★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK58 > 692.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
別視点:「下野は恥ずかしくない」という尾辻演説とその人生 (永田町異聞 byクレイジーパパ)
http://www.asyura2.com/09/senkyo58/msg/692.html
投稿者 ブッダの弟子 日時 2009 年 2 月 02 日 02:15:06: WrVq5GKL9DWTY
 

(回答先: (産経を見て初めて気づいた)自民・尾辻氏が構造改革路線を全否定、下野の勧めも (小泉一派 山本一太の困惑) 投稿者 ブッダの弟子 日時 2009 年 2 月 01 日 20:05:54)

全文はサイトで
http://ameblo.jp/aratakyo/entry-10201220256.html


「野に下るのは恥ずかしくない。恥ずべきは政権にあらんとして、いたずらに迎合すること。毅然と進む首相にご一緒します」

自民党の参院議員会長、尾辻秀久が代表質問で麻生首相に投げかけた言葉は、ほぼ1年前、尾辻が同じ本会議場でおこなった真情あふれる追悼演説を憶えている人には、ズシリと重い響きがあっただろう。

「癌対策基本法」「自殺対策基本法」の成立を訴えて実現させ、一昨年、胸腺ガンで亡くなった民主党の山本孝史議員へ捧げる文章は、長文ながら間延びせず、端正でありながら行間に情がうねる。

遺族が直立して見守るなか、尾辻は山本議員の演説を紹介した。山本議員は2006年5月22日の参院本会議で、自ら「がん患者」であることを告白したうえ、こう語っていた。

「ガン患者は進行や再発の不安、先のことが考えられない辛さなどと向き合あって一日一日を生きています。私は命を守るのが政治家の仕事だと思ってきました。ガンも自殺もともに救える命がいっぱいあるのに次々と失われているのは政治や行政の対策が遅れているからです。なにとぞ議場の皆様のご協力とご理解をお願いいたします」

尾辻は、山本のことを「最も手ごわい政策論争の相手であった」という。厚労相時代、山本は「助太刀無用、一対一の真剣勝負」と質問通告して、尾辻に挑んだ。このときのことを、尾辻は追悼演説で振り返った。

「私が明らかに役所の用意した答弁を読みますと、先生は激しく反発されました。私が思いを率直に述べますと、相槌を打ってくださいました。自分の言葉で自分の考えを誠実に説明する大切さを教えていただきました」

この日の追悼演説は、生前の山本が指名して尾辻がおこなった。与野党の立場の違いから、政治的に対立することもあったが、「癌対策基本法」「自殺対策基本法」などの成立に向け、たがいに心が通い合う、党派を超えた“戦友”だったのだろう。

「先生は抗がん剤の副作用に耐えながら渾身の力をふりしぼられ、全ての人の魂を揺さぶりました。議場は温かい拍手で包まれました。今、同じ議場でその光景を思い浮かべながら一言一句を振り返るとき万感胸に迫るものがあります」。

尾辻はあふれる涙をハンカチでぬぐいながら、演説を続けた。「先生、きょうは外は雪です。痩せておられましたから、寒くありませんか」。

議場の席は半数ほどしか満たしていなかったが、その言葉にこもる、切々として透明な魂の叫びと祈りは、故人を偲んで党派を超え議場に集まった議員の胸を打ち鳴らしたに違いない。

尾辻は昨年の参院選敗北の責任をとって辞任した青木幹雄の後任として自民党参院議員会長に選出された。参院のドンといわれる青木とは同じ派閥ながら、タイプはかなり違う。印象としては、泥臭い党務はあまり得意ではなく、政策をじっくり考える傾向の人ではないだろうか。

父は駆逐艦「夕霧」艦長として戦死、自身は防衛大学校に入学したあと、女手一つで育ててくれた母の死にあい、妹を進学させるため、退学して酒屋のアルバイトなどでお金を貯めた。その後23歳のときに東大に入りなおし、在学中に海外を放浪、5年をかけて世界77ヵ国をめぐった。

学習院からスタンフォード大、ロンドン大への留学を経て、家業を継いで若くして社長になった麻生首相とは、かけ離れた歩みであり、人生観が大きく異なっているのは自然であろう。

「野に下るのは恥ずかしくない」。この言葉は、尾辻の生き方そのものではないか。防衛大に入って、志半ばでも、退学して家族を支える。生活が安定したのちに東大に入学したが大学紛争で授業がほとんどなく、これも中退して、船で海外に旅立つ。形だけの「栄達」にとらわれず、必要に応じて融通無碍に人生を切り開いてきたといえるだろう。

「恥ずべきは政権にあらんとして、いたずらに迎合すること」。いくら総選挙を戦う必要のない参院とはいえ、自民党の議員として総裁にぶつける言葉としては、いささか過激である。政権の座に恋々として解散を先送りし、しばしば発言がブレる党のトップをいさめるかのような尾辻の演説は、麻生首相の胸にしっかりと響いただろうか。


コメント

自民党にこの様な人間がまだ残っていたとは驚いた。全くマスゴミはこういった事を伝えず、こうした無料サイトが伝えている。こういう情報こそ伝えないといけないのに、一体何をやっているのか?そりゃマスゴミのニュースの価値がゼロになっていく。そして、麻生太郎という人間の器の小ささが、漢字以外の点からも見えてきた、非常に良い出来事だった。本来のまともな国の与党と野党の関係は、こういったものだろう。人間味があり、より良い政策を考えていく姿勢。今の日本政府・社会は上から下まで腐ってしまっているのを再認識させてくれた点でも、非常に良い記事だった。


永田町異聞 byクレイジーパパ

眠気を誘う各省作文集の施政方針演説と、明治以降の官僚支配の類似 09 年 1 月 29 日
http://www.asyura2.com/09/senkyo58/msg/575.html
現実の兵力や火力や資源を無視した幻想の中、日本は太平洋戦争という歴史の渦に巻き込まれていった 08 年 12 月 30 日
http://www.asyura2.com/08/wara5/msg/423.html
公明主導「国籍法改正案」と「定額給付金」を白紙撤回せよ 08 年 11 月 19 日
http://www.asyura2.com/08/senkyo55/msg/1069.html
融資より投資の農林中金に金融強化法は必要か 08 年 11 月 04
http://www.asyura2.com/08/hasan59/msg/441.html
道路などの公共事業は維持費がかかり、国家財政を圧迫する 08 年 10 月 08 日
http://www.asyura2.com/08/hasan58/msg/807.html
引っ込めた元公明党矢野絢也氏の国会招致を再度、公明党に突きつける 08 年 10 月 05 日
http://www.asyura2.com/08/senkyo54/msg/405.html
【民主総裁選を煽った時と流れが似てる】 小沢“所信表明”に苛立つ麻生首相と細田幹事長 08 年 10 月 02 日
http://www.asyura2.com/08/senkyo54/msg/311.html
FRBは一握りの世界的銀行家たちのギルドのようななもの 08 年 9 月 22 日
http://www.asyura2.com/08/hasan58/msg/398.html
サンプロで田原が公明太田代表に質問。田原による公明バッシングはこれで二度目。 08 年 9 月 08 日
http://www.asyura2.com/08/senkyo53/msg/335.html
麻生太郎に野中広務が“宣戦布告” 08 年 8 月 26 日
http://www.asyura2.com/08/senkyo52/msg/740.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK58掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。