★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6 > 6836.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
   池上彰でも隠蔽・捏造する、ロッキ−ド事件 ・文春の金脈報道の深層・真相は ? (下・完)
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/6836.html
投稿者 青木吉太郎 日時 2016 年 9 月 26 日 18:58:03: jobfXtD4sqUBk kMKW2Itnkb6YWQ
 


池上彰でも隠蔽・捏造する、ロッキ−ド事件

・文春の金脈報道の深層・真相は ?

(下・完)


T 「池上彰のニュースそうだったのか !!」

(kakaku.com :2016年9月24日(土)より抜粋・転載)

テレビ朝日・『2時間スペシャル』:

スタジオでは田中角栄元総理について解説された。田中角栄元総理は尋常高等小学校を卒業した経歴があるという。また当時、大学に進学する人はごく一部のエリートの人だけであったという。

スタジオでは、田中角栄元総理について解説された。当時の政治家は毎晩のように料亭に通っていたという。また政党の結成、分裂が多く、のし上がるチャンスも多かったという。
情報タイプ:施設 URL:http://hokuriku-w7.com/ 

■田中角栄元総理

 去年から今年にかけて田中角栄元総理に関する本が多数出版され、ちょっとしたブームになっている。亡くなって23年、特に節目というわけでもないのに一体なぜなのか? 池上は、稀有な存在である田中角栄と世の中に巻き起こる待望論について、「地元への思いが… 
学歴はないけど総理大臣に!!」「田中角栄がいたから中国からパンダが来た」「総理大臣時代のワイロで歴史的大事件に!!」など、角栄にまつわる7項目を紐解きながら解説する。

U 田中角栄、ロッキード事件40年後の「驚愕証言」【後編】

『対米追従シンドローム』に侵された日本の権力者たち !

(www.news-postseven.com:2016.08.03 07:00より抜粋・転載)

【元参院議員の平野貞夫氏が証言】

 田中角栄・元首相が逮捕された「戦後最大の疑獄事件」、ロッキード事件発覚当初から、児玉誉士夫氏は「病気」を理由に証人喚問を拒否していた。

 国会は1976年2月16日、病状確認のために医師団を児玉邸に派遣した。結果、児玉氏は「重度の意識障害」と診断され、喚問は見送られることになった。
 7月上旬、『田中角栄を葬ったのは誰だ』(K&Kプレス刊)を上梓した、事件当時、衆院議長秘書を勤めていた平野貞夫氏(元参院議員)が振り返る。

「私は当時、児玉氏が中曽根(康弘)氏を守るために、自分の意志で証人喚問を拒否したと思っていた。しかし、その判断が間違っていたことに、後になって気付いた」

 そのきっかけは、ひとつの告発記事だった。『新潮45』(2001年4月号)に掲載された記事で、児玉氏の主治医・喜多村孝一東京女子医大教授(当時、故人)の部下だった天野惠市氏(当時、同大助教授)の手記である。天野氏はその中で、国会医師団派遣直前の喜多村氏の行動を暴露した。記事には1976年2月16日の午前中、東京女子医大の脳神経センター外来診察室での出来事が克明に記されている。

立ったままの喜多村が、切り出した。「これから、児玉様のお宅へ行ってくる」
 喜多村は、児玉を必ず、「児玉様」と呼んだ。〉(前掲記事より、以下同)
 天野氏が訝りつつその理由を聞いた後の2人のやり取りは以下の通りだった。

〈「国会医師団が来ると、児玉様は、興奮して脳卒中を起こすかもしれないから、そうならないように注射を打ちに行く」、「何を注射するのですか」、「フェノバールとセルシンだ」
 いずれも強力な睡眠作用と全身麻酔作用がある。

「先生、そんなことしたら、医師団が来ても患者は完全に眠り込んだ状態になっていて診察できないじゃないですか。そんな犯罪的な医療行為をしたらえらいことになりますよ、絶対やめてください」〉

 止める天野氏に対して、喜多村氏は激怒し、看護師の持ってきた薬剤と注射器を往診カバンに詰めて出ていった──手記にはそう書かれている。
 国会医師団が、児玉氏を診察したのは、喜多村氏が児玉邸を訪れてから数時間後である。

そして、喜多村氏が国会に提出していた診断書の通り、
「重度の意識障害下」にあり、国会での証人喚問は
 不可能と判断されたのである。

 平野氏がいう。
「フェノバールとセルシンの注射で発生する意識障害や昏睡状態は、重症の脳梗塞による意識障害と酷似している。仮に国会医師団が見抜けなかったとしてもおかしくない」
 そして、着目すべきは“主治医が児玉邸を訪れたタイミング”だと指摘する。

「私のメモにも残っていますが、2月16日は医師団の派遣を巡って衆議院の予算委員会理事会が紛糾していた。医師団の派遣そのものを決めたのが正午過ぎで、メンバーが決まったのは午後4時。そこから『2月16日の当日中に行くか』『翌日の朝にするか』を協議し、夜7時になって当日中の派遣が正式に決定した。

私は議長秘書として医師団派遣の調整に関わっていたので、時系列に間違いはない。

 つまり、児玉氏の主治医は、国会医師団の派遣が、まだ正式に決まっていない、16日午前中に、すでに“医師団が今日中に児玉邸に来る”と確信していたことになる。
医師団派遣は、いわば機密事項だった。にもかかわらず、なぜ主治医は知っていたのか。

国会運営を取り仕切れる中枢にいて、かつ児玉氏の主治医にも
コンタクトできる人物が情報を流していたとしか考えられない」


◆児玉喚問中止で、「得をしたのは誰だ」

 もし児玉喚問が実現していたら、ロッキード事件は違った方向に展開していた可能性が
ある。丸紅を通じて角栄氏が受け取ったとされるのは5億円(現在価値で50億円)である。

一方、児玉ルートには21億円(現在価値で210億円)が流れたとされている。
平野氏が続ける。
「児玉氏の証言が得られなかったため、東京地検は、狙いを田中さん一人に絞り、逮捕に全力を傾けた。

もし当局が児玉ルートにも切り込んでいたら、ダメージを受けたのは、中曽根氏だったはず。
私は告発記事を読んだ後に天野医師と会って話したが、児玉氏の主治医だった喜多村氏は、その後、
“中曽根氏の主治医”を名乗るようになったと証言している」

 事件発覚当時から、角栄氏の逮捕に至る流れは、政治的な思惑のある「国策捜査」ではないかとの指摘がされていた。米議会公聴会で疑惑が出た直後の1976年2月9日に当時の三木武夫・首相は、与党内に累が及ぶ疑惑であるにもかかわらず、「なすべきことは真相の究明」と言明した。

権力側が、政界ルートの捜査を検察に促す“逆指揮権”が発動したともいわれた。

 そして、結果として、三木首相と党内で対立する角栄氏に追及の矛先が向かった。
その三木政権を幹事長として支えていたのが中曽根氏だった。
 角栄氏が1976年8月に保釈されると、田中派をはじめとする自民党内の反主流派6派閥が一気に「三木おろし」の逆襲を始め、その際に政権サイドについたのが、三木派と中曽根派だけだった。

当時、自民党内で壮絶な権力闘争があったことは間違いない。


■ LINE交換から恋愛結婚へ発展 r-joker.jp

させるには?女性とのLINEが続かないならばこう送ると彼女の反応が変わります
Ads by Yahoo! JAPAN

 そして時は流れて、平成の世になり、2008年に秘密指定が解除された米公文書に、中曽根氏とロッキード事件を結びつける記述が見つかっている。
〈ロッキード事件の発覚直後の1976年2月、中曽根康弘

・自民党幹事長(当時)から米政府に「この問題を
もみ消すことを希望する」との要請があった〉
(2010年2月12日付、朝日新聞)

 中曽根事務所は、平野氏の指摘、米公文書の記述について、「ノーコメント」とするのみ。
平野氏が続ける。
「田中さんは物的証拠がないまま、証言だけで有罪になった。

政治、捜査機関、司法当局、そしてメディアによって、
“田中有罪”という世論の大合唱が作り上げられていった」
 なぜ、ロッキード事件では結果的に角栄氏だけが狙い撃ちされたのか。


☆1972年9月に田中角栄氏が米国の意に背いて
日中国交正常化を実現させ、同時に台湾との国交を
断絶したことでホワイトハウスが激怒した―といった
「米国の虎の尾を踏んだ説」も根強くある。

それを裏付けるような機密解除された、米公文書の存在も報じられている。平野氏がいう。

「“虎の尾論”は一面の真実をついているでしょう。

ただ、私にできるのは、『対米追従シンドローム(「症候群」)』
に侵された日本の権力者たちが、田中角栄という政治家を葬った
ということを論証すること。

それが使命だと考えているから今回、『田中角栄を葬ったのは誰だ』を改めて出版した。
事件から40年を機に、国民に目を見開いてほしい」
 真実は、どこにあるのか。※週刊ポスト2016年8月12日


V 田中角栄つぶしに狂奔した、米国の手先・

文芸春秋・立花隆 !立花隆の犯罪を告発せよ !


(山崎行太郎・毒蛇山荘日記ブログ:2010-01-27より抜粋・転載)

1) 田中角栄つぶしに狂奔した、米国の手先・文芸春秋・立花隆 !

2)米国言いなりでない角栄つぶしを実行した、
「第二の敗戦」、売国者・政官財・マスコミの実態 !

1) 米国隷属・政治謀略加担者を

英雄視する、売国奴・政官財・マスコミ !

つまり、立花隆的ジャーナリストを、権力に立ち向かい、権力を打ち倒したジャーナリストとして「英雄」にしてしまうほど、昨今の論壇やジャーナリズムは単純でも、低レベルでもないないということだ。

立花隆は、「民主大崩壊、小沢がつかまる日」という、露骨な小沢批判の特集を組んでいる、「週刊現代」(2/6)での対談「小沢一郎逮捕へ、私はこう考える」で、例によって例の語り口で、こう語っている。

立花隆:「特捜部は最大手ゼネコンの鹿島や、鹿島のOBで談合の仕切り屋と言われた元幹部の自宅、さらに中堅ゼネコンの山崎建設、宮本組などに家宅捜索に入っていますが、どこに『ガサ入れ(家宅捜索)』しているかを見れば、特捜部の捜査の狙いは透けて見えてきますね。」と。

これに対して、宗像紀夫(元東京地検特捜部長・CIAの子分)が「ずばり今回の事件は東北地方における公共工事利権の全容、これを解明することでしょう。
ゼネコンの裏献金システム、利権構造を明らかにすること、これを最終着地点に見据えていると思います。」と応じると、

立花は「その利権構造の頂点に、小沢がいたという見立てですね」と言っている。


4)長期政権・自民党への巨額献金をインペイして 野党・政治家のカネを

誇大宣伝する偏向評論家・元東京地検幹部 !

これで、立花隆の小沢批判の論理構造は明らかである。立花は、あいも変わらず、「金権政治」というレッテルや「土建屋」というレッテルで、日本の政治を語ろうとしているが、彼の批判は、はたして正確なのか。

立花は、何故、トヨタやキャノン、オリックスから自民党への莫大な「政治献金」を語らないのか。
自民党と大企業との癒着を、何故、問題にしないのか。

そこで、僕が、ここで、ひとまず確認しておきたいことは、僕の関心は、「ゼネコンの裏献金システム、利権構造…」なるものの内実にはなく、むしろ、何故、立花隆や東京地検特捜部等が、かくも深く、「ゼネコンの裏献金システム、利権構造…」なるものに固執し、関心を寄せ続けているか、という点にあるということだ。

いいかえれば、何故、ゼネコンなのか。
何故、トヨタやキヤノンではないのか、ということである。

いずれにしろ、立花隆は、「小沢一郎のような金権政治家を逮捕し、政界から追放しろ」と言っている。

これは要するに、「日本の政界には、清貧で、綺麗な政治家だけ残れ」と言っているようなものである。

この立花隆的な「金権政治家」批判の論理構造が、
某国作成の「日本沈没のシナリオ」であることは自明である。

未だに論壇やジャーナリズムには、「金権政治家」や「土建屋国家論」への批判は根強いが、その種の批判に、僕は必ずしも賛成ではない。

むしろ僕は、「金権政治家」や「土建屋国家論」が、日本と日本国民を救う、と考えている。

つまり「金権政治家」や「土建屋国家論」が悪であり、それを追放することが正しい、という前提を疑う必要がある、と。


5)「検察批判」や「マスコミ批判」が  できない、権力隷属・立花隆

6)立花隆は、米国隷属 「検察御用達・ジャーナリスト」だ !



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
ペンネーム登録待ち板6掲示板  
次へ