★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6 > 6025.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
  熊本地震、「想定外ですむのか」? 土砂崩れで娘を失った母の憤り !
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/6025.html
投稿者 青木吉太郎 日時 2016 年 5 月 01 日 20:58:59: jobfXtD4sqUBk kMKW2Itnkb6YWQ
 


熊本地震、「想定外ですむのか」?

土砂崩れで娘を失った母の憤り !

対米隷属・独裁者志向・ペテン師・安倍政権下、4・14熊本大地震が

人工地震である可能性は ?

戦争・改革者暗殺・人工地震、何でも巧妙に実行する、国際巨大財閥の本音は、

悪魔を信仰する、全人類支配搾取の強欲 !


(mainichi.jp:毎日新聞2016年4月30日 08時00分より抜粋・転載)

◆南阿蘇「警戒区域」未指定 !

「安全と信じていた」住民は、 突然の悲劇に悲しみ !

「想定外ですませていいのか。娘を返してほしい」。熊本地震による土砂崩れで娘を失った牧野照子さん(74)=熊本市東区=は憤る。5人が死亡した、熊本県南阿蘇村の高野台団地は、土砂災害防止法の「警戒区域」に指定されていなかった。

しかも、村が開発公社を通じて売り出した分譲地も含まれている。
「安全」と信じていた住民は、突然の悲劇に悲しみ、行政に不信の目を向ける。


◆熊本地震 ! 堤防に亀裂、決壊の恐れも !

 「富美(ふみ)の家がない」。16日の地震後、長女の会社員、牧野富美さん(46)が暮らす高野台団地で土砂崩れが起こったことを友人から聞いた照子さんは、テレビに映った捜索活動の様子を見て息をのんだ。あるはずの場所に家がない。「生きていて」。
熊本市の自宅にいた、照子さんは、娘に電話をかけ続けたが、つながらない。
祈りは通じず、3日後に、変わり果てた姿で、土砂の中から発見された。
inRead invented by Teads

 富美(ふみ)さんの隣に暮らしていた、小学校教諭、田爪(たづめ)晴恵さん(43)によると、16日は、まず下から突き上げるような激しい地震の衝撃を受けた。
続いて、どんどん、がしゃがしゃと「聞いたことのない大きな音がした」。土砂崩れだった。

1階がつぶれ、2階のベランダまで土砂が押し寄せた。
約2時間後に救助された、田爪さんが目を向けると、富美さんの2階建ての家は、土砂とともに流されていた。


◆高野台団地は、村が 開発公社を通じて売り出したものだ !

 高野台団地は、村が開発公社を通じて売り出した、土地の上に建つ一戸建てと、マンションタイプの村営住宅から成る。

生産設備メーカー「平田機工」熊本本部(熊本市)で社長秘書をしていた富美さんは、豊かな自然に憧れ熊本市から移住した。

照子さんは、「注意深い子だった。警戒区域に指定されていたら、土砂災害の危険があると思い、4月14日の最初の地震で避難していたと思う。
村が売り出した土地なので安全と信じていた。
村はどんな地質か、事前に調査すべきだった」と訴える。
田爪さんも「危険性があることは、全く意識していなかった」と語った。


◆村の職員:我々も警戒していなかった」 !

 村の職員は、「緩やかな勾配で災害が起こるとは思っていなかった。我々も警戒していなかった」と釈明した。

 土砂災害警戒区域を巡っては、2014年に広島市で70人以上が犠牲になった豪雨による土砂災害で、現場の一部が指定から漏れていたことが問題となった。広島県は警戒区域の基準を満たす危険箇所と認識していたが、指定が遅れた。


◆松四准教授:我々にとっても想定外。

 火山灰の層が強い揺れで 液状化した可能性がある !

 しかし、今回の現場は基準に達していない傾斜の緩やかな場所だった。土砂災害に詳しい京大防災研究所の松四(まつし)雄騎(ゆうき)准教授(地形学)は、「我々にとっても想定外。火山灰の層が強い揺れで液状化した可能性がある。東日本大震災でも火山灰などの堆積(たいせき)地域で地滑りが起こった。

共通性を見つけ出して、精度の高いハザードマップを作る必要がある」と指摘した。


◆福島県砂防課の職員:

 調査のあり方を考え直すべきだ !

 東日本大震災で警戒区域外の土砂災害が相次いだ福島県砂防課の職員は「調査のあり方を考え直すべきだ」と語った。【志村一也、佐野格、前谷宏】

(参考資料)

T 対米隷属・独裁者志向・ペテン師・安倍政権下、

4・14熊本大地震が人工地震である可能性は ?

(blog.goo.ne.jp:GFLJメッセージ / 2016-04-15 07:23:04より抜粋・転載)

ふるやの森:熊本大地震:【熊本地震】震度7 益城町、熊本城の石垣倒壊...一夜明けた現地はいま(画像集)追い込まれたカバール(闇の勢力)の悪あがきが続いている。

人工災害を引き起こしてパニックをあおることで自分たちの延命を図ろうとする手口はもはやだれの目にも明らかになりつつある。各国政府要人の大量逮捕は目前に迫っている。銀河連邦は宇宙船着陸へ備えるよう呼びかけている。

転換に備えを・・・[嗚呼、悲しいではないか!]フルフォードレポート英語版(4/12)〜プーチン大統領とロスチャイルド家の全面戦争の可能性〜竹下雅敏氏からの情報です。 

冒頭、4月11日に緊急会談があったとのこと。結果はどのようなものだったのでしょうか。組織の頂点と考えられている、巨大財閥・ロスチャイルド家の全スイス分家が、指名手配されているとあります。

パナマ文書(タックスヘイヴン問題)によって、プーチン大統領は、攻撃されましたが、ロシアは、報復として“ヒットラーと協力した家族と企業を公開する” とのことである。

やはり、プーチン大統領と、ロスチャイルド家の全面戦争の可能性が、出て来ました。
 日本に預けられた、プルトニウムを米国に返還した件は、日本の核武装の解体に関係しているとのことである。


◆日本は核武装をするため、 北朝鮮で核実験をしていた ?

記事では、“これらのミサイルの多くは、解体を防ぐため に北朝鮮に送られた”とあります。

やはり、日本は、核武装をするため、北朝鮮で核実験をしていたと考えた方が良さそうです。日本と北朝鮮が水面下で繋がっていることは、ここ最近取り上げた貴嶺会関係の記事でも明らかだと思います。

人工地震を知るイメージ画像:


☆NHK等が隠す、熊本地震の波形をインターネット

で、自然地震との相違を確認してください !

U 国際巨大財閥の本音は、悪魔を信仰する、全人類支配搾取の強欲 !

(アンチロスチャイルドアライアンス資料室より引用しました)

自民党・官僚・大マスコミを裏から支配

する、国際金融巨大財閥の狙い・本音は何か !

十数年連立してきた公明党の本来の理念、基本政策と真逆の自民党を支援してきたのではないかを考える参考にしてください。以下は、ヘンリー・メイコウの主張です。
サバティアン-フランキストは、ユダヤ教の異端で、17,18世紀のユダヤ人世界の半分の心を虜にした。

彼らは、神は悪であり、逆もまた真なりと説いて、あらゆる道徳を遠ざけた。
彼らは、混沌と荒廃が、救世主の帰還を早めると信じている。

彼らは地下に潜り、非ユダヤ人と結婚し、便宜的にユダヤ人、あるいは、非ユダヤ人の身元を騙ることによって繁栄した。

「カトリック」の半ユダヤ人、ジョン・ケリーあるいはマデレーン・オルブライトがその例である。

私の作業仮説は、“大半の戦争/紛争は、この「悪魔主義カルト」によっておぜん立てされた”というものである。

同一の人々が、「我々自身を除いたすべての集団的勢力」(「シオンのプロトコル」)を弱体化させ、世界政府による専制政治(別名「グローバル化」)を確立するために、
ひそかに両陣営の出来事を「操作」する。

言い換えれば、あるひとつのオカルト的エリートが、人類に対して「戦争を遂行」し、我々はそのことを知りさえもしない。

V アメリカの侵略パターン

(www.rui.jp/ruinet.html?t: 2015年01月05日 より抜粋・転載)

今日は、ブログ「猫の教室」さんより、アメリカが世界を侵略する基本パターンについての記事を紹介する。ほんブログ村 政治ブログへ   

 侵略の基本パターンは、まず、スペインなどから独立した直後で、まだ国内が安定していない中南米の国に、19世紀は農業を中心にアメリカの大資本が入りこみ、そこで現地人を使役しながら、土地を買収し続け、中米の小国においては、国土の過半をアメリカの企業が所有するという事態を招いてきた。

 この一方的な、富の独占と収奪に対して、19世紀から、中南米のいくつかの国では、反米政権ができ、それらの土地の没収と小作農への分配という農地解放が試みられた。

 しかし、アメリカは即座に、「アメリカ人の生命と財産を守るため」という言葉のもとに、圧倒的軍事力で、政権を転覆させ、再び、農地解放以前の状態に戻していった。日本に来航したペリーも、これらに先んずる、スペインとの領土戦争で功績をあげた海軍軍人である。

 20世紀前半までは、この状態が続く。中南米諸国では、国家の富はアメリカが独占し、国家の支配は、アメリカに追従するその国の富裕層が握り、国民の大多数は貧困に陥っていた。そして、アメリカのくびきから脱却しようという試みはすべて、アメリカ軍の直接介入で封じ込められた。

 第二次世界大戦後、アメリカは世界の超大国になった。その背景には、「アメリカの裏庭」と呼ばれた中南米諸国から吸い上げた富があった。

 アメリカのCIAが本格的に活動し始めるのも、このころからである。

 20世紀後半は、南米にとって、もっとも暗い時代だった。1970年代に、民主的選挙で選ばれた、世界初の社会主義政権、チリのアジェンデ政権を倒すのに、CIAは、軍部のピノチェト将軍に資金、武器を提供し、クーデター後の統治の仕方を教え込み、チリはピノチェトによるクーデターにより、軍事独裁政権となった。

 同じころ、中南米各地で、同様の軍事独裁政権がクーデータにより成立し、民主主義は葬られ、暗殺や拉致による恐怖政治が支配した。

 これらの背後には、すべてCIAがいた。また、「米州アメリカ学校」という名前の、中南米の軍人を集めて、アメリカの支配への忠誠を誓わせ、クーデターの起こし方から恐怖政治のおこない方まで、アメリカが教えるという組織すらあった(現在どうなっているかは書かれていない)。

 イラク人への拷問が知られるグアンタナモ海軍基地で行われた拷問の数々は、この米州アメリカ学校で教えられていたものと同じだという。「自由と民主主義の国アメリカ」はどこへ行ったのだ?

 しかし、アメリカが「世界の警察官」を標榜し、世界的に影響力を行使しようとする一方で、南米においてはアメリカへの反感が高まり、軍事独裁政権は、次々と選挙により政権の座を放逐され、一部の軍人は犯罪者として裁かれた。

 そして、さらにことは進んで、アメリカが湾岸戦争などで、中東諸国に目が向いている間に、ベネズエラのチャベス大統領が、それまでのアメリカの傀儡政権の代表を選挙で破り、一気にマラカイポ油田などの石油会社を国営化し、そこで得た富で、貧困層への教育と食と医療を無償で提供するという政策を始めた。

 猛烈な反米主義者のチャベス大統領の台頭を受け、南米では次々に反米左翼政権が誕生する。どれも、正当な選挙による政権獲得であり、それまで搾取にさらされてきた貧しい人々が、選挙による権利の行使で、それまでの対米従属、被搾取の状態からの脱却を望んだのだ。

 そして今や、南米大陸では、コロンビアを除く、すべての国で反米を標榜する政権ができている。(後略)


*悪徳ペンタゴン:

日本の既得権益(原発マフィアも同類)とは、米国・官僚・大企業の三者をいう。
私はこれに、利権政治屋(自民党・公明党等の政治家)・マスコミを加えて、米・官・業・政・電
の五者が、日本の既得権益であるとしている。
米・官・業・政・電は、ピラミッドの構造をしているというのが私の認識である。

ピラミッドの頂点に位置するのは米国である。

日本の司令塔、日本の既得権益の頂点に位置するのは、「米国」なのだ。

(植草一秀氏の説)


*日本操り対策班:

安倍自公政権を支配する、ジャパンハンドラーズ(日本操り対策班)として有名なのは ?

リチャード・アーミテージ、カート・キャンベル、マイケル・グリーン、ジョセフ・ナイ、ジェラルド・カーティス、ロバート・フェルドマン、ケント・カルダー、エドワード・リンカーン、バーグステン、グレン・ハバード、ローレンス・リンゼー、カート・キャンベル、ウィリアム・マーティン等。

(副島隆彦氏の説)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
ペンネーム登録待ち板6掲示板  
次へ