★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ58 > 599.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
いいえ、民主黨代表選擧は外國人との戰いです
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/599.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 9 月 02 日 00:46:09: xsXux3woMgsl6
 

(回答先: マレーシアに於いて日本人を名乘る人物を含む僞造米國債を所持した一味が逮捕される 投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 9 月 02 日 00:41:54)

 
 
 
 
    用兵の法は
    國を全(まつと)うするを上(じやう)と爲し
    國を破るは之に次ぐ

    百戰百勝は善の善なるものに非(あら)ざるなり
    戰はづして人の兵を屈するが
    善の善なるものなり

    上兵は謀(はかりごと)を伐(う)ち
    其の次は交(まじ)わりを伐ち
    其の次は兵を伐ち
    其の下(げ)は城を攻むるなり

    善く兵を用うる者は
    人の兵を屈するも戰ふに非(あら)ざるなり

    虞(ぐ)を以て不虞(ふぐ)を待つ者は勝つ

    彼(かれ)を知り己(おのれ)を知れば
    百戰して殆(あや)うからず
    彼(かれ)を知らずして己(おのれ)を知れば一勝一負(いつしよういつぷ)す
    彼を知らず己を知らざれば戰ふ毎に必ず敗る

                                          孫子の兵法據り
 
 
 
 
民主党代表選はまさにメディアとの戦いです!!〜Caccyo通信100830(父さんの日記より)
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/509.html
投稿者 Caccyo 日時 2010 年 8 月 30 日 13:00:33: PThkZ7QRdfmis
 
 
 
いいえ、民主黨代表選擧は外國人との戰いです。
朝鮮や中共を武器とするブリテン世界權力との。

特に中共政權上層部や一部富裕層の聯中は、
民族問題や貧富の格差、
自然破壞からくる環境災害に據つて、
體制崩壞に到る可能性を眞劍に檢討してをり、
體制崩壞に備へて臺灣や日本等の、
國外逃亡先を確保せんと奔走してゐるのが伺へる。
其處からも、
臺灣や日本を乘つ取らねば成らない強い動機が伺へる。
 
 
「政治改革しなければ政権は崩壊」 中国軍部高官、大胆な発言 軍内からも異変か - (大紀元)
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/08/html/d27911.html

「中国の破滅への道と生き延びる道」 著名学者、胡錦濤主席に公開書簡 - (大紀元)
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/08/html/d38710.html

中南海で中国共産党党史会議 「沈没前の船の雰囲気」 崩壊準備も暗黙の議題に - (大紀元)
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/07/html/d71542.html

大金で自由を買う 増える中国人投資移民 - (大紀元)
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/08/html/d52674.html

レコードチャイナ:東京在住の中国人が15万人の大台に、新宿など3区で1万人超え...
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=34110

東京在住の中国人が10年間で約2倍に、年1万人ずつ増加 2010/05/18(火) 21:43:51 [サーチナ]
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0518&f=national_0518_048.shtml

外国人地方参政権 焦点は「在日」から中国人問題へ(日本政策研究センター)
http://www.asyura2.com/09/gaikokujin01/msg/338.html
投稿者 最大多数の最大幸福 日時 2010 年 1 月 12 日 19:51:08: d1qFhv8SE.fbw

「中国人議員」が日本の国会に現れる日   西岡昌紀
http://www.asyura2.com/09/gaikokujin01/msg/393.html
投稿者 西岡昌紀 日時 2010 年 2 月 16 日 20:32:10: of0poCGGoydL.

金持ち中国人の「不動産購入ブーム」 都内の高級マンション、北海道別荘〔J-CASTニュース〕
http://www.asyura2.com/09/gaikokujin01/msg/486.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2010 年 7 月 12 日 13:56:34: 8EItFG7yGzQIA

中国がニッポンを買い占める! 〔週刊文春 8月12日・19日 夏の特大号〕
http://www.asyura2.com/09/gaikokujin01/msg/493.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2010 年 8 月 05 日 17:18:05: 8EItFG7yGzQIA
 
 
 
日本経済団体連合会 外国人受け入れ問題に関する提言
http://www.asyura2.com/09/gaikokujin01/msg/385.html
投稿者 提供人D 日時 2010 年 2 月 10 日 01:03:05: zjIwxfdYJcbls

外国人材交流推進議員連盟 自民党議員約80名が着々とリストアップされているようです
http://www.asyura2.com/08/senkyo51/msg/304.html
投稿者 ブッダの弟子 日時 2008 年 6 月 20 日 00:13:01: WrVq5GKL9DWTY

在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
http://www.asyura2.com/09/gaikokujin01/msg/160.html
投稿者 ダイナモ 日時 2009 年 11 月 17 日 20:43:27: mY9T/8MdR98ug

役所が貪る「外国人介護士・看護師受け入れ利権」【日経ビジネスオンライン】
http://www.asyura2.com/08/iryo02/msg/393.html
投稿者 きすぐれ真一 日時 2009 年 2 月 02 日 21:15:42: HyQF24IvCTDS6

外國人住民基本法は韓國基督教陣營由來の法案
http://www.asyura2.com/09/gaikokujin01/msg/220.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2009 年 11 月 25 日 21:43:19: Gsx84HOp6wiqQ

なぜ外国人がこれほど増えたのか?甘い入管当局の姿勢“優しい社会”がさらに呼び込み(産経新聞)
http://www.asyura2.com/09/gaikokujin01/msg/488.html
投稿者 木卯正一 日時 2010 年 7 月 27 日 03:02:49: xdAt6v.ugMgqA

法務省 第4次出入國管理基本計劃 「外國人受け入れを」
http://www.asyura2.com/09/gaikokujin01/msg/433.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 4 月 01 日 22:43:48: xsXux3woMgsl6

法務省:「人口減少時代における出入国管理行政の当面の課題〜円滑化と厳格化の両立に向けて〜」
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyukan_nyukan33-04.html
 
 
 
日本を抹殺する中共最兇の兵器「移民爆彈」
http://www.asyura2.com/09/gaikokujin01/msg/218.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2009 年 11 月 25 日 21:21:39: Gsx84HOp6wiqQ

中國共産黨「日本解放第二期工作要綱」
http://www.asyura2.com/09/gaikokujin01/msg/219.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2009 年 11 月 25 日 21:23:35: Gsx84HOp6wiqQ
 
 
 
 
民主党 web-site
http://www.dpj.or.jp/sub_link/volunteer/

 
党員とは?
○民主党の基本理念と政策に賛同する18歳以上の方なら、どなたでもなれます。
 (在外邦人または在日外国人の方でもOKです。)
○党費は、年間6,000円です。
○資格期間は、お申し込み手続きが完了した日から1年間です。
○お申し込み手続きは通年、民主党の総支部でお受けしております。
○所属は、お申し込み手続きをした総支部になります。
 (総支部とは、衆議院・参議院の各議員、または公認候補者等を代表者とする民主党の地域組織です。)
○党員は、代表選挙で投票することができます。
○党員は、民主党の運営や活動、政策づくりに参画することができます。
○党員は、民主党の広報紙「プレス民主」( 月2回発行 )が送付されます。
○党員の権利や活動は、民主党規約や組織規則・倫理規則で定められており、それ以外の義務やノルマ等はありません。

サポーターとは?
○民主党を応援したい18歳以上の方なら、どなたでもなれます。
 (在外邦人または在日外国人の方でもOKです。)
○会費は、年間2,000円です。
○資格期間は、お申し込み手続きが完了した日から1年間です。
○お申し込み手続きは通年、民主党の総支部でお受けしております。
○所属は、お申し込み手続きをした総支部になります。
 (総支部とは、衆議院・参議院の各議員、または公認候補者等を代表者とする民主党の地域組織です。)
○サポーターも、代表選挙で投票することができます。
○サポーターも、民主党が主催する講演会や勉強会・イベント・選挙ボランティアに参加することができます。

民主党代表選挙への参加について
○代表選挙は2年に1度行われます。
○代表選挙には、郵便投票による参加ができます。
○代表選挙に参加するには、毎年5月末までに、民主党本部に党員・サポーターとして登録されていることが必要です。
○党本部への登録は所属する総支部が行いますので、5月中旬までに、民主党の総支部にて手続きをお済ませ下さいますよう、お願いいたします。
 
 
 
 
今囘の代表選擧は見直し對稱に成つてないのだらうか。
單に間に合はなかつたのか、
其れとも最初から見直す氣などサラサラ無かつたのか。
 
 
民主・枝野幹事長、外国人の代表選投票見直し : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100809-OYT1T00675.htm
 
 
民主・枝野幹事長、外国人の代表選投票見直し

 民主党の枝野幹事長は9日の記者会見で、外国人の党員・サポーターにも党代表選の投票を認めていることについて「将来的に色々検討しないといけない。国政に参加する要件は国籍要件で判断するべきだと思う」と述べ、見直しを進める考えを示した。

 同党は規約で、党員・サポーターの資格について「18歳以上の個人(在外邦人及び在日外国人を含む)」と明記しており、外国人が大量に同党の党員やサポーターになり、首相に直結する代表選で影響力を行使することへの懸念もあがっていた。
(2010年8月9日21時09分 読売新聞)
 
 
 
 
此れを見ると、
ニユーズ・ウイークやフイナンシヤル・タイムズ等の外電が、
小澤包圍網を意圖的に作り出し、
小澤を悲劇の英雄に祭り上げる演出をしてゐるのが伺へる。
 
 
小沢の神通力はもう通じない (Newsweek)
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/531.html
投稿者 gataro 日時 2010 年 8 月 30 日 20:16:46: KbIx4LOvH6Ccw

とんでもない「小沢首相」 英社説
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/555.html
投稿者 black9 日時 2010 年 8 月 31 日 06:21:02: gWkPHV3D8TzCo
 
 
 
 
 
 
 
 
『2012台湾大劫難』邦訳出版 著者・袁紅氷にインタビュー(一) 対日戦略の核心 - (大紀元)
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/08/html/d69970.html
 
 
        
        2010年1月、米国訪問中に、
        中共の世界拡張戦略についてスピーチする
        法学者・亡命作家の袁紅氷氏(写真・馬有志)


『2012台湾大劫難』邦訳出版 著者・袁紅氷にインタビュー(一) 対日戦略の核心

 【大紀元日本8月24日】迫り来る台湾の大厄難。「市場一体」を経て「政治統一」をはかり、中国共産党は戦わずして台湾に勝つ。昨年11月に台湾で出版された法学者・亡命作家の袁紅氷(ユァン・ホンビン)氏の著書『台湾大劫難』は、中共政治局拡大会議で制定された対台湾謀略の最高政治戦略を暴き、台湾各界に衝撃を与えた。このほど『暴かれた中国の極秘戦略』と題して邦訳が出版された。

  国民党を丸め込み、民進党を分裂させ、傀儡党を立ち上げ、メディアを統制し、学者と政治に染まった宗教家を飼い慣らす。そして2012年、台湾を乗っ取る。北京当局が描いたこの戦略の青写真は、台湾だけに留まらないようだ。

 邦訳の出版にあたって、著者の袁紅氷氏は本紙のインタビューに応じ、近いうちに宣伝のために来日する予定だと語っている。公開された情報源や、対日戦略の中核、2012年までの中国の政局、中共のグローバル拡張に対して民主国家の採るべき態度などについて、日本の読者にメッセージを送った。その内容を3回に分けて紹介する。

 かつて北京大学法学部で教鞭を執っていた袁氏は、天安門六四事件に参加したためその後貴州省に転任させられ、貴州師範大学法学部学部長を務めていた。2004年豪州訪問中に政治亡命した。現在シドニー在住で、中国の民主活動を行っている。

 情報源:中共の高層部およびその家族

 Q:本書で暴かれた北京当局による台湾陥落戦略は、2008年6月に中共政治局拡大会議で制定された「台湾問題を解決する政治戦略」などの三大機密文書と録音資料に基づくと示されていますが、それを100%信じる人もいれば、全く信じない人もいます。情報源について少し話していただけますか?

 袁:読者に分かっていただきたいのですが、私は学者であり、情報販売家ではありません。本当の事情を読者に伝えたいという目的だけで、この本を著しました。

 情報源は、中共政権の高層部にいる人たちで、一部は良識のある人、一部は粛清された元高官の家族です。現在、中共内部の分裂は大変激化しています。前国家副主席・曾慶紅のような高官までも、息子が豪州で数千万元の不動産を購入しています。彼らにとっては些細なことですが、現在、中共高層幹部が海外に逃げ道を作ろうとしている心理が反映されています。

 昨年台湾で出版され1週間も経たないうちに、中共の対台湾スポークスマンが、この本の内容を否定する声明を出しました。中共の暴露本はたくさんあるのに、この本だけにすばやく反応を示したのは、却ってこの本が真実であることを証明していると考えています。ともかく、私がこの本で明らかにしたことが真実であるかどうか、読者に理性的に判断していただきたいと思います。

 最近、中南海では全国党史工作会議が開かれ、引退した古参高級幹部が回想録を執筆するブームや、社会動乱が発生した際、党史資料をどのように処理するかについて議論されたと報道されていますが、私はこの情報は確実であると思っています。現在、中共政権の高層部は、あらゆる方法で後始末をしようとしています。彼ら自身が内部危機の深刻さを一番良く理解しているからです。詳細については、近く出版される予定の著書『台湾大国策』で紹介しています。『台湾大劫難』と『台湾大国策』の2冊とも、自分に逃げ道を残し、善後処置をしようとしている中共高官とその家族が漏らした情報に基づくものです。

 Q:昨年『台湾大劫難』が出版されてからすでに8か月が経っていますが、あの中で明らかにされた中共の戦略は、すでに台湾の現状に反映されていますか?

 袁:この8か月の状況から見ると、両岸関係の全ての動きは、『台湾大劫難』を実証していると言えます。例えば、最近通過させた両岸の経済協力協定(ECFA)。まずは経済統一、そして文化統一、その後政治統一。『台湾大劫難』で明らかにした中共の対台湾戦略通りに行われており、しかもターゲットは2012年とはっきり設定されています。最近、中共海峡両岸関係協会(海協会)の陳雲林会長は、再び、両岸統一の話を急がせていますが、「統一」という言葉を選んで両岸関係の実質をごまかしています。両岸関係の実質は、中共独裁政権が一党独裁で台湾を統制し、台湾民衆を中共の政治的な奴隷にすることを狙いとしています。

 対日戦略の核心:日米同盟を分裂させる

 Q:著書では、対日戦略は、誘惑と脅威を同時に使っていると書かれていますが、具体的な例を教えてください。

 袁:中共の対日戦略における全般的な路線は、まず「利用する」ことです。主に日本人を、自国の国家核心利益の一部として「利用します」。例えば日本の国連常任理事国への支持。さらに、北方領土問題においても日本の立場を支持することや、東海ガス田問題で日本に譲歩する姿勢を示すなどが考えられます。その上で、軍事的、経済的に脅します。最後に最も大切なことですが、日米同盟関係を分裂させます。中共の対日戦略は主にこの3つです。

 日米同盟関係の分裂において、中共は東アジア経済と安全共同体という方策を案出しました。中共と日本が共同でこの共同体を主導することによって、日米関係を分裂させるのが狙いです。

 現在中共が行っている戦略の全てに関して、その第一の目的は、台湾を統治することです。台湾を手に入れた後、アジア問題を解決すること。アジアでいわゆる「勃興」し、アジアのリーダーになることを狙っています。中共のアジアでの戦略方案については、近く出版される『台湾大国策』で詳しく紹介しています。

(続く)

(記者・趙莫迦Zhao Mojia)
(10/08/24 09:13)
 
 
 
 
対中外交で日本がとるべき立場 『2012台湾大劫難』邦訳出版 著者・袁紅氷にインタビュー(二) - (大紀元)
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/08/html/d53812.html

 
 
        
        2010年1月、米国訪問中に
        『2012台湾大劫難』の新書発表会で
        読者と会見する袁紅氷氏(左)(大紀元)


対中外交で日本がとるべき立場 『2012台湾大劫難』邦訳出版 著者・袁紅氷にインタビュー(二)

 【大紀元日本8月25日】中国広東省は今月、台湾から農産物を大量に購入する契約に調印した。海峡両岸の経済協力協定(ECFA)の締結で加速された中台経済一体化の進展。昨年11月に台湾で出版された法学者・亡命作家の袁紅氷(ユァン・ホンビン)氏の著書『台湾大劫難』で明らかにされた北京当局の対台湾謀略が、シナリオ通りに展開されつつある。

 「市場一体」から「政治統一」へ、迫り来る台湾の大災難。国民党を丸め込み、民進党を分裂させ、傀儡党を立ち上げ、メディアを統制し、学者と政治に染まった宗教家を飼い慣らす。そして2012年、中国共産党は戦わずして台湾に勝つ。『台湾大劫難』で暴かれた中共の対台湾政治戦略は、台湾各界に衝撃を与えた。このほど『暴かれた中国の極秘戦略』と題して邦訳が出版された。

 一方、中国当局は、今年に入って日本国債を急ピッチで大量に購入し、買い物に急ぐ中国人観光客を大量に日本に送っている。北京当局が描いたこの戦略の青写真は、台湾だけに留まらないようだ。

 邦訳の出版にあたって、著者は本紙のインタビューに応じ、対日戦略の中核、中共のグローバル拡張に対して民主国家のとるべき立場や、公開された情報源、2012年までの中国の政局などについて、日本の読者にメッセージを送った。第一回に続き、今回もまずは対日戦略について紹介し、続いて対中外交で日本がとるべきスタンスについて著者の考えを紹介する。

 かつて北京大学法学部で教鞭を執っていた袁氏は、天安門六四事件に参加したため、その後貴州省に転任させられ、貴州師範大学法学部学部長を務めていた。2004年豪州訪問中に政治亡命し、現在シドニー在住で、中国の民主活動を行っている。

 近いうちに、本の宣伝のために来日する予定だと話している。

 対日戦略の核心:日米同盟を分裂させる(続き)

 Q:著書で、胡錦涛主席が、日本の左翼と右翼の争いを激化させ、中国の反日感情の維持に利用すると発言したことに言及しているが、胡温政権の対日外交政策は、日本友好ではないでしょうか?

 袁:胡温政権が親日という言い方は、曖昧ですね。中共政権にとっては、親日派と反日派の違いはないと思います。中共にとって唯一大事なことは、どのようにしてその独裁専制を維持するかということ、どのように世界でその統治範囲を拡張するかということです。

 70年代、中共はソ連との間で、共産国家でのリーダー権を巡って争いました。その際の中共の外交策略は、どのようにして米国・日本と連携してソ連に対抗するかということでした。90年代前後、中共の外交政策に根本的な変化が起きました。中共の勃興は米国の根本利益と相反することに気づき、最大の敵を米国に切り替えました。

 このような心理から、日米同盟を重大な脅威とみなしてきました。現在日本に対して行なっている全て、誘惑なり、親近なり、脅迫なり、いずれにしても目的はあくまでも日米同盟を分裂させることにあります。日本は米国の核保護を無くしたら、アジアでの地位はどん底まで落ちてしまうからです。

 こうした対日外交方針の中、胡錦涛は日本に時に善意的であり、時に脅迫的ですが、それは問題の実質ではありません。胡錦濤は親日ではなく、全ての目的は、日米関係を分裂させることにあり、日本の国際社会での地位を落とさせることです。

 対中外交で日本がとるべきスタンス

 Q:日本には強いリーダーがいなく、政局が不安定な局面が何年間も続いていますが、そうした中、中共に左右されないようにするにはどうすべきでしょうか?

 袁:日本の現在の不安定な政局は、あくまでも表面に現れた結果であり、その背後にある実質は、明確かつ堅実な国家の意思と政策に欠けていることです。日本は自国の前途、世界の前途、更に人類の前途に対して、そして国際政治の短期的、中期的または長期的な発展トレンドに対して、全貌的な認知に欠けていると思います。このような状況下で現在、頻繁に政権交代が行われるという現象に至ってしまいました。

 ではどうしたら良いでしょうか。まず日本は国家として、中共政権は今後人類の災難を生じさせる源であるということをはっきり認識しなければいけません。この問題については、近く出版する『台湾大国策』で述べています。

 日本は、明確かつ有効的な国策を制作するために、まず中共の本質についてよく把握しなければなりません。共産中国が何をしたいのかよく見通した上ではじめて、それに対応する方向性のある国家政策が制作できるのです。国家は明確な意志や政策があってはじめて、安定した政局に至ることができます。

 Q:中共政権が崩壊したら、中国の政局は不安定に陥り、中国経済の発展も遅れてしまい、日本の国家利益に害を与えてしまうと心配する見方もありますが、どう思いますか?

 袁:このような見方は、中共が長い時間をかけて、御用文化人や宣伝機関を利用して洗脳を行なった結果です。中共が崩壊すれば、中国は大混乱や大災難に陥るという印象を人々に与えました。悪辣な虚言です。

 共産中国60年の歴史を振り返ってみれば、一つの結論が得られます。中国の全ての災難や動乱は、中共の暴政がもたらしたものです。中共政権自体が、中国の災難や罪悪の根源です。

 現在の共産党政権が崩壊したら、中国社会は速やかに民主政権を設立する時期に入り、自由民主国家への道に進みます。民主政治は混乱ではなく、公正かつ包容的な秩序です。民主政治があってはじめて、中国は法制のレールに載った安定した局面を迎えるのです。中共政権が一日でも長引けば、中国社会が民主社会に転向する過程が長引き、その不安定なリスクも高まり、世界に対するマイナスのインパクトも大きくなります。

 更に、中国経済の発展は、略奪に基づいたものです。中国の広大な土地と自然資源に対する破壊的な開発と、中国数億の農民工に対する奴隷的な生産力の略奪です。現在のあらゆる災害からも徐々に見えていますが、このような非合理的で、人間の良知に反する発展パターンは長くは続きません。特に青海チベット高原の自然生態が一旦崩壊したら、世界全体がその悪果を呑まなければならなくなります。中国経済に頼って世界の経済危機を乗り越えようと考える国もいるようですが、最後に損するのは必ず自分です。

 世界における共産中国の拡張

 Q:中国は近年、海外でエネルギー買収、外国国債の大量購入など、拡張を急速に行なっています。それについての理解は?

 袁:中共の経済や政治動向は近年、二つの相反する路線に沿って展開しています。一つは海外での拡張、もう一つは国内での危機です。

 中共政権はここ20数年、破壊的・略奪的な経済発展を通して、巨大な経済パワーを獲得しました。現在このパワーでグローバルに政治拡張を行っています。中共高層の内部資料では、世界規模で共産主義復興の音頭を取るとはっきり言及されています。このような拡張は、経済的、文化的、政治的、更に軍事的なあらゆる面で行うものです。例えば、今の国債購入、メディアの買収、スパイネットワークの設立等々です。

 一方、中国国内では、乗り越えられないほどの社会的混乱が急速に蔓延しており、中共政権は崩壊寸前の状態にあります。中共高層内部に、反腐敗を名義とした政治闘争が、いわゆる内部の“調和”を引き裂いています。例えば、少し前に薄煕来が自分の権威確立のために重慶市で行った「掃黄(風俗業の一掃)打黒(暴力団を打撃)」運動は、40年前の文化大革命のミニ版です。中国の政治情勢は急速に極端化の方向に走っており、政治、経済、文化と社会の全ての面で解消できない矛盾が浮上しています。

 Q:このような拡張に対して、日本や国際社会はどう対応したらいいでしょうか?

 (続く)

(記者・趙莫迦)
(10/08/25 08:28)
 
 
 
 
2012年までの中国局勢 『2012台湾大劫難』邦訳出版 著者・袁紅氷にインタビュー(三) - (大紀元)
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/08/html/d51990.html
 
 
        
        袁紅氷著『台湾大劫難』の
        邦訳『暴かれた中国の極秘戦略』
        (ネットからスクリーンショット)

2012年までの中国局勢 『2012台湾大劫難』邦訳出版 著者・袁紅氷にインタビュー(三)

 【大紀元日本8月31日】今月25日、中国大陸の雑誌『読者』が台湾に上陸、大学などの教育研究機関と各県市町の図書館に並べられるようになった。台湾で初めて発行が許可された大陸の雑誌である。ほぼ同時期、海峡両岸の経済協力協定(ECFA)の締結で加速された中台経済一体化の進展として、中国広東省長が台湾の台南市で、農産物を大量に購入する契約に調印した。

 「市場一体」から「政治統一」へ、文化包囲から政治陥落へ。昨年11月に台湾で出版された法学者・亡命作家の袁紅氷(ユァン・ホンビン)氏の著書『台湾大劫難』で明らかにされた北京当局の対台湾謀略が、シナリオ通りに展開されているように見える。

 国民党を丸め込み、民進党を分裂させ、傀儡党を立ち上げ、メディアを統制し、学者と政治に染まった宗教家を飼い慣らす。そして2012年、中国共産党は戦わずして台湾に勝つ。台湾各界に衝撃を与えた中共の対台湾政治戦略、そしてグローバル拡張の戦略が、このほど『暴かれた中国の極秘戦略』と題する邦訳の出版で、日本国内の読者にも明らかにされた。

 邦訳の出版にあたって、著者は本紙のインタビューに応じ、共産中国のグローバル拡張や、対日戦略の中核、2012年までの中国の政局などについて、日本の読者にメッセージを送った。第二回の世界における拡張の話題を続けて紹介し、更に今年のストライキブームや中共の少数民族問題など、国内の情勢について著者の考えを紹介する。

 かつて北京大学法学部で教鞭を執っていた袁氏は、天安門六四事件に参加したため、その後貴州省に転任させられ、貴州師範大学法学部学部長を務めていた。2004年豪州訪問中に政治亡命し、現在シドニー在住で、中国の民主活動を行っている。

 世界における共産中国の拡張(続き)

 Q:このような拡張に対して、日本や国際社会はどう対応したらいいでしょうか?

 袁:今の肝心な問題は、国際社会は大物の政治家や思想家が欠如しており、世界各国は目先の短期的利益に惑わされ、特に一部の民主国家の政治家やリーダーたちは、共産中国のグローバル拡張戦略についてはっきりとした認識と理解に欠けているということです。

 中共のグローバル拡張戦略の第一歩は、台湾をコントロールすることです。もし我々人類全体として、台湾を自由民主の土地から中共の特別行政区に変身させることを黙って傍観するならば、人類全体が時代的な大災難に近づいているということでしょう。共産中国はそれを利用して更なる強大な政治パワーと経済パワーを吸収するからです。現在日本を含む世界の民主国家は、もし中共が世界を共産主義化させるという人類の大災難の日を目にしたくなければ、まずは台湾の自由を守らなければなりません。それは人類全体の自由を守る重要な第一歩で、現在の急務です。

 世界における中共の拡張は、全方位的に行われています。文化の浸透やメディアの買収、宗教に対するコントロールや知識人の買収などなど。近く出版する『台湾大国策』で詳しく紹介しています。

 2012年までに社会対立が激化

 Q:世界における拡張とは対照的に、国内情勢では多くの不安が見られます。今年から広まったストライキブームはどのような影響を与えるでしょうか?

 袁:ストライキブームはただひとつの現象で、マイルストーンのような事件と言えます。今回のストブームから見て、中国の農民工やリストラされた工場労働者を中心とする権利主張運動が全面的に広まる前兆だと言えるでしょう。89年の六四事件で見られた全国規模の抗議運動に発展することも考えられます。

 近いうち、中共政権に対して全国民が反抗することになると思います。中共暴政が現在、社会全ての階層の利益に害を与えているからです。中共政権に守られている唯一の階級は、権力貴族階層です。

 現在農村部では、土地の略奪が広く行われており、大量の農民たちは急速に土地のない「遊民」になってしまいました。そのほか、大量の退役軍人も職を失い、生存の手段を失っています。更に十数年前に始まった大学拡大募集制度は、大学で大量の失業予備軍を作ってしまったのです。中国の大学は実際、大量の学生に対して有効な学術的教育や訓練はできず、卒業した大学生は実際には、失業集団の主力となっています。現在大学卒業生の失業問題は、年々顕著になっています。とにかく、2012年の中共第十八回党大会前後に、これらの社会コンフリクトが激化すると思います。

 Q:最近中国で起きたことから、中共内部が混乱しているというメッセージが読み取れます。例えば、国内のBaidu(百度)検索エンジンでも、江沢民前国家主席が海外で訴訟されたニュースが見られたり、李鵬前総理の六四事件についての回想録が海外で出版されたりしています。これについてどう読めばよいでしょうか?

 袁:混乱しているというメッセージを生じさせた原因は主に、内部官僚のコンフリクトが激化しているからです。現在内部の対立は非常に激しく、権力闘争と富への争いを繰り返し、そしてお互いに責任を回避しようとしています。彼らは皆、中共政権が60数年の間に重ねた罪をほかの人に押し付け、自分の関わりを回避しようとしています。

 Q:袁さんは六四事件後、長い間、体制内の教育機関の上層部に務めていました。六四事件の後、多くの中国知識人は中共体制の受益者となっているようですが、中共体制の下で袁さんのような人はほかにもいるのでしょうか?

 袁:良識ある人はたくさんいます。ただ六四事件の後、共産党の国家テロの圧制下で、多くの人が恐怖を感じています。また、当局は知識人に対して大規模な経済買収を行っているため、中国の知識層は一時的に中共の共犯者に堕落しました。腐敗した権力、汚れた金銭、堕落した知識、その3つが合わさり、現在の中共暴政と鉄血同盟を組む形になっており、中国15億の国民に対して独裁専制を行っているのです。

 ただこの20年間、中共政治の発展と変化につれて、中共暴政の政治危機の進展と同時に、知識層も目覚め始めています。中共政権が危機に近づければ近づくほど、知識人は覚醒します。その点に私は確信を持っています。

 中国の民族問題:中共の党文化と各民族の伝統文化の間の対立

 Q:あらゆる社会危機の中、新彊やチベット人に対する圧制が顕著となっています。著書『自由在落日中』(自由の落日)の中で、内モンゴルでの中共の民族ジェノサイドについて詳細に書かれていますが、中共の少数民族政策はどのように理解していますか?チベットや新彊での抗議事件は民族対立が原因なのでしょうか?

 袁:中国の民族コンフリクトは、漢民族と少数民族の間の対立であるという見方は、非常にずれていると思います。共産党が中国を統治してきた60年の間に、まず絶滅させたのは漢民族文化、つまり中国の主体文化です。1957年の反右派運動から文化大革命まで、徹底的に中国の伝統文化を破壊しました。漢民族の大量の文化人が迫害され死に追いやられたのです。これらの知識人を歴史上から消滅した結果、中国文化の精神は消えてしまいました。文化的には、中国という国はすでに滅びたのです。中共暴政が漢民族の文化を徹底的に壊滅した結果、漢民族は、文化的精神、文化的基礎のない、魂のない「生ける屍(しかばね)」となってしまいました。

 中共政権と各少数民族との間のコンフリクトの根本は、中共はマルクスレーニン主義という共産党文化を用いて、少数民族に対して徹底的に文化的なジェノサイドを実施したいと考えたところから来ています。それがいわゆる中国の民族対立の核心なのです。中共の民族政策の中で、いわゆる漢民族と少数民族の区別は存在しません。漢民族であれ、少数民族であれ、共産党の幹部はみな同じ政治塹壕に立っています。彼らの言葉で言えば、「同志」です。共産党はある人をチベット族だとか朝鮮族だとかいうことで迫害することはありません。共産党の思想を信じ、共産党の政治、経済や文化的な奴隷になれば、共産党から経済的・社会的な利益を獲得できるのです。だから、中国ではいわゆる民族対立というものは存在しません。唯一存在する対立は、共産党と少数民族の間の対立であり、その焦点は、共産党の党文化が少数民族に対して文化的なジェノサイドを行うことです。つまり中国での民族対立は、共産党文化と各少数民族の伝統文化の間の対抗なのです。

(完)

(記者・趙莫迦Zhao Mojia)
(10/08/31 08:09)
 
 
 
 
 
 
 
 
人民網日本語版--People's Daily Online
日本の政界に中国の体制を称賛しうらやむ声
http://j.people.com.cn/94474/7094357.html
http://j.people.com.cn/94474/7094360.html

  
 
人民網日本株式会社事業案内 更新時間:14:38 Aug 05 2010

日本の政界に中国の体制を称賛しうらやむ声

 日本で発行されている中国語紙「中文導報」は3日「日本の政界に中国の体制をうらやむ声が上がる」との記事を掲載した。記事は「最近、日本社会は日本式の民主政治と選挙制度の裏にある落とし穴について考え直している。これと同時に、政官財各界の有識者は図らずして一斉に視線を中国に注ぎ、中国の体制を称賛しうらやむ声が上がっている。これは体制面で中国と参考にし合いたいという日本の願望の現われだ」としている。記事の概要は以下の通り。

 8月2日、衆参両院が大きなねじれ状態にある中、臨時国会が開幕した。7月の参議院選挙で与党・民主党が大敗したことで、日本の政治は「ねじれ国会」の窮地に陥った。不安定な政治に足を引っ張られ、日本の経済と社会は「失われた20年」から抜け出せないままでいる。

 それと比べ、中国は30年余りの改革開放と安定した発展を経て、経済力ではすでに日本と肩を並べるまでになった。中国人民銀行(中央銀行)の易綱副総裁(国家外国為替管理局局長)は先日、「中国はすでに日本を抜いて世界第2の経済大国になった」と明言した。この過程で経済成長を支え、保障したのは、安定した政治構造、制度化された人材育成システム、活力に満ちた地方分権だ。

 最近、日本社会は日本式の民主政治と選挙制度の裏にある落とし穴について考え直している。これと同時に、政官財各界の有識者は図らずして一斉に視線を中国に注ぎ、中国の体制を称賛しうらやむ声が上がっている。これは混乱した日本政治と厳格な行政指導が人々に与えた焦りや無力感の現われであると同時に、体制面で中国と参考にし合いたいという日本の願望の現われでもある。
 
 
日本の政界に中国の体制を称賛しうらやむ声 (2)

 ■政治家の野田毅氏:中国の政治安定・人材輩出に感嘆

 7月29日に社団法人日中協会の年次総会が開かれた。日中協会会長でベテラン政治家の野田毅衆議院議員(自民党)はスピーチで、日本の政局の変動と中日関係について分析。日本政治の最大の危機として人材不足を挙げ、中国の幹部・人材育成制度は日本にとって学ぶに値すると指摘した。野田議員は「日本の政治と選挙は政策を中心とした再編の時代へ戻るべきだ。人材育成の制度化の面で、中国のノウハウは参考に値する」と述べた。

 ■橋下徹大阪府知事:中国の地方政治の活力を感じた

 今年は上海市と大阪府の友好都市提携30周年にあたる。大阪府の橋下徹知事は7月27日、500人の万博訪問団を率いて大阪を出発。上海万博「なにわの日」イベントに参加した。31日には北京市内の「798芸術区」を視察。「中国は政治のエネルギーを十分に発揮している。大きな方針は中央政府が決め、地方政府は自立している。この仕組みを日本も参考にできないだろうか?」と述べた。

 ■経済学者の竹中平蔵氏:中国の地方財政・税務権を称賛

 近年、日本の歴代内閣は地方分権を強調しているが、税源配分は国が60%、地方が40%なのが現状だ。地方の税収は40%だが実質的には60%を使用している。不足の20%は国が補助金や交付金の形で補填している。国が資金を出すため、地方政府は財源、権限、人員の設定や運用の面で大きな制限を受ける。小泉内閣で金融・経済財政政策担当大臣を務めた、著名な経済学者の竹中平蔵氏は「地方にできることは地方にやらせる。民間にできることは民間に任せる。この点で、中国はよくやっている」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年8月5日
 
 
 
 
 
 
 
 
ビルダーバーグと菅直人
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/302.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 6 月 16 日 23:15:43: xsXux3woMgsl6

小澤一郎(ブリテン世界支配者層)の眞の目的は、自衞隊に據る軍事クーデター政權の樹立
http://www.asyura2.com/10/bd58/msg/266.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 5 月 30 日 01:43:01: xsXux3woMgsl6
 
 
 
民主黨の政權公約、「危機管理廳」(日本版FEMA)創設と、アクセンチユアと云ふ、「ビツグ・ブラザー」
http://www.asyura2.com/09/bd55/msg/445.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2009 年 3 月 25 日 21:10:09: Gsx84HOp6wiqQ

日本破壞・抹殺の爲の雙頭作戰 「移民爆彈」と「第二次日支鬪爭計劃」と
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/476.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 11 月 20 日 22:23:48: Gsx84HOp6wiqQ

「日米同盟というものを持続的に撤回(ママ)させていく」と発言 鳩山由紀夫 環境保護推進派人権団体日本アンチキムチ団據り
http://www.asyura2.com/09/idletalk38/msg/457.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 4 月 15 日 01:01:12: xsXux3woMgsl6

日英同盟解消後、下り坂を轉げ落ちるが如く、大日本帝國は破滅した
http://www.asyura2.com/09/idletalk38/msg/460.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 4 月 15 日 22:12:49: xsXux3woMgsl6

米國と中共は一體である
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/498.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 11 月 27 日 20:49:15: Gsx84HOp6wiqQ

北から來るぞ。bは氣もない時から知らしておくから、よく此のb示、心にしめてをれよ
http://www.asyura2.com/09/bd55/msg/333.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2009 年 3 月 06 日 23:35:01: Gsx84HOp6wiqQ 
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ58掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ58掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧