★阿修羅♪ > リバイバル3 > 862.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
志田未来 名演技集
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/862.html
投稿者 中川隆 日時 2018 年 5 月 30 日 04:49:38: 3bF/xW6Ehzs4I koaQ7Jey
 

(回答先: 滝田洋二郎 秘密 1999年 東宝 投稿者 中川隆 日時 2018 年 5 月 26 日 23:30:29)


志田未来 名演技集


志田 未来(しだ みらい、1993年(平成5年)5月10日 - )は、日本の女優。神奈川県出身。研音所属。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%97%E7%94%B0%E6%9C%AA%E6%9D%A5


生年月日 1993年5月10日

出身地 神奈川県
身長 150cm
血液型 AB型


活動期間 1999年 -

1999年:セントラル子供劇団入団
2005年:『女王の教室』
2006年:研音へ移籍
2009年:『誰も守ってくれない』

事務所 研音

公式サイト 志田未来 -OFFICIAL WEB SITE-
http://www.ken-on.co.jp/mirai/index.html


略歴

1999年 6月、セントラル子供劇団に入団。

2000年 9月、TBS『永遠の1/2』第3話でドラマ初出演。

2002年 『借王ファイナル』で映画初出演。

2005年 7月、日本テレビ『女王の教室』で民放連続ドラマ初レギュラー出演。

2006年 4月、研音に移籍。
10月、日本テレビ『14才の母』で連続ドラマ初主演。

2008年 7月、日本テレビ『正義の味方』で山田優とダブル主演。

2009年 1月、『誰も守ってくれない』で映画初主演。
10月、TBS『小公女セイラ』で2度目の連続ドラマ主演。

2010年 2月、エランドール賞受賞。
7月、TBS『ハンマーセッション!』で連続ドラマに主演。
7月、『借りぐらしのアリエッティ』で声優初挑戦にして映画主演。

2013年 5月、YouTubeオリジナル番組「志田ちゃんねる」開設。

2015年 11月、『オレアナ』で舞台初出演。

2017年 8月、『ウツボカズラの夢』で7年ぶりの連続ドラマ主演。


受賞

2005年 第46回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 新人俳優賞(『女王の教室』)

2006年 TV LIFE 2006年間ドラマ大賞 主演女優賞、新人賞(『14才の母』)
第44回ギャラクシー賞 奨励賞(『14才の母』)

2007年 第15回橋田賞 新人賞(『14才の母』) 第11回で受賞した上戸彩の最年少記録17歳を大幅に更新する13歳での受賞。


2008年 第58回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『正義の味方』)

2010年 第33回日本アカデミー賞 新人賞(『誰も守ってくれない』)

エランドール賞 新人賞(『誰も守ってくれない』、『さくら道』、『黒部の太陽』、『小公女セイラ』)

第63回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『小公女セイラ』)[12] 10代で2度の受賞は史上初。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 中川隆[-12667] koaQ7Jey 2018年5月30日 05:01:40 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-14560]

テレビ朝日 テレビドラマ 秘密


動画
https://www.youtube.com/results?search_query=%E7%A7%98%E5%AF%86++%E5%B0%8F%E8%81%B0+


放送期間 2010年10月15日 - 12月10日(9回)

原作 東野圭吾
脚本 吉田紀子

キャスト
杉田藻奈美・直子 - 志田未来
杉田平介 - 佐々木蔵之介
橋本多恵子 - 本仮屋ユイカ
小坂洋太郎 - 橋本さとし
吉本和子 - 池津祥子
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%98%E5%AF%86_(%E6%9D%B1%E9%87%8E%E5%9C%AD%E5%90%BE)


秘密が、愛を、濃密にする。

ごく平凡な3人家族を襲った突然の“悲劇”。 すべてはその瞬間から始まった--。

妻と娘を乗せたバスが崖から転落。 妻は死亡し、娘は奇跡的に助かる。 ところが… そのとき誰もが想像すらしなかった事態が起こっていた。 助かった娘の体には妻の魂が宿っていたのだ!

その日から、一家の切なく奇妙な“秘密”の生活が始まる…。

大人気作家・東野圭吾氏がブレイクするキッカケとなった感動のロングセラー傑作長編ミステリー『秘密』。

母親の魂が宿った女子高生・杉田藻奈美を演じるのは志田未来。

そんな娘(=妻)の存在に大きく揺れ動く男・杉田平介役には佐々木蔵之介。

25歳差の演技派2人を迎えて珠玉の名作『秘密』が連続ドラマとなって蘇ります。

(C)原作 東野圭吾著『秘密』(文藝春秋刊)(C)テレビ朝日


1. 第1話
2007年夏。電機メーカーに勤務する杉田平介(佐々木蔵之介)は、いつもとさほど変わらない一日を過ごしていた。家の中では長野の実家に行くことになった妻・直子(石田ひかり)と娘・藻奈美(志田未来)が慌しく準備をしていた。平介はそんな2人を送り出した。さらりと、ごく普通に。そして、そんなありふれた日常の幸せを実感することもなく--。 しかし数時間後、そんなありふれた日常が一瞬にして消える事件が起こる。妻と娘がいない家でひとり晩酌をしていた平介に、耳を疑うようなニュースがテレビ画面から飛び込んできた。それは、直子と藻奈美を乗せたバスが崖から転落したことを知らせる緊急ニュースだった。 (C)原作 東野圭吾著『秘密』(文藝春秋刊)(C)テレビ朝日
48 分 初公開日: 2010年10月15日

2. 第2話
姿は藻奈美(志田未来)だが、その魂は亡くなったはずの母・直子(石田ひかり)--誰にも信じてもらえないであろう<秘密>を抱えた平介(佐々木蔵之介)と直子(=藻奈美)の新しい生活が始まった。ところが事故後、初登校した“直子”に衝撃的な出来事が降りかかる。なんと、クラスメートの相馬春樹(竜星涼)に突然キスされたのだ! 藻奈美から春樹のことなど聞いたこともなかった“直子”は凍りつき、春樹を突き飛ばして逃げ去る。 (C)原作 東野圭吾著『秘密』(文藝春秋刊)(C)テレビ朝日
48 分 初公開日: 2010年10月22日




3. 第3話
平介(佐々木蔵之介)と直子(石田ひかり)宛てに、大学のサークル同窓会の案内状が届いた。直子の魂は今も娘・藻奈美(志田未来)の体に宿っているが、世間的に直子は死んだことになっている。どう考えても、堂々と2人揃って同窓会に出席することは不可能だ…。平介は同窓会のことを直子に伝えるべきかどうか悩む。 一方、直子は藻奈美の彼氏・相馬(竜星涼)をきちんとふることを決意。春樹に「お父さん(=平介)に心配をかけるわけにはいかない。今はお父さんのそばにいて、身の回りのお世話や家事をしてあげたい」と告げ、別れを切り出す。 (C)原作 東野圭吾著『秘密』(文藝春秋刊)(C)テレビ朝日
48 分 初公開日: 2010年10月29日

4. 第4話
娘・藻奈美(志田未来)の魂と妻・直子(石田ひかり)の体を奪ったバス事故。あの事故を引き起こした亡き運転手・梶川幸広(吹越満)は、札幌に住むサワダミカコという女性に毎月10万以上の金を3年半にもわたり送金していた…。梶川の妻・征子(堀内敬子)からその事実を聞かされて以来、平介(佐々木蔵之介)はサワダミカコの正体と梶川の送金理由が気になって、頭から離れずにいた。 そんななか平介と直子は、事故の日に直子と藻奈美が向かうはずだった長野を訪れることに。 (C)原作 東野圭吾著『秘密』(文藝春秋刊)(C)テレビ朝日
48 分 初公開日: 2010年11月5日

5. 第5話
年が明けた。平介(佐々木蔵之介)、直子(石田ひかり)、藻奈美(志田未来)の3人で明るい食卓を囲んだ去年までの正月とは打って変わり、今年の杉田家には淋しい空気が漂っていた…。そんななか、“藻奈美”として生きることを決意した直子は受験に向け、元旦から猛勉強を開始する。 やがて新学期が始まり、藻奈美の担任・多恵子(本仮屋ユイカ)が杉田家を訪ねてきた。藻奈美のことで話があるという多恵子。なんでも、藻奈美が医学部を志望しているというのだ。本人から一度も相談されたことのなかった平介は、驚きを隠せない。 (C)原作 東野圭吾著『秘密』(文藝春秋刊)(C)テレビ朝日
48 分 初公開日: 2010年11月12日


6. 第6話
藻奈美(志田未来)の魂と直子(石田ひかり)の体を奪ったバス事故を引き起こした運転手・梶川幸広(吹越満)の妻・征子が心筋梗塞で亡くなった。平介(佐々木蔵之介)、そして藻奈美として生きる直子は通夜に参列する。その後、通夜から戻った平介に、征子の娘・逸美(日向ななみ)から電話がかかってきた。どうしても平介に渡したいものがあるという。直子の提案で、平介は逸美を自宅へ招くことに。やがて逸美が杉田家にやって来た。彼女が平介に差し出したのは、なんと梶川幸広がいつも身に着けていた懐中時計。しかも、蓋の裏には3歳くらいの男の子の写真が貼ってあり…。 (C)原作 東野圭吾著『秘密』(文藝春秋刊)(C)テレビ朝日
48 分 初公開日: 2010年11月19日


7. 第7話
札幌出張の際に、バス運転手・梶川幸広(吹越満)と前妻の息子・文也(田中圭)に会った平介(佐々木蔵之介)。しかし、文也は家庭を捨ててほかの女と逃げた父のことを恨んでおり、平介が渡そうとした梶川の形見も受け取ろうとはしなかった。藻奈美(志田未来)の魂と直子(石田ひかり)の身体を奪った事故を起こすほど身をすり減らして働きながら、前妻の姉・沢田美香子に送金していた梶川の意図は何だったのか。そして、美香子はなぜ送金の事実を文也には隠していたのか…。平介はもやもやとした気持ちが収まらないまま、東京へと戻る。 (C)原作 東野圭吾著『秘密』(文藝春秋刊)(C)テレビ朝日
48 分 初公開日: 2010年11月26日

8. 第8話
藻奈美(志田未来)の姿をした直子(石田ひかり)との生活が続くなか、平介(佐々木蔵之介)は急速に焦りを感じていた。直子が自分から離れていくような恐怖に襲われていたからだ。直子を繋ぎ止めたい--平介の一途な想いは、盗聴器を仕掛けたり、相馬春樹(竜星涼)と直子のデート現場に押しかけて邪魔をするなど、卑劣な行動となって表に出た。「お願いだから、私をこれ以上苦しめないで」--直子と平介の関係は、取り返しがつかないほどまでに破綻しようとしていた…。 (C)原作 東野圭吾著『秘密』(文藝春秋刊)(C)テレビ朝日
48 分 初公開日: 2010年12月3日

9. 最終話
身体は藻奈美(志田未来)だが、心は直子(石田ひかり)--バス事故以降、周囲には秘密で妻との奇妙な生活を送っていた平介(佐々木蔵之介)。ところが突然、ずっと消えたままだった藻奈美の魂が戻ってきた! それ以来、藻奈美の魂はたびたび戻ってくるようになる。状況だけ見れば、依然として奇妙であることには変わらなかった。だが、平介は久々に家族3人で暮らす幸せを噛み締め、この状態がずっと続けばいいと願う。 (C)原作 東野圭吾著『秘密』(文藝春秋刊)(C)テレビ朝日
48 分 初公開日: 2010年12月10日
https://www.amazon.co.jp/dp/B01LXZZ1ZN


2. 中川隆[-12666] koaQ7Jey 2018年5月30日 05:04:51 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-14560]

世にも奇妙な物語 2011年 秋の特別編「いじめられっこ」(2011年11月、フジテレビ)


動画
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%A3%E3%81%93+%E4%B8%96%E3%81%AB%E3%82%82%E5%A5%87%E5%A6%99%E3%81%AA%E7%89%A9%E8%AA%9E+


堂島百合(志田未来)
永瀬日菜子(大後寿々花)
 
女子高生・堂島百合(志田未来)は、クラスメートからいじめにあっていた。ある日、百合はいつものようにいじめられているところを、クラスに転校してきた永瀬日菜子(大後寿々花)に助けてもらう。

百合は、かばってくれた日菜子に話しかけるのだが、無表情でリアクションは薄い。そして、いつしかいじめの対象は日菜子へ。日菜子はいじめられ続けても感情を表に出さない。百合はいつしか日菜子のことを…


3. 中川隆[-12679] koaQ7Jey 2018年5月30日 10:19:44 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-14578]

志田未来嬢が典型ですが、女優とか女性演奏家には10代の天才が目立って多いですね。

しかし、その殆どは 30歳過ぎると才能もオーラも霧の様に消えてしまうというのが不思議です。


4. 中川隆[-12678] koaQ7Jey 2018年5月30日 10:23:42 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-14578]

男でも、画家のムンク、シーレ、キリコとか漫画家の つげ義春、花輪和一の様な統合失調症ぎりぎりの天才は持っても 40歳までですね。

5. 中川隆[-12692] koaQ7Jey 2018年6月01日 22:07:37 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-14650]

御法川修 泣き虫ピエロの結婚式 2016年 スールキートス


動画
http://video.9tsu.com/video/%E6%B3%A3%E3%81%8D%E8%99%AB%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%81%AE%E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%BC%8F_2016
http://muryoueigadrama.com/?p=4341


監督 御法川修
原作 望月美由紀
脚本 田中洋史

劇場公開日 2016年9月24日


キャスト

志田未来 芹澤佳奈美
竜星涼 秋山陽介
高橋洋
おかやまはじめ
岩橋道子
佐藤恒治
粟田麗
新木優子 稲葉真紀
螢雪次朗 勝俣忍


日本感動大賞第4回大賞を受賞した実話を書籍化した望月美由紀の同名小説を志田未来と竜星涼の主演で映画化。幸せな結婚からわずか50日で最愛の夫の死という悲しい別れを経験した夫婦の出会いと純愛の行方を描く。共演に新木優子。監督は「人生、いろどり」「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」の御法川修。

 みんなを笑顔にしたいと夢見る見習いピエロの佳奈美は、親友の真紀の紹介で重い腎臓病を患う透析患者の青年・陽介と出会い、恋に落ちる。自らの運命を嘆き、笑顔を忘れてしまった陽介だったが、佳奈美はどんなときでも笑顔を忘れないと決意し、懸命に彼を励まし続けた。そんな一途な佳奈美に、次第に心を許していく陽介。そして、ついに結婚を約束する佳奈美と陽介だったが…。


6. 中川隆[-12691] koaQ7Jey 2018年6月01日 22:12:21 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-14650]

望月美由紀と杉山一衛がアンビリバボーに!わずか50日の新婚生活! 2015/06/04
http://intergate.info/miyuki-kazue


今夜放送された「奇跡体験!アンビリバボー」では”悲劇により突然幕を閉じた新婚生活”と題して、道化師(クラウン)として活躍している望月美由紀氏と、彼女が恋したお相手の杉山一衛氏が紹介された。

結婚式からわずか50日後に夫を看取ってしまったという、望月氏の壮絶な過去とは?


出典:望月美由紀facebook
https://www.facebook.com/takeko.nicky/photos


道化師(クラウン)、望月美由紀とは?


プロフィール

出典:望月美由紀facebook


1977年 静岡県静岡市葵区に生まれる。

1994年 大道芸カレッジを受講して市民クラウンになる。

1998年 プロを目指し上京。プロエンターテイナーの白井博之氏に師事。

2002年 白井博之氏主宰のプロエンターテイナー養成講座を卒業。

2014年 「第4回日本感動大賞」で大賞を受賞。


・日本感動大賞とは?

日本感動大賞は、どなたでもご応募いただくことができるコンクールです。あなたご自身やご家族、ご友人の感動的なテレビドラマや映画で見るような体験を「ハガキ一枚」でお送りください。


望月美由紀氏の壮絶な過去とは?

望月美由紀氏の以外な性格

幼い頃から周りを楽しませるのが大好きだった望月氏は、高校2年生の時に大道芸ワールドカップで市民クラウンとなった。

明るい性格に思える望月氏は、以外にもネガティブな性格で、人と話すのも苦手な完璧主義だそうだ。

望月氏がクラウンとして演じているのは不器用な女の子「タケコ」。望月氏は不器用な女の子「タケコ」が素の自分で、「望月美由紀」は鎧を着て頑張っているとインタビューで語っている。

556495_241011022664200_373389344_n

出典:望月美由紀facebook

うつ病を発症

22歳でプロを目指して上京した望月氏は、2年たった頃から慢性的な頭痛に悩まされるようになり、引きこもりがちになってしまう。

「何もしたくない、生きていても周りの迷惑になるだけ」とまで思い始め、うつ病を発症してしまう。

受講していたプロエンターテイナー養成講座をなんとか卒業した望月氏は、療養のために実家がある静岡に帰ることになる。

カウンセリングを受けるうちに、原因は生い立ちにあると気付いた望月氏。望月氏の父は幼い頃からしつけに厳しかったそうだ。

父親や周りの期待に応えようと、知らず知らずのうちに「いい子」を演じてきたという自分への抑圧が原因だったと気付いた望月氏は、なんとか病気を克服する。



バーベキューで運命の出会い

静岡に戻った望月氏に、後の夫となる杉山一衛氏との運命の出会いが訪れる。出会ったきっかけは、バーベキューパーティーだった。

出会った当初はまだうつ病だったため、最悪な印象だったそうだが、彼も人を楽しませることに喜びを感じていた人だった。

時間が経つにつれ互いに惹かれあった2人は、交際へと発展。一度は別れてしまうが、望月氏がうつ病を克服した様子をブログに掲載したことをきっかけに、杉山氏から連絡があり、交際は再びスタートする。

望月氏がうつ病を克服する大きな力となったのは、杉山氏からの一通の手紙で、その手紙にはこう書かれていた。

「泣きたくなったら思い切り泣いてごらん!つらくなったら迷わず叫んでごらん!その全てを受け止めてあげるから…」

杉山氏からのプロポーズ しかし…

出会ってから7年、杉山氏からのプロポーズを受けた望月氏だったが、幸せな結婚式のわずか10日後に杉山氏が体調を崩し病院に運ばれてしまう。

元々腎不全の持病があった杉山氏だったが、それまでは元気に日常生活を送っていたそうだ。杉山氏は入院し、2週間意識が戻らない状態が続いた。

意識が戻った時は、結婚したことすら覚えていない状態だった。

杉山氏は原因不明の炎症性疾患、成人スティル病という難病であることが発覚した。

望月氏は泣きたい気持ちを必死にこらえ、「笑うと免疫力が上がるっていうから、笑ってごらん」と語りかけるが杉山氏は笑えない。

自分がうつ病だった時を思い出し、「体がつらいのに笑うなんて無理だ」と、思い直したという。望月氏は肉体的、精神的に限界だったが、杉山氏に接する時だけは笑顔でいようと決めていた。

「笑え、笑え、笑え、笑え、笑え!」毎日鏡の前で自分に語り、心から道化師になり、杉山氏を少しでも笑顔にしようと、毎日一生懸命な望月氏。

普段道化師としてやっていることを看病で実践した望月氏だったが、入院から40日後の2011年4月1日、杉山一衛氏は36歳という若さで亡くなった。わずか50日の新婚生活だった。

杉山氏のサプライズ

杉山氏は入院中に、望月氏に内緒で婚約指輪を手配していた。サイズを間違えていたようだが、人を喜ばせることが大好きだった杉山氏のサプライズは、最後に望月氏に笑顔をくれた。

その指輪はサイズを直し、望月氏の薬指に、2人の結婚指輪は望月氏の首に、ネックレスとして身につけられていた。

望月美由紀氏のその後

望月氏は自身の体験をはがき1枚にをおさめるコンクール「日本感動大賞」に「クラウンに魅せられて」というタイトルで応募し、第4回大会で大賞を受賞した。

望月氏の作品「クラウンに魅せられて」は、

『泣き虫ピエロの結婚式』
https://www.amazon.co.jp/%E6%B3%A3%E3%81%8D%E8%99%AB%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%81%AE%E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%BC%8F-%E6%96%87%E8%8A%B8%E6%9B%B8-%E6%9C%9B%E6%9C%88-%E7%BE%8E%E7%94%B1%E7%B4%80/dp/4198641935


として書籍化された。


まとめ

望月氏は現在、辛く苦しい経験をした人達が、少しでも笑顔になってくれるよう笑いで免疫力を上げるセミナーをしたり、道化師としての活動を続けているそうだ。

望月氏はインタビューで、笑うことは副作用のない薬だと語っていた。

毎日忙しい生活を送っていると自分のことだけでいっぱいいっぱいになり、笑顔を作ることが難しくなってくる。

しかしそんな時こそ「笑顔」が必要なんだと思わせてくれた。
http://intergate.info/miyuki-kazue


7. 中川隆[-12690] koaQ7Jey 2018年6月01日 22:46:05 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-14650]

泣き虫ピエロの結婚式 インタビュー 志田未来&竜星涼が真正面から向き合った、命の尊さ - 映画.com
https://eiga.com/movie/84861/interview/

実話がベースになっている作品は、演じる側にも相応の覚悟が求められる。特に、命がテーマとなっていればなおさらだ。

「泣き虫ピエロの結婚式」の志田未来と竜星涼は密度の濃い撮影で集中力を維持し、命の尊さと真正面から向き合った。真摯に取り組んで重ねた愛の軌跡は、今を精いっぱい生きることの大切さが伝わる感動を生んだ。(取材・文/鈴木元、写真/江藤海彦)


共に1993年生まれ。所属事務所も同じで、竜星がデビューして間もない2010年にTBS「ハンマーセッション!」、テレビ朝日系「秘密」と続けて共演しているだけに、3度目の顔合わせには相通じるものがあった。

志田「安心感がありました。相手役が竜星くんと聞いた時に、良かったなってすごく思いました。熱い方だし、お芝居も取り組み方に関しても現場ですごく刺激を受けました」

 竜星「変に気負うことも格好つけることもなく、さらけ出せる唯一の女優さんって感じがするし、ずっといいものをくれるから僕も純粋に受けて返したいなっていう気持ちがありました」

人を笑顔にすることが好きでピエロの見習いをしている佳奈美は、親友の紹介で出会った陽介に恋心を抱く。だが陽介は、生まれながらにじん臓疾患のため週3回の人工透析が欠かせない。佳奈美はそれを理由に突き放されても、いちずな思いをぶつけ徐々に陽介の心を開いていく。望月美由紀さんの実体験をつづった同名ノンフィクションが原作で、志田は相当な心構えで台本を対じした。

「すごく重たく、悲しい話ではあるけれど読み終わった後に心が温かくじんわりするなと思いました。佳奈美は本当にまっすぐだし、太陽のような子だなと。その一生懸命さに涙が出てきました」

2人は交際を始め結婚の約束をするが、結婚式の前日に陽介の病状が悪化。医師からは残酷な宣告を受けるが、佳奈美は涙を一切見せず陽介のために人生をささげる。その気丈さが心を打つ。


「心から愛している人を幸せにしたいという佳奈美の気持ちは、完全ではないですけれど理解しようとしました。マイナスのことを考えずに、すべてプラスになると思って突っ走っていく姿は女性としてあこがれるし、格好いいなって思います。表情は笑っているけれど心で泣いていることが多い女の子なので、その切り替えを意識して演じました」

一方の竜星は透析に関する見識を深め、闘病のサイクルを疑似体験することから始めたという。その過程と撮影において、健常者であることのありがたさをかみしめたようだ。

「中途半端なことはできないなという作品だったので、陽介の核となる病気のことをよく知るというところから始めました。いろいろと調べたり、病院に行って話を聞いたり。(撮影の)1カ月くらい前からは、週に3回と決めて病院に通いました。別に何をするわけでもないのですが、普通の人がやれることを全くできないという日常の苦しさを、体に感じたいなと思ったので。お水を飲む時に量を考えたりしないですし、思うところがいろいろありましたね」

陽介は自身の病状をよく知っているがゆえに、人と深く接しようとしない。佳奈美に対してもぞんざいな態度を取り、時には辛らつな言葉も浴びせる。役の上とはいえ、心が痛まなかったのだろうか。


「僕が実際にそういう立場になったら、どれだけ好きになった人に対しても自分の先が分かっている状態の時に迷惑をかけられない、責任を持てないというところは共感できるなと思いました。そこが陽介の優しさだし、ジレンマ、葛藤(かっとう)がすごく多くて大変だなあと思いながらやっていました」

撮影中には望月さんが表敬訪問。初対面の2人はプレッシャーを感じ、緊張もしたそうだが、結果的にはプラスに作用しクランクアップ時には達成感、手応えを感じたという。

志田「すごく明るくて笑顔が素敵な方だったので、お会いしてあらためて佳奈美像が自分の中でしっかりでき上がったというところはあります。台本を読んだ時は大事なシーンがありすぎて、自分に務まるのかなと思った部分も正直ありましたが、本当に完成が楽しみでした」

 竜星「望月さんに、最初はちょっと格好良すぎるかなと思ったけれど、あの頃をすごく思い出しました。役の僕とリンクして生きている姿を見られてうれしかったと言ってもらった時に感慨深いものがありました」


役の上とはいえ、これほどまでに誠実な愛をはぐくんだことで、実際の恋愛観にも変化がもたらされたのではと推察してしまう。ここでは男女で意見が分かれた。

竜星「僕はもっと素直になろうかなって思いましたね(笑)。ちょっと似ている部分があるというか、男って格好つけちゃったり、言わない優しさみたいなところがあるじゃないですか。もうちょっと素直に、甘えるんだったら甘えるで自分の気持ちをもう少し分かりやすく表現する方がいいのかなと思いました」

 志田「佳奈美みたいな素敵な出会いをしたいなと思いましたし、まっすぐいちずにその人だけを思える愛があるんだということを知りました。憧れます」

撮影は昨年夏の10日間。炎天下でのロケがほとんどだったため暑さはもちろん、蚊などの虫にも悩まされゲリラ豪雨にも遭った。山場となるシーンが多かったこともあり、2人は「密度は濃かったですね」と声をそろえる。佳奈美と陽介の半生を凝縮して体現したことで、大きな糧を得たようだ。特に竜星は、意欲的に役の幅を広げている印象がある。


「イメージで生きているのが僕らの商売だとしたら、一定のものにしがみつかず挑戦していく。今はすごく充実していて勉強になるし、これからもこっちをやったら次は全然違う方にというふうにやっていけたらと思います。その分、課題も増えて大変ですけれど、自分がやり切れたと思えば思うほど、しっかり取り組めたと思える。ずっと必死に闘っている感じです」

対する志田には、6歳から積み上げてきたキャリアにおいて確固たる信念があることを明かしてくれた。

「ひとつの作品が終わるごとに、自分は何か成長しているなと思っています。それが何かは分かっていないけれど、次の作品をやる時にちょっとでも自信がついていたらいいなと思ってやっています。新しい作品に入る時は毎回緊張していますが、こんな大変な作品を乗り越えたから大丈夫! って言い聞かせています」

これから何度も現場を共にすることになるはず。互いに成長をし続け、次はいかなる関係性を見せてくれるのか楽しみになってきた。
https://eiga.com/movie/84861/interview/


8. 中川隆[-12752] koaQ7Jey 2018年6月02日 15:13:33 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-14737]

『14才の母』

動画
https://japan-drama.com/14%E6%89%8D%E3%81%AE%E6%AF%8D%E3%80%80%E7%84%A1%E6%96%99%E8%A6%96%E8%81%B4%E5%8B%95%E7%94%BB/


日本テレビ 2006年10月11日 - 12月20日(11回)
脚本 井上由美子

 '06年10月から12月にかけて日本テレビ系にて放送され、最終回では視聴率が20%を大幅に上回る大ヒット※を記録した連続ドラマ『14才の母 愛するために 生まれてきた』

※平均視聴率は22.4%、瞬間最高視聴率は28.7% (ビデオリサーチ調べ、関東地区)


 14才、中学生で妊娠してしまった主人公は、周囲の猛反対の中、産むことを決意する―。一見スキャンダラスでセンセーショナルな設定ですが、このドラマが高視聴率を獲得した理由のひとつには、中学生の妊娠をテーマにしつつも、そこに主人公や彼女を温かく見守る周囲の人々の“生命の尊さ”と正面から向き合う真摯な姿が描かれ、感動と共感を呼んだことをあげることができます。愛と生命を考えさせられる、まさにヒューマンドラマの傑作。

 また、人気を支えたもうひとつの要因が出演者たちです。主人公の女子中学生を演じるのは、本作が連続ドラマ初主演となる志田未来。これまで『女王の教室』(日本テレビ系)や『サプリ』(フジテレビ系)などに出演し高い評価を得ていた彼女が、衝撃的な役どころに体当たりで挑戦。女優として一段と大きく成長したところを見せてくれています。なお、この作品で「第15回橋田壽賀子賞新人賞」を史上最年少で受賞しました。

 脇を固める共演陣も田中美佐子、生瀬勝久、高畑淳子、室井滋など実力派ぞろい。
ユニークなところで、お笑いコンビ、次長課長の河本準一が主人公の叔父役で登場しているのも注目です。


「ギャラクシー賞 2006年12月度月間賞」
「第44回ギャラクシー賞」(民放ドラマで唯一の入賞)
「平成19年日本民間放送連盟賞(最優秀)」
https://ja.wikipedia.org/wiki/14%E6%89%8D%E3%81%AE%E6%AF%8D


◾第1話「中学生の妊娠・・・ごめんね、お母さん」
◾第2話「お前なんかもう娘じゃない」
◾第3話「さよなら・・・わたしの赤ちゃん」
◾第4話「約束・・・私は、もう泣かない」
◾第5話「バイバイ・・・初恋が死んだ日」
◾第6話「私にも母子手帳くれますか」
◾第7話「お金で未来は買えますか?」
◾第8話「二つの命・・・どちらを選ぶ?」
◾第9話「出産・命をかけた24時間」
◾第10話「もう一度笑って・・・」
◾最終話「涙の最終回スペシャル・・・命ってなに?」




9. 中川隆[-13655] koaQ7Jey 2018年9月12日 07:19:50 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-18466] 報告

2018年 NHK 『スーパープレミアム・悪魔が来りて笛を吹く』

動画
http://channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ch_userid=codeno001&skey=%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%8C%E6%9D%A5%E3%82%8A%E3%81%A6%E7%AC%9B%E3%82%92%E5%90%B9%E3%81%8F&prgid=56235234
http://warasakudrama.com/%EF%BF%BC/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E7%95%AA%E7%B5%84/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%8C%E6%9D%A5%E3%82%8A%E3%81%A6%E7%AC%9B%E3%82%92%E5%90%B9%E3%81%8F-7%E6%9C%8828%E6%97%A5/

銀座での殺人事件の容疑者にされた旧華族の椿英輔(益岡徹)が自殺。
その無実を信じる娘の美禰子(志田未来)からの依頼を受けた金田一耕助(吉岡秀隆)は、椿邸の住人(中村蒼、倉科カナ、筒井真理子ほか)が行う奇妙な占いに立ち会う。
そのとき、夜の洋館に、死んだはずの英輔が奏でるフルートの音色が響く!
そしてその夜、屋敷で殺人事件が起こる。

横溝正史のゴシック・ホラーを映像化。金田一が連続殺人事件の謎に挑む!


著者 横溝正史
脚本 - 喜安浩平
演出 - 吉田照幸(NHKエンタープライズ)
音楽 - 阿南亮子


『スーパープレミアム・悪魔が来りて笛を吹く』は、NHK BSプレミアムで2018年7月28日21時 - 22時59分に放送された。

東太郎と菊江は使用人という設定になっており、お種と信乃は登場しない。

小夜の名前が小夜子に変更されている。

秋子と東太郎の死が服毒自殺から、秋子は東太郎による刺殺、東太郎は等々力警部による射殺に変更されている。


キャスト

金田一耕助 - 吉岡秀隆
椿美禰子 - 志田未来

三島東太郎 - 中村蒼[13]
玉虫公丸 - 中村育二[13]
椿英輔 - 益岡徹[13]
目賀重亮 - 山西惇[13]
新宮利彦 - 村上淳[13]
新宮華子 - 篠原ゆき子[13]
新宮一彦 - 中島広稀[13]
沢村刑事 - 市川知宏[13]
堀井小夜子 - 小林涼子[13]
堀井駒子 - 黒沢あすか[13]
おすみ - 橋本マナミ[13]
おかみ - 山村紅葉[13]
菊江 - 倉科カナ[13]
等々力警部 - 池田成志[13]
河村辰五郎 ‐ 白井哲也
駒子(回想) ‐ 見里瑞穂
植松 ‐ 山西規喜
近所の人A ‐ 宮川サキ
近所の人B ‐ 岡崎美和子
磯川警部(声のみ) ‐ 小市慢太郎
椿秋子 - 筒井真理子[13]
慈道 - 火野正平[13]
せつ子 - 倍賞美津子[13]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%8C%E6%9D%A5%E3%82%8A%E3%81%A6%E7%AC%9B%E3%82%92%E5%90%B9%E3%81%8F

10. 中川隆[-13671] koaQ7Jey 2018年9月12日 17:19:55 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-18502] 報告

NHKドラマ「悪魔が来りて笛を吹く」|原作より淫靡で非情 2018/08/18
https://dramaeveryday.com/akumagakitarite_1/


後半は原作と違う展開だったけど、面白かった!!

結末は原作より残酷。


あらすじと人物相関図


•金田一耕助(吉岡秀隆)は、椿美禰子から「自殺した父・椿英輔の真意を確かめてほしい」という依頼を受け、椿邸を訪ねる。英輔は「天銀堂事件」の犯人の疑いをかけられたことを苦に自殺したと思われていたが、美禰子は英輔が「この家には悪魔が住んでいる」と言い残したことを気に掛けていた。

•椿邸で奇妙な占いが行われた夜、英輔が最後に作曲したフルート曲「悪魔が来りて笛を吹く」が流れ、椿邸に寄宿していた玉虫伯爵が殺される。美禰子の母・秌子(筒井真理子)は、黄金のフルートを持った英輔を見たと証言。防空壕で英輔のフルートケースが発見され、中から天銀堂で盗まれた宝石が見つかる。

•金田一は、英輔が生前訪ねた須磨へ行き、英輔が泊まった旅館のそばに玉虫伯爵の別荘があったことを知る。別荘に出入りしていた植木屋の娘・駒子は、父親のわからない子供を産み、小夜子と名付けていた。

•小夜子は子を身籠もったまま自殺を遂げており、その後出家した駒子は淡路の寺に身を寄せていた。だが金田一が訪ねる直前に駒子は何者かに殺されてしまう。東京では美禰子の伯父・新宮利彦(村上淳)が殺され、秌子も毒殺されかかるが一命を取り留める。

•金田一は全員を集め、椿邸で起こった殺人のトリックを解き明かす。犯人は使用人の三島東太郎(中村蒼)。彼の本名は河村治雄といい、駒子の父・植辰の妾の連れ子だった。治雄と駒子の娘・小夜子は、結婚を誓い合った仲だった。

•治雄は小夜子を殺した犯人が椿邸に住む誰かだと思い込み、小夜子の死の真相を探ろうとしていた。だが金田一は、治雄の出生の秘密にこそ小夜子の死の真相があると言い出す。治雄は新宮利彦と秌子の子供だった。

•小夜子は、姉弟の近親相姦によって生まれた治雄が自分の兄であり、自分もまた兄と近親相姦によって子を宿したことに絶望したのだった。治雄の肩には、父・利彦と同じ火焔太鼓の痣があった。真実を知り絶望した治雄は、母である秌子を滅多刺しにし、等々力警部によって銃殺される。

•後日。金田一は椿邸を訪ねる。美禰子は椿邸を手放し、ひとりの女として生きていくと言う。従兄弟の一彦(中島広稀)は、黄金のフルートで「悪魔が来りて笛を吹く」を奏でる。それを聞いた金田一は、その曲が中指と薬指を全く使わない曲だと気づく。治雄は、戦争で中指と薬指を失っていた。

•犯人を示すヒントに気づけず、殺された人々を救えなかったことを悔やむ金田一。落ち込む金田一のもとに、岡山県警の磯川警部から電話が入る。「八つ墓村で事件です!」

※ドラマにおける相関図のため、原作とは一部異なります

NHKドラマ「悪魔が来りて笛を吹く」人物相関図

https://dramaeveryday.com/akumagakitarite_1/


感想

いや〜面白かったですねぇ〜!
NHKとは思えない攻めた内容でした。

原作を読んでいても面白かったですが、読んでいない人でもよくわかる構成になっていたと思います。

大事な部分は網羅されていたし、伏線も効果的に張られていたし、なんといっても後半の見せ場(謎解き)が凄かった。

後半は原作とはだいぶ違うのだけど、原作より淫靡で非情でドラマチックでした。
吉岡秀隆さんの金田一が最高によかったです。

ちなみにこの作品、わたしが小学生の時に、西田敏行さん主演の映画が公開されまして。
これがねぇ……マジで怖かったんです!!


戦後の混乱期

ドラマではあまりピンと来なかったけど、原作では昭和22年という設定でした。
戦後2年経っていますが復興ははかどっていないようで、焼け野原の描写が頻繁に出てきます。

椿邸は、麻布六本木にあります。
このあたり一帯も戦災をうけ、椿邸だけが焼け残ったという状態。

焼け野原にぽつんと建っている椿邸も、あちこち損傷が激しく、庭木は焼夷弾を受けて黒く焼けただれている。

金田一が訪ねた神戸や須磨も、空襲で大部分が焼き払われた状態だと書かれていました。この作品で描かれる旧華族の没落は、そういう時代の話です。

ちなみに華族制度は、昭和22年(1947年)5月3日に施行された日本国憲法によって廃止されました。

天銀堂事件の犯人は?

椿子爵が犯人と疑われた「天銀堂事件」は、実際に昭和23年に起こった「帝銀事件」のことです。

未だに多くの謎が解明されていない事件ですが、この物語の中では飯尾豊三郎が犯人ということになっています。

治雄(東太郎)は、椿子爵と出会う前から飯尾と知り合いでした。
そして「天銀堂事件」の犯人のモンタージュ写真を見た時、犯人は飯尾だと確信します。

たまたま椿子爵と飯尾の顔が似ていたことから、治雄は椿子爵を「天銀堂事件」の犯人として密告することを思いつきます。残忍な悪戯心から……。

ドラマでは、新聞の文字を切り貼りした書状になっていましたが、原作ではタイプライターでした。

そしてこのタイプライターの文字にも犯人を示す仕掛けがあり、ここの謎解きも面白かったのですが、ドラマでは割愛されてしましたね。残念。

利彦と秌子、原作では兄妹

ドラマではなぜか利彦が弟に、秌子が姉に変わっていました。
原作では利彦が兄、秌子が妹です。

別荘で小間使いをしていた駒子は、姉妹を刺激する道具に使われました。

原作では、利彦と秌子の行為を目撃した駒子を、利彦が口封じのために犯した、ということになっています。

利彦も秌子も、ドラマのほうが外道ですね。


夏蜜柑


でも村上淳さんと筒井真理子さん、最高だったわ。

原作の利彦は臆病で神経質なところがあって、秌子は若くて美人でみんなからちやほやされるお嬢様でした。

それゆえに、利彦が身内には傲慢で高圧的だったり、秌子がセックス依存症だったりする側面を持っていることが、立体的な人物造形として強いインパクトを与えました。

ウィルヘルム・マイステルの修業時代

ドラマにもちらっと出てきましたが、椿子爵が美禰子に残した遺書は、ゲーテの「ウィルヘルム・マイステルの修業時代」という本に挟まれていました。

これにも意味があります。

「ウィルヘルム・マイステルの修業時代」には、兄と妹が互いに知らずに恋に落ち、子供ができて、3人が不幸な境遇に落ちていく遺族のことが書かれています。

椿子爵は、美禰子にそれとなく真実を伝えようとしていたんですね。

治雄の告白文

治雄は小夜子の死の真相を探るために椿邸に入りこんだ、と言っていました。
彼は、金田一に真相を突きつけられるまで、自分が何者か知らなかった。

知らずに、父親である利彦を殺し、大伯父である玉虫伯爵を殺したことになります。
そして、その真実を受け入れられず、発狂したように母親を滅多刺しにする。

なんという残酷な結末……。

原作では、治雄は全て知っていました。

金田一に追い詰められた治雄は、みんなの前で酒を飲み、肩に浮かび上がる火焔太鼓の痣を見せます。
そして、自分が利彦と秌子の息子だということを告白します。

そこからは、治雄が残した告白文(遺書)によって、すべてが明らかになります。

復員して小夜子が自殺したことを知った時、植辰の妾から真実を聞いたこと。
復讐のため、自分を生んだ両親と大伯父を殺すために上京したこと。

椿子爵に全てを話し、彼を脅して椿邸に住み込んだこと。

椿子爵が須磨へ行ったのは、治雄の話が本当かどうか確かめるためでした。

治雄の最期

ドラマでは、治雄は秌子を滅多刺しにし、等々力警部に銃殺されます。
正直、ドラマの結末はかなり後味が悪かったですね……。

原作の治雄は、椿子爵の黄金のフルートを取り出して「悪魔が来りて笛を吹く」を吹き(このとき金田一が曲の仕掛けに気づく)、そのまま床に倒れて死にます。服毒死でした。

ドラマでは、秌子は毒を飲んで死にかけるも一命を取り留めますが、原作ではここで死んでいます。なので、真実を知らされた治雄が狂気にとらわれて母親を滅多刺しにする、というシーンもありません。

原作の治雄は、自分が悪魔であることを知っていました。
すべて覚悟の上での所業でした。

その点で、少しだけ救われるんですよね……。

でもドラマの治雄は、何も知らなかったんですよ。
あの場で金田一に真相を聞かされるまで。

ドラマチックではあるけれど、治雄の気持ちになるとやりきれないわ。

復讐する理由も弱いですよね。
小夜子の死の真相を知らない治雄が、なぜ新宮利彦と秌子を殺そうと思ったのか。

小夜子を殺されたと思い込んでいたみたいだけど、やっぱりそれだけじゃ弱いと思う。

火焔太鼓の痣

酒を飲んだり入浴したりすると、利彦の肩に浮き出てくる火焔太鼓の痣。
ドラマではどう見ても刺青みたいでしたけど……。

金田一は治雄に酒を飲ませ、彼の肩に同じ痣が浮き出るのを見せて、利彦の息子であることを証明します。

原作では、治雄は自分に利彦と同じ火焔太鼓の痣があることを知っています。
だから、砂占いの時に火焔太鼓を描いたのです。

治雄は駒子の家でお風呂に入ったとき、この痣を駒子に見られています。
駒子はこの痣を見て、治雄が利彦の血を受け継いでいることに気づくんですね。

さらに、秌子もまた、鏡に映った治雄の肩にこの痣が浮かんでいるのを見て、悲鳴をあげています。

実は秌子が悲鳴をあげた理由は、ずっとわからないままでした。
それを金田一が解明し、治雄(東太郎)の自白を引き出すことになります。

悪魔が来りて笛を吹く

椿子爵が残したフルート曲「悪魔が来りて笛を吹く」。
原作では、こんな描写になっています。


このフルートのメロディーのなかには、たしかに一種異様なところがあった。それは音階のヒズミともいうべきもので、どこか調子の狂ったところがあった。そしてそのことが、この呪いと憎しみの気にみちみちたメロディーを、いっそうもの狂わしく恐ろしいものにしているのである。


椿英輔氏の「悪魔が来りて笛を吹く」は、徹頭徹尾、冷酷悲痛そのものである。ことにクレッシェンド(次第に強く)の部分のもの狂わしさにいたっては、さながら、闇の夜空をかけめぐる、死霊の恨みと呪いにみちみちた雄叫びをきくが思いで、いかに音痴の私でも、竦然として、肌に粟立つのをおぼえずにはいられない。

劇中で使われた曲はドラマオリジナルの曲なのですが、原作の描写に近い曲になっていて、印象的でした。

ちなみに「悪魔が来りて笛を吹く」というタイトルは、木下杢太郎の詩「玻璃問屋」の一節「盲目が来りて笛を吹く」から転用したものだろう、と金田一は推測しています。

ドラマでは、事件解決後に一彦が演奏し、それを見た金田一がこの曲に仕掛けられた秘密に気づきます。

この曲は、中指と薬指を使わなくてもすむように作曲されていたのです。
それによって、椿子爵は悪魔=治雄(東太郎)であることを暗示していました。

原作では、治雄はこの曲を奏でながら死んでいきます。

ラストシーンは、倍賞美津子さん演じる宿の女将せつ子とのやりとり。
ここ、原作にはないんですけど、膝を抱えてうじうじしてる金田一が可愛かったです。

余談ですけど、金田一が持ってるトランク、これ原作ではボストンバッグとかなんですよね。

石坂浩二さん演じる金田一が映画で初めてトランクを使って、この映画がヒットしたので、以来イメージが定着してしまったとか。
https://dramaeveryday.com/akumagakitarite_1/

▲上へ      ★阿修羅♪ > リバイバル3掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > リバイバル3掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
リバイバル3掲示板  
次へ