★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6 > 5757.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
武田教授:特許は、米国が 盗んで、タダで持ち逃げする !(第2回・完)
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/5757.html
投稿者 青木吉太郎 日時 2016 年 3 月 07 日 20:42:57: jobfXtD4sqUBk kMKW2Itnkb6YWQ
 


    STAP細胞の真実 !  小保方晴子「あの日」

   と笹井教授自殺の真相 ? の真実NO.1

     (第2回・完)

  武田邦彦教授:特許は、米国が盗んで、タダで持ち逃げする !

  日本が発見すれば、米国は潰しにくるという事実だけは、確かなのです !


(ameblo.jpい: 2016-02-06 より抜粋・転載)

◆小保方晴子氏、「STAP細胞は、あります」

☆STAP細胞とは、何にでも生まれ変わることが出来る万能細胞 !

☆多数の組織は、巨大な経済的利益を狙い、小保方さんが持つ

   STAP細胞のレシピを手にすることで必死だ !

☆悪徳ペンタゴン・NHK等マスコミは、小保方さんを

    悪者にし、偏見報道を継続 !

☆ギロロ、笹井博士は、自殺ではなく他殺だ !

☆研究棟内で、笹井博士が首をつって自殺 ?

    これは間違いなく他殺 !

以上は前回投稿済みです。以下はその続きです。

ドコモダケ、このシナリオ通りには 進みませんでしたね
小保方さんは。ノートに詳しく書かずに提出したからです。

マスコミは きちんと書いたノートを提出しろと言っていましたが、なぜ研究ノートを提出しなければならないのでしょう
自分を守るために提出しなくて、良かったと思います。

そして、驚くことに 理研は、「STAP細胞の特許を出願していた」ということです。


☆笹井博士の遺書らしきものは、

   自筆でなく、ワープロで書かれていた ! 

    ワープロで、遺書は書きません !

笹井氏の死についてもブログにいろいろな人が書かれています。
遺書らしきものは、自筆でなく、ワープロで書かれていたということ
ワープロで、遺書は書きませんよね。
そして、床屋を予約していたこと、不可解な点だらけです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


☆武田邦彦教授:特許は、アメリカが

     盗んで、タダで持ち逃げする !

Paul Sakamotoブログ

  ひよのしん理研が!STAP細胞の特許を出願していた!

http://ameblo.jp/alua777/entry-12109617873.html (引用))

写真=小保方晴子/撮影=吉田尚弘

武田邦彦教授(中部大学)は特許はアメリカが盗んで、タダで持ち逃げする!と言っていました!                

・ 2013年01月 理研が、特許の申請とネイチャー誌への投稿を組織決定。
・ 2013年03月 小保方論文をネイチャー誌に投稿。
・ 2013年04月 特許を出願。
・ 2013年12月 ネイチャー誌の査読に合格、雑誌掲載が決定される!
・ 2013年12月 小保方論文が翌月の1月末に掲載されるとの情報。
・ 2014年01月 30日。「世紀の大発見」を理研が大々的に発表!

以上、「理研」はSTAP細胞を世に出すために↑組織をあげてコトを推し進めてきたのだ。

ところが!


☆武田邦彦教授:「常識」では到底、考え

    られないことが、裏で進行している !

2014年04月 STAP細胞に「不正がある」と記者会見で発表。

武田邦彦も書いている。(「世紀の大発見」を理研が大々的に発表してから)
1か月たたないうちに、STAP論文に対して「火の手」が上がった。

そして、4月初旬には「論文に不正行為があった」と理研が発表する。

これは、「常識」では到底、考えられないことが、ウラで進行しているということだ。
既に国際特許(PCT)出願済。


☆PCT出願であるから、 たくさんのお金が儲かります !

発明者は、バカンティ兄弟、小保方、若山、笹井 であり、
権利者は、BRIGHAM & WOMENS HOSPITAL、理研、東京女子医大である。

PCT出願であるから、将来世界各地で特許化が出来て、広いスコープで出されているこの特許は、各国で、限定されつつ多数の関連特許を産み出していくだろう !!

つまり、たくさんのお金が儲かります。


☆小保方氏のSTAP細胞、 やはり米国にパクられた ?

内容も、方法(Low PH(酸性液につける) とTrituration(細い管を通し細胞を粉砕する)、この特許にそう明示してある)も、明らかにされているようです。

小保方氏のSTAP細胞、やはり米国にパクられた? STAP現象と酷似した「iMuSCs細胞」
途中省略

犬たろうが飛びいり参加して、ひと言


☆飛鳥昭雄氏:日本が発見すればアメリカは潰しにくるという事実だけは、

   確かなのです !

まさに基本中の基本であり、それを誰が最初に見つけるかを争っているのです」

「また、2014年に香港・中文大学でSTAP細胞実験が成功したという報告もありますが、後に教授自らが結果を否定。これもアメリカの圧力によって潰されている可能性があります」

「今回の発表は、まだ資料が少なくFakeである可能性は否めません。ただ、STAP細胞あるいはSTAP細胞と似た細胞は必ずあり、また日本が発見すればアメリカは潰しにくるという事実だけは確かなのです」(飛鳥昭雄氏)


☆米国のベンチャー企業の特許の請求内容

が、京大が先に出願していた、請求内容とほとんど違わない !

確かに、京都大学の山中伸弥教授が応じた『週刊朝日』のインタビューでは、この構造が「仁義なき戦い」と形容され、山中氏自らこう語っている。

「簡単に言いますと、ヒトのiPS細胞は、自分たちのほうが先に作っていたんや、とアメリカのベンチャー企業が、主張しました。

同社の特許の請求内容を見たら、京大が先に出願していた、請求内容とほとんど違わない。もう完全に戦争するつもりできているわけですね」(『週刊朝日』、2014年11月7日号)

また、今回トカナがコメントを求めた科学ジャーナリストも次のような見解を述べた。
「小保方さんの大学時代の論文の引用が含まれる今回の論文ですが、STAP細胞の存在を証明したとは言えません。

しかし、ES細胞やiPS細胞ではない幹細胞(万能細胞)に近い存在『iMuSCs細胞』が見つかったことは確かです」

「理研は、小保方さんが生成したSTAP細胞について、研究室の冷蔵庫にあったES細胞の混入が原因だったと結論づけています。しかし、小保方さんが提示した実験手順で、新しい万能細胞が生まれている可能性はまだあるということでしょう。これは、理研からしたら穏やかな結果ではないはずです」(科学ジャーナリスト)
..................................................................................................................................................
あの日/講談社 :¥1,512 Amazon.co.jp:哲学者=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』

「小保方博士バッシング報道事件」に終わりはない(2014-12-23)
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20141223/1419265710 (引用↓)

この「小保方博士 バッシング 報道 事件 」が勃発以来、引っ切り無しに「内部情報」を暴露し続け、「小保方博士 バッシング 報道 事件 」に、火に油を注ぎ続けた「若山照彦問題 」だ

STAP細胞疑惑について、全マスコミ と理研が見落としてる、もう一つの可能性を敢えて指摘するBy  CHANNEL20101010(2014年8月6)


☆小保方博士・笹井博士は、悪意の罠に

     嵌められたものとも考えられるのだ !

STAP細胞とES細胞をスリ替えて意図的 な捏造 を行ったのは、断じて 小保方晴子氏本人ではなく、故笹井芳樹氏にも恐らく責任など無い。

2人共にそんな馬鹿 げた捏造 を行う理由など何処にも無かったから 。

つまり、この悪意のスリ替えと意図的な捏造を行った張本人は別に居て、2人はその悪意の罠に嵌められたものとも考えられるのだ。

ギロロ実はSTAP細胞研究者 中に唯一人だけ、極めて積極的 にSTAP実験検証 情報をNHK等マスコミ に提供 し、故笹井芳樹・小保方晴子両氏を徹底して追い詰めることに協力してきた人物が居る。

彼こそが、自身 の功を焦ってSTAP細胞とES細胞を自分 の研究室 内で秘かにスリ替え、STAP幹細胞の作成 とキメラマウス の発生に成功 した、と馬鹿 なウソ をついたか、或いは、何らかの意図 か嫉妬心で小保方氏らを罠に嵌め、STAP研究 の一切を台無し にしてしまったその張本人 なのではないか?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ここまで

STAP細胞の小保方晴子さんと共同執筆者のメンバー名簿.英化学誌ネイチャー掲載
http://matome.naver.jp/odai/2139494767342509101

保方晴子 (おぼかた・はるこ) ・研究ユニットリーダーら計14人の著者が記載されている。STAP細胞作製を報告した主論文では8人が実験や論文執筆を分担していた。

英科学誌ネイチャーに発表した論文の共同著者:

STAP細胞の論文著者
理化学研究所の家計者が4名、米ハーバード大学の関係者が3名、東京女子医大が1名など14名で構成されているそうです。

それぞれが別の研究をして、STAP細胞の全体像を形成しているという事です。
......................................................................................................................................
☆小保方晴子さんのSTAP細胞、 米国に横取りされた ?


(参考資料)

STAP細胞特許強奪の謀略の犯人は誰 ?

 richardkoshimizu's blog:2014/04/14 より抜粋・転載

 随分前に、「もしも癌の特効薬が開発されても、その特効薬は、日の目を見る事が出来ないし、開発者は抹殺される」と本で読んだ事がある。
現代医療の狂った実態を、告発した本だった。

その通りだと思うし、今、小保方さんが置かれている状況がまさにそれだ。
昔からずっと、安価な民間療法などは潰されて来た経緯があるらしい。

本当に必要な医療は、私達の手まで届かない世の中の強固なシステムが構築されている。小保方さんのSTAP細胞発見のニュースは、なぜか世の中に一旦出てしまった。

裏社会&マスゴミは、猛烈な勢いで、「捏造だ」「コピペだ」「論文取り下げだ」と騒ぎまくった。

小保方さんは、「未熟な私で申し訳ございません。しかし、STAP細胞は存在します。」
と自ら記者会見を開き明言した。これら全てはネットで公開された。

昔なら秘密裏に誰にも知られず行われていた強奪・謀略が、今私達ネット住民の目の前で繰り広げられていて、世界中が固唾を飲んで事の成り行きを見守っている。

構図は、「STAP細胞発見者対現代の世の中」であり、人類にとって明らかに希望をもたらす発見をした若き一科学者を、世の中がどう扱うかだ。

衆人監視の中、裏社会はどう動くか。今までとは時代が違う。

STAP細胞特許強奪、できるものならやってみろと言いたい。

ホントに、ユダヤ金融財閥は、大悪党でっせ。その操り人形どもの征伐をたのんまっせ。
ハーバード大バカルディ教授の取り下げなくて良いは、「早くトリサゲナサーイ」の催促だったのですね。

笹井教授の雲隠れが、「スタップ細胞は捏造でした」の遺書を残して、「自殺に見せ掛けられる」のが心配です。記者会見有るのかな?表に出ないのは、強く脅迫されてる?

STAP細胞特許、この技術、ユダヤ金融財閥とその犬だけで、独占しようとしてんでしょうね。

こめ「STAP細胞で困る人」たちをとりあえず、挙げてみます。
@製薬会社の人たち…ガン産業利権は日本だけでも15兆円もあるのに。

Aガン保険を売っている人たち…せっかく日本の郵便局で売れるようになったのに。

BNWО推進の人たち…人類の人口を10億人に減らすために努力して来たのに。

ハーバード大などにもあるノート、その辺りも危惧します。

スタップ細胞の快挙の第一報が報じられた時、横取りされないか危惧した事が、
まさかの現実になろうとする事は、酷い話です。

マスゴミの失敗は、明らかに誰かの統制下で、その影の存在を匂わす態度の愚問を一斉に浴びせかけた事。墓穴。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
ペンネーム登録待ち板6掲示板  
次へ