★阿修羅♪ > リバイバル3 > 640.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
『冷たい熱帯魚』 Cold Fish 2010年 日活
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/640.html
投稿者 中川隆 日時 2016 年 5 月 08 日 17:23:27: 3bF/xW6Ehzs4I koaQ7Jey
 

(回答先: 映画 震える舌 1980年 松竹 投稿者 中川隆 日時 2016 年 4 月 28 日 23:42:49)


『冷たい熱帯魚』 Cold Fish 2010年 日活
http://video.9tsu.com/video/%E3%80%8E%E5%86%B7%E3%81%9F%E3%81%84%E7%86%B1%E5%B8%AF%E9%AD%9A%E3%80%8FCold_Fish%E3%80%8CEnglish_subtitles%E3%80%8D%E3%80%8CR18_%E3%80%8D
http://www.dailymotion.com/jp/relevance/universal/search/Nettaigyo+vostfr+part+/1
http://muryoueiga.com/blog-entry-8763.html


1993年に起こった埼玉愛犬家連続殺人事件をベースとした物語

監督 園子温


キャスト

社本信行(しゃもと のぶゆき) - 吹越満
『社本熱帯魚店』の店主。気弱で大人しい性格で、自分の思っていることをあまり口にしない。
妙子と美津子の家族3人で仲良く過ごすことを夢見ているが未だ叶っていない。

趣味は星を見ることで、作中でも地元のプラネタリウムに何度か行っている。
幸雄から「海外から輸入した高級熱帯魚の養殖で儲けませんか」と話を持ちかけられる。しかし直後に目の前で幸雄が殺人を犯すところを見てしまい、自身も犯罪に巻き込まれていく。

村田幸雄 - でんでん
『アマゾンゴールド』という熱帯魚店を経営。
『社本熱帯魚店』よりも広い店内にたくさんの水槽が並び、約3,000種類の魚を所有している。信行から「ちょっとした水族館みたい」と言われる。

仕事柄、非常に明るくおしゃべり好きで気さくなおじさん。
子供の頃、はらきり山にある教会のような建物で暮らしていたことがあるが、作中では寂れている。
愛車は赤いフェラーリ。ますだの店で美津子が万引きしたのを目撃してかばったことから社本家と関わりを持つ。しかし本性を現すと、巧みな話術と暴力によって徐々に信行たちの心を侵食し始める。

村田愛子 - 黒沢あすか
幸雄の妻。30代ぐらいの若い妻で幸雄よりだいぶ年下。
露出度の高い服や派手な色の服を着ている。熱帯魚店の従業員たちを仕切っているが、本人は熱帯魚に興味がない。
当初、幸雄と同じく社本家には猫を被っていたが徐々に声を荒げたり気性の激しい性格を露わにする。幸雄が他人を殺すことやその後の処理にも慣れていて共に犯罪に手を染める。


社本妙子 - 神楽坂恵
信行の後妻。
料理は苦手なのか、レトルト食品やインスタントで家族の食事の準備を済ませる。
かなり大雑把な性格だが、信行によると経営する店の熱帯魚の世話などはちゃんとしているとのこと。喫煙者だが、美津子に嫌がられるために自宅で吸う時は外で吸っている。

後妻ということで美津子に後ろめたさを感じている。
また、うだつが上がらない熱帯魚店の生活に内心不満を感じている。

社本美津子 - 梶原ひかり
信行の長女。実母は3年前に亡くなってまだ日が浅いうちに信行が妙子と再婚したことを快く思っていない。特に後妻となった妙子のことは母親とは認めておらず嫌っている。
素行があまり良くなく、家族と家で食事途中に彼氏とデートに出かけたり、作品の冒頭あたりにますだの店で万引きしている。作中ではほどなくして幸雄の店で働き始める。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%B7%E3%81%9F%E3%81%84%E7%86%B1%E5%B8%AF%E9%AD%9A


『冷たい熱帯魚』そういうことだ、よろしくな!(でんでん風に)


ハア〜・・・・鑑賞し終わって、とりあえず放心・・・・。凄かった・・・。

「恋の罪」が大変 面白かったので(面白い、という表現がちょっと不適切かもしれないんですが、こちらもすごい作品でした)、同じ園監督の本作も観てみた訳です。いやいやいや、すごい話だった・・・。これは「映画」ではなく、「トラウマ」というまったく新しい概念の芸術なのではないだろうか?と、思ったり・・・。

ええと、とりあえず全米アカデミー協会は、主演のでんでんさんにオスカー主演男優賞を5年分をあげて下さい。吹越満さんにも主演男優賞を、黒沢あすかさんには助演女優賞を至急お届けするように、手配の程よろしくお願いします。


オスカー主演男優賞5年分に例えてみましたが、この映画のでんでんさんには 、アンソニー・ホプキンスの「人食いレクター」が、霞んでしまう程の存在感があります。狂気を秘めてるタイプのサイコじゃなくって、パッと見、市井に生息する、ごくごく普通にうざったいガハハ系オヤジのバラバラ殺人鬼。だからこそ、リアルに怖い。


声でかい。オープンマインドすぎ。面倒見良すぎ。いい人なんだけどウザイ。
ウザイけど、ちょっとムゲにするのも悪いな〜と思わせてしまう人という、中小規模自営業の社長によくあるタイプっちゃあタイプ。

しかし、修羅場シーンになると、一瞬で様子が変わるのである。

「あっ、今あっち側に変わった!」ってビクっとするくらいの豹変ぶりで、「うわわわわわ・・・」と、もう後はでんでんの独壇場。

この映画の別名は「ザ・でんでんショー」もしくは「でんでん オン・ステージ」である。
観客はでんでんにより、この恐ろしくも目が離せない「あっち側」の世界に叩き込まれて、「おおおおお・・・・」と身震いするしか ない。


私も今まで色々と映画を観て来たつもりだったけど、これだけ「グロ」と「エロ」が強烈に飛び散っている作品は、世界中広しと言えども、ほとんど存在しないのではないだろうか・・・。

「なんか最近の日本映画ってさ〜、日常の割とどうでもいいことを『ね、ちょっと素敵な話でしょ?ほっこりしたよね?』って撮った雰囲気重視の映画ばっかりだよな〜」って思っていたけれども(例:めがね)。この日本産の映画は、強烈すぎる(園子温監督の作風もあるけど)。


スクリームとか、ジェイソンとか、フレディとか、ゾンビとか、エイリアンとか、貞子とか、怖い映画はこの世の中に腐る程あるけど、実は生きている人間が一番怖いよな〜。

しかも実話に基づいた映画だし 。ボディーが、唐揚げ大の肉片にされた挙げ句、最終的には透明になっちゃうんだもんな〜。


以下、箇条書き感想です。


・不穏な太鼓の音をバックに、スーパーで冷凍食品を買い漁る女・・・
そしてキレながら夕飯の準備(といっても冷凍食品をチンするだけ。味噌汁さえもインスタント)。もうこのオープニング時点で「うわ〜・・・」と、何ともいえない不穏感。

電子レンジの回転皿に、べっとりと油汚れがついてたりして、とってもリアル でした。


・小さな熱帯魚店を経営する男、社本(吹越満)。
小市民でうだつのあがらない男で、常に何かに怯えているような感じの人物。
社本の妙にセクシーな若い嫁、妙子(神楽坂恵)と高校生の娘、美津子(梶原ひかり)と一緒に一切手作り要素のない食事を食べるシーンは寒々しすぎて、食欲減退。

まあ、この映画自体が食欲減退ムービーなのですが。観賞後は「もうしばらく肉はいいか・・・」と思ってしまいます。


・ 若い嫁の妙子は、ムチムチな体がエロイ!
演じるのは「恋の罪」でも、あちら側に堕ちて行く作家の妻を熱演していた神楽坂恵さんです。
今、日本でこれだけエロい身体をしていて、これだけ脱げて、汚れ演技も出来る女優さんがいったい何人いるのでしょうか。神楽坂さんは日本のモニカ・ベルッチと言っても過言ではないと思います。

・あれよあれよと言う間に、村田(でんでん)のペースに載せられる社本。
ああ、詐欺ってこうやって進行していくんだろうなあ・・・と思う。

しかしこの後には、詐欺どころの騒ぎじゃない大惨事が待ち受けているのでした
とにかく、声が大きいガハハ系おやじには、絶対に気をつけようと思うのだった。


・村田の経営する大型熱帯ペット店は、若い女店員が6人もいて、なぜかみんなピッチピチのタンクトップにホットパンツというフーターズ仕様の制服だった。フーターズはプラハにも店舗があるのだが、まだ行ったことがない。

・ 村田の妻、愛子(黒沢あすか)も妙〜に色っぽい。
声もセクシーだし、冬なのに常時ホルダーネックのワンピース着用だ。

彼女は、その時々で一番強い男になび いて生きて行くという戦略を取っていて、まるで戦国時代の女性のよう。生物として正しい判断をしている、したたかな女だった。

・ そして起こる修羅場!
でんでんの豹変ぶりにゾクっとしたのは前述した通り。

山中にある古いキリスト教風小屋がまた怖い!

「まさか、全部写実的に処理する場面を映すつもりか?(ちなみに本作はR18)いくらなんでも、それはないんじゃないかな〜」と思っていたら 、超リアルに全部、いっさいがっさい映っていました。

「あ〜、イカン!これはイカン・・・!」と、凄惨描写に目がクラクラする。

凄惨だけど、まるでマグロ解体ショーのように作業を続ける村田と愛子。

もう絶対に降りることが出来ないジェットコースターは、恐ろしい勢いで加速しはじめる・・・・。R18というレーティングだけど、R28くらいでもいいのではないだろうかと思ったりもする。

・骨を焼くときに醤油をかけるシーンがあるのですが、これは異臭をカバーするためらしいです。あと人に見られても「バーベキューです」と言い訳出来るから、らしい・・・。これから山の中で醤油の匂いがしただけで、恐怖のズンドコにたたき落とされそうです。


・肉や臓器もろもろは「唐揚げ大」にカッ トされて、お魚さんの餌に・・・。
これでボディーを透明にする作業、完了・・・・。

愛犬家殺人事件の後の捜査では、川底をさらって遺体の欠片(歯など)を収集する作業が行われたそうです・・・。いやはや。

・ しかし村田の周りではあまりにも人が消え過ぎなので、警察はどうしてもっと村田の身辺を洗わないのか・・・。
村田はボディーを透明にすることに一生懸命 だったけど、それだけ物証がないってことは有利に働くのかな〜。疑問と言えば疑問だけど、映画のペースに引き込まれてしまい、途中で割とどうでも良くなるっちゃ良くなるので、それも凄いところ。


・最初の殺人が終わって、ほっとする間もなくまた殺人。

まあ2回目のインパクトは、最初と比べるとそんなにないかな〜(それでもスゴイですが)。

ボディーを透明にし終わった後、村田が社本に言うことが、妙に筋が通っている。

確かに村田はなんでも自分の力でカタを付けて来た(方法は完全に違法だけど)

それに比べて社本はどうなんだだ?という問いは、「う〜ん、確かにそうだ」と妙〜に納得させられてしまう。これが村田マジックなのだろうか・・・。


・DVDのアートワークは、プッチーンと来たときの社本の顔のアップなんですね。

眼鏡のレンズが割れていて、村田の姿が映っている。村田もモンスターだったけど、社本もとうとう、一線を越えてあっち側に行っちゃった〜あああ。

加速していく社本のバックに流れる不穏な太鼓の音が 本当に怖いです。

素人によるボールペンの一撃ってそこまで殺傷力が高いもんだろうか?と 一瞬思いましたが、そんな疑問も一蹴するくらいグイグイ引き込まれてしまうのも凄いです。

・村田の座に君臨する社本。180度変わってしまう愛子も凄い。

普段大人しい人がキレると怖いというのは本当なんだな〜。

ここから一気にラストまで捻り上げられます。

生/死と性がセットで出て来る演出も最後まであり、どんな修羅場でも、いや修羅場であればあるほど、生きて行くことから「性」を切り離して考えることって出来ないのかなあ・・・と哲学的な思想が脳裏をかすめたりして。いや深いなあ〜、と一人首を振るのだった。


・ 「生きるってなー、痛いんだよ!」と娘の前で自決する社本。

流されるままに生きて来た小市民な男が最期に吐いたセリフとは思えないが・・・。

このセリフは ちょっと微妙かも、と思うやいなや、残された娘が笑いながら父親の死体(動脈から血がドクドク出ている)をキック。やっぱり狂ってる・・・という世界観のままEND。

この映画には「この素晴らしき世界」ってコピーがついているが、ものすごくキツ〜い皮肉という か、何と言うか・・・。ハア・・・とグッタリして細い溜息しか出ない。

ということで、シメはこのフレーズしかないでしょう。そういうことだ!よろしくな!(でんでん風に)
http://aitantanmen.blog.fc2.com/blog-entry-45.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 中川隆[2389] koaQ7Jey 2016年5月08日 17:29:12 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2629]

1995年におきた、埼玉愛犬家殺人事件。

その残虐性は犯罪史上、類い希なものだった。
警察の賢明な捜査にもかかわらず、犯罪の物証はなかなか発見できなかった。

容疑者は事件との関わりを一切否定。しかし、男は確かに、犬の売買から生じた金銭トラブルをきっかけに、殺人を行っていたのだ。

計画的な連続殺人。証拠の隠滅。4ヶ月の間に、4人もの人間を殺害・・・。


***************************

 この事件の謎を知る男、山崎永幸。死体損壊遺棄の共犯者として逮捕された人物。
98年に出所。事件について、初めてカメラの前で語った・・・。

***************************


 この事件の実行犯は関根元とその妻、風間博子とされる。

 ブルドックのブリーダーをしていた山崎氏は、ドッグショーで関根と知り合う。関根はハスキー犬のブリーダーとして、ペット業界では名の知れた人物だった。

関根は様々なドッグショーで賞を獲得するも、裏ではあくどい商売をしていた。

例えば、犬を売った家に、毒入りの肉を持っていく。
何の疑いも持たずに食べた犬は死に、関根は新しい犬を売りつける事が出来た。

 関根は、仕入れ値をはるかに上回る高額な値段で、犬を売りつけていた。
不信感をもった客には、言葉巧みに言い逃れる。
それでも客がおさまらない場合、詐欺行為の発覚を恐れて、殺害におよんでいたのだ。

****************************


 最初の犠牲者となった川崎さんの場合は、自宅のガレージに呼び出して、毒殺。二人の仲は決して悪くはなかった。犬の売買で言い合いはしていたが、信頼関係も多少はあった。関根から「体に良い薬だよ」とすすめられ、疑いなく飲んでしまったのだ。

 後から現場に来た山崎氏が、警察に通報しなかったのは・・・

 「そこまで考えている余裕は、その現場に立つと、ないと思います、誰も」

 「それは、そこの空気というか、殺気というかで、本当にその場に立たないと、そういうことは、まずわからないと思います。後で結果が出て、こうすればよかったとか、こうした方がよかったのではないか、と考えたりもしますけど、思考能力がなくなっちゃうのが現状じゃないですか」

 更に、警察への通報をためらわせる、関根の一言があった。

 『子供、元気か・・・』

 「一般的に『子供元気にしてるのか』という意味では全くない、ということです」

 こうして山崎氏は連続殺人事件に巻き込まれていった・・・。

*****************************

 急にいなくなった川崎さんを捜して、川崎さんの家族が関根を訪ねてきた。

実は、関根のうちに監禁されているのではないかと、川崎さんのお兄さんは思っていたという。しかし、その席に何故か関根は、知り合いの暴力団幹部を同席させ、しらを切り通した。

 しかし、ここで関根の誤算があった。
川崎さんは関根に殺されたのではないかと、暴力団幹部の遠藤さんが疑い、それをネタにゆすり始めたのだ。

 ゆすりに応じるフリをして、遠藤さんの自宅へ。
この席には妻の風間博子も同席。

関根は言葉巧みに、栄養剤だと言って、硝酸ストリキニーネを遠藤氏に渡した。

関根は、4人の殺害を、全てこの毒薬で行った。この猛毒は、犬の安楽死に使われるものだった。長い付き合いをしていた、遠藤さんと、付き人の和久井さんは、疑いもなくそれを飲んだ。


 その後も、詐欺的商法の露呈を恐れ、主婦の関口さんを殺害。

 警察は何故、連続殺人を止めることが出来なかったのか!?
第一の殺人の時から、警察は関根をマークしていたというのに・・・。

 毒薬を使う殺人、それは、血痕を残さないということだ。つまり、きわめて重要な証拠を残さない、という事なのだ。

******************************


 川崎さんのお兄さんは、弟が関根に監禁されていると思ったので、警察に捜索願を出した。しかし警察は、単なる行方不明という扱いで処理。捜索には乗り出さなかった。

10日後、川崎さんが普段、埼玉県内で使用している車が、東京駅で発見され、ようやく警察は、川崎さんが事件に巻き込まれた可能性があると、捜査に乗り出した。しかし証拠がないため、関根、風間、山崎の3名を常に監視。しっぽを出すのを待った。そして、その間に、警察の隙をついて、第二、第三の殺人がおこっていたのだ。

******************************


 そんな中おきた、大阪愛犬家殺人事件。同じ愛犬家の事件である、
埼玉の事件に、世間は注目し始めた。連日のようにマスコミが関根の元へ押し掛け、4人の失踪を追求した。しかし関根は平然と受け答え。事件との関係を否定。

******************************


 関根は山崎氏に

 「わかっているだろうな。おまえさえ喋らなければ、わからない事なんだよ。(死体を)透明にすれば、警察も手が出ない。」

 と言っていた。死体を透明に・・・?

******************************


 殺害された遺体は、山崎氏の実家のある山梨県に運ばれた。

 この殺人は、一般のバラバラ殺人とは趣がかなり違い、用意周到にしくまれたものだ。

骨は粉になるまで砕かれ、肉は切り刻んで川に捨てる。計画性があり、悪逆非道。

 その作業は風呂場で行われた。一人の人間だったものが、短時間のうちに解体されてゆく。

 「声も何も出ませんよ。その場に立つと。現実なのか夢なのか、という風にしか考えられません」

 肉を焼くと異臭が出るので、骨のみをドラム缶で焼く。原型が崩れさり、灰になるまで焼かれた。灰は山林にばらまかれた。骨以外の部分は、切り刻んで川に捨てられた。

******************************


 「最初はなにがなんだかわからなくて、自分の家族の事とか考えるし、それがだんだん関根と付き合ってるうちに、慢性化するというか、洗脳されるというか。

自分で自分に言い聞かせるのは『俺は人殺しをしたわけではない』という風に、自分で常に言い聞かせてるし、そういうのがあって、3回の犯罪に関わってしまったんだと思います。」

******************************


 4人もの人間が関根の周りで行方不明。しかし証拠(遺体)が見つからないため、逮捕できずにいた。しかし、事態は急転直下。山崎氏が警察に自白。だが、何故自白する気になったのか。

 「いずれ、こういう時が来るのかなと。だんだん悟ってきたというか。それと、このままにしておけば、警察が張り込もうが何しようが、犠牲者は必ず(また)出ると。それを止めるためには、僕が喋らないと、止まらない」

 1995年。川崎さんの事件から2年。関根と風間を4人の殺人罪で逮捕。

 しかし、山崎氏の供述だけでは、両被告を裁判所に起訴できない。裁判にかけなければ、刑を科す事は出来ない。起訴するためには、山崎氏の供述を裏付ける、物的証拠が必要だった。

******************************

 埼玉・群馬両県警は、合同捜査を開始。遺体を捨てたとされる山林を、しらみつぶしに捜した。しかし、どこを捜しても、有力な証拠は見つからない。迷宮入りか・・・。捜査員達の間に落胆のため息が出た。その時!

 一人の捜査員が意外な物を発見した!

小さなお守り・・・。

それは、川崎さんがお兄さんとお揃いで持っていた、大黒天神のお守りだった!

これは、川崎さんが持っていたものとしか考えられない、決定的な証拠だ。

 「なんとか早く犯人が逮捕されるようにと、大黒さまにもお参りしてましたからね」と川崎さんのお兄さんは語る。

 小さなお守りが、完全犯罪に大きな風穴をあけた。被害者が残した、犯人逮捕へのメッセージだった。

******************************


 2001年3月21日、第一審判決公判。
 裁判官が下した判決は死刑。
 しかし、両被告は、これを不服とし、控訴。

 関根「山崎の供述は信用できない。4人のうち3人は山崎が実行犯。一連の事件は風間被告が主導で行った。自分は風間を守るためにやったのである。」

 風間「3人の殺害認定は事実誤認。遠藤・和久井両氏の死体遺棄も、山崎に手伝わされてやっただけ」

 現在、係争中。
http://web.archive.org/web/20020115104638/http://www.tbs.co.jp/offrec/konsyu/010620_1.html


2. 中川隆[2390] koaQ7Jey 2016年5月08日 18:10:29 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2630]

amazon.co.jp 愛犬家連続殺人事件 本
http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E6%84%9B%E7%8A%AC%E5%AE%B6%E9%80%A3%E7%B6%9A%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6&tag=asyuracom-22&index=stripbooks&jp-ad-ap=0&hvadid=82201563527&hvpos=1t1&hvexid=&hvnetw=g&hvrand=13793329373319885975&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=b&hvdev=c&ref=pd_sl_6f46scj2nv_b


「冷たい熱帯魚」の原作というか、正しくは“元になった事件を書いた本”だが、三冊ある。


共犯者 (新潮クライムファイル)◆山崎永幸『共犯者』(新潮社・四六判・1999年)

愛犬家連続殺人 (角川文庫)◆志麻永幸『愛犬家連続殺人』(角川文庫・2000年)

悪魔を憐れむ歌◆蓮見圭一『悪魔を憐れむ歌』(幻冬舎・2003年)


中身はほぼ同一らしい。なんということか。

この三バージョン、何が違うのか。『共犯者』の著者は、本文に「俺」として登場する。事件の共犯として捕まり、主犯●●の連続殺人を事細かに供述し、証拠となる屍体がほとんどないこの事件の決定的な証言をした立役者。その、実名がクレジットされている。

『愛犬家連続殺人事件』の著者は、『共犯者』の著者と同一人だが、苗字が違う。

 そして『悪魔を憐れむ歌』の著者は、どうやら、『共犯者』の元になった「週刊新潮」連載記事の頃からゴーストライターを務めていた人らしい。ちょっとにわかには信じられないことだが、ゴーストが自分の名前で本を出したということか。異常な事態だが、そうせざるを得なかったねじれ、もつれを感じる。

 実際に読み比べてはいないのだが、ネットに断片的に転載されているのを見る限り、『共犯者』と『悪魔を〜』は、地の文はほとんど違わないみたいだ。一番の違いは、『悪魔を〜』では登場人物の一部が仮名になっているらしいこと。犯人側は最初の『共犯者』のままらしいが、被害者が匿名になっているのだ。


ということで『悪魔を憐れむ歌』を読んだ。……いやはや、物凄い迫力の本だった。

 文章も素晴らしい。事件の詳細をたどりながら、スピード感、ユーモア、恐怖・怒りといった心理の揺れが緻密に伝わってくる。

蓮見圭一という人の仕事は素晴らしい。
また、ゴーストにこれだけのことを伝え得た原著者の才能も窺わせる。
 いや、才能ではなく、体験の凄さなのか。


映画「冷たい熱帯魚」は、いくつかの設定を変えてあるが、大筋は実事譚(a true story)を忠実になぞっている。いや、実事というより書籍『共犯者』その他の記述を忠実になぞっている。

とくに殺人者・村田(演じるのはでんでん)のここぞと云うところの台詞が、書籍から多く取られている。たとえば、

「子どもがすくすく育つのを誰よりも願っているのは親だよな。
お前もそうだろう。
俺も娘が嫁に行くまでは、どうしても捕まるわけにはいかねえんだよ」


「人間の死は、生まれた時から決まっていると思っている奴もいるが、違う。
それはこの●●●が決めるんだ。俺が今日死ねと言えば、そいつは今日死ぬ。
明日だと言えば、明日死ぬ。間違いなくそうなる…」(同書p058)


 映画では台詞が出てくる状況がちょっと変えられているが、非常に効果的に、印象強く使われている。脚本を書いた人たちの素晴らしい仕事ぶり。

この映画が、元になった書籍に敬意を払っており、書籍から伝わってくる実事件の本質を作品に掬い取ろうと懸命の仕事がなされたことがわかるはずだ。

 だが、映画がフィルムに焼き付けることができたのは、事件のごくわずかな一面にすぎなかったらしい。

あの事件は、あの凄惨な映画が描ききれなかったくらい、闇が濃く、深く遠く、血の量も遥かに多い。

 たとえば同書には、映画が取りあげなかった四人目の殺人が書かれている。

中年女性で、店の従業員の親御さんらしい。

犯人は彼女を殺し、他の被害者と同じように屍体を解体するのだが、その過程で性的に屍体を辱めたという。

また別の箇所では、犯人が人肉食をしていた、あるいは、被害者の知り合いに人肉食をさせたと思しき会話がでてくる。まったく、レクター博士そこのけだ。

 繰り返し云うが、あの凄い映画は、事件のごく一部を切り取ったものにすぎないようなのだ。

 さらに、『共犯者』のAmazonレビューには、もっと凄いことが書かれていた。引用する。


悪魔, 2011/2/19 By sumire1996 (東京都)

当時の●●と▲▲は、有名人だった。

ペット業者やドックショー関係の者ならば必ず噂は知っていた。
アフリカケンネルの犬は人間の肉を食っていると・・・

●●は愛想良くいつも若い兄ちゃんやギャルに声をかけていた。

真相を確かめに友人が誘われるままアフリカケンネルに遊びに行った。

ライオンがいたと言っていた。それと異常にデカイ機械が事務所の中にあって牛一頭全部ミンチにできる機械だと言った。

●●は頻繁に新宿へ遊びに行き家出娘を連れ帰り住み込みでペットショップで働かせ身体を弄び逃げ出す前に殺していた。

死体は機械で処理し犬が食って終わり、犬の糞から未消化の骨がでるけど埋めたり燃やしたり汚物として廃棄する。

アラスカンマラミュートはアザラシの肉(脂肪の塊)を消化する数少ない犬種。

だから●●のショードックは毛艶良く見栄えがした。そして威風堂々たる雰囲気を発していた。

▲▲は犬の奴隷のように膝まづき熱心にグルーミングをしていた。

犬への愛情というべきか執着というべきか異常なまでの溺愛ぶりを人目を憚らず見せつけていた。その容姿はピエロの様で障害者かと思わせた。

事件の発端はミンチの機械が故障して死体の処理が不完全になった事からはじまった・・

やはり悪魔の●●でも人を完全に消し去ることは不可能だったのだ。
この事実が本に記載されていないのを悔やまれる。


 主犯とされた二人の名前は僕の判断で伏せて引用した。▲▲とは、主犯●●の妻である。

 しかし、この短い文章のなんと恐ろしいことか。たったこれだけの文章に、本に載っていないさらに恐ろしい事が書かれているではないか。

 このレビューを信じるなら、四人が殺されたとされる愛犬家連続殺人事件は、コーダ(結び)に過ぎなくて、まったく違う作風の前奏曲やら本編やらサビの部分が膨大にあるんじゃないか、と疑ってしまう。

 この事件は、「ボディを透明にする」という●●の言葉が有名になった。

それは、書籍や映画では「包丁で屍体を解体し、肉と骨を分離、骨は焼いて粉にし、肉は細切れにして川に投棄」というメソッドを取っている。

だが、本来は「牛一頭全部ミンチにできる機械」で「機械で処理し犬が食って終わり」という、別のメソッドがあったというのか。


 映画でも書籍でも、●●が屍体を解体し焼却する手際がものすごく良いことに驚く。

五十キロの肉をサイコロ状に刻むなんて、台所仕事をする人ならそれがどんだけの労力を要するか見当が付くだろう。ものすごい能率だよ。

この●●は、間違いなく仕事ができる人だ。犬のブリーダーとして成功したというのもある意味うなずける。

 それが機械を使うなら、もっともっと能率は上がる。というか、映画や書籍が描いたのとはまたまったく違う事件が、いくつもいくつもあったことが窺える。なんということか。

 とまあ、映画からちょっと先に行くだけでこんなに凄いことがボロボロ出てくるこの事件、まったく凄いモノだ、恐ろしいモノだと思いました。

 実は、書籍の読み所はまだ別のところにある。

 多くの読者は「こんなの余計な部分だ」と思うだろうが、僕は面白く読んだ。語り手が●●の共犯者として捕まって以降の、取調の部分だ。とくに検事との調書をめぐる攻防。

 書籍では、「俺」こと主人公が逮捕されてしまうと、主犯●●との接点がなくなってしまい、●●は舞台から去る。代わって登場するのが、浦和地方検察庁熊谷支部の長身のI検事、同書の掉尾を飾る悪玉だ。

 この検事は、殺人の共犯容疑で逮捕された「俺」にこう云うのである。


「死体遺棄での逮捕はある。勾留もあるかもしれないが、それくらいは我慢してくれ。最終的には僕が起訴猶予か不起訴処分にするから、君が刑務所に行くことはない。最悪でも執行猶予はつける」

 主な容疑は死体遺棄とはいえ、四件の殺人に関わった人間が起訴猶予か不起訴になるなんて、ありえるだろうか?

 だが、拘禁され、追い詰められた「俺」に、検事の言葉を疑う余裕はない。
代わって彼に真実を告げたのは「俺」の調書を取った刑事だった。


「はっきり言おう。お前は捜査当局への協力者だが、それでも実刑を食らうことになる。四件の死体遺棄で執行猶予なんてつきっこねえんだよ。ましてや不起訴だの起訴猶予だの、あるはずがねえ。あの検事が何を吹いたか知らないが、遺族感情ってものがあるんだよ…」

 この落差。検察官がつく、あられもないすぐバレる嘘。

 当今のニュースで、検察のスキャンダルを耳にしているからこそ「なるほど、ここでもか」と思えるが、そうでなかったら「こんなすぐバレる嘘を、検察官がつくわけないだろ」と思い込むかもしれない。普通の人間には、疲れてくたびれたスーツを着た刑事よりも、ピッとした立派な服を着た検事のほうが、偉く、信頼感もあるように見える。

 だが、違うのだ。「俺」の弁護士は、諄々と「俺」を諭す。


「検事といっても所詮は歯車の一つだということです。弁護士も一緒です。
検事や弁護士が死んでも事件は起きるし、裁判は続きます。
総理大臣が死んだからといって誰かが困ったという話も聞いたことがない。

この国では総理大臣ですら歯車に過ぎないのに、どうして東京地検の検事あたりを偉いと思う人がいるのか、私にはさっぱり分からない。

でも、どうやらI君はそう思っているようだ。それが勘違いだということを教えてあげるのは悪いことじゃない……」


 法廷劇というジャンルがあるが、その前の取調の段階のドラマは何て言うんだろうか。僕は、恐ろしい連続殺人について読もうと思ってこの本を手に取ったのだが、思いも掛けず良質な別のサスペンス劇がついてきたようで、とっても得な気持ちがした。読み終わるのが惜しい本だった。

 事件の当事者が世間に公表した本に、当事者バイアスが働かないはずはない。そもそも、どんなことだって、膨大な事実があるなかで、掬い上げ形にできることはわずかにすぎない。

 だが、この本から僕は、事件に対する謙虚な気持ち、被害者への鎮魂の気持ち、遺族への誠意のようなものをうっすらと感じた。誠意。そう、自分が巻きこまれた事件を、誠意を以て世に伝えようとしてると思う。
http://d.hatena.ne.jp/tanu_ki/20120328/1332905411



3. 中川隆[2391] koaQ7Jey 2016年5月08日 18:45:48 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2631]

映画「冷たい熱帯魚」と「埼玉愛犬家連続殺人事件」 (下) 2011.02.10


ネット上に出ている映画『冷たい熱帯魚』の批評や感想文の類を読んでみると、必ずといっていいほど、第二の事件における遺体解体の場面に言及がなされている。

主犯男性と風間さんらしき女性は喜々として殺害した二人の男性の解体作業にいそしみ(風間さんは歌まで口ずさんで)、気弱な主人公(事件の共犯者であり、『愛犬家連続殺人』の著者であるY氏)だけはその場の凄惨な光景に怖れおののいて震え上がっているという設定になっているようである。

それならば、この場面は志麻永幸著『愛犬家連続殺人』における描写を忠実に採り入れているということになるのだが、では現実の事件の実態はどうだっただろう。

前回、風間さんがこの二件目の事件について法廷で「関根(主犯男性)とYの二人が車内でWさんの頸を紐で絞めて殺すのを目撃した」と、Y氏を名指しで殺人実行犯であると証言していることを紹介した。実はY氏を絶体絶命の窮地に陥れるだけの重みをもった風間さんの証言はこれだけではない。

この事件が起きたのは1993年(平成5年)7月21日だが、その3日後の24日、風間さんは身体の診察のためにY氏、関根氏との三人で埼玉医科大学附属病院に行っている。病院からの帰途、風間さんは車の後部座席で横になっていたのだが、そのとき車内で生じた出来事について次のように述べている。

運転中のY氏が隣の関根氏に対し、

「手伝えばくれるといったじゃないか。100万円まだもらっていないよ」

と言い、それを聞いた関根氏はすぐ風間さんに対し、

「おい金もっているか」

と言った。風間さんは自分のハンドバックを関根氏に渡した。ハンドバックには前日か前々日にIという顧客に販売したアラスカン・マラミュートの代金70万円が在中しており、関根氏はそれをY氏に渡した。風間さんはこの時初めて関根氏とY氏の間で、最初のKさん殺害か、あるいは今回のE・Wさん殺害か、いずれの事件に関してかは分からないが、報酬を支払う約束があったことを知った、と述べている。

Y氏は著書に自分を如何にも気の弱い消極的な人物のように描き、検察官もY氏をそのような性格の人物だと述べているが,最初の被害者であるKさん殺害事件に関して、Kさんの行方を関根・Y氏に問い詰める家族(Kさんの妻や兄弟)に対してみせた態度にしても、法廷での各尋問に対する応答ぶりにしても、Y氏の言動は終始一貫、実に挑戦的、攻撃的であって、一般的にいう気弱な面などはまったく見られない。

特に早期釈放の約束が破られたという担当検察官に対する憎悪の異様なほどの激しさは前回述べた通りである。そういうY氏が自分にきわめて不利な証言を一貫して述べ続けている風間さんに対して一切攻撃的言動をとらないのは、そしてついには「風間を早く釈放すべきである」とまで言っているのはなぜか。実は風間さんの主張・証言こそが本当のことであって、風間さんは殺人の共謀・実行に何ら関与していないということをY氏が明瞭に知っているからという以外に他の理由が存在する余地があるだろうか。

先ほど、風間さんが埼玉医科大学附属病院に行ったことを述べたが、風間さんは事件の翌日(7月22日)夜頃から、頭痛、吐き気、耳鳴り、咽喉の詰まり等に襲われ、7月23、24日と地元の飯田耳鼻咽喉科に行っている(甲第730号証〜733号証)。

埼玉医科大学附属病院へ行ったのは、24日、飯田耳鼻咽喉科の医者から紹介状を書くから今日すぐ埼玉医科大学附属病院へ行くように言われたからであった。埼玉医科大学附属病院では医師より「最近すごいショックを受けたとか、心配事とか悩みはなかったか」と聞かれている(甲第734号証〜739号証、弁第25号証)。しかし、本件を医師に言うこともできず、右症状が本件による精神的ショックが原因であるとはっきりしたので、薬を貰っただけで、以降は同病院へ行くことをやめた(第一審「弁論要旨」より)。

検察官は風間さんが病院に行ったのは将来殺人罪で逮捕されたときの弁解のためだと主張している。しかし、通院が逮捕された場合の弁解になると考えて体調も悪くないのに病院に二日続けて通う人間がはたしているだろうか。絶対にいないとまでは断言できないにしろ、通院がいったい殺人のどんな弁解の具として使えるのかということもふくめてこれはかなり驚くべき発想であり、行動であろう。

また、飯田耳鼻咽喉科といい、埼玉医科大学附属病院といい、専門の医師がそろって患者の病状の訴えが事実か虚偽(仮病)かの判別もつかないということがあるだろうか? 

それに将来の逮捕に備えての通院というのなら、埼玉医科大学附属病院にも共犯者である二人と一緒に行くようなことはしないだろう。それから風間さん自身は飯田耳鼻咽喉科に行ったのは7月23日のみだと思い、そのように供述していた。24日の通院が判ったのは飯田耳鼻咽喉科のカルテによってであった。


このエントリーの最初に触れた、風間さんが歌を歌いながら喜々として遺体解体作業にいそしんでいたという件だが、これは率直にいうとまったくの作り話としか思えない。

アフリカケンネルの顧客などと一緒にY氏もカラオケ店に同行したことがあり、そんなとき風間さんが演歌を歌うことはあったようである。しかし、遺体解体中に歌とは…。風間さんはこれまで殺人どころか犯罪の経験もまったくないのだ。

最初のKさん殺害事件では、風間さんは現場にいない。殺害場面も遺体も実際に見てはいないのだ。生まれて初めて無残な遺体を見る女性がどうして、「喜々として遺体解体」などできるのだろう? 奇怪としか言いようがない。


検察もY氏から上のような調書を取ったものの、風間さんの世にも突飛なそのような行動の理由付けに苦慮したのだろう。

風間さんが関根氏と結婚する前後の時期、今から10年ほど前、関根氏の周辺のMという人物が姿を消しているのだが、その失踪への風間さんの関与を引き出そうとして警察は昔から関根氏やM氏と親しいある人物を呼んで厳しく取り調べたようである。

検察は、風間さんが以前にも関根氏と共に人を殺したり、遺体の解体をやったことがあるので、今回も作業中に鼻歌が出たのだ、それほど彼女は遺体解体に慣れ切っていたのだというような話にもって行きたかったのだろうし、実際そのように主張している。

しかしM氏失踪当時の風間さんは20代の若い母親であり、関根氏と知り合ってさして日も経っていないのだ。風間さんは関根氏を磊落な人柄であると思い込み、5歳になる長男にも優しく接してくれていたこと、また風間さん自身ひどく動物好きだったこともあって犬のブリーダーである関根氏との結婚に踏み切ったのだと述べている。

そういう心境の女性が新婚早々何のためによく知りもしない無関係の人物を殺す必要や理由があるだろうか。警察で取り調べられた人物も法廷でM氏失踪に関して「風間さんは何も知らなかったと思います。」と証言している。

それにも拘わらず、判決文はこの失踪事件にあたかも風間さんが関係しているかのような仄めかしや暗示をしている。殺人の共謀、実行、そして「喜々としての遺体解体」を事実と認定し、死刑を宣告する以上、せめてそうとでも書かなければどうにも辻褄の合わせようがなかったのではないだろうか。

それから第一のKさん事件の後、Kさん失踪に関して初めから関根氏を疑っていたKさんの親族との会合(風間さんは会合が行なわれたこと自体を知らなかったと述べている。もちろん出席もしていない)に際し、

風間さんがY氏に前もって「こうするのよ」「ああ言うのよ」と対応の方法を教え、指図するという場面がY氏の著書同様、そして判決文同様、映画にもあるようだが、風間さんがY氏に犯罪やその後始末の手ほどきをするなどまったく笑止千万な話だと思う。

これではまるで風間さんは多くの経験を積んだ犯罪のプロのようだが、このような風間さんの姿は、風間さんの日常を知っている知人たちの供述書や法廷におけるどの証言とも完全に相反している。

Y氏も判決の基となる調書が出来上がる前、二件目の事件に関する警察の取調べに対し、当初は、「仮に関根からE殺害を持ちかけられても、博子という人間は、間違いなく反対するし、絶対に加担しないと思う。実際、E殺害計画は知らなかっただろう。」と供述していたのだ。自分の刑期を終えた後のY氏は二審の公判廷に証人として出廷した際、風間さんについて「人を殺せる人間かどうか顔を見れば分かるでしょう」とまで述べている。


Y氏を「気弱な性格」の人物という検察官の主張の妥当性は、第一の事件における被害者家族・親族に対するY氏の態度をみれば判断できると思うので、この記事

「被害者Kさんの肉親による捜索活動と3人の対応」
http://yokoita.blog58.fc2.com/blog-entry-40.html

も紹介しておきたい。

それから、映画について触れる以上、実際に当の映画を観た方が良いことは分かっているのだが、今体調の関係で映画館の椅子に座り続けることがやや苦痛な状態なので、DVDの発売を待って観る予定でいることを一言おことわりしておきたい。
http://yokoita.blog58.fc2.com/blog-date-20110210.html


派手なスパッツ・ラメ入りのサンダル・演歌−証言は真実か? 2010.01.22


殺害したEさんとWさんの遺体解体の様子を描きだすY氏の供述内容については、真偽を慎重にみきわめる必要があると思う。

Y氏は死体損壊・遺棄による「実刑3年」の判決を受け、満期出所した後、新潮社から事件について叙した著書『共犯者』を刊行している(後にほぼ同内容の本が、表題も著者名も変更されて角川書店から文庫で出版されている。こちらは題名『愛犬家連続殺人』、著者名「志麻永幸」)。

取調べや法廷での供述と著書の内容には数々の相違・矛盾点があるが、これについては以前にこちらで指摘した。

横板に雨垂れ 風間博子さん 死刑判決への疑問 (2)
http://yokoita.blog58.fc2.com/blog-entry-2.html

今回は、Y供述の中身およびこの供述に対する裁判所の認定に的をしぼって検討してみたい。最初に解体現場における風間さんの振る舞いについて述べたY氏の供述を判決文から引用する。

「翌日の午前2時ころ片品村の自宅に着くと、三人でEとWの死体を家の中に運び込み、まずEの死体を風呂場の中に入れて、関根と風間の二人で解体を始めた。

自分は解体作業に携わっていない。

二人は風間が帰るまでずっと風呂場で作業をしていた。

そのとき風間は、派手な花柄のスパッツを着用し、派手なラメ入りのサンダルを履いており、演歌を鼻歌まじりに口ずさみながらEの死体を細かく切り刻んでおり、

「ちんちんは気持悪いから、あんたやってよ。」

などと関根に言っていた。風間については普段は口数の少ないお嬢さんタイプの女性だと思っていたので、これを見て本当にびっくりした。

風間は、午前5時ころになると、「これで帰るから。」と言って、出て行ったが、そのとき風呂場の出入口付近を見ると、肉片や内臓等が入っていると思われる黒いビニール袋が6個位置かれていた。関根は風間が帰った後も作業を続けており、二人の死体を完全に解体した。二人の骨、衣類、所持品等は自分が関根の指示でドラム缶の中で燃やして灰にしてしまった。」(『一審判決文』p104〜105)


これに対して裁判所は次のような判断を示している。

「Y供述の内容は、

「風間は派手な花柄のスパッツや派手なラメ入りのサンダルを履き、鼻歌まじりに演歌を口ずさんだりしながらEの死体を細かく切り刻んでいた。

このような風間の姿を見て本当にびっくりした。

風間は、関根に対して『ちんちんは気持が悪いからあんたやってよ。』などと言っていた。


また、風間は、午前5時ころになると用事があるからとしてさっさと一人で先に帰ってしまった。」


などというもので、この世のものとは思えない凄惨な光景を極めて具体的かつ写実的に描写し、まさに経験した者でなければ語れないような臨場感を備えており、これが極めて高い信用性を有していることは明らかである。そして、関根供述の内容も、

「Eの死体を解体するのは自分と風間がやったが、風間は自分に指示命令されてやったのではなく、本人の意思で進んでやっていた。

風間はEの下半身を解体しており、その陰茎を含む部分を四角に切って、『それ以上は切れない。』などと言って自分に渡してきたことがある。

風間は、午前6時ころになって、『用があったら電話して下さい。』と言って一人で先に帰って行った。」などというものであり、右Y供述を裏付けているのである。」(『一審判決文』p351〜352)


この場面はY氏の著書のなかで最も話題になった箇所のようで、ネットでもこれに言及した記事を二、三度、見かけたことがある。裁判官は、Y氏のこの供述について、上記のように「この世のものとは思えない凄惨な光景を極めて具体的かつ写実的に描写し、まさに経験した者でなければ語れないような臨場感を備えており」との判示をしているが、この判断は正鵠を得ているだろうか? 

私にはこの供述はまったく現実性を欠いた、どんなお手軽なテレビドラマにも使えそうにない非現実的ストーリーのように感じられる。これは人間を殺害した後の遺体の解体処理場面というよりは、グループで夏の海辺に遊びにやってきた若い男女の振る舞いであるとでもいったほうがずっと説得的なのではないだろうか。

広々とした場所にきて気持ちのウキウキした若い女の子が包丁片手にバーベキューの準備でもしている光景のように思える。実際、そういう場面ならばテレビや映画やまた現実においてもどこかで見たことがあるような気がする。Y氏の本を読んだ人でこの場面について真に迫っているという人がもしいるとすれば、もしかすると過去にどこかで見たそのような場面の記憶を無意識のうちにY氏の描写するこの解体場面に投影させることで錯覚や混同のうちに納得した気になっているにすぎないのではないだろうか。一考の必要があると思う。

キャンプ場でのバーベキュー作りになら、派手な花柄のスパッツに着替えたり、ラメ入りのサンダルを履いたり、演歌を口ずさみながら豚肉を刻んだりしても不思議はない。

けれども、深夜、民家の狭い浴室で死んだばかりの(殺害に関与したにせよ、しなかったにせよ)二人もの人間の遺体を解体するというのに、人間、どういうわけでキャンプと勘違いしたかのような恰好に着替えたり、歌を歌ったりする気になるだろうか。

風間さんは気が狂っているわけではないのだし、風間さんを知る多くの人の法廷証言でも、風間さんが常日頃突拍子もない行動などとは縁遠いタイプの堅実・実直な人柄だという点では見解の一致しているところなのである。

また、このような場面の証言をしている当のY氏自身にしてからが、一方で、風間さんについて「人を殺せるような人間ではない」「人殺しには絶対に加わらないと思うし、前もって知ったら止めろという人間だと思う」と述べている。

これは取調べ段階での供述であるが、出所した後証言台に立った時には、「死刑と聞いた時びっくりした」「人も殺してないのに、何で死刑になるの」「早く釈放すべきである」とまで述べているのだ。

Y氏のこの証言は、前にここで述べたことだが、Wさんの死因について風間さんは

「関根とYがWの首に紐のようなものを掛けて、(略)引っ張り合」ったと、

Y氏が絞殺している現場を自分は現認したと明確に述べているにもかかわらずなされているのである。

こうして経過をたどりくると、裁判所の認定はいっそばかばかしいとさえ言えるものではないだろうか。弁護人は下記のような指摘をしているが、大変現実的な意見だと思われる。

「Yによれば、被告人風間が浴室内で着替えたのであろうとのことであるが、Eの遺体が搬入されて極めて狭くなっている浴室内で、これからEの遺体を解体しようとするに先立ち、そのような衣類に着替える必要性は全くないと考えられる。

/また、水商売の女が履くようなラメ入りのサンダルという点については、(略)狭い浴室内で、遺体を解体するにあたり、ゴム長靴等ならまだしも、不安定で転倒の危険さえあると考えられる水商売の女が履くようなサンダルを履く必要性はなく、また極めて不合理な行動ということができる。/

さらに、Yの供述によれば、被告人風間は、スパッツを着用したままでY方を後にしたということであるが、このような行動は、解体の際に血液等が付着している可能性があることなどを考えると不自然である。/

また、死体の解体時に、スパッツやサンダルを着用等していたということであれば、当然被告人風間の日常生活においても、スパッツ姿や水商売の女が履くようなサンダルを履いていることが目撃されなければならないと考えるが、被告人風間のそのような姿を目撃した旨の証拠は、一切存在しない。」(『一審弁論要旨』p475〜476)


苦笑させられるのは、裁判官の次の見解である。上記のY供述に対して、裁判官が

「経験した者でなければ語れない」「具体的かつ写実的」「臨場感」

などという評価をくだしているということは、風間さんが「死体の解体時に、スパッツやサンダルを着用」したり、演歌を口ずさんだりするような意味不明かつ非常識な行動をする人間と認知しているということであろう。

ところが、風間さんが早朝一人でY宅から帰って行った理由については、


「風間は、死体解体の手伝いに出かけるにしても、子供達の世話やアフリカケンネルの業務のことを考えれば、翌朝早いうちに熊谷に戻っていなければならなかったのである。」(『一審判決文』p353〜354)

と、一転して急に日常的・現実的な判断を示すのである。

こういう異常な状況下においても、風間さんが子どもたちの世話をはじめとした家事や仕事への考慮を忘れないだけの分別を持っている人物と判断するのなら、なぜ、遺体解体現場での「花柄のスパッツや派手なラメ入りのサンダル」や「演歌」などという誰が見ても突拍子もない証言を一も二もなく事実と決めつけ、「凄惨な光景を極めて具体的かつ写実的に描写し」云々と評することができるのだろう。不可解なことである。

判決文は、被害者であるWさんが走行中の車内で絶命する場面についてのY氏の次の供述

「関根の指示に従って車を走らせていたところ、靴を履いたまま助手席のダッシュボードに足を乗せて座っていたWが突然呻き声をあげて体を突っ張らせ、痙攣硬直してそのまま死んでしまった。

そのときWがダッシュボードに乗せていた両足を突っ張らせたため、フロントガラスの左下の二か所の部分がひび割れた。しかし、関根と風間は、この光景を見ても驚いた様子は全くなかった。」

に対しても、

「右供述は極めて具体的で恐ろしいほどの迫真性に富んでいる…」(『一審判決文』p175〜176)

と、遺体解体の場面に対するのと同内容の判断を示してY供述の信憑性を強調する。一方、同じ場面についての風間さんの次の供述――先程述べたWさん殺害の場面についての供述であるが、

「関根の指示で4、50分位車を走らせていたが、病院などない荒川沿いの人気のない夜道を走っているうちに関根とYがWの首に紐のようなものを掛けて、『掛かったか。』などと言いながら、『せえの。』などとかけ声を出して引っ張り合っていた。

そのときWの両足がダッシュボードの上にせり上がって両足が窓ガラスに当たってひび割れ、Wはその場で死んだ。」

に対しては、

「とにかく病院に行こうと思って夢中で病院などない道を運転走行していたなどとする点は作り事としか思えないし、関根とYがWを絞殺したとして述べている内容も、二人があたかもゲームでもしているかのような様子で首を絞めていたと言わんばかりの極めて不自然なものであって、前記Y供述と対比しておよそ真実味に欠けている。」

と判示する。

「『掛かったか。』などと言いながら、『せえの。』などとかけ声を出して引っ張り合っていた。」という光景は実際異様きわまりない。

けれども、事件を追うなかで見てきた関根氏のきわめて特異な性向――たとえば,判決文も明記しているように、法廷証言においても殺害した被害者の遺体を焼却してなきものにすることを「ボディを透明にする」などと述べていることに象徴される――を考慮に入れると、これは関根氏の行為として現実にありえないことでは決してないだろうと思う。

そう考えると、この光景は「ゲームでもしているかのような様子」とは様相を異にしたものに感じられてくる。私にはこれは言いようもなく凄惨な光景に映る。

「ゲーム」というなら、むしろ「風間は派手な花柄のスパッツや派手なラメ入りのサンダルを履き、鼻歌まじりに演歌を口ずさんだりしながらEの死体を細かく切り刻」む行動のほうがはるかにゲーム的ではないだろうか。

「このように、Eらの死体損壊遺棄に係わる客観的な情況事実は前記Y供述(及び関根供述)と極めて良い整合を示しているのであり、このことからも前記Y供述等が信用できることは疑う余地がないのである。

しかして、右のとおりY供述(及び関根供述)が信用できるのであるから、これと全く相反する風間の前記弁解が信用しえないことはいうまでもない。

そして、右情況事実の示すところと現に風間が死体解体作業に従事したという前記Y供述等を併せ考えると、風間がY方に同行したことや、朝方熊谷に帰ったことはもちろん、Y方で関根とともに死体解体作業に従事したことも全て予定の行動であったと認められるのであって、このことは、風間が関根とEらの殺害等について綿密かつ詳細な謀議をしていたことをよく物語っているのである。

また、信用できる前記Y供述の内容に照らすと、風間がEに対していかに凄まじい敵意と憎悪の念を抱いていたかを如実に看て取ることができるのである。」(『一審判決文』p354〜355)


この判示を見ると、「この世のものとは思えない凄惨な光景を極めて具体的かつ写実的に描写し、まさに経験した者でなければ語れないような臨場感を備えており、これが極めて高い信用性を有していることは明らか」であるので、Y供述は信用でき、疑う余地はない。ゆえに,これと相反する風間供述は信用できるはずがない。

信用できるY供述から推測すると、「風間がEに対していかに凄まじい敵意と憎悪の念を抱いていたかを如実に看て取ることができる」。判決文はこのように述べているのであるが、これはYの語ることは絶対に正しいという前提条件があって初めて成立する論理である。

Kさん殺害の現場に居合わせず、遺体解体にも関わっていない風間さんが、今回初めて直接殺害に関与し、こうして遺体解体までするというのに、これほどまでに気軽、大胆、平然と行動におよぶのは人間心理に照らしていくら何でも妙ではないか、奇怪であり非現実的すぎるではないかという基本的疑問に対して裁判所はどう応えるのだろう。

裁判所が風間さんによる「E氏への敵意や憎悪の念」をどんなに強調しても、事実としてそのような敵意や憎悪をいだいていたという証拠は一切なく、したがって当の判決文においても具体的なことは何ら示されていないのである。

ここで、証拠不十分として立件が見送られた「M事件」のことが思いだされる。判決文は、昭和59年(84年)に関根氏が引き起こしたのではないかと疑われているMさん殺害事件に言及し、そこで風間さんのこの事件への関与を執拗に匂わせ、暗示していた。しかし、関根氏から万吉犬舎に呼び出され、頼まれてMさんの遺体の焼却を自分が行なったと法廷で証言した人物は、風間さんのM事件への関与およびその可能性について聞かれ、躊躇なく明確にこれを否定しているのだ。

ところが、判決文はこの証人の明確な否定をあろうことか肯定に変え、それを根拠としてのこれは暗示なのである。遺体解体はこの「M事件」ですでに経験済みということで、E・Wさんの遺体解体現場における風間さんの奔放な行動も説明できると言いたいのではないかと思われる。でもこれでは被告人は法による裁きをうけているとはとうてい言えないだろう。疑問は尽きない。
http://yokoita.blog58.fc2.com/blog-entry-48.html


4. 中川隆[2393] koaQ7Jey 2016年5月08日 20:04:55 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2634]

唐沢俊一と村崎百郎の「社会派くんがゆく!」(2001年アスペクト刊)
から抜粋。

村崎 今月は大してデカイ事件はないと思ったら、6年前に埼玉県で愛犬家4人
    を殺した関根元って男と、その元女房の風間博子に死刑判決が下った
    じゃない。


村崎 逮捕されたのが95年の1月5日で、ちょうど大震災が起こる1週間前くらい
    だから目立たなかったんだけど、いまにして見ればコイツら、大久保清か
    連合赤軍の永田洋子以来のスケールの凶悪犯だよ(笑)。結局マスコミの
    目が全部、大震災ととオウムに行っちゃってたから、ロクに報道されていな
    かっただけでさ。



村崎 それで事件の目撃者だった山崎永幸って男が「週刊新潮」に手記を連載
    してて、それが単行本になったもの(『共犯者』新潮社刊)を読んだんだけど、
    スゴイんだよね。裁判では一応4人殺したことになってるけど、実際には関
    わった人間、次から次へと殺してたらしくて、正確には何人になるかわから
    ないらしいんだよ。一説には30人くらいやってるんじゃねえかって。


唐沢 いやあ、日本人にはかつてないキャラクターだよね。よく「肉食人種には日
    本人はかなわない」っていうけど、ついに日本人にも肉食人種が出てきた
    かっ!って思ったもの(笑)。


村崎 「オレにさからうヤツは透明なボデーにしてやる」とか言ってたらしいよ。
    ”ボディ”じゃなくて”ボデー”(笑)。知性のなさが感じられるよな。顔も何か
    大陸系だし。

唐沢 いまの殺人犯って、たいていインテリ崩れの優男っぽいのが多いんだけど、
    こういう「誰が見ても殺人犯」みたいな凶悪な顔した人って、近ごろ珍しいね。


村崎 ”透明なボデー”ってのは何のことかと思ったら、死体は切断して骨はドラム
    缶で焼いちゃって、肉は近くの川にバラまいちゃったらしいのね。そうやって
    遺体の痕跡を完全に消しちゃうんだって。それで”透明なボデー”。


唐沢 「死体が見つからなきゃ罪にはならないだろう」っていうね。まあ、殺人者が
    いちばん勘違いしやすいところなんだけど。


村崎 それで、この『共犯者』読んでたら面白くてやめらんなくなっちゃったけどさ、
    もともとはコイツ、犬のブリーダーやってたんだけど、はじめた頃から評判
    悪くて、コイツから買った犬はたいてい盗まれてたらしいのね。要するに
    自分の犬を売っては盗んで、また別のところに売って、ってことを繰り返して
    たみたいなんだけど、ひどい場合は犬をピンクに染めて売ってたりしたらしい。

村崎 そうじゃなきゃ、自分が売った犬の様子を見に来たフリして、剃刀の入った
    肉団子食わせて殺しちゃって、また新しい犬売りつけるみたいなことも平気
    でやってたらしいんだよね。そんなことばっかやってたから、とにかく愛犬家
    からは目の敵みたいにされてて、最初に殺された川崎さんって人も、わずか
    数十万円の犬を「日本には何匹も入ってきていない種類の犬だ」つって、
    1千万円以上で買わされたんだって。

唐沢 それで高い犬ばっかり売りつけてたから、一部の新聞では”一流ブリーダー”
    扱いされてたけどさ、要するに安い犬を高く売りつけてただけなんだよね。

村崎 うまいなあって思うのは、コイツ、親しくなった人に健康にいいからって、
    いろんなドリンク剤とか栄養剤とかあげてたらしいんだけど、殺す時には
    そのなかに硝酸ストリキニーネとかこっそり入れておくんだよ。川崎さんも
    直接の死因はこれだったんだけどさ。共犯者の山崎には「人からもらった
    もの、おいそれと口にするんじゃねえぞ」とか言ってたんだって。


村崎 それでこの男、被害者が女の場合は殺したあとに死姦までやってんだよ。
    共犯の山崎にも「どうだ、死んだ女もなかなかいいもんだぞ」なんて勧めたり
    して。もっとヤんなるのは、相方の風間博子の方も、関根が死体捌いてる
    間に先に家帰って、ほかの男と浮気してんだよね(笑)。もうあきれた夫婦って
    いうかさあ。


村崎 何しろ、言ってることがスゴイからね。「人間の死は、生まれた時から決まって
    いると思っている奴もいるが、違う。それはこの関根元が決めるんだ。俺が
    今日死ぬと言えば、そいつは死ぬ。明日だといえば、明日死ぬ。間違いなく
    そうなる。何しろ、俺は神の伝令を受けて動いているんだ」だって。
    もう、電波入りまくり(笑)。


唐沢 ていうか、自分のことを「この関根元」とか名前で言うなよ。『男組』じゃ
    ねえんだから(笑)。


村崎 んで、共犯者の山崎もいい加減イヤになってきたんだけど、埼玉県警が
    マヌケで全然捕まえてくれないからさ、山の向こうからたまに監視してる
    だけで、「あいつは殺しを重ねる時期と、パタッとやめる時期が交互に来る」
    とかホザいてるだけなんだって。

唐沢 知ってんなら、すぐ捕まえろよ(笑)!田舎の警察のダメさ加減を絵に描いた
    ような連中だな。


村崎 ほかにも「殺しのオリンピックがあるなら、オレは間違いなく金メダルだな」とか
    ワケわかんないこと言ってたらしくて、いやまあ、犯罪者としては面白すぎる
    よね、この人(笑)。


唐沢 昭和からこのかた、こういう「オレは日本一」みたいな叩き上げ的なバイタリティ
    が少なくなってきたとおもってたんだけど、ヘンなところにまだ残ってたもんだねえ(笑)。


村崎 とにかく、一応4人ってことになってるけど、何人殺したのかわからないらしいし、
    秩父とか熊谷とか、当分行く気になれないよ。
唐沢 どこに誰が埋まってるかわかんないもんな(笑)。しかし、アメリカの殺人犯
    なんかに比べると日本のはスケール小せえなあっていつも思うんだけど、
    日本で唯一対抗できる殺人犯が出てきたって感じだなあ。

村崎 判決のあとも全然反省の色がなくて、裁判長が席上で怒ってたもんな(笑)。
    控訴するとかいってんだけど、こりゃ誰が見たって120%死刑だっての。
    いやあ、ホントにこりゃスゴイ事件だよね。

唐沢 ”事実は小説より奇なり”っていうけど、この事件をそのまま小説にしたら、
    「こんなヤツいねえよ」って言われるだろうね(笑)。オウムの陰に隠れちゃって
    たのはもったいなかったよね。
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/dog/1032128516/


5. 2016年5月09日 17:17:04 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2639]

◆埼玉の愛犬家連続殺人事件について・・・◆
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/dog/1032128516/

930 :関根 元:2006/08/18(金) 05:01:31 ID:CNqXk/6z

まことの名犬とは
無駄吠えがなく 体臭がなく
かしこく温和で 気品にあふれ
お子様ご婦人お年寄りまで安心して
朝夕の散歩が出来る 寒さ暑さも又
どんな 食事もOK! 家族の一員としての
役割を十分に果たしてくれる 
買って安心 飼って満足

373 :わんにゃん@名無しさん:04/02/14 12:59 ID:RkmYr7hK

埼玉県熊谷市にあるぺットショップ「アフリカケンネル」を以前から煩繁に訪れていた産廃処理会社専務 川崎明男さんに関根元はライオン狩に使う大型の猟犬ローデシアンリッジバックの利殖話を持ちかけていた。

そして1匹50〜60万円の犬をつがいで1100万円で売りつけることに成功する
しかし騙されたことに気付いた川崎さんに販売代金の返却を求められた。
最初はうまくなだめて言いくるめようとしていたが、川崎さんがなかなか思いどうりにならないので、販売代金を返却するからと車庫に呼び出し車の中で硝酸ストリキニーネを混ぜた栄養ドリンクを飲ませて殺害した。

事情を知らずに関根に頼まれた使いから戻ってきたアフリカケンネル役員の山崎永幸を「お前もこうなりたいか」とおどして山崎の自宅である群馬県片品村に死体を運ぶのを手伝わせ、風呂場で死体を牛刀で解体して近くの川に遺棄した。

この後、関根に騙されたことを聞かされていた川崎さんの義弟に、「兄貴をどこへやったと」としつこく追求されたので、関根は仕方なく川崎家との話し合いの場を持つことにした。

そこに同席したのが以前から関根と親しかった稲川会係高田組の遠藤安亘だった。
(遠藤は関根が過去に何度も殺しをしていることを知っていた)
川崎さんの家族が川崎さんの行方についてあれこれ質問しても関根は白を切るだけである。
そんなやり取りを見ていた遠藤は、関根が川崎さんを殺したことに気付き、関根に高額の口止め料を要求した。
その要求に関根は数千万円を払っていたが、ゆすりはそれでも収まらず最後には土地の権利書まで要求してきた。
税金対策のために偽装離婚していた元妻の風間博子に「遠藤に土地も家も皆搾り取られちゃう」と泣き付かれ切羽詰った関根は、遠藤殺害を決意、遠藤の自宅を権利書を持ってきたと訪れ硝酸ストリキニーネ入りの栄養ドリンクを遠藤とその運転手の和久井に飲ませ殺害した。
この二つの死体も群馬県片品村に運び込んで解体遺棄した。

432 :わんにゃん@名無しさん:04/07/29 10:23 ID:UjVGUJjH

洗い場の床には頭と手足を切り落とされた遠藤さんの胴体が転がり、あふれるくらいに水を張った.浴槽には、二本の足が浮かんでいた。
胴体の肉は半分以上削ぎ落とされ、あばら骨が何本も覗いていた。
到底、この世の光景だとは思えなかった。
胴体から削ぎ落とされた遠藤さんの肉は、博子の手元で、次々にスライスされていく,
まるで主婦が刺し身でも切っているみたいに。


406 :わんにゃん@名無しさん:04/05/16 01:11 ID:39KJoMTS

裁判は関根被告に対する弁護側からの被告人質問で、主任弁護士と関根被告とのやり取りがつづくといった形でした。
風間被告は、ずっとノートにメモをとっているだけで、自分の犯行についての話が出ても、特に表情を変えませんでした。
風間被告は普通のおばさんにしか見えないし、関根被告もみかけはただのハゲのじいちゃんにしか見えないんですけどね〜。
傍聴人の中でも、そういう話をしている人がいましたが、 「やっぱり、柵の向こうの人がすげぇ人ばっかりなんだな」というようなことを言っていました。
弁護側の「一審の浦和地裁の判決は死刑でしたね。あなたはこれに対してどう思いますか?」、という質問に対し、

「私は、Kさん、Eさん、Wさん、Sさん(被害者の名前)、は一人も殺していません」

と強い口調で答え、一審で殺害に関して無罪とされ、死体損壊・遺棄罪のみに問われたY(関根被告は「しまさん」と言っていたような気がしたが)が一連の殺害の実行犯で、自分はYに殺害を依頼し、遺体の解体・遺棄をしただけであると一審判決の事実誤認を主張した(これで軽くなるのだろうか? 結局は殺人教唆罪なのでは?公訴棄却でも狙ってるのだろうか?)。

さらに、Yについて関根被告は「警察や検事と(司法取引をして)組んでいる」と強い口調で非難。 ここまでは威勢のよかった関根被告でしたが、具体的な犯行内容の質問になると、老人のしゃがれたような声で答えるようになり、聞き取りが困難でした。 

Kさん殺害について、一審では毒殺とされたが、関根被告はYが犬のリードで絞殺し、自分が解体した。
Eさん殺害について、風間被告が毒殺し、遺体の解体は、6割が自分がやり、4割は風間被告が、Yは皮をはぐなどをした。

Wさん殺害したあと、6割は自分が、4割はYが解体し、Yは傷をつけて皮をはぐなどし、Sさんの解体は自分がしたと主張した

422 :わんにゃん@名無しさん:04/07/01 15:57 ID:G17PNyHM

私も裁判は何度か傍聴してますが、関根は死刑を覚悟しているように見えます
というか、関根には現実感がなく、殺人やその他すべてのことは夢の中での出来事と思ってるんじゃないでしょうか?

757 :わんにゃん@名無しさん:2005/12/04(日) 19:07:19 ID:CihE3xHp>>756

法廷(高裁)での関根は 年齢よりも老けて見えるちょっとシナビタ定年過ぎのビンボーなおじさん風
ついでに 元妻は 夕方スーパーにいくらでもいるおばさん風。
で 博子は 支援者からの差し入れで 衣服が ときどき変わったが 傍聴していた その支援者(複数)へも無愛想だった。
だからかもしれないが 控訴審の最後の頃は 傍聴にも来てもらえなかった模様。

法廷で どんな?は 一度でも見れば どうってことはない。
だから 見てても見てなくても どうってことはない。

850 :わんにゃん@名無しさん:2006/05/09(火) 03:20:06 ID:Uzwo9HTw

風間は元幼稚園教諭だが、九州の一族殺人事件の緒方純子も元幼稚園教諭。
どちらも死体解体をしているし、奇遇だ。
担任された園児へのインタビューとかはあったのだろうか?

個人的に両事件を比べると、肉の処理にミキサーを使った点では九州の方が精緻だと思うが、
骨を焼いて粉にした点では関根の方が精緻だと思う。
しかし骨の投棄場所は関根が山なのに対し、九州の方はフェリーで海に捨てており、川崎の遺品の腕時計が山の遺骨にまぎれていたことが重要な証拠となったことを考えると、関根は詰めが甘いと考えられる。

また金銭トラブルのある顧客を殺したりと、かなり警察から疑われるような状況で殺人に及び、妻のみならず新入社員を共犯にしたりと杜撰であり、 今までの多数の殺害がばれなかったという体験を過信しすぎていたのだろうと思う。

438 :わんにゃん@名無しさん:04/08/06 18:14 ID:xmKhe+g7

しかし数万円の犬を1000万とか法外な値段つけられても買う人がいるってことに驚いた。
相場ってあるようでないよなもんなのかな?


439 :わんにゃん@名無しさん:04/08/06 20:41 ID:aQw7vQ1V
>>438
ちょっと勉強すれば相場は分かりそうなもんだし、
関根は相当口がうまかったんだろうね。

755 :わんにゃん@名無しさん:2005/12/01(木) 18:44:09 ID:YKSh/On0

この事件発覚の頃は、TVのワイド番組が毎日報道してた。

私は八木橋に行く為に信号待ちをしてるついでにこのペットショップをのぞいていた。
当時、猫のブリーダーに興味があり、長毛種猫をかっていた。
すると、坊主頭の小判型の顔、けっして太ってなく、ひきしまっていて、農家のおじさん?というような感じのお店の主人らしき人が近づいてきた。

私   「この猫は血統がいいのでしょうね?」
店の主人「お茶でも」
私   「いえいえ」
店の主人「寿司もあるから」
私   「これから、お買い物なので」

と、言ってお店を出る。
外で待っていた夫に

私「たいした猫でもないのに、すごく高かった。
  それに、お寿司をご馳走してくれるって、 どうしてかな?へんだよね?!」
夫「すげ〜、もうかってるのかな」

この時のことを思うと、凄く怖い。
調子に乗って、お寿司を食べていたら・・・
今の私はいなかったかもしれない。
店内には、もう一人お客様がいました。
これ、本当の話です。


101 :わんにゃん@名無しさん:02/11/06 17:57 ID:iwFqHyz/

俺の知り合いも昔,奴からマラミュート買った。
バブルの頃で、いい犬だったけど法外な値段だったみたい。
ただ奴の商談の上手さに丸め込まれた。

487 :わんにゃん@名無しさん:04/10/21 11:15:54 ID:YG8eIV2z

仔犬一匹100万。
G・レトリバ−のGケネルもそうだったな。

476 :わんにゃん@名無しさん:04/09/22 18:28:17 ID:VagXyOWv

友だちがここでビーグル買ってた。ビーグルが40万だって……。
高すぎるよ。

477 :わんにゃん@名無しさん:04/09/22 20:52:29 ID:3QqF8ZsK
>>476
相場10万〜20万のを 血統がどうのチャンピオンがどうのと さんざん吹き込んどいて ひょいと客に値段を言わせ
30万て言ったら それじゃー売れない 子犬引き取るとか言って 40万で売りつけるのが手口だったんでしょう。

ハナシうまいから 集団催眠・熱のこもった競売のような状態にしてしまったのではないか。

431 :わんにゃん@名無しさん:04/07/29 09:55 ID:UjVGUJjH

関根の虚言癖の一例

「自分はアフリカに一一年、アラスカに八年、シペリヤに二年いた。
青年期からの半生を炎熱、酷寒 の地で過ごした。」

「サファリを経営し、 トラやオオカミ、ライオン、.ワニなどを飼っている。」

「ヘリコプター三機、二億円以上の高級クルーザー二隻も持っている。」

「鹿、牛などの生肉を常食として第四婦人まで愛域を広げ、正月にはファミリーと一堂に会して新年を祝っている。」

「シマウマの血を体に塗りたくり、ライオンの群の中に突進し、瞬〈間に牛一頭を白骨化しっつある一五万匹の凶暴なビラニアが群遊する沼に素足で入り、英国BBC放送をして『ジャパニーズ●ターザン』と呼ばしめた。」

「自分は兄弟姉妹には医者や弁護士がいる中で旧制浦和高校から京都大学に進学した。」

「全図二か所に遊技場を経営している。」

499 :ちちびあん:04/10/30 09:22:53 ID:f0+oLord

知り合いのおじさんは昔、大野原時代の元ちゃんに犬を買ってもらっていたらしい。
元ちゃんが飼っていたトラの餌にするんだと。
当時のお金で、1匹1000円とかで買ってくれたから、一生懸命野良犬捕まえて持っていったって。

うちの母の知り合いは、父親が失踪したんだって。
元ちゃんと繋がりのある人だったから、きっと殺されてる。
チチブではそんなヒト多いよ。

500 :わんにゃん@名無しさん:04/10/31 00:45:24 ID:mmr7LUDW

で、この元ちゃんは人格障害?それとも患ってるってこと?
俺の知り合いに殺し→異常な女好きっと違うだけで、それ以外はほぼ同じってのがいるよ。
恐いね。女が関わると人が変わり理性がなくなる。で、ホラばかり。
信じちゃって思い切り良い人だと信じている人もいるわ。

697 :わんにゃん@名無しさん:2005/09/01(木) 15:33:41 ID:37YVKiKV

関根は客にも俺は在日だと言ってたらしいが包み隠さず自称するのは珍しいな
殺された中にも一人帰化人がいたが

701 :わんにゃん@名無しさん:2005/09/03(土) 01:39:03 ID:+sseaLHY
>>697
関根は在日じゃない、秩父出身の生粋の日本人、
奴の頭の中じゃ在日=アウトロー(893)っていうイメージがあって名乗っているだけ。
下駄屋のせがれだそうです。地元じゃ今でも関根は有名。


711 :わんにゃん@名無しさん:2005/09/25(日) 10:42:12 ID:kl6ZCAJz

ペット屋時代の先輩がこの犯人の店に良く行ってたらしいよ。
友達と2人で就職しょうとしてたが先輩は怪しいので辞めたらしい。
友達は就職したが、労働条件やらの酷さに最後は逃げたそうです。
そのまま残ってたら大変だったな。と先輩は言ってました。
業界では「殺した数はこんなもんじゃない」が通説でしたね。


716 :わんにゃん@名無しさん:2005/10/07(金) 15:31:03 ID:1I0i4ewl

この事件が明るみになったのと同じ時期に私が当時勤めていた職場にとある署名運動の用紙が廻ってきた。内容は

・近所の高校生が行方不明になっている
・その高校生は、犬の取引で被告と取引があったが、警察はただの家出少年としか扱ってくれないのでちゃんと捜査してくれるよう署名活動を始めました

というものだった。(静岡県東部)
この高校生も炉で・・・?


722 :わんにゃん@名無しさん:2005/10/18(火) 22:20:39 ID:J97KKTxP

関根元は殺したのが多すぎて、自分でも憶えてないと思う。


730 :わんにゃん@名無しさん:2005/11/10(木) 21:11:36 ID:PrIKF2Rc

この人、殺した人の死体を切り刻んで犬に喰わせてたんでしょ。
いろんな人から聞いた。
なぜ報道しない?

731 :わんにゃん@名無しさん:2005/11/11(金) 18:40:06 ID:q/M8tKbV
>>730
さもありなんだが どうかなぁ?
そういうなら 自分たちで喰った!
従業員にも喰わせた!!もなんでもありでしょう 言うだけなら。

報道や裁判記録で言われているのは
近くの知り合いの農家の廃牛を譲り受け
夫婦で解体して犬に喰わせていた
(これが予行演習oioiになった)。

ポッポハウスで
遺体の肉は刻んで川に捨てた。
骨と遺留品は焼いて これも川や道端(?)に捨てたと。

>なぜ報道しない?

いろんな人が言っていた だけでは「報道」は されないでしょう。
ガセか風評だからかも。

あなたが根拠をしっかり確認して あなたが「報道」するか 新潮社へでも知らせればいいのでは?

732 :わんにゃん@名無しさん:2005/11/12(土) 14:02:26 ID:cw3TTdI0

マスコミが公表を躊躇ったんだよ
あまりに残酷な内容だから

734 :わんにゃん@名無しさん:2005/11/13(日) 15:12:12 ID:otoXhlAf

関根もバカだな
ばれないようにやりゃ良いのに

735 :わんにゃん@名無しさん:2005/11/13(日) 18:49:54 ID:qRRqoYbe

ばれてないのが多数(?)あるとかw


736 :わんにゃん@名無しさん:2005/11/14(月) 04:09:28 ID:HEmMiWvB

本読む限りは後30人確実に透明になってるだろーな、ガクブル

737 :わんにゃん@名無しさん:2005/11/14(月) 19:49:52 ID:cN1H1KmZ団藤重光らの学説から見れば共犯者の自白は本人の自白に含まれ共犯者の自白以外何ら補強証拠がないんだから
関根は無罪ということになる


740 :わんにゃん@名無しさん:2005/11/16(水) 23:21:16 ID:zqMRrNX4

殺された暴力団幹部は稲川会高田組の幹部と運転手だよ。
怖い怖い。

741 :わんにゃん@名無しさん:2005/11/17(木) 16:56:17 ID:orwJN2UD

死体を切り刻んで犬に喰わせてたっていうのは俺も聞いたな。

742 :わんにゃん@名無しさん:2005/11/18(金) 15:38:02 ID:sAjzrYYL

「良い肉が手に入ったから」って近所に配ったっていうのは本当なんだろうか・・・


854 :わんにゃん@名無しさん:2006/05/31(水) 11:26:03 ID:iPhGbxOU
>>742
その話誰から聞いた?
地元じゃ禁句だぞ。


855 :わんにゃん@名無しさん:2006/05/31(水) 22:20:05 ID:T1HGdFvJ

フィレ肉の話か…
忘れたい…


858 :わんにゃん@名無しさん:2006/06/03(土) 22:57:32 ID:eoXieaNp
>>855
どんな味だった?


859 :わんにゃん@名無しさん:2006/06/06(火) 19:17:20 ID:yhg3OrD7

超〜んまかったよ!

11 :わんにゃん@名無しさん:02/09/17 07:23 ID:WQZVeY19

店に逝った。
友人があそこから犬を買った。
実は本を出版している(絶版)その本はうちにある。
マラミュートのブリーダーとしてが一番有名。
犬舎名はドッグハートアフリカ。
人殺していそうとは思っていたけど…。
逮捕される一週間前に会ってる。
あまり書くとばれそうなので以上。

12 :わんにゃん@名無しさん:02/09/17 07:44 ID:keG1499R

昔は犬雑誌にもガンガン広告出してたよね。
ニュースで見てオイ!この人住所入りで広告出してるじゃん!とか思ったものだ。


370 :わんにゃん@名無しさん:04/01/31 20:14 ID:ilLBC6Q9

犬舎名は「ドッグハートアフリカ」
輸入で沢山、マラミュートを入れていたよ。
代表的な種牡は「風神」「白龍」
その子孫達は日本に沢山いる。


758 :わんにゃん@名無しさん:2005/12/04(日) 20:14:32 ID:cfHfzKsn

国道17号に看板があって その文句が
いぬ、ねこ、オオカミ
と言うのがありました
ちゃんとアピールしていたのですね
ガクブル

60 :わんにゃん@名無しさん:02/10/06 22:00 ID:jXW+6NyK

ウルフドックの広告をよく愛犬の友に出してた頃、見に行きたくて電話して、
でも高校生だったから奥さんの方に適当にあしらわれた思いであり。
あの時むっとしたけど、あそこから犬なんて飼って変な縁できなくて良かった〜。


424 :わんにゃん@名無しさん:04/07/06 16:47 ID:+UkV9ay7

小学生の頃、犬舎の横が通学路でした。
よくそこ(通学路)にトラックを置いて、 牛を解体していた記憶があります。

死体を川に流していたと聞いて、そういえば、用水路に血を流して真っ赤になってたなぁ。とか思いました。

夏休みに学校のプールに行く時とか、犬舎の檻に張り付いて犬をみたりしていると、おじさんに話し掛けられたりしました。

なんか派手なシャツ着てるなぁ。
と思ったら、入れ墨だったり。

201 :わんにゃん@名無しさん:03/07/18 18:00 ID:tkTeNnj

Fショー会場で博子からリポDもらった事あり。

205 :わんにゃん@名無しさん:03/07/27 03:12 ID:hAUBpfe+

わたしは東京インターの時ドリンク貰った。飲んだけど無事です。


210 :わんにゃん@名無しさん:03/07/31 20:30 ID:WFX9BaiN

いつも栄養ドリンクを常備していて飲ませていたんだよね。

211 :わんにゃん@名無しさん:03/08/01 10:14 ID:w2RlH2oc

殺した人の犬を他人に売るんだから、買う人間も犬の見る目がなければ商売成立しないしょ?

自分のとこの犬にいいものはいなかったそうですよ。
その分いい犬みると欲しがったようです。

普段から、見てくれの悪い犬がうまれるとシメてマキで灰にかえてたそうです。
これやるブリーダーのところって不思議といい犬がいない。

ちなみに友人がこのおっさんと会ったことありです。
犬つれていったら、ドリンクのめのめうるさかったそうです。
のどかわいてないって言ったら、体にいいから飲め!ってうるさいそうです。

その友人、あまりの強引さに頭にきたらしく最後まで飲まずに帰ってきたそうですよ。

847 :わんにゃん@名無しさん:2006/05/09(火) 02:26:12 ID:Uzwo9HTw

毒が入っていたのは栄養ドリンクじゃなくて一緒に渡されたカプセルだよ。
川崎のときは分からないが和久井と遠藤の殺害時はその手を使った。
上で栄養ドリンク飲んだ経験あるって怖がってる人いるけど、毒が入ってるのはカプセルの方だから大丈夫。
関根自身、山崎に「飲み物飲むときは封が切ってないか注意しろ」って諭してるくらいだから、封切ったドリンクを遠藤に飲ませるなんて怪しまれそうなことはしないと思う。
第一ストリキニーネってものすごく苦いんじゃなかった?
いくらマイナーな栄養ドリンクに入れても苦さで変だと思うはず。

848 :わんにゃん@名無しさん:2006/05/09(火) 02:31:34 ID:Uzwo9HTw

こんなことが書いてあった。

strychnine は『馬銭子』に含まれる成分である。アガサ・クリスティーの作品に比較的しばしば登場する毒物。
国内では犬の飼育業者が、金銭問題の争いから硝酸ストリキニーネを使用した殺人事件を起こしたとされている。
ただし、毒性は強いが、甚だしく苦味が強いので、殺人の道具としては、扱いにくい代物である。
国内の例ではカプセルに詰めて服用させているが、険悪な状況下で、栄養剤といわれても飲まないのではないかと思うが、
飲まなければ殺人事件にならないはずなのに事件が成立したということは、飲んだということである。よほど口先の巧い人間だったということのようである。


17 :11:02/09/18 15:33 ID:tKLTbSbI追加。

逮捕の一ヶ月前に社長と話をした。
社長は「俺の事、本当にマスコミは好き勝手に書いてる」と言い訳。
話は虚言癖が多かったのは実感。本当にこの社長がいい人だと思い込みの人もいた。

28 :わんにゃん@名無しさん:02/09/22 01:34 ID:En1mSBhi

ちょんこ?だったかどうかは知らない・・・けど
かなーーり昔に頻繁にアフリカケンネルと付き合いがあった・・・。
犬舎掃除の手伝いにも行っていたけど、今思うと殺されていたかもしれん。
背筋が凍る思い。
あまり詳しく書くと素姓がバレるので細かくは書けないけど
埼玉県警の私服警官が何度も大学ノートを何冊も持って家に来た。
犬舎の運動場がコンクリートになった頃の事を色々聞かれたけど
警察の話では従業員も行方不明になっていてコンクリートの下に埋まっているかもしれないって言ってた。

夫婦共に背中に同じ入れ墨入ってるのは知ってる。
奥さんの連れ子が自宅で飼っていた虎に噛まれて重傷になった事もある。
でも、うちの家族はどういう訳か良くしてもらったんだよな・・・。
善人には見えなかったけど人も殺しそうだったけど・・・
私達には悪人じゃなかったよ。でも・・・人一人消すのなんか訳無いとは言ってた。
本心だったのかな?ゾゾゾーーーーー。生きてて良かった。
奥さんの実家とか、残された子供を思うと不憫だな。

822 :わんにゃん@名無しさん:2006/03/24(金) 02:38:50 ID:1C4jP6hZ

↑↑↑の元ちゃんと博子ちゃんが同じ刺青入れてたってのはガセネタ!
元ちゃんは背中にライオン、博子ちゃんは両肩に昇り龍、降り龍だぞ!


826 :わんにゃん@名無しさん:2006/03/25(土) 03:03:07 ID:IWmg

背中の刺青は博子ちゃんにはなかったですよ!
両肩のみです!

827 :わんにゃん@名無しさん:2006/03/27(月) 01:27:11 ID:LwqTskrl

奥さんはどんな人でしたか?


828 :わんにゃん@名無しさん:2006/03/27(月) 17:29:02 ID:V9U6WWIP

小柄で一見大人しそうだけど気が強かったね!
元ちゃんより根性はあったんじゃない。
頭もいい人だったよ!
そんな人がなぜ元ちゃんの掘れ、事件を起こすまでに至ったかが残念。
でも博子ちゃんには彼氏が板からね!

漏れは博子ちゃんと仲良かったから博子ちゃんに限り悪い印象は梨!


830 :わんにゃん@名無しさん:2006/03/31(金) 01:02:59 ID:xsV1E1UJ
>>828
彼氏がいるのをなんで知っていたのですか?


832 :わんにゃん@名無しさん:2006/03/32(土) 04:14:16 ID:BrDkYdPF
>>830
仲良くしてた人達の間では有名な話!


29 :わんにゃん@名無しさん:02/09/22 05:14 ID:0czTQtwi

関根はどんな感じの人でしたか?
従業員は絶対服従で女の子はみな関根と寝ていたそうですが
従業員の女の子はどんな子がいましたか?


186 :わんにゃん@名無しさん:03/04/29 12:33 ID:2z+zuY58

関根にやりまくられてた従業員の女の子たち
今でも犬の業界にいるのでしょうか。
ふだんにこやかに喋っているトリマーさん、トレーナーさん
ペットシッターさんなんかが実はアフリカケンネル卒業生だったら……

こ わ い よ う

32 :わんにゃん@名無しさん:02/09/22 15:46 ID:ts5DAEoq

奥さんの連れ子をすごい虐待してたって本に書いてあったよ。
奥さんのお母さんはまだ健在なんだろうか?
この人が金持ちなんだよね?


33 :わんにゃん@名無し:02/09/22 17:42 ID:73ZNhOjg

この夫婦の事なら、10年位前にショーやってた人間なら、みんな知ってるよ
毎週土日は必ず出陳してたもんね。 
事件になる前から、ショー会場ではウワサがあったよ。
でも、ウワサじゃなかったのが本当に恐ろしいよ。

この夫婦から肉類貰った人達、事件発覚後、食べた事を後悔してるヤツがいっぱい居るはずだ。

38 :わんにゃん@名無しさん:02/09/23 01:56 ID:aCQq9sCS

たしか人間の肉のどこかがトロみたいで美味しいって本に書いてあったぞ。
他の人間の肉は風呂でバスクリン流しながら ひき肉状にして川に流したんだよね。
骨はドラムカンで灰にして山に捨てた。
でもロレックスが残ってて逮捕となったんだってさ。


39 :わんにゃん@名無しさん:02/09/23 03:56 ID:3UBrLrGm
>>28 です。
私は彼らがショーに出始める前のお付き合いだったので犬界でもかなりの古い時のお付き合いだったと思います。
その頃は従業員に女の子はいませんでした。
ん・・・その頃の関根さんは奥さんの連れ子を虐待してるようには見えなかったけど・・・
良く運動場で子牛の解体作業を従業員としてたのは覚えてます。
まんまの子牛を鉈でガンガン解体してました。
オオカミの餌だと言ってましたがなんだかすごく恐ろしい光景でしばらくは牛肉が食えなかったです。

人自体は面倒見の良いおじさんでした。
でも、表社会ではなく裏社会の人だろうとは思いましたけど
むしろ奥さんの方が根性ありそうだと思ってましたが。
実家が地元の古くからの不動産屋だったのでは?
私が最初に関根さんに会った時の奥さんは別の人でしたから。

40 :わんにゃん@名無しさん:02/09/23 06:58 ID:0YOAy6uk

前の奥さんはどんな人だったのですか?
財産目当てで結婚したので捕まった奥さんが一番ブスだったと関根は言っていたそうですが
本によると 奥さんは全員 入れ墨を体に入れさせられたとか

819 :わんにゃん@名無しさん:2006/03/23(木) 13:21:17 ID:2V53iCgy

漏れは元ちゃんも博子ちゃんも知ってるよ!
牛の解体は当たり前にやってたけど、小○の産婦人科から出産時に出る胎盤を引き取ってきて煮て犬たちにやってたぞ!
何か聞いたら『サメの胎盤』と言ってたけど、従業員が人の胎盤だと言っていた!
かなり高額な金額で犬を売買していたのも本当だが、その当時被害にあった人が同じ熊谷で駄犬のマラミュートを繁殖している!
しかも数十満〜100万・200万だとか・・・
アメチャン買った方が安いよ・・・
しかも遺伝的疾患出まくり!持っているアメチャンも駄犬ばかり・・・
犬を見る目なし!
その点元ちゃんと博子ちゃんは金も使ったけど見る目は少しはあったよな!
風神に関しては今日本にいるマラミュートでは勝ち目なしってくらいのいい犬だったぞ!
その後のサンタってアメチャンも良かったな〜
でもかなり袖の下を使ってBISもらってたがな。

このスレのお陰で久し振りに2人を思い出したよ。

820 :わんにゃん@名無しさん:2006/03/23(木) 15:54:53 ID:U5lytETs

自分はかなり間接的ではあるがいくつかエピソードがあるんだ


1 小学校の通学路に小屋があった(うろ覚えだからもしかしたら住居かも?)

2 江南の犬舎近くの本屋駐車場で、車から降りて店内に向って歩いていたら車庫入れしてた車に当てられたので、文句を言いに運転席に回って中を見ると、まだ若く4〜5人で乗っていた。
どこのやつ?家に連絡しろとか言ったら、すげぇ地方で『はぁ?そんな奴がなんでこんな田舎にいるの?』と言ったら『住み込みで働いてる』という。

『じゃあ会社に電話しろよ!』と言うとかなりうろたえ会社名を言わないし、仕事場にバレると本当にまずいと半泣きで謝ってきて、そんな押し問答を続けててやっと仕事場を明かした
『アフリカケンネル』
それを聞いたツレが自分の耳元で『あそこはいい噂ないから、もうやめとけ』って。
当時自分も若かったし、イキがってわめいていたが今考えると彼らもこの件を連絡されて関根に折檻されるのが何より恐かったんだろうし、自分らもそれ以上しつこくしてたら…ガクガク(((゚Д゚;)))ブルブル


821 :わんにゃん@名無しさん:2006/03/23(木) 16:15:56 ID:U5lytETs3 

ハローワークに求人を出してて(八木橋前の店)友達♀が面接に行って受かった(が、他も受かったので行かなかった。むしろ働いてたら間違いなく関根の餌食だったろうな)


4 某駅近くのスナックに出入りしてた頃のママがたまたま話してくれた話

確か当時事件はまだ明るみにはなってなかったと思う。
ママと付き合いのあった人が『近々大金が入るから、ママにも何かご馳走してやる』とか言ってたらしく、ママも楽しみにしてたそうな。
だがその人は、それきり姿を消してしまったらしくママも心配していた。その人は高田組の人だったと言っていた。きっと金で揺すっていたりして消されたんじゃないかと話していた
ママ自身もその人と関根の関係をどこまで知ってたのか、また、知った上での失踪話だったのかは忘れてしまったが今考えると恐ろしい

と、長くなったが以上がかなり間接的ではあるが身近なところでの自分の知ってる話だ

『愛犬家連続殺人事件』を読んで色々思い出しました
そりゃあ、普段から殴られたりしてたら住み込みの兄ちゃんもビビる訳だし、何よりママの知り合いの高田組の人の話が恐くなった
そのスナックはまだあるのかな〜?
なかなかやり手っぽかったし裏では何してたのかわからないようなママだった記憶があるけど


42 :わんにゃん@名無しさん:02/09/27 03:55 ID:ooCB0LDF

漏れが関根と知り合いになったのは、自称訓練士の事件のちょっと前かな?
まだ古い犬舎の方で、小柄な人の良い、でもちょっとクセのありそうなオッサンだった。
例の本を書いた人の事を「志摩」ってよんでたな。
んで連絡先を教えてくれた(w)
当時もらったパンフレットはまだ取ってあるよ。
関根の自筆入りだけどな(ワラ
訓練士殺人の時にも、「自分のとこの客も行方不明になってて、警察が来てまいったよ」とか話してた。

ちなみに漏れが犬舎に行った時は若い小柄な女の子が働いていたな。
顔に凄い傷跡があって、関根は「そこにいるマラミュートに噛まれたんだ」とワラってた・・・。

44 :わんにゃん@名無しさん:02/09/27 04:25 ID:BAz8xuoy

訓練士の愛犬家殺人でしょ?
ウルフドック売ってた店だよ。
近所に住んでる友達がいました。
獣医さんにもらった安楽死の薬を犬の飼い主に使ったんだよね。 

45 :わんにゃん@名無しさん:02/09/27 23:34 ID:7J+rqWAq

>例の本を書いた人の事を「志摩」ってよんでたな。

じゃ、志麻永幸だっけ?本書いた名前は本名なのかな?

>獣医さんにもらった安楽死の薬を
>犬の飼い主に使ったんだよね。 

ストリキリーネだっけ?筋弛緩剤でしょ?
この獣医って誰なの?熊谷の獣医?
まだ獣医やってるのかな?


46 :わんにゃん@名無しさん:02/09/28 05:44 ID:Y18P3MaI

この獣医も確信犯らしいね
本に書いてあった
あと あの安楽死の方法はかなり惨い 最悪に苦しんで死ぬらしいね
保健所でもあまりに残酷なのでこの方法は 今は採られていないらいしい

51 :わんにゃん@名無しさん:02/09/30 01:17 ID:0AbCJPtG
>>46
塩化カリウムだったかな?
楽に死ぬには、麻酔打ちながら弛緩剤&塩化カリウムだな。
弛緩剤と塩化カリウムだと苦しみながら死ぬよ。


48 :わんにゃん@名無しさん:02/09/28 08:26 ID:uXUfAP07
>>45
その獣医は医者を辞めたと新聞で読んだ。
今はどうかは知らない。
 
確か893とその舎弟もヤられてたような。
度胸があるというか手段を選ばないというか。

465 :わんにゃん@名無しさん:04/09/09 01:15 ID:TCVywOh3

関根に薬剤渡した獣医って誰?熊谷の獣医?


466 :わんにゃん@名無しさん:04/09/09 05:05 ID:ltNkMHdI

廃業したとかいう話は聞いたような・・・。
本の中で志麻は今からでも逮捕しろ、といってるくらいだから薬剤渡したのも確信犯。
警察からは事情聴取は受けたみたいだが、あくまで犬猫の安楽死用の薬剤と言うことで関根に渡していたみたい。ま、金でしょうけどね。
考えてみれば関根の周りには驚くほど拝金主義で強欲な人間達が引力に引き込まれるように集まってきていますね。この関根という男の事を知るにつれ、業の深さを感じずに入られません。

501 :わんにゃん@名無しさん:04/11/07 18:14:05 ID:vhuowiCc

関根に薬を渡した獣医って逮捕はされなかったみたいだけど、今も獣医として生きているの?


511 :わんにゃん@名無しさん:04/12/12 21:25:36 ID:+19nJA2/
>>501
熊谷在住の親戚が言ってたけどY駄病院らしいね。
まだ病院やってるよ。超感じの悪いオヤジらしい。

569 :わんにゃん@名無しさん:05/02/16 21:21:10 ID:hCCh0WG0

そおそお、この本にも出てくる白い粉を渡した獣医
何て名前の病院なんでしょう?


570 :わんにゃん@名無しさん:05/02/16 23:56:38 ID:EOKOxLaJ
>>569
白髭橋動物病院


225 :わんにゃん@名無しさん:03/08/19 15:39 ID:nrQkBgw3

文庫ではなぜ山崎ではなく志麻という苗字なのですか?

226 :わんにゃん@名無しさん:03/08/19 15:55 ID:wKyjnabs
>>225
よく関根から「志麻、志麻」って呼ばれていたそうですよ。
でもなんで志麻なんでしょうね。

320 :わんにゃん@名無しさん:03/11/21 20:38 ID:VvKajpmf

なんで関根が志摩を殺さなかったのか不思議なんだけど…
本を読みすすめていくとそれが疑問。
嫁とは違い、始終監視している訳でもないし、殺しに絶対に必要な人物でもない


321 :わんにゃん@名無しさん:03/11/24 00:06 ID:T0G1LcHN

その前に、警察にマークされたからだろうね

636 :わんにゃん@名無しさん:2005/06/12(日) 02:56:51 ID:qc1eIvCw

それにしてもあの共犯者の志摩って、関根にはハイハイ従ってたくせに
命の危険がない相手・・警察とかには横柄な態度ですね。
あの情けない自分勝手な作者にも関根と同じくらい腹たったわ。


637 :わんにゃん@名無しさん:2005/06/12(日) 03:03:32 ID:qc1eIvCw

関根から逃げれなかった理由が、子どもを危険から守るため・・・みたいにかっこつけてるけど臆病者の言い訳がましい。
本当は自分がつかまるのが怖かったのが一番の理由でしょ。
それに出世のために調子のいい事をいった検事を関根と同等の人格にしてるとこも勘違い甚だしい。
誰だって自分が一番可愛いにきまってるじゃないか!
あんたも自分に有利な判決をしてくれると知ったとき、 おべんちゃらつかったじゃないか。

638 :わんにゃん@名無しさん:2005/06/13(月) 20:10:56 ID:VyIf+Bh7

シマさんは2回目の証人尋問のとき 作者はあなたではないでしょう?と突っ込まれて そうともそうじゃないとも答えず「あれはフィクション」と。
あの本は 週刊新潮の(長編/出来の良い)「黒い報告書」なのでしょう。
あの作者 相当の書き手ですよね(マンマと だまされましたw)。

643 :わんにゃん@名無しさん:2005/06/14(火) 23:26:07 ID:C7+d2T6m

作り話じゃないよ


644 :わんにゃん@名無しさん:2005/06/14(火) 23:31:11 ID:C7+d2T6m

ゴーストライター=フィクションと思っている人が居るみたいだけど、芸能人とかタレント スポーツ選手が出した自分の今までを語る自伝ってほとんどがゴーストライターだよ。
だからってその話しがフィクションということではない。
長い長いインタビューをしてそれで書く人もいるし、さまざま。

55 :わんにゃん@名無しさん:02/10/06 09:16 ID:hiqzkCI2

マラミュート探してた時に都内から熊谷まで車で行きましたよ。
値段に驚いたら、雌を飼って交配させて子犬を売れば儲かるからと薦められた。
ひとまずもう一ヶ所ブリーダーさんの所にも行く予定があったので店を後に・・・・。
ブリーダーさんから

「あそこも行ったの?悪い事は言わないから関わらない方が良いよ。」

と言われた。その時は商売敵タタキ?って思ったが良いオバちゃんだったので信じた。
もしかしたら自分も巻き込まれてたかと思うとオバちゃんに感謝してる。

56 :わんにゃん@名無しさん:02/10/06 09:42 ID:VOG1T/1F
>>55
本に書かれていた関根のやり口そのものですね。

58 :わんにゃん@名無しさん:02/10/06 14:58 ID:2pYyDGTD
>>55
そのオバチャンはもしかして、同じ熊谷(だったか、すぐ近くだったか)に住んでいて、太った人・・?
だとしたら、元々はそこのマラミュートも関根の所から来てるハズ。
血統書名に「ドッグハート○○」って入ってる犬は関根関係の犬だよ。

59 :55:02/10/06 21:35 ID:h8WGSCPT
>>58
近くでしたよー。
あそこの犬ってそうだったんだ。
毒餌を投げ込まれて何頭も死んだとかでセコムで警備してた。


61 :わんにゃん@名無しさん:02/10/06 23:54 ID:R2UjegOq

毒餌を投げ込まれて何頭も死んだとかでセコムで警備してた。

>これって本に書いてあった通りだね

売った客の犬を 毒エサを投げて殺して悲しんでいるところを同情している振りをして また 買わせる手口とか
しかし55さんは関わらなくて良かったですね
まさに運命の曲がり角だったのかも


62 :わんにゃん@名無しさん:02/10/07 00:08 ID:3udAGB/O

あー、問題多くて奥さんの名前じゃないと広告出せなかったんだよね

63 :55:02/10/07 00:44 ID:hMtclg7V
>>61
マジですか?
その本は読んだこと無いんですけど、そういうカラクリが・・・・。
一頭数百万の犬が死んだとか言ってました。

そうそう群馬県のスキー場に行った時に、途中流れてる川を捜索してるのを目撃したんですが家に帰ってからのニュースで愛犬家殺人事件の捜査だと知り、

もしかしたら自分があの川に・・
って思いましたね。

85 :わんにゃん@名無しさん:02/10/18 20:48 ID:Fd/YcXAo

そういえば元は昔ライオンの子供を飼ってたな。
二階のベランダから誰か見てると思ったら1メートル位の子ライオンで驚いたことあるよ。


86 :わんにゃん@名無しさん:02/10/19 06:01 ID:f5We1+eR

本に書いてあったけど
関根が大野原時代の自宅でライオンを飼っていて、そこが小学校の通学路で危ないので学校が通学路を変えたらしいね


864 :わんにゃん@名無しさん:2006/06/16(金) 12:37:39 ID:n1C+dyiw

何で関根の小指ないの?食われたの?
2階のベランダにトラ放し飼いたらしいけど大きさどんくらいなん?


865 :わんにゃん@名無しさん:2006/06/18(日) 14:01:35 ID:t3h95oTt

指は893。


866 :わんにゃん@名無しさん:2006/06/19(月) 00:44:59 ID:H0RmMT7B

熊谷の自宅で飼ってたのはトラじゃなくライオンだったよ!
トラは犬舎の近くにあったヤクザの事務所が飼ってたな!
世話してた下っ端が檻から逃がして大騒ぎになった。
敷地内だったから自分ちにあった○銃で殺しちゃったけどね・・・
別の組にはライオン売っててこれが超巨大だったとか・・・
名前はムー○ーちゃん!

元ちゃんちの自宅にいたのはライオン、その後は狼!

867 :わんにゃん@名無しさん:2006/06/23(金) 16:30:14 ID:3Y22eSGX

え?虎で合ってんじゃない?
関根の自宅、小学生達が通る通路であんまり通るなって言われてたとか聞いた。
まえに別スレで関根ん家の玄関のまえに虎いてビックリしたってレスもあった。


868 :わんにゃん@名無しさん:2006/06/24(土) 01:42:58 ID:KzvIUxOX

新しく建てた家ではカラカル飼ってて、その前住んでたとこではライオン、狼だったよ〜
前の家って言うのは家の前がグラウンドになってるとこ・・・

トラ飼ってたのはすっげ〜前だぜ〜

88 :わんにゃん@名無しさん:02/10/21 08:45 ID:7Njkdvhv

逮捕されてムショ入れられて差し入れ、奥さんにはイパーイきたそうだけど
旦那には全くと言っていい程、何もなかったそうだ。
ちなみに警察に情報を教えていたのは同じマラミュートクラブの人。


603 :わんにゃん@名無しさん:05/03/19 01:47:55 ID:xQOg+5kT

中学の時に当時まだ珍しかったハスキー、マラミュート、ウルフドッグを見たくて何度か友達と遊びにいきました。
犬のシャンプーや散歩をさせてもらったりお昼ごちそうになったりとかしてました。
子供ながら少しうさん臭さも感じてはいましたよ。
だって赤トラの子猫をムツゴロウ王国から来たチャトランの兄弟だと 2万円で売ってたりしたんで。
その頃の犬好きは犬雑誌でショーなどで撮影した写真やタレント犬の写真を売買・交換するのが流行っていたので私や友達もかなり写真を撮っていたので従業員の顔が写っているものもあります。
マラミュートは性格の良い子ばかりですごく良かったです。
私はピンクというレッドのマラミュートを散歩させてもらったんですけど、陽気で可愛かった。
狼のピースもその後どうしてしまったんだろ・・もうさすがに生きていないだろうけど。

606 :わんにゃん@名無しさん:05/03/19 20:49:33 ID:zgUJ3//6

>>狼のピースもその後どうしてしまったんだろ・・もうさすがに生きていないだろうけど。

これも散歩してたの?
ピースって、雌でしたっけ?
大きさはどのくらいでした?
貴方でも触れたの?

608 :わんにゃん@名無しさん:05/03/21 00:44:55 ID:MZ7N7U3w
>>606
いや、さすがに狼は危険と触らせてもらえませんでした。
でも檻から出されたところをフェンス越しには見せてもらえたので写真撮りました。
名前はわからないけど4、5ヶ月の仔狼は触らせてもらったりしました。
ピースは雌でしたっけ?記憶曖昧。
もう一匹の名前も忘れたし。

609 :わんにゃん@名無しさん:2005/03/21(月) 21:37:01 ID:ya1H2IXi
>>608
フェンス越しに見たピースって、サイズはどのくらいありました?
確か、雌でしたね。
動物園の狼をみていると、細くって体重はあまりなさそうですね。
でも、パッと見た大きさはシェパードの雄よりも大きい感じがします。
個体差が大きいとの話も聞きますが、ピースはどうだったのかなぁ?

611 :わんにゃん@名無しさん:2005/03/21(月) 22:49:56 ID:2WnGyXvY
>>609
そんなに大きくはなかったと思います。
そして太ってもいませんでした。
シェパードの雄と比べれば足の長さがある分、大きく見える感じでしたかねえ。
華奢っぽいイメージでしたよ。
もう一匹の漢字の名前の狼の方はかなり離れた檻越しにしか見ていないのですが、ピースよりも大きい感じでしたけど。
従業員の人が牛を解体しながら肉の切れ端を与えていたのを鮮明に覚えています。


612 :わんにゃん@名無しさん:2005/03/22(火) 00:12:17 ID:5rjJvuHM

漢字の名前のってさ、牙王ってやつかな?
今日本にいるウルフドッグの中にもここの狼の血が入ってるのはたくさんいるんだろうか


632 :わんにゃん@名無しさん:2005/06/07(火) 22:41:41 ID:1iuwVSDE

確かタライで小熊が水浴びもしてたよなW


97 :わんにゃん@名無しさん:02/11/04 00:53 ID:Upv2dQeA

なつかし〜
あの当時は、うちも景気良かったから
アフリカの子いたよ!
アメリカのStorm Kloudってkennelから来た
アメリカチャンピオンの子供だった。
アメリカチャンピオンなのに、なんで将軍とか風神とかって名前なの?と内心おかしかったけど、ウエストミンスターでもBOBとってたし、いい犬だったよ。
「いとしのアラスカン・マラミュート」も買わされてました。。。。
うちの子、確か、単独展でPWD頂いたよーな。。。
おとなしくって可愛かったなー。

その頃社長は、30万の犬が欲しいって来た客に、
「俺んとこは、そんな安い犬はいねえ。30万じゃ、これしか買えんぞ!」
って側にいた子犬の耳をカマで切って、30万とったそうな。
「俺は若い頃、浅草じゃ、耳切りの元でとおってた。」そうです。

でも、後で別の人から聞いた話だけど、
アメリカじゃ、ハスキーやマラミュートは安い犬だったそうです。
ナショナル展に行っても、セーター着て犬引いてる。
貧乏人の飼う犬だって。。。
ハスキーなんて日本人が値段吊り上げたんだし。

アフリカ ケンネルは当時、500万は当たり前、800万ってのも聞いたことある。
一体、いくらのってたんだ?


102 :わんにゃん@名無しさん:02/11/07 00:59 ID:d7KPJHm0

>「俺は若い頃、浅草じゃ、耳切りの元でとおってた。」そうです。

若い頃ってさ・・・関根って秩父出身なのに(w
ホラふきやろう

578 :わんにゃん@名無しさん:05/02/18 21:35:32 ID:5X2Nahd5

今でも怖い、犬を買いにあいつのところに行った。当時俺はやくざだった。
羽振りはよかった。大きくて珍しい犬が欲しかった。あいつの犬は100万円
だと知った。俺はベンツであいつの処に乗りつけた。
俺はあいつを知らなかった。「まけとけよ」と言って50万カウンターに置いた。
あいつは黙って裏から子犬をそれと包丁を持って戻って来た。
俺の目の前であいつは子犬の右耳を包丁で切り飛ばした。
これが50万の犬じゃとあいつは俺に子犬を放り投げた。
あいつが俺に近付こうとした。俺は子犬も金も置いて逃げた。
殺されるなんて言うもんじゃない。食われると思った。
言葉じゃなかった。咆哮だった。
その時のあいつの目は金色だった。そんなはずはない。絶対にありえない。
でも俺の脳裏では今でも俺に襲い掛かるあいつの目は金色だ。
猫科じゃない。爬虫類の目だ。逃げた逃げた逃げた。
俺は実戦空手3段のやくざ。一発で人を殴り殺す自信はあった。
俺は負け犬だ。負け犬にヤクザは勤まらない。家を売って組に金積んで組を離れる事を許してもらい逃げた。あいつに顔を覚えられた。怖い。

あいつが夢に出てくる。あいつが逮捕されたのを知ったとき俺は人生で最高の日だった。もうあいつは俺を殺せない。熟睡したのは何年ぶりだろう。
あの目が檻に入った。
喫茶店で昼飯を食いながら週刊誌であいつの記事を読んでしまった。
人肉を食ったと。俺は嘔吐した。
あの時逃げてなかったら俺は食われてた。
あいつの目は俺を生きたまま俺の魂と一緒に食う目だ。妄想かもしれん。
妄想かもしれんが怖い。金色の目を見たら逃げろ。人生が地獄になる。
あいつを死刑ににしてくれ。死刑にしてくれ。死刑にしてくれ。それで俺は安心して死ねる。あいつが俺をこのスレに導いた。

580 :わんにゃん@名無しさん:05/02/18 22:00:39 ID:5X2Nahd5

あいつから逃げたいのに、あいつを知りたい。
いやあいつの位置を知ってたらそこから一番遠いところに逃げる。
逃げたい。逃げたい。恐ろしい。恐ろしい。
あいつがこのスレに導いた。噂に聞く2ちゃんねるか。みんな、あいつを知るな。

581 :わんにゃん@名無しさん:05/02/19 00:13:28 ID:hDwn09Cq
>>572・578
関根が人を殺したがっているというのは、ちがうと思う
関根はむやみやたらと人を殺す快楽殺人者ではない
殺人を犯すのはあくまで利害関係でトラブルになったときに限られる
山崎永幸の著書「共犯者」には
「根が小心者の関根は殺しの後不安に苛まれていた
去勢をはっているだけなのだ」
というくだりが出てくる
関根を血に飢えた殺人者にしたいんだろうが、フィクションはやめてほしい

582 :わんにゃん@名無しさん:05/02/19 00:36:14 ID:K1LUdwmT

つか、578の話なんか最初からネタじゃん?
本気にしちゃダメだってw 楽しむだけでよいと思われ。

583 :わんにゃん@名無しさん:05/02/19 00:41:22 ID:k3plva1S
>>582
ネタじゃないよ、それ実話だよ


587 :わんにゃん@名無しさん:05/02/22 23:25:44 ID:adTYUmCY
>>583
違うというのにww
猟奇的な犯罪や殺人を犯したのは本当だし、子犬の耳をはねて云々というのも関根であれば別に珍しくないことだが、関根の人格をデフォルメして違うものにするのは辞めろと言っているのだ。
関根は確かに特異な人物だし、形相も異相だ。直情的に行動し憐憫というものにもかけている。
恐怖を感じる人間がいても全く不思議ではないが奴は化け物ではなく、奇異な人間なのだ。
現代の化け物かもしれないが実質的な化け物ではない。
事実この男はある部分で非常に気が小さく、器が小さく思える行動もする。
しかしいったん「触媒的」なものに触れると信じられない行動に移る。
この男の妻、風間もある意味関根にとっては触媒だったと思う。

584 :わんにゃん@名無しさん:05/02/19 08:30:41 ID:cnZrrpxo>
>578が本人かどうかは別にして、犬界では有名な話しだな。
犬業者は皆、関根が逮捕されるずいぶん前から取引するのを嫌がってた。
Jの支部長なんて関根と付き合うのほんとに怖がってたよ。気味がわるいのは確かだった。


965 :わんにゃん@名無しさん:2006/12/31(日) 02:44:33 ID:b6NxpyC5

ペット系専門学校に行っていた頃、アフリカケンネルという犬屋にだけは近づくな!と先生が言っていました。
あと、高校の同級生で別のトリミング学校に行った子も、その学校でアフリカケンネルは危ないと言われたといっていました。
このことだったんだ・・・と、事件発覚後に愕然。
行方不明になった従業員もいて、ライオンのエサになっているという話を聞いたこともありました。


103 :97:02/11/08 02:08 ID:drpirkGc

あの当時、私の周りの犬関係の間じゃ、絶対アフリカは殺してるって評判だった。
「あんなのミンチにしてマラミュートに食わしてる。
 あそこ、死んだ子犬はミンチにして親に食わしてるらしいぞ。」
なんて事を聞いたような。。。
ほんとに犬に食わしてたら捕まんなかったかな? 怖い〜

逮捕される直前に、被害者の会に入ってくれって頼まれたけど、関わり持ちたくなくてお断り申し上げました。

 


118 :わんにゃん@名無しさん:02/12/05 00:46 ID:SyJzzqO9

愛犬家連続殺人・・・遅ればせながら読んでます。
私が関根と知り合ったのは川崎さんを殺害するずっと以前の事だったけれど、読み進む内にヒシヒシと「生きてて良かった・・・」という安堵がこみ上げて来ました。
関根の口調とは若干違った表現のような気がするけど、実際には関根はチャキチャキの埼玉弁???だったし。
でも、私も聞いた事があります。
「一人殺せば二人も三人も同じ・・・」という言葉。
あれは、冗談ではなかったんだなぁと改めて背筋が凍りつきました。
奥さんの博子は、確かにつかみ所の無い女性だったけれど山崎さんが書いてるような不気味な感じの女性では無く気さくな、でも関根に惚れた悲しい女性だったように思います。
関根との間に出来た子供を妊娠した時はそれはそれは満面の笑みで本当に嬉しそうで、「初めての出産じゃないしねぇ〜」なんてはにかんでもいました。ただ、当時から性根の座った女性だなとは思ってましたが・・・。

でも、関根の3人目?の女房にも逢った事はありましたが、彼女よりはずっと愛想の良い可愛らしい女性だった事は確かです。
でも、川崎さんを殺害するちょっと前くらいだったと思いますが店で売る子犬を私の所に買いに来た時の彼女は確かに、人相も雰囲気もちょっと違っていて、「あれ?」と思ったのを覚えています。

いずれにしても、惚れた弱みとは言え。。。怖いです。
というか、読んで行く間にホントに捕まってくれて良かった。
生きてて良かったと思ったのは言うまでもありませんが・・・。

119 :わんにゃん@名無しさん:02/12/05 01:56 ID:vrup7R0N

>店で売る子犬を私の所に買いに来た時の彼女は

それって118さんの店?
関根って何回結婚してるの?ヒロコさんは何番目?

120 :わんにゃん@名無しさん:02/12/05 02:18 ID:SyJzzqO9

店というのはアフリカケンネルと言う意味で、私はブリーダーです。
博子は4人目だと本には書いてありました。

博子から電話があり、うちで繁殖した子犬をいわゆる仕入れに来たんです。
ちなみに私は店は経営していません。


135 :わんにゃん@名無しさん:03/02/07 13:00 ID:8L537ukz

あそこから犬を高価に買った人が「子犬産ませたらうちで高く買い取るよ」と持ちかけられて交配。
でも、実際に産まれると難癖つけて激安で買うか、代金の代わりに犬を渡すとかそういう事をしていた。
事件後、あそこと仲の良かった人が「人は殺したかもしれないけどマラミュートの発展に貢献したのは認めないと」と言ったのを知って、ああ、 同じアナのなんとかだね、と思いました。

70 :わんにゃん@名無しさん:02/10/09 07:37 ID:pDaMCDOP

知り合いが捜査してました!
守秘義務があるので詳しいことはカキコできませんが実際は本より凄惨。
これほど鬼畜な犯罪は捜査経験が無いと言ってました。

72 :70:02/10/09 17:46 ID:YovbvhK4

すみません。
さわりだけでもリーク元がばれそうで(関係者しか知り得ない事)カキコ出来ません。
ただ、あまりに社会に与える影響が大きすぎることだと思って下さい。
正直、知らなければ良かったと思います。

73 :わんにゃん@名無しさん:02/10/09 23:06 ID:ywWZ11Kb

犬に食わせたんでしょ?

75 :わんにゃん@名無しさん:02/10/10 08:49 ID:ehKCTM5Y

確かに本の内容よりひどいことがあったようです。
出版社の方に機会があって話を伺ったところ社会性を考慮して削除した箇所がいくつかあったと言ってました。


218 :わんにゃん@名無しさん:03/08/17 03:55 ID:2tmniNxx

で、実際はどう凄かったのよ。
本で削除された部分にはナニが書いてあったのさ

219 :山崎永幸:03/08/17 13:42 ID:3Tgdk1wF

じゃ削除された部分を話そうかな

関根元は性的な意味で変態だった
死姦だけじゃなく獣姦もやってた
手をつけた従業員には男もいた
関根はバイセクシャルだ
私自身何度も関根にホモの相手をさせられた
もちろん関根が掘る方だ
殺した川崎さんとも性的な関係があった
川崎さんに「金を返さないと、ホモだってばらすぞ」と脅迫されたのも殺した動機の一つだ

事実だ

222 :33:03/08/19 10:56 ID:TC+9pfGb

アフリカケンネルの犬は人肉を食べてたりしてたんすか?


223 :山崎永幸:03/08/19 12:28 ID:hBcVQ5Qg
>>222
食べてました


230 :わんにゃん@名無しさん:03/08/21 01:27 ID:CwrM+2un

人殺し、犬殺し、人肉‥獣姦、死姦、ホモ、詐欺。他には?
そんな人間って存在するのかっ!怖すぎ!!


237 :わんにゃん@名無しさん:03/08/22 20:36 ID:tPboG1sQ

関根は30人以上殺したと吹聴したそうだが、これはマジだな。


254 :わんにゃん@名無しさん:03/09/02 19:59 ID:vV7+ye2f

うちの犬を譲ってくれたブリーダーさんが
「捕まる前からあいつが犯人だってみんなわかってた」って言ってた。


262 :わんにゃん@名無しさん:03/09/12 22:08 ID:8KOj1G/M

深夜にケンネルの施設に行ってみましたが、何故か灯りがついてましたので、 探検はしませんでした。
その後、地元の知人に話に聞いたら、ケンネルの裏の建物が稲○会の事務所って聞いたんですが、本当でしょうか?

268 :262:03/09/13 21:23 ID:s/GY1OJq

裏の建物ってあれって民家なんですか?
関根夫妻逮捕後、組関係者が差し押さえたって聞きましたが?。
荒れた様子もなかったし、入らなくてよかった。


270 :わんにゃん@名無しさん:03/09/15 00:05 ID:EXiL26Au
268さんありがとうございます。
そうだったんですか…よく裏に住めるな〜と思ったんですが納得しました。


510 :わんにゃん@名無しさん:04/12/12 13:13:22 ID:EhRNAmjf

逮捕された当時、驚きは無かったな
むしろ、「ようやく逮捕か」と思ったよ
犬は、かなり良い犬を扱っていたと思う
でも、狼や熊を売ってたのが謎だった
「てっちゃん&くるみちゃん」(売られてた熊の名前)元気にしてるかなぁ?


571 :わんにゃん@名無しさん:05/02/18 10:04:29 ID:e6IKkpex

福岡で陶芸用の窯で死体を焼却したという事件があった
この窯はガス窯と呼ばれ温度調節が容易で、最高1300度まで加熱できる。
人体を1300度で焼くと灰しか残らずDNA鑑定も困難であり
しかも二重構造になっており、臭いが漏れにくかった。
これはまさに関根の殺しのためにある窯ではないだろうか?
関根がまだ捕まってなければ、この窯を使っていたかもしれない


572 :わんにゃん@名無しさん:05/02/18 11:53:17 ID:In4OLptW

もっと高性能の焼却炉を設置していたよ。あいつ。
だから何人殺したかを証明出来ないの。
関係者で、検察が立証した件数を信じてる者はいないよ。
あいつの目は怖い。殺人はあいつの趣味だと思う。
とにかく、殺したいんだよあいつは。
だから無罪を主張してる。今でも人を殺したくてうずうずしてると思う。
あいつが拘置所から出たい理由はそれだけだ。
自分が死ぬことなんぞ屁とも思ってないよ。

576 :わんにゃん@名無しさん:05/02/18 16:52:56 ID:nbSD7q21
>>571
近所で死体焼いたんじゃないかって噂になってたらしいから臭いはしてたんじゃないか?
まあ、これで死体処分のヒントを与えたことになるな、関根予備軍に。


585 :金田町:05/02/21 23:26:17 ID:T9WLnHsx

電気窯というのがある。
200Vの配線工事が必要で、値段も他の窯に比べて割高だが煙突を立てる必要がないのである
ということは窯の中の臭いが外に漏れることがない
まさに死体の処理のためにあるような窯だ

死体を窯に放り込んでスイッチを押し数時間語には、すべてが灰になっている。
その灰を処理すれば殺しの痕跡は何も残らない。

200万も出せば80cm四方の大きさの窯が買える
これは人体を折りたためば入るくらいの大きさだ

関根にこれを使って欲しかった


586 :わんにゃん@名無しさん:05/02/22 19:45:19 ID:7go0Qv3Z
>>585
>関根にこれを使って欲しかった
そりゃ違うだろ。極めて原始的且つ、惨酷な方法を選ぶのがどうしようもない『元』だと思うが…


187 :わんにゃん@名無しさん:03/04/29 12:44 ID:2z+zuY58

しかしあの本で描写される「犬屋さん」業界の実態は、 今でもそのまんーま。
ショーは八百長ばっかりだしなあ。
漏れのおじさん1回○万円で八百長ハンドラーw


841 :わんにゃん@名無しさん:2006/04/23(日) 11:58:22 ID:O+76UKAt

いやぁ、自分も犬飼の端くれながら犬関係ってDQNなの多いからな
犬を媒介にしないと人とコミュニケーション取れないヤツとか
そういう寂しいのに目をつけて金を巻き上げようとするヤツとか
この事件が起きた背景には、そういう構造もあるんだと思ったりする

842 :わんにゃん@名無しさん:2006/04/26(水) 14:56:17 ID:JGlo8jIK
↑ 
自虐じゃないよね 何関係でもDQNなのは多いよ
そもそも
「なんか」を媒介にしないと人とコミュニケーション取れないんじゃないの?
それがたまたま犬だったってこと

896 :わんにゃん@名無しさん:2006/07/11(火) 10:52:25 ID:MkWMteGS

コイツらの息子はまともなの?


934 :わんにゃん@名無しさん:2006/08/30(水) 22:54:31 ID:b4nSjBdY

所詮 犬猫で儲けようなんて奴はろくでもねえ奴らばかりなのよ。
このスレの住人全て同じ穴のムジナ


937 :わんにゃん@名無しさん:2006/09/02(土) 23:48:03 ID:D9vpmGbp

ほんとに動物が好きなら、この商売はできない。
バイトしてて、そう思った。
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/dog/1032128516/


6. 中川隆[2398] koaQ7Jey 2016年5月09日 20:11:46 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2640]


死刑囚・風間博子は無実か?「埼玉愛犬家連続殺人事件」


1 :砂漠のマスカレード ★:2015/11/12(木) 09:47:54.17 ID:???*

ボディを透明にする――で、思い出す人も多いだろう。1993年、4人を殺害し"透明"になるまで切り刻んだ「埼玉愛犬家連続殺人事件」。

事件の犯人として元夫とともに死刑判決が確定している風間博子だが、逮捕から一貫して殺人には関わっていないと主張、再審請求を行っている。

その他の画像はコチラ→
http://31.media.tumblr.com/tumblr_lk42kqOC8u1qzj8ugo1_250.jpg
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51DZ74QEEQL.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4e/bc/4cdc19784e0380f653c095551fba7c1a.jpg
https://i.ytimg.com/vi/nQtCvrPmYho/maxresdefault.jpg
http://tocana.jp/2015/11/post_7892.html


さいたま地裁で棄却され、即時抗告により東京高裁で再審は審理されていたが、11月6日棄却された。
11月9日、内山成樹、大熊裕起、両弁護人が最高裁に対して特別抗告を行った。

■ボディを透明にする

風間博子とともに、死刑判決が下されているのは、元夫の関根元である。

関根は、自分の犯行のやり方を「ボディを透明にする」と言っていた。
これは、被害者の遺体を隠すため、肉をサイコロ状に細かく切り刻み、骨を粉になるまで焼く方法だ。

犯行の最も雄弁な証拠となる遺体を、ほとんど消滅させることができる。

関根は、殺害に関わっていることを自ら認めている。他の者の供述などを含めてみれば、事件は関根が引き起こしたことは明らかだ。

だが、果たして風間は本当に関わっていたいたといえるのだろうか? 

「死体損壊遺棄」の容疑で逮捕された男の脆弱な供述、さらに関根のDV行為...、これらが複雑に絡み合ったこの事件の真実を探る。


■山崎永幸という男

埼玉県熊谷で、関根と風間は、犬の繁殖や売買を行う「アフリカケンネル」を共同経営していた。
そこで関根と親しくなり、「アフリカケンネル」役員になっていたのが、山ア永幸だ。

93年以降、関根とトラブルがあった4人が行方不明になる。しかし遺体がないため、捜査は難航。

だが、94年秋になって、山アの妻が、勤務先の建設会社から、5000万円を横領している事実を捜査当局がつかむ。

痴話喧嘩のもつれから発生した事件で、被害者の処罰感情も弱いものであったが、山アへの揺さぶりに使えると考え、捜査当局は妻を逮捕した。

山アは任意の取り調べに応じ、

「死体を見せつけられた恐怖から、死体の運搬と、解体し終わった死体の遺棄を手伝った。
殺人は、関根元と風間博子によるもの」

などと供述した。この供述に基づいて、関根と風間は、95年1月5日逮捕された。
この日、山アの妻は釈放されている。


■取調べの供述から一転「風間は無実」、5回発言

だが、関根と風間の公判に証人として出廷した山アは、次のように語った。

「(風間)博子さんは無実だと思います」
「人も殺してないのに、何で死刑判決出んの?」

同様の発言を、一審と控訴審あわせて、山アは5回している。
しかもかなり詳細に語りはじめたのだ。

■山崎の証言はなぜ変わった?

死体損壊遺棄の容疑で1月8日に逮捕された山アは、その後、埼玉地方検察庁熊谷支部の資料室と執務室での計2回、それぞれ妻と元妻と2人きりにさせてもらい、そこでセックスしたと法廷で証言している。

これについて、担当だった岩橋検事も 2人きりにさせたことは法廷で認めている。
また、供述に当たって、岩橋検事は「起訴はしない。したとしてもすぐに保釈する」と約束したという。実際には山アは起訴され実刑判決を下されるのだが......。

セックスや妻の釈放、保釈の約束......、便宜供与と引き替えに得られた供述は、信用性が疑われるのが当然だ。

その、もともと脆弱であった供述が「博子さんは無実」という証言によって法廷で覆されたのだから、一大事である。

だがこれを報じた新聞は一紙もなかった。風間が再審請求していることや、地裁の時も今回も、棄却の事実さえ新聞は報じないのだ。


■風間の主張

「埼玉愛犬家連続殺人事件」では、3件の事件で、4人が犠牲となっている。
風間は2件の3人の殺害に関わったと判決ではされている。

1件目は、93年4月20日、犬の売買で関根とトラブルになっていた川崎明男さん(39歳)が殺害された件。

2件目は7月21日、稲川会八木田一家高田組代行の遠藤安亘さん(51歳)が殺される。

遠藤は川崎さん殺害に気づいて関根を強請っていたのだ。
同時に遠藤といつも一緒にいる付き人の和久井奨さん(21歳)も殺害された。

3件目は、8月26日に殺された、関口光江さん(54歳)。
関根は関口に、法外な値段で犬を売りつけた上、偽の投資話で金を巻き上げている。

関口さん殺害については、風間は起訴されていない。

山アは群馬県片品で、国鉄(現JR)から買った貨車二台をL字型に置き改造した、地元で「ポッポハウス」と呼ばれるような家に住んでいた。

いずれの遺体も、このポッポハウスに運ばれ、風呂場で解体された。
細かく刻まれた肉片は、近くの渓流に流される。
高温で燃やされて粉になった骨は、山林に捨てられた。

逮捕から一貫して殺人に関与したことは否認してきた風間だが、全面無罪を主張しているわけではない。


【1件目川崎さん殺害における、風間の主張】

川崎さんの車であるアウディを運転する山アに、風間は自分のクレフで、東京の八重洲地下駐車場までついていき、山アを乗せて熊谷に戻っている。
山アは、東京に住む元妻や愛人と、よく車の貸し借りをしていた。
キイを共有し、顔を合わせずとも車の受け渡しができることを風間は知っていたので、そのための車の移動だと思っていた、というのが風間の主張だ。

【2件目、遠藤さん、和久井さん殺害における風間の主張】

遠藤が殺害される7月21日は、「今夜、遠藤んちに行ってるから、10時頃迎えに来てくれ」と関根に言われ、30分ほど遅れて風間はクレフで行き、犯行に居合わせてしまったという。

その後、山崎がクレフを運転。
関根に命じられて、風間は2人の遺体が乗ったカリーナバンを運転。
2台で片品に向かった。ポッポハウスでは、解体を始めた関根に怒鳴られて、遺体の手と脚を持ったが、すぐに「もういい」と言われた。
これが死体損壊遺棄にあたることは、風間自身も認めている。


■事件組み立ての基になった、山崎の最初の供述

では、証拠とされている山アの取り調べ時の供述をみてみよう。

「アフリカケンネル」は、埼玉県熊谷の繁華街にペットショップを構え、街から離れた万吉(まげち)というところに「犬舎」を持っていた。

7月21日は、その万吉(まげち)犬舎から、関根と風間と山アの3人でカリーナバンに乗り、遠藤宅に向かったというのだ。

山アは遠藤宅には入らず、関根と風間によって殺害行為が行われたと語った。

犯行後は、2人の遺体が乗ったカリーナバンを山崎が運転して午後11時15分頃、万吉犬舎に戻り、クレフと自分のベンツの間に停めた。

その後、山アがクレフを運転、助手席に関根を乗せたカリーナバンを風間が運転し、片品に向かったとなっている。


■山崎の最初の供述が虚偽である証拠

これが事実なら、昼間からその時間までクレフは万吉犬舎の駐車場に停まっていたことになる。

また、ベンツはそのまま翌日まで停まっていたことになる。

関根とトラブルになっていた川崎が行方不明になったことで、埼玉県警は関根を疑い万吉犬舎を監視していた。

それを記録した行動確認日誌には、クレフもベンツも見られた記録がない。

判決では捜査官の見落としとされたのだが、再審請求の新証拠として提出されたのは、万吉犬舎の駐車場と監視場所との位置関係を、航空写真や動画で撮影したDVDである。

現在は駐車場であった場所に作業所が建てられているが、当時は駐車場と監視場所の間は田畑で遮るものは何もなく、距離も120メートルしか離れていない。

駐車場には壁も柵もなく、停まっている車両そのものが見える。実際に出入りのあった車は、車両ナンバーまでが日誌に記載されている。

クレフもベンツも見られていないのは、山アの供述が虚偽であることを示しているといえるだろう。
山アは自車であるベンツで万吉犬舎に来たと言っているが、最初から犯行に使われたカリーナバンで行動していたとなると事前共謀を疑われるので、監視されていた時はしかたがないとしても、それ以前の犬舎への到着はベンツによるものとしたのではないか。

■風間博子は被害者か? 関根からのDVに怯えた日々

ところで、風間の主張が事実であるなら、なぜ共謀もしていない風間を犯行現場に呼び寄せたのか、という疑問が浮かび上がってくる。

風間は結婚以来、関根からのドメスティックバイオレンスに悩まされていた。
風間自身も暴力を振るわれていたが、風間の連れ子である長男への虐待はひどかった。
木刀で殴りつけるのは序の口で、裸にして玄関のコンクリートの上に正座させ、膝の上にブロック三、四個載せ、ホースで水をかけるのもしょっちゅうであった。
2階から突き落とされることもあり、「このままでは殺されてしまう」と風間は心配したのだ。

事件が起きる前年の92年12月、アフリカケンネルに税務調査が行われる。
「離婚をして不動産名義を風間に移し、関根は県外へ出て、別居したほうがいい」
とのアドバイスを風間は弁護士から受ける。

翌年になって暴行を受けることを覚悟しつつ、税金対策のための離婚だと説得し、1月25日、法的な離婚が成立。

関根は出ていき、ポッポハウスで山アと一緒に住むなどして、生活も別になった。

だが、そのうちに関根は、風間が本当に自分から離れていこうとしていると考えるようになった。

そこで、共犯という軛でつなぎ止めようとしたのではないだろうか。
実際に、犯行に巻き込まれたショックから、風間は再び、関根の支配下に置かれるようになった。

山アは関根から、それまで殺したのは30人以上だと聞かされたという。
「ボディを透明にする」手法にしても、警察の監視をかいくぐって殺人を行う大胆さを見ても、関根はたぐいまれな殺人のエキスパートだ。

関根は風間の性格を熟知している。共謀していない風間が現場に来ても、犯行をやり遂げるのに障害にはならないと思ったのだろう。

■あまりにもお粗末な再審棄却理由

今回の高裁による再審棄却の理由には、次のように書かれている。

「本件日誌には、7月21日16時20分頃に万吉犬舎前の駐車場で確認されていたカリーナバンが、同日17時21分頃に市内方向から万吉犬舎に戻ってきたとの記載があるのに、その間に当然あったはずの同車が万吉犬舎前の駐車場を出た事実について記載がないなどの遺漏が認められる」

だが、一時的な車の出入りの見落としが、長時間に渡って停車していたはずの車を1度も視認しなかったという理由になるだろうか。
そのような当然の疑問に対して、高裁の決定文は、あまりにも苦しい言い逃れをしている。

「(監視をしていた)渡辺警察官は、同日午後7時34分から同日午後10時5分までの間について、何をしていたか記憶がないと証言している」

通常なら、一般人より警察官の証言に信用性を置く裁判所が、なんと警察官の職務怠慢による見落としだとしているのだ。
だが、山アの供述の通りなら、ここで言われている時間帯外にも、ベンツやクレフは停まっていたはずなのだ。

あまりにも、お粗末で不当な理由での棄却である。特別抗告を受けて、最高裁は再審を行うべきであろう。


【冤罪疑惑】4人を殺害し、“透明”になるまで切り刻んだ偽装夫婦 ― 死刑囚・風間博子は無実か?

「埼玉愛犬家連続殺人事件」で確定死刑囚となっている風間博子は、殺人に関する無実を訴えて再審請求を行っていた。それに対して、さいたま地裁は8月11日、再審請求棄却を決定した――。

風間博子は元夫の関根元とともに、同事件で2009年最高裁にて死刑の判決が確定していたが、未だにその判決には疑問が残る。では一体どんな事件だったのだろうか?

死刑囚・風間博子
■「ボディを透明にする」埼玉愛犬家連続殺人事件とは?

事件が起きたのは、1993年。関根元と風間博子は、犬の繁殖や売買を行う「アフリカケンネル」の共同経営者だった。
ふたりは、埼玉県熊谷の繁華街にペットショップを構え、街から離れた万吉というところに「犬舎」を持っていた。

関根は、相場の10倍、100倍ほどの値段で犬を売りつける詐欺的商売を展開していた。
だが、気づいた客から返金を要求されると、応じたくないがために殺害を行なった。
また、その行為に気づき、関根を強請った暴力団組長代行やその付き人、関根の不倫相手などが次々と犠牲者となった。
法廷では「毒物を飲ませて殺したか、毒物を飲ませて弱らせたところを絞殺したか?」が、争われた。遺体が残っていないために、今に至るも殺害方法は明確になっていないのだ。

「ボディを透明にする」という関根の言葉に、この事件の異様さが現れている。
被害者の遺体の肉をサイコロ状に細かく切り刻み、また骨を粉になるまで焼き、消滅させたのだ。

そして、95年1月、風間と関根は逮捕された。だが、風間・関根の裁判に証人として出廷したペットショップ役員の山崎永幸は、「(風間)博子さんは無実だと思います」と明言した。

その言葉に導かれて事件の詳細を見ていくと、さらなる異様さが浮かび上がってくる。


■異例の犯行を行い続けた犯人

関根は山崎に、「自分は30人以上もの人間を殺している」と語ったという。

風間は関根と結婚するとすぐに、関根の凶暴さに気づいた。
自分の連れ子に対する虐待がひどいのだ。
なにか気に入らないことがあると、長男を裸にして玄関前のコンクリートに正座させ、腿の上にコンクリートブロックをいくつも乗せ、竹刀で叩くなどする。
風間自身も、度々暴行を受けた。

離婚を切り出せば、それが暴力を呼び込むことは目に見えている。
しかし、ずっと悩み続けていた風間に好機が訪れる。
92年に共同経営店「アフリカケンネル」に税務調査が入り、「離婚して不動産名義を移したほうがいい」という、弁護士からのアドバイスを受けたのだ。
税金対策のための偽装離婚だと信じ込ませて、93年1月、風間は籍を抜くことに成功する。関根は家を出て行き、別居した。
だが関根はしだいに、風間が本当に自分から離れていこうとしていると気づき、そして共犯という軛で、彼女を繋ぎ止めようとしたのだ。

埼玉愛犬家連続殺人事件では3件の事件、4人の殺人が立件されている。
だが、それ以前の関根による殺人は、「ボディを透明にする」手法によって立件されていない。

事件は複雑に入り組んでいるので、今回は再審請求に直接関わる2件目に絞って事件を紹介しよう。
http://tocana.jp/2014/08/post_4676_entry.html


■暴力団関係者すら殺害する犯人の異常性


離婚して、風間は「ペットショップ中心」。関根は「万吉犬舎中心」となり、仕事での行動もほとんど別になっていた。

事件のあった93年7月21日。熊谷は、数十万人が集まる、うちわ祭りの真っ最中だった。

風間はこの日、犬の治療のため、珍しく万吉犬舎に訪れた。
祭りによる交通規制で渋滞があるため、移動はバイクで行っている。

ペットショップに戻った風間のところに、午後6時半頃、関根が来た。
関根は「高田組組長代行の家に行っているので午後10時頃迎えに来てくれ」と、風間に頼んだ。
この時、関根は「今日、組長代行の遠藤安亘さんと、一緒に居るだろう付き人の和久井奨さんを殺害しよう」という計画を持っていた。

ごく普通の犯罪者なら、共謀していない者を現場に呼び寄せることなどしない。
しかし関根は、30人以上を殺めてきたシリアルキラーだ。

連続殺人者は 5〜6人ほどを殺めて捜査の手が及んでこなければ、自分は捕まらない、という自信を得る。

そのうちに、生命を自由に左右できるからと、自分を「神」だとまで思い始める。関根も「自分は神の伝令で動いている」と山崎に語っていた。

関根の殺害動機は、1件目の殺人を知った遠藤氏が、彼を強請ってきたためだ。
関根は、自分には不可能はない、と思っていた節があるが、暴力団の組長代行をその自宅で殺すなど、きわめて大胆不敵だ。

ちなみに、1件目の被害者が関根とのトラブルがあったことを遺族は知っており、警察に届け出ている。

万吉犬舎などはすでに警察の監視の下に置かれていた。それをかいくぐっての犯行である。

そして関根は、この際に自分から離れていこうとする風間を、共犯者に仕立てようとしたのだ。

夜になって交通規制が解かれていたため、風間は自分の愛車・クレフを運転して、約束の時間に遅れた午後10時半頃、遠藤宅に着いた。

すでに関根と山崎は居た。家に入ると、しばらくして遠藤さんが苦しみだした。
毒物を飲まされていたのか、やがて絶命する。

和久井氏は、家では薬効が現れず、カリーナバンの中で絶命した。

2人の死を目の当たりにして、風間は動転する。
日頃から感じていた、関根への恐怖もあったであろう。
命ぜられるままに、2人の遺体を乗せたカリーナバンを運転した。

風間のクレフは山崎が運転し、カリーナバンを先導。
遺体解体場所となる、山崎の家のある群馬県の片品に向かった。

遺体を車に乗せて運んだことは、死体損壊遺棄罪にあたる。風間自身がそれは認めている。
いくら脅されてのこととは言え、この罪について刑罰を科せられることは当然だ。

だが問題は、風間が殺人まで行ったのか? ということだ。


■山崎の供述に違和感、車は誰が? 冤罪の可能性が見え隠れする不可解さ

後に「博子さんは無実だと思います」と法廷で証言することになる山崎の当初の供述では、その夜、カリーナバンに、関根、風間、山崎の3人が乗り、遠藤宅に向かったという。
山崎はカリーナバンの中で待ち、関根と風間が遠藤宅へ入り、殺害行為が行われた、というのだ。

そして、2人の遺体を乗せたカリーナバンに関根、風間、山崎の3人が乗り、万吉犬舎に寄った。
その駐車場に停まっていたクレフを山崎が運転、風間がカリーナバンを運転して付いていき、片品に向かったというのだ。

この供述を元に、風間が殺人犯だとされた。
だが、それでは一体、万吉犬舎の駐車場にどうやってクレフは現れたのか? というのが今回の再審請求の主内容だ。


■捜査員の日誌「万吉犬舎でクレフは確認されていない」

捜査員の記した行動確認捜査日誌に寄れば、その日、午後2時47分から午後7時34分まで、万吉犬舎を監視していたが、クレフがそこに来たという記載はない。
また、(山崎の供述によれば)山崎が片品から乗ってきて停めたままになっていたはずのベンツもまた、記載されていないのだ。

そのため、

「クレフは昼の間、ペットショップ近くの駐車場に停めてあり、それで自宅に帰ってから遠藤宅に向かった」

という風間の供述が正しく、 山崎の供述が虚偽であることが、これで証明されたことになる。
ベンツに乗ってきたという山崎の供述も、犯行に使われたカリーナバンで最初から行動していたというのであれば、事前共謀を疑われるがゆえ、虚偽であろう。

再審請求の新証拠として提出されたのは、万吉犬舎の駐車場と監視場所との位置関係を、航空写真や動画で撮影したDVDである。
駐車場と監視場所の間は田畑で、遮るものは何もなく、距離も120メートルしか離れていない。
駐車場には壁も柵もなく、停まっている車両そのものが見える。実際に出入りのあった車は、車両ナンバーまでが日誌に記載されている。

さいたま地裁は再審棄却の理由として、

「行動確認を実施した警察官らは、万吉犬舎前の駐車場やその周辺に出入りする自動車の存在や動き等の全てを把握し、かつ、行動確認日誌に漏れなく記載していたわけではないと強く推認できる」

としている。
要するに、クレフやベンツは、捜査員が見落としたというのだ。
だが、どんなに怠惰な捜査員であっても、一時的に出入りしただけの車両ならともかく、長時間に渡って停まっていた車両を見落とすことなどあり得ない位置関係だ。ましてや優秀な人材が揃っているはずの、埼玉県警の捜査一課が見落とすことなど考えられない。

最初に検察が立てた「筋読み」に対して、矛盾する客観証拠が出てきても、それを見直すことができないという悪弊が、ここにも見て取れる。
繰り返すが、風間博子が犯した死体遺棄損壊の罪は償わなければならない。
それは決して軽い罪ではないが、死刑に値する重罪でないことは明らかだ。
20年近くも幽閉されるに値する罪でもない。

再審棄却の決定に対して、8月14日、風間博子は即時抗告申立書を東京高裁に提出した。
真実を見極めるために、再審が開かれることを、強く望むものである。


166 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 20:10:50.48 ID:w3eGuptF0
>>1
うわ、脅しで証人をしたてあげて事件をつくる手法じゃん
どっかの村で選挙違反をつくりあげて踏み絵とかさせて逮捕したけど
冤罪というか事件そのものがなかったって確定した奴と同じじゃん
これはひどいな

35 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 10:16:32.72 ID:bPBqPVIX0

また検察官の書いたサスペンス小説だったのか

105 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 11:12:48.18 ID:mh4SqFEU0

この女性には連れ子がいて、主犯から酷い暴行を受けていたらしい
山崎氏が恐ろしさのあまり共犯してしまったというのなら、この女性の共犯もそういう理由としてあり得る気はする

61 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 10:32:24.06 ID:E/unIp/j0

風間博子はたぶん殺してないだろう
手伝っただけで死刑はちょっとやりすぎ


124 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 12:19:13.12 ID:/80KV4Xu0

殺したのはおっさんだけと思うけどね


161 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 19:34:51.56 ID:ibBtoOCOO

ハスキーの繁殖で有名だったオッサンだよね
ヤーさんに人肉食べさせたり
なんかこの人たちの周囲で30人以上が行方不明だとか


162 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 19:51:53.37 ID:eaeD15pP0

透明にするって
たしか重油と木材を混ぜてドラムカンで焼却したやつかな
水に流せば限りなく透明なブルーになるからあの人の影響だ

154 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 17:30:55.59 ID:9iTSP7n50

骨にしょうゆをかけてやくのは人肉焼くと独特な匂いがでるからだったっけ
なんかんだ骨に少し肉はついてるだろうから


108 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 11:24:32.98 ID:Vr8ndpMWO

殺害以外にも解体中の死姦とホモ行為というゲテモノなんだよな。


131 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 13:46:37.59 ID:kAB3Q+Gy0

ヤクザに関根が殺したときの人肉を鹿の肉が入りましたといって笹にくるんで渡して食べさせてヤクザは

あの肉はうまかった また頼むよ

とあとで大喜びされて

また殺せっていうことか?

と山崎にエピソードを語ったのとかも恐ろしかったね


132 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 13:48:39.57 ID:3X4p3DqI0
>>131
ヤクザもまさか人肉を食ってるとは思わなかったんだろう
たしかヒレ肉だった気がする

88 : わんにゃん@名無しさん[] 投稿日:02/10/21 08:45 ID:7Njkdvhv [1/1回]

逮捕されてムショ入れられて差し入れ、奥さんにはイパーイきたそうだけど
旦那には全くと言っていい程、何もなかったそうだ。
ちなみに警察に情報を教えていたのは同じマラミュートクラブの人。

56 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 10:29:53.83 ID:1O+MD5/30118

奥さんの博子は、確かにつかみ所の無い女性だったけれど山崎さんが書いてるような不気味な感じの女性では無く気さくな、でも関根に惚れた悲しい女性だったように思います。

関根との間に出来た子供を妊娠した時はそれはそれは満面の笑みで本当に嬉しそうで、「初めての出産じゃないしねぇ〜」なんてはにかんでもいました。
ただ、当時から性根の座った女性だなとは思ってましたが・・・。
でも、関根の3人目?の女房にも逢った事はありましたが、彼女よりはずっと愛想の良い可愛らしい女性だった事は確かです。
でも、川崎さんを殺害するちょっと前くらいだったと思いますが店で売る子犬を私の所に買いに来た時の彼女は確かに、人相も雰囲気もちょっと違っていて、「あれ?」と思ったのを覚えています。
いずれにしても、惚れた弱みとは言え。。。怖いです。


42 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 10:19:57.71 ID:/3zCPjql0

『愛犬家連続殺人事件』 は山アの著作ってことになってるけど実際はゴーストライターが書いてるんだよな
後に改題して書いた作家本人が単行本にしてる


31 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 10:15:43.44 ID:mh4SqFEU0

この女性は、フンフン♪言いながら死体を刻んでたみたいな噂があるのが本当かな?
そこをはっきりしてほしい

40 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 10:18:13.23 ID:OMkD25mn0

女は主犯だったとしても、自分で無実と思い込んでそれを信じてしまうから厄介。

54 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 10:28:01.30 ID:Q2YFnWsd0

だんなが殺人をやっていることをまったく知らなかったなら格別、
ずっと見てきたんだろ。そうなら共同共謀正犯で死刑は当然。

66 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 10:34:47.63 ID:NGMMriUmO

起訴出来たのは4人だけど、実際には20人から30人の人がこの夫妻の周辺で消えてる事を考えると(警察は確実に死刑に出来る4人の起訴に絞ったとされる)妻の風間が殺人に全く関与してないとは思えないんだよなぁ
DVどころか、嬶天下っぽく見えたとの証言もあるし

68 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 10:35:19.46 ID:AXakCqMjO

この事件ってたしか阪神大震災直後に逮捕されたからマスコミからはあまり報道されなかったと覚えてる
夫婦同士で罪の擦り付けしたとか

198 :名無しさん@1周年:2015/11/14(土) 21:17:02.68 ID:PuyDHVuR0

裁判での二人の罪の擦り付け合いの応酬がすさまじかったらしいな

愛犬家殺人事件って名前自体はそこそこ広まったと思うけど
内容の残忍さや加害者周囲で30人ほど行方不明者がいるとかはあまり知られてないという不思議な事件


127 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 13:18:04.10 ID:GOjF2LrF0

名前はよく耳にしたけど事件のことは詳しく知らなくてちょっとググってみた。
二人ともサイコパスっぽいよね。

あと、山崎の後妻が横領で逮捕とか見るとくずにはくずが集まってくるんだなと思ったわ。
事件の被害者もやくざいるし。


141 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 14:42:33.28 ID:bOgePq4e0

犯行発覚前に、稲川淳二がこの夫婦に会ってるんだよね

稲川によると旦那の方は物凄く愛想がよくて、初めて会った人でもすぐに親しくなるような人懐っこさと人間的な魅力があったのだとか

その上で稲川に「何でも好きなものあげる、金でも車でも」とか言い出したんでビックリして丁重にお断りしたけど、どうしてもなにかあげたい、っていうから「アフリカケンネル」のロゴが入ったゴルフボールだけをもらったって

夫婦との付き合いは結局それっきりだけど、もしあれからも付き合い続けていたら…と考えたら今でも怖くなる、それこそ自分が話す怪談より恐ろしいって言ってたな


150 :名無しさん@1周年:2015/11/12(木) 17:11:49.54 ID:9iTSP7n50
>>141
最初に人懐っこくされるから後で彼の強引な勧誘を人によっては断りにくくなっちゃうんだろうね

だから最初から妙に愛想が良い人と仲良くなるのは気を付けないといけない って気はする
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1447289274/


7. 中川隆[2404] koaQ7Jey 2016年5月09日 20:37:32 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2647]

大きな愛に包まれて・・・死刑囚風間博子のメッセージ
http://kazama-hiroko.jimdo.com/

8. 中川隆[2405] koaQ7Jey 2016年5月09日 20:42:28 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2648]

埼玉愛犬家連続殺人事件 〜風間博子死刑囚の無罪性に関する疑問
http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/blog-entry-931.html
http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/blog-entry-932.html
http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/blog-category-25.html

9. 2016年5月10日 00:22:41 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2649]

【怖い動画】 愛犬家連続殺人事件 【心霊映像】
https://www.youtube.com/watch?v=TRQy6-Yfl5I

10. 中川隆[2406] koaQ7Jey 2016年5月10日 07:26:34 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2651]

________
________


関連投稿


中川隆 _ 凶悪犯罪 関係投稿リンク
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/595.html

阿修羅 _中川隆投稿集
http://amezor-iv.net/shisou/150920200912.html


11. 中川隆[2416] koaQ7Jey 2016年5月10日 17:46:19 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2661]

見方 2010年06月01日 11:07

余りにも短絡的で残忍な事件ですが、当時の報道から関根・風間の愛欲関係も浮き出され、殺害された関口光江さんと関根の性関係が報道されていたと思います。

関口さんが関根の殺人関与について知っていた等から、口封じに殺されたともありました。

関根と関口さんは殺害前から肛門性交までする関係だったとあり、屍姦時にも膣と肛門の両方で異常な興奮をしたと記載されていました。

失礼ながらかなりの関係がなければ、肛門までの性癖を許す間柄にはならないのではと思います。

どのような関係かは不明ですが、殺害は極悪です。しかしながら他の事実があるとすれば、それは率直なる見方もあるのかと考えさせられます。
http://wahuunews.blog.jp/archives/1519457.html


12. 中川隆[2417] koaQ7Jey 2016年5月10日 18:30:44 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2662]

10 : シロウマアサツキ(dion軍)[] 投稿日:2009/06/05(金) 16:27:12.93 ID:Cnqjd+fm [1/1回]

ブリーダーってへんな奴多いよな

23 : ツゲ(千葉県)[] 投稿日:2009/06/05(金) 16:41:13.35 ID:p8ldR3IC [1/1回]
>>10
思い通りの柄で産まれなかったとか そういう理由で躊躇なく愛くるしい子犬を殺戮できる神経持ってないとできないからな
あと在庫一掃殺戮とか


26 : マンサク(三重県)[] 投稿日:2009/06/05(金) 16:46:56.93 ID:6uwlqezG [3/3回]
>>23
ブリーダーやってるのは元ヤクザのおっちゃんが多い。

28 : センダイハギ(宮城県)[] 投稿日:2009/06/05(金) 16:49:24.66 ID:RaMiQsXi [1/1回]

ブリーダーだけど売れない犬は生きたまま飼ってるライオンに食わせてた

嫁は中学生のころから愛人にしてた女で16のころに背中に紋々入れさせた
自分も入れようとしたけどあんまり痛いんで逃げ出して竜の縁取りだけが背中に入ってる

ヤクザに頼まれてたびたび死体解体を手馴れた様子でこなしてた


20 : マンサク(三重県)[] 投稿日:2009/06/05(金) 16:35:40.42 ID:6uwlqezG [2/3回]

元々このおっさん殺しのプロだったみたいだよ。
ヤクザとかそういうのから依頼受けて死体を処理してたらしい。

40 : コデマリ(北海道)[sage] 投稿日:2009/06/05(金) 17:02:56.26 ID:jEewx2qC [1/1回]
>>20
殺人請負人だし

〜警察の調べでは最低でも7〜8人は殺してるって話だな。

事件に協力した奴は拒んだら殺されるので協力したんだよ
顔色一つ変えないで殺せるし、死体処理のプロ
http://www.logsoku.com/r/2ch.net/news/1244186356/


関根元 風間博子とは?


ブルドックのブリーダーをしていた山崎氏は、ドッグショーで関根と知り合う。

関根はハスキー犬のブリーダーとして、ペット業界では名の知れた人物だった。

関根は様々なドッグショーで賞を獲得するも、裏ではあくどい商売をしていた

例えば、犬を売った家に、毒入りの肉を持っていく。
何の疑いも持たずに食べた犬は死に、関根は新しい犬を売りつける事が出来た。


 関根は、仕入れ値をはるかに上回る高額な値段で、犬を売りつけていた。

不信感をもった客には、言葉巧みに言い逃れる。
それでも客がおさまらない場合、詐欺行為の発覚を恐れて、殺害におよんでいたのだ。


最初の犠牲者となった川崎さんの場合は、自宅のガレージに呼び出して、毒殺。

二人の仲は決して悪くはなかった。
犬の売買で言い合いはしていたが、信頼関係も多少はあった。
関根から「体に良い薬だよ」とすすめられ、疑いなく飲んでしまったのだ。

 後から現場に来た山崎氏が、警察に通報しなかったのは・・・

 「そこまで考えている余裕は、その現場に立つと、ないと思います、誰も」

 「それは、そこの空気というか、殺気というかで、本当にその場に立たないと、そういうことは、まずわからないと思います。後で結果が出て、こうすればよかったとか、こうした方がよかったのではないか、と考えたりもしますけど、思考能力がなくなっちゃうのが現状じゃないですか」

 更に、警察への通報をためらわせる、関根の一言があった。

 『子供、元気か・・・』

 「一般的に『子供元気にしてるのか』という意味では全くない、ということです」


 こうして山崎氏は連続殺人事件に巻き込まれていった。


証拠を残さない

急にいなくなった川崎さんを捜して、川崎さんの家族が関根を訪ねてきた。

実は、関根のうちに監禁されているのではないかと、川崎さんのお兄さんは思っていたという。

しかし、その席に何故か関根は、知り合いの暴力団幹部を同席させ、しらを切り通した。


 しかし、ここで関根の誤算があった。

川崎さんは関根に殺されたのではないかと、暴力団幹部の遠藤さんが疑い、それをネタにゆすり始めたのだ。

 ゆすりに応じるフリをして、遠藤さんの自宅へ。

この席には妻の風間博子も同席。

関根は言葉巧みに、栄養剤だと言って、硝酸ストリキニーネを遠藤氏に渡した。

関根は、4人の殺害を、全てこの毒薬で行った。
この猛毒は、犬の安楽死に使われるものだった。

長い付き合いをしていた、遠藤さんと、付き人の和久井さんは、疑いもなくそれを飲んだ。


 その後も、詐欺的商法の露呈を恐れ、主婦の関口さんを殺害。

 警察は何故、連続殺人を止めることが出来なかったのか!?

第一の殺人の時から、警察は関根をマークしていたというのに・・・。

 毒薬を使う殺人、それは、血痕を残さないということだ。
つまり、きわめて重要な証拠を残さない、という事なのだ。


第二第三の殺人

川崎さんのお兄さんは、弟が関根に監禁されていると思ったので、警察に捜索願を出した。
しかし警察は、単なる行方不明という扱いで処理。捜索には乗り出さなかった。

10日後、川崎さんが普段、埼玉県内で使用している車が、東京駅で発見され、ようやく警察は、川崎さんが事件に巻き込まれた可能性があると、捜査に乗り出した。

しかし証拠がないため、関根、風間、山崎の3名を常に監視。しっぽを出すのを待った。

そして、その間に、警察の隙をついて、第二、第三の殺人がおこっていたのだ。


そんな中おきた、大阪愛犬家殺人事件。同じ愛犬家の事件である、埼玉の事件に、世間は注目し始めた。連日のようにマスコミが関根の元へ押し掛け、4人の失踪を追求した。しかし関根は平然と受け答え。事件との関係を否定。
遺体はどこに?


殺害された遺体は、山崎氏の実家のある山梨県に運ばれた。

 この殺人は、一般のバラバラ殺人とは趣がかなり違い、用意周到にしくまれたものだ。

骨は粉になるまで砕かれ、肉は切り刻んで川に捨てる。計画性があり、悪逆非道。


 その作業は風呂場で行われた。
一人の人間だったものが、短時間のうちに解体されてゆく。

 「声も何も出ませんよ。その場に立つと。現実なのか夢なのか、という風にしか考えられません」

 肉を焼くと異臭が出るので、骨のみをドラム缶で焼く。原型が崩れさり、灰になるまで焼かれた。灰は山林にばらまかれた。骨以外の部分は、切り刻んで川に捨てられた。
http://wahuunews.blog.jp/archives/1519457.html


ボディーを透明にする、関根はそういっていた。硝

酸ストリキニーネで殺害したあと遺体は一晩でこの地上より跡形もなく消え去る。

関根はこれを”ボディーを透明にする”といっていた。
ほんとに一晩で遺体がなくなるのだろうか?

以下志麻氏を取り調べた刑事とのやりとりで理解できる。


---「生きている人間には形があって、死ねば物になる。」

「でも形がなくなっても白い粉(骨)は残るよ。燃やすのか?燃やせば臭いが出るだろう」

「臭いはない。燃やすのは骨だけだから」

「関根はそこまでバラバラにするのか」

「どれも真っ白だよ。肉はとっくに魚のえさになってるはずだ」

「燃やすってあんなものがそんなに簡単にもえるのか」

「高温で燃やせば灰になる。火葬場と同じだよ」


「うーん…なるほど…」埼玉県警の10年越しの謎が解けた瞬間だった。

---志麻永幸著/愛犬家連続殺人より

事実埼玉県警は関根を過去にも一度逮捕しているが証拠不十分で釈放にした。

関根は人間を2時間で解体できる。

骨、内臓、肉に細分化し肉は2〜3センチの細切れにし川に捨て、骨は廃油で灰になるまで焼く。

一晩で人間が跡形もなく消失する。
これでは警察がいくらマークしても一瞬の隙があれば犯行を行える。


殺しのオリンピック

志麻氏によれば関根は35人殺していたようだ。立件できたのは4件。

ヤクザでさえ関根のやり方に驚愕する。

---「普通の奴は人を殺したらそれでおしまいだ。あとは死体を沈めるか、埋めるかだろう。だがケンネルのやり方は違う。奴は残忍だ。

あいつは死体をバラバラにして肉を削ぎ取る。その後包丁で肉をコマ切れにするんだ。

肉と内臓もきっちり分けてな。脳みそも目玉もきれいにえぐりだすんだ。
とても人間のやることじゃねえ。あんなことができるのは、この世であいつしかいない・・・」

---志麻永幸著/愛犬家連続殺人より


関根の女房、風間博子も尋常じゃない。何せ遺体解体作業をしながら鼻歌を歌ってるぐらいだからとんでもない。中村美津子の「河内おとこ節」をハミングしながら

「あんた、こんなやつのチンチン切るのやだから、あんたこれやってよ」

「おうっー」


関根は自画自賛で“殺しのオリンピック”があれば金メダルといっている。

大久保清はバカだとか、イギリスの連続殺人犯もコケにしてる。

不謹慎だが彼の遺体解体技術はそこまで洗練されていた。


関根はどんな人生を歩んできたのだろうか、彼は秩父で生まれ“ホラ吹きの元”と呼ばれていた。関根に限らず重犯罪者にはおしゃべりな奴というか虚言壁は多いらしい。志麻氏の本でこんなシーンがある。


---殺害された川崎さんが

「俺、日本に帰化してるけど、本当は在日韓国人なんだよ。本当は鄭っていうんだ」

関根「なんて偶然なんだ。実は俺も在日で鄭っていうんだ。なんて偶然なんだ。
握手しよう。こいつ(山崎)も在日で本当は王っていうんだ」

王とはどう考えてもも中国人なのだが関根はそんなことおかまいなしだ。

---志麻永幸著/愛犬家連続殺人より

もうアホである。とてもコケティシュな面と凍りつくほど恐ろしい面がありおそらくその両方が関根の姿なのだろう。

事実ケンネルを訪れる客にはおどろくほど丁寧で電話越しでも90度お辞儀をするくらい商売人としての儀礼にはたけていたようだ。


実際自分の友人の親が関根の店にいっている。

犬を買いにアフリカケンネルを訪れたことがあったようだ。その人は柴犬を探していたのだが、関根にほかの犬(おそらくアラスカンマラミュートとか)を薦められたらしく商談は成立しなかったようだが、お茶など勧められて物腰のやわらかいごく普通のペットショプ店主にみえたようだ。

でももし利殖の話でもされて深みにはまっていたらどうなったか分からない。
関わり合いにならなくてよかった。


またおどろくほどきれい好きであったようだ。

片品のポッポハウスに身を隠していた頃部屋はちりひとつ落ちていなかったようだし、遺体解体した後の浴槽もピカピカに磨き上げられていた。

その反面女には見境いなく金への執着はものすごかったようだ。

その点は重犯罪者のイメージが一致しやすいのだが、こわいのは殺人鬼がある種の社会性を持ち合わせて我々と同じ社会で生業を立てているということだ。見た目区別がつかない。

関根は「世界は一家、人類はみな兄弟」で有名な某政治家ともつながりがあったといっていた。

その政治家から頼まれて遺体の始末を行ったとか、おそらくホラ話なのだろうがそういう成り行きはまんざら奇抜に聞えない。

裏社会の汚れ仕事を引き受ける人間は必ずいるはずだ。

関根も同じ殺し屋があと10人はいるといっている。
http://hinoe-410.seesaa.net/article/261384181.html


13. 中川隆[2418] koaQ7Jey 2016年5月10日 20:54:27 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[2663]

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/14(月) 01:16:33 ID:bN2b3Aue

山崎ってのは志麻と同一人物なのか?
どっちが本名なんだろ。
逮捕されたときは山崎だよね?


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/14(月) 12:55:03 ID:wVPXGb3i
>>130
山崎=志麻≠蓮見。

山崎は逮捕当時結婚していた女性(本の中では和子)の姓。
旧姓および離婚後の現在は「島」(志麻ではない)。
本の中では一貫して「山崎」って呼ばれてるけど、関根たちは「島」って呼んでいたはずです。


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 09:20:16 ID:Z8zPZ0hW

山崎永幸こと島永幸 志麻はペンネーム


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/10(月) 23:17:26 ID:???

警察署の中かどこかで女とやったとか書いてたけどホントかよ?
山崎の本も眉唾だよ。


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 04:35:08 ID:oGWDF8B6
>>111
検事とのエピソードは全てが胡散くさい。
なんか急にキャラ変わってるし。
まあ所詮はゴーストライターの本だな


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/09(日) 21:50:27 ID:0i8y3pjR

山崎永幸氏の筆力に感銘を受けていたら、新潮の記者だった蓮見圭一の作品だったと聞いてがっくり。
新潮、こういうのは詐欺にならないのか?
おまけに蓮見圭一名義で幻冬舎から同じ内容出して、山崎を完全に食いものにしただけじゃないか・・・
ゴーストが書いたと思って改めて読んでみると、逆に通俗読み物風の感じが鼻について不快になった。週刊新潮文体だよな、これ。って感じ。


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 20:27:43 ID:???

友達がここで働いてた。
山崎の本で事実なのは殺害と遺体解体の様子と山崎と関根たちの関係だけ。
周りの者の話はほとんど山崎の妄想だよ。


182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/14(土) 03:12:30 ID:???

共犯者が本を出したから読もうと思ったけど
かなりの部分が嘘なのか・・・やっぱやめようかな


183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/14(土) 21:22:52 ID:wTfBj/1N>>182

嘘とか、本人に都合の良いように書かれてたりはするけど、全体的には合ってると思うよ。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 15:40:03 ID:RVWJ2+KT
>>83
ほとんどの女従業員が関根にヤラれてたって話は本当ですか?


105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 11:40:16 ID:???

関根はかなりの絶倫で従業員の殺された女や若い女をブスブスにしてたらしいな
殺された女は結婚を迫ったから殺されたみたいだね


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/13(日) 14:43:05 ID:H6ANWfKT

元に捕まると女は胸に元と彫り物彫られたよ


649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/02(月) 21:35:48.01 ID:???

関根元 名言集
「人間の死は、生まれた時から決まっていると思っている奴もいるが、違う。
 それはこの関根元が決めるんだ。俺が今日死ぬと言えば、そいつは死ぬ。
 明日だといえば、明日死ぬ。間違いなく そうなる。
 何しろ、俺は神の伝令を受けて動いているんだ」
「(屍姦のあとで)お前もやってみろよ。冷んやりして気持ちいいぞ。」
「気に入らない奴は全部透明にしちまえばいいんだ」


98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/26(火) 04:54:35 ID:jtQ1QKCc

こいつの写真見たけどどこにでもいるおっさんだな

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/26(火) 06:41:45 ID:R5pqXe3I
>>98
大量生産品おっさんか


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 03:22:57 ID:XFiyDm+4
>>99
そんな感じWWW
でも見た感じ凶悪に見えなかったぞ 


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 01:31:33 ID:???
>>98
通りすがりの大学生に傘貸したりと気の良いおじさんって感じだったな


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 01:35:07 ID:???

気の難しいオヤジだったらそもそも人を騙したりすることはしたくてもできない

103 :???:2008/02/29(金) 07:51:40 ID:???

だみ声、小指無し、独特のセールストーク


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 11:21:52 ID:???

ボディは透明にすりゃ〜捕まらね〜
が口癖だったらしいね

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/03(火) 22:01:15.28 ID:og/SMeMz

色々調べてみたけど博子は冤罪ぽいな。
支援団体もあるみたいだし。可哀想


106 :???:2008/03/01(土) 00:34:57 ID:???

博子が主犯とは思えない。
『婿ですから』が口癖だったが誇大妄想な夫の横で何があってもぎゅっと唇噛んでた。


657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/06(金) 08:18:41.98 ID:ESqBZV9+

万吉で牛の解体とか普通にしてたから解体しただけで殺しはしてないと思う。
関根が主犯は間違いないだろ?


658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/06(金) 15:16:46.00 ID:0+SW9niS

殺し解体もしていない
何も知らずに、死体を運ばされただけ。
それが事実だよ。

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/06(金) 20:48:02.20 ID:ESqBZV9+

いやいや…
博子は関根の殺しも解体も知っていたと思う。

一緒にやったかどうか見たわけではないが、牛の解体なんか顔色一つかえないでやっていたよ

志麻の本は脚色あると思ふがね


660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/06(金) 23:31:06.81 ID:iWkA8y7l

なにも、知らなかったはずだけど。
志麻の本はゴーストライターが書いたものだから、真実とはほど遠い。
志麻が裁判で言ったことと博子が言ってることが真実だと思う。


661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/10(火) 09:19:30.22 ID:Li32sgvK

志麻も博子も少しずつ嘘はついてると思う。
でも博子の死刑はないだろって感じ。


662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/10(火) 13:10:06.63 ID:9LrUuyOb

警察のでっち上げと、志麻の嘘で死刑が確定したけど、
本当はとっくに刑期を終えてるだろうな…。


663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/11(水) 12:43:33.57 ID:Ie3Ef/cR

博子は55才位?
自分が見たときは背中にモンモンなかった 両腕に土方彫り。
志麻本だと背中に刺青とあるがな そらっぺ


674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/25(水) 10:12:22.90 ID:???

奥さんのほうは、遺体の解体処理を手伝ってはいただろうけど、
殺人には関与してなさそうだね。しいていえば幇助?


675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/26(木) 12:54:38.01 ID:???

どっちにしても 逃げ切った志麻こと山崎はしたたか者
今じゃスケと暮らしていてちょとした小金持ちなんだってさ

検察は実は山崎は関根とは別のコロシの組織に関わっていてその縁で知り合ったと見ているんだって

関根によってコロシに巻き込まれた時すぐにサツへ出れなかったのはそのせい

あとで馬鹿な検事が司法取引を持ちかけそれにツケ込んで ほぼ無傷で事件からの脱出に成功した

関根も博子も山崎だって裏ではと叫んだが もちろん無視された 世の中の怖い仕組み。。。


680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/10/07(月) 01:59:36.40 ID:grlKK5eU

週刊誌かなんかで観たが、山崎○幸氏の協力があってやっと立件できたって
じゃ、氏の協力が無かったらと思うと、闇進行形∞・・恐ろし杉


681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/10/08(火) 11:20:30.09 ID:G31SIwdi

協力じゃないだろ?
警察のでっち上げの為の司法取引
マスコミに煽られて焦った警察の卑怯な駆け引きだ


682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/10/14(月) 07:10:00.22 ID:YQCpC3rE

元は普段から博子のことをそこいらのちんぴらより度胸が座ってると吹聴していた
逮捕後やっぱりやったのかなぁと思った。

元がほら吹いてしゃべりまくってる時、客はえ?本当?と博子の顔色みるが…
目線をふせて客と目をあわさず…自分の印象は車の両輪って言葉は当てはまる。
自分はいってない、やってないからって無罪はないだろ。


683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/10/15(火) 00:59:14.98 ID:sJcXPg92

やっていないとは、言ってないでしょ?
遺体の乗った車を運んだことは認めているし。

殺人や遺体の解体はしていないと言っている。

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/10/15(火) 18:57:54.87 ID:qdyejgB7

仔牛の解体して肉を器用に切り分けてる博子を知っている俺にはやっていないというのは信じられんな
少なくとも殺しと解体を知っていて私は関わっていません 無罪ですというのは解せない。

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/10/16(水) 21:50:52.24 ID:mtKHL3Ek

山崎って奴も法廷で、『博子はやってない』って証言してるんだろ?
冤罪fileにも書いてあった。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/09(水) 11:13:41 ID:vyPuBpi8

犬は確か、全部無事に引き取られたんだっけ?
風間博子は逮捕された後黙秘を続けたのに、犬の話を出されると涙を流したらしい。


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 14:45:31 ID:???

主犯は関根でガチなんじゃね?
風間は物事を自分の頭で深くきちんと考えられないのが、罪といえば罪。

山崎の本で従業員は『全員住み込み』とか『親に見放された』とかあるけど、これは事実じゃない。

山崎本人が書いてるワケじゃないからそこら辺は適当に脚色したのかも知れんが、 適当に書かれた側はいい迷惑だよ。
やっぱこいつもバカだよな。


204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/15(火) 18:21:36 ID:???

元さんはおそらく死刑 博子はどうなる?

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 08:05:40 ID:qqBu2pKe

無期だろうな 死刑はないんじゃ?
やった事は残虐だけどどう見ても関根主導、

連れ子、自身への虐待 脅迫 再婚しすぐに83年の事件があったとすれば感情や思考回路も壊れるね その辺どうとらわれるかだな


209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/22(火) 22:09:47 ID:GeZOrOes

博子が関わっていたのを裏付けるのは状況証拠と共犯者の証言しかないんだよな、これ。

自ら関わった2つ目の事件はともかく、1つめの事件に関しては山崎の証言が重視されてる。

仮に川崎さん事件に関して、物証がないから博子が無罪ということになると、博子が罪に問われるのは遠藤・和久井さん事件。

でもこれは遠藤さんの(川崎さん事件をネタにした)脅迫が引き金になっている。
博子が川崎さん事件で無罪であれば、彼女はいわれのない脅迫で全財産を取られる寸前まで追い込まれたということになり、(和久井さんを巻き添えにしている点に問題はあるが)かなり減刑されるのでは?

結局、川崎事件をどう認定するかによって、第二・第三の事件の情状にも影響が出てくるのではないかと。

ただ、実際の裁判では考え方が逆で、遠藤・和久井事件で博子が積極的に関与している様子が認められるのだから(この事件では終止関根らと行動を共にしている)、構図の似ている川崎事件も同様に認定できる…といった感じになっていたと思う。

あと博子が店の経理を担当していたことから、資金状況について最もよく知っていたことも、主犯の1人と認定された理由らしい(関根が主犯のイメージだけど、裁判所の認定はW主犯)。
難しいね。


316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 02:10:13 ID:cCsO0QvM

共犯者読んだけど風間が元と同じ死刑というのが納得できん。
島のような立場で10年たつと風間になるんじゃないのか。
元の恐ろしい脅しを10年受ければマインドコントロールされると思うよ。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 02:18:36 ID:cCsO0QvM

関根元は島に犯行中折にふれ色々とテクニック教えようとしてたじゃん。
きっと風間とかにも、最初はそういう風に「脅し半分」 「教育半分」だったんじゃないの。
普通の犬好き子供好きの女性に10年。これはキツ過ぎる。 逃げ場もない。
きっと洗脳されて言われたまま牛刀使うようになるのは確実。
あの鼻歌はむしろ心を落ち着かせる「心の防衛」だったかもしれない。
とにかく関根元は風間より罪が100倍じゃなければならないと思う。


318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 06:54:15 ID:???

そうやね、慣れるより慣らされたんよ。
罪が同じとは納得いかないね。せめて無期。


210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/25(金) 19:41:03 ID:Yc74L03f

絶対捕まらないって自信があったみたいだけどげんちゃんはばらしすぎ。
回りもほら元で通ってたからまたそらっぺーが始まった位の認識でいたからね。


221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/23(火) 23:33:38 ID:rTHNDRgY

戦後最大級の連続殺人事件なのに、関心度、注目度が低いのは阪神大震災とオウムがあった事が大きいが、もう一つ被害者の人となりもあると思う
関根みたいな奴に好んで近づき、不倫関係だったり、犬で一発当ててやろうと思って関根に騙されて逆ギレしたり、逆に関根をゆすってやろうみたいな人間だと同情も集まりにくい
罪の無い善良な市民が悪魔に殺されたストーリーを作りたがるマスコミも扱いに困ったんじゃないか

懐かしニュース板のスレの中でも殺した数と遺体処理の残忍性ではトップ3に入るほどの事件なのにこのレス数だもんな
ホラ元も「悪い奴をやっつけているんだ」と調子に乗ってたわけよ

35人がどこまで本当かわからんが、透明だから本当の数は明らかになることはないだろうな
年間の行方不明者なんて20万人もいるわけだし

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/28(火) 00:33:12 ID:S+KzsHRl

事件当時、何人かの熊谷市民は『殺される方も、欲があるから殺されるんだよ』と言っていた。


440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 23:52:07.09 ID:???

実は関根にばらされた闇金やろうって10人以上いたりするんだよなぁ。
それによってやみ金被害者が減ったから関根はマクロ的には良いことをしたんじゃねえのかな。
関根の口癖「トイチで借りて殺っちまえばいいんだよ。」
闇金やくざを殺しまくったのは関根の「ダンディズム」だな。


441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 06:23:30.67 ID:???

悪い奴をやっつけているんだ
元はその悪い奴のチャンピオンだけどな
悪事がばれて、法にやっつけられちゃった


483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/24(土) 14:24:26.11 ID:???

893とか闇金しか殺ってないのなら関根を賞賛する気持ちになれるが、、、


627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:???

◆東京拘置所・衛生夫が語った「死刑囚」それぞれの独居房 第二弾(週刊新潮より一部抜粋)

「関根は自分に便宜を図ってもらおうと、必ず衛生夫を手なずけようとするのです。
私もしょっちゅう

”何か食べたいものはない?買ってあげるからさ!”、
”大丈夫、親父(刑務官)には言わないからさー、君が好きだからあげようと思うんだ”

などと言われました。 別の衛生夫には

”俺には隠し財産がある。それを君に託す”

などと書かれた手紙を渡したこともあるくらい。
しかしこの誘いに乗らないと彼はキレる。先輩の衛生夫を

”箸で目ん玉くりぬくぞ!”

などと脅したこともありました。だから、関根はフロアの最大の要注意人物。
房の中で作業する際、刑務官には

”あいつが動く時は気を付けろ!”、
”背中を見せる時はよく注意しておけ!”

と言われたものです」

「関根はまったく反省なんてしていません。事件について

”俺はミンチにしただけだ。他にも加担したヤツがいる”

なんて言っていましたし、もちろんハッタリだと思いますが、

”他にもバレていない殺人がある”

と言っていたことも。
とにかく、自分を大きく見せ、周囲を思い通りに操ろうと考えている人間でした」

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/24(日) 19:25:36 ID:LtYeHPQY

アフリカ懐かしい。
看板犬のスト−ムクロ−ドス ゴ− ウエスト ヤングマン(風神)
あれは良いマラミュ−トでしたね。
他にも名犬いたよね。


213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/08(月) 22:42:08 ID:61YatKvN

風神も殺されました


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/10(水) 00:15:13 ID:6yOKABdD

風神は吠えてやかましいので元さんに殴り殺されたって聞いたけど本当なの?


220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/18(木) 06:14:56 ID:???
>>212
たしか当時の愛犬の友に、追悼ページあった。
黒枠で風神と博子が写った写真あり、短い間でしたが…的な事書いてあったよ。


551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/09/28(金) 13:32:40.21 ID:Lu2CefKl

ヒロコは風神大好きで大事にしていたよ


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/10(水) 07:22:09 ID:???

たしかハンマーだかバットだか忘れたけど殴り死んでしまったんだっけか。
おそらく博子への威嚇もあったんじゃ?
あの二人はいつも外食だったんだけど元ちゃん曰わく
『家の飯じゃ何入ってるかわかんねーから。毒でも入れられたらかなわねぇからな』って言ってた事があるよ。


216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/14(日) 00:08:03 ID:???

風間宅に無言電話延々とお経が流れる気味悪い電話もあったらしい。
いつも元ちゃんは寝不足だったね


708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/02/22(土) 01:24:52.72 ID:N21P4Q9k

ワンワン吠えてた犬達、犬舎に元氏が来ると急に鳴き止む、氏の本当の姿正体知ってるからって
                                    ↑
                                   怖すぎゃ

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 02:34:36 ID:4osGUs7O

関根が殺した暴力団の幹部が所属した組、実名で本に出てるね。
ここの組長、関根から鹿の肉だと言われ人間のヒレ肉を食べちゃったんだってね。
人間のヒレ肉ってどんな味がしたんだろう ........

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/14(金) 02:01:50 ID:??? 

この犯人の完全に逝ってる所はやっぱ、普通なら避けて通るだろう暴力団員を
何のためらいも無く消しちゃってるところだろうな。

 しかもヤクザの幹部騙して人肉食わしてるとか、死姦してるとか、もー無茶苦茶。


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/03(水) 14:11:37 ID:???

人を従わせる能力に長けてるんだろうな。
麻原も北九州の奴も林ますみもやっぱり人を騙すのがうまい。


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 11:59:22 ID:???

この事件を書いた漫画には、
俺には同じような殺し屋仲間が十人いると過去に関根が言っていた
と書いてある

関根を知っていた人達は関根が犯人だと勘付いてたと過去スレで見たが、殺人犯かもしれないやつが野放しになっているときはどんな心情だったんだろう

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/10(水) 06:57:15 ID:cCsO0QvM

あのサカキバラの時でも思ったんだけど、前兆みたいなのって動物虐待なんだよね。
明らかに、関根元の猟奇性は犬の虐待とか牛の解体とかで培われたんじゃないかと思う。

少年犯罪とか非行とかでも子供たちが動物虐待はじめたら要注意というのがある。
サカキバラとか一線越えるのはみんなそう。
予兆で動物をいじめてるよね。

関根元も事件だけ見れば恐ろしい怪物だけど、本人はいつも普通にやってる牛解体のちょっとした”応用”だったんじゃないかな。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 01:23:01.80 ID:vJPQyREo

亡くなった父が、1984年頃に勤めていました。
父の話だと、六ヶ月ぐらいで、辞めたそうですが…
その間に、3人は殺されているのではと話していました。
朝、焼却炉から異臭がしたとか、肉の燃え粕みたいなのが残っていたと言う話をしていました。


540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/08/15(水) 02:06:53.48 ID:???

最近某スレで関根の事務所に牛一頭ミンチに出来る機械があって、それで人間をミンチにして犬に食わせていたとのカキコ読んだんだけど、本当 ?
他にも関根が新宿とかでフラついている家出少女とか連れてきて、ヤッて都合が悪くなるとその機械に放り込んでたとか
で、その機械が故障したからやむなく人手による解体をしたんだと

この事件も知ってるし、共犯者も読んだから大体知っているつもりだったんだけど そのカキコの事は知らなかった
知ってる人が居たら教えて。

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:5mCzfkiy

結局何人殺したの?
なんでヤクザ殺したのにその他の組員は黙ってたの?

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:???

やくざ社会では警察に頼るのは恥さらしだとされる。
だから発覚が遅れた。
関根のまわりで20人ぐらいが行方不明になっているが証拠がでたのは4人のはず。
あとは、関根に粉々にされている。ライオンのえさにもなっている。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 07:43:32 ID:???

本を読むと秩父のラーメン屋のオヤジを殺したのがスタートで立件された四人の他にも元の周囲に沢山の行方不明者がいるみたいだけど、そのデータが知りたいですね。


321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 19:34:53 ID:???

俺は関根元は言うとおり35人だと思うね。
ああいう犯罪者は数は勲章。

その35人でもし吹かすなら、遠藤の奥さんとか依頼された遺体処理をカウントとかじゃないのか。
まず35プラスマイナスだと思う。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/14(日) 19:20:00 ID:6tyNhpiw

35じゃなくて、15人位じゃないかと思う。
根拠はないけどさ、何でもオーバーに嘘つく奴だったから。


324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/15(月) 22:43:01 ID:???

昭和17年生まれの関根が最初のラーメン屋店主殺し当時10代だったというから、それは昭和37年より前の話。
いったいどれだけ長く犯行を続けてるのか。
あんな調子だったら10人やそこらじゃなくもっとだと思うよ。

それより遠藤だとか仲間とか、埼玉近辺にどんだけ殺人者がいるのか。
あの近辺のアンダーグランドを想像するだけで恐ろしい。


325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/17(水) 21:18:32 ID:xr+Gjfie

十代、一人
二十代〜三十代、三、四人
四十代〜は七、八人ってとこだろ?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 13:11:00 ID:iy6V2v3h

「漫画ナックルズGOLD」の2006年10月・11月号に出てるよ。この雑誌の創刊号。

共犯者の人は、出所後に本書いたり(ゴーストがいたけど)、TVに出たりしてたよ。

あと、失踪者や変死者は軽く20人を超えるみたいです
(事件性があるか、関根と関係があるかは不明)。知っている人がいたら教えて。


・昭和59年に3人の男女(森田さん・斎藤さん・新井さん)が失踪。遺体捜索したが発見できず。

・関根が勤めた秩父のラーメン店火災。
関根が店主を殺害後放火したらしいが真相は不明(店はいまもある)

・秩父の関根の店を手伝わされていた老人(「愛犬家連続殺人」より)

・遠藤さん(被害者の暴力団幹部)が昔いた組の組長(同)

・59年に失踪した森田さんの妻が無理心中に巻き込まれ死亡

・風間博子の父親が心不全で急死
(関根が殺したって噂は本当?その3か月後に2人は結婚)

・このほか、従業員や顧客、同業者でも失踪者が多い。本庄・岡部・所沢・大井など広範囲で。

「愛犬家連続殺人」で秩父のヤクザ抗争で松葉会の大野組長が射殺されたって事件が載ってる。検索してもわからないので、いつ頃とか詳細教えて。
秩父ってヤクザがらみの抗争事件昔からいろいろ起きてるよね。


375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/03(月) 17:04:19 ID:???

何が怖いって、1980年代の殺人はまるっきりバレる気配がなく、
のうのうと暮らしてたってのが怖いよ。


1980年の事件では警察は怪しいと思わなkったんだろうか・・。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/04(火) 18:03:51 ID:???

そうやってバレてない事件ってのは結構あるんだろうな。
東京ならともかく田舎なんかだと絶対見つからないようなところ多いもん。


228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/28(日) 04:54:48 ID:4T0av5AH

ようやく最高裁なんですね。
この凄惨な殺人が行われていた時期に従業員として働いていました…

当時を思い出すととても複雑な気持ちになります。

人を殺してバラバラにしていた翌日も二人は普段と全く変わらない様子だった…

殺人を重ねていた期間 二人に違和感を感じた事も無かった…

二人が殺人を犯している事を知りながら協力・擁護していた人達の存在も含めて人の怖さを痛感した出来事です…。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/28(日) 09:00:31 ID:???
>>228
差し支えない範囲で教えてください
協力したということで逮捕され、後にこの事件を本にした島氏はどんな感じの方でしたか?
本の中では関根に脅され、仕方なく嫌々協力していた描写がしつこいくらいに出てきて、事実その事で減刑されたと思います
従業員の方に対する態度はどうでしたか?
関根の子分である事で大きな態度を取ったり、威張ったりしてませんでしたか?
本当に関根にビビッて逆らえない感じでしたか?

あの本は興味深く読めたし、書いてある事もほぼ事実だと思いますが、筆者の一方的な被害者意識が引っかかるのです
関根、風間、被害者達、以外の人にどう接していたかでおぼろげながら分かる気がするのです


230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/28(日) 14:50:46 ID:4T0av5AH
228です。
あの本は私も読みました。
離婚して離れて暮らしている子供達の事を凄く大切にしていたから…
その点では子供に危害を加えられたら…と思い協力せざるえない状況だったとは思います。

島が役員になって暫く経ってからについては従業員に対して横柄な言動が目立つようになりました

目に余る事もあり その事を関根に話したら その直後から横柄な言動は少なくなりました

その後、島は車の事故(本人が車にぶつけられたと話していました)で怪我を負い
それからは顔を合わせても殆ど言葉を発せず
いつ見ても顔色も悪く情緒不安定な様子になっていました。

あの本に書かれている内容は
女性従業員は皆関根と関係を持っていたとか
『ふざけんなょッ』って嘘もあります。

共犯者であった島にしか知りえない内容もあるでしょう。

何処までが真実で何処が脚色された嘘かは、何とも言えませんが…

この事件をずっと担当していた刑事さんの話では

『よくまぁ、あそこまで自分に都合良く書けるものだ』

との事でしたよ。


231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/28(日) 18:22:16 ID:???
>>229
レスありがとうございます
あの本を読んで上手く説明できませんが、島氏が「ヤクザと知り合いになったら、自分が強くなったわけではないのに、急に威張りだし、ことあるごとに飲み屋で吹聴するような輩」のようなものを感じたので
ただ、悪魔のような人間に子供の事で脅されたら自分もあるいは・・・とは思いますし、ある時期からは情緒不安定になるくらい悩んでいたのですね


232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/28(日) 22:10:51 ID:4T0av5AH

役員になった頃はそんな感じでしたよ。

やたら上から目線だったり一部の従業員や客を馬鹿にしたり…

陽気で話好きで明るい人だったのに徐々に笑顔が消えて苛々や不安定さを見せるようになり…

当時は、その変化の理由が分からなかったけど…

私自身、退職後ですがウンザリするくらい警察の取り調べを受けて事件が立証されてゆく中で
関根・風間が次々に人を殺していった時期と島の様子が変わっていった時期が一致しました。

もっと早い段階で警察に助けを求めていたら助かった命がある事も事実です…

島を擁護する気はありませんが…

関根の感情の変化の激しさや関根・風間の気に入らない者に対しては容赦が無い事を身近で知っていた者は逃げたくても逃げられない
助けを求めてたくても怖くて出来ないって気持ちが痛いくらい分かってしまいます…


234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/30(火) 23:43:55 ID:???

確かに何人かは元さんとできてたよ。


235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/31(水) 22:30:11 ID:NWz4PRRT

確かに…従業員の中で元と関係を持っていた人達は数名居ました。
元自身が親しくなった客や同業者に『女性従業員とは全て寝た』って言ってましたから島のように、それを信じた人達も多いでしょうね〜。
私も事情聴取に来た刑事から
『貴方が元と親密な関係だったと言ってる人が数人居ますが事実ですか?』って聞かれましたからね。
元と…なんてアリエナイ話です(-_-)

実際は従業員の中で関係を持った子の方が少なかったけど
就職の面接に来た子や女性客と関係を持ったりもしてましたから

誰が?ってのは周りからでは分からなかったでしょうね。

働いていた者から見ると、元と親密な関係になった人達に対しては風間の態度が明らかに違いましたから、とても分かりやすかった。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/03(土) 14:08:41 ID:wXt6/foY

風間のエピソード差し支えない程度に教えて


239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/04(日) 19:55:40 ID:9HP/eNpB

風間。
犬の扱いが丁寧で個体によって好き嫌いはあったけど、関根と違い絶対に犬を怒鳴ったり叩いたりしなかった。

お喋りなタイプじゃ無かったけど、犬やドックショーの話題の時は、よく喋る方でした

従業員に対しては…
先にも書いたけど
関根と関係を持った子に対しては給与に差を付けたり
自分が管理するショップの方では働かせ無かったりドックショーへの同伴を拒否したりしてました。

関根が同伴しないドックショーや、愛人だった男性と一緒に居る時は始終笑顔でノビノビしてましたよ。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/04(日) 22:16:03 ID:???

若くて可愛いことかも関係持ったの?


241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/05(月) 00:33:51 ID:JBIMGVLE

関根の場合 相手の年齢や体系・パートナーの有無など関係無く口説いてました。
女性従業員は一通り誘われてたんじゃないかと…

パターンとしては
二人きりになると後ろから抱きついてきて
『風間と離れて一から新事業するから公私共に俺のパートナーになれ』って言ったり
『俺の女になれば何でも好きな物買ってやるぞ』とか言ってみたり。

その言葉に騙されて関係を持ってしまったり
若さゆえ…でしょうね…。断るすべを知らずに流されてしまったり

まあ…関係を持つ事で関根を都合良く ATM代わりにしていた人も居たし

客の中には自ら関根と関係を持とうとしていた人も居ました。

誘われてもハッキリと拒絶すれば大人しく手を引きましたから関係を持った人達には 何らかの下心があったって事でしょうね。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/07(水) 19:53:11 ID:???

博子は意外な事に男関係が激しかったようだ
熊商の同級生が根掘り歯掘り話してくれたぜ

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/09(金) 03:41:44 ID:???

「硝酸ストリキニーネ入りのカプセルを栄養剤と偽って飲ませ、殺害した」
これホンマかいな?
言っちゃ悪いが本当なら飲んだ奴間抜けだな。


245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/10(土) 01:07:09 ID:9YGEGklJ
>>244さん
普通ならカプセル渡されても飲まないと思うよ。
これには理由がある。
関根は栄養ドリンクや栄養剤が大好きで、事務所の冷蔵庫には缶珈琲やジュースの他に栄養ドリンクの類が必ず入ってた。
従業員や犬舎を見学に来た客にソレを配るのが大好きだったの。

栄養ドリンクなんかはキャップを開けて渡す事も多くて、受け取った側は、その場で飲まざるえない雰囲気になってた。

親しくなればなる程それが習慣みたいになってたから…
関根との接触機会が多かった被害者の人達は何の疑いも感じずに飲んでしまったんですよ。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/10(土) 12:31:56 ID:???

あと何でも大盛りが好きだった
食べるのも凄く早いんだわ夫婦して。
カラオケの十八番は村田英雄


247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/10(土) 13:35:12 ID:9YGEGklJ

そうそう。
関根は出前頼む時はウドン+カツ丼大盛りとか。刺身定食+焼肉定食。
それをペロっと完食してたね。

凄く甘い物好きで
缶のおしるこ飲みながらアンパンやジャムパン食べたり
白米にワザワザ自分で買ってきた缶詰のアンコをかけて食べてた事もあったなぁ。

風間もカラオケで必ず歌う定番曲あったよね。
ハッキリ覚えて無いけど、河内なんちゃらって曲だった。


249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/11(日) 10:13:55 ID:OIARBsfQ
>>247
博子 雪椿もね 歌はお世辞にも‥‥だが、字は上手だ
元さん 浪曲子守歌なんかびっくりする位上手かった
二人ともピンクが好き


250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/13(火) 11:27:20 ID:oyotHTjO

裁判で車の両輪?で二人とも死刑になってるけど、博子は元々子供好き犬好きな普通の女だったと思うよ。
夫婦の長女には凄く愛情深く育ててたし、再婚する前はアフガン飼いだったけどきれいに手入れして大切にしてた。


251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/13(火) 11:37:58 ID:???

例の手口で騙され、子連れ再婚(婿入り) 長女誕生、詐欺まがいでの経営で新犬舎建築し、資金繰り悪化、連れ子&母親まで狙われ…


252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/21(水) 11:58:53 ID:D5WGxY05

まぁ博子も被害者だ。 逃げられない状況だし。


254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/24(土) 02:10:13 ID:dVNvQ6wA
>>249さん
関根、確かに歌は上手かったね。
熊谷市内の某スナックに行くと必ず歌ってたね。
二人共、娘の事は凄く可愛がってた。

犬舎にもよく遊びに来てて、いつも元気で明るい女の子だったけど
今、どうしてるのかなぁ…


256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 00:17:39 ID:???
>>254さん
サウナ好き。必ずマッサージ付きでね。


258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/01(日) 17:01:10 ID:ldU6Xr8n

サウナで入れ墨見せるの好きだったね。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/05(木) 22:26:48 ID:???

旧自宅の関根の部屋はすごかった。
本が半端なくあって(エロ含む)
でもきれいに整理してあったな。
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/archives/1147653792/



14. 中川隆[7128] koaQ7Jey 2017年3月15日 21:36:18 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7596]


仁義の報復 元ヤクザの親分が語る埼玉愛犬家殺人事件の真実 2016/12/28 田燿山 (著)
https://www.amazon.co.jp/%E4%BB%81%E7%BE%A9%E3%81%AE%E5%A0%B1%E5%BE%A9-%E5%85%83%E3%83%A4%E3%82%AF%E3%82%B6%E3%81%AE%E8%A6%AA%E5%88%86%E3%81%8C%E8%AA%9E%E3%82%8B%E5%9F%BC%E7%8E%89%E6%84%9B%E7%8A%AC%E5%AE%B6%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-%E9%AB%99%E7%94%B0%E7%87%BF%E5%B1%B1/dp/4801909531

遺体を砕いて川に捨て…被害者はヤクザまで――かつての親分が語る、愛犬家に惨殺された「子分たちへの鎮魂歌」

週刊SPA! 3/9(木) 9:00配信


遺体を砕いて川に捨て…被害者はヤクザまで――かつての親分が語る、愛犬家に惨殺された「子分たちへの鎮魂歌」


ガンを患い闘病中でもあった田氏。入院を繰り返してはいるものの、体調は良好だという


 1993年、埼玉県大里郡で起きた「埼玉愛犬家連続殺人事件」。

 ペットショップ「アフリカケンネル」を経営していた関根元と風間博子夫妻(1993年に離婚)が、80年代から90年代にかけて金銭トラブルなどから多くの人の命を奪ったとされる事件だ。

 夫妻が殺人と死体遺棄の疑いで逮捕されたのは95年1月だが、それ以前から夫妻の周辺で行方不明事件が相次いでいるとの噂が広まり、テレビのワイドショーなどで「疑惑の夫婦」として連日報道されていた。

 4人の殺害容疑で逮捕起訴された関根元・風間博子夫妻は09年に死刑が確定しているが、被害者の一人である遠藤安旦(やすのぶ)さんが現役のヤクザだったことも当時は注目された。犯人逮捕から20年余りを経た今、遠藤さんの親分だった田燿山氏が事件を振り返った著書『仁義の報復 元ヤクザの親分が語る埼玉愛犬家殺人事件の真実』が刊行、増刷もされ話題になっている。

◆被害者は30人以上?

 「30人以上の生命を奪った」 しばしば関根はこう側近にうそぶいたといわれたが、実際に立件されたのは遠藤さんとその運転手、県内の会社役員と主婦の4人だけだった。いずれも犬や猫の殺処分に使われる硝酸ストリキニーネを入れたドリンク剤を飲ませて殺し、バラバラにした遺体を焼却することで証拠隠滅を続けていた。

「遠藤の遺骨は今も見つかっていませんが、まだ遺体も見つかっていない犠牲者はたくさんいるでしょう。被害者が4人でも30人でも死刑以上の刑罰はありませんから、警察が捜査から手を引いてしまったのです」

 遠藤さんが生前所属していた田組(現在は二代目田一家)の元組長だった田氏は、怒りを隠さない。

 当時の報道では、関根夫妻は県内の主婦やスナックのママ、トラック運転手など少なくとも7人の失踪への関与が取り沙汰されてもいた。

「関根が生まれ育った秩父でも勤務先のラーメン店主やヤクザなどを手にかけたという噂がありました。おそらく事実でしょうね。古い事件なので物証がなく、立件できなかっただけです」

 殺した後に遺体をバラバラにして焼却し、灰を川に捨てることで、証拠はほとんど残らなかった。川の周辺で見つかった遠藤さんらと見られる骨片も高温で焼かれていたために、人物が特定できていない。

「川の周辺からは遠藤の自宅の鍵や私が贈ったライターなどは見つかっていますが、遺骨は誰のものかわかりませんでした。関根らは、ほぼ完璧な証拠隠滅を図っていたのです。ただしバラバラにして焼くのも手間がかかりますから、すべて焼いていたとは考えていません。何体かは関根の豪邸の庭に今も埋められているはずです」

 物的証拠がほとんどない本件の「解決」には、元側近の証言があった。

「元側近が証言したのは自分だけが助かりたかったからでしょう。実際にこの側近は刑も軽く済んでいます。警察は、もっと丁寧に捜査すべきでした」

◆「最初から関根が怪しいと思った。直感のほうが正しいこともある」

 なぜ、遠藤さんは殺害されたのか。

「関根は経営していたペットショップの客との金銭トラブルを多く抱えており、遠藤はその相談を受けていたと聞いていました。そうしたことで揉めたのかもしれません。関根はカタギなので、遠藤も油断していたのかとも思います」

 だが、遠藤さんが行方不明になった時に、田氏は真っ先に関根を疑った。

「老子の言葉に『不出戸知天下』(戸を出でずして天下を知る)とありますが、外に出ていろいろな情報に振り回されないほうが、真実がわかることもあるのです」

 直感でひらめいた「関根による犯行」を裏付けるために、田氏は関根と側近との電話を盗聴し、地元で有名な「拝み屋」に鑑定を依頼するなどして独自に調査を続けた。

「関根を自宅に呼びつけて、別室で待たせておいて拝み屋に話を聞いたんです。私はインチキだとわかっていましたが、関根は非常にビビっていました。簡単に人を殺すくせに、インチキな霊媒師のような者には弱い男なのです。その怖がり方を見ても、やはり関根が犯人だと確信しました」

 その後に、組員たちと「関根が逮捕される前にトって(殺して)しまおう」と謀議を繰り返すことになるが、既に報道陣が関根の店や自宅に押しかけ、警察も警戒態勢に入っていた。

「いま問題になっている『共謀罪』があったら大変でしたけど(笑)、最終的には捜査に協力する形になりました。本書でもふれていますが、私が初代を務めた田組と田一家は、人を殺さないことを徹底し、子分にも指を詰めさせたこともありません。遠藤の仇を取れなかったことは今でも悔やまれますし、渡世から見れば情けないことかもしれません。いろいろな評価をされていますが、結果としてはよかったのだと思います」

 組長としての責任の取り方も考えた。

「もちろん私がしっかりしていなければなりません。でも、ヤクザは人を殺すことの恐ろしさをよくわかっていますから、実はめったに殺すことはないんですよ。最近の殺人事件も、ほとんどが親族や顔見知りによるものですね」

◆「死刑執行の前にすべてを話してほしい」

 アブない話も満載の本書だが、執筆は熟慮の末だった。

「私も不良として生きてきて、この件以外にも墓場まで持って行かなくてはならないことはたくさんあります。でも、癌を何度か患って余命を考えるようになり、遠藤のことだけはきちんと記しておかなくてはならないと思いました。まあ流行りの言葉で言えば『終活』であり、被害者へのレクイエム(鎮魂歌)でもあります」

 田氏は穏やかに微笑むが、この事件における警察や検察への捜査への怒りは今もある。

「最近のヤクザは任侠道なんか忘れているようですが、関根はヤクザよりひどい存在ですよ。私利私欲のためだけに何人も殺してきたのです。2人には刑が執行されるまでにすべてを明かしてほしいですが、期待できないですね。私は、引退はしても任侠の道まで外れたつもりはありません。やはり弱きを助け、強きをくじくという『任侠道』が大切だと思っています」

 すべての事件が明らかにならなければ、被害者の魂は浮かばれない。だが、果たしてその日は来るのか。

【たかだ・ようざん】

1945年、埼玉県生まれ。稲川会直参・初代田一家元総長。高校生の頃から愚連隊として名を馳せる。「猛者ぞろい」で知られる松本少年刑務所や府中刑務所に収監され、71年に26歳で稼業入り。90年に稲川裕紘三代目会長から盃を受けて直参となり、会長秘書も務め上げた。11年に初代田一家を立ち上げて総長に就任し、14年引退。著書に『稲川会系元総長の波乱の回顧録 ヤクザとシノギ』(双葉社、15年)など。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > リバイバル3掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
リバイバル3掲示板  
次へ