★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6 > 8598.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日航機墜落事故には、マスコミ報道 と全く異なる真実が見えてくる ! ミサイルで撃墜 !
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/8598.html
投稿者 青木吉太郎 日時 2017 年 8 月 18 日 21:11:37: jobfXtD4sqUBk kMKW2Itnkb6YWQ
 


日航ジャンボ機墜落事故には、マスコミ報道と全く異なる真実が見えてくる !

佐宗氏の見解:JAL123便を、米国の戦闘機が後部からミサイルで撃墜した !


(「植草一秀の『知られざる真実』」:2017/08/12より抜粋・転載)
────────────────────────────────────
1)1985年8月、日航ジャンボ機が墜落し、520名が死亡
した、世界最多の航空事故発生 !

1985年8月12日、羽田空港1800発大阪伊丹空港行き日本航空123便が18時56分に、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(通称「御巣鷹の尾根」)に墜落した。
乗員乗客524名のうち520名が死亡した。生存者(負傷者)は、4名だった。
夕刻の便であり、お盆の帰省ラッシュとも重なっていた。
死者数は、墜落事故および単独機の航空事故で、世界最多となった。
1987年6月19日に航空事故調査委員会は、同機が、1978年6月2日に伊丹空港で起こした、しりもち着陸事故後のボーイング社修理が、不適切であったために、圧力隔壁が破損したことが事故原因であるとの報告書を公表した。


2)日航ジャンボ機墜落事故には、マスコミ報道と
 全く異なる真実が見えてくる !

これによって、公式な原因調査は、終了しているが、この問題を追求すると、まったく異なる真実が見えてくる。「知られざる真実」である。
2001年9月11日の米国における、「同時多発テロ」についても、極めて重大な疑惑が、浮上しているが、いずれも、正式な再調査が、行われていない。
日航ジャンボ123便は、8月12日18時12分に、羽田を離陸した。
離陸後、順調に飛行を続け、18時24分には、大島上空を通過し、相模湾上空に差し掛かっていた。このとき、大きな衝撃音がして、機体に異常が発生した。
このときの模様を、123便の生存者で、日本航空CAを務めていた、落合由美氏が、次のように証言している。


3)水平飛行に移るかなというとき、「パ−ン」という、
かなり大きい音がした !

「そろそろ、水平飛行に移るかなというとき、「パ−ン」という、かなり大きい音がしました。
テレビ・ドラマなどで、ピストルを撃ったときに、響くような音です。
「バーン」ではなくて、高めの「パーン」です。
急減圧がなくても、耳を押さえたくなるような、すごく響く音だった。
前ぶれのような異常は、まったく何も感じませんでした。」
「「パーン」という音と同時に、白い霧のようなものが、出ました。
かなり濃くて、前の方が、うっすらとしか見えないほどです。」
「その霧のようなものは、数秒で消えました。酸素マスクをして、ぱっと見たときには、もうありませんでした。白い霧が流れるような、空気の流れは感じませんでした。すっと消えた、という感じだったのです。」
「このときも、荷物などが飛ぶということもなく、機体の揺れは、ほとんど感じませんでした。
しかし、何が起きたのだろうと、私は、酸素マスクをしながら、きょろきょろ、あたりを見まわしていました。


4)私の座席からは、ベントホールは、
 見えない位置にあり、確認できない !

あとになって、8月14日に公表された、いわゆる『落合証言』では、客室乗務員席下のベントホール(気圧調節孔)が開いた、とありますが、私の座席からは、ベントホールは、見えない位置にあります。
ですから、開いたのかどうか、私は確認できませんでした。」
18時24分に衝撃があり、機体に異常が発生して、結局、18時56分、123便は、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(通称「御巣鷹の尾根」)に、墜落した。
捜索隊が、墜落現場を確認したのは、墜落から10時間が経過した、8月13日午前8時半ころとされている。


5)墜落現場を確認は、10時間後となり、
 救難活動が遅れて、520名が死亡した !

救難活動が遅れて、乗員乗客524名のうち、520名が死亡したとされている。
上記落合氏の証言によると、「墜落の直後に、「はあはあ」という、荒い息遣いが聞こえました。
ひとりではなく、何人もの息遣いです。そこらじゅうから、聞こえてきました。まわりの全体からです。
「おかあさーん」と呼ぶ男の子の声もしました。」という状況であった。
つまり、墜落の直後には、多数の乗員、乗客が、生存していたのである。
当初は、現場の発見が遅れ、救難活動が、翌朝8時半以降にずれ込んだことが、犠牲者を多くした原因と考えられたが、その後に、衝撃の事実が明らかになった。


6)コックピットから発せられた言葉「オレンジエア」が、
重大な真相を示唆している !

また、8月12日、18時24分に、大きな衝撃音が発生した直後に、コックピット(飛行機や宇宙船の操縦室)から、発せられた言葉が、重大な真相を示唆していることも、明らかになっている。
その言葉とは、「オレンジエア(誘導ミサイル)」である。
自衛隊では、軍事演習用の機器は、オレンジ色に塗ってある。
「ファイア・ビー」、「チャカ2」、「SSM−1」のいずれかが、123便に接触して、123便の尾翼が、喪われた疑いがある。

*補足説明:

☆オレンジエアとは ?

【日航機不時着事故の真相】をうやむやにする日本の未来とは?

(ryokuhuu.hatenablog.comより抜粋・転載)
ボイスレコーダーの中に、自分の耳にも「オレンジエア」とはっきり聞こえる部分があります。Orange Aircraft ( オレンジ色の飛行物体 )にせよ、自衛隊のオレンジ・エア(誘導ミサイル)にせよ、それによって日航機が何らかの攻撃を受けた、あるいは何らかのミスによる衝突事故があったこと は、確かなような気がします。オレンジエアの説明がWikipediaから消されたという指摘も読みました。

☆「ファイア・ビー」とは ?
無線誘導の亜音速無人ジェット機で、誘導弾用の標的機。

☆「チャカU」は「ファイア・ビー」を、小型化した対ミサイル用標的機です。

☆「SSM−1」: 88式地対艦誘導弾(はちはちしきちたいかんゆうどうだん)は、日本の陸上自衛隊が 装備している地対艦ミサイル(対艦誘導弾)システム。略称はSSM-1で、広報を対象と した対外愛称はシーバスター。部隊内での通称は「SSM」。

7)日航ジャンボ機は、事実を隠すために着陸が阻止され、
群馬県山腹に誘導された可能性大だ !

日航ジャンボ機は、ミサイルによって尾翼を失い、調布に緊急着陸しようとしたが、事実関係の発覚を回避するために着陸が阻止され、群馬県山腹に誘導された疑いがある。
米軍は墜落直後に墜落地点を確認したが、迅速な救援活動を行わなかった。
32年の年月が経過しているが、真相は明らかにされていない。
迷宮に送り込まず、真相を解明しなければならない。
墜落した、日航ジャンボ機123便のコックピット(操縦室)は、衝撃音発生直後に、スコーク77を宣言し、「オレンジエア」(誘導ミサイル)と、発声したのだと見られる。
「日本航空123便墜落事故を検証する」、http://www.link-21.com/JAL123/024.html
によれば、「「スコーク77」は、民間機が、何かに要撃の対象とされた場合の「緊急コール」で、発信した民間航空機は、自衛隊機の指示・誘導に従うよう定められています。

−この続きは次回投稿します−

(参考資料)

T 8.12日航ジャンボ機墜落事故 !  30年目の真実について

http://www.asyura2.com/13/nihon31/msg/576.html

投稿者 佐伯まお 日時 2015 年 8 月 02 日 00:11:44: tdlRyu1TRbdKI
お世話になります。佐伯まおです。
今年は特に暑く感じております。
外出時は水分・塩分補給と休憩をお忘れにならないでください。

◆1985年8月12日、日本航空123便墜落事故 !

今回は、日本航空123便墜落事故についてです。
1985年8月12日(月)18時56分に発生した墜落事故です。
今年で30年目を迎えます。

毎年テレビでこの事件の「真実」と称して放送されております。
毎年新しい事実が出てくるのでしょうか?
実際の表に出せない事実があるから、
墜落事故の真実だの真相だのと称して、テレビ報道しているのではないでしょうか?

◆墜落事故の真実を講演された、佐宗邦皇さん、
休憩中に倒れ、死亡された !

この事件について、佐宗邦皇(さそう・くにお)さんが、裏には真実があり、大変な事実が隠されていたことを講演されました。
しかも、講演休憩中に倒れ、故人になられました。
真実を知られたくない者たちに消されたとする見方があります。
佐宗さんは、JALの社員だった方で、内部の事情を良く分かる立場であった方です。

◆佐宗邦皇(さそう・くにお)さんは暗殺された ?

この方の言われた内容は、第3者の方より説得力があり、消そうとする理由も納得できます。
佐宗さんが倒れたことは、真実の裏付けになります。
佐宗さんの命をかけた講演をお聞き頂きたく思います。5分程度です。

■「御巣鷹山JAL123便墜落事件の真相について !」

佐宗邦皇代表 :https://www.youtube.com/watch?v=Y-rbgPbmmTo

■急減圧はなかった !

急減圧は事故調によって創作されたものだ !

http://sky.geocities.jp/joggle_joggle/Main1.html

☆JAL123便を、米国の戦闘機が後部からミサイルで撃墜した !

佐宗さんは、アメリカの戦闘機が後部からミサイルで撃墜したと主張されております。
一般的に、内部隔壁が損壊したことが原因と言われている説は、あれはウソだと言っておりました。
なぜそのようなことをしたのかという問いでは、
アメリカがプラザ合意を押し付けるために、武力で脅すために、
このような旅客機撃墜を実行したという主張です。
日本航空の社員だった佐宗さんは、この問題に熱心に取り組んだ結果の結論でした。

■プラザ合意(ネットより抜粋)

1985年9月 22日にニューヨークのプラザホテルで開催された先進5ヵ国蔵相・中央銀行総裁会議 G5で討議されたドル高是正のための一連の合意事項をいう。
当時,アメリカは巨額の財政赤字や高金利を背景にドルの独歩高を通じて膨大な貿易収支の赤字を発生させ,世界的な対外不均衡が問題となっていた。

☆日航機墜落事故のすぐ翌月に、プラザ合意が締結 !

日航機墜落事故のすぐ翌月に、プラザ合意が締結されております。
アメリカはこの時、経済的に追い込まれていました。
アメリカは何としてもこの条約を結びたかったわけですから、武力で脅したという説の状況証拠になる事実です。本当であればアメリカの飛行機の欠陥で起きた事件なら、まだ事故の影響が落ち着いていない翌月にアメリカのための条約を結ぶのも逆に変な話しです。普通の感覚なら、あえてこの時期に余計結びたくないはずです。

*補足説明:プラザ合意

(kotobank.jp/word/プラザ合意より抜粋・転載)

プラザごうい:Plaza Accord:

1985年9月 22日にニューヨークのプラザホテルで開催された先進5ヵ国蔵相・中央銀行総裁会議 G5で討議されたドル高是正のための一連の合意事項をいう。当時,アメリカは、巨額の財政赤字や高金利を背景に、ドルの独歩高を通じて膨大な貿易収支の赤字を発生させ,世界的な対外不均衡が問題となっていた。

☆2014年7月、ウクライナでマレーシア航空機が撃墜 !

☆自国の利益のためであれば、民間人を500人以上

も犠牲にする国を信用してはいけない !

☆安保法案で米国に従属、属国として戦争に参加する、
日本国にしてはならない !




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. てんさい(い)[887] gsSC8YKzgqKBaYKigWo 2018年8月17日 13:01:09 : 0kUGInjLpY : VLecBnM2280[551] 報告
日航123便、墜落原因の続報 森永卓郎・青山透子・ベンゼン環(東海アマ)生存者を虐殺してまで隠蔽したこと=オレンジエア
http://www.asyura2.com/17/nihon32/msg/166.html

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
ペンネーム登録待ち板6掲示板  
次へ