★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6 > 8517.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
8月の安倍内閣改造、目玉は ?  “女性活躍”の看板で、“客寄せパンダ”活用 !
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/8517.html
投稿者 青木吉太郎 日時 2017 年 8 月 02 日 18:54:37: jobfXtD4sqUBk kMKW2Itnkb6YWQ
 


8月の安倍内閣改造、目玉は「三原じゅん子厚労大臣」 !

  “女性活躍”の看板で、“客寄せパンダ”活用 !

  
   自公政治家・NHK等が隠蔽する、安倍首相の深層・真相は ?

  安倍首相のオカルト行動を昭恵夫人が証言 !

  安倍首相とカルト・統一教会の深い関係 !

(headlines.yahoo.co.jp:2017年7/31(月) 8:01配信 より抜粋・転載)

デイリー新潮:

◆安倍総理は、起死回生の逆転ホームランを狙う !

 8月の内閣改造、目玉は「三原じゅん子厚労大臣」 “女性活躍”の看板で、

 一向に下げ止まらない内閣支持率がストレスとなり、すでに心身は悲鳴を上げているに違いない。
検査入院をしなければならないほどに手負いの安倍晋三総理。起死回生の逆転ホームランを狙い、
8月3日に内閣改造に踏み切るが、トホホなことになりそうなのだ。
 ***

 いつか見た光景が繰り返されるのか。
 閣僚の失言や不祥事が相次ぎ、支持率は急降下、そこへ持ってきて、体調悪化に追い打ちをかけられ、安倍総理は、第1次政権を投げ出さざるを得なかった。
 現在、妙な既視感が生まれつつある。

「G20サミットや北欧諸国の歴訪から帰国後、すぐの7月15日、安倍総理は、慶応大学病院に検査入院する予定でした」 とは、永田町関係者の話。

◆安倍首相が、体調を崩したために、
主治医が、私邸に急遽駆け付けた !

「結婚30周年のお祝いの会を、昭恵夫人や友人らと開いた、6月9日の深夜、体調を崩したために慶応大学病院の主治医が、私邸に急遽駆け付ける事態を招きました。
なので、あらためて、メディカルチェックを受ける必要が出てきたのです。しかし、その情報が事前にマスコミに漏れ、病院の玄関前には、テレビカメラが張りつくようになってしまい、加計(かけ)問題の集中審議が終わったあとの、7月末に変更になったと聞きました」


◆潰瘍性大腸炎という、難病を抱える安倍総理 !

 潰瘍性大腸炎という、難病を抱える安倍総理は、これまで半年ごとに、東京・信濃町の慶応大学病院で、人間ドックを受けてきたという。

 そして、最後に人間ドックを受けたのは、昭恵夫人による森友学園への100万円寄付問題の渦中にあった、3月25日のことである。わずか4カ月足らずで、検査入院をしなければならないとは、よほど身体に変調を来たしているのか。

8月の内閣改造、目玉は「三原じゅん子厚労大臣」 “女性活躍”の看板で


◆菅官房長官、細田派は避ける !

 むろん、下げ止まらない内閣支持率が、精神的プレッシャーとなって、安倍総理の身体をさらに蝕んでいるのは、間違いない。時事通信が、7日から10日に実施した世論調査によると、内閣支持率は、前月から15・2ポイントも急落し、29・9%。ついに、政権運営が不安定になる30%を割り込んで危険水域に突入したのだ。第1次政権では、2007年7月の参院選惨敗直後、内閣支持率が26%にまで落ち込み、その2カ月後に退陣を余儀なくされた。

 まさしく、手負いの状態にある安倍総理が政権浮揚の起死回生の一打として放つのが、この8月3日に予定されている内閣改造なのである。果たして、どのような布陣にしようとしているのか。


◆官邸詰めの記者が解説 !

 官邸詰めの記者が解説する。

「まず、再び“お友だち内閣”との批判を受けないように、安倍総理は所属する細田派からの起用は極力避ける方針です。都議選の応援演説で、“自衛隊としてお願い”発言をした稲田朋美前防衛相、あるいは“総理のご意向”をバックに加計学園の獣医学部新設を文科省にごり押しした萩生田光一官房副長官といった細田派の議員は当然、役職から離れる候補になります」

 加えて、閣僚経験のあるベテラン議員から入閣させるというのが、内閣改造の2大方針。不慣れな新人を抜擢すれば、政権の命取りになりかねない新たな不祥事のリスクを伴うことになるからだという。

「そのうえで、菅義偉官房長官、麻生太郎財務相、二階俊博幹事長の“骨格”は維持すると見られている。
菅さんはしきりに“二階さんが大事だ”と口にしています。政権を支えると公言している麻生さんですが、細田派に次ぐ勢力の新麻生派結成で、安倍総理の寝首を掻くこともできる危険性を孕むようになった。
だから、パワーバランスを保って新麻生派を牽制するために、安倍総理は二階さんを幹事長の要職に起用し続けるしかないのです」(同)

◆“客寄せパンダ”の三原じゅん子議員 !

 一方、安倍政権は一貫して、“女性活躍推進”を看板政策に掲げている。

 そのため、これまでの閣僚人事で、積極的に女性登用を行ってきた。“うちわ問題”で身を引くはめになった松島みどり元法相しかり、政治資金のデタラメ収支報告で辞任した小渕優子元経産相しかり……。

 自民党所属のある国会議員が言う。

◆三原参院議員はまだ、当選2回 !

「稲田防衛相も失敗例の一つですが、今度の内閣改造でも女性を登用することに変わりはないようです。ただ、“看板”を背負ってくれる人材が、なかなか見当たらず、安倍総理は、頭を悩ませていた。実は、そこで浮上してきたのが、抜群の知名度と人気を誇る、三原じゅん子参院議員なのです」

 本来、入閣適齢期は、衆院なら当選5回以上、参院では当選3回以上である。
しかし、三原参院議員はまだ、当選2回である。

「普通なら大臣の椅子に座ることはあり得ません。でも、安倍総理は内閣改造の目玉にする腹積もり。少子化担当大臣が妥当との説もありますが、厚労大臣が有力視されている。三原さんは子宮頸がんを患った経験から厚労政策をライフワークにし、今国会でも受動喫煙防止に積極的に取り組んでいた。

受動喫煙防止の原理主義的な厚労省案に拘った挙げ句、法案提出もできなかった塩崎恭久厚労相には不満噴出で、交代は既定路線になっています」(同)

 とはいえ、客寄せパンダさながらに、厚労大臣という重要ポストに就くことが許されるのか。

◆三原参院議員は、内縁関係にあった11歳年下のミュージシャン
を、秘書として雇い入れ、税金で養っていた !

 そもそも、三原参院議員にも、後ろ暗いところがまったくないわけではない。

 実は、初当選後から、内縁関係にあった11歳年下のミュージシャンを秘書として雇い入れ、税金で養っていたのだ。おまけに、そのミュージシャンの実妹が生活保護を受けていたにもかかわらず、厚労政策をライフワークにする彼女が何ら救いの手を差し伸べていなかったことも、本誌(「週刊新潮」)の取材によって発覚した。
 それだけではない。

◆三原参院議員は、24歳年下の政治家志望の男性を秘書に
抜擢した上、交際2カ月で、電撃結婚した !

 今度は、三原参院議員の前に、24歳年下の政治家志望の男性が現れた。するとこれまた秘書に抜擢したうえで、ミュージシャンを袖にし、昨秋、交際2カ月で、電撃結婚した。
ただし、元内縁夫にはつい最近まで、ほとんど仕事がないのに、“慰謝料代わり”に秘書給与を支払い続けていたという。

 政治は、血税を貪る、生活互助会の場ではあるまい。大臣として相応しい資質を備えていると言えるのか。

   「週刊新潮」2017年7月27日号 掲載


(参考資料)

T 「毎晩声をあげて…」 安倍首相のオカルト行動を昭恵夫人が証言 !

http://lite-ra.com:2016.11.20より抜粋・転載)

◆妻・アッキーに“奇行”を暴露された安倍首相

(安倍晋三公式サイトより)

 先日、安倍首相が韓国の朴槿恵大統領と同様、ひとりの側近に操られているという記事を配信したが、どうも安倍首相と朴大統領の間にはもうひとつ共通点があるらしい。それは、オカルトや占いにやたら依存していることだ。

※補足説明:オカルトとは ?
(dic.nicovideo.jpより抜粋・転載)

オカルトとは、目で見たり、触れて感じることのできない何かである。

安倍昭恵:〈主人(安倍晋三)自身も特別な宗教があるわけじゃないんですけど、毎晩声を上げて、祈る言葉を唱えているような人なんですね〉

〈神様なのか、先祖なのか、分からないですけど。何か自分の力ではないものに支えてもらっていることに対しての感謝を〉

 安倍首相は、毎晩、何に声を上げて祈っているのか。昭恵夫人は特別な宗教はないといっていたが、このオカルト的行動で、まっさきに想起するのは、第一次政権のときに取りざたされた「慧光塾」のことだ。

◆安倍首相が親密なオカルトまがいの新興宗教・「慧光塾」

 ところが、安倍首相は、このオカルト団体とべったりともいえる親密関係を築き、
その胡散臭いビジネスにも全面協力していた。

◆光永代表の誕生日にパーティに、安倍首相は、
   母親の洋子(岸信介元首相の娘)夫人とともに毎年のように出席 !

光永代表は、毎年自身の誕生日にパーティを開いていたが、安倍首相は、母親の洋子夫人とともに毎年のように出席。光永代表の長男の結婚式では、媒酌人までつとめた。

◆安倍晋三:光永代表のパワーで北朝鮮を負かしていただきたい !

◆“霊力”で、拉致問題を解決しようと言う、政府首脳は、異常だ !

◆安倍首相は、永年、「神立の水」を愛飲している !

◆秘書官選びに迷った安倍は(「慧光塾」に)「お告げ」を求めた !

◆安倍首相とオカルトまがいの慧光塾の異常な関係 !

◆“炎の行者”真言宗・池口恵観法主をたよる、安倍晋三氏 !

(「週刊朝日」07年9月28日号/新潮社)


U 安倍首相とカルト・統一教会の深い関係 !

   岸信介・安倍晋太郎は、「国際勝共連合」・「統一教会」

     と長年友好的な協力関係を持っていた !

(wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com: 2013年3月 5日 より抜粋・転載)

◆安倍晋三と統一教会の関係。

◆自民党と統一教会の関係。

◆チャンネル桜と統一教会の関係。

★岸信介は、保守合同を推進して、CIAの支援のもと、
自由民主党を結党させ、初代自民党幹事長に就任した !

歴史をひもとけば、安倍晋三の祖父、「岸信介」自身が、統一教会と深い関係に結ばれた人物でした。

岸信介は、保守合同を推進して、CIAの支援のもと(アメリカの機密解除された公文書に記されている事実です)、1955年に自由民主党を結党させ、初代自民党幹事長に就任した人物です。

★岸信介邸隣に、世界基督教統一神霊協会(統一教会)があった !

東京都渋谷区南平台(地区は松涛)の岸邸隣に、世界基督教統一神霊協会(統一教会)があり、岸も、統一教会本部やその関連団体「国際勝共連合」本部に足を運んだ[31]。

日本での「国際勝共連合」の設立の際に、児玉誉士夫、笹川良一と共に協力した[32]。 1974年(昭和49年)5月7日、東京の帝国ホテルで開かれた、統一教会の教祖・文鮮明の講演会「希望の日晩餐会」の名誉実行委員長となった[33]。

wikipedia:岸信介:安倍晋三の父、安倍晋太郎も統一教会や朝鮮半島と密接な関係をもっていました。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
ペンネーム登録待ち板6掲示板  
次へ