★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6 > 6502.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
反既得権勢力の鳥越氏に対する常軌を逸した、 「人物破壊工作」が、実行されている !
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/6502.html
投稿者 青木吉太郎 日時 2016 年 7 月 25 日 19:08:39: jobfXtD4sqUBk kMKW2Itnkb6YWQ
 


反既得権勢力の鳥越氏に対する常軌を逸した、

「人物破壊工作」が、実行されている !


過去の選挙にはないような、鳥越氏に対する激しい

ネガティブキャンペーンが展開されている !



(「植草一秀の『知られざる真実』」:2016/07/21より抜粋・転載)
────────────────────────────────────
1) 虚偽の事項を記載し又は事実を歪曲して記載する等、表現の自由を濫用して、

   選挙の公正を害してはならない !

異常な都知事選が繰り広げられている。
選挙の告示から投票日まで、メディアは、報道に細心の注意を払わねばならない。
7月19日付ブログ記事:「国土の半分で反安倍陣営勝利理由はTPP」
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-4c05.html:に記述したように、公職選挙法第148条に以下の規定がある。

第百四十八条 この法律に定めるところの選挙運動の制限に関する規定(第百三十八条の三の規定を除く。)は、新聞紙(これに類する通信類を含む。以下同じ。)又は雑誌が、選挙に関し、報道及び評論を掲載するの自由を妨げるものではない。但し、虚偽の事項を記載し又は事実を歪曲して記載する等表現の自由を濫用して選挙の公正を害してはならない。


2)選挙妨害に該当するような誹謗・中傷は、

   基本的に自粛されるべきだ !

選挙が告示されてから投票日までは、選挙妨害に該当するような誹謗・中傷は、基本的に自粛される。
ところが、今回の東京都知事選では、既得権勢力が、文字通り、「目的のためには手段を問わない」
品格なき選挙戦を展開してくることを再三指摘してきた。

既得権勢力の側が2名の候補者を擁立し、反既得権勢力が候補者を一本化したから、勝負は基本的についている。これを転覆させるための工作活動が、激しく展開されている。
そのなかには、「不正選挙」も含まれると思われる。


3)反既得権勢力の鳥越氏に対する常軌を逸した、

   「人物破壊工作」が、実行されている !

鳥越氏に対する常軌を逸した人物破壊工作は既得権勢力がいかに追い詰められているのかを示す象徴的な事象である。
この選挙戦のさなか、7月20日に、「TPP交渉差止・違憲訴訟」第5回口頭弁論が開かれた。

本ブログでの告知も十分にできなかったこともあり、当日の傍聴希望者が100名を下回った。
口頭弁論が開かれる前に東京地裁正門前で門前集会が開かれ、さらに、衆議院第一議員会館多目的ホールにおいて、報告集会が開催された。

これらの概要について、ジャーナリストの高橋清隆氏が、早速、ブログ記事を公開されているので、ぜひご高覧されることを推奨する。
「TPP違憲訴訟に黄色信号、次回で結審か=第5回口頭弁論」
http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/1907054.html


4)TPP交渉差止・違憲訴訟」を、松本利幸裁判長は、

   次回期日をもって審理を打ち切る構えを示している !

松本利幸裁判長は、次回期日をもって審理を打ち切る構えを示しているようである。
参院選も終わり、政治が空白期を迎える可能性がある。
この状況を睨み、政治権力に支配される裁判所は、権力迎合の行動を加速させる可能性がある。
TPPは日本の司法権を奪うものである。

裁判所自体が原告となって違憲の訴えを起こしても起こしくないような事案であるにも関わらず、裁判所の問題意識が極めて低いように見受けられる。


5)TPPは日本の司法権を奪うものであり、日本の主権者は

  大損失を蒙るものだが、裁判所の問題意識が極めて低い !

TPPはグローバルな収奪極大化を追求する強欲巨大資本のための制度である。
これによって、日本の主権者は大損失を蒙る。

主権者にとっては、まさに「百害あって一利のない」条約である。
しかも、憲法を否定するものであることも明白である。
このような憲法破壊の条約に対して、裁判所が正々堂々とこれに対峙することのない現状が、日本の没落を象徴している。

このTPPに関して、新潟県のJA関係者からご丁重な意見をいただいた。
安倍政権は、いま、JA解体に向けてまっしぐらに突き進んでいる。


6)日本のTPP参加と並行して、日本農業の根本

    を破壊する行動が推進されている !

日本のTPP参加と平仄を合わせるかのように、日本の内側から、日本農業の根本を破壊する行動が推進されている。
この現実に対する極めて正当な、そして正鵠を射た問題意識がJA内部で保持されている。
しかしながら、その危機意識が、日本の農業関係者全体に共有されていない。

全中をトップとする農業関係者の組織は、政権与党である自民党の軍門に下っている。
そのために、農業関係者の利益を守る主張さえ示せなくなっている。
全国の各地域で汗を流す農業従事者の多くが、詳細な情報を得ることもなく、政治権力の

軍門に下った農業団体幹部の指示に追従してしまっている。

−この続きは次回投稿します−

(参考資料)

過去の選挙にはないような、鳥越氏に対する激しい

ネガティブキャンペーンが展開されている !


(植草一秀の『知られざる真実』」:2016/07/20より抜粋・転載)
────────────────────────────────────
1)反安倍改憲勢力の統一候補として、擁立

     された鳥越俊太郎氏は、優位だ !

7月31日に投票日を迎える東京都知事選。安倍改憲勢力は候補者を2名擁立した。
対する反安倍改憲勢力は、候補者を一人に絞り込んだ。
反安倍改憲勢力の統一候補として、擁立された鳥越俊太郎氏の優位は、揺るがない。
7月10日の参院選東京選挙区で、安部改憲勢力の得票が、287.2万票、
反安倍改憲反対勢力の得票が、304.0万票だった。

この状況下で安倍改憲勢力が2名の候補者を擁立した。
反安倍改憲勢力の統一候補である、鳥越俊太郎氏の優位は明白である。

しかし、安倍改憲勢力は、どうしても東京都知事のポストを手放せない。
なぜなら、次期東京都知事ポストが、2020年開催予定の東京オリンピック利権と、切っても切り離せないものだからである。


2)東京都知事選ポストを確保するために、

  安倍改憲勢力は、手段を選ばぬであろう !

東京都知事選ポストを確保するために、安倍改憲勢力は、文字通り、「目的のためには手段を選ばぬ」行動を示してくるに違いない。
そのなかには、当然のことながら「不正選挙」も入ってくると推察される。

メディア情勢調査は、予想通りに事実を大きく歪めて発表されている。
事前予想とかい離した結果が出ることに問題があるからだ。
露骨に、完全な虚偽情報を流布しているメディアもある。

そうでないメディアは、鳥越氏をトップ並走と伝えている。


3)虚偽の情報を流し、最終的に権力側の意向

  に沿う結果を創作することが画策されている !

このようなかたちで初期情勢について虚偽の情報を流し、最終的に権力側の意向に沿う結果を創作することが画策されていると思われる。
野党が候補者を一本化した瞬間から都知事選報道が姿を消し、皇室報道一色に染められたが、選挙戦に突入して、今度は逆に、都知事選報道を増やして鳥越氏攻撃を大々的に展開し始めた。

鳥越氏の街頭での演説の少なさをクローズアップして、鳥越氏に対する激しいネガティブキャンペーンが展開されているのである。


4)過去の選挙にはないような、鳥越氏に対する

   激しいネガティブキャンペーンが展開されている !

通常の選挙においては、選挙戦に突入したあとは、具体的な報道を控える。
都知事選の場合、立候補者が21名もいるが、このなかには元国会議員も含まれている。
そのなかで、主要政党の後押しのある候補だけを、クローズアップして報道することは、公正な選挙を妨げる選挙妨害にあたることになる。

街頭の声を拾う場合には、放送局は、市民の声を取捨選択できる。
その声の取り上げ方によって、選挙に与える影響を操作できる。
実際に各放送局は露骨な情報誘導を行っている。

テレビの公開討論番組で、鳥越俊太郎氏が、小池百合子氏の街頭での発言を取り上げて異議を唱えた。


5)小池百合子氏は、秋葉原駅前で行った街頭演説で、

   鳥越氏を誹謗・中傷する演説を実行した !

小池百合子氏は7月17日に秋葉原駅前で行った街頭演説で次のように発言した。
「この人なら勝てると言って、政策も何もない人、病み上がりの人をただ連れてくればいいというものではないんです」この発言について、鳥越氏が事実確認した。

これに対して、小池氏は、「言ってないです、記憶にないですね」と笑いながら発言自体を否定した。

これに対して鳥越氏は、「ここに証拠がある、日本テレビのニュース番組でテロップが入っている」として、7月18日午後6時ごろに日本テレビ「every」が流した演説の様子の画像写真を提示したうえで、「おっしゃったかどうか聞きたいんです」と問い質した。


6)小池氏は、なおも、「記憶にないですよ」と答えたが、証拠を突きつけられて、

  前言を翻した一連の言動は、品格の問題を露呈した !

小池氏は、なおも、「記憶にないですよ」と答えたが、明白な証拠を突きつけられて、しどろもどろになって、「もし言っていたならば、失礼なことを申し上げて恐縮です」と前言を翻した。
問題の本質は、品格」である。

がんを克服して、都知事選への出馬を決めた候補者について、本人がいないところで、「政策も何もない人、病み上がりの人」と表現して叩く、「品格」が問われる。

また、事実を指摘されて「記憶にない」を繰り返す「品格」が問われている。

そして、「記憶がない」の発言しておいて、明白な証拠を突きつけられると、一転して発言を翻すこと、さらに、「これが選挙なんです」と居直る「品格」が、問題なのである。


7)2代続けて都知事が辞任に追い込まれた

   最大の要因は、「品格」にある !

2代続けて都知事が辞任に追い込まれた最大の要因は、「品格」にある。
高齢でも、正しい方向の判断ができるなら、優れた政策アドバイザーが補佐を行えば、良い都政を実現できる。

しかし、「品格」を欠く人物が、都知事に就任すれば、恐らく都政も「品格」を回復することはできないだろう。

不正選挙を乗り越えて、反安倍改憲勢力の主権者は、この選挙を勝ち抜かなければならない。

鳥越氏が、もの忘れがひどくなったと述べた、過去の発言が取り上げられているが、もの忘れなど、若い人でも日常茶飯事だ。

私なども自慢ではないが、重要でないと思うことなど、ほとんど覚えない。
重要だと思うことはよく覚えるが、そうでないと思うことについては、もともと覚えようという意志が働かないのかも知れない。

もの忘れをしたことがないという人などいない。
重要でないことを忘れても、何の弊害もない。

−以下省略します−

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. やもめーる[-55] guKC4ILfgVuC6Q 2016年7月26日 17:15:11 : ud13ABJlS6 : pXd9D95feQs[-9]
やはり都内にいるバックパッカーの
怪しい白豚白人連中を調べるべきだ。
奴らは在日朝鮮の統一教会勢力よりも
悪辣なジャパンハンドラーズ=CIA=モサド
のスパイだろう。安倍政権になって
急激に都内に増えてきた。
メンインブラックのような昔の
いかにも黒ずくめのような
スーツをきて行動するよりも
ラフな格好をする方が怪しまれない
からだ!!いかにも連中の
悪質かつ巧妙な作戦だ!!


[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
ペンネーム登録待ち板6掲示板  
次へ