー・ウェラーが60年を経て編集し、出版したものである。
 その中に「長崎港にある二つの連合軍兵士捕虜収容所におよそ1000人が収容されているが、…原子爆弾で7人のオランダ人とイギリス人一人が死んだ」とある。しかもアメリカ兵は一人も死んでいない。
・長崎ではこの(プルトニューム)爆弾が炸裂した。グローブス将軍やオッペンハイマー博士の予想を上回る成果を上げた。
 しかし、ここで奇跡が起こった。爆心地から近いところにいた捕虜収容所の人々はほとんど死なず(1000人中8人が死亡)、原爆病にもかからなかったのである。(第四章に「これは、太平洋戦争最大のミステリーであろう」と著者は書いている)

第四章 悲しき記録、広島・長崎の惨禍を見よ
<日本政府も認めた公式見解「広島・長崎に放射能なし」>
・姉妹書の「国外編」でこう書いた。
 「原爆は、二種類がつくられた。その一つはウラン爆弾であった。それは威力が小さかった。もう一つのプルトニーム爆弾は威力が強かった。どうしても両方を落とさないと、アメリカは、ロックフェラーとモルガンに申し訳ない事態に陥ることになる。それが、広島、長崎への原爆投下の理由であった」
 これが現実化された、そのためには落とされる側の全面協力が必要なのは自明の理である。日本人は半世紀以上すぎても、この自明の理を理解しえていないのである。第二総軍の創設も、長崎港にいた1000人ものアメリカ人の捕虜が、あの瞬間だけ姿を消すのも、すべて自明の理なのである。

第五章 見捨てられた被爆者たち
<原爆はどのように報道されたのか>
・国際金融寡頭勢力にとって、放射能汚染による被爆者たちの死が存在するということは、あってはならなかったのである。彼らはアメリカ政府を動かし、マッカーサーを動かし、ついに日本政府と日本の言論機関への口封じに入るのである。
 国家が「原爆患者は存在しない」と発表するのである。原爆による放射能汚染は広島と長崎には存在せず、従って原爆患者は存在しないから、海外からの患者への薬は要りません、と発表するのである。
・国家がなくなってもよい。しかし、なくなったはずの国家が、原爆を落としたアメリカの手先となって、財産も失った者たちに、国際赤十字が提供しようという薬を、与えないで下さい、という権利があるというのか。
 私がたった一人で、汚れちまった、かの時の、天皇を天にいただく国家を告発する理由がここにある。

<国際赤十字社、もうひとつの顔>
 マッカーサーとジュノー博士の努力を裏切ったのは日本赤十字社である。この日本赤十字社の総裁は天皇裕仁の弟の高松宮であった。明確にしたい。天皇裕仁と高松宮がこのジュノーとマッカーサーの申し出を断ったのである。
 どうしてか? スティムソンとの約束(「私には確約がある」との発言※)が怪しくなったからである。天皇は自分自身の安全が脅かされだしたからである。
・原爆被爆者を日本赤十字は裏切ったのである。広島と長崎の被爆者に、「お前たちはくたばってしまえ」と言った人々に対して、読者よ、拳を握りしめて、天誅を加えよ。それらの人々は、この高松宮の日記の中にも、日記の外にもいるのである。
  ※)8月14日(午前)、昭和天皇が畑、永野(修身)、杉山、三人の元帥に
「皇室の安泰について敵側もこれを確約しあり」と語ったことが、
畑俊六『元帥畑俊六獄中獄外の日誌』(1992年)にある。

・2007年の秋、私は報道写真家福島菊次郎の『ヒロシマの嘘』(2003年)を読んだ。…このABCC(原爆障害調査委員会)を告発し続けた男こそは、原爆写真家、否、日本最高の勇気ある写真家・福島菊次郎であった。
 彼は、天皇の皇弟高松宮を総裁とあおぐ日本赤十字社がすすんで原爆被爆者を見捨てたことを、はっきり書いている(略)。
 読者よ、この福島菊次郎の「アメリカに生殺与奪の権を委ね切った国」という怒りの言葉を、私は書き続けてきたのだ。誰がどのように国家の生殺与奪の権を、誰に委ねたのか。その点に焦点を絞って私は書いてきた。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 仁王像 2011年11月23日 16:47:52: jdZgmZ21Prm8E : zqw7Lv8Ckk
 (第三章から追加)

<カトリックの聖地であるがゆえに狙われたナガサキ>
・『米軍資料 原爆投下の経緯』には、(小倉に続いて)長崎について詳細な工業と人口などが書かれている。…私はこの文中にある「三菱製鋼および兵器工場(目標546)と、その新しい圧延工場(目標1795)は、長崎北部の浦上川沿いに位置し、海軍の兵器工場(主として魚雷)と共に、船舶用鉄板、鋳造物などを造る造船工場と一体となっている」に注目する。ここを目標に原爆が落とされたからである。広島市は中心に落とされた。長崎は三菱製鋼に、である。
 私はこの「魚雷」が真珠湾攻撃で使用されたことと、原爆が長崎に落とされたこととは、かなり関係があると見ている。…真珠湾攻撃で最も日本側の勝利に貢献したのが三菱がつくった「魚雷」であった。スティムソンは最後の最後で、長崎のあの「魚雷」を製造した工場を投下目標にし、プルトニューム爆弾を落とさせたのではなかったか。

 (注)三菱重工長崎兵器製作所は、爆心から1.5km圏内に、浦上天主堂、長崎医科大学および付属病院は1km圏内に、長崎港にある三菱重工長崎造船所は爆心から3.5km圏内にあった。


02. 仁王像 2011年11月23日 17:38:51: jdZgmZ21Prm8E : zqw7Lv8Ckk
 1975.10.31、日本記者クラブでの昭和天皇の「原爆やむをえない」発言の深意も、鬼塚氏の執念の発掘をもって、はじめて深層から捉えられるのではないだろうか。
 またこの時の会見では、ある記者から戦争責任を問われたが、「そういう言葉のアヤについては文学的方面は研究していないので、わかりませんから」とはぐらかしている。


・昭和天皇「原爆投下はやむをえないことと、私は思ってます。」
 http://www.youtube.com/watch?v=NQhVOTS0j7A

・昭和天皇の戦争責任=日本史上最大の無責任男
 http://plaza.rakuten.co.jp/kouzen/diary/200505230000/

 (関連)
・昭和天皇の戦争責任
 http://www.asyura2.com/0502/bd39/msg/213.html
 投稿者 ゴジラズワイフ 日時 2005 年 3 月 15 日 18:34:34: KlbqKLPeasbcI

・恐るべき本である!−鬼塚英昭氏の著作
 http://www.asyura2.com/07/dispute27/msg/230.html
 投稿者 仁王像 日時 2008 年 1 月 01 日 12:53:34: jdZgmZ21Prm8E


03. フシギ空間 2011年11月23日 18:31:42: OmtZW.QhVGmO2 : ZGuMHY1URk
原爆でさえなければ同程度の被害の攻撃があっても一切文句は言わない、
というのがこの手の人のスタンスなんだろうか?

04. 蒲田の富士山 2011年11月23日 22:15:34: OoIP2Z8mrhxx6 : EJftJTdqwQ
勉強になりました。

05. 仁王像 2011年11月24日 20:27:51: jdZgmZ21Prm8E : zqw7Lv8Ckk
 本書はまた、無念の被爆死を余儀なくされたたくさんの人々、そして被爆後生き残っても受けられるはずの医療も受けられずに苦しみながら死んでいった人々への鎮魂歌でもある。
 そして本書もまた、身を削るような命をかけた作業のなかから生まれたに違いない。
 鬼塚英昭氏こそ真に勇気ある戦士、日本男子の鑑である。

 第六章では取材中出会った被爆者・掛井千幸さん(当時78歳)に出会い、その手記を引用し、「名文に巡り合えた。いかなる作家でも、広島のあの日、あの時を、彼女のように描けないだろう。簡潔にして的確、そして詩情が悲しみの中から漂ってくるではないか」と書く。
 そして「彼女は乙女のように微笑んでいた。年を超えた美しい人である。”ああなんて美しい人なんだろう”」と思い続けた、と述懐する。
 重い重いテーマを追及する過程で体験した数少ない「救い」であった。

 (注)彼女は、爆弾炸裂直後、父母の居る広島市に入り被爆した。21日後、実家の場所で白骨化した両親を見つける。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 近代史02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 近代史02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧