★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK84 > 745.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪ゴールドマンサックスの証券詐欺事件と郵政民営化の関係性、普天間基地異説問題をめぐる売国マスゴミの立ち位置と変節、など≫
http://www.asyura2.com/10/senkyo84/msg/745.html
投稿者 Roentgenium 日時 2010 年 4 月 21 日 03:31:27: qfdbU4Y/ODJJ.
 

≪GSの証券詐欺事件と郵政民営化の関係性、普天間基地異説問題をめぐる売国マスゴミの立ち位置と変節、など()≫

≪大阪維新の会、全国学力テストと日教組批判、ゴールドマンサックスの証券詐欺事件と郵政民営化の関係性、
普天間基地異説問題をめぐる売国マスゴミの立ち位置と変節、ワシントン・ポスト紙が鳩山総理を酷評した件と日本のマスゴミの反応、など≫


◆   ◆   ◆


最近、天変地異ともいえるような災害が世界で起きている。上海万博に合わせたかのようなチベットの大地震や、
EU経済へのダメージ、農作物の価格高騰=食糧不足、或いは拡大解釈していえば、、エコ(地球温暖化対策)や原子力を売り込む勢力への圧力にもなりうるかもしれない
アイスランドの火山噴火。
日本に関して言えば、とくに後者は、JALの再建を躓かせる要因ともなり得るが、円買いによるデフレ経済の加速(日本)も予想される。
また、食料自給率が極めて低く輸入に頼る日本にとっては世界的な食糧不足は、国家存亡の危機に瀕するであろう最も深刻な危機かもしれない。

そこで思い出されるのが、HAARP(地震兵器)のことである。もしこれが、HAARPによるものであったら・・・・と考えるとぞっとする話なのだが、こうした説を笑い事で済まされることを願っている・・・・。

[参考]
YouTube - オバマと気象・地震兵器HAARP - ニュースにならない世界の大ニュース 2009年7月28日
http://www.youtube.com/watch?v=8AMlqRsHUXI

YouTube - 地震兵器ハープHAARP,プラズマ兵器etcの日本語説明!貴重!2010年3月9日
http://www.youtube.com/watch?v=cpo3QeZWlIw

米軍施設『HAARP』は、「敵国全体を機能不全にする」兵器? - WIRED VISION 2008年2月28日
http://wiredvision.jp/news/200802/2008022821.html

謎の米軍施設『HAARP』訪問レポート画像ギャラリー - WIRED VISION 2009年8月7日
http://wiredvision.jp/news/200908/2009080723.html

京都大学生存圏研究所(旧木質科学研究所と旧宙空電波科学研究センターを統合・再編して発足した研究所)とHAARP - たわごとブログ 2008年6月10日
http://blogs.yahoo.co.jp/beautyhappinesshide/53854583.html


ところで、最近しばらくコメントを休止し、阿修羅への投稿も止めていたのだが、
電話で各所(報道局、放送倫理機構、議員事務所、日刊ゲンダイ、橋下 徹講演会、国民新党本部(亀井静香宛)、徳之島町役場、朝鮮日報、他)へ問い合わせたり、
意見や批判を伝えたりなどは続けていました。

[参考]徳之島町役場
http://www.tokunoshima-town.org/

今回は、その中からいくつかの案件について要点を押えて、コメント欄に投稿させていただきたいと思います。


(二頁へ続く)

(一頁からの続き)


◆   ◆   ◆


本日、橋下 徹講演会やフジテレビに意見をしたのは、橋下 徹大阪府知事の発言「全国学力テストの仕分けをしたのは、民主党の愚策」について、

@財源確保の為にやむを得ず、優先順位から外して仕分け対象としなければならない状況への理解も必要なのではないか?
財政が潤っていれば仕分け対象にはならなかったはず。
(マスコミの思惑は、それと繋げて「日教組」批判を暗喩、意図している気がする)

[参考]
日本教職員組合 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%95%99%E8%81%B7%E5%93%A1%E7%B5%84%E5%90%88

日教組は禁止されなかった? - 教えて!goo
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1884663.html

日教組と右翼団体は本当は仲が良いのでは? - 私の主張 ひとりの日本人として
http://pub.ne.jp/threeforest/?entry_id=1187486

「右翼の正体」 ←重要
http://www.geocities.jp/uyoku33/

(同和について、)部落問題 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%A8%E8%90%BD%E6%B0%91


A全国学力テストが抽出制になったことで、学力の地域間格差が生じるのではないかという懸念の声や、
自主参加の学校が予想外に増え、自費でまかなうことによる財政負担を指摘・批判する声はあるのかもしれないが・・・・しかし、
学力地域間格差も問題ではなるが、親の収入によって分けられてしまう教育格差の方が、今の日本にとっては余程深刻なのではないか?
もし、民主党が以前から提唱しているフィンランド型の教育を普及するのであれば、すべての児童、学生に対し、教育の機会を平等に受けられるようにしなければならない。
それは決して全国学力テストが平等であれば良いという話ではないと思うし、根本的な問題はそうじゃないと思うのだが・・・・。
高校無償化などはその観点から見て、もっと評価されていいはずなのに、マスゴミがあえて評価をしないことで、国民意識に真っ直ぐに反映していない気がする。
つまり、相応しい評価が支持率に反映していない。マスゴミの思惑が成功している好例だろう。

橋下 徹講演会に問い合わせた際、もう一つ質問をした。それは、「大阪維新の会」に所属する議員の出身政党についてだ。
東京都の大手マスメディアでは大凡均一に、“ほとんどは自民党出身議員”と報じているのだが、
それを問いかけたところ、「東京都ではそんなふうに報じられているのですか?」と逆質問されたのだが、
実際は、民主党議員なども多くおり、何も橋下 徹大阪府知事が自民党系とタッグを組んだ、ということではないのが実際のところで、
これから過半数を獲る為に130人規模で候補者を立てたいということらしいが、それについても、これから広く公募などで募りたいという考えのようだった。

それから、前回、問い合わせた時にもいただいた回答だが、
橋下 徹大阪府知事が地元で行っている会見が、東京で正しく報じられているかといえば、どうもそうではないようだ。
言葉尻を都合良く切り取って、民主党の支持率低下(政権交代後、マスゴミの言い分はいつもちぐはぐでブレているが、この点は一貫している)に利用出来る箇所を
ピックアップして流している印象を拭えない(おそらく気のせいではないだろう)。
それにも、橋下 徹氏は敏感に察してマスゴミの思惑に乗らないように慎重な対応をしていると評価している。
(小沢一郎ウェブサイトなどでも、当初就任当時から橋下 徹氏を東国原などと人括りにする見方も多かったが、個人的にはずっと期待を寄せている)


(三頁へ続く)

(二頁からの続き)


◆   ◆   ◆


次に、ゴールドマンサックスの証券詐欺事件と郵政民営化の関係性について。
日刊ゲンダイもこの件については触れられていなかったので、日刊ゲンダイにもその提案をした。不思議なことに、氏のブログでもそのことについてはまだ触れられていない。
当然のことではあるが、大マスゴミは触れようともしない。
しかし、ゴールマンサックスは郵政民営化に深く関わっており、当然、ブッシュ政権はもとより小泉純一郎や竹中平蔵とも深く関わりがある。
この件について、亀井静香郵政担当大臣がもっと言及してもいいのではないか?
そうした問題を国民に明示することで、小泉進次郎などへの牽制にもなるし、国民新党にとっても、参議院選挙への布石として存在感を表すことにもなると思うのだが・・・・

[参考]『西松事件も、“地方分権選挙”も、〜郵政民営化の正体〜を暴かれたくないが為のメディア・ジャックであり、欺瞞だ!!』
http://www.asyura2.com/09/senkyo66/msg/1045.html

ゆうちょ銀行ホームページ
http://www2.goldmansachs.com/japan/gsitm/post/nav_table.html

http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tameru/toushin/search/kj_tm_ts_srch_gsnihonkabu.html

郵貯民営化にともない、既に、ゴールドマン・サックス経由でアメリカ国債などに200兆円以上が渡っているってどういう意味ですか?
そもそもゴールドマンサックスって何ですか?- 人力検索はてな
http://q.hatena.ne.jp/1181112917

http://q.hatena.ne.jp/1181577846

http://sooda.jp/qa/111755

郵貯・簡保の資金はどこへ行くのか?- 日本を守るのに右も左もない 2007年10月13日
http://blog.trend-review.net/blog/2007/10/000463.html

この件については、小泉・竹中路線の政治・郵政民営化の総括という意味でも、今後も注視していかなければならない案件であるし、
この事件について言えば、オバマ民主党政権に政権交代をしたからこそ炙り出された功績の一つだろう。


(四頁へ続く)

(三頁からの続き)


◆   ◆   ◆


他に、ここ数日、各マスメディアに抗議し続けているのは、例の、普天間基地異説問題の一連の報道について、だ。

その(民主党潰しで一致、談合している)大マスゴミの態度についてだが、
先ず、大前提として、彼らが政権交代前にしていた自公政権と米国の間で取り決めていた「辺野古案」への反対姿勢である。
ジュゴンが住んでいることや住民の反対運動などを取り上げて、一応報じていたのも大マスゴミだったではないか?
今はどうかと言えば、まさに変節と呼ぶに相応しい、「辺野古案こそベストだった」と言わんばかりの態度じゃないだろうか?
じゃあ、社民党のように一貫して国外移設を唱えているのかと言えばそうでもないようだ。何故なら彼ら大マスゴミ連合は米国に対してはとても従順であり、
文句一つ言おうとしない。飼い主だから噛み付かないのだろうが、実にしつけのいい犬だと思う。
日本の放送局なのに、日本の新聞なのに、日本政府に噛み付く様子はまるで・・・・

しかも、政府の公式な発表がされていないのにもかかわらず、憶測に基づいた報道を毎度繰り広げてはその度に地域住民の不安を煽り、
反対意見ばかりを全面的に取上げて、あたかも全島民が反対しているかのような印象操作を平然と繰り広げている。
平野官房長官が官房長官としての機能を果たしていないこともあり、鳩山総理の発言は一貫していないように見えてしまいがちだが、
実はブレまくっているのはマスゴミなのではないだろうか?彼らに一貫性を見出すとすれば、米国への従属と検察との癒着、徹底した鳩山・小沢潰し、
そして、小泉劇場第二幕(小泉進次郎(CSISの回し者)、みんなの党、日本創新党、松下政権塾などによる政界再編)への期待なのだろう。

国防の面から、国外移設は困難というのであれば、国内のどこかに移設をしなければならないし、当然、それが東京であれ神奈川であれ、
山口県であれ、鹿児島であれ、沖縄であれ、どこであっても地域住民の反対運動というものは当然あるだろう。
そんなことは当たり前のことであって、大人なら冷静に考えれば常識として理解出来るはずのことだろう(そうさせないようにややこしくしているのだろうが)。
子供にもわかることかもしれない。

TBS「News23クロス」などでは自分たちの憶測に基づいた軽々しい報道を棚に上げて、その責任をすべて鳩山政権に擦り付けていた。
(この膳場貴子という女性キャスターは大富豪のお嬢さんらしいのだが、キャスターにはこういう出自の人物の起用が多い。
そういう連中が国民だの世論だのほざいても、多くの一般国民の社会観・生活観とは感覚的にかなり乖離しているのではないか?
彼らがセレブであることは、紛れもない事実だ)

[参考]他者への思いやりや自己犠牲などの日本人の美徳を奪ってしまった積年の自民党の学校教育政策
http://octhan.blog62.fc2.com/blog-entry-1377.html

膳場貴子 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%86%B3%E5%A0%B4%E8%B2%B4%E5%AD%90


(五頁へ続く)

(四頁からの続き)


とするのならば、社民党が一貫して主張をしているように国外移設しかないということになるのだが、大マスゴミは国防への不安を、専門家の意見などを使って煽り、
国外移設までも遠まわしに否定しているようにも見受けられる。

個人的には、この国外移設の案として、案外、米国もグアム移転を認めているのではないかと思うのだが、
そこに日本側の議員や知日派と呼ばれるロビーイストや、米国の国防省側の思惑や利権が絡み合っているというのが真相なのではないだろうか。
日本側からどれだけの金を毟り取れるかということなんじゃないのかなとも感じる。

[参考]普天間問題〜鳩山首相の“腹案”はグアム、潰そうと動き始めた反対勢力 - ゲンダイ的考察日記 2010年4月15日
http://octhan.blog62.fc2.com/blog-entry-1369.html


そもそもを言えば、自民党と米国の間で、沖縄から米軍が出て行くことは公然と約束されていたはずなのに、売国マスゴミはそのことについては触れず、
あいも変わらず、米国のワシントン・ポストなどと同じ立ち位置で、鳩山政権と民主党を攻撃し、日本の立場で米国に意見を言うことは決してしようとしない。
いったいどこの国の新聞社であり、報道局なのかと言いたくなるような報道ばかりだ。そういうのを売国奴と呼ぶのではないのか?


◆   ◆   ◆


そう言えば、最近もいくつか特に酷いと思われる番組の偏向報道があったが、ここでいくつか取上げておく。
一つ目は、非常に評判が悪い「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS)の15日分の放送。
ワシントンポスト紙が米国の立場で書き、その一記者が書いた鳩山バッシング(実はTOYOTAバッシングなども絡めた日本を馬鹿にした記事なのだが)に呼応する形で、
日本のマスコミ人の立場を忘れ、ワシントン・ポスト米国紙の立ち位置と同じようにして、鳩山バッシングを繰り広げたのだ。
(この件については、読売新聞と産経新聞も同様の鳩山バッシングを掲載した)

みのもんたは米国人なのだろうか?日本人なら、ワシントン・ポスト紙に対し、少しでも抗議の声を上げるなり、日本側に立った発言を第一に発するべきではないだろうか?
勿論、その上で、何故ワシントン・ポスト紙がそうした論調で記事を書いたのかを論ずるべきだろう。それが真逆なのではないか?
ワシントン・ポスト紙の
どうせ普天間基地問題なぞ、こういう連中にとっては民主党政権を苦しめる材料ではあっても、本当に解決を望んでいるかと言えば決してそうではないだろう。
マスゴミは電波利権を民主党に“仕分け”されないが為に、既に日本人としての一抹の誇りさえかなぐり捨ててしまっている様だ。


(六頁へ続く)

(五頁からの続き)


[参考]
日本の新聞の歪んだ姿勢〜米側の無礼な態度をなぜ攻撃しないのか
〜米ワシントン・ポストが鳩山首相をからかったコラム記事を批判もなくそのまま報じて喜々としている異常さ - ゲンダイ的考察日記 2010年4月16日
http://octhan.blog62.fc2.com/blog-entry-1371.html

鳩山首相が「最大の敗者」「不運で愚か」とワシントン・ポスト紙が酷評 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100415/plc1004150109000-n1.htm

ワシントン・ポスト紙の原文と和訳から見えてくること

「「鳩山さん、あなたは同盟国の首相ではなかったか。核の傘をお忘れか。その上で、まだトヨタを買えというのか。鳩山首相を相手にしたのは、胡主席だ」
とオバマが言ったわけでもなく、このAl Kamenが妄想で書いているだけの文を、あたかもワシントンポストの1面や社説で載せているように日本では報道してマスゴミは喜んでいる」

http://ameblo.jp/kriubist/entry-10509251537.html

ワシントン・ポスト紙の原文
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/13/AR2010041304461.html

みのもんた(みのりかわのりお=御法川法男、神奈川県逗子市在住)は、水道メーター製造会社「ニッコク」社長、自民党大物議員たちとの密接な関係
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%B3%E3%82%AF

「株式会社「ニッコク」は談合(独占禁止法違反)で、何度も刑事告発をされていて、2003年に、追徴金7500万円、和解金3900万円を支払い、
翌2004年には、再び他のメーカーとの談合で刑事告発された。更に別口の談合で家宅捜査を受け、2005年2月には、追徴金400万円を支払っている」

「2004年7月15日、「ニッコク」と愛知時計電機は他17社とともに2003年7月から2004年7月までの間に行われた東京都水道局発注の水道メータ買入れに係る競争入札に、
いわゆる談合を行っていたとして公正取引委員会から排除勧告を受けた。また、各社に対し審決に応じて東京都は損害賠償請求をしている」

http://blog.livedoor.jp/saihan/archives/50524307.html#

みのもんた(みのりかわのりお=御法川法男)は、ライバル社である、東証1部上場の水道メーター製造会社「愛知時計電機」の第2位株主(個人として7.18%所有 2009年3月31日現在)
http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_03/g2005030903.html

御法川信英・自民党前衆議院議員(コロンビア大学大学院、秋田県第3区)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E6%B3%95%E5%B7%9D%E4%BF%A1%E8%8B%B1


(七頁へ続く)

(六頁からの続き)


二つ目は、こちらも悪名高い「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)の19日放送分での内容だ(下記URL参照)。
ここで番組サイドは、政権交代以前に自分たちが否定したはずの国営マンガ喫茶を一転して肯定するかのような伝え方をし、
また、ゲスト出演した麻生太郎を“オタクたちのヒーロー”としてテロップまでつけて、持ち上げていた。
おいおい、秋葉原のオタク連中は、最初こそ麻生太郎に期待をかけていたかもしれないが、
次第に麻生の不遜な態度を見るにつけ、自分たちが麻生陣営に利用されていることに気付いてブーイングを浴びせていたのが実態ではなかったか?
(現場(人)に金を回さず、箱物や自分たちの利権にばかり予算をつけようとする麻生政権の予算内容を批判するオタクも多かった)
それをマスゴミもこぞって報じていたし、漢字の読めない日本の恥とまで揶揄していたのに何だ?この変節ぶりは?
と呆れてしまったが、テレビ朝日には、普天間基地問題のことも含めて、マスゴミの発言の一貫性のなさを厳しく指摘しておいた。

[参考]
アメリカ隷属の連中に民主党外交を批判する資格などなし - ゲンダイ的考察日記 2010年4月20日
http://octhan.blog62.fc2.com/blog-entry-1380.html


◆   ◆   ◆


話が逸れてしまったが・・・・、
愛国心というのならば、右翼にしても、このような大マスゴミの立ち位置や、或いは電通(トップは在日の成田 豊)が仕掛けた韓流ブームやら、
自民党と公明党が行ってきた日韓友好を批判してもいいはずなのに、何故かそれはせずに民主党を攻撃する。
(その中でもとくに、小沢一郎を攻撃することがすなわち愛国者の証明であり、政治事情通であるかのように)

例えば、石原慎太郎東京都知事は、東京オリンピック招致で電通と密接に関わっており、自民党とも一心同体だが、にもかかわらず、
2010年4月17日、都内であった『「永住外国人への地方参政権付与」に反対する全国地方議員の決起集会』での差別発言(詳細は下記URL参照)・・・・。
本来、右翼は電通や自民党ともども石原慎太郎のような二枚舌野郎も攻撃するべきではないのだろうか?

[参考]
ゲンダイ的考察日記 - 老いぼれ石原慎太郎がまた差別妄言「鳩山連立政権の幹部たちは、帰化した子孫が多い」
http://octhan.blog62.fc2.com/blog-entry-1378.html

尚、この件に関しては都庁にも電話で批判をし、各マスメディアにも何故この件を報じないのかと苦言を伝えました。
また、これまで電話をしたことがなかった朝鮮日報にも連絡し、この件を伝えておいた。国際問題に発展してもおかしくない由々しき発言であるばかりでなく、
情報源がネット右翼が垂れ流した根拠のない落書きであったことでほとほと呆れ果てた。
こういう人物に三期もの間、東京都知事として好き放題させてきてしまったのだ。日本の政治家が劣化していると言われて久しいが、こいつも自民党であるように、
政権交代前の政治がどれほど杜撰で、国民不在であったか国民それぞれが今一度思い出すべきだとも思う。

明治維新の時も決して一朝一夕にすべてが一変して治まったわけではなく、混乱が続いた。
それに比べてみても、民主党と鳩山政権は短期間の間でよくここまでやっていると感心する部分も多々あるし、全体的に善戦していると一定の評価を得られるはずなのだが、
マスゴミはそうした良い部分をほとんど取上げず、また評価する気もない。そして支持率に反映しない結果を生んでしまっている。
そもそも、完璧な人間などいないように、政策にも100%の政策などないのだ。
立場の違いによってどうしても不利益を被る人たちが出てしまうのは仕方のないことだと思うし、国民・有権者の側も少しは冷静にそれを理解し評価しなければいけないのではないだろうか?

以下、前述の普天間基地移設問題をめぐって偏向報道を繰り広げる大マスゴミと、鳩山政権の攻防に関する資料を一部紹介、


(八頁へ続く)

(七頁からの続き)


◆   ◆   ◆


[参考]辺野古利権

【辺野古案は自民党の沖縄利権」 - Electronic Journal 2010年1月13日】
http://electronic-journal.seesaa.net/article/138147664.html

注目箇所「」

「沖縄の日米合意─辺野古移転案はどのようにして出来たのでしょうか?昨日のEJでも述べたように、米国側が望んだものではないのです。
キャンプ・シュワブ沖の埋め立て計画は、自民党政権の「沖縄利権」なのです。

日米両政府が普天間基地の返還で合意したのは橋本政権下の1996年のことです。
橋本首相(当時)は、SACO(日米特別行動委員会)の最終合意で辺野古移転案が決まると、
新基地受け入れの見返りとして名護市などの沖縄北部地域に基地建設費とは別に年間100億円─10年間で1000億円の公共事業を行うことにし、
その「差配権」を経世会(旧橋本派)が握ったのです。

橋本元首相が参院選の惨敗で破れると、今度は小渕首相がその「差配権」を引き継ぎ、沖縄サミットを行うなど地元と太いパイプを築き上げたのです。
しかし、小渕首相の死で経世会は地元への影響力を失い、基地移転事業の主導権は清和会(旧森派)が握ることになったのです。

軍事評論家の田岡俊次氏によると、はじめは「嘉手納統合案」で纏まりかけたというのです。
当初、日本は最もお金のかからないこの案を米軍に提案したのですが、最初は米軍が難色を示したのでまとまらなかったものの、
2005年2月には今度は米軍が嘉手納統合案を受け入れてもいいと言ってきています。しかし、その時は日本側がこの案を蹴ったのです。何故、断ったのでしょうか?

嘉手納統合案では、大部分は既存の施設が使えるので、別の基地を作る必要はないのです。
しかし、タダ同然でやれる案では、小泉政権としては日本側の利権配分が出来ないので反対したのです。
こういう事実は、マスコミは知っていても絶対に書かないし、報道しないのです。それはマスコミが官僚機構に取り込まれてしまっているからです。
従って、マスコミ報道だけで沖縄問題を考えると間違った考え方を持ってしまう恐れがあります。

岡田外相はこういう事実があったことを知り、嘉手納統合案に飛びついたのです。
米軍は一度は自ら嘉手納統合を申し出ているので、可能性があるかもしれないと考えるのは当然のことです。
しかし、その米軍もこの利権にかかわっているので─密約があるかも知れない─今度は米軍が頑なに岡田外相の提案を拒否したのです。
田岡俊次氏は次のようにいっています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - -

「辺野古での新滑走路の工法についても、メガフロート(海上に浮かべる巨大な鉄の”いかだ”)案が出ると、「造船会社しか儲からない」と言われ、
橋のような構造物という案には「マリコン(海洋での工事を得意とするゼネコン)しか出来ないから地元に金が落ちない」と反対され、
結局、沖縄の土建業者も潤う埋め立てになった。最初から利権絡みだったのです」(SAPIO 1月27日号)

- - - - - - - - - - - - - - - - - -


(九頁へ続く)

(八頁からの続き)


そこで、小泉政権は、滑走路1本の当初計画から、より埋め立て面積の多い滑走路2本の「V字案」に拡張したのです。
何のことはない。国土防衛の為でも何でもなく、ただの土木工事の利権問題に過ぎないのです。
鳩山首相の故人献金問題や小沢幹事長の疑惑については、これでもかこれでもかと書き立てるマスコミは、こういうことについては、すべて事実を掴んでいるにもかかわらず、
一切報道しないのです。いや、出来ないのです。

鳩山首相と小沢幹事長が最初から「県外移設」を唱えていたのは、こういう自民党の公共事業利権を潰して、白紙に戻すことを狙ったものであり、社民党への配慮などではないのです。
鳩山首相は、普天間問題については、岡田、北沢両大臣による内決着の要請にもかかわらず、のらりくらりと結論を先送りをやっているように見えます。
しかし、これは単なる優柔不断ではなく、十分成算のあることであり、けっして問題の先送りではないのです。
鳩山首相は、沖縄県民に立ち上がって欲しいと考えているのです。

1月24日に投開票が迫っている名護市長選で、もし、辺野古沖移転に反対する新人で前市教育長の稲嶺進氏が現職の島袋吉和氏に勝つようなことがあると、
沖縄県民の「基地はいらない」の声ははっきりと前面に出てきます。
そうすると、普天間問題は沖縄の問題の枠を超えて、日本の問題になり、本土を巻き込んだ大議論に発展することになります。
そうなると、マスコミも官僚傘下の呪縛から解き放たれ、本当のことを書かなければならなくなる─鳩山首相は、そうなるのを待っているのではないでしょうか。

さて、問題は普天間の代替地はどこになるのでしょうか?最終的には米海兵隊はグアムに引き上げると思われるが、日本がこのまま具体的に代替地を示さないわけにはいかないのです。
そうしないと、米国は本気で日本に対して不信感を持ち、日米関係に歪みが出来る恐れがあるからです。

実はここに一つの代替地の候補があります。それは、宮崎県の航空自衛隊新田原(にゅうたばる)基地です。
ここには航空自衛隊の第5航空団や飛行教導隊─空中戦教育部隊の本拠が置かれています。面積は普天間の二倍近い9135平方キロメートルに及ぶのです。
鳩山首相は、選挙前からこの新田原基地について、九州出身議員と協議を重ねており、急に思いついた候補地ではないのです。
辺野古案では埋め立て工事だけで5年はかかるが、新田原基地であれば、5月に決定されれば年内にも移転は可能になるのです。

勿論、簡単な話ではないのです。宮崎県民の反対もあるだろうし、利権を奪われるかたちになる自民党は死に物狂いで反対してくるはずです。
しかし、宮崎県の県民所得は沖縄に次ぐワースト2であり、宮崎県復興のことを考えると、少なくとも辺野古よりもハードルは低いと考えられます」

Roentgenium:宮崎県の知事といえばあの東国原(自民党)だし、マスゴミの報道の偏向ぶりを見ていると実現は簡単ではないと思うが・・・・


(十頁へ続く)

(九頁からの続き)


【防衛省疑惑と辺野古基地利権 小池百合子を証人喚問せよ - 世に倦む日日 2007年10月28日】
http://critic3.exblog.jp/7634978/

注目箇所「」

「辺野古基地の建設計画が、海岸部を含んだV字型のプランと滑走路を沖合いに出す洋上型のプランの二つあり、二案で対立したまま未決着である事実は広く知られている。
そして政府と米軍はV字案を支持し、地元の移転賛成派住民が洋上案を支持している事実もNHKの報道で周知のものとなっている。
私は無論、移転そのものに反対で、普天間の海兵隊は無条件に米本土に帰還せよの立場だが、
ジュゴンの生息にとってさらに悪い影響がある沖合案を、何故、地元住民が支持するのだろう?と不審に思っていた。

NHKの報道番組で見た時、地元住民の意見として、V字案では米軍ヘリが居住地区の真上を滑空飛行する為、危険であり、
騒音被害が大きいから沖合案の方が良いのだという説明になっていた。一応なるほどと頷いていたが、実はそこには利権をめぐる裏があった。
「ストレイ・ドッグ」の記事によると、海岸利用のV字型では水深30mの大浦湾が工事地区に含まれ、その場合、埋立工事が技術的に高度になり、東京のゼネコンに工事を取られてしまう。
沖合型の場合、水深10m以下の浅瀬の埋立であり、地元業者の技術でも工事を受注出来る。この埋立工事(だけ)の総工費は3300億円と言われている。
そこで、工事をゼネコンに奪われたくない地元業者が、V字型を推進する守屋武昌に対抗するべく接近したのが久間章生であり、また守屋武昌と対立した小池百合子であった。
小池百合子と守屋武昌の喧嘩が表面化した時、騒動の真っ最中に小池百合子が急遽沖縄を訪問、その解説で、普天間移設問題をめぐって両者が云々という妙なニュースがあった。

小池百合子が名護市長の島袋吉和と握手しした時、島袋市長が小池百合子に「ツーショットで映ってもいいんですかね」などと妙なことを言い、
小池百合子がそれに「余計なことは言わんでよろしい」と高慢な態度で応じ、マスコミがここぞと小池百合子の傲岸ぶりを書きたてたが、
あれは、表向きは確か「かりゆしウェア」に関する訪沖で、それを基地問題をめぐる沖縄住民の「小池支持」と「守屋批判」をマスコミに演出報道させる為に、
小池百合子が仕組んだ政治宣伝のイベントだったはずだ。空気の読めない小池百合子にとっては逆効果の芝居となった。

あの時は何のことだかよく分からず、単に小池百合子の方が沖縄住民寄りの立場を示しているらしいという感触を持っただけだったが、こうして暴露記事が出ると裏の意味がよく分かる。
一説では、北海道沖縄開発庁長官だった頃から小池百合子は沖縄利権に手を染め始めていて、
即ち防衛大臣に就任して、総額1兆円といわれる莫大な普天間移転・辺野古利権を手にするべく、一気に守屋武昌斬りに出たという筋書きになる。

小池百合子が守屋武昌との暗闘に敗北したのは、V字型着工を求める米軍サイドの意向が強く働いたからだろうか。
長く環境大臣をやっていながら、小池百合子は国会で、「地球温暖化でジュゴンの生息北限は辺野古ではなくなる」などとふざけた答弁していた。
この守屋武昌の疑惑問題が最初に浮上した時、小池百合子はNHKの直撃取材に答えて、「そういう事(宮崎元伸による守屋武昌へのゴルフ接待)も承知していた」と言っていた。
何をどこまで知っていたのか?贈収賄疑惑を承知していたのなら、何故、大臣として速やかに調査し告発することをしなかったのか?小池百合子に聞きたいところだ。

そして、囁かれているところの本人の沖縄利権疑惑は本当に潔白なのか?小池百合子は前防衛大臣として国民の前で説明する責任がある。
防衛省疑惑の政治家証人喚問は、久間章生だけでなく小池百合子も必要だ」


(十一頁へ続く)

(十頁からの続き)


【大マスコミは少しぐらい普天間問題の真相を報じろ(1) - ゲンダイ的考察日記 2009年12月17日】
http://octhan.blog62.fc2.com/blog-entry-1123.html

注目箇所「」

「普天間問題の先送りで、沖縄の銀行マンが頭を抱えている。名護市への基地移設の巨大利権をアテ込み、地元ゼネコンにジャブジャブ融資したものの、
県外移設の可能性が出てきたことで、回収不能の恐れが高まっているのだ。実は、普天間問題がニッチもサッチもいかない根っこには、この銀行・土建コンビの問題があるのだ。

「環境、騒音、安全と言いながら、裏では埋め立ての利権ですから」―。
かつて普天間問題について、こう喝破したのは、小泉首相秘書官時代の飯島 勲氏だ。事実、1996年の返還合意からの迷走の13年は、利権拡大の歴史だった。

「当初、代替施設の計画は、撤去が可能な海上浮体式(メガフロート)と、くい打ち式(QIP)の2案が有力でした。
しかし、代替施設を受け入れる名護市周辺の土建業界が猛反発。『新工法で儲かるのは本土企業だけ』『埋め立てで仕事を沖縄に回せ』と巻き返しに出たのです」(沖縄県政関係者)

票とカネを土建業界に頼り切ってきた自民党政権が、“スポンサー”の意向を無視するわけがない。
1998年に旧竹下派が中心になって担ぎ出した稲峰恵一県政が誕生すると、撤去可能案は消え、「埋め立て案」が前提となって事業規模もドンドン膨らんでいった。

「この間、政府内ではコストが安上がりな既存基地への併合案も浮上しましたが、常に『沖縄(の意向)に譲れ』と、自民党の有力者の横やりが入り、潰れていきました。
結局、2006年に日米間で合意した『V字形滑走路案』は埋め立て工事を伴う為、最低でも4000億円、下手すれば1兆円を超える大型公共工事業となったのです」(防衛省事情通)

今も地元市長などが、騒音を理由に「現行計画より100メートル沖合に移動せよ」と日米政府に求めているが、
バックにいる土建業者が「埋め立て面積が増えて潤う」というのが本音だ。難クセをつけて利権を拡大させるハラである。

日米が合意した移設作業完了のリミットは、2014年。V字滑走路建設の工期は3〜5年の予定である。
膠着状態にしびれを切らした地元の土建業者は、巨額の埋め立て利権を見込んで、既に動き出している。

「海上の埋め立てには“キロ石”と呼ばれる巨大な岩石や、莫大な量の土砂が必要です。今から押えなければ、入札に出遅れます。
石や土砂の権利を握るには、かなりの“実弾”が必要。銀行も利権をアテ込んでカネを貸しているのです」(土建業界関係者)

それだけに、県外移設は銀行と土建業者にすればアテ外れ。巨大な利権が消えてしまう。

埋め立て利権を狙った名護市の土建業者の会長は、沖縄県政を裏で牛耳るドンだ。
来年1月の名護市長選や秋の県知事選で、銀行サイドとタッグを組み、巻き返しに出るのは間違いない。鳩山政権が辺野古移設案を残しているのは、ドンへの配慮とも見られている。
普天間移設の経緯のすべてを知る元防衛次官の守屋武昌被告は、最新号の中央公論でこう指摘していた。

「与野党問わず有力政治家が普天間移設に必要な土砂の需要を見込んで、どこそこの山を買っている、などといった情報が地元ではまことしやかに噂されている。
これは一体、何なのか」

ゴルフ接待漬けで刑事被告人となった男ですら呆れる利権構造。普天間問題混迷の元凶はここにある。
それで鳩山首相も、「現行通りだと、自民党利権政治の追認になってしまう」「かと言って名護市以外に移したら、どんな逆襲を受けるか分からない」と、狭間で揺れているのだ」


(十二頁へ続く)

(十一頁からの続き)


【下地幹郎氏、守屋氏をゴルフ接待 - 宮古島最後の楽園計画 2007年11月01日】
http://lastparadis.ti-da.net/e1805998.html

注目箇所「」

「そもそも下地島空港の自衛隊誘致を最初に提案したのも下地幹郎代議士であり、これは下地島空港の航空自衛隊基地化であり、米国空軍基地化です。
一体全体何の為の提案なのでしょうか?
基地にするには、数千億円の予算が必要だそうです。滑走路の増設をはじめ隊舎やその他の土木建設費です。
下地幹郎議員は激減する大米建設にの売上げ増を計って基地建設を目論んだのではないでしょうか」


【次官在任中に30億円受注-下地議員の家族企業 - 琉球新報 2000年8月9日】
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-116009-storytopic-86.html

注目箇所「」

「自民党の下地幹郎衆院議員(九州・比例)が沖縄開発政務次官在任中の1998年から99年にかけ、
下地氏の実兄が社長を務めるファミリー企業が沖縄開発庁が予算を計上している公共事業30億円以上を受注していたことが8日分かった。
同日の衆院決算行政監視委員会で民主党の石井紘基氏の質問に同庁が明らかにした。

これについて、中川秀直官房長官は「適正な手続きで発注されており、政務次官だから(受注できた)という指摘は当たらない。当該期間は(下地議員は)役員を辞任している」
として問題ないとの認識を示した。

沖縄開発庁によると、大米建設(那覇市)など下地氏のファミリー企業三社は98年に計約24億9800万円、99年に計約8億1400万円の工事を受注していた。
下地氏は96年に初当選するまで大米建設の副社長を務めていた。
沖縄開発庁長官、政務次官は公共工事発注の権限はなく、建設相などの指揮・命令の下に沖縄総合事務局が実際の事務をする」


(十三頁へ続く)

(十二頁からの続き)


【下地幹郎と三宝会 沖縄利権 - Infinite Search 2010年3月22日】
http://infinaitesearch.blogspot.com/2010/03/blog-post_3022.html

注目箇所「」

「(第149回国会 衆議院決算行政監視委員会 平成12年8月8日 第1号より抜粋)

●石井紘基委員 沖縄開発庁の政務次官をやっておられた下地(下地幹郎)さんという方は、沖縄の大米建設というゼネコンの御曹子じゃありませんか。
そしてこの方は、その大米建設の副社長をやっておられた方です。現在でも大米建設の相当数の、相当量の株式と、その子会社、大米興産だとか等々の株を相当持っておられます。
例えば、大米興産というようなものは、額面で2300万円近い株式を保有されておりますし、
オーシャンリゾート宮古島というような株式会社の株も、額面で1200万円ぐらいのものをお持ちでございます。

この方が沖縄開発庁政務次官をやっておられたときに発注をしました企業、沖縄開発庁の予算でもって自分の会社に、
よく聞いてくださいよ、今言った大米建設とかあるいは南西建設とか、あるいはまだほかにもあるんですが、自分の会社に事業の発注をしておる。これはどういうことですか?
これは職権乱用あるいは大変な犯罪行為じゃありませんか?どう思いますか?

大米建設には平成10年度で六件、約16億4000万、それから平成11年には6億7000万。
勿論、沖縄開発庁は、ちなみに若築建設にも大変な事業を発注しているんですが、ちょっと御答弁いただきたいと思います。
この大米建設とそれから南西建設ですか、それからこの関連の南海建設、これは皆ファミリー企業ですから、これらに対する発注高をわかったら言ってくれませんか?

●榊政府参考人 お答えいたします。

今御質問の公共事業の発注額でございますが、大米建設につきましては、平成9年度におきまして4億2309万円でございます。
10年度におきましては16億4118万円でございます。平成11年度におきましては6億7143万円でございます。
それから、南西建設の関係でございますが、受注額でございますが、平成9年度はございません。平成10年度におきましては1億2579万円でございます。
平成11年度におきましては1億3282万円でございます。
また、南海建設でございますが、受注額につきましては、平成9年度には1億27万円、平成10年度は7億3080万、平成11年度はございません。以上でございます」

[参考]沖縄防衛局 平成20年度 建設工事発注実績
http://www.mod.go.jp/rdb/okinawa/kouzi/naha/2008kekka/kouji/naha_re_k.html

「●石井紘基委員 民主党を代表して質問を行います。
この前に行われました総選挙の後、あの闇のフィクサーと言われる許永中氏の関連で、中尾元建設大臣が逮捕されたわけであります。
次いで、7月の21日になりますと、この絡みで、やはり黒幕の一人とされてきた画商である福本邦雄氏も逮捕された。
こうした動きというのは、東京地検の特捜部が、一連の大がかりな疑獄事件にまさに本腰を入れて捜査に取りかかっているということを示すものだと思われるわけであります。
このブラックマネー、数十億と言われる黒い金が政界周辺に乱れ飛んだ事件の解明、この解明に当たって、東京地検は、
福本氏が主宰をしておった三宝会、このいわば勉強会といったものの人脈に大変な関心を深めているというふうに思われるわけであります。

この会の名称はお亡くなりになった竹下 登氏が命名したものだと言われておりますが、この竹下氏の他に、この会には、お亡くなりになった小渕前総理や、
或いは逮捕された中尾栄一氏、或いは山崎 拓議員、鈴木宗男議員、その他多数の国会議員の名前を初めとして、
政財界、或いはマスコミ界の錚々たる方々の名が連ねられていると言われているわけであります。

今まさに捜査当局の手によって、この真相解明の作業が進められておりますから、いずれこの真相、全貌が明らかにされるだろうというふうに思いますが、
この多額の黒い金というものがまさに政界を揺さぶり、それがまた今日、現時点での政局に大きな影響を与えているわけであります。
この事件というのは、許永中或いは福本邦雄から始まって、
石橋産業或いは若築建設、三宝会或いは政界、そして建設省、道路公団、或いはまた北海道開発庁とか沖縄開発庁、こういう中央官庁に至るまで
この波風を広げているわけであります」


(十四頁へ続く)

(十三頁からの続き)


【地上案だと・・・・ミエミエなんだよ下地! - 東京サバイバル情報 ☆一時避難せよ☆ 2010年2月22日】
http://yaplog.jp/ichijihinan/archive/722


【辺野古を買っていた「政界9人リスト」が問題化 - 日刊ゲンダイ 2010年3月6日】
http://www.bekkoame.ne.jp/i/a-001/henokolist.html

注目箇所「」

「ようやく決着か。連立与党の足並みがそろわず、候補地が浮かんでは消えるばかりだった普天間基地の移設問題。
鳩山首相は4日、今月中に移設先の政府案をまとめると語った。しかし移設問題を足元から揺るがしかねない「秘密のリスト」が存在するという。

「1月の名護市長選では基地移設反対派が当選しましたが、いくら沖縄県民が反対しても、移設先は辺野古で決まりでしょう。
基地移転を当て込んで、先行投資している勢力がいるからです」(政界事情通)

沖縄の土地をめぐっては、小沢幹事長が購入していることが一部で報じられた。これは資産公開で明らかになっているが、問題は、隠れてコッソリ買っている連中がいることだ。

「公安当局と防衛庁調査部が秘密裏に調べた結果、辺野古周辺の土地を購入している政界関係者は小沢氏以外に少なくとも9人いた。
当局は購入時期や面積、購入価格など詳細なデータを持っているが、今のところ、この“9人リスト”は封印されている。
いずれも別人の名義にしてあったり、間にいくつも業者をカマせるなどして、本人の名前が表に出ないように巧妙にカムフラージュされています」(公安関係者)

普天間の移設先は、2005年に小泉内閣が辺野古の沿岸部を一部埋め立てる案で米国と合意。2006年には、キャンプ・シュワブ沿岸部に「V字滑走路」を建設することが決まった。
当時、このV字滑走路案を推し進めたのが、防衛相汚職事件で罪に問われた守屋武昌次官だった。

問題の「9人リスト」には、守屋と近かった政治家を中心に、自民党の防衛族議員がゾロゾロだ。
防衛庁長官を経験したNとKとI、官房長官経験者のN、特命大臣として沖縄問題などを担当したT、首相秘書官の立場で官邸を仕切ったIと、自民党だけで計6人。
他には、民主党の現職閣僚MとK、国民新党のSの名も挙がっているという。

中には、落選や引退で第一線から退いた“元政治家”もいるが、まさか、リタイア後の移住先として、仲良く辺野古の土地を購入したとでもいうのか。
辺野古移設を推進する立場にいながら、ウラでは値上がり目的で土地を購入していたとすれば大問題だ。
推進派の急先鋒としてメディアに頻繁に登場する元大臣なんて、最近もテレビで「アメリカにひれ伏してお願いしてでも辺野古だ」と言っていた。
ここまで強硬だと、自分が先行投資してしまったからじゃないかと勘ぐりたくもなる。実際、辺野古周辺の地価は、ここ数年で倍近くに値上がりしているという。
当初案通り基地が移設されれば、さらに数倍に膨れ上がるのは間違いない。

土地購入は事実かと言う本紙の取材に対し、I事務所は「は? ないです」と即答。他の事務所も似たり寄ったりだ。
「そういう事実はございません」(S事務所)
「事実無根です」(T事務所)
「担当者が不在。自分は留守番なので分からない」(M事務所)
「インターンで来ている電話番なので、担当者の名前も言えません」(N事務所)

質問書をFAXで送っても、期限までに回答のない事務所もあった。
現地を訪れたことのあるジャーナリスト・横田一氏はこう言う。
「辺野古周辺は、すでに基地が来ることを前提に開発が進んでいる。予算を当て込んで、ハコモノが次々と造られ、ゲートボール場まであります。
防衛庁や防衛族議員にとって、基地移転は格好の利権。辺野古沿岸の埋め立てに使う砂利の利権をはじめ、九州地区にまで及ぶ巨大な利権の温床になっています」
「9人リスト」が流出したら大騒ぎになる。国会で問題になれば、辺野古案は吹っ飛びかねない」


(十五頁へ続く)

(十四頁からの続き)


【秘密裏に辺野古土地購入の政界9名リスト - twitlonger 一夢庵】
http://www.twitlonger.com/show/ds5q7

注目箇所「」

「今日のゲンダイネットが興味深い情報を伝えている。普天間基地の移設問題に関連し、辺野古に先行投資している政界関係者9人のリストが、
公安当局と防衛庁調査部の調査の結果、存在していると報じている。

この中に、以前から辺野古周辺(10KMほど南)の土地を所有していると資産報告している小沢氏は含まれていない。では秘密裏に辺野古を買った9名とは誰か。
当局は購入時期や面積、購入価格などの詳細なデータを持っているが、今のところ実名は封印されている。
いずれも別人の名義にしてあったり、間にいくつもの業者をカマせるなどして、本人の名前が表に出ないように巧妙にカムフラージュされているとしている。
で、このままでは何も面白くない。ゲンダイネットは、9名を属性とイニシャルで報じている。ここから誰なのかを以下で考察してみたい。

◎自民党防衛族議員 防衛庁長官を経験したNとKとIとある。
歴代防衛庁長官は、67代 中谷 元、68・69代 石破 茂、70・71代 大野功統、72代 額賀福志郎、73代 久間章生、これ以降は防衛省となり防衛大臣となる。
従って候補はこれらの人々。Nが2人いるなあ、どっちかな?似たようなものだな・・・・。

◎官房長官経験者のNとある。Nイニシャルの官房長官経験者は、66代 中川秀直、63代 野中広務 ここもどっちかな?

◎沖縄担当特命大臣経験者のT。Tイニシャルの沖縄担当特命大臣経験者は、安倍内閣の高市早苗。

◎首相秘書官の立場で官邸を仕切ったI。Iイニシャルの首相秘書官は、小泉内閣の飯島 勲。

以上が自民党関係で6名、そしてここからが大問題。

◎民主党現職閣僚のMとKとある。これ誰だ?前原と北澤じゃねえだろうな?早急な結論はいけない。調べてみよう。
M→前原誠司 K→菅直人、川端達夫、北澤俊美 Mは前原だけ、Kは3名いるが、予感的中のような気がする。これが民主党で2名。

◎国民新党のS。これは調べる必要も無かろう。きっこさんのターゲットだ。やはりSは下地幹郎のみ。

以上9名だ」


【秘密裏に辺野古土地購入の政界9名 - 世界の真実の姿を求めて!2010年3月7日】
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-680.html


(十六頁へ続く)

(十五頁からの続き)


【神浦元彰氏:アメリカが気が付いたグアムの使い勝手の悪さ - ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報 2009年12月9日】
http://amesei.exblog.jp/10540713/

注目箇所「」

「神浦元彰氏は、グアムに移設するという案、当初の「ロードマップ」からアメリカ側が突然の変更した件について、次のように分析している。

(引用開始)

第2の原因は、在沖海兵隊の安易なグアム移転計画にある。04年8月にブッシュ大統領は在韓米軍(特に米陸軍・第2歩兵師団)の米本土撤退計画を発表した。
これを受けて、在沖海兵隊はグアムへの移転を決めたのである。

日本政府が沖縄の基地負担軽減を要請し、それを受けてグアム移転を決めたわけではない。あくまでアメリカ軍の都合(米軍再編)によるグアム移転である。
その為、米軍の当初の計画では、普天間飛行場の海兵隊・航空部隊はグアムに移転することが決まっていた。

http://www.kamiura.com/whatsnew/continues_255.html

(引用終わり)

上の部分では、神浦氏は、ブッシュ政権時の海兵隊移転計画について、アメリカ側の責任を指摘している。
アーミテージら、日米安保マフィアが、あれだけ激しく日本側に圧力を掛けてくるのは、「アメリカ側に日本に対して隠しておきたいこと」があるからに違いない。

それが神浦氏が述べる、以下の「問題」ではないかと私は思う。

(再度、引用開始)

ところが今年になって米海兵隊の首脳は、移転先のグアム基地の使い勝手の悪さに気がついた。
とても海兵隊員8000名、その家族9000人が引っ越し、司令部や隊舎、倉庫、整備工場、家族住宅、学校、教会、スポーツジム、スーパーマーケットなどを建設すると、
肝心の訓練場がまったく確保出来ない狭さなのである。
更に北朝鮮が崩壊すれば、すべての在沖海兵隊員を受け入れる必要がある戦略拠点の基地なのである。

米海兵隊といえば、”全員がライフルマン”と呼ばれるほど、射撃訓練を重視している。
ところが、グアムに移転する予定の海兵隊は、新設される射撃場について、前述のグアム移転計画書ではテニアン島で行うとしている。
広島や長崎に原爆を投下したB29爆撃機が飛び立ったテニアン島である。

テニアン島を地図で確認すれば、グアム島の20分の1程度の広さで、これでは基本射撃を行う程度の広さで、戦闘を想定した応用射撃が出来る広さは確保出来ない。

海兵隊の日常的な訓練である射撃まで、グアムの海兵隊はテニアン島まで移動しなければいけない。
これを別の例で説明すれば、日本の工場では慣例になっている朝礼とラジオ体操が出来ず、ラジオ体操は隣の町まで出かけて行うことに等しいのである。
十分にグアム基地の異常性に気がついて頂けると思う。

すなわち即応即戦の海兵隊にとって、グアムの狭さは致命的なことであることに気がついたのだ。だから、急にアメリカは日本に圧力を加えだし、辺野古沿岸の合意を強く迫りだしたのである。


(十七頁へ続く)

(十六頁からの続き)


在沖海兵隊はグアム移転計画の失敗を辺野古沿岸案で補おうとしている。辺野古沿岸には米軍の北部訓練場と連動している。
すなわち辺野古沿岸の海兵隊基地は、隣接する米軍キャンプ・シュワブ、米軍キャンプ・ハンセン、米軍辺野古弾薬庫、米軍北部訓練場と連携し、それらの基地を固定化することになる。

しかしそれでは、沖縄県民の基地負担軽減に逆行することになる。これは鳩山首相の混迷というより、アメリカの強硬な圧力が沖縄の反発を招いたのである。
アメリカの知日派という人が、「日米同盟の為に辺野古案に従え」「辺野古案でなければ、日米関係が悪化する」という主張は、
「アメリカの為に沖縄は犠牲になれ」という声になることに気がついていない。

所詮、アメリカの知日派という人は、かつて、自民党の国防族と組んで日米安保を勝手自由に支配してきた者に他ならない。
日米同盟強化を口にして防衛利権に群がった者たちである。

http://www.kamiura.com/whatsnew/continues_255.html

(引用終わり)

以上、このように日米安保マフィアの存在を指摘は、主流派マスコミで書いている人には出来ないことである。
神浦氏の見解をじっくりと読み、親米派のマスコミの政治部記者や編集委員たちは、自分たちがいかに手先であるかを恥じるといい。

このようにアメリカ側もずるいのであり、日本側もずるくなければならない。日米同盟の信義などというお題目は、表向きの話である。実際はだましあいの世界。
民主党の「純粋まっすぐの親米派」(つまり、「応援部」あがりのクルクルパー熱血漢)の長島昭久議員には、その辺のことが理解出来ないのかもしれない。

或いは、日米安保は、新しい「瓶のふた」になりつつあるのではないか。
従来の「ビンのふた」論とは、日本が再び東アジアでの地域覇権を指向することを警戒する為に米軍が駐留する、というものであった。
これに対し、「新ビンのふた」論は、日本がアメリカを離れ、中国の勢力圏に入る(同盟も結ぶ)という警戒感が、日米両国の安保マフィアの間にあり、
それが日米裏方談合体制になっているというもの。これは私の考えに過ぎないが」


◆   ◆   ◆

最後にもう一つ資料として、売国マスゴミ連合の“談合”について、以前作成したテキストの中から、その部分を再度抽出しておきたいと思います。

≪「悪魔的マスゴミ&検察特捜部によるクーデター」対「旧勢力と闘う、鳩山民主党政権」、国民はどちらを信じるのか?≫最終型 Roentgenium
http://www.asyura2.com/10/senkyo83/msg/599.html


(十八頁へ続く)

(十七頁からの続き)


◆   ◆   ◆


【目下の小沢攻撃をまだ画策する者たちがいる。その米国側で攻撃を行っているもの達の素顔を晒します - 今日のぼやき 副島隆彦 2010年2月1日】
http://snsi-j.jp/boyakif/wd201002.html#0102

注目箇所「」

「今、私たちの日本国を、いちばん上から操って、東京で各所で暗躍し、動き回り、政治干渉しているのは、二人のアメリカ人だ。
一人は、マイケル・グリーン(Michael Green)。
CSIS(ジョージタウン大学戦略国際問題研究所)研究員で、先のホワイトハウスの東アジア上級部長をしていた男だ。
彼が、今の「小沢攻撃、小沢を排除せよ」の東京のあらゆる権力者共同謀議(コンスピラシー)の頂点に居る謀略人間である」

「米国務省の一部局なのに、CIA(米中央情報局)と軍事部門の情報部が一体化して、政治謀略を仕組む部署が青山と横田(横田基地内と外)にあって、
そこの百名ぐらいの部隊が、マイケル・グリーンの配下として、暴走している。それを、温厚な、ジョン・ルース大使は止めることが出来ない。
どっちつかずでやってきた、ジム・(ジェームズ)・ズムワルド代理大使(筆頭公使)も、グリーンらの謀略行動に、見て見ぬ振りをしている」

「このグリーンの忠実な子分が数人いるが、その筆頭が民主党の現職の若手の議員で、東京21区(立川市、他)から出ている長島昭久である」

「マイケル・グリーンが、手足として使っているもう一人の男は、民主党の渡部恒三議員の息子の、渡部恒雄である。
彼もマイケル・グリーンの教え子で、肩書きもCSISの研究員である。
彼は、東北大学の歯学部を卒業した後、ワシントンDCで政治学を研究して、そしてグリーンの忠実な子分として洗脳されて、今の立場にいる」

「息子の渡部恒雄が、前原誠司や枝野幸男といった民主党内の反小沢グループを、何かあると直ぐにそそのかして、民主党の分裂策動を開始する。
今は「七奉行の会」とかを作って定期的に会っている。ここに岡田克也外務大臣までが、直ぐに引き摺られて連れてゆかれるのが痛手である。
「アメリカとしては、鳩山・小沢の後は、お前たちに日本の政治を任せようと考えている」とマイケル・グリーンが渡部恒雄と出てきて、盛んに煽動する」

「小泉純一郎の息子で横須賀市の地盤を継いだ、小泉進次郎の御養育係もまさしく、マイケル・グリーンである。
進次郎をワシントンのCSISの研究所に入れて、属国の指導者となるべく教育した。グリーンが指導して論文まで書かせている」

「検察警察、国税の二大実働部隊の反政府クーデター計画部隊の、
もう一つのアメリカの手先の主力勢力であるテレビ六社(NHKを含む)と大手新聞五社の11大メディアは「政治部長会議」を現在、頻繁に開いている。
議長は代々、日経新聞の政治部長(中曽根派の子飼いの政治部記者あがりが付く職)だと決まっている。

ここに、マイケル・グリーンと長島昭久、渡部恒雄らも出席して「小沢一郎を逮捕、有罪として、葬り去る為の謀議」を開いている、と私は睨んでいる。
合議の場所は、大手町の経団連の建物か、日経新聞の立替中の建物の奥の方の古いビルか、或いは、笹川会館(日本財団)であろう。
ここには、樋渡利秋(ひわたりとしあき)検事総長や、漆間 厳(うるまいわお、元警察庁長官、前内閣官房副長官事務方)らも密かに顔を出す。

だから、日本の大手新聞の政治記事の、小沢一郎攻撃の記事は、最近は一字一句までがそっくりで、どこの新聞の記事を読んでも変わらない。
社会部の記事までも似ている。「検察庁からの違法なリークである」ことが益々はっきりしつつある」

「マイケル・グリーンの暗躍以外に、
もっと強力な、アメリカの政治謀略の専門の高官が日本に赴任してきつつある。それは、マイケル・シファー(Michael Schiffer) という恐ろしい男である」

「カート・キャンベル(Kurt Campbell)では、日本政府に対して、圧力、恫喝をかける能力が不足した、という判断が出ているのだろう。
アメリカ国務省というよりも、アメリカ国防省の決断で、見るからに凶暴そうな表情のマイケル・シファーが、「東アジア担当・米国防省次官補代理」に就任した。
それから、ウォレス・グレグソンという海兵隊上がりの人間が、同じくシファーの上司の国防次官補という人物がいて、
この人物が現在日本にやってきている。現在都内にいる」


(十九頁へ続く)

(十八頁からの続き)


【ワシントンで、日本の鳩山・小沢政権を打ち倒す計画が年末から密かに練られ始めていたようだ - 今日のぼやき 副島隆彦 2010年1月23日】
http://snsi-j.jp/boyakif/wd201001.html#2201

注目箇所「」

「首都のワシントンDCで、日本の鳩山・小沢政権を打倒する、という権力者謀議(コンスピラシー)が、年末に行われたようです。
全体の司令官は、ジョゼフ・ナイ・ハーバード大学教授です」

「ジョゼフ・ナイは昨年6月に、駐日本アメリカ大使として赴任する予定だったのに、
オバマ大統領のまわりにいるアメリカ民主党の立派な人々に阻止されて、オバマの友人である弁護士、ジョン・ルース氏が米国大使としてやってきました。
イギリスも、フランスも、オバマの個人的な親友が選ばれて大使になりました。これに怒っているのが、政治謀略でも何でもやって、
属国群を管理してきた汚い米国務省官僚たちです」

「彼らは、オバマ大統領と、ミシェル夫人という立派な人間たちを、ホワイトハウスから追い落として、性悪女のヒラリー・クリントンを、早ければ今年の年末に、
遅くても来春には大統領にするでしょう。更に次の四年もヒラリー大統領で行き、アメリカだけでなく世界中に、金融統制体制、国民統制体制を敷く。

どうせ、今年の年末から、アメリカの経済は大きく崩れます。それに対応して、緊急で、たくさん国民統制の法律を作って、
それで「世界恐慌ではない」ということにする気でしょう。
その為に、各国の検察庁、警察、国税庁、地方公務員までを動員して、統制経済体制(コントロールド・エコノミー)に世界を持ち込もうとしています」


(全十九頁完)


掲載先
http://kyosukeyamashina.blog62.fc2.com/?no=312

◆   ◆   ◆   ◆   ◆


◆   ◆   ◆   ◆   ◆


≪bucknumber その1≫


≪相談いただいた「RFIDタグ」の件、聖書にも記されている「人間を奴隷化する技術」、HAARP、フリーメーソン国家、
外国人参政権に関して先ず議論すべき「在日」についての知識と国民の理解、など・・・・≫


◆   ◆   ◆


Roentgenium:「RFIDタグ」の件ですが、この問題はとても複雑なので、簡単にお答え出来る議題ではありませんが・・・・、
以前にもどこかで書いたのですが、もはや世界は国 対 国という構造ではなくなっているのではないかと思います。
つまり、日本でも起きている現象ですが、支配層 対 被支配層(借金奴隷)、或いは、閨閥によって形成される社会と、そうでない雑種の?社会・・・・という二極化社会、
或いは超ピラミッド社会とも呼べるような。

[参考]
優生学 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%84%AA%E7%94%9F%E5%AD%A6

「ガタカ(映画)」 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%BF%E3%82%AB

「アイランド(映画)」あらすじ - サキの映画インプレ
http://movie.oka-hero.co.uk/site-de-world/world0012.html


その為の、超管理社会、超階級社会をより強固にする為の計画が、世界各国で更に進められていくのかも知れません。
(そこには、以前提起させていただいた「人口論」の問題や「優生学」が当然絡んでくると思いますが、それを情報操作で民衆をコントロールする上で、
日本のマスメディアの特殊性は、非常に有効な研究材料となるでしょう)

以前はどうだったかというと、戦勝国と敗戦国、先進国と発展途上国、植民地といった国に重きを置いた構図でした。

また、世間では金融不況により、米国は世界的な影響力を失っていると言われますが、本当にそうなのでしょうか?
米国内も含めて、何らかのシフトが行われているだけなのかもしれない・・・・。
日本のお粗末な官僚に支配されてきた売国政治と異なり、金融不況の予測は当然出来ていただろうし・・・・。

根拠があるわけではないので、戯言と言われればそれまでなんですが・・・・

ところで、「RFIDタグ」についての返事ではありませんが、興味深い内容のものをいくつか紹介させていただきたいと思います。
山科さんのことですから、どれも既に御存知だろうと思いますが、念の為・・・・、以下。


◆   ◆   ◆


【オバマ政権の核軍縮戦略と、新たな切り札と目される?HAARPについて】

YouTube - オバマと気象・地震兵器HAARP - ニュースにならない世界の大ニュース 2009年7月28日
http://www.youtube.com/watch?v=8AMlqRsHUXI

YouTube - 地震兵器ハープHAARP,プラズマ兵器etcの日本語説明!貴重!2010年3月9日
http://www.youtube.com/watch?v=cpo3QeZWlIw


【ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報 - オバマを呪う、Lee Harvey Oswald wannabes たち 2009年9月13日】

http://amesei.exblog.jp/10217705/

注目箇所「」

「世界の対立軸は「金持ちVS貧乏人」しか存在せず、それ以外の枠組みは、金持ちによって作り出された人工的なもの。
日本の保守VS左翼なんてのもそう。ウェブ上の親日VS反日という論争の枠組みもばかばかしくて見てられない。そもそも論争している側が都合良く、親日と反日を定義している。

アメリカのオバマへの反発も、本当の支配層であるFRBやウォール街の銀行家への「弾よけ」として演出されるのだが、「情報弱者」の田舎の保守層にはそれがわからない。
これに宗教原理主義が関わってくるので、パラノイアはさらに加速する。

日本にも米民主党批判の論調は産経の古森義久さんアタリから伝わってくるけど、こういうにおいのところを報じないので困る。
「民主党のリベラルのオバマを批判するのは共和党の良い人たち」というレベルでしか伝わらない」


【ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報 - 仲良くけんかする財閥富豪 2007年2月28日】

http://amesei.exblog.jp/4851584/

注目箇所「」

「すべてが一筆書きでロスチャイルド一族であるとまでは言うつもりもないが、
財閥、富豪は閨閥を作ってネットワークを広げるというのは欧州貴族の伝統であり、不思議な話ではない。
ネットワークの構成については、血縁の他に、私が研究している企業重役交換のネットワークがある。
思想というのは二の次である。お金に色が付いているわけではない。汚い色を消したければ、マネーロンダリングがある。
したがって、後に書くように今ではロックフェラーもロスチャイルドも表面上は競争心があるように見えて、最高レベルでは談合していると見た方がいい」

[参考]
ビルダーバーグ会議 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0%E4%BC%9A%E8%AD%B0


【カレイドスコープ - マイクロソフトとビルダーバーグ会議】ビル・ゲイツ―IBM―デヴィッド・ロックフェラー

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-17.html

[参考]Google覇権に挑む(4) 中国のグーグル「百度(バイドゥ)」の実力【寄稿・前編】 - IT-PLUS
http://it.nikkei.co.jp/internet/special/search.aspx?n=MMIT05000008062006


【アメリカとイスラエルの二つのユダヤ人社会に横たわるギャップ、「約束の地」は米国? - イスラエル建国の謎】

http://hexagon.inri.client.jp/floorA4F_ha/a4fhc413.html

イスラエル建国の謎(目次)
http://hexagon.inri.client.jp/floorA6F_hd/_floorA6F_hd.html


(二頁へ続く)

(一頁からの続き)


◆   ◆   ◆


【オルタナティブ通信 - 米国大手スーパーマーケット、ウォルマート問題について】

http://alternativereport1.seesaa.net/article/49239877.html

注目箇所「」

「周知のように超小型のICチップを埋め込んだ商標(タグ)の使用を既にウォルマートは使用し始めている。
瞬時に商品の生産地や消費期限、配送ルート等の情報を読み取れる安価なICタグは一見便利そのものだが、
ウォルマートは米国国防省と一体化しながら、その実用化を計っている。
国防省の目的は全ての人間の身体にICチップを埋め込み(または身分証明書を携帯させ)管理する事、
つまり軍隊が全人類、個々人の趣味や交遊関係、経歴、行きつけの店、読んだ本の中身、ネット上で閲覧したデータを把握することにある。
こうした軍隊による超管理体制を目指してウォルマートは既に、国防省の一部として活動している」

[参考]
金貸しは、国家を相手に金を貸す - 電子マネーはいかに普及してきたか?始まりは1997年の香港から
http://www.financial-j.net/blog/2010/03/001209.html

なぜ反ロスチャイルドなのか(4)−銀行という名の搾取システム <Anti-Rothschild Alliance>
http://www.anti-rothschild.net/main/04.html

世論操作、洗脳に関する資料 - 「プロパガンダという世論操作を80年前に確立させたエドワード・バーネイズはフロイトの甥」
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=158164

世論操作、洗脳に関する資料 - 苫米地英人著「洗脳支配―日本人に富を貢がせるマインドコントロールのすべて」より、アーネスト・ヒルガードについて
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu165.htm

世論操作、洗脳に関する資料 - 文部科学省、米国教育使節団報告書にアーネスト・R・ヒルガードの名前あり
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpbz198102/hpbz198102_2_034.html

世論操作、洗脳に関する資料 - 沖縄戦で米軍がまいた、降伏を勧めるビラ(沖縄県立図書館所蔵)
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-922.html

【日本人が知らない 恐るべき真実 第二章 グローバリゼーションはユートピアを実現するか? - 第二の植民地政策−債務という鎖による支配】

http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20050824

注目箇所「」

「植民地支配にあった時代、途上国は自給自足の経済から先進国への原料供給地、工業製品の輸出先の市場に暴力的に変えられてしまいました。
自給自足が出来ていれば、お金がなくても飢えることはなく、生きてはいけます。
しかし、自給自足が出来なければ、労働力として使われ賃金を稼ぐほか食料を手に入れることは難しくなります。

そして独立後、途上国は工業化を進めようとしましたが、
既に工業化を推し進めていた先進国の経済や、先進国が推進するグローバルな資本主義の中で対等に競争をすることが出来ず、
途上国は外貨獲得の為に植民地時代に生産していた一次産品(いわゆる原料)の輸出の継続を余儀なく続けました。

しかし、百数カ国ある途上国が、たった30品目程度しかない一次産品を競って輸出した為、その価格が60年代以降、大幅に下落。
その結果、慢性的な赤字が続き、先進国に対して援助を求めざるを得なくなり、「援助」という名目の「借金」をするようになったのです。

途上国が、先進国が出資をした国際金融機関であるIMFや世界銀行からお金を借りる際には「構造調整プログラム」を実施することを求められます。
構造調整プログラムの内容は債務国の状況により異なりますが、主な内容は次のとおりです。(略)

つまり、医療、教育、福祉などの補助や環境保護、公的サービスを切り詰めて借金を返済させる。増税して国民からお金を集め借金を返済させる。
利益をあげられるような公的部門は売却して、その収入で借金を返済させる。自然を外国企業に売って借金を返済させる。
そして、自国民が食べる食糧をつくるのもやめさせ、外貨が稼げる換金作物をつくらせ、それを外国に売って借金を返済させる。

通貨の価値を下げ、輸出を増やし輸入を減らして貿易黒字にし、その黒字で借金を返済させる。
規制を緩和して多国籍企業が参入しやすい環境を整える。という策を実施しなければならなくなります。このことは実質的に、債務国が自国の経営権を失うことを意味します」

[参考]
日本を守るのに右も左もない - 「三極委員会」を通じたロックフェラーの日本の金の収奪手口
http://blog.trend-review.net/blog/2008/02/000620.html

米国年次改革要望書 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E6%AC%A1%E6%94%B9%E9%9D%A9%E8%A6%81%E6%9C%9B%E6%9B%B8

年次改革要望書について雑談|Aobadai Life
http://ameblo.jp/aobadai0301/entry-10306160235.html

【オルタナティブ通信 - 全ての人間を奴隷化する「技術」 2008年5月17日】

http://alternativereport1.seesaa.net/article/97014444.html

【全ての人間を奴隷化するICチップ導入へ - 裏ジャーナル〜テレビでは報道されない事実。インターネットで暴露します〜 2008年5月17日】

http://uramedia.blog119.fc2.com/blog-entry-54.html

注目箇所「」

「今回話題になったのは、犯罪多発地域での監視カメラやネット監視システムを提供している米国のシティーウォッチャー・ドット・コム社の話。
社員、社長らの上腕に「RFIDタグ」を移植し、重要な記録や情報が保管されている部屋へのアクセスを制限する為、個人識別用として利用しているという。
11ミリほどの体内に埋め込むことが可能な、シリコン素材で出来ている「RFIDタグ」を上腕三頭筋の脂肪組織に埋め込んで利用する。
健康上のリスクや影響もないという。
チップを開発したVeriChip社では、既に自社の職員70名の腕に移植をして実験を開始している。
数年前、メキシコの司法長官下で「RFIDタグ」の人体移植を行い、話題にもなった。

今後、米国内68箇所の病院に導入される「RFIDシステム」を用いて、
入院患者や救急搬入患者などを識別したり、診療記録にアクセス出来る病院スタッフを制限したりするなど、利用方法は無限にある。
この技術は決して新しいものではなく、既に15年以上前から、家庭のペットや家畜にチップを埋め込んだり、サケの移動を監視するのに利用されたりしてきた」


「聖書ではローマの独裁者でヨーロッパの王が666の数字を人間の額に入れて管理するとある」

ヨハネの黙示録 Rev. 13:16-18

小さき者にも、
大いなる者にも、
富める者にも、
貧しき者にも、
自由な人にも、奴隷にも、

すべての人々に、その右の手或いは額に刻印を押させ、
この刻印のない者は皆、物を買うことも売ることも出来ないようにした

この刻印は、その獣の名、
または、その名の数字のことである

ここに、知恵が必要である

思慮のある者は、獣の数字を解くがよい

その数字とは、人間を指すものである
そして、その数字は666である


◆   ◆   ◆


(三頁へ続く)

(二頁からの続き)

(以下、米国がフリーメーソン国家であるという観点から参照)


【アメリカ合衆国は、フリーメーソン国家 〜魔笛 続・戦いか破滅か】

第5章 米国の正体
http://rerundata.net/aum7/2/oz2/oz205.html

第6章 1ドル札の秘密(1)
http://rerundata.net/aum7/2/oz2/oz206a.html

第6章 1ドル札の秘密(2)
http://rerundata.net/aum7/2/oz2/oz206b.html


【菊川征司著「世界恐慌という仕組みを操るロックフェラー」徳間書店より抜粋記事】

http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/tsubuyaki0901-04.html

注目箇所「」

「第2次世界大戦後から21世紀にかけて闇の世界金融が引き起こしたと思われる事件は、
中国の共産化を含めてほとんどロックフェラー家の采配で起こされているといっても過言ではありません。
ましてソ連を陰から支配し、中国を方向転換させ、アメリカの社会主義化を着々と進行させているのですから、世界を支配しているようなものです」

「一方、悟りとはほど遠い人々がどうやって社会を管理するかというと、未来の人間を完全にコントロールするのはマイクロチップによって可能になります。
したがって、悟りなど開く必要がまったくないので、この哲人の地位は少数の家族の世襲になります。
そのマイクロチップには、個人の誕生からあの世へ旅立つまでの、ありとあらゆる情報―学校での成績と行動の内容、誕生時からの病歴、犯罪歴、職歴、収入と納税記録など―
すべてが入ります。また、運転免許証やパスポートを持つ必要がなくなります。年金記録も入りますから、現在日本で起こっている各種の年金に関する問題も起こらなくなります。

これらは表向きには良いことのように見えますが、これは人間のペット化・家畜化に他ならないのです。
これに加えて、GPSのロケーターが入ると言われていますから、政府はあなたの財布の中身ともろもろの情報だけでなく、居場所も常につかんでおけるのです。
マイクロチップの話はまだまだ先のように思っている人が多いかもしれませんが、アメリカでは医療用マイクロチップが既に政府に認可されていて、
同時多発テロ直後にフロリダのある家族が腕に埋め込んだことが報道されています。
体内埋め込み用のVeriChip(ベリチップ)という名の医療用マイクロチップは、現在スイスでは140カ所の病院で、300人の外科医が使っているようですから、
日本に導入されるのも時間の問題だと思います」


【フリーメイソンのシンボリズム - 超常現象研究最前線の姉妹HP 2001年9月24日】

http://unkokuse.hp.infoseek.co.jp/shinpi/meison2.html

注目箇所「」

【フリーメイソンのシンボリズム - 超常現象研究最前線の姉妹HP 2001年9月24日】

http://unkokuse.hp.infoseek.co.jp/shinpi/meison2.html

注目箇所「」

「中でも『魔笛』はフリーメイソン運動が生み出した最大傑作と言われている。
モーツァルトがメイソンだったと聞くと驚く人もいるだろうが、それはフリーメイソンを知らないからである。
近代フリーメイソンは理神論・啓蒙主義など、18世紀ヨーロッパの時代精神を体現する一流の思想家たちの集まりだったのだ。
『魔笛』の主筋は、主人公のタミーノが夜の女王の娘パミーナとともにザラストロのイシス・オシリス密儀というエジプト密儀に参入するまでの過程である。
ここで古代密儀の名を借りた参入儀礼は、実際にはフリーメイソンの参入儀礼そのものとなっている。

第一幕の終りにおいてイシス・オシリス密儀の大神官であるザラストロは、
「この二人の者を、われらの試練の神殿へ案内せよ。二人には頭巾を被せよ、二人はまず清められねばならぬ」と参入儀礼の開始を宣言する。

ここで二人の頭をおおう頭巾は、フリーメイソンの参入儀礼において志願者がつける“目隠しの布”に対応する。
第二幕の冒頭では、タミーノが試練を受ける資格があるかどうかについてザラストロが三人の聖職者と短い問答を行う。
それは「彼は徳を備えていますか」「彼は沈黙を守れますか」「彼は慈悲の心を持っていますか」というものだが、いずれもメーソンにおいて重視される徳性である。

その後、ザラストロの命令により二人は神殿の前庭に引き出され、試練が実際に開始される。
最初の試練は“神々が幸いをもたらす沈黙”の試練であり、二人は三人の侍女の誘惑に強い意思を持って沈黙を守り続ける。
その後、二人は「火の試練」と「水の試練」を受けることになる。火の試練ではパチパチと燃える炎の中を通過し、水の試練では一度水に完全に没し、しばらくして水から上がる。

二つの試練を通過すると、門が開き、明るく照らし出された神殿に通ずる入り口が見える。そして、神殿の内部から次のような神官の合唱が聴こえてくる。
「耐えぬいた、試練に勝った、気高い二人よ。あなた方は危険に打ち勝った。イシスの神に仕える資格は与えられた。さあ、神殿に入るがよい」。
こうしてパミーナとタミーナは、神殿の内部へと導かれ、イシス・オシリス密儀の参入者となるのである。

二人が試練を通過することによって得たものは、一体何だったのか?それは霊的な覚醒であり、神との合一すなわち人間の神化である。
これは筆者の見解ではなく魔笛オペラの、そしてフリーメイソンの基本精神なのだ。
「徳と正義が、偉大な人の歩む道を栄誉で飾るとき、この世は天国となり、俗人も神々に近づく」(第一幕一九場)
勿論、人間の神化という主題は、文字通り人間が神になるということではない。

神とは啓示宗教の神ではなく、理神論・啓蒙主義の精神によって実現される人間の道徳的な完成を意味している。
そしてそれを成し遂げた人物こそがイエス・キリストだった。福音書によればイエスの職業は『大工』すなわち建築者であり、まぎれもなくフリーメイソンだった。
30歳までのイエスの事績はまったくといっていいほど残っていない。何故か?イエスはまだイニシエーション(参入儀礼)を受けていなかったからである。
ここでいうイニシエーションとは、イエスが霊的な覚醒を成し遂げ、真のメイソンとなる為に通過しなければならなかった数々の試練と密儀を意味している。

試練とは40日40夜の断食と悪魔の誘惑であり、密儀とはヨルダン川におけるヨハネのバプテスマ(水の洗礼)と聖霊の浄化である。
魔笛においてパミーノは“沈黙の試練”を受けた。二人はそこで三人の侍女の誘惑を耐えぬき沈黙を守った。

一方、イエス・キリストは荒野で悪魔の三度の誘惑を受け、最終的に悪魔を退けた。
更に、パミーノとタミーナは“火の試練”と“水の試練”を通過することで、イシス・オシリス密儀の入社資格を認められイシスの神殿へと参入した。

もうお分かりだろう。イエスが受けたヨハネの洗礼は、まさしく水の試練であり、続く聖霊(火)の降誕は、火の試練に他ならないのだ。

ヨハネによる福音書に記録されたイエスの言葉には次のようなものがある。
「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない」ニコデモは言った。
「年をとった者が、どうして生まれることが出来ましょう。もう一度母親の胎内に入って、生まれることが出来るでしょうか」イエスはお答えになった。
「はっきり言っておく。誰でも水と霊によって生まれなければ、神の国に入ることは出来ない」(3:3−5)」


【広瀬 隆「赤い楯 - ロスチャイルドの秘密」下巻〜要略〜 ロスチャイルド(ユダヤ)とフリーメーソンの関係】

http://www.oct.zaq.ne.jp/poppo456/in/b_rothschild2.htm

「フリーメイソン、わざわざ血の繋がらない他人を集めて「秘密の儀式」を通じて連帯感を作る、などと手間のかかることをするのは・・・・」→宗教?
http://www.akashic-record.com/y2002/fmason.html

財団法人・東京メソニック協会の情報公開資料
http://www.disclo-koeki.org/04b/00724/index.html


◆   ◆   ◆


Roentgenium:統一教会と清和会自民党の間で国民には明らかにせずに進めていた海底トンネルで日本と韓国を結ぶという計画だが、
今は李明博(イ・ミョンバク)大統領が積極的に取り組んでいるようだ。地底もハブ化して物流のイニシアチブを優位に進めたい考えか?


【李明博(大阪出身の元在日)―KCIA、統一教会―清和会自民党】

統一教会、麻生セメント 日韓トンネルがついに本格的に推進?
http://logs.dreamhosters.com/html/1/226/835/1226835698.html

麻生太郎が統一協会系日韓トンネル研究会の顧問に
http://www.asyura2.com/07/senkyo29/msg/846.html

麻生太郎や安倍晋三のキリストは文鮮明である
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E9%AE%AE%E6%98%8E

http://members.at.infoseek.co.jp/kuha_72/shinto.html

「韓国政府は、2009年12月2日、日本や中国との海底トンネルの建設を長期的な検討課題と位置付け、 経済的、技術的な側面から妥当性の研究に着手することを決めた。
北東アジアの経済協力推進を目指し、物流網を拡充する狙いがある。日中両国の政府とも協議したい意向だ。
李明博(イ・ミョンバク)大統領の直属機関で、国土開発計画を検討する地域発展委員会が、2020年までの基本構想に盛り込んだ。

日韓トンネルは韓国南部と日本の九州、中韓トンネルは韓国北西部と中国の山東半島を結ぶ構想だ。
韓国釜山市傘下の研究機関によると、日韓トンネルで有力視されるルートの一つは同市近郊の巨済島(コジェド)と佐賀県を結ぶコースという。
総距離は200〜230キロ、海底部分は50キロを超えるとみられる。建設費は100兆ウォン(約7兆5000億円)以上との試算もあるが、実現性は不透明だ」

http://blog.goo.ne.jp/torl_001/e/766f6b5117fcce7ece68519cc2bfdc29

李明博(大阪出身の元在日)と鄭夢準、
「現在日本にいる在日の大部分が、済州島出身者であることは厳然たる事実だ。もっと具体的に言おう。戦前日本にいた在日の大部分は戦後、朝鮮半島に戻った」

http://temple.iza.ne.jp/blog/entry/415157/

在日韓国人の多くが密航者−同胞の差別・弾圧から逃れ日本に移住、日本の治安を著しく破壊する|朝鮮歴史館
http://ameblo.jp/campanera/entry-10283897193.html

在日韓国・朝鮮人 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%83%BB%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA

済州島四・三事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%88%E5%B7%9E%E5%B3%B6%E5%9B%9B%E3%83%BB%E4%B8%89%E4%BA%8B%E4%BB%B6

◆   ◆   ◆   ◆   ◆


◆   ◆   ◆   ◆   ◆


≪bucknumber その2≫


≪Wikileaks(ウィキリークス)、「たちあがれ日本=インポ老人のおまじない政党」、「ニュースJAPAN」の面々、他≫


Roentgenium:昨日の投稿に続き、興味深い記事などをいくつか紹介させていただきます。
先ず、Wikileaks(ウィキリークス)について―。
閉鎖的で、(国民を洗脳する役割という意味で)カルト宗教化した日本のマスゴミとは対照的な、興味深い記事ばかりです。


◆   ◆   ◆


【Wikileaks(ウィキリークス)とは】

http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikileaks

注目箇所「」

「匿名で寄せられた政府、企業、宗教に関わる機密情報を公開するウェブサイトである。公開の際には、投稿者の匿名性は維持され、
またその機密情報から投稿者が特定されないように努められている。
2006年12月にオープンし、その後から一年以内に、Wikileaksは、120万を超える機密文書をデータベースに保存している。
Wikileaksの運営には変更が加えられたMediaWikiソフトウェアが用いられている。

2007年1月になるまでは、Wikileaksは、ウェブサイト、また企画そのものも秘密にされていた。
しかし、2007年1月に発表された記事で、『Secrecy News』の編集長に、Wikileaksの運営組織に加わるように要請したことで、Wikileaksの存在は、初めて明らかにされた。
現在、Wikileaksは、中国政府の反対者と、台湾、欧米、オーストラリア、南アフリカのジャーナリスト、数学者、ベンチャー企業の技術者によって運営されている。
Wikileaksは、「我々の主目的は、アジア、旧ソビエト連邦、アフリカのサハラ砂漠以南、そして、中東の圧制を強いている政権を白日のもとに晒すことであり、
また、世界の全ての地域で、政府や企業によって行われている非倫理的な行為を暴露したいと考えている人たちを支援していきたい」と主張している。

Wikimedia Foundationは、Wikileaksとは無関係である。Wikileaksにリークされた公開の準備を進めている文書の数は120万以上であると言われている。
当ウェブサイトのトップページにニュースとして載せられた、Afghanistan warでの武器装備の支出と所蔵や、ケニヤでの汚職に関わる文書を筆頭として、
その後、Wikileaksは数々の重要な文書を公開している。

Wikileaksは、投稿者の身元が露呈しないようにしながらも、大量の文書をリークし分析する為の、検閲されることのないWikipediaに似たサイトになることを目指している。
偽造文書、ポルノ、スパムで溢れてしまうのを防ぐ為の手段として、Wikileaksの完璧な匿名システムでは、チェック機構が設けられている。
全てのユーザーは全ての文書に対してコメントをつけることが出来、また、分析し、その文書が本物であるかどうかを判断することが出来る。
Wikileaksが掲げる目標とは、内部告発者やジャーナリストが機密文書をメールで送信しても、逮捕されたり、刑務所に収容されることはないと保証することである。

誤解を生じさせる、又は、騙すように意図的に作られた内部告発情報がWikileaksを通して、社会に出回ってしまうのではないかという懸念に対しては、
Wikileaksは、「そのようなものは、主要メディアにおいて、既にある程度の地位を獲得してしまっている。例え、Wikileaksがその中の一つとなったとしても、状況は何も変わらない」と反論している。
FAQは、「単純でいてかつ最も効果的な対抗策として、リークされた文書を精査し、議論出来るだけの十分な知識を有しているユーザーから成る世界規模のコミュニティーがあるのだ」と述べている」

[参考]
「ウィキ(Wiki)は、ウェブ上で参加者それぞれが、掲示されている内容を付け加えたり編集したり出来るソフトウエアのことで、
ハワイ語の「速い」という言葉が語源とされる他、「私の知っていることは(What I Know Is)」の頭文字を繋げたものともされる」
http://blog.goo.ne.jp/ibarakiisuzu/e/d0bb3102e7381fdb014557acb6c0e2dd

米連邦地裁、内部告発サイト「ウィキリークス」のドメイン使用禁止命令を撤回 - AFPBB News 2008年3月4日
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2359591/2701352


【3年前の米軍ヘリによるイラク市民銃撃映像、告発ネットが公開 写真5枚 - AFPBB News 2010年4月7日】

http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2716308/5577200

注目箇所「」

「イラクのバグダッド(Baghdad)で2007年7月に米軍の攻撃ヘリコプターが路上の人びとを銃撃する様子を空撮した生々しい極秘映像が5日、
内部告発サイト「WikiLeaks」で公開された。
この攻撃では、ロイター通信(Reuters)の記者ら2人が犠牲となった。映像には、発砲許可を求める兵士やパイロットらの生々しい会話も収録されている」

[参考]
YouTube - 3年前の米軍ヘリによるイラク市民銃撃映像、告発ネットが公開 2010年4月6日
http://www.youtube.com/watch?v=kEKrja_crlA

「ロイター通信は、反アメリカで左に傾いていると保守系メディアから批判されることもある」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC

メディア企業のツイッター規制?ロイター通信と日本テレビ放送網の場合 - kokumai.jpツイッター総研
http://kokumaijp.blog70.fc2.com/blog-entry-24.html


【「デモクラシーNOW」が、米軍ヘリのイラク民衆に対する機関砲掃射ビデオをめぐる米兵らの通信の一部始終(トランスクリプト)を掲載
(全文日本語訳) - 机の上の空 大沼安史の個人新聞 2010年4月8日】

http://onuma.cocolog-nifty.com/


◆   ◆   ◆


(二頁へ続く)

(一頁からの続き)


Roentgenium:日本国内においても、多くの国民のジレンマを少しでも解消する良い手立てはないものかと思い、
先々日、民主党議員のいくつかの事務所に電話をし、

「国民や有権者の、マスゴミの報道のあり方に対する信用度を、第三者委員会を設けて一度、世論調査すれば良いのではないか?
そういう働きかけこそが、「視聴者の信用を得る為には、報道の原点に立ち返らなければだめだ」という反省を促すことに繋がるのではないか?
国民に信用されていないマスゴミが国民世論を騙り、民意によって選ばれた民主党政権の足を引っ張り、政治を混乱させるのはおかしい」

というような提案を伝えました。それに先立って同じような内容の文章を、小沢一郎ウェブサイトにも投稿しました。

ところで、松下政経塾の落ちこぼれ新党ですが、
以前に纏めた文章内容のような問題点を、より多くの国民が冷静に注視してくれたらいいのですが、洗脳されやすく騙されやすい国民性が少し心配でもあります。

[参考]
『西松事件も、“地方分権選挙”も、〜郵政民営化の正体〜を暴かれたくないが為のメディア・ジャックであり、欺瞞だ!!』
http://www.asyura2.com/09/senkyo66/msg/1045.html

『絶対に暖簾を貸してはならないネズミ・中田 宏(横浜市長)について検証&「郵政民営化研究会」再結成の動き?その他』
http://www.asyura2.com/09/senkyo68/msg/884.html

「2004年手鏡事件は、中田 宏後援会での講演を、横浜駅前のシェラトンホテルで行った後の帰り道に起きました」
http://www.asyura2.com/09/senkyo69/msg/526.html

中田 宏が横浜市長を辞任した本当の理由 - カナダde日本語
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1851.html

≪「MRA(道徳再武装)」、「松下政経塾」、「統一教会」、「CSIS」、などで検索した結果・・・・前編≫ Roentgenium
http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/240.html

≪「MRA(道徳再武装)」、「松下政経塾」、「統一教会」、「CSIS」、などで検索した結果・・・・後編≫ Roentgenium
http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/241.html

≪野党の皮を被った傾国の張本人 谷垣禎一総裁、柴山昌彦議員、茂木敏光議員、後藤田正純議員らの正体&水谷建設の醜聞≫ Roentgenium
http://www.asyura2.com/10/senkyo78/msg/378.html


Roentgenium:それから、「たちあがれ日本」とかいう訳のわからない、日刊ゲンダイに「インポ老人のおまじない政党」とまで言われた勘違い新党ですが・・・・、
同じ「たちあがれ」でも、こいつらや松下政経塾の落ちこぼれ新党よりも、以下URLの「通天閣ロボ」の方が笑いを取れる分余程マシなのでは?

TSUTENKAKU ROBO Official Website
http://www.tsutenkakurobo.com/

TSUTENKAKU ROBOのブログ
http://ameblo.jp/tsutenkakurobo/

通天閣ロボ、東京タワーに参上 写真4枚 国際ニュース AFPBB News 2010年4月8日
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2716603/5583694

通天閣ロボ、東京タワーでツッコミ芸 - nikkansports.com 2010年4月8日
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20100408-615648.html


Roentgenium:ところで、最近、カルト化した日本のマスゴミの中でも、日本テレビ放送網(CIA)と同じレベルで偏向報道の悪質さが目に付くのが、フジテレビの「ニュースJAPAN」。
気になるので、番組の顔ぶれを少し調べてみました(同じフジテレビ局内でも夕方の「スーパーニュース」は、木村太郎が思慮深くバランスを取っているので幾分マシなのだが・・・・)。


◆   ◆   ◆


(三頁へ続く)

(二頁からの続き)


「秋元優里」・・・・父親は外務官僚の秋元義孝。官僚支配政治からの脱却を目指す鳩山政権潰しの為の人選か?実際そのような発言が目立つ。
白百合学園小学校2年生から約二年間イギリス・ロンドンで生活し、その後ロシア・モスクワで約二年半生活したという帰国子女。
中学1年生の時に日本に帰国し、慶應義塾湘南藤沢中等部へ転入学。慶應義塾湘南藤沢中・高等部を経て慶應義塾大学総合政策学部卒。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E5%85%83%E7%BE%A9%E5%AD%9D

http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia%E2%80%90%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E7%89%B9%E7%AD%86%E6%80%A7_(%E4%BA%BA%E7%89%A9)#.E5.A5.B3.E6.80.A7.E5.A7.89.E5.A6.B9.E3.82.A2.E3.83.8A.E3.82.A6.E3.83.B3.E3.82.B5.E3.83.BC.E3.81.AE.E7.88.B6.E8.A6.AA.E5.A4.96.E4.BA.A4.E5.AE.98.E3.81.AB.E3.81.A4.E3.81.84.E3.81.A6

[参考]何も機能しない「外務省」 - 博士の独り言
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1594.html

http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H13/1307/130725souka-invader.html


「箕輪幸人」・・・・警視庁・司法両キャップなどを経て、社会部長、解説委員。元スーパータイムのディレクター。フジテレビのニュース番組「ニュースJAPAN」にコメンテーターとして登場。

YouTube - 箕輪幸人「取り調べ可視化急ぐ必要無し!」
→国民とか世論とかこじつけずに、「自分は検察の代弁者です」と正直に言えばいいのに。大体マスゴミの支持率は、自民党以下でしょ?
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=pJfdRwk4vJU


「和田 圭」・・・・学習院大学法学部法学科卒業後、フジテレビに入社。総理官邸、自民党、野党各担当キャップの他、
外務省、労働省各担当など、政治分野中心に記者として活動。元妻は元フジテレビアナウンサーの有賀さつき(2006年5月に離婚)。
小泉純一郎などにとっては使いやすい駒だったことだろう。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200810/29/34/f0162634_11142183.jpg

「TBSの岸井成格、テレビ朝日の古館伊知郎、フジテレビの和田 圭。この連中がまさに小泉政権を支えてきたのであり、小泉首相と栄耀栄華を謳歌してきたのである。
小泉政権の一部なのであり、権力の重要な支柱なのだ。小泉政権が崩壊するということは、岸井成格や和田 圭や古館伊知郎らマスコミ権力者の人生にとっても、
少なからぬ打撃的影響が及ぶのである。この連中は報道の人間でありながら、新自由主義の「改革」イデオロギーにかぶれて真実を直視することを誤った」

http://critic.exblog.jp/3242821/

和田 圭,有賀さつき「実況解説!小泉劇場―すべて見せます『小泉政治』ほんとうの話」
http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%9F%E6%B3%81%E8%A7%A3%E8%AA%AC-%E5%B0%8F%E6%B3%89%E5%8A%87%E5%A0%B4%E2%80%95%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%A6%8B%E3%81%9B%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%8C%E5%B0%8F%E6%B3%89%E6%94%BF%E6%B2%BB%E3%80%8D%E3%81%BB%E3%82%93%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%AE%E8%A9%B1-%E5%92%8C%E7%94%B0-%E5%9C%AD/dp/4569620892

≪以下、前回の一部補足≫


Roentgenium:前回取り上げた「HAARP」についてですが、一見してオカルトや超常現象や陰謀論の類いだと鼻で笑う人もいるかもしれませんが、
個人的には、単なる陰謀論などではないのではないか思っています。ロボット兵器も既に実用化されつつありますが、それも一昔前の時代なら考えられなかったことでしょうね。

いっぽうで人の命がますます軽視され、単なる“物”として扱われてしまっているような気がしてなりません。
それこそ戦争に限らず、最近顕れている世の中のあらゆる変化の中に、全体的な流れとして、そのような傾向があるような気がしてなりません。

何かにつけ、「便利だから」という尤もらしい理由で見過ごしてきた巧妙に仕掛けられた罠から、世界市民が逃れられなくなってしまっているのではないか?
そんな気がしてなりません。でも、よく考えなければならないのは、人間は生身であり、命には限りがあるものだということです。
自分(人間)が生きていることや、いずれ死ぬことを忘れる為の“物社会”“まやかし”は、非人間的な世界を一人歩きさせてしまう危険性を常に孕んでおり、
また、本来、日本人は価値観や倫理観などを含めて、自然宗教に基づくであろう独自の良さを古来伝承してきたはずなのに、
それを現代に上手に活かせていないのは、残念なことでもあるというふうに思います。

話が何となく漠然としてしまいましたが・・・・、以下、前回の一部補足です。


◆   ◆   ◆


【米軍施設『HAARP』は、「敵国全体を機能不全にする」兵器? - WIRED VISION 2008年2月28日】

http://wiredvision.jp/news/200802/2008022821.html


【謎の米軍施設『HAARP』訪問レポート画像ギャラリー - WIRED VISION 2009年8月7日】

http://wiredvision.jp/news/200908/2009080723.html


【京都大学生存圏研究所(旧木質科学研究所と旧宙空電波科学研究センターを統合・再編して発足した研究所)とHAARP - たわごとブログ 2008年6月10日】

http://blogs.yahoo.co.jp/beautyhappinesshide/53854583.html

◆   ◆   ◆   ◆   ◆


◆   ◆   ◆   ◆   ◆


≪BGM≫

YouTube - Hector Zazou&Arthur Rimbaud「Ophéllie(「Sahara Blue」収録曲)」
http://www.youtube.com/watch?v=087kkAd197Y

YouTube - David Sylvian feat. Ingrid Chavez - 「Whose Trip Is This」
http://www.youtube.com/watch?v=8XusG3RUlC4

YouTube - Ingrid Chavez - 「By The Water Re-Imagined」
http://www.youtube.com/watch?v=XGKFqOcyI0s

YouTube - David Sylvian - 「Blue Skinned Gods(live in Japan)」
http://www.youtube.com/watch?v=Hybva8b5ooo

YouTube - Robert Fripp String Quintet - 「Kan Non Power」
http://www.youtube.com/watch?v=xGUgq57U5PA

YouTube - The GOASTT(Sean Lennon and Charlotte Kemp) - 「The World Was Made For Men」
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=GhASbIRUfqw

YouTube - SAWA - 「会いにいくよ」
http://www.youtube.com/watch?v=gSC9BRkb8Hk

YouTube - FreeTEMPO - 「Famiy(Feat. 青葉市子)」
http://www.youtube.com/watch?v=WY3G3rs1f8s

YouTube - FreeTEMPO - 「Heart(feat. Blanc.)」
http://www.youtube.com/watch?v=yC0DMtACj_Q

YouTube - FreeTEMPO - 「逆光」
http://www.youtube.com/watch?v=yAz7sdJstt4

YouTube - m-flo feat. KAHIMI KARIE - 「COZMO-NAUGHTY」
http://www.youtube.com/watch?v=BKYmDizmPXs


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. Roentgenium 2010年4月21日 03:36:05: qfdbU4Y/ODJJ.: J9NCsK90Ok
≪文章作成者より、訂正箇所の連絡です≫

タイトルですが、「異説」ではなく正しくは「移設」とするべきところ、誤って漢字互換してしまい、そのまま掲載してしまいました。大変見苦しいタイトルになってしまい、申し訳ありません。


02. 2010年4月21日 12:23:12: vLzG4HEp4E
はい、やっと完読です。
今回の資料の収集にも、敬意を表します。
これだけ、客観性の有る資料で構文され、不足する処は推論とし、さらなる部分は自論として纏める。
恐れ入ります。
全体を通して、普天間問題・メディアの姿勢を検証するのを、容易にしていると思います。
ただ、何時も思うのですが、確かにレントゲニウム氏の記述位の規模でないと、我々低能な者は、メディア媒体に洗脳されたまま覚醒できないとも。
不信感が興味に転ずれば、深く調査して行く者も現れるかも知れませんが、その数は1/100とか1/1000位、或いはそれ以上低い確率でしょう。
ですから、投稿は大変貴重なものと思います。
私は、独自にサーフィンして・或いは資料集めをして、自己覚醒して行きました。
そして、阿修羅で貴方の投稿に出会った次第です。
もう、還暦も過ぎましたので集中力が低下していて、これだけの膨大な資料収集と
長文作成は困難です。
これからも、奮闘・御活躍されるよう祈念してコメントとさせて頂きます。



03. 2010年4月21日 23:11:00: V9UEXgbTo6
私は読めませんでした、しんどい。よう読めましたね。尊敬。

04. 2010年4月25日 00:12:56: PRXFqZBQEk
いつも全部は一気にはよめません。ただ洗脳されないためにも時々のぞきにきます。
明るい日本になんとかなってほしいものだと思うのですが。
マスコミを見方につけた戦略に勝つ有効な戦略というものを考え続けてみたいと思いました。

05. 2010年4月25日 15:07:47: PRXFqZBQEk
続きを読んでいまいした。
Hector Zazou懐かしいですね。

Kan Non Power良かったです。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
コメントの2重投稿は禁止です。
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK84掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK84掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧