★阿修羅♪ > 戦争b3 > 545.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【ビデオ】「火炎地獄」のマインドコントロール:9・11WTC南タワー、消防隊最後の10分間の交信、その筆写記録
http://www.asyura2.com/10/warb3/msg/545.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2010 年 3 月 18 日 02:57:20: SO0fHq1bYvRzo
 

【ビデオ】「火炎地獄」のマインドコントロール:9・11WTC南タワー、消防隊最後の10分間の交信、その筆写記録

次のビデオは、9・11事件で最初に崩壊したWTC(世界貿易センター)南タワー(第2ビル)で、消火作業にあたっていたニューヨーク市消防隊員による、最後の10分間の交信記録とその筆写(英文)です。
http://www.youtube.com/watch?v=hT-po-tmJRc
同じビデオは次のウエッブページでも見ることができます。
http://www.ae911truth.org/info/193

以下に、この記事の見出しと説明を対訳しておきます。また、この投稿で、下の方に、ビデオに書かれている消防隊員による通信の筆写記録とナレーションを、全て書いておきます。じっくりとご覧ください。申し訳ないのですが、まだ和訳はできていませんので、英文で目をお通しください。(どなたか、和訳して日本語字幕版を作ってくれたらよいのですが。)

*************************************
LET ME KNOW WHEN YOU SEE FIRE
– the flaming inferno is mind control
『火事を見たら知らせてくれ』
灼熱地獄はマインドコントロールだ
Editor
Listen to the final moments of the daring rescue efforts of the New York City Fire Department operating in the South Tower of the World Trade Center moments before it suddenly exploded into oblivion. This is the biggest conflict of evidence of all: Either there were emergency teams operating in the building or there was a tremendous raging inferno. The two are mutually exclusive possibilities.
編集者
世界貿易センターの南タワーがいきなり跡形も無く爆発してしまう少し前に、その中で作業をしていたニューヨーク市消防隊の最後となる勇敢な救助活動の様子を聞いてもらいたい。これはあらゆる証拠の中で最大の矛盾である。ビルの中で救助隊の作業が行われていたのか、それともそこは灼熱地獄だったのか。この二つの可能性は、互いに相反するものである。
*************************************

「2001年9月11日、ツインタワーは乗っ取られた大型ジェット旅客機の激突を受け、その衝撃と激しい火災の熱で崩壊した」
これが、おそらく世界中の多くの人々が未だに信じていることなのでしょう。あくまでずるがしこいNIST(米国国立標準技術院)の学者たちは、そのツインタワー崩壊に関する最終報告書(2005年)で、読み方によって火災現場があたかも「1000℃」とか「1100℃」に包まれていたかのようにも受け取られかねない表現を多用して、いかに「激しい火災であったのか」を強調しています。実際には、彼らは火災が600℃に達した証拠を、何一つ持っていないのです。これはもう「言論詐欺」としか言いようのないものでしょう。
(参照)
  ノート4:ツインタワー「火災の熱」についての言論詐欺
  http://doujibar.ganriki.net/note-4.html
  ノート3:「飛行機激突の衝撃と火災の熱によるビル構造の劣化」についての言論詐欺
  http://doujibar.ganriki.net/note-3.html

オマケにNISTの「言論詐欺学」博士どもは、崩壊開始の直前までしか分析を行っていないにも関わらず、「崩壊に関する最終報告書」などというペテンを恥じることなく行っているのです。そして、それを指摘する者たちに「インボーロンジャ!」というおまじないをぶつけるしか能(脳)の無い詐欺の片棒担ぎ達とそのプロパガンダ機関は、「ツインタワー崩壊は全て説明されている」と大嘘をつきます。
(次で紹介されている崩壊途中と崩壊直後の事実について説明されている「報告書」があるのなら、見せてみろや!)
  見ればわかる911研究 メニュー
  http://doujibar.ganriki.net/00menu.html

この消防隊員通信記録にある、南タワーの74〜79階付近は、飛行機に激突されて最も激しい火災にあっていたはずの階なのですが、そこで消防隊員が見たものは、3箇所ほどの限られた小さな火災に過ぎませんでした。そしてそれは、普通の消火ホースで簡単に消せると語ります。そこには緊急の処置を必要としないレベルのけが人たちも大勢いました。しかし彼らは、ビルを破壊するほどの「灼熱地獄」について、最後まで一言も語っていません。

第2ビルの火災と崩壊開始の様子に関しては、次をご参照ください。
  第2ビル:まとめ
  http://doujibar.ganriki.net/15wtc2-conclusion.html

NISTの「言論詐欺学」博士どもは、責任を追及された場合にどのようにでも逃げることができる表現で「崩壊開始までの様子」を語っています。しかし、人々の頭に刻み付けられたマインドコントロールの呪文「飛行機の衝撃と激しい火災」が、この通信記録と明らかに食い違う大嘘に過ぎないことは明白でしょう。いったいどこに「灼熱地獄」があるというのでしょうか。それとも、「灼熱地獄」でなくても「小規模な火災の熱でビルが崩壊する」というわけなのでしょうか?

では、以下に、上のビデオに書かれている交信の筆写記録とナレーションを書きとめておきます。「●」はReginald Shinn(退役)米空軍少佐による解説のナレーション、「◎」は消防隊員の声、【 】で囲まれた箇所には時間記録を書いておきます。

*************************************

【午前9時47分:飛行機激突から44分後:崩壊開始まで11分41秒】
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  “One-five… to Battalion Seven”
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  Go Ladder One Five
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  What do you got up there, Chief?
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  I’m still in Boy Stairway, Seventy-forth floor.
  No smoke or fire problems.
  The walls are breached, so be careful.
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  Yeah, ten-four. I saw that on Sixty-eight.
  Alright…we’re on Seventy-one.
  We’re coming up behind you.
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  Alright …ten-four. Six more to go.
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  Let me know when you see fire.

タイトル表示
LET ME KNOW WHEN YOU SEE FIRE
Produced by: Richard Gray Shinn 2010

◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  Okay I’m also on Seventy five.

Narrated by: Major Reginald Shinn, USAF (RET)

【午前9時47分:飛行機激突から44分後:崩壊開始まで11分08秒】
●Major Reginald Shinn, USAF (RET) Commentary
These are the emergency communications of the New York City Fire Department,
recorded on the morning of September11, 2001.
The countdown clock shows time remaining,
leading into the failure mode sequence.

【午前9時47分:飛行機激突から45分後:崩壊開始まで10分49秒】
◎Rescue 1 - Delta
  Rescue One – Delta… to Rescue One – Command.
◎Rescue 1
  Rescue One …
  Rescue One …

●Major Reginald Shinn, USAF (RET) Commentary
The audio evidence presented here will prove the facts
about the final ten minutes of the South Tower.
(1) Firemen were working throughout the building.
(2) Battalion 7 had reached the 79th floor.
(3) Battalion 15 had reached the 78th floor.
(4) Battalion 7-Alpha had reached the 55th floor.
(5) Rescue teams encountered only small, isolated pockets of fire.
(6) Rescue operations were finding numerous wounded survivers.
(7) The structure of the Tower was NOT melted, or deformed.
(8) Rescue teams were climbing on uncompromised staircases.
(9) Elevators were operational in use up to the 40th floor.

【午前9時49分:飛行機激突から46分後:崩壊開始まで09分48秒】
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  One-five… to One-five O.V..
◎Battalion 15 O.V. – Tommy Haskell
  One-Five O.V.
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  Tommy, have you made it back down …
  to the lobby yet?
◎Battalion 15 O.V. – Tommy Haskell
  I’m in the elevator’s screwin’ up.
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  You can’t move it?
◎Battalion 15 O.V. – Tommy Haskell
  I don’t want to get stuck in this shaft.
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  Alright Tommy it’s imperative …
  that your try to get down …
  to the Lobby Command Post.
  to get some people …
  up to Forty.
  We’ve got injured people up here on Seventy.
  If you make it … to the Lobby Command Post …
  See if they can somehow get elevators …
  … past fortieth floor.
  We’ve got people injured all the way up here.

【午前9時49分:飛行機激突から46分後:崩壊開始まで09分05秒】
●Major Reginald Shinn, USAF (RET) Commentary
With only nine minutes remaining,
Rescue operations have reached the seventy-fifth floor.
Battalion Fifteen O.V. has signaled that it is trapped in a failed elevator.
Injured people have been found on the seventieth floor.

【午前9時50分:飛行機激突から47分後:崩壊開始まで08分50秒】
◎Battalion 7 Alpha – Stephen Belson
  Seven-Alpha … to Seven.
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  Hey go Steve …
◎Battalion 7 Alpha – Stephen Belson
  Year … Chief, I’m on Five-five.
  … I’ve gotta rest …
  I’ll … try to get up there as soon as possible.
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  Ten-four.

●Major Reginald Shinn, USAF (RET) Commentary
The events documented by this audio tape take place within a hypothetical period
(according to the “Official” explanation)
when “raging office fires” were in the process of completely destroying
the entire structure of the building.

【午前9時50分:飛行機激突から47分後:崩壊開始まで08分20秒】
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  One-Five … to Battalion Seven.
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  Battalion Seven.
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  What floor are you on Orio?
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  The stairway out of the Seventy-five …
  Going to the South Stairway …
  … to continue up.
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  Ten-four.

●Major Reginald Shinn, USAF (RET) Commentary
There were 236 steel columns along the perimeter of the building,
and there were 47 central core columns.
According to the Government NIST
(National Institute of Standards and Technology)
… the jet fuel burnt off in the first ten minutes after impact at 9:03 a.m.
(Interval of jet fuel fire: 9:03 a.m. to 9:13 a.m.
However, contrary to their final “cause of collapse” theory,
… the initial fuel explosion and subsequent internal fires had negligible effect
on the structural integrity of the building.
Even the relatively lightweight staircases remained intact.
… and thus far,
NO FIRES HAVE BEEN REPORTED.

【午前9時51分:飛行機激突から48分後:崩壊開始まで07分19秒】
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  One-Five … to Battalion Seven.
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  South Tower, Tower One … Base Commander.
◎unknown
  Anybody see the Highway One Car?
  … Highway One Car?
  We need it for an escort to the hospital …
  … for a fireman.
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  Battalion Seven … in the South Tower.
◎unknown
  (unintelligible)
【午前9時52分:飛行機激突から49分後:崩壊開始まで06分55秒】
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  One-Five.
  One-Five … Tower …
  … to One-Five Roof.
  Come on in.
◎Battalion 6
  Battalion Six … to Command Post.
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  Battalion Seven …
  to Battalion Seven-Alpha …
◎unknown
  Freddie, come on over …
  Freddie, come on over by us.
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  (unintelligible)
  I’m right at floor …(unintelligible).
  We’ve get two … isolated pockets of fire.
  We should be able to knock knock it down with two lines.
  Radio … radio that: seventy-eighth floor.
  … numerous 10-45 Code Ones
(A “10-45 Code Ones” is a decreased victim. Does not require immediate attention.)
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  What stair are you in Orio?
◎Battalion 7 Alpha – Stephen Belson
  Seven-Alpha … to Lobby Command Post.
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  One-Five … to Battalion Seven.
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  Go … Ladder One-five.
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  Chief what stair are you in?
【午前9時53分:飛行機激突から50分後:崩壊開始まで05分59秒】
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  South Stairway Adam … South Tower.
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  Floor Seventy-eighth?
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  Ten-four over here.
  Numerous civilians, We’re ‘gonna need two engines up here.
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  Alright … ten-four. We’re on our way.
◎Battalion 6
  Battalion Six … to Command Post.
◎Lobby Command
  Battalion Six …Battalion Six reports …
  There is a sky lobby available …
  at the Forty-fourth floor.
  … that will serve … ahhh … the floors above. (unintelligible)
【午前9時53分:飛行機激突から50分後:崩壊開始まで05分20秒】
◎Battalion 7 Alpha – Stephen Belson
  Seven Alpha …
  to Lobby Command Post.
  Chief Palmer reports on the seventy-eight floor …
  numerous 10-45 Code Ones.
  Ahhh … we’ve got isolated pockets of fire.
  We’re gonna need at least two hand lines up there. …K.
◎Battalion 7 Alpha – Stephen Belson
  Seven Alpha from up in Tower … to Seven.
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  South Tower … Steve … South Tower …
  Tell’em at the pomp.
  We’re in the World (unintelligible) Tower …
  … Trade One.
【午前9時54分:飛行機激突から51分後:崩壊開始まで04分45秒】
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  Battalion Seven … to Ladder One Five …
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  One-Five …
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  I’m going to need three of your firefighters …
  Adam Stairway … to knock down two fires.
  We’ve got a house line stretched.
  We could use some water on it…
  … to knock down, okay?
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  Alright … Ten Four.
  We’re coming up the stairs.
  We’re on Seventy-seven now in the “B” stair.
  I’ll be right to you.
【午前9時54分:飛行機激突から51分後:崩壊開始まで04分26秒】
◎unknown
  One-(intelligible) … to One-Five.
◎unknown
  We’re on Seventy-one …
  We’re coming right up …
◎Battalion 48
  Battalion Four-Eight …
  … to the Lobby Command Post … Callahan
◎Battalion 48
  Battalion Four-Eight …
  Lobby Command Post …
T  ower One.
【午前9時55分:飛行機激突から52分後:崩壊開始まで03分59秒】
◎Battalion 48
  Battalion Four-Eight …to Lobby Command Post …
  … Tower One.
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  Operations Tower One.
  Go Lobby Command Post.
◎Battalion 15 O.V.
  Fifteen O.V. … to Fifteen.
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  Orio, we’re on Seventy-eight …
  … But we’re in a “B” stair.
  We’re trapped in here.
  We’ve got to … ahh … put some fire out …
  … to get to you.
【午前9時55分:飛行機激突から52分後:崩壊開始まで03分20秒】
◎Battalion 15 - North
  Fifteen North … to Fifteen.
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  Go ahead Fifteen … roll …
◎Battalion 15 - North
  We’ve recommended using …
  the South Stairs … the “A” stairs.
◎Battalion 15 - Joseph G. Leavey
  Alright, Ten-Four …
  We’re gonna knock down some fire …
  Here in “B” stair and we’ll meet up with you.
  You get over to the “A” stair …
  and help out Chief Palmer.
◎Battalion 15 - North
  Ten-four I will …
◎Lobby Command – Division Three
  Division Three – Lobby Command …
  … to the Field-Comm Command Post.

【午前9時56分:飛行機激突から53分後:崩壊開始まで02分55秒】
●Major Reginald Shinn, USAF (RET) Commentary
  Now, with less than three minutes of life remaining, these brave men,
  along with many others that fateful day, served their fellow citizens
  in the highest possible capacity.
  they served us as Heroes …
  … but they were also victims …

【午前9時56分:飛行機激突から53分後:崩壊開始まで02分39秒】
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  Hey uhh … Operations Tower One …
  to the floor above Battalion Nine.
◎Battalion 9
  Battalion Nine to the Command Post.
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  Battalion Seven operations in Tower One …
  to Battalion Nine …
  … we need you on the (unintelligible)
  … Seventy-nine.
  We have access to stairs
  going up to Seventy-nine. Okay.
◎Battalion 9
  Alright, I’m on my way up Orio.
◎Battalion 15 Elevator
  Fifteen Elevator to Fifteen …
◎Battalion 6
  Battalion Six in elevator …
  to Battalion Seven Operations Tower One.
◎Battalion 15 O.V. – Tommy Haskell
  Stuck in the elevator … in the elevator shaft …
  You’re gonna have to get a different elevator.
  We’re chopping through the wall to get out.
◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  Radio Lobby Command with that …
  … Tower One …
  Battalion Seven … to Ladder One-Five …

【午前9時57分:飛行機激突から54分後:崩壊開始まで01分55秒】
  END OF THE TAPE

●Major Reginald Shinn, USAF (RET) Commentary
The South Tower collapsed suddenly at 9:59 am.
By the evidence of these emergency communications,
it is apparent that the supposed jet-fuel office fire …
said to have destroyed 110 stories of structural steel …
was somehow insufficient to avert these rescue operations.
Something doesn’t add up:
Either there were Emergency Teams operating in the building,
or there was a tremendous inferno of sustained temperature,
as required to obliterate the strength of steel.
The two possibilities are mutually exclusive.
If you can understand of this elementary evidence,
it is now your responsibility to get involved.
Become active in the pursuit of justice.
Join our expanding world wide movement
to call for a now independent investigation.

【筆写記録、終わり】
*************************************
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年3月18日 13:57:06
余りに一生懸命になり過ぎないで?
心配になるじゃないですか?
例の密約に打ち克った、元毎日新聞の西山記者は、第一に自愛して体を養って頭がクリアーな侭長生きしたから勝てたんです。
第二に、執念燃やしてずっと調べ続けて、もう既に密約の専門家になったから。
第三に、それ等に協力してくれた周囲の人があったので。
どうぞ、気長に。

02. 2010年3月18日 15:48:19
この方の投稿は日本国民へのアジテーション(煽動)の意味はないだろうか?
その理由は、ちょっと変なものを感じる。

@この人は結構、優秀な人です。
導入、整理の仕方が上手
ロシアの情報通=スパイかもしれない

A同調してあげると調子がいい。

ただフンフンと、聞いておいてあげるのが正しい聞き方かもしれない。



03. 2010年3月18日 18:31:20
なんかわらちゃうねえ(笑)。

バルセロナというのが、いかに異常な人物か、知的、社会的誠実がゼロの人間か、あらためてこれで分かっただろう。バルセロナきくちゆみ千早というのは民主党藤田議員の国際的名声を落とす直接のきっかけを作った人間たちである。ところが、その反省の弁など一切きかれない。自分たちの組織の集会の宣伝、DVD販売の宣伝などで、阿修羅がキャンペーンの場として使われているだけである。プロパガンダとキャンペーンが目的であり、阿修羅で議論を深めていくという姿勢はゼロなのだ。そしてイケシャーシャーと別の話題を持ち込んでごまかし大作戦だ。


都合の悪い質問、議論からは、ひたすら逃げる。異論のあるものを粘着的かつ組織的に攻撃する。まさに、統一、創価と同じ、カルトの典型行動様式だ。人格的には一番くだらないタイプの人間だ。


さて、今回の投稿だが、おなじみのペテンプロパガンダだ。注意して欲しいのは、これがリチャードゲイジのサイトから引っ張ってきていること。ゲイジらは、自分の組織を、法的に登録された非営利団体であるかのごとく偽装している連中で、ようするに謀略情報を撒いている偽工作組織なのである。だから、彼らから出て来る情報は、すべて情報操作( disinformation )と考えていい。


結論を先に言っておこう。
この音声データでは、ビルが制御解体されたこと証拠立てるものでも何でもないことだ。つまり、きくちゆみらは、このセンセーショナルな音声データによりポイント外しをやっているのである。この音声データが、制御解体されたことを示すとの、印象をただ与えたいのである。バルセロナの議論は、制御解体があったことを論理づける議論でもない、全く意味のない不毛なものなのだ。最後のところで爆発音なども入っているわけですらないのだ。


まず、はじめに、いかにもたったリリースされたホットな情報のような印象をバルセロナきくちが与えている。バルセロナの異常興奮ぶり、エキサイトぶりをみてほしい。こちらが赤面するほどだ。

実はこのテープ、5年ほど前、つまり2005年8月12日にリリースされているもので、そんなこと本人おくびにも出さない。知らない人を感心させる寸法だ。今頃のこのこ出して来るのは、ペテンプロパガンダ強化のためなのだ。

以下は2005年8月12日のリリース直後の、テープアーカイブリスト。
http://www.thememoryhole.org/911/fdny_dispatches.htm
http://www.archive.org/details/911_fdny_dispatches

で、このテープの使われ方に対しては、直後から、批判は終了済みだ。とっくの昔に終わっている話だ。


2007年になされた以下の批判を例に見てみよう。

http://www.youtube.com/watch?v=e1g3OAOiOP0&feature=player_embedded


南棟78階は旅客機が一部衝突したとされる階である。この階は実はオフィースではなく、スカイロビー。家具類の可燃物もほとんどない。で、消防署のパーマー隊長がこの階に到着したのが、ビル倒壊の8分前の9時51分。隊長は、2カ所で火が出ているがisolateされており、容易に鎮圧可能だ、we should be able to knock knock down,と報告している。


◎Battalion 7 - Deputy Chief Orio Palmer
  (unintelligible)
  I’m right at floor …(unintelligible).
  We’ve get two … isolated pockets of fire.
  We should be able to knock knock it down with two lines.
  Radio … radio that: seventy-eighth floor.
  … numerous 10-45 Code Ones

つまり、火が大きく出た場所ではない。火が出たとしても、家具や可燃物質には火が衝かず、高い天井についただけのはずである。したがって、この階から無線で話をしているパーマー隊長の報告は、火の手がたいしたことないとの内容になっているわけだ。78階は旅客機の左翼の端の部分が当たっただけの部分とされている。4階上の82階のオフィースフロアが、最も温度が上がった部屋であったことは、NISTのシミュレーションでわかっている。このフロアに機体主翼部分が衝突したとされた場所だ。

バルセロナはこう書く。

>この消防隊員通信記録にある、南タワーの74〜79階付近は、飛行機に激突されて最も激しい火災にあっていたはずの階なのですが、そこで消防隊員が見たものは、3箇所ほどの限られた小さな火災に過ぎませんでした

これがパーマー隊長の到着した78階のことをもし言っているのなら間違いである。2カ所だ。

”We’ve get two … isolated pockets of fire.”

そして、主翼部分がぶつかったのは82階である。78階は、先述した通り、そもそも左翼の端の部分が当たった場所であるため火はでないのだ。


ちなみに北棟については、NIST報告はほとんどの火は内側のコアについているとしている。

北棟の旅客機衝突場所とされる場所に、その段階での生存者、女性エドナ・シントロンが、立っている写真見える(3:40)が、旅客機が衝突したと言われる部分には火が出ていないことを意味している。つまり、もし旅客機の衝突で火が上がったとしても、外壁ではなく、あくまで内側のコアにあり、それから逃げるために、火の出ていない外壁の衝突部に移動しているわけだ。

南棟の話に戻るが、NISTのシミュレーションによると。2:57のところがそうだが、78階の温度の状態だが、真っ青になっている、つまり、ほとんど熱がないことを示している。火がほとんど出ていない。
2:51が82階についてでもっとも温度が上がっていることが赤色の濃さで表示されている。

このように、消防隊の報告と、NISTのシミュレーションは、矛盾がない。バルセロナは南棟82階に着いては言及しない一方で、ともかくこのビルは高熱が出ていないはずだとしているのである。NISTは、主衝突部82階が比較上、最も高熱だったとは書いている。

仮に高熱が実際はでていなかったとして、だからそれがどうだというのだ。高熱が出ていなかった、イコール、制御解体があった、とは論理的につながらないのだ。次元が異なる問題だ。制御解体があったか否かはそれ独自の直接の証明が必要なのだ。


今一度いおう。このテープとバルセロナの議論では制御解体があったことの証明にも何もならないのである。論理的なつながりはないのだ。この飛躍、連結がこの投稿でのバルセロナペテンの見せ場になっている。

それにしても一人で興奮しまくるその異常さ。で、犠牲者への鎮魂云々は、バルセロナ一流の偽善者ポーズ、正義感ポーズで、自分たち制御解体説派は正当な良い人たちであるという印象をつくっているだけなのだ。

バルセロナきくちカルトの情報工作には、もう慣れっこだ(笑)。ただ、日本人B層はこのカルトに簡単に騙される。統一、創価流の洗脳テクニック。

この壷買わないと、不幸が来ますよ、という洗脳テクニックと何ら変わらない。

>そのプロパガンダ機関は、「ツインタワー崩壊は全て説明されている」と大嘘をつきます。

プロパガンダ機関は、アレックスジョーンズ制御解体説真理教教団とその日本支部(バルセロナ、きくちゆみ、千早)でしょ(笑)。何せアレックスジョーンズの事務所ジョーンズプロダクションは、国際ユダヤ人会議議長、ブロンフマンのお抱え弁護士のオフィース内にあるのだから(笑)。

>「言論詐欺学」博士

それ、神学者のグリフィンと、核融合学者の、スティーブンモルモンジョーンズ博士のことの間違いでしょ(笑)。この専門外の学者は、エセ科学カルト狩りが専門の物理学者である大阪大学菊池誠教授らからも、ペテン扱いされています。

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1255199058


厭きた(笑)。
コミュニケーションの記録はリンクで十分なのに、全文を載せているのは、コメント欄に書き込まれること、そして、そして読みにいくことを面倒な気持ちにさせるための策だろう。爺さんは姑息だなあ(笑)。


情報工作アーティストここにあり。病気としかいえない。


04. 2010年3月18日 18:32:44
きくちゆみ、童子丸開(バルセロナから愛を込めて)の911運動の背景を詳しく知りたい方のためのガイドが以下です。

http://www.asyura2.com/10/warb3/msg/310.html
>>76,
>>77
>>86
>>90


05. 2010年3月18日 21:33:10
>>3
 菊池誠ねぇ。教育研究の一線からはずされてふて腐って道楽のテルミン
にふけってたかと思ったら、なぜかNHKに登場してまたでかいツラをし始め
るありさま。と学会の志水一夫がやってたレイキにはちゃんとちょっかい
出したんだろうかね。正直なところ、キモい物理ヲタよりはロハスおばは
んのほうがまだ生きてる価値があると思う。

 ついでに、今と学会関係で一番ホットなのはここだよな
http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/


06. 2010年3月18日 22:58:26
僕が言いたいのは、

911から発展して、日本の国民をだまして

日本の社会を壊し、ちゃっかり某国の利益にしようとするなよ。

という1点だ。


07. 2010年3月19日 01:24:07
この記事によりますと、ブッシュ側から911委員会に「深く追求するな(一線を越えるな)」とお達しがあったようですね。
http://rawstory.com/2010/03/revealed-ashcroft-tenet-rumsfeld-warned-911-commission-line-should-cross/

こちらが「通達書」だそうです。
http://www.aclu.org/files/assets/CIA.pdf


08. 2010年3月19日 09:40:20
>一線を越えるな。

一線とは【純粋水爆】の事?

http://www.youtube.com/watch?v=DelCQik3RVA&feature=PlayList&p=428C6D6D2F7F7F7E&index=0&playnext=1


09. 2010年3月19日 13:02:46
光は闇の中に輝いている。

そして、闇はこれに勝たなかった。(ヨハネ福音書1:4−5)

ってな感じかな


10. 2010年3月19日 13:04:16
くわばら、くわばら。

11. 2010年3月19日 13:09:41
手がこんできたな。

12. 2010年3月19日 13:16:40
♪from Russia with love♪

13. 2010年3月19日 18:36:26

ルースチェンジ(2007)は、シオニストユダヤ,サイモン家(資金提供)とブロンフマン家(そのお抱え弁護士事務所内にジョーンズプロダクションがある)がアレックジョーンズを製作総指揮者、グリフィンをシナリオチェッカーとし、リチャードゲイジの制御解体説のキャンペーン映画として作られた。映画のタイトルバックのクレジットに出て来るサイモン家の嫁、デボラ・サイモンは元国防総省情報部将校の娘である。

で、バルセロナきくちゆみの911の仲間であるベンジャミンフルフォードが、2010年1月13日の自分のブログで、アレックス・ジョーンズの背後に、ブロンフマンがいると断定し、「情報工作アーチスト(disinformation artist)」のリストに、アレックスジョーンズの名を正式に入れて来た。

As the financial swamp is drained more and more disinformation artists are exposed
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2010/01/as-the-financial-swamp-is-drained-more-and-more-disinformation-artists-are-exposed.html
”Then there is Alex Jones with his constant doom and gloom and his Bronfman connection. His ambition seems to be for power. ”


これはフルフォードが、映画ルースチェンジが情報工作作品、謀略情報であると理解したことを意味する。

バルセロナきくちゆみ千早にいいたいのだが、われわれ日本人が、なぜ、国際ユダヤ連合会と国防総省筋が合作したような謀略情報セットを受け入れなければならないのだ?われらが藤田議員に恥をかかせただけではまだ足りないのか?


英語に不自由せず、知識と情報、そして教養と判断力と英知をもつ日本人の知識階層にとっては、リチャードゲイジだのアレックジョーンズだのの情報が謀略情報に過ぎないこと、ゴミ情報、偽情報、偽人物、偽組織、情報工作であることは簡単に見破れるのだよ。日本人B層は騙せても建築学の和田章教授、物理学の菊池誠教授含め、日本の知的エリート階層を騙すことは不可能だということ。釣れるのは早稲田中退の「サンプラザ中野クン」君までぐらいだ。

君たちの偽情報、制御解体説を絶対に支持しない階層は、証拠法の原則を良く知る法学教授(裁判官、検察官、弁護士など法律家も)たちだ。刑事訴訟法、民事訴訟法の専門家たちは、この説を安直に受け入れるものは誰もいない。使われているデータの徹底した吟味、つまり使われる証拠やデータウソがないか、加工がないか、この証拠調べの重要性を一番知っており、リチャードゲイジのように、使っている映像データの真贋を省略している説は、それ自体が、受け入れる余地がないからだ。

アレックス・ジョーンズなど、徹底検証もせずに、あるいは、合成映像の痕跡が発見され、指摘されているにもかかわらず、911当日のテレビで流された映像には絶対、加工はない、との立ち場を貫いている不自然ぶりだ。

近代法の原則の一つである証拠法の原理は日米共通しており、したがって、映像データの厳密な真贋テストを完全省略した制御解体説を支持する法学教授、法律家は誰一人いないはずだ。


日本の心ある知的エリート、高等種族を甘く見るな。君たちの売国行為に手を貸しはしない。君たちのように、ブロフマンらシオニストユダヤネオコン連合のケツの穴のバターを舐めて生きるバター犬にまで身を零落させる者は、日本を真に守ろうとする知識エリートの中には誰もいない。


14. 2010年3月19日 20:36:24
♪from Washington, D.C. with love♪〜そっかー

15. 2010年3月19日 22:31:59
>>03
> つまり、もし旅客機の衝突で火が上がったとしても、外壁ではなく、あくまで内側のコアにあり、

WTC1へは旅客機がコアのほぼ真中に衝突したが、10分程度以内にジェット燃料の大半が燃えつきた後は燃えるものがほとんどないんだけど。

> このテープとバルセロナの議論では制御解体があったことの証明にも何もならないのである。

あたり前。

>>13
つまり旅客機がタワーに衝突したことを前提にしているNISTやkikulogを支持している>>03さんも批判しているわけですね。


16. 2010年3月19日 22:51:18

週刊「金曜日」3.19(第791号)最新号
〜「9・11」当日からの数々の謎と疑惑(山崎淑子)

この記事を読んで興味深かったのは、

1)1機目激突の瞬間を撮影したのはフランス人兄弟のカメラマンだけではなかった。
ほかにも1機目の激突を撮影した映像が当日撮られていたが、お蔵入りされたとのこと。

2)当日のライブ映像では、消防士たちから「ビルが爆弾で爆破された」との数多くの
発言があいついだが、翌日にはそういった映像がいっさい出なくなったとのこと。

3)山崎淑子さんは事件直後、現場を撮影し、そこにあった粉塵を採取していったが、
他の容疑だったにもかかわらず、それらを全部当局に没収されてしまったとのこと。


17. 2010年3月19日 23:15:33
 このバルセロナ・ブログに必死に咬みつき、こきおろしているコメント氏に尋ねるが、貴君はジェット燃料(石油ストーブに用いられる灯油=ケロシンに分離を抑えるため添加剤を加えたもの)が、WTCビルのような鉄骨構造物を支える鋼材、それも日本製の高張力鋼を溶解させ得る火力、それも溶解炉の中ではなく自然環境の中で有り得ると本当に信じているのか? ―これでも抑えた表現だからね。
 
 小生は製鉄所勤務それも溶鉱炉で溶けた鋼鉄を鋳込む部門で勤務した経験を持っている。退職後自衛隊に入隊、航空機火災の消火訓練、ファイア・ファイティングの経験も持っている。
 
 断言して言うが、ケロシン系ジェット燃料に鉄を溶かす熱量は発生し得ない。
 貴君がいかな百万言費やしてNISTレポートを擁護しようと、崩壊したWTCビル基底部にマグマだまりのように、なぜ数週間も溶けた鉄が滞留していたのだ。冶金学で説明し得ない超自然的な力が働いたからか?
 
 ジェット燃料に鉄を溶かす熱量がない以上、鉄を溶かすに足る別の力が加えられ結果鉄が溶けたと判断するのが筋道じゃないのか?
 鉄を溶かすに足る力とは何だ? 必死に本筋論から焦点を逸らそうとバルセロナ氏をこきおろしているが、貴君がこの事象を説明してみなさいよ。
 NISTレポート、FEMAレポートを擁護する貴君は一体何者なのだ?
 

18. 2010年3月20日 00:28:16
ジェット燃料というものはそんなに長時間にもわたって燃え続けるものなのでしょうか?
現場の映像を見ますと、黒い煙がもうもうと立ち上がっています。
もしかして、ビル内は酸素不足で不完全燃焼だったということは考えられないですか?
もしかして、ケロシンのジェット燃料はすぐに燃え尽きてしまったのではないですか?
ところで下の画像をよく見てみますと、航空機が突っ込んだまさにその開口部で、
一生懸命救助を求めている人がいるのですが、これって「灼熱地獄」と矛盾しませんか?

http://911research.wtc7.net/wtc/evidence/photos/wtc1hole1.html

もっともその反論として
「火災はコア中心部に集中したのでそこから外気へと逃げてきたのは不自然ではない」
ナ〜ンテいう手も用意しているんでしょうねw


19. 2010年3月20日 01:53:04
>>17
>断言して言うが、ケロシン系ジェット燃料に鉄を溶かす熱量は発生し得ない。

ジェットエンジンのチャンバー内の燃焼温度は何度くらいですか?。


20. 2010年3月20日 02:12:32
>>17
>断言して言うが、ケロシン系ジェット燃料に鉄を溶かす熱量は発生し得ない。

あほなイメージを造成しないことですよ。WTCで鉄が溶けたわけではないし、鉄骨が溶けたのでビルが崩れたのでもない。また、この言明は物理的に間違ってさえいます。

>なぜ数週間も溶けた鉄が滞留していたのだ。

そんなこともない。嘘をつかないことです。
何が「ケロシン系ジェット燃料に鉄を溶かす熱量は発生し得ない」だ。あさっての方を向いて力んでも誰もほめないですよ。ジェット燃料なんぞ、ものの何分で燃え尽きたでしょう。ただ事実はこうです。
その後ビル内部の火災が続き、鉄骨支柱がやがて「軟化すれば」、必然的にツインタワーの上部は落下する。その巨大な質量が落下すると、階下の床面はそれをどのようにしても支えきれない。つまり、その面は崩壊する。そして崩落は次の階に至る。以下同様。WTCのツインタワーの崩壊理由はそれに尽きる。それだけのことです。


バルセロナ氏はどうでもいいことを投稿していないで、WTCツインタワーへの爆発物あるいはナノサーマイトかなんか知らないが、それらの生産、取り付け工事、その全体像を指し示すことです。できれば911テロ全体像との関連も視野に含めて。制御解体とか何とか言うのであれば、それくらいはたやすいことでしょう?


21. 2010年3月20日 08:07:34
> 鉄骨支柱がやがて「軟化すれば」、必然的にツインタワーの上部は落下する。
> その巨大な質量が落下すると、階下の床面はそれをどのようにしても支えきれない。
> そして崩落は次の階に至る。以下同様。WTCのツインタワーの崩壊理由はそれに尽きる。

「あほなイメージを造成しないことですよ。」w
すべてこれ、想像上のヘリクツですから。
これが嘘だということは、リチャード・ゲイジの世界各国で開かれた講演で自明です。
だから会場にいた多くの人が、上記の嘘に気づくことができたわけですし、
WTCビルが「爆破解体された」ことにも賛同できたわけです。
でなければ、世界中の建築家たち(現在では1100名以上の)だってそう易々と
リチャード・ゲイジの主張に賛同しませんよ、彼らだってアホではありませんから。


22. 2010年3月20日 09:18:10
>>21
>すべてこれ、想像上のヘリクツですから。

問001. 想像上のヘリクツであることを、物理的に証明せよ。


23. 2010年3月20日 09:59:42
>>20
建築物の構造も知らない、WTCがどのような構造で作られていたかも知らない、消火訓練といっても、精々たらいに灯油入れた程度、こんな狂信主義者に何を言っても無駄ですよ。

24. 2010年3月20日 10:04:12
>>20コメントはNISTの公式発表にあった「パン・ケーキ論」そのままだね。それがおかしい、納得がいかないってんで諸論が噴出したんじゃないかい?
 お上(この場合米ブッシュ政権)がそんなことするはずがない→ゆえに発表したNISTレポート、FEMAレポートは正しいものに違いない→U の立ち位置。
 『と学会』あたりに集う衆はロボットアニメで遊んでなさい。

25. 2010年3月20日 10:14:37
●重要追加
911テレビ画像捏造説(2006年9月10日のフォックスニュースより)
http://www.youtube.com/watch?v=3ZRGMtvQ3eU&feature=related

WTCにはジェット機が追突しなかった?!
2つのWTCは【核水爆】
3つ目の第7ビルは【制御解体】


核水爆説は最悪だと思う。
広島→長崎→NYがありうる。
いつか明白になって欲しい。
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2010/02/post_add8.html
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/hydrobomb.htm

ロックフェラーの友は、911を事前に予告した」 アーロン・ルッソ
http://www.youtube.com/watch?v=EeWqlJHzcSo
http://www.youtube.com/watch?v=f0PDhMZf6Yc


26. 2010年3月20日 14:28:56
>>13
英語に不自由せず、知識と情報、そして教養と判断力と英知をもつ日本人の知識階層にとっては、リチャードゲイジだのアレックジョーンズだのの情報が謀略情報に過ぎないこと、ゴミ情報、偽情報、偽人物、偽組織、情報工作であることは簡単に見破れるのだよ。

英語に不自由しない日本人だが、Loose change: the final cut を英語で見てすぐ米政府の嘘に気づいたよ。
嘘が見破れるかどうかは教養や知識量と関係ない。多くの知識人が騙される一方で、高校生のAvery 君は騙されずに、名作を残せたんだから。彼は歴史に残るスーパーヒーローだよ。


27. 2010年3月20日 14:29:28
20さん

>>なぜ数週間も溶けた鉄が滞留していたのだ。

>そんなこともない。嘘をつかないことです。
何が「ケロシン系ジェット燃料に鉄を溶かす熱量は発生し得ない」だ。

これはおかしいね。
「そんなこともない。嘘をつかないことです」
という発言は嘘だ。
事実、現場の消防士が言ってましたよ。


28. 2010年3月20日 14:48:40
>なぜ数週間も溶けた鉄が滞留していたのだ

「溶けた鉄」には敏感に反応する。

多分、敵がいやがるのは核のこと、かもしれない。

小型核兵器については言って欲しくない、と想像する。

>前ブッシュ大統領は、既に、

>イラク・イランを始め世界の紛争地帯での「小型核兵器の実戦使用許可」の大統>領令を発令している。

http://blog.goo.ne.jp/fugimi63119/e/5de0fc7d620c10dc3684423ea7b623bd

くわばら、くわばら


29. 2010年3月20日 14:53:49
っちゅうことは,

相手は米CIA

なら?日本持ち込みの核、「小型核」を想像する、如何?


30. 2010年3月20日 15:04:49
中国人は人肉を食べることを楽しんできた
という投稿があります。
仮にそういうことがあるかもしれないが
中国と日本を離れ離れにしたい勢力は?

・・・米CIAという答えが最初心に浮かぶが如何?

なぜ今の時期に911、食人肉なのかだが如何?


31. 2010年3月20日 15:09:39
ホームレス化する女性帰還兵
という投稿があります。

これはなぜ?
どういう計画(たくらみ)?


32. 2010年3月20日 15:18:49
「超低周波音の権威 Professor Vladimir Gavreau 現存する唯一の実験シーン」
という投稿があります。

これはなぜ?
どういう計画(たくらみ)?

風力発電は低周波をださます。
原発への導入ではないかと思えるが、如何?


33. 2010年3月20日 15:45:29
どう見ても、WTCが倒壊する場面は解体のための爆破にしか見えませんって。

あと、第七だっけ?近所の高層ビル(フルフォード氏によれば池袋サンシャインくらいある)が崩れる前に、女性アナウンサーが原稿読んだ件は。

アーロン・ルッソ氏の発言は大変説得力がある。これで目が覚めた。

きくちゆみさんは頑張っていると思う。

で、このバルセロナさんに必死で噛み付いている人はなに?
911が自作自演の大惨事だということを否定したいだけ?なんなのさ。


34. 2010年3月20日 17:03:51
あなた「小型核」みたことないでしょう?

35. 2010年3月20日 17:10:44
911【純粋水爆】説を理解したら、
超小型核爆弾使用例の理解が急に速まった;

●アフガンでもイラクでも、小児白血病など放射線被爆に起因すると思われる疾病が集団発生、小型戦術核が使われた形跡。戦死した兵士の持つライフルが溶解していた。

●目撃者によると、爆発直後には巨大なキノコ雲が立ち、爆発による火災が2時間以上も続いたという。 ディスコ前の爆心地には直径5メートル深さ2メートルの巨大なクレーターができ、水がたまっていた。 軍事関係者によると「通常爆弾では、クレーターはそれほど広がらないはずだ。極めて小型の強力な爆発があった証拠だ」と語った。 【バリ現地新聞より

●バリのナイトクラブ爆破事件。マイクロニュークが使われた。現場に出来たクレーター。犠牲者数十名が完全に蒸発している。特殊なミニニュークが使われた?アメリカとイスラエルが既に開発している。

白血病は、「劣化ウランが放射するかもしれない」アルファ線で発病する病気ではない。最初に疑うべきは、中性子線であり、中性子線は純粋水爆で照射される主たる放射線である。白血病の病態をみると、まさしく、被爆後5-10年で発病した広島長崎のケースと酷似している。そして、同じ白血病系統の血液細胞の癌が、911以降、WTC現場に最初に入った人たちの間で集団発生している。


36. 2010年3月20日 18:12:17
>>20
> WTCで鉄が溶けたわけではない
>
> >なぜ数週間も溶けた鉄が滞留していたのだ。

> そんなこともない。嘘をつかないことです。

ビル崩壊直後から何週間にも渡って、グラウンドゼロで融けて流れる金属のように見えた物体は何?
Why was there Molten Metal Under Ground Zero for Months after 9/11?
http://www.911blogger.com/node/7171
Eyes Wide Shut: Gross Negligence with NIST Denial of Molten Metal on 9/11
http://www.youtube.com/watch?v=fs_ogSbQFbM

FEMA報告書などで報告され、"the deepest mystery"とも報じられた硫化鉄の生成を伴う鉄骨の腐食と融解 (上のビデオの1:35あたりにも少し出てくる)
http://wtc.nist.gov/media/AppendixC-fema403_apc.pdf
http://911research.wtc7.net/wtc/evidence/metallurgy/index.html

公的・民間機関を含む複数のグループによる粉塵の分析による、WTC火災でのガスの最高温度をはるかに越える高温度の出現を示唆する証拠。
Extremely high temperatures during the World Trade Center destruction
http://journalof911studies.com/articles/WTCHighTemp2.pdf
要点:http://www17.plala.or.jp/d_spectator/sejones/wtc_hitemp_abstract_j.html

> その後ビル内部の火災が続き、鉄骨支柱がやがて「軟化すれば」、必然的にツインタワーの上部は落下する。その巨大な質量が落下すると、階下の床面はそれをどのようにしても支えきれない。つまり、その面は崩壊する。そして崩落は次の階に至る。以下同様。WTCのツインタワーの崩壊理由はそれに尽きる。

では、なぜWTC1の屋上部の落下加速度がほぼ一定(重力加速度の64%)になったの?
つまり、落下し始めたビルの上部は、自重の36%程度の力しか下側に及ぼしていなかったことになるんだけど。
Downward Acceleration of the North Tower
http://www.youtube.com/watch?v=ZjSd9wB55zk

さらに、なぜ破壊が最後まで進行し続け、しかも、なぜ側面からの一連の噴出に現れる内部の破壊の進行スピードが、空気以外の抵抗は受けない残骸の落下とほとんど変わらないのかな?
Acceleration + Serendipity
http://www.youtube.com/watch?v=AJf7pWVyvIw (3:30ごろから)

ついでにWTC7の自由落下の説明もよろしく。
WTC7 in Freefall: No Longer Controversial
http://www.youtube.com/watch?v=rVCDpL4Ax7I

NIST Admits Freefall Part I, II, III
http://www.youtube.com/watch?v=eDvNS9iMjzA
http://www.youtube.com/watch?v=iXTlaqXsm4k
http://www.youtube.com/watch?v=v3mudruFzNw

他にも説明が必要な現象がいろいろあるよ。
http://www.youtube.com/user/DavidChandler911 (Evidence Overview)

> WTCツインタワーへの爆発物あるいはナノサーマイトかなんか知らないが、それらの生産、取り付け工事、その全体像を指し示すことです。

知らないということは、反論はないわけね。
物証の一端が見つかっているのだから、具体的な段取りの解明は主として今後の再調査の課題でよい。


37. 2010年3月20日 20:30:27
このWTCを破壊した「純粋水爆」や「ナノサーマイト」は1990年代にはほぼ完成しており、1995年当時、Socialistを指導者とする政権が日本に誕生したことに危機感を持った米国の支配者が密かに画策し、瀬戸内海の地中深く仕掛けられた「純粋水爆」によって「阪神・淡路大震災」を発生させました。震災後の火災は「ナノサーマイト」によって引き起こされ、折れた阪神高速道路の橋脚は「小型水爆」によって破壊されたという説が当時からありました。この計画は自衛隊の中枢部や政府の中枢部には事前に知らされていたものと思われる。当時はこのような兵器が存在することなど一般国民は知るよしもなく、残骸を詳しく調査することすらしませんでした。今後の再調査が望まれるものである。
なお、Richard Chubo氏やCult Barcelona氏は、今後も米国支配から独立しようとする国には、これらの兵器を躊躇無く使うだろうと言っている。


38. 2010年3月20日 20:40:09
「純粋水爆」は存在しない。
理由は、米軍が「大量破壊兵器を隠し持つ」事が有り得ないからだ。
米国を理解していない者だけが持つ幻想だ。
ピストルは、見せびらかさないとカウボーイのプライドが保てない。
しかも、阪神淡路大震災が「純粋水爆」?
物凄いデンパ!
国賊としか言えない。

39. 2010年3月20日 22:42:01
>>25
>」ラ」ヤ」テにはジェット機が追突しなかった?!

「追突」はしていないと思います。


40. 2010年3月21日 20:18:35

>>13だが、休肝日ではないが、たいてい週末は休ネット日で、家族や仲間と楽しく過ごして英気を養っている。貴重な週末を、バルセロナクラップ(crap=英語でいう「糞」のこと)で、心や脳を汚したくはないんでね。

今さっきやっと阿修羅開けてみたがバルセロナ爺さんは、のたうち回っているようだね、例の一つ覚えの念仏で(笑)。防戦もたいへだ、なにせウルトラシオニストユダヤネオコン連合製作のDVD販売商売かかってるもんね(笑)。わかるよ、その切実な生活感(笑)。

だが、バルセロナアーチストよ、そもそも阿修羅管理人さんが何を一番重要視しているかを考えろ。阿修羅ホームページ。

”ここは掲示板がメインの
本当の事を一緒に探していくサイトです。

情報解析
・その情報が 誰によって 流されているか?”

いいか、ここだよ、押さえどころは。管理人さんが一番、関心を持っているのは、ここだ。

これを今回の文脈に照らすと、「制御解体説」を流しているのは、誰か。これが一番重要な課題だということなんだよ。管理人さんの、最大関心ポイント、リクエストポイントをはずして、君ら阿修羅で何するつもりなんだよ。テクニカルな中身が本当かどうか、など2の次3の次なんだ。まずは、誰がその情報を流しているかの調査なんだ。

で、制御解体説を流しているのは、国際シオニストユダヤネオコンネットワークであることを既に詳しく明らかにしただろ。

この第一関門で、実は、制御解体説は、既に終わっているんだよ。バルセロナきくちゆみ千早の情報工作アーチストは、なぜ、この「誰が」という点には、触れないんだ?感想なり、反応なりは、ないのか(笑)?認めたなら、この問題は実質的には終わりなんだよ。

サーマイトなんたらなど技術的な内容なんて、どうだっていいんだよ。技術的議論に入る意味なんてないんだよ。

>>17
そう躍起になるなって。慌てる乞食はもらいがすくないゾ(笑)。

>NISTレポート、FEMAレポートを擁護する貴君

 
誰が擁護しているっていったの?別に擁護なんかしていないよ(笑)。NIST,FEMA(調べたけど、この二つの報告は実は筆者が重なっているよ。同じ連中だ。)も制御解体説も、背後のコントロール組織は、同じだよ。既に言っているでしょ、出来レースだって。共通項、それは、使っている映像データに加工がされていないかどうかの吟味プロセスを欠いていること。ここが最大のトリックなんだよ。

つまり、911当日テレビメディアで流れた映像が真実であるという前提を守ることで、完全共闘しているだけなんだ。両者とも一番いやがっているのが、テレビ映像に加工がなされていることを指摘されることなんだ。これをされると、双方の論立の前提が、総崩れを起こすからなんだよ。つまり合成画像によって隠したい真実が、あるということ。それを、二手にわかれて、手のこんだ,関心反(そ)らし、陽動作戦をやっているんだよ。

>>16
そう、つまり、テレビで流される映像データのコントロールがなされているってことなんだよ。


>貴君がいかな百万言費やしてNISTレポートを擁護しようと、

擁護してないって。一定の真実とウソをブレンドしているんだよ。情報操作ってそういうやり方するんだ。

>>17
>小生は製鉄所勤務それも溶鉱炉で溶けた鋼鉄を鋳込む部門で勤務した経験を持っている。退職後自衛隊に入隊、航空機火災の消火訓練、ファイア・ファイティングの経験も持っている。

爺さんのバックグラウンドは、これだったか。

>貴君がいかな百万言費やしてNISTレポートを擁護しようと、

擁護してないって(笑)。彼らは一定の真実とウソをブレンドしているんだよ。情報操作ってそういうやり方するんだ。

>>21、君も何も分かっていないねえ。リチャードゲイジは情報工作アーチストグループの一員だっていっているでしょ。

>>26

>英語に不自由しない日本人だが、Loose change: the final cut を英語で見てすぐ米政府の嘘に気づいたよ。

米政府がウソを言っているのは当然でしょ(笑)。そんなこと否定しないよ。

英語が分かるなら、君、以下のビデオも分かるよね、じっくり見てご覧。3時間かけて、ルースチェンジの内容のデタラメさを、微に入り細い入り、暴いているよ。少なくとも、物事、常に是と非の両面から見なさい。それが、知的な人間の取る態度だよ。バルセロナきくちゆみはこの態度をとらないから、プロパガンダマシーンとみられているわけなんだよ。

これ(Screw Loose Change)はパート1から20まである、以下はパート1。見てから感想を教えてほしいものだね。
http://www.youtube.com/watch?v=qkh0Mx3bLDU


>嘘が見破れるかどうかは教養や知識量と関係ない。

それ関係あるんじゃない?(笑)。

>>27
>これはおかしいね。
「そんなこともない。嘘をつかないことです」
という発言は嘘だ。
事実、現場の消防士が言ってましたよ。

悪いが君は言っていることが、幼稚だね。もう、この程度の人に何言ってもしょうもないよ。


>>33
君も幼稚だねえ。写真で、爆破に見えるから、爆破されたに違いない、って(笑)。「見える」で、物事、証拠にはならないんだよ。

>911が自作自演の大惨事だということを否定したいだけ?なんなのさ。

君も全然分かってないねえ。大惨事も大惨事だし、行政組織がからまないとここまではできないって言っているでしょ。


>>36

二言目には自由落下だ。もうマントラだね(笑)。

>NIST Admits Freefall Part I, II, III

アーチスト爺さんさあ、君、NISTは「言論詐欺博士」団体、プロパガンダ団体ってこき下ろしてるじゃない(笑)。以下のように書いているじゃない。

>オマケにNISTの「言論詐欺学」博士どもは、崩壊開始の直前までしか分析を行っていないにも関わらず、「崩壊に関する最終報告書」などというペテンを恥じることなく行っているのです。
>詐欺の片棒担ぎ達とそのプロパガンダ機関は、「ツインタワー崩壊は全て説明されている」と大嘘をつきます。


だから、自由落下うんぬんも、これも詐欺なんじゃないの?プロパガンダじゃないの(笑)?あ、制御解体説に都合のいい部分は詐欺じゃないんだ(笑)。それ、ご都合主義。

>知らないということは、反論はないわけね。
物証の一端が見つかっているのだから、具体的な段取りの解明は主として今後の再調査の課題でよい。

還暦情報工作アーチスト爺さんよ、で、君にひとつ注文だ。

君は、サーマイトなんたらは爆薬ではない、他に爆薬が使われて、それにより主にビルが壊されたと過去投稿で繰り返しいっているね。

例えば
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://www.asyura2.com/07/war95/msg/592.html

>いずれにしても「爆破解体説」ではこういった技術的な困難さを一つ一つ克服していかなければならないわけです。むしろ今からの方が大変でしょう。「サーマイト」だけで全てが解決するのではありません。


http://www.asyura2.com/07/war95/msg/579.html
>サーマイト類は断じて爆薬ではありません。
>あくまでも、まずカッター・チャージであの頑強なコアの鉄骨を要所要所で断ち切っておいて、何らかの非常に威力のある爆発物で、爆破のタイミングを極めて厳密にコントロールしながら、ビルを上から順に吹き飛ばしていった、ということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
で他の爆薬だが、おそらくTNTレベルだろうが、その爆発物残留物を捜査当局が押収しているのか?使用されたTNTはビル三つ分なら100トンじゃ済まないほど、莫大な量だろう。君は1993年のWTC爆破事件で、どれだけの爆薬が使われて、どれだけ壊すことができたか知っているんだろうね。680キロの爆薬でワンフロアもまともに壊せなかったよ。殺せたの6人だ。

で、911でその爆発残留物が、その建物、および、マンハッタン全域どこでもいいから、たったの1マイクログラム(mcg)でも発見された事実があるのか?ないんだろ(笑)?

捜査当局がTNTの爆発残留物を押収したという事実を示すデータ、あるいはそれを伝える報道記事をリンクしてくれないか?

君ねえ、サーマイトなんたらは別にして(こんなのも与太話なんで、後日言及するけど)、爆発物残留物が存在していないなら、爆薬による制御解体説なんて、フェアリーテール、おとぎ話, 机上の空論に過ぎないんだよ(笑)。

いいかい、サーマイトなんたらじゃなく、「メインとなった爆薬物の残留物」が当局に押収されたかた、どうか、その関連情報をリンクして、日本全国の皆さんにお見せしなさい。

(ちなみに、いっておくけど、事件直後、捜査当局により爆発物探知犬チームが投入されたが、このワンちゃんチームが、爆発物の残留物を発見したという記録は残っていないよ。)

さあ、情報工作アーチスト爺さん、見せてくれないか。楽しみにまってるよ(笑)。24時間以内にその工作芸をみせてよ。


*ちなみにTNT100トン使った爆発実験は、以下の感じになる。この爆発音の大きさは、とてもじゃないが尋常ではない。近くにいた人の鼓膜は確実に潰れる。

2006年
http://www.youtube.com/watch?v=NHuOb3_WbfI&feature=related
1945年軍用実験
http://www.youtube.com/watch?v=7VANyY87-_Q&feature=related 

*中国での16のビルを同時に爆破解体したシーン。横倒しになっている。
http://www.youtube.com/watch?v=I_jkIA09fgI&feature=related



41. 2010年3月21日 20:53:33
>>38
>>08 の動画で立派な権威のありそうな方が「純粋水爆」や「サーマイト」を力説していましたよ。

42. 2010年3月21日 21:06:04
>ちなみにTNT100トン使った爆発実験は、以下の感じになる。この爆発音の大きさ
>は、とてもじゃないが尋常ではない。近くにいた人の鼓膜は確実に潰れる。


純粋水爆ならこれをクリヤできるという話にはならんと思う。なにせ『ピカドン』で
ある。

※最近の咎っ会会長

http://d.hatena.ne.jp/AntiSeptic/20100321/p1


43. 2010年3月21日 22:04:50
>>13>>40はコメントスペースの無駄だな。
まあ故意だろうがw

44. 2010年3月21日 22:17:12
>>40
> ちなみに、いっておくけど、事件直後、捜査当局により爆発物探知犬チームが投入されたが、

ウソつくなw


45. 2010年3月21日 23:12:17
>>で13,40コメントさん、バルセロナ氏の「爆破解体論」、新しく加わった「純粋水爆論」などの推論、さらにこうした論の背後に潜むという貴君のプロパガンダ論はこの際どうでもいいから、WTCノースタワー、サウスタワー、それにWTC7ビルの崩壊はなぜ起こったのか? これだけ他論をこきおろすには、それ相応の意見をお持ちらしい貴君の科学的、物理学的な見地から、あの3棟は何が原因で崩壊したのか?
 貴君の御意見(推論)を是非伺いたい。こちらこそ返答を待っている。
 
 弱虫のへなちょこのくせに、姿が見えないことを良いことに、パソコンの前で好き勝手に悪態をついている貴君の同類は、あの日殉職したニューヨーク消防局員その他犠牲になった人々を完全に冒涜しているぞ。
 俺は「たらいの火消し」の爺さんだ。

46. 2010年3月22日 00:22:04
>>15
昔、工場で下記URLのようなストーブを使っていたのですが、着火前にポットに貯めた灯油が少し多い(200CC位)と給油を止めた状態で着火しても、15〜20分位燃焼筒の外周がオレンジ色に輝きながら燃えていました。あの航空機にどの位の燃料が残っていたのか解りませんが、10分程度で燃え尽きるものなのでしょうか?。

http://www.bildy.jp/safety/c1134c1240/p4654/


47. 2010年3月22日 00:33:12
残忍なモサドと9月11日事件;
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/358/

アメリカのメディアとイスラエル軍−同じ家族の一員
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/362/

9・11はモサドの仕業:アメリカ元海兵隊員
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/363/

48. 2010年3月22日 09:52:33
http://www15.ocn.ne.jp/~hemy/usawtcrepo.pdf

「頁8 3.1 図 柱継ぎ手部」の写真を見る限り、「ナノサーマイト、カッター・チャージ」で切られたようには見えません。
柱に比べて接合部のボルトが貧弱すぎると思います。明らかな設計ミスか施工ミスのように見えます。


49. 2010年3月22日 10:26:22
対バルセロナ論;ここまでの議論の抜粋

●バルセロナ側は、都合の悪い質問、議論からは、ひたすら逃げる。異論のあるものを粘着的かつ組織的に攻撃する。まさに、統一、創価と同じ、カルトの典型行動様式だ。人格的には一番くだらないタイプの人間だ。

●さて、バルセロナの投稿だが、おなじみのペテンプロパガンダだ。注意して欲しいのは、これがリチャードゲイジのサイトから引っ張ってきていること。ゲイジらは、自分の組織を、法的に登録された非営利団体であるかのごとく偽装している連中で、ようするに謀略情報を撒いている偽工作組織なのである。だから、彼らから出て来る情報は、すべて情報操作( disinformation )と考えていい。

●バルセロナきくちカルトの情報工作には、もう慣れっこだ(笑)。ただ、日本人B層はこのカルトに簡単に騙される。統一、創価流の洗脳テクニック。

●プロパガンダ機関は、アレックスジョーンズ制御解体説真理教教団とその日本支部(バルセロナ、きくちゆみ、千早)でしょ(笑)。何せアレックスジョーンズの事務所ジョーンズプロダクションは、国際ユダヤ人会議議長、ブロンフマンのお抱え弁護士のオフィース内にあるのだから(笑)。

●それ、神学者のグリフィンと、核融合学者の、スティーブンモルモンジョーンズ博士のことの間違いでしょ(笑)。この専門外の学者は、エセ科学カルト狩りが専門の物理学者である大阪大学菊池誠教授らからも、ペテン扱いされています。

●ルースチェンジ(2007)は、シオニストユダヤ,サイモン家(資金提供)とブロンフマン家(そのお抱え弁護士事務所内にジョーンズプロダクションがある)がアレックジョーンズを製作総指揮者、グリフィンをシナリオチェッカーとし、リチャードゲイジの制御解体説のキャンペーン映画として作られた。映画のタイトルバックのクレジットに出て来るサイモン家の嫁、デボラ・サイモンは元国防総省情報部将校の娘である。

●で、バルセロナきくちゆみの911の仲間であるベンジャミンフルフォードが、2010年1月13日の自分のブログで、アレックス・ジョーンズの背後に、ブロンフマンがいると断定し、「情報工作アーチスト(disinformation artist)」のリストに、アレックスジョーンズの名を正式に入れて来た。
As the financial swamp is drained more and more disinformation artists are exposed
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2010/01/as-the-financial-swamp-is-drained-more-and-more-disinformation-artists-are-exposed.html
”Then there is Alex Jones with his constant doom and gloom and his Bronfman connection. His ambition seems to be for power. ”

これはフルフォードが、映画ルースチェンジが情報工作作品、謀略情報であると理解したことを意味する。

●バルセロナきくちゆみ千早にいいたいのだが、われわれ日本人が、なぜ、国際ユダヤ連合会と国防総省筋が合作したような謀略情報セットを受け入れなければならないのだ?われらが藤田議員に恥をかかせただけではまだ足りないのか?

●今さっきやっと阿修羅開けてみたがバルセロナ爺さんは、のたうち回っているようだね、例の一つ覚えの念仏で(笑)。防戦もたいへだ、なにせウルトラシオニストユダヤネオコン連合製作のDVD販売商売かかってるもんね(笑)。わかるよ、その切実な生活感(笑)。
だが、バルセロナアーチストよ、そもそも阿修羅管理人さんが何を一番重要視しているかを考えろ。
【阿修羅ホームページ】
”ここは掲示板がメインの
本当の事を一緒に探していくサイトです。
情報解析
・その情報が 誰によって 流されているか?”
いいか、ここだよ、押さえどころは。管理人さんが一番、関心を持っているのは、ここだ。
サーマイトなんたらなど技術的な内容なんて、どうだっていいんだよ。技術的議論に入る意味なんてないんだよ。
誰が擁護しているっていったの?別に擁護なんかしていないよ(笑)。NIST,FEMA(調べたけど、この二つの報告は実は筆者が重なっているよ。同じ連中だ。)も制御解体説も、背後のコントロール組織は、同じだよ。既に言っているでしょ、出来レースだって。共通項、それは、使っている映像データに加工がされていないかどうかの吟味プロセスを欠いていること。ここが最大のトリックなんだよ。
つまり、911当日テレビメディアで流れた映像が真実であるという前提を守ることで、完全共闘しているだけなんだ。両者とも一番いやがっているのが、テレビ映像に加工がなされていることを指摘されることなんだ。これをされると、双方の論立の前提が、総崩れを起こすからなんだよ。つまり合成画像によって隠したい真実が、あるということ。それを、二手にわかれて、手のこんだ,関心反(そ)らし、陽動作戦をやっているんだよ。
そう、つまり、テレビで流される映像データのコントロールがなされているってことなんだよ。

擁護してないって。一定の真実とウソをブレンドしているんだよ。情報操作ってそういうやり方するんだ。


50. 2010年3月22日 11:58:34
http://whatreallyhappened.com/IMAGES/spain_fire_core.jpg

上の画像のような構造が全く違う建物の火災と比較して「切断説」「爆破説」を唱える馬鹿がいるんです。また、それを疑いもせずに信じる馬鹿もいるんです。


51. 2010年3月22日 12:35:46
WTCタワービルの柱の継手は主に板厚34mm のエンドプレート方式で,接合部には4〜6 本のボルト接合が施されていた」
──────────磯部大吾郎/『WTCの崩壊要因究明を目指した航空機衝突シミュレーション』
http://www.kz.tsukuba.ac.jp/~isobe/WTC_genko.htm



52. 2010年3月22日 12:43:36
角栄を米国に売った事がバレた痴の虚人、立花隆が
デヴィッド・レイ・グリフィン著『9・11事件は謀略か』について、好意的な書評を書いた。
http://d.hatena.ne.jp/SeaMount/20070924/1190602499

53. 2010年3月22日 12:47:43
爆破したら、外側に爆風が吹き出すけど、ビデオを見る限り、そんなものは無いし。あの巨大ビルを爆破するとしたら、何千カ所にダイナマイトを仕掛けないといけないのか、考えればすぐに分かると思うけど、爆破の場合は全体的に同時に崩れるけど、WTCは上から順に崩れた。爆破じゃないのは素人でも分かる。

ただアメリカ政府が承知していたことは、その通りかと思うけど、


54. 2010年3月22日 13:48:29
イスラエルと日本が保有する米国債の関係

911で言われていること
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/363/

>イスラエルが存続する可能性は、いますぐにでも、パレスチナ国家創立を支援し
>1967年の中東戦争以前の国境線にまで撤退し、アメリカやヨーロッパでの中央銀行に対する支配と影響力から手を引くことである。
>それをしないで時の経過に任せれば、イスラエル自身の存続が危機に陥る事態が出来し、後戻りできない時点に至るであろう。
と言われています。

日本とイスラエルの関係は、アメリカを経由して深い。
米国債を通してです。

日本は米国債600兆円を保有しています。
http://www.afpbb.com/article/economy/2540944/3543057
※アメリカに600兆円貸しています。

イスラエルは戦争をしているので戦争費用がかかります。
日本が貸した米国債600兆円の中からかなり使われていると推測します。
アメリカの議会は、イスラエルのロビーイストが力をもっているらしいです。

アメリカにはイスラエル人がたくさん働いているようです。
アメリカのメディアとイスラエル軍−同じ家族の一員
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/362/

(意見)
日本人がしなければならないことは、911崩壊過程を理工科系議論をするよりも
米国債の心配をするべきではないでしょうか?

たしかに911の疑問を持ち続けることは必要だと思います。
それよりも、なぜ今、911を議論しているのでしょうか?
米国債600兆円の問題が911議論によって隠されているのではないですか?


55. 2010年3月22日 15:18:53
>>48 >>51
本当にこんな方法で柱を接合していたのなら震度4〜5程度でも崩壊しそうです。

56. 2010年3月22日 19:50:42
>>45「たらいの火消し」の爺さんは

>>17
>ジェットエンジンのチャンバー内の燃焼温度は何度くらいですか?。

に答えていない。


57. 2010年3月22日 20:12:35
>>55
地震や航空機が衝突しなくても、重量物でフロアがたわんだだけで、柱の接合部が切れて崩壊しますね。

58. 2010年3月22日 21:47:03
>>55
>>57
http://911research.wtc7.net/mirrors/guardian2/wtc/WTC_apndxB.htm

59. 2010年3月22日 23:07:49
>>58
ありがとうございます。
「ナノサーマイト」「純粋水爆」説のバカバカしさを痛感しました。

60. 2010年3月22日 23:29:35
>>40です。

バルセロナアーチストさんさあ、24時間も時間差し上げたけど、何、爆薬物残留物は、犯罪現場その周辺から捜査当局にたった1マイクログラムも押収、発見されてないの(笑)?捜査現場に投入された爆発物残留物を嗅ぎ分けるトレーニングを受けた犬含む警察犬ワンちゃんチーム(K-9)が、爆発物残留物を発見したという記録も見せられないのだな? (最近そのうちのライリーという犬が亡くなって、ニュースになった)(ライリーとはこんなワンちゃんだ。http://www.youtube.com/watch?v=BvP6WwEafjA


世の中の誰もその残留物質の物的証拠持っていないの(笑)?

爺さんさあ、それじゃ君、爆破解体説は、物的証拠もなく語られている虚説に過ぎないよ。おとぎ話、妄想の産物だよ(笑)。

いいかい、制御解体説でもなんでもいいんだ、どっちでもいいんだよ、要は、その説を裏付ける重要な物的証拠(vital evidence, critical evidence)があるのか、ということなんだよ。証拠の存在と、その証拠の証拠としての能力が試されなければならないんだ。

いいかい、爆発された可能性もある、と言及する藤田議員が、ワシントンポスト紙に、根拠もないのに、憶説にすぎないことを言っていると批判された(偽情報メールを食わされた永田議員と同じパターンで、制御解体説という毒まんじゅうをバルセロナきくちゆみ千早に喰わされて、毒が回った)、これは構造的問題なんだ。彼らにまんまと填められるのは当然だ。

最初から、決定的物的証拠がない制御解体説をバルセロナ情報工作アーチストチームによって先方が日本にばらまいた、まんまとその偽餌をおいしいおいしいと言って触れ回って藤田議員が食べた。そこで、待ってましたとばかり、ユダヤシオニスト資本ワシントンポストが登場し、あんた証拠があるのかよ、と噛み付かれた(笑)。だから、ないんだよ、もともと(笑)。謀略情報なんだよ。さすがうまいよ、先方さんは(笑)

制御解体説は、エドガー・ブロフマン、メル・サイモンら、ウルトラシオニストユダヤネオコンネットワークが資金を投入し、アレックス・ジョーンズ犬やその子分リチャードゲイジらを使って、バラまかせた偽情報、謀略情報なんだよ。

いいかい、情報の内容より、誰がその情報を流しているか、そのバックグラウンド調査が先行しなければならないんだ。阿修羅管理人さんが真実追究のための創設した阿修羅のトッププライオリティーがそれだ。この要諦を外して、阿修羅で何をやりたいんだバルセロナきくちゆみ千早は。シオニスト勢力のプロパガンダ日本人部隊以外のなにものでもないじゃないか。君たちのシオニスト製制御解体説DVDグッズ販売の宣伝の場所か、阿修羅は。


世界の6つの最大のメディアがシオニストユダヤ人たちに所有されている。で、この6社が、世界のメディア(新聞、テレビ、ラジオ、映画など)の96%を所有している。これは2000年頃から進められた規制緩和で、一気に、このユダヤ系寡占状態がさらに徹底して進められた。911事件当日の報道局の画像は、要するに、シオニスト資本によって、流されたものだ。アラブを犯人に仕立て上げるのは当然だ。以下の1から5、プラス、ニューエントリーの6つのユダヤ人資本会社が世界の96%のメディアを所有している。今後、よく頭に入れておいて欲しい。

http://www.jewwatch.com/jew-controlledpress-6-jewish-companies-96-percent-of-all-media.html

事件直後から乗客リストにその名もない、空港の監視カメラで彼らが乗客として搭乗口に並んでいたデータもない、捜査がはじまってもいない、それなのにこれが犯人だ、19人のアラブ人の顔写真映像データまで用意されていた(笑)。しかし、われわれが見せられた映像資料は、このアラブ人顔写真含め、捏造、合成画像、デマ情報の可能性を徹底して吟味しなければならない、それほどまでにシオニスト資本に牛耳られているのがアメリカのメディア状況であり、リアリティーだ。


また、元ルイジアナ州下院議員デビッド=デュークが以下、ロサンゼルスタイムズ紙のJoel Steinというユダヤ人記者がシオニストメディア寡占コントロールの実態を説明している(2008年12月8日記事、として、ビデオで詳しく解説している。(1:51)記者はハリウッドなど100%ユダヤ資本であると書く(2:21)。ちなみにアレックスジョーンズは、ハリウッドはアラブ資本だ、と自分の番組で高らかにいっているのだから、お里が知れるというものだ。
http://www.youtube.com/watch?v=CVmiAR5nvJE

さて、情報工作アーチスト爺さんに、次の注文だ。爆発物残留物は発見されないし、存在もしていない。これは確認できた。

では、君たちが金科玉条のように言うナノサーマイトなんたらが発見されていると宣(のたま)うが、それが本当であれば、一定の意味がないわけではないが、捜査現場から捜査当局が、その物質を発見した、押収したと発表した記者会見なり、それを伝える報道記事があるなら、見せてくれ。半日あればできるだろ。言っておくけど、学者であろうが誰だろうが民間人は、クライム・シーン(捜査現場)は、黄色いテープで囲われて、捜査官以外、犠牲者家族すら、一歩も入ることはゆるされないよ。また、押収した証拠を学者であれ誰で荒れ民間人にプレゼントする、貸し出す(笑)ことなどもあり得ない。

君、これもデマだろ(笑)。

さあ、バルセロナアーチストよ、全日本の皆様に、その資料データをリンクしてお見せしなさい。せめて工作芸をお見せしなさい。

これも見せられないなら、爆破解体説そのものが、そもそも君らのオツム内にしか生息しない完全なるファンタジーであり、虚妄であり、デマであり、謀略情報であることは確定的だ。



61. 2010年3月22日 23:45:24
>>37
Richard Chubo氏 Cult Barcelona氏
座布団10枚。

62. 2010年3月22日 23:49:04
>>46
数分から10分以内に大半が燃え尽きるというのはNIST報告書の見解。
燃料の搭載量は各機で約1万ガロン(4万リットル弱)とされているが、ぶちまけられて飛沫や膜状になって表面積が増えたら、ごく短時間に激しく燃えてしまうのことは不思議でない。
また、WTC2へのUA175の衝突は中心を逸れて、燃料のかなりの部分がビル側面から外に飛び出し、爆燃の火球を作って一瞬で燃えてしまった。

>>56
ジェットエンジン内の温度がタワーの火災の温度と何の関係あるの?

>>59
> 「ナノサーマイト」

すでに物証が見つかっている。


63. 2010年3月23日 00:17:29
このバルセロナの投稿は結果が読めた;

(背景)

@
【転載歓迎】ついに京大教授が動きます! 『911事件検証@京都大学!』
の広告だった。
きくちゆみ予算達成のためのバルセロナの応援記事

A
Wポスト紙、民主・藤田議員を酷評 同時多発テロ発言で【朝日:「彼ら」にも焦燥感?】
と”藤田議員をはめる狙い”の記事

B
なぜここで911で蠢いているか。→デビッドロックフェラーの資金枯渇問題.
もうひとつは新ジェイロックフェラーの動きに抵抗する動きと理解しました。

END

追加)捕鯨調査船に乗り込んだシーシェパードときくちゆみは、もとはデビッドロックフェラーの資金枯渇問題で、同じだという気がする)



64. 2010年3月23日 00:31:00
>>62
>ジェットエンジン内の温度がタワーの火災の温度と何の関係あるの?

全く関係ないが

>断言して言うが、ケロシン系ジェット燃料に鉄を溶かす熱量は発生し得ない。

自衛隊で訓練をしたのなら、ジェットエンジンの燃焼温度ぐらい知っているのかなと思っただけです。


65. 2010年3月23日 02:31:44
>>14さん、それに56さん、ごめん、ごめん! 「たらいの火消し」の爺さんです。べつにシカトしたわけじゃないが、ヤボ用もあって(世の中ネットの世界だけじゃないもんで)、ついスル―してしまい申し訳ない。
 
 で、お訊ねの件ですが、ジェット・エンジンのチャンバー内の燃焼温度ですが、タバコの燃え先位のイメージで捉えたら良いと思います。600°C〜900°C位でしょうか。そんなんで飛行機のエンジンは回っているんですよ。(WTCビルに激突したボーイング機については、私はわかりませんが)
 現今は戦闘機も含め、ターボファンエンジンが主流ですが、熱量という点から見れば、燃焼温度は高くなればなる程、熱効率の面からいえば効率的なのですが、現在の冶金工学のエンジニアリングが、それを許しません。エンジンが壊れてしまうのです。そのためかつてのターボ・ジェット・エンジンからターボファン・エンジンへと開発の軸足が移りました。
 レシプロ機を含め航空機のコックピット内に必ずある、エンジン排気温度計のレッドマーク(運用限界)は各機ごと定められています。運用マージンは当然抑えています。
 私の実体験では、タービンエンジン使用機では580°Cから640°Cだったかな。 現場離れて久しいので、数値が正しいかどうか、詰問されたらチョット弱い。
 でも数値なんて早い話どうでも良いことで、要は飛行機が飛べば良いの。現場は常にそう。動力計器には全て限界値を示す赤線が刻まれていて、普段はその範囲内で運用しますが、ときに・・・(私飛行機の「運転免許」も持っているもんで)
 こんなコメントで、参考になりましたか? 
 
 それからバルセロナ氏に対し、江戸の仇を「長崎で討つ」みたいに咬みついている御仁、あのWTCビル3棟がいかなる原因で崩壊したのか?これだけ爆破解体にかみついているのだから、当然貴君なりの推論をお持ちなのだろう。
 バルセロナ氏とか他人の推論のこきおろしはいいから、貴君がこの事件をどう判断し、どう解釈しているのか、是非伺いたい。日本語の「是非」の意味わかるよね 話を逸らず、直球で返してくれ。マジレスを待っている。 
(たらいの火消しの爺さん)


(たらいの火消しの爺さん)


66. 2010年3月23日 07:28:19
本当に、ここでバルセロナさんに噛み付いている人間は、不毛ですな。
相手を貶めることを目的とした文章というものは、
読んでいて不快なので、書いている本人のほうの評価を下げるわけですわ。

しかも匿名であるから、バルセロナさん以上に信頼性は低い。
ついでにきくちゆみさんのことも貶めたいようだが、読者はさらに気分が悪い。

ちょっとネットを調べたが、ここで噛み付いてる人間は、ひょっとして副島隆彦氏のシンパか、リチャード・コシミズ氏のシンパですかな?

副島氏に掲示板でいきなり中傷されたことを、きくち氏が以下で書いているが、
http://kikuchiyumi.blogspot.com/2009/07/blog-post_04.html

普通に読んで、これはひどい中傷(根拠も示していない)である。

しかし、バルセロナさんをこきおろしている文章には、カルト・統一・創価という言葉が沢山出てくるので、コシミズ氏が好きな人間である可能性もある。

実際がどうであれ、執拗に投稿者を攻撃するのは、
911が自作自演であることを否定したいか、
バルセロナさんやきくちさんの足を引っ張りたいかである。

事件への見解を前にも聞かれたのに答えられないのは、
見解を語ると、自分の所属がばれてしまうからではないのかな?


67. 2010年3月23日 07:59:51
>>60
>>>40です。なんて名乗りを挙げなくてもすぐにわかるのがなんとも。
で、>>65の人が
>これだけ爆破解体にかみついているのだから、当然貴君なりの推論をお持ちなのだろう。
> バルセロナ氏とか他人の推論のこきおろしはいいから、貴君がこの事件をどう判断し、どう解釈しているのか、是非伺いたい。

と問うているが、これはかなえられないと思う。他人を攻撃する言辞はちりばめてあっても、自分の立場はぼかしているいかがわしい香具師だから。中身をみると輿水臭いが、今ひとつ断言できない。
 そろそろ、>>60にも
>情報の内容より、誰がその情報を流しているか、そのバックグラウンド調査が先行しなければならないんだ。
を適用すべきとき


68. 2010年3月23日 12:29:26
>>65 (たらいの火消しの爺さん)さん
眉毛に唾をつけて下記をお読み下さい。

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1192343293/


69. 2010年3月23日 17:10:08
>>65
> それからバルセロナ氏に対し、江戸の仇を「長崎で討つ」みたいに咬みついている御仁、あのWTCビル3棟がいかなる原因で崩壊したのか?これだけ爆破解体にかみついているのだから、当然貴君なりの推論をお持ちなのだろう。
> バルセロナ氏とか他人の推論のこきおろしはいいから、貴君がこの事件をどう判断し、どう解釈しているのか、是非伺いたい。日本語の「是非」の意味わかるよね 話を逸らず、直球で返してくれ。マジレスを待っている。 

そう言う意味ではないんです。鉄の融点とかケロシンの炭化水素が燃焼した時の最高温度とかを正しく書かないとよろしくないと思っただけです。
他意はありません。


70. 2010年3月23日 20:26:34
>>65, >>66, >>67,
なんでもいいけど、悪いんだけど君たちは各種英語資料まで親切に提供してあげても、そもそも英語読めるの?Yes? No? バルセロナのペテン謀略訳を妄信するのが精一杯(笑)?

で、ビルが爆発物で解体されたか否かの事実の検証をやっているときに、党派性を持ち込んでどうするの?この言っている意味もわからないんだろ?悪いけど、B層には、何を言っても無駄だよ。のれんに腕押しだよ。

バルセロナきくちゆみ千早シンパは議論をそらすしか、もう手がないんだね。悪いけど、君たちは、書いている中身のレベルの低さをみると、議論する相手ですらないよ。

バルセロナきくちゆみ千早らは議論を正面から受け止めていく姿勢も能力もまったくないな。ペテン師集団であることの自己証明だ。もう沈黙しか手が残っていないんだろ。

いいかい、何説でもいいんだよ。そこまでいうなら、その説を裏付ける確実な証拠見せてよ、って言う話なんだよ。基本的にはただ、それだけだ。それ以上でも以下でもないよ。たんなるこういうこともありるかもとか、想像や、憶説では、通らないでしょ、という単純な話。

藤田さんは、憶説だけで、ワシントンポスト紙にも証拠見せられなかったんでしょ?ちがうの?
で、行政府はからんでいないはずだ、なんて、一度も言っていないよ。
--------------------------------------------------------------------------


さて、ユダヤシオニストネオコンプロパガンダ機関バルセロナ情報工作アーチストは、結局、警察当局がナノサーマイトを含む現場ダストを持っていることを証明するデータをあげられなかった。

確認しよう。

制御解体説プロパガンダチームの核融合学者スティーブン・ジョーンズは彼らの所属するモルモン教大学の他のスタッフとともに(つまりモルモン教大学総力をあげて)、「現場のダストサンプルが与えられ、それを分析したら、ナノサーマイトを発見した」と文書で発表している。

馬鹿げた話としかいえない。


もとより、FBI内部等、警察当局内部に科学研究機関、分析機関がある。仮に警察内部の研究機関が能力を超えているなら、第3者機関に、警察が正式に分析を依頼することになる。で、その第三者機関が、そのダストの中に、ナノサーマイトが入っていた、となれば、それは当然、警察発表となる。重要な内容だけに、記者会見が開かれるレベルのものだ。で、警察発表について、報道が、もちろんあるはずだ。ところが、ダストからナノサーマイトが発見されたという警察発表の資料もなければ、また、それを伝える報道記事資料もネット上に存在しない。つまり、警察当局は、ダストの中から、サーマイトを発見はしていないのである。

捜査当局が、現場からありうべき証拠として収集した塵芥(ちりあくた)のサンプルを、何の法的権限のない民間に、貸し出すわけがないではないか(笑)。なぜなら、それが、貸し出した結果、破損されたり、紛失されたりする恐れがあるからだ。証拠破損がおきれば、刑事裁判の公判を維持することもできない。そんなことをする警察は存在しない。常識で考えればわかるだろう。

万が一、貸し出す場合、文書でのやり取りがあるはずだ。我が警察があなたたちにこれを、これこれしかじかの条件で、貸し出します、という文書であり、このサンプルを受領しました、という借りたがわがの、署名が入る文書があるはずだ。その署名入りの公文書が存在しないのだ(あれば出せるはずだ)。行政当局が、文書を介在しないで、行動を取ることは、法的にあり得ないのである。文書記録が必ずあるのだ。モルモンジョーンズらは、911後、5年以上経ってからこのサンプルを与えられたというが、その日付の入った公式文書を見せるべきだ。物質も変質するというのに、5年後とはそもそも何事だ。


そのダストサンプルが、捜査当局の手元にあったものであると証拠づけるものあない、その情報ソースがどこにもない。つまり、得体の知れないものなのである。

つまり、ナノサーマイトの話は、デマ、与太話以外の何ものでもないのである。

捜査当局が、サーマイトを発見したという事実も、TNTなど爆発残留物を発見したという事実も、存在しない。捜査当局しか入れない現場に、民間人がのこのこ入って、証拠を独自に押収することもあり得ない。


つまり、制御解体によって、爆発物によって、ビルが解体された、ということの物的根拠が、全くないのである。

今一度言う。制御解体があろうがなかろうが、どちらでもよい。問題は、その証拠を見せてくれ、ということにつきる。証拠があって、納得できるならそれはそれでぜんぜんかまわない。しかし、物的証拠がないなら、その説は、単なる憶説、想像、こじつけ、フェアリーテール、おとぎ話に過ぎないのである。


それを大衆に向かって、いや証拠があるというならば、それが、プロパガンダだ、と言っているのである。謀略情報であり、策動なのである。

バルセロナ情報工作アーチストに次の要求だ。


これは既に阿修羅で指摘されていることだが、行政が公刊物に、間違いがある場合、それを国民が訂正要求することが制度的に担保されている。

その担当局が以下に示す商務省内のOCIOである。ここに対しメールで、この公刊物の、ここのところが間違っている、だから、こう直すべきだ、という要求ができ、当局側は、それを受けたら、ネット上、答えを出さなければならないことになっている。

NISTの文書のここが間違いだ、例えば、旅客機が衝突して、火事が起き、ビルが倒れたと書いてあるが、これは、間違いだ、なぜなら、われわれが、ナノサーマイトを現場ダストから発見したし、他に爆発物も発見した、つまり、最初ナノサーマイトで鉄切りしてそのあと爆発物で爆破したはずだ。証拠もここに送付する。こういった、訂正要求が出せ、その回答を受けることが、ネット上でできる仕組みになっている。その当局とのQ&Aのやりとりがネット上で読めるのだ。

その機関:
Office of the Chief Information Officer
http://www.ocio.os.doc.gov/index.htm


で、バロセロナアーチストよ、スティーブンモルモンジョーンズ核融合博士や、リチャードペンタゴンゲイジ一座が、この訂正要求をしたことがあるなら、その証拠を、リンクしてくれ。この機関のページにすべての訂正要求がリストされており、簡単に示すことができる。これを半日以内に、見せてくれ。911研究者で、他に数件、訂正要求を出しているケースがある。例えば、http://www.ocio.os.doc.gov/ITPolicyandPrograms/Information_Quality/PROD01_002621

制御解体説一座からの、実は訂正要求は以下のようにあるにはある。
http://www.ocio.os.doc.gov/search/index.htm?ssUserText=richard+gage
http://www.ocio.os.doc.gov/s/groups/public/@doc/@os/@ocio/@oitpp/documents/content/prod01_003034.pdf

しかし、この申し立てには、サーマイトと爆薬でビルが倒されたと具体的に指摘していない。それと関係ないどうでもいいことしか書かれていない。どの文章が、サーマイト説に当たるのか、バルセロナアーチスト、指摘して欲しい。サーマイトという単語検索をかければ、簡単に分かる。本文(main body)、文章の中にサーマイトという言葉が一度も出てこない。サーマイトの言及すらないのだ。


これも出していないなら、要するに、サーマイト、爆破解体説への訂正を要求するだけの、物的証拠を添付することができないことを意味する。ないものは、先方に送れないのだ。ない袖は触れない。


さあ、バルセロナアーチスト、爆破されたのだ、という訂正要求を出した「証拠」を日本全国の皆様にお見せしなさい。せめて、工作芸をお見せしなさい。

リチャードペンタゴンゲイジ、スティーブンモルモンジョーンズらは、大衆に向けては、ナノサーマイトを使って制御解体した、その証拠がある、と100万言を費やしているのだが、政府には、それをひと言も主張していないことになり、つまり、君たちはやはりこの意味でもペテン運動、謀略情報の流布作業者ということになるのだ。


71. 2010年3月23日 21:40:49
>鉄の融点とかケロシンの炭化水素が燃焼した時の最高温度とかを正しく書かないとよろしくないと思っただけです。

>さあ、バルセロナアーチスト、爆破されたのだ、という訂正要求を出した「証拠」を日本全国の皆様にお見せしなさい。せめて、工作芸をお見せしなさい。

>つまり、君たちはやはりこの意味でもペテン運動、謀略情報の流布作業者ということになるのだ。

これが、こいつの言いたいことですよ。
背後に必ず、相手を貶めてやるという動機があるね。タチが悪い。
自分がどう思っているかは一切答えず、相手に証拠の提出を要求し、
提出できないならおまえはペテンで謀略情報の流布者だと決め付ける。

匿名でこんなことを要求してくる輩に、バルセロナ氏は答える必要も無いが、
こういう悪意のあるヤカラは非常にタチが悪いですよ。

きくちゆみ氏らの運動を貶めるのが目的であるのははっきりした。
ということは、「911はテロである」と主張したい側の一員か、
あるいは、911は自作自演だと主張する側ではあるが、
何らかの理由で、自らが敵意を抱く運動家をスパイに貶めたいという
謀略のもとに動いている運動員ということになる。

そのうちにシッポが出るでしょう。


72. 2010年3月23日 21:44:58
口のきき方からすると、妄想にとらわれたコシミズ・ファンかも知れない。

コシミズという人は面白いけど、非常に口汚いからね。


73. 2010年3月23日 22:02:39
>捜査当局が、現場からありうべき証拠として収集した塵芥(ちりあくた)のサンプルを、何の法的権限のない民間に、貸し出すわけがないではないか(笑)。


http://doujibar.ganriki.net/911news/explosive%283%29.html
を見れば、サンプルの採取に捜査当局が関与しているようには読み取れない。わざわざ立ち入り禁止区域に入らずともその外部で大量に採れたようだ。
それとも、元論文には捜査当局が関与したとか書いてあるのだろうか?


74. 2010年3月23日 22:24:00
>>65
ちょいと検索してみると、ジェットエンジンの燃焼室でのガス温度は優に1000℃を越えるようです。

ウィキペディア「ジェットエンジン」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3
> 燃焼室
...
> 燃焼直後の一次燃焼領域のガスは2,000℃程になるが、二次空気と混合希釈されることでタービン直前では1,000℃前後まで低下する。

バーチャルラボラトリ 燃焼科学
ttp://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/combustion/comb02/matter04.html
> ジェットエンジンのしくみ
...
> このとき燃焼室から出て行くガスの温度が高ければ高いほど、ガスの流速は早くなり、タービンを回す力も大きくなります。しかし、ガスがあまり高温になってしまうとタービンの羽を溶かしてしまう恐れがあるので1300-1500程度に調整されています。

下記のジェット燃料の"Maximum burning temperature"との関係はわかりません。
(こちらは空気が1気圧で十分に供給された場合?)

ジェット燃料
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E7%87%83%E6%96%99
> Open air burning temperatures: 260-315 °C (500-599 °F)
> Maximum burning temperature: 980 °C (1796 °F)


75. 2010年3月24日 00:27:47
>>58
の写真、柱の接合部、梁とフロアの接合部、ブラケットの溶接部を見ると自立しているのがやっとで、お相撲さんが1000人でジャンプしただけで崩壊しても不思議ではないですね。

76. 2010年3月24日 09:29:14
>>71 さん
>>69 ですが、私は >>70 とは別人です。
純粋に、科学的に正しくないことを主張するのは良くないと思っただけで「なんとか説」に首をつっこむ気はさらさらありません。
以上、抗議しておきます。


77. 2010年3月24日 12:30:00
>>73
>を見れば、サンプルの採取に捜査当局が関与しているようには読み取れない。わざわざ立ち入り禁止区域に入らずともその外部で大量に採れたようだ。

そんな物は証拠にならないでしょう。ちゃんとした手続きに基づいて採取された物でなければ証拠とは言えないと思います。

日本でも昔はソ連の核実験で生じた放射性物質を採取出来ましたし、中国から飛んできた黄砂や大気汚染物質を採取出来ます。


78. 2010年3月24日 14:50:20
米医療保険改革法案を可決 オバマ政権に大きな成果
http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010032201000097.html
「ビル・ゲイツ氏、東芝と次世代原発開発」の報道
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/23/news028.html

デビットロックフェラー敗退!;戦争屋;
=きくちゆみ、バルセロナ、統一教会、創価学会敗退

ジェイロックフェラー勝利;銀行屋
=平民に自由と平和


79. 2010年3月24日 19:00:13
バルセロナアーチストは、ナノサーマイトを含むというダストが捜査当局が押収したものであるという証拠となる情報を「リンクすることすら」できなかった。
また、バルセロナアーチストは、制御解体説プロパガンダグループが、政府刊行物NIST報告書に対しての「サーマイト+爆薬説」が正しい、という内容の訂正要求を出しているとの情報の「リンクすら」できなかった。


証明を出せないことを、自分たちを批判しているのだから、答えなくても良いという(笑)、「いつものお得意の理屈にならない理屈」ですり替えているぶざまさをとくと見て欲しい。知的レベルの低さはおおうべくもない。


証拠があるならリンクするほうが、御託や泣き言を書き連ねるより、1秒もかからず簡単なことなのである。そのたった1秒の簡単なことができないのである。

>>66,>>67, >>71, >>72を見れば分かるように、統一、創価の問題点を指摘する人々や批判をする人々に対し、一切解答をせず、その人々を、ゲシュタポよろしく探しまわり、攻撃を加えようとするありかたと全く同質の反理知主義で、まことに卑しい人格がここに見られる。ここに、バルセロナきくちゆみ千早らの組織が、911を自由かつ徹底して議論を深めようとする世界における、統一、創価カルトであることがあらためて確認された。これがカルト組織の典型的防衛行動様式なのである。

これが、大阪大学、物理学、菊池誠教授らのエセ科学カルトネットワークによる殲滅の標的にされる組織である理由なのだ。バルセロナきくちゆみは、こちらに向けて泣き言をいうより、菊池教授ネットワークに対して、攻撃を加えるべきだろう。

菊池教授ブログ
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1255199058


バルセロナ工作アーチストのように、指摘される疑問点に対して議論を一切拒否する、シカトを決める。これが、カルトのエッセンスであり、プロパガンダ機関であることを証明する目印なのである。議論を深める理知的・学術的・中立的性格が一切なく、独善的・党派的、そして政治的な行動を取るのである。

大衆に向けられて宣伝されている爆破解体説(火薬爆破=ナノサーマイト+爆薬)は

1TNT等、爆発物残留物が証拠として捜査当局の手元を含め、世の中に一切存在していない。
2ナノサーマイトを含むダストが、捜査当局由来のものではない、起源不明のもの。つまり、ナノサーマイトは、捜査手続きに馴致し、捜査当局が保管する押収物質由来ではないことが確認された。
3この説を主張するグループが、政府に対する、爆破解体説による訂正要求を実は全く出していない、正確には、証拠がないため、その訂正要求がだせない。

この3点が確認されたことによって、まったく物的根拠、証拠のない「虚妄説」であることが、確認された。

また、制御解体説の発信元が、超ユダヤシオニストネオコンネットワーク(ブロンフマン+サイモンら、イスラエルにも直結している連中)であることが確認されており、したがって、この説が単なる虚妄説にとどまらず、その筋の某略説であることが、確認された。

>>66で、紹介があったのがきくちゆみと副島隆彦のやり取り事件。
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1255199058

こんなことがあったとは知らなかったが、きくちゆみの正体、背後に誰がいるかなどについて悪臭を嗅ぎ取った副島もなかなか捨てたものではない。
副島ファンが、制御解体説になびくことはないことが確認された。

また、2010年1月13日、ベンジャミン・フルフォードが、制御解体説の流布の中心者であるアレックスジョーンズを、エドガー・ブロンフマンの飼い犬であることに気づき、情報工作アーチストのリストに入れた。これにより、フルフォードファンが、制御解体説になびく余地がないことが確認された。>>66,>>67, >>71, >>72などバルセロナきくちゆみ千早一派は、君らの仲間である、フルフォードを非難、批判、攻撃する、内ゲバをすることが先である。こちらに矛先を向けても何の意味もないし筋違いであり、君たちの書くコメントは単なる弱音、泣き言、ぐちでしかない。君たちの内部に、直近の敵が発生したのであり、こちらにむけて遠吠えしたところで、詮無きことである。


ちなみに、副島は頑張っているが、知識の上での弱点は、金融界でのリーダーの動きには詳しいが、キリスト教保守陣営(バチカン、イエズス会)、また米国福音派の動きなど、権力エリートの半分を構成する宗教陣営の動き、キープレーイヤーについての知識が全く無い点だ。歴史的には、16−17世紀欧州のカトリックとプロテスタントの宗教戦争がユダヤの金融勢力を巻き込みながら進展し、現代のアメリカでもこの戦争が継続的になされている、という視点からの権力エリートの2層性(宗教勢力、経済勢力)の構造からくる、ダイナミクスが、把握されていない恨みが残る。

副島はロスチャイルド、ロックフェラーなど経済陣営とユダヤシオニストについては理解と情報を持つが、キリスト教保守陣営(2000年代のアメリカは福音派と保守派が、保守派側で合同してしまった、福音派が飲み込まれてしまったところに重要な意味がある)の、NWO内の動きについて、ほぼ情報や知識をもっていない。


さて、次回だが、アレックス・ジョーンズ一座(スティーブン・ジョーンズ、リチャード・ゲイジからバルセロナきくちゆみ千早含む)が、情報工作組織であることを別の観点から、証明する。それは、NIST説と制御解体説(アレックス・ジョーンズ)が、実は、共和党と民主党のように擬似的二項対立の構造をもち、NWO陣営のいわゆる両建作戦、弁証法的ダイナミズムとして措定されていることを説明することに基礎づけられる。この視点から、噛ませ犬よろしく、NISTを激しくこき下ろすバルセロナの巧みな工作芸、その吠えまくるパフォーマンスアートの構造をお見せする。

ユダヤシオニストネオコンなど海外からの謀略工作に対する日本の知識階層(和田章教授、菊池誠教授、副島、フルフォードら含む)による事実上の国土防衛機能が作動しており、彼らはそうそう、その警戒網、抑止網を破ることはできない。日本B層は、これに牙を剥(む)くより、感謝をしたほうがよいだろう。


80. 2010年3月24日 20:12:47
バルセロナさん、右翼の長文なんて読む必要無いからね。
どうせ、意味が無い上に罵詈雑言、単に自分でキーボード打ってる自己満足でネット工作員の「自称プライド」を保ってる。
真に受けるなんて、人の良い事しちゃいけません。

81. 2010年3月24日 21:59:59
>>77
サンプル採取の経緯がはっきりしていれば十分証拠になる。
どんな分析や研究でも、独立した他の研究者による追試は当然大歓迎するから、(一部K察のように)サンプルを捏造したり不正を働いたりする動機はなく、特に独特のサブミクロン構造をもつナノテルミット(状の材料)を捏造しようとしても、ちょっとやそっとの施設では不可能だろう。

マンハッタン一帯にばらまかれたWTCの粉塵については、有志の911研究グループ以外にも、公的機関や民間調査会社が分析して報告書を出しているが、すべての分析結果が発表されているわけではない。


82. 2010年3月24日 22:06:52
>>75
平均的力士1000人分よりボーイング767一機のほうが重いよ。

83. 2010年3月24日 23:00:37
US Geological Survey という機関がダストの分析結果を発表してるね
http://pubs.usgs.gov/of/2001/ofr-01-0429/chem1/WTCchemistrytable.html

注目されるのはStrontium, Barium, Thorium, Cerium, Lanthanum, Yttrium, Uranium といった元素。


84. 2010年3月24日 23:29:12
>>81
>>83
で、「ナノサーマイト」の証拠として採用されたんですか?。

85. 2010年3月24日 23:46:41
>>82 さん
ボーイング767の重量が崩落の一因になったのは否定出来ないでしょう。

86. 2010年3月25日 00:26:12
>>84
誰がそんなこと言いました??
>>85
重量より速度でしょう。
何しろ、音速の2/3。ピストルの弾丸ほどの速度げ激突しました。

87. 2010年3月25日 03:48:37
1989年、ポンズ博士,フレッシュマン博士が,常温核融合の実験に成功したと発表し、世界を衝撃に陥れた。これで,石油依存のエネルギー体系とおさらば出来るかも,という希望の灯が世界に灯った日だったのだ。ところが、スティーブン=ジョーンズ教授は,自らも実は常温核融合の権威であり,また非常に少量の常温核融合に成功していた実績(ポンズとは異なる方法で)があるにもかかわらず、米物理学会会長の立場をいいことに,3ヶ月後記者会見を自ら開き、世界に向けて、ポンズ博士らの実験は追試が出来ず、つまり、常温核融合は存在していないと宣言し、米国物理学者が,常温核融合研究から総撤退する(ジョーンズの言葉を受け、政府が研究者に研究資金を一切出さなくなった)歴史的な転換点を作り、世界を希望から落胆へと陥れたという。つまり、彼は米国政府による、常温核融合研究に携わり,一定の成功を収めており,常温核融合は存在することを米政府は地下的には確認済みだという。つまり、情報当局が彼を起用し,開発に当たらせると同時に、表向きには,世に常温核融合はあり得ないという狂言回しをさせたという。その男を911事件解明の名の下にまた役者として使ってきたとDunneは告発している。彼の解説を以下のラジオで聞いてみてほしい。
http://www.breakfornews.com/audio/NextLevel060615.mp3


http://www.asyura2.com/0601/dispute24/msg/697.html


88. 2010年3月25日 04:02:57
>>79
支離滅裂な、言いがかりの文章をどうもありがとう。

正体が割れたね。
あなたは、リチャード・コシミズ・ファンの妄想病患者ですよ。

カルト・統一・創価と繰り返したがるのは、コシミズ・ファンです。
できれば、ソン・テジャク、とも書きたいところだろうが、
それを書くとバレバレだから書けないんだよね。

独立党員ですか?心情党員ですか?

どっちでもいいけど、きくち氏バルセロナ氏千早氏に粘着罵倒してると、
リチャード・コシミズ氏の評判が落ちるよ。
そういう手の込んだ反コシミズ派だったりして??


89. 2010年3月25日 08:29:45
>>88
>リチャード・コシミズ氏の評判が落ちるよ。

>>73を見るまで、件の論文においてサンプルが捜査機関から提供されたことになっていたと思い込んでいたとしか読めない>>70および>>79の記述に滲み出る頭の悪さを見ると、なんか輿水臭いんだけどね。野次馬的には
>そういう手の込んだ反コシミズ派だったりして??
の方がおもしろいけど。>>42以降で『純粋水爆』の宣伝が出てこなくなったのをどう見るか

>>83
件の論文でサーマイト使用の残留物と指摘されているものは、他の調査でも確認されているということのようで。

>>74
ジェット燃料
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E7%87%83%E6%96%99
> Open air burning temperatures: 260-315 °C (500-599 °F)
> Maximum burning temperature: 980 °C (1796 °F)

面白い数字が出てきたな。さて、ビルの中に撒かれたジェット燃料の燃焼温度に近いのはどの値だろう?


90. 2010年3月25日 12:23:38
>>86 さん
確かに航空機の衝突は、何本かの外部柱とスパンドレルの接合部を切り、コア柱の溶接接合部にクラックを生じさせたと思いますが、フロア梁をたわませ、柱の接合部を破断したのはフロアに掛かった重量だと思います。

見れば見るほど、お粗末な建築物です。外部柱のスプライスプレートもフランジも無い、柱の強度に見合わないボルト接続、コア柱の溶接部は素人並みのイモ半田ならぬイモ溶接、ブラケットの溶接も似たり寄ったり、今まで倒れなかったが不思議なくらいです。


91. 2010年3月25日 13:11:17
>>98 頭悪すぎ

>>>83
>件の論文でサーマイト使用の残留物と指摘されているものは、他の調査でも確認さ>れているということのようで。


米国の政府機関であるUS Geological Survey という機関(アドレスの.govに注目)
がダストの分析結果を発表してが
http://pubs.usgs.gov/of/2001/ofr-01-0429/chem1/WTCchemistrytable.html

注目されるのはStrontium, Barium, Thorium, Cerium, Lanthanum, Yttrium, Uranium といった元素。これらは通常の環境ほとんど見られなくて、核爆発の生成物であるから問題視されてるのよ。
「件の論文でサーマイト使用の残留物と指摘されているものは」という書き込みで
バルセロナ一派の正体の一端が垣間見られたということでしょうか? 何が何でもサーマイトにしたい訳ね。(殆ど宗教的情熱)

ちなみに当該アドレスをリンクしてるHPを検索すると
http://www.google.co.jp/search?as_lq=http%3A%2F%2Fpubs.usgs.gov%2Fof%2F2001%2Fofr-01-0429%2Fchem1%2FWTCchemistrytable.html&hl=ja&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2
残念ながら英語だからバルセロナ信者君たちには理解できそうでない。
http://www.thepriceofliberty.org/06/09/25/ward.htm
http://www.nucleardemolition.com/
>>87にある http://www.breakfornews.com/audio/NextLevel060615.mp3 のMP3も
信者君に無理。ジョーンズがCIAの工作員であることがばらされてるのだけどね。とほほ


92. 2010年3月25日 14:58:52
http://doujibar.ganriki.net/911news/explosive%283%29.html

は「チェリー・ピッキング」の教科書に出来るぐらい見事な論文です。


93. 2010年3月25日 16:18:21
>>90 追記
WTC7もこの程度の建築物なら、WTC1,2が崩落した振動で壊れたとしても不思議ではないです。

94. 2010年3月25日 16:25:58
うわあ。
遂に陰謀論否定が行き着く所まで行き着いて、主張が「米国は第三世界。WTCのような新しい重要建築物が完全手抜き工事」と決め付けるようになっちゃったのか。
重症だな。

95. 2010年3月25日 18:42:44
>>94
他に別タイプの基地外もいるが、>>55 >>57 >>59 >>75 >>90 >>93 あたりは馬鹿丸出しを承知の上で、無知なB層向けの印象操作ができれば儲けものとでも考えているのだろう。はやりのネット工作アルバイトかな?w

96. 2010年3月25日 20:04:24

>>87氏の指摘どおり。スティーブン・ジョーンズは、CIAのアセット。米政府は核融合実験に成功しているのだが、それを隠す役回りを演じた経緯がある。今回911でまた出番となった、忙しいやね(笑)。一度関係を持つと、まず、抜けられないからね。この点からも、制御解体説一座が、謀略情報プロパガンダマシーンであることが100%分かる。

>>88, 89, 君たち、バルセロナ一座は本当に頭が悪いな(笑)。コシミズの名前をあげていないのは、彼は自分でも定義しているように、よくも悪くもネットジャーナリストであって、ここで取り上げている「知識階層」とはいえないからだよ。君らはヒマすぎる人間でゴミ階層だ(笑)。

>>92, まったくチェリーピッキングだよ(笑)

>>83, US Geological Survey は捜査機関ではなく、学術機関。現場から証拠を押収する法的権限を持つものは、捜査当局しかない。ジョーンズらのもつダストの起源が、捜査機関でない限り、証拠としての資格と能力をもたない。

ただだねえ、ポイントは以下だ。

ジョーンズらの、ナノサーマイト論文だが、以下のブログが指摘している通り。
http://ronmossad.blogspot.com/2009/04/final-word-on-niels-harrit-nanothermite.html
The paper also never actually says that material in question is nanothermite or even regular thermite...rather that...
These observations reminded us of nano-thermite fabricated at the Lawrence Livermore National Laboratory and elsewhere

All these data suggest that the thermitic material found in the WTC dust is a form of nano-thermite

つまり、このジョーンズ論文では、当該ダストの中に、サーマイト、あるいは、ナノサーマイトが発見された、とは全く書かれていない。観察を施す限り、ローレンスリバモア研究所で合成されたナノサーマイトを「思い出させるremind」、「示唆している(suggest)」と書いてあるに過ぎない。で、要するに、

We make no at-tempt to specify the particular form of nano-thermite present until more is learned about the red material and especially about the nature of the organic material it contains.

確実なことは、さらに詳しい分析を待たなければならない、としているに過ぎない。非常に巧妙なレトリックを使って、印象操作で騙しているのである。

バルセロナはこれを平気で、「ダストからナノサーマイトが発見された」、とデマを飛ばしているのである。だから、誹謗でも中傷でもなく、ペテン師、情報工作アーチストと呼ばれるわけである。

バルセロナの以下の投稿を見て欲しい。絵に書いたような謀略訳なのである。
http://www.asyura2.com/09/wara8/msg/169.html
http://www.asyura2.com/09/wara8/msg/292.html

”WTC解体:軍用ナノ・サーマイト(スーパー・サーマイト)使用を決定付ける論文”

バルセロナの工作芸にかかると、いつの間にか、「現場から捜査当局によって押収されたダストの中に、ナノサーマイトが発見された」と、こう飛躍的結論に持っていかれるわけなのだ。これを大衆が英語を抱きないものと見くびって、触れ回っている、デマを流しているのだよ(笑)。この論文以後、第3者機関(ラボ)に、この論文と、ダストを提出して、さらに詳しい分析を依頼したという話すらない。分析以来を出していないか、出したが結果として、サーマイト類は発見されなかったか、どちらかしかないのである。おそらく、前者だろうが(笑)。

警察由来とはいえないダストの中からも、サーマイト類が発見されているわけではないのである。だから、リチャード・ゲイジ、スティーブン・ジョーンズらが、行政当局に対して、NISTの記述に関する訂正要求を書くことすらできないのだ。

今一度確認する。
911現場周辺から、サーマイト類、および、100トンクラスのTNTの爆発物残留物は、1マイクログラムすら、押収、発見されていない。

つまり、WTC1、2、7ともに、火薬により爆発解体された、という説の物的根拠、証拠、裏付けは、一切、存在していない。

制御解体説は、虚妄説以外のなにものでもない。しかも、エドガー・ブロンフマン、メル・サイモンらが、CIAのアセットであるスティーブン・ジョーンズらを使って流している謀略情報なのである。

バルセロナきくちゆみ千早らプロパガンダマシーンは、今後、一切、2度と、911現場からナノサーマイトが見つかったなどとのデマを阿修羅、および日本の情報空間に流して、人々を騙すようなことはやめなさい。君たちが日本人をそこまでして、騙さなければならない理由は何なのだ?

このようなペテンが今後も続くとなると、阿修羅管理人さんは、本当に、バルセロナきくちゆみ千早らの阿修羅利用を許容するか否か、決断が迫られて来ると思う。

もし、同じペテンをもう一度繰り返すなら、確信犯であり、阿修羅コミュニティーに彼らを残すことには、とてもじゃないが、賛成できない。


97. 2010年3月25日 20:15:38
>>94
http://911research.wtc7.net/mirrors/guardian2/wtc/WTC_apndxB.htm

の写真を見てみて下さい。こんなのものがまともな構造物と思えますか。
自分で判断出来なかったら建築構造の専門家に見てもらうことです。


98. 2010年3月25日 22:09:10
>>91
> 米国の政府機関であるUS Geological Survey という機関(アドレスの.govに注目)
> がダストの分析結果を発表してが
> http://pubs.usgs.gov/of/2001/ofr-01-0429/chem1/WTCchemistrytable.html
>
> 注目されるのはStrontium, Barium, Thorium, Cerium, Lanthanum, Yttrium, Uranium といった元素。
> これらは通常の環境ほとんど見られなくて、核爆発の生成物であるから問題視されてるのよ。

USGSの報告では放射性同位体の話なんて一言も出て来ないんだが。
過去の核実験による核分裂生成物の蓄積もあるから、それを含んだ環境バックグラウンドと比較しなければ意味がない。

>>96
キミ、論文の内容を知らないことがバレバレ。それ以前に、>>87と同様の科学オンチだが。


99. 2010年3月25日 22:37:58
>>94 さん
http://911research.wtc7.net/mirrors/guardian2/wtc/WTC_apndxB.htm

の「Figure B-1〜7、B-9〜11」をよく見てください。保有耐力接合といって構造部材の、どの接合部でも破壊が生じないようにしないよう接合します。「Figure B-7」の場合、接合部のボルトが破断しています。本来、柱が折れても接合部で破断してはいけないのです。第1種保有耐力接合では柱の1.2〜1.3倍の耐力で接合します。
他の画像も保有耐力接合を満たしていないことは一目瞭然です。

接合方法は下記を参照
http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/13942/1/34-0072-1.pdf
http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/13942/2/34-0072-2.pdf
http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/13942/3/34-0072-3.pdf


100. 2010年3月25日 23:08:31
>>91
ありゃ、>>83は純粋水爆の宣伝でしたか。これは失礼しました。
で、紹介された
http://pubs.usgs.gov/of/2001/ofr-01-0429/chem1/WTCchemistrytable.html
を見ると、WTCの粉塵を分析した結果ストロンチウム、バリウム、トリウム、セリウム、ランタン(Lanthanum)、イットリウム、ウラン(Uranium)が検出されたことが示されている。
 ここで問題になるのは、これらの物質が検出される事が本当に異常なことなのかという点。セリウムは地球上に銀よりも多量に存在するというという話だし、ストロンチウムがあっても放射性でなければ核反応の証拠にはならない。ウランは確かに妙だが、旅客機のバラスト等で説明がついてしまうものかも知れない。
 紹介された、
http://www.thepriceofliberty.org/06/09/25/ward.htm
http://www.nucleardemolition.com/
も見てみたが、これらの物質の検出が本当に異常なことなのかという点についての説明はなかった。もちろん、藻前の
>通常の環境ほとんど見られなくて、核爆発の生成物であるから問題視されてるのよ。
なんてのは、素人がただ言ってみただけ。
 まあ、英語ができるという藻前なら、
http://www.nucleardemolition.com/
から取って来れる冊子の内容を完全に理解して、上述の物質の検出とその量が確かに異常であることを証明できるのだろう。で、それができるんだったら、こんな所にバルセロナがーとかきくちゆみがーとかの寝言を書き込むよりは、大阪大の菊池誠センセーを説得して仲間に引き入れた方がよっぽど有意義だと思うぞ。いやマジで

101. 2010年3月26日 03:51:04
>>100
なんともトホトやね、君。
純粋水爆なら核融合なので、ウランの核分裂がら生成されるようなストロンチウム、バリウムはでない。
ちなみに、純粋水爆説がナンセンスなのは君でも知ってるはず。なにしろ、トリウムが通常値の100倍かその辺り。ちょっとした原発の配管漏れでも一億倍とか
で、それでも安全だと電力会社は主張している。なにしろ、トリウムは自然環境には殆ど存在しないので、ちょっとでも漏れると、その位の値になる。まさに、トリウムの検出量こそがトリウムの検出量を根拠の1つである純粋水爆説を否定してるという皮肉な結末。

で、USGSのデータを根拠に陰謀説を唱えてるのは、マイクロ・ニューク説なの。これは核分裂のほうね。確かに、WTCの敷地の西側の一箇所のデータからはストロンチウム、バリウムそろって数千PPMが検出されてはいるが、その隣ではそれほどでもない。マイクロ・ニューク説も純粋水爆説、ナノ・サーマイト説と並んで根拠薄弱。
「チェリー・ピッキング」の典型。

一番、馬鹿げてるにはナノ・サーマイト説かな。そんなものが仕掛けられていたとして。なんで飛行機が爆発炎上したときに点火されなかったのよ。あほらし


102. 2010年3月26日 13:23:58
>>36 さんの引用先って、別スレの
http://www.asyura2.com/10/warb3/msg/425.html#c66
からの人と同じですけど、同じ人なのかな。

同じ人とすると、アルミが高温で発光することも知らずに、窓から流れる溶融物を「テルミット」から出た鉄だと言い、切断された鉄骨を「テルミット」で切断されたものだと言っていた人ですね。

もしそうだとしたら、こんな所で「ナノサーマイト」説なんか吹聴してないで「>>99」さんの資料でも読んで、こんな欠陥建築物に「ナノサーマイト」なんか使わなくても、航空機の衝突と火災だけで崩壊することを勉強、理解した方がいいと思いますね。


103. 2010年3月26日 19:05:36
>>101
> 一番、馬鹿げてるにはナノ・サーマイト説かな。

物証がある。
Active Thermitic Material Discovered in Dust from the 9/11 World Trade Center Catastroph
http://www.bentham-open.org/pages/content.php?TOCPJ/2009/00000002/00000001/7TOCPJ.SGM

> そんなものが仕掛けられていたとして。なんで飛行機が爆発炎上したときに点火されなかったのよ。

仮に点火されもジェット燃料の爆燃に紛れるし、必要なら航空機のブラックボックス並みのケースに入れて大抵の状況からは防護できるし、自動操縦によってあらかじめタワーへの衝突位置を決めておくこともできる。
当然ながら、いずれにせよ、ナノサーマイトと考えられる爆発物が見つかったという論文に対する反論にはならない。


104. 2010年3月26日 19:23:14
>>102
> アルミが高温で発光する

当たり前。問題はタワーの火災で事件当日の液体のように発光する温度にまで達するかどうか。
達しないというのがNISTを含む常識的な見方。

> 窓から流れる溶融物を「テルミット」から出た鉄だ

グラウンドゼロで融けて流れる金属のように見えた物体なども合わせて説明するための一つの推測。

> 切断された鉄骨を「テルミット」で切断されたものだ

あくまでも一つの可能性。

> 「ナノサーマイト」説なんか
>>103

> 「>>99」さんの資料でも読んで、こんな欠陥建築物

>>99の1つ目のリンク先(>>97と同じ)のFEMA報告書は、タワーや第7ビルが「欠陥建築物」だなんて結論付けているのかな?w その後に出たNIST報告書や、他の建築・構造の専門家の見解は?w

また、柱より弱いボルト接合部をもつ外壁パネルの断片が、どうやって時速100キロ近い初速を得られたの?
特に、接合部が数階分の長さに渡って繋がったままの断片が、WTC1から大通りを隔てたウインターガーデンにまで飛んだことをどう説明する?
http://www.csi911.info/CSI911.html POINT #6, #7

Winter Garden
http://doujibar.ganriki.net/english/e-03a-wintergarden.html

Another High Speed Ejection from WTC1
http://www.youtube.com/watch?v=djwBCEmHrSE

4-Ton Girders: Blowing in the Wind?
http://www.youtube.com/watch?v=aUKLOlIhang

> に「ナノサーマイト」なんか使わなくても、航空機の衝突と火災だけで崩壊することを勉強、理解した方がいいと思いますね。

>>36にあるような諸現象の説明は?


105. 2010年3月26日 20:08:04
グチャグチャしてなにがなんだか





君たち両方とも失格!


106. 2010年3月26日 20:27:57
>>80
バルセロナ爺さん、他人になりすまして、そんな泣き言言ってどうするんだよ(笑)。もういよいよダメか(笑)。長文といえば、コメント欄は当初2000字までしか書き込めなかったが、その後、制限が撤廃された。管理人さんは、長文大歓迎、ということだ。
ペテン師は、ウソが暴かれるのをいやがるから、書き込みをこわがるのは理解できるが(笑)。

>>98、.>>103

>>キミ、論文の内容を知らないことがバレバレ。それ以前に、>>87と同様の科学オンチだが。


これは、バルセロナ爺さんの、いつもの定型語だ(笑)。君以外の誰でもないね。君が君であることの署名だ。

>当然ながら、いずれにせよ、ナノサーマイトと考えられる爆発物が見つかったという論文に対する反論にはならない。


ウソ、デタラメの限りを尽くしているね、爺さんは(笑)。
ナノサーマイトが発見されたとは,論文はいっていないよ。

スティーブンモルモンジョーンズCIA博士のナノサーマイト論文はこれだね。
http://www.bentham-open.org/pages/content.php?TOCPJ/2009/00000002/00000001/7TOCPJ.SGM

これをダウンロード。
この29ページ目の結論部分にこうあるね。
"10. The carbon content of the red material indicates that
an organic substance is present. This would be ex-
pected for super-thermite formulations in order to
produce high gas pressures upon ignition and thus
make them explosive. The nature of the organic mate-
rial in these chips merits further exploration. We note
that it is likely also an energetic material, in that the
total energy release sometimes observed in DSC tests
exceeds the theoretical maximum energy of the clas-
sic thermite reaction. "

で、君の、この部分の翻訳が以下。
http://www.asyura2.com/09/wara8/msg/169.html

”10.赤色の物質に含まれる炭素はある有機物質が存在していることを示している。これは、着火のとたんに高いガス圧を作り爆発性のあるものにするためのスーパー・サーマイトの構成を予想させるものであろう。これらのチップに含まれる有機物質の性質はさらなる爆発性を生み出すものである。これが同時に大きなエネルギーを発生する物質のようであることに我々は注目する。DSC実験で観察されるエネルギーの総計が、古典的なサーマイト反応の理論的な最高値を越えるものであるからだ。”

このデタラメ訳、一体なんだ(笑)。
正しくはこうだ。
”赤色物質に炭素が入っている。これは一種類の有機物質が存在していることを示唆している(indicate)
。”

”This would be ex-
pected for super-thermite formulations in order to
produce high gas pressures upon ignition and thus
make them explosive.”

”これは(=有機物質の存在が示唆されているそのことからして)、場合によっては、点火するやいなや、高いガスの各種の圧力を生み出し、もって、これらを爆発物質とするためのスーパーサーマイトの組成を期待させる。”

would be は仮定法となっており、一定の条件があれば、or場合によっては、これこれということがありうる、という意味だよ、爺さん(笑)。indicate, would be、と2度も、非断定語を重ねて、使っており、つまり、断定から2重にほど遠いうということだ。もっといえば、あくまで想像上のお話なのですが、という意味だ。

だから、こそ
”The nature of the organic mate-
rial in these chips merits further exploration.”

”これらの諸チップに含まれた、この有機物質の性質は、さらなる、調査(探求)に値するものである。”

つまり、もっと調べてみないと、この有機物質の性質については、よくわからない、逆に言えば、さらなる調査をすれば、スーパーサーマイトの組成が、確認できるかもしれない、といっているわけ。つまり、現時点では、この有機物質が、スーパーサーマイトであるか否かは、判然としない、分からない、こういっているワケ。だから、NISTさん、調べてくれませんか、そうおねだりしているわけ。


で、君の、訳では、explorationを、「爆発」と訳しているね(笑)。
辞書でこの単語の意味を調べてみよう。
http://ejje.weblio.jp/content/exploration

―【名】【U】 [具体的には 【C】]
1 探検,(実地)踏査〔of〕.
用例
a voyage of exploration 探検航海.
2 〔問題などの〕探究 〔of,into〕.
用例
They're making explorations into the social problems of South Africa. 彼らは南アフリカの社会問題を探究している.
3 【医】 診査,触診; (傷などの)探り.

どこに、「爆発」という意味があるの(笑)?

”これらのチップに含まれる有機物質の性質はさらなる爆発性を生み出すものである。”

「生み出す」?
爺さんさあ、meritという動詞に「生み出す」などという意味はないよ(笑)。これは、「値する」という意味の動詞だ。

meritについて、辞書はこう書いているよ。
http://ejje.weblio.jp/content/merit
―【動】 【他】 〈賞・罰・感謝・非難などに〉値する.
[ラテン語「報酬」の意]

exploration, meritの2語ともに、ぜんぜん違う訳を君は与えているね。

結局ねえ、われわれナノサーマイト(スーパーサーマイト)が、存在することを発見した、などとはどこにも書いないんだよ。

あくまで想像だが、ひょっとするとひょっとして、ナノサーマイトがはいっているかもしれない、だから、さらに詳しい探査をしましょうよ、と言っているに過ぎないんだよ。
それなのに、爺さん、君は
”WTC解体:軍用ナノ・サーマイト(スーパー・サーマイト)使用を決定付ける論文”
こう標題をつけている。
http://www.asyura2.com/09/wara8/msg/169.html

決定なんかしてないって(笑)。

君らバルセロナきくちゆみ千早らのは、日本語版の製作に君らがかかわった制御解体説DVDを売るための、謀略訳、ペテン訳なんだよ(笑)。(もっというと、君たちはユダヤシオニストネオコン、ブロンフマン、サイモンらの尻の穴のバターを舐めて生きるバター犬だよ(笑)。彼らの使徒となって日本人を騙す、真の売国グループだ。よくぞ、藤田議員を嵌(は)めてくれた。)

まあ、それ以前に、このモルモンCIAジョーンズの分析したダストは、捜査当局が押収した証拠資料を起源としたものではないので、その点だけで、サーマイト云々の話は、まったく許容されないのだが。

この2重の意味で。君たちの、サーマイト与太話は、すべて、invalid 、無効だ。

はい、では、バルセロナ情報工作アーチスト爺さんの反論をいちおう伺おう。この論文の、どの英文が、ナノサーマイトを発見した、という文章だ?その文章を摘示し、リンクして、全日本のみなさまにお見せしなさい。

さあ、どうぞ(笑)。待ってるよ爺さん、輪をかけたデタラメな弁明芸を(笑)。君に、弁明の機会を親切に与えて上げていることに感謝しろよ。

爺さんお得意の1行以内の、捨て台詞、罵詈語は、認めないよ(笑)。5行以上でないと、正当な反論としてみとめない。そして反論は、匿名でも君のものと認定する。君は自分の投稿に対して答える責任があるからだ。


107. 2010年3月26日 22:01:09
>>104
君はあっちのスレで切断面の分析結果を出さないで逃げたと読んだんですが、こんな所で下らんことを言ってないで、さっさとアメリカへ行って切断面を分析し、あっちのスレで論争していた人に回答しないといけないでしょう。

>また、柱より弱いボルト接合部をもつ外壁パネルの断片が、どうやって時速100キロ近い初速を得られたの?
>特に、接合部が数階分の長さに渡って繋がったままの断片が、WTC1から大通りを隔てたウインターガーデンにまで飛んだことをどう説明する?

あのねぇ、WTC1,2と同じ高さの塀とかビルを飛び越えたのならともかく、あのくらい離れた所に落ちていたって別に不思議じゃないでしょう。
地滑りと違うんですよ。跳ねる物もあればはじき飛ばされる物もあって当たり前でしょう。
小学生みたいなこと言わないで下さい。

>>36にあるような諸現象の説明は?

またぁ、稲川淳二の怪談話じゃあるまいし、背ヒレや尾ヒレのついた話を持ち出さないこと。

それより「>>99」外部柱のボルト、コア柱の溶接、ブラケットの溶接やその他接続部の破断をどう説明します。
これらの接合部には「これだけの耐力があるから「ナノサーマイト」を使わないと破壊出来ない」と証明してから反論して下さい。


108. 2010年3月26日 22:58:22
>>102
>アルミが高温で発光することも知らずに
こんなのはどう?
http://www.alumi-fukuoka.co.jp/seizou.html
の『鋳造』の項の写真に注目。流れ落ちる溶融アルミの内部は発光しているようだが、冷却された表面に覆い隠されているために外見上は白銀の流れに見え、記録映像などで見る溶解鉄とは明らかに異なる状況を示している。
 また、こんなのも
http://www.almo.co.jp/contents/hikaku.html
の2.金型鋳造の項の写真に見える溶融アルミは発光しているようには見えない。同様な作業の様子は
http://www.ishikei.co.jp/
のタイトル写真左下にもあり、型に注がれているアルミはやはり反射光の方が目立っている。なお、右下に示されているのはより高温の溶融アルミのようだが、これとて顕著に発光してはいない。
で、>>102
>アルミが高温で発光する
ことの根拠にしているらしい
http://www.ishikei.co.jp/cgi-bin/ishikei/siteup.cgi?category=1&page=0
のタイトル中央の写真なんだが、これは本当に金属が発光しているのだろうか?鋳造作業のシーンだけに、中空製品を作るための中子※から炎と煙が発してる可能性はないんですかね?
※中子の材質については
http://www.almo.co.jp/contents/hikaku.html
の1.砂型鋳造の項を参照のこと。最近では紙製のものも用いられている由

109. 2010年3月27日 00:02:19
>>104 さん
>>99の1つ目のリンク先(>>97と同じ)のFEMA報告書は、タワーや第7ビルが「欠陥建築物」だなんて結論付けているのかな?w その後に出たNIST報告書や、他の建築・構造の専門家の見解は?w

溶接技術は素人並みのイモ溶接で、保有耐力接合もされていないものを「欠陥建築物」と呼んでもおかしくないでしょう。
専門化以前の問題。


110. 2010年3月27日 00:26:10
>>106
君、一体誰に向かって語ってるの?w
たぶんバルセロナ氏はコメントしてないと思うよ。
ま、君が自分でナノサーマイト論文をロクに読んでないか、あるいは、自分で読んだり調べたりしないB層向けの印象操作に励んでいることはわかるけど、真面目に反論するつもりなら、論文にもしないで匿名掲示板でいくら喚いたってしょうがない。

111. 2010年3月27日 00:29:53
>>107
> 君はあっちのスレで切断面の分析結果を出さない

もはや現物での確認は不可能だから(当たり前)、参考情報として、鉄骨の腐食・融解についての報告書や粉塵の分析結果を示す論文などを挙げたわけ。

> あのくらい離れた所に落ちていたって別に不思議じゃないでしょう。
> 跳ねる物もあればはじき飛ばされる物もあって当たり前でしょう。

弾性エネルギーとか歪みエネルギーって知ってる?
当たり前でなく、実に不思議なんだなw

> >>>36にあるような諸現象の説明は?
>
> またぁ、稲川淳二の怪談話じゃあるまいし、背ヒレや尾ヒレのついた話を持ち出さないこと。

議論する意図または能力がないと自ら宣言したわけね。
たとえ非公式の記録でも無視できないが、公式報告書やピアレビューを通った論文でも、都合の悪いことは見えないフリをするということだから。

> これらの接合部には「これだけの耐力があるから「ナノサーマイト」を使わないと破壊出来ない」と証明してから反論して下さい。

まずはナノサーマイト論文に反論しないことには始まらない。
もちろんナノサーマイトを使わなくても破壊はできる。
火災だけでWTC7の自由落下をどう説明する?


112. 2010年3月27日 00:33:08
>>108
通りすがりだけど
鋳造のイロハの「イ」から勉強しないと駄目だよ。
アルミであれ、鉄であれ鋳物の形状や、型の予熱具合によって湯の温度は変えるんですよ。
金型で予熱が充分できて、形状が単純なものは湯の温度を上げない、その方が酸化物が少なく効率がいい。
低圧鋳造の場合も湯の回りがよいので温度を上げない。
砂型で複雑な形状の場合は充分に湯が回りきる前に固化してしまうので湯の温度を上げます。
当然、高温ではアルミニウムでも発光して見えます。
砂型の場合、湯を注いだ時、粘結剤や水分が煙のように出ますが、燃えたりしません。
型が燃えると鋳物の鋳肌に悪影響を与えます。


113. 2010年3月27日 00:37:42
>>109
> 溶接技術は素人並みのイモ溶接で、保有耐力接合もされていないものを「欠陥建築物」と呼んでもおかしくないでしょう。

「欠陥」ではなく、アメリカン仕様です。


114. 2010年3月27日 01:02:51
>111
>議論する意図または能力がないと自ら宣言したわけね。
>たとえ非公式の記録でも無視できないが、公式報告書やピアレビューを通った論文でも、都合の悪いことは見えないフリをするということだから。

そんなに沢山「チェリー・ピックアップ」していると、どれが熟したチェリーか解らなくなってしまうでしょう。
そういう人には「オッカムの剃刀」で対抗するの。

>まずはナノサーマイト論文に反論しないことには始まらない。
>もちろんナノサーマイトを使わなくても破壊はできる。
>火災だけでWTC7の自由落下をどう説明する?

こんな事言い出す前に
保有耐力接合って知っています?。
外部柱のボルト、コア柱の溶接、ブラケットの溶接やその他接続部の破断に関する見解を矛盾が生じないよう述べて下さい。
全てはそこから。


115. 2010年3月27日 09:15:33
>>109
>溶接技術は素人並みのイモ溶接で、保有耐力接合もされていないものを「欠陥建築物」と呼んでもおかしくないでしょう。
>専門化以前の問題。

 この文脈で専門化とは如何に?ああ専門家か。で、そんな、保有耐力接合(こんなもん、専門教育を受けた人間以外は知らんよ)がつかわれていないというような、見た目でもわかる欠陥建築物だというのなら、やはりご当地の専門家が指摘してるはずだろう。いわゆる陰謀論とは全く無関係な純技術的問題であるから、公の場で語られる事に何の問題もないはずである。

 あっ、この問題は他のビルにも波及するからみんな黙ってるという話をしたいわけ?それなら、>>109は『アメリカ国内における需要創出のための、欠陥高層ビルの建替え推進政策を米政府に進言すべきである』とか、コネのありそうな舛添の人あたりにでもメールしてみてはどうか?

しかし、>>101の『トホト』といい、みんな以外に焦ってるなあという感じ


116. 2010年3月27日 10:46:51
>火災だけでWTC7の自由落下をどう説明する?

誰も「火災だけ」なんて言ってないのに、それで素人を騙せるとまだ思ってる?


117. 2010年3月27日 11:06:23
911テレビ画像捏造説(2006年9月10日のフォックスニュースより)

http://www.youtube.com/watch?v=3ZRGMtvQ3eU&feature=related

ニュースキャスター)
9/11陰謀説は容易には消え去りません。
実際今週号のタイム誌は最新の説をめぐる議論を取り上げています。
モーガン・レノルズ教授はテロリストの攻撃という政府の説明は嘘である事を証明したと言います。教授はテキサスA&M大学で経済学を教えており、
9・11の真実を求める学者達のメンバーでもあります。
レノルズ教授は9・11は内部の犯行であると言います。
ニューヨークからご出演いただいています。
教授、私は昨年ワシントンDCにおり9・11の報道をしておりましたので、
その日の事についてかなりの事を知っていると思うのですが、
私が、それから他のアメリカ人が知らない事とはなんでしょうか。

モーガン・レノルズ教授)
政府はオサマ・ビン・ラディンの物語を証明しようとすらしていません。
あれはフィクションです。
9・11委員会は証明しようとしていません。
誰も嘘を証明できないのです。
それが問題です。
9・11に関するファイション、作り話、
政府の公式の陰謀説には多くの間違いがあります。

ニュースキャスター)
教授は、例えば、
飛行機は世界貿易センタービルに激突しなかったとおっしゃるのですか。

モーガン・レノルズ教授)
いいえ私が言いますのは、
大型のボーイング機の衝突・墜落はなかったということです。
たとえば、
4箇所のどこでもはっきり特定できる残骸は回収されていません。

ニュースキャスター)
私達一般のアメリカ人が見たビデオテープはご覧になりましたか。

モーガン・レノルズ教授)
もちろん。
私はぜひ皆さんにサウスタワーを貫通する映像を1コマずつ見て頂きたいと思います。
そこで目にするのはインチキの動画です。
なぜならアルミニウムの機体はビルの中に、
空気中であるかのように
きれいに入っては行けないからです。

ニュースキャスター)
では、
あれはアニメーションであり、
ニュースメディアも関与していたとおっしゃるのですか。

モーガン・レノルズ教授)
はい、そうです。

ニュースキャスター)
あれはニュースメディアが配信したものですよ。

モーガン・レノルズ教授)
いわゆるリアルタイムのフィルムは一つだけしか存在しなかったのです。
私達にはどのようにして、
あのような事がなされたのかわかりませんが、
ビデオの専門家はあの動きを信じません。
なによりも、あの一連のテープはでっち上げられたものです。

ニュースキャスター)
では行方不明の飛行機はミサイルで撃墜されたと教授は信じているのですか?

モーガン・レノルズ教授)
いいえ。
もちろん私達はこの犯罪の全てを理解しているのではありません。
たとえば、
あの日のアメリカン航空の二つの便は、
航空運輸局の統計データベース上に存在していないのです。

ニュースキャスター)
貿易センタービルに衝突していないのなら、
それでは今どこに存在するというのですか。

モーガン・レノルズ教授)
私達にはそのような知識はありません。
では私達に何が出来るかと言えば、
第7ビルは明かに制御解体であると指摘できます。
それから
ツインタワーも明らかに内部の犯行と指摘できます。
意図的に爆破されたのです。

ニュースキャスター)
そのような話はメディアが取り上げるにはあまりにトンデモであると言う人もいますが、
どう思いますか。

モーガン・レノルズ教授)
スクリプトハワード世論調査によれば
36%のアメリカ人が、実際はもっと多いと思いますが、
アメリカ政府の一派が9・11の犯罪に共謀していたと考えているそうです。
週ごとにその数は多くなっています。
コントロールが出来ない程です。

ニュースキャスター)
モーガン・レノルズ教授ご出演いただきありがとうございました。


118. 2010年3月27日 11:43:57
WTCに激突した飛行機は何機ですか?

9.11テロ 2機目突入(?)の瞬間 アマチュアカメラマン撮影
http://www.youtube.com/watch?v=2xNorMqKh6Y&feature=related

WTCのビルの隙間や背景に飛行機が見えない。如何?
そして急に2棟目が爆発する。
フランス人兄弟が消防署を撮影していた時、
偶然に、飛行機がWTCに激突したという。
WTCに激突したのはその1機のみということか?
ではなぜ2棟が崩れたのか?

9.11テロ 2機目突入(?)の瞬間 Chopper 4 生中継
http://www.youtube.com/watch?v=dbRD7ki8h0k&feature=related

これも
WTCのビルの隙間や背景に飛行機が見えない。如何?
そして急に2棟目が爆発する。
(同上)

9.11テロ 2機目突入の瞬間 ABC 生中継 飛行機はCG?
http://www.youtube.com/watch?v=5DQ0kaDzi6s&feature=related

これは2機目というには怪しい。
2機目はCGではないか?


119. 2010年3月27日 11:56:39
>>115
> この文脈で専門化とは如何に?ああ専門家か。で、そんな、保有耐力接合(こんなもん、専門教育を受けた人間以外は知らんよ)がつかわれていないというような、見た目でもわかる欠陥建築物だというのなら、やはりご当地の専門家が指摘してるはずだろう。いわゆる陰謀論とは全く無関係な純技術的問題であるから、公の場で語られる事に何の問題もないはずである。

保有耐力接合なんてのは鉄骨建築物の基本中の基本。
公の場で語られようが、語られ無かろうが
http://911research.wtc7.net/mirrors/guardian2/wtc/WTC_apndxB.htm
の写真はその証拠なの。
この写真を見ても判らないような人は論外。


流石に、「チェリー・ピックアップ」に引っ掛かりませんね。
食いついてくると思ったんだけどな。


120. 2010年3月27日 15:16:58
あのー
>>108 さんは

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%B2%E6%B8%A9%E5%BA%A6

ぐらいは読んでから書いた方がいいと思いますよ。


121. 2010年3月27日 15:46:27
>>120

理想的な黒体を想定すると、ある温度において黒体が放射する光の波長の分布を導き出すことができる
ぐらいは読んでから書いた方がいいと思いますよ。


122. 2010年3月27日 16:07:33
>>116
> 誰も「火災だけ」なんて言ってないのに、

NISTが言っている。WTC1の瓦礫によるダメージがあろうがなかろうが、自由落下が説明できてないことには変わりない。

NIST News Release
NIST WTC 7 Investigation Finds Building Fires Caused Collapse
http://www.nist.gov/public_affairs/releases/wtc082108.html
> This was the first known instance of fire causing the total collapse of a tall building,

> Finally, the report notes that “while debris impact from the collapse of WTC 1 initiated fires in WTC 7, the resulting structural damage had little effect in causing the collapse of WTC 7.”


123. 2010年3月27日 16:17:36
>>111
>もはや現物での確認は不可能だから(当たり前)、参考情報として、鉄骨の腐食・融解についての報告書や粉塵の分析結果を示す論文などを挙げたわけ。

その程度の反証しかできないくせに、あの人の見解に「イチャモン」をつけたの?。

>弾性エネルギーとか歪みエネルギーって知ってる?

だから跳ねるんでしょう、何言ってるの?。


124. 2010年3月27日 18:42:21
>>122
自由落下を説明出来ないことと、「ナノサーマナイト」の関係を正しく証明せよ。

125. 2010年3月27日 19:22:53
>>111 さん
>まずはナノサーマイト論文に反論しないことには始まらない。

それは違うでしょう。あちらさんは鉄骨柱の繋ぎボルトの破断写真や溶接の破断写真を出して「ナノサーマイト」が不要としているんですから、あなたが「ナノサーマイト」論を証明しないといけないと思います。
この一連の論争を読んできましたが、あなたは論法は議論のすり替えばかりだと思います。


126. 2010年3月27日 19:39:38
>>123
> その程度の反証

温度も考慮してNISTのFAQもね。

> あの人の見解

プロの俺様には明らかだと(おそらく公になっている中ではただ一人)主張するのみで、客観性なし。
必要な温度を得るしくみが実現した可能性は、常識的には事実上ゼロ、ひいき目に見ても不明。

> >弾性エネルギーとか歪みエネルギーって知ってる?
>
> だから跳ねるんでしょう、何言ってるの?。

モノ(飛ばされる鉄骨が得られる初速)には限度というものがある。


127. 2010年3月27日 19:45:55
>>125

>>103 >>104


128. 2010年3月27日 20:18:20
>>127 さん
全く証明になっていないと思います。
あちらは強度不足で破断した鉄骨などの写真を出しているのですから、あなたも「ナノサーマナイト」で切断、または破壊された鉄骨などの写真及び、その分析結果を出さないと証明にはなりません。

129. 2010年3月27日 21:28:53
>>128
>プロの俺様には明らかだと(おそらく公になっている中ではただ一人)主張するのみで、客観性なし。
>必要な温度を得るしくみが実現した可能性は、常識的には事実上ゼロ、ひいき目に見ても不明。

そんなことを言っているんじゃないの。
あなたがちゃんと切断面を分析して「ナノサーマイト」を証明する立場なの。
このくらいの論理も解らないの?。


130. 2010年3月27日 21:33:00
一つ確認。なんだか上の方で、
http://911research.wtc7.net/mirrors/guardian2/wtc/WTC_apndxB.htm#B.1
にある、折れたボルトが覗く柱の断面の写真が取りざたされてますが、写真の説明ではこれらの柱を”Exterior column”と呼んでます。これは、建物の中心付近にあった部材ではなく、逆に外壁部分を構成する柱を意味しているという事でいいんですかね?

131. 2010年3月27日 21:53:36
>>130
http://911research.wtc7.net/mirrors/guardian2/wtc/WTC_apndxB.htm#fig-B-6
が中心部の「コア柱」の溶接部が破断した写真

132. 2010年3月27日 22:43:03
>>128 >>129
飲み込みの悪い方(たち)ですな。

> 「ナノサーマナイト」で切断
> 「ナノサーマイト」を証明する

どのように使われたかどうかはともかく、存在証明が>>103
もちろん追試(再調査)は必要。

> 破壊された鉄骨などの写真及び、その分析結果
> 切断面を分析して

ほんの一部だけ厳重に保管されている残骸を除いては、ほとんど調査されずにすでにリサイクルされてしまったので原理的に不可能。
保管されている残骸や試料の分析は再調査の課題。


133. 2010年3月28日 10:15:14
http://www.rense.com/general70/pphe.htm
これが、ナノサーマナイトのカッターチャージで切断されたとするWTCのコア柱なんですね。ほら、溶けた鉄が流れた跡もあるでしょう。

カッターチャージで瞬断されたにしちゃ、何か切断面がギザギザしていて、まるでアセチレン・バーナーで溶断されたようとかイチャモンつける工作員もいるようですな。これは、崩落後、後片付けのために切断されたのでは絶対無いです。

これが、単なるカッターチャージではなく、ナノサーマナイトを使った超強力なものであることは、わざわざ長手の方向を斜めに切ってることで証明できます。普通ならこの方向にカッターチャージは仕掛けませんもの。


134. 2010年3月28日 10:44:32
>>132
>どのように使われたかどうかはともかく、存在証明が>>103
>もちろん追試(再調査)は必要。

あの鉄骨が切断された証明ではない。
さっさと再調査しろ。

>ほんの一部だけ厳重に保管されている残骸を除いては、ほとんど調査されずにすでにリサイクルされてしまったので原理的に不可能。
>保管されている残骸や試料の分析は再調査の課題。

何もしない、出来ない人の言い訳。


135. 2010年3月28日 11:15:01
>>133
自分に都合のいい画像だけ出してはいけませんね。下記の画像も見て下さい。
http://www.debunking911.com/thermite.htm
見た上で、
http://www.asyura2.com/10/warb3/msg/425.html
からの引用をよく読んで下さい。

126
>4番目の写真に写っている作業員が手にしているのはアセチレンガスの切断用トーチです。おそらく何らかの事情(安全確保等)で崩壊後に鉄骨をこのアセチレンガスを使って切断したのでしょう。常識的に考えて、多量の落下物が降り注いだ中でスラグが残っているとは考えられません。

132
>溶断の角度なんて実際にあのような現場で高所作業用の篭に載って切断してみたら解りますよ。工場の作業台の上で定規を当ててやるんじゃないんです。
>もっと付け加えると、あの角パイプのスラグは向こう側の短辺と左右の長辺は外側から内側へ、手前の短辺は内側から外側へ切断したことを示しています。あの角パイプは向こう側の短辺と左右の長辺を外側から切り、手前に倒しながら手前の短辺を内側から切っているんです。「テルミット系のカッターチャージ」を手前側だけ内側に仕掛ける馬鹿はいませんよ。組成なんぞ分析しなくてもこの写真と4番目の写真を見せたら、町の鉄工所の親父でもその位のことは説明してくれますよ。

133
>・・・角パイプの手前側の短辺をを手前側に倒しながら、内側から切断するときは、こういう角度にした方が、切断用トーチを安全な方向から入れ易いのでこうしたのでしょう。

このくらいの事が理解出来ない人は、町の鉄工所か解体屋へ行って10年程修行してから発言して下さい。


136. 2010年3月28日 12:51:03
>>111 さん
>火災だけでWTC7の自由落下をどう説明する?

WTC1とWTC2の話に「WTC7」を持ち出すのはおかしいでしょう。
WTC1とWTC2が航空機の衝突とそれに伴う火災で崩壊したか、「ナノサーマイト」で制御解体されたかの議論ですから、「WTC7」の事はこの件が決着してからでしょう。


137. 2010年3月28日 14:48:05
>>130
http://www.rense.com/general70/pphe.htm
の右に写っているのが接合部で破断したコア柱。

>>131 の写真を説明すると
下側の箱形コア柱の上部エンドプレート(箱の蓋のような物)に「H形」の補強材を溶接し、その上に箱形コア柱をかぶせて周囲を溶接してあったものが、補強材もろとも破断してしまったようです。


138. 2010年3月28日 17:20:44
>>135
http://www.debunking911.com/thermite.htm
において、一番肝心な写真の撮影時期が特定されていないのが興味深い。あと、途中で止めた切断跡は、その後そのまま続けて切断したのだろうか?続きは角度を変えてるかも(最終形状は山形に、とか)

>>137
>下側の箱形コア柱の上部エンドプレート(箱の蓋のような物)に「H形」の補強材を溶接し、その上に箱形コア柱をかぶせて周囲を溶接してあった

 H形綱の溶接跡は蓋の端から端まで達してるし、蓋の周囲の溶接跡も見当たらない。
なお、写真からはH形綱の左側と右側での溶接の様子がきれいな境界をもって変化していることが見て取れるので、手抜きというよりもむしろ意図的に変えられている可能性を否定できない。

 ついでに、あんまり欠陥建築の話を強調すると、その証拠になる鉄骨をさっさと処分してしまった米政府の対応は何だ?ということになってしまう。『過去の担当者の不祥事を隠蔽するため…』とかいう話をするんだったら他のビルにも波及する可能性が強いから、それならここは『需要創出の為の欠陥ビルの調査と建て替え(新規だと客が入らない不景気だが、建て替えなら何とかなるだろう)政策の米政府への献策お願い』を出すべきであろう。それが出来ないのは、自分たちがここで書いてる事がその場の目くらましであって、第3者の検証に耐えうる物ではない事を自覚しているからだろうか?


139. 2010年3月28日 19:29:26
>>134
当たり前の同じことを繰り返しているのは、もしかして日本語が不自由な人ですか?

> あの鉄骨が切断された証明ではない。

前から繰り返しているように現物の分析は不可能だから当たり前。それが何か?
WTC1崩壊直後から1週間の間に採取された粉塵の複数のサンプルのすべてから、なぜハイテク爆発物が見つかったの?

> さっさと再調査しろ。

意外にも、あなたはTrutherでしたかw それはよかった。
でも要求する相手が間違ってますよ。

> 何もしない、出来ない人の言い訳。

背後関係は別にして、第一の責任は、空前絶後のビル崩壊現象を解明する上で何よりも貴重な残骸を、ロクに調査させずに処分させてしまったニューヨーク市当局やジュリアーニ市長らにあるんですよ。


140. 2010年3月28日 19:38:56
>>136
文脈で区別できるのだから、タワーとWTC7を並行して論じても差し支えないでしょう。
誰もが真っ先に怪しいと気付いてしまうWTC7から目を背けたいお気持ちはわかりますよ。

それでは、>>36にもあるタワーの不思議な話を一つ。
WTC1上部が見える間の落下加速度は、ほぼ一定(重力加速度の64%)でした。つまりビルの落下する部分が全体として、下側に対して自重の36%程度という、自重よりもはるかに小さい力しか及ぼしていなかったことになりますが、それでなぜ破壊が進行していったんですか?

Downward Acceleration of the North Tower
http://www.youtube.com/watch?v=ZjSd9wB55zk

Destruction of the World Trade Center North Tower and Fundamental Physics
http://journalof911studies.com/volume/2010/ChandlerDownwardAccelerationOfWTC1.pdf


141. 2010年3月28日 19:57:30
熱は殆ど関係はなく、爆発と同時に発生した衝撃波により、建物の構造骨格が破壊されたということである。更に、我々はこれと同じような現象を、既に「阪神淡路大震災」で見てきた、

各ビルは地下街で連続していたと言われる。そうすると、衝撃波は地下街を通して隣接ビルに直接且つ瞬時に伝播する。


142. 2010年3月28日 20:26:55
>>137 の訂正

http://911research.wtc7.net/mirrors/guardian2/wtc/WTC_apndxB.htm#fig-B-6
>下側の箱形コア柱の上部エンドプレート(箱の蓋のような物)に「H形」の補強材を溶接し、その上に箱形コア柱をかぶせて周囲を溶接してあったものが、補強材もろとも破断してしまったようです。

の解説は間違いでした。
全く別の画像を見て解説を書いてしまいました。こちらの画像は撮影者の許可が取れ次第、どこかにアップしてリンクします。

>>138
> H形綱の溶接跡は蓋の端から端まで達してるし、蓋の周囲の溶接跡も見当たらない。
>なお、写真からはH形綱の左側と右側での溶接の様子がきれいな境界をもって変化していることが見て取れるので、手抜きというよりもむしろ意図的に変えられている可能性を否定できない。

申し訳ない。前述の通り画像を間違えていました。


143. 2010年3月28日 23:01:37
犯罪組織ワシントンD.C.の終わりが近い?(Benjamin Fulford)
http://www.asyura2.com/10/hasan67/msg/515.html

144. 2010年3月29日 11:47:14
>>140
>それでは、>>36にもあるタワーの不思議な話を一つ。
>WTC1上部が見える間の落下加速度は、ほぼ一定(重力加速度の64%)でした。つまりビルの落下する部分が全体として、下側に対して自重の36%程度という、自重よりもはるかに小さい力しか及ぼしていなかったことになりますが、それでなぜ破壊が進行していったんですか?

どなたかが書いておられる、柱のボルトや各部の溶接が写真に写っている程度であれば不思議ではないでしょう。
重力加速度より速かったというのであれば問題ですけど、建築物を解体していると、大した事もない梁を切っただけで、突然一気に崩れることがあります。


145. 2010年3月29日 19:19:20
>>145
匿名ならではの、B層向け破れかぶれ火消し工作アルバイトご苦労さん(笑)
残念だが、タワーは「一気に」なんて崩れてないよ(笑)

146. 2010年3月29日 19:21:00
↑は >>144向け

147. 2010年3月29日 19:21:56
休日は情報過多で頭を疲れさせないため、たいていオンラインしない。週末ぐらいバルセロナクラップ(crap=糞のこと)なんかの悪臭、腐臭は、つきあいたくないからねえ(笑)。
で週明けでやっと見てみたら、なに、3日間過ぎても、とてもとても簡単な宿題、答えてないんだね(笑)。ああ、これで答えられないことを確実に証明したね(笑)。

>>110

>ま、君が自分でナノサーマイト論文をロクに読んでないか、あるいは、自分で読んだり調べたりしないB層向けの印象操作に励んでいることはわかるけど、真面目に反論するつもりなら、論文にもしないで匿名掲示板でいくら喚いたってしょうがない。

泣き言でしょ、これじゃ(笑)。これ、誰が読んだって、単なる逃げ口上じゃない(笑)。印象操作どころか、バルセロナの、
>WTC解体:軍用ナノ・サーマイト(スーパー・サーマイト)使用を決定付ける論文”

の日本語役が、いかにデタラメ訳になっているか、謀略訳になっているか、印象操作と難くせをつけてくるのが分かっていたのでそれを封じるため、>>106で懇切丁寧に「逐語的に」指摘したでしょ(笑)。大学受験生レベル向けぐらい丁寧にやってあげたでしょ(笑)。その解説のどこに問題があるのか説明してご覧。

バルセロナきくちゆみ千早工作アーチストチームよ、ジョーンズ論文の、どの英文が、「ダストにナノサーマイトが発見されたました」、っていっているの?どの文章?すべての議論はその該当文章あげてからにしてくれない?でも、3日間かけても、該当する一文すら、挙げられないんだよね(笑)。


>>111
>まずはナノサーマイト論文に反論しないことには始まらない。
もちろんナノサーマイトを使わなくても破壊はできる。


だからあ、バルセロナきくちゆみ千早工作アーチストチーム、ジョーンズ論文の、どの英文が、ナノサーマイトが発見されたました、っていっているの?
すべての議論はその該当文章あげてからにしてくれない?

>火災だけでWTC7の自由落下をどう説明する?

リンゴについて議論しているときにみかんの話をするのは、学術的な頭脳がゼロの証明だね(笑)。大学内のゼミの議論ですら、馬鹿にされるタイプだよ。そもそもNIST自体が、その結論(自由落下)だけ言って、しかし、それを技術的に一切説明していないんだよ(笑)。ゼロなんだ。なぜ?デマだから(笑)。さすがに、ウソが簡単にバレルほど、こじつけすらできないほどそれには無理があるからなんだよ(笑)。バルセロナアーチストよ、君自身が、

>NISTの「言論詐欺学」博士どもは

とNISTを詐欺師集団だって決めつけているじゃない(笑)。その部分だけは、どうして、正しいとする根拠があるの(笑)。ご都合主義もほどほどにしてよ(笑)。


>>132
>どのように使われたかどうかはともかく、存在証明が>>103


繰り返すよ。バルセロナきくちゆみ千早情報工作アーチストチーム、ジョーンズ論文の、どの英文が、ナノサーマイトが発見されたました、っていっているの?
すべての議論は、その該当文章あげてからにしてくれない?

>>139
WTC1崩壊直後から1週間の間に採取された粉塵の複数のサンプルのすべてから、なぜハイテク爆発物が見つかったの?


で、繰り返すよ。バルセロナきくちゆみ千早情報工作アーチストチームよ、ジョーンズ論文の、どの英文が、ナノサーマイトが発見されたました、っていっているの?
すべての議論はその該当文章あげてからにしてくれない?

>>110,111、132,139、
これ、同一人物だよね(笑)。論文にサーマイト発見されたと書いていないのに、頭相当悪いね(笑)。


ーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いいかい、100度言っても、いいよ。ジョーンズ英語論文、どの一文が、ナノサーマイトを発見した、って書いてあるんだ?リンクして、その該当文章を挙げてくれ。

このリクエストにこたえられないなら、もう、君らの制御解体説キャンペーンは、それ自体が、虚妄で、完全なデマ、であることが確定されたことになる。

オリオン星人さん等含め、英語達者な人たちがいる阿修羅コミュニティーを、舐めたり馬鹿にすることはやめたほうがいいよ。

東工大和田章教授(建築学)、大阪大菊池誠教授(物理学)ら英語学術論文を専門的に扱う日本国の知識エリートから、

まず最初、起点として、このジョーンズ英語論文のどの文章に、「サーマイトが発見された」と書いてあるんですか、と尋ねられて、はい、この文章です、といえないなら、もう、何の意味もないでしょ(笑)。その時点で終わりでしょ。それ以上、中身を議論する必要すら、ないじゃない(笑)。妄想を議論するヒマは、学術者には誰もないよ(笑)。

捜査当局の厳正な手続きをへて収集された物的証拠類の中に、TNT類(100トンクラス)、サーマイト類(ナノサーマイトなら100トンクラス)の火薬類の残留物が、わずか1マイクログラムも、発見されていないなら、制御解体説は、物的証拠がない、単なる脳内妄想説、おとぎ話、都市伝説、といわれる他ないでしょ(笑)。

モルモンジョーンズ、その人が、捜査当局起源でない出所不明のダストについてすら、「ナノサーマイトを発見した」と書いていないのに、きみたちが
>WTC解体:軍用ナノ・サーマイト(スーパー・サーマイト)使用を決定付ける論文”

とプロパガンダしているだけなんだよ。だから、君たちは、情報工作チームと断定されているんだよ。


最後のチャンスをあげる。君たち、英語得意といいたいんだよね(笑)。このジョーンズのナノサーマイト論文とやらのどこに、「われわれ、ダストの中にナノサーマイトを発見しました」と書いてあるの?君たちが何度、今後、爆破解体説キャンペーンをしようと、同じ質問に遭遇させられるだけなので、早く、答えを一発で出してくれ。どのページのどの文章だ?理屈は書けなくていいよ。

バルセロナペテン師グループよ。その該当する文章をリンクしてくれ。
>>106の文章を100回読みなさい。バルセロナの訳が、謀略訳でないことを証明しなさい。
最後の最後のチャンス。24時間だけだ。


148. 2010年3月29日 19:31:46
>>147
論文でナノサーマイトと呼べる理由となる特徴を挙げてあるだろ。
呼称はともかく、どうして粉塵の中に爆発物が見つかったの?
反論があるなら、匿名で落書きなんてしてないで、さっさと論文を書けば?

149. 2010年3月29日 19:55:21
>>147
> ジョーンズ論文の、どの英文が、「ダストにナノサーマイトが発見されたました」、っていっているの?

First author ニルス・ハリト論文のことね。
まず論文タイトル。「ナノ」であることは構造のサイズによる。


150. 2010年3月29日 20:07:28
>>139 >>145
文中に「w」や「(笑)」を書くような「中学生」は引きこもってないで学校へ行って勉強しなさい。

151. 2010年3月29日 20:16:45
>>145
>残念だが、タワーは「一気に」なんて崩れてないよ(笑)
どこに「タワーが一気に崩れた」って書いてありますか?。
「中学生」でも読める文章だと思うけど「小学生」なのかな?。

152. 2010年3月29日 21:36:53
>>151 さん
うちの娘(今年から大学生)に見せたら、「最近のガキは読解力がないから、高校生でもこんなのいっぱいるよ」と言っておりました。
そう言えば、大卒で就職してきた従業員で、簡単な取扱説明書さえ理解出来ないのがいて驚いていたんですけど、ここまで落ちているとは思いませんでした。


153. 2010年3月29日 22:18:36
>>151
B層未満のキミには難しすぎた?(笑)

> どこに「タワーが一気に崩れた」って書いてありますか?。

もちろんどこにも書いてない(笑)。それで>>144

> 建築物を解体していると、大した事もない梁を切っただけで、突然一気に崩れることがあります。

という事例から、なぜWTCタワーの崩壊の仕方が類推できる?
「欠陥建築」という呪文を唱えれば不思議でなくなる?(笑)


154. 2010年3月29日 23:06:14
>>153
>> どこに「タワーが一気に崩れた」って書いてありますか?。

>もちろんどこにも書いてない(笑)。それで>>144

>> 建築物を解体していると、大した事もない梁を切っただけで、突然一気に崩れることがあります。

>という事例から、なぜWTCタワーの崩壊の仕方が類推できる?
>「欠陥建築」という呪文を唱えれば不思議でなくなる?(笑)

なんか文章がおかしくなっていますね。
WTCタワーの崩壊の仕方を「類推」なんかしていないし、「欠陥建築という呪文」も唱えていないんですけど。
頭の中が「妄想」で一杯になっていません?。


155. 2010年3月30日 00:47:02
「ナノサーマイト」否定説の人は色々写真を出してきているのですから、「ナノサーマイト」説の人もナノサーマイトの装置とか、ナノサーマイト装置が取り付けられている写真とか出した方が信じてもらえると思います。

156. 2010年3月30日 12:02:39
>>145 >>146 >>153 さん
お昼になったんですけど、そろそろ妄想から覚めましたか?。

私は >>140
>どなたかが書いておられる、柱のボルトや各部の溶接が写真に写っている程度であれば不思議ではないでしょう。

と書いて、本来ならここで終わりなんですけど、あなたのような人が引っかかってくるよう

>重力加速度より速かったというのであれば問題ですけど、建築物を解体していると、大した事もない梁を切っただけで、突然一気に崩れることがあります。

という、トラップを一行追加しておいたんです。
まんまと引っかかってきた、あなたの方が「スリード社」の定義で「B層」なのです。もしかしたら「D層?(命名なし)」かも知れませんね。


157. 2010年3月30日 16:53:18
>>155
http://hereisnewyork.org/gallery/showbig.asp?photoID=7816
http://hereisnewyork.org/gallery/showbig.asp?photoID=5102
二つの画像で作業員が手にしているのが「ナノサーマイト」の先端

http://hereisnewyork.org/gallery/showbig.asp?photoID=6406
http://hereisnewyork.org/gallery/showbig.asp?photoID=2960
http://hereisnewyork.org/gallery/showbig.asp?photoID=1295
http://hereisnewyork.org/gallery/showbig.asp?photoID=6023
四つの画像が実際に使われているところ
(四枚目は違うタイプ)

http://911research.wtc7.net/wtc/evidence/photos/hanger17.html
これは埋もれていた「ナノサーマイト」の主装置


158. 2010年3月30日 17:06:56
>>157 の訂正
誤:これは埋もれていた「ナノサーマイト」の主装置
            ↓
正:「ナノサーマイト」によって曲げられ、切断された鉄骨と鉄の塊

http://hereisnewyork.org/gallery/showbig.asp?photoID=6239
これが埋もれていた「ナノサーマイト」の主装置


159. 2010年3月30日 18:20:51
>>155
>>103

160. 2010年3月30日 18:27:25
>>156
ネット工作でも、この場限りのはったりでもいいが、超ユニークな説を唱えているのだから、少しは頭を使ってもっともらしいリクツを考えなよ。

161. 2010年3月30日 18:30:42
>>157-158
こんな過疎スレにまで撹乱工作ご苦労さん。

162. 2010年3月30日 20:40:52
>> 147
>反論があるなら、匿名で落書きなんてしてないで、さっさと論文を書けば?

もう、完全に投げやりで、泣き言だ。事実上の白旗だね(笑)。

君ら、阿修羅専従班として、情報工作に24時間あたっているが、こんなゴミ情報、謀略情報に対して一般人も知識人も論文書くほど、ヒマじゃないよ。人生の無駄なんだよ(笑)。君、バルセロナ爺さんは、匿名で(本名隠して)、かつ外国から、何千ページも阿修羅に書きこんだあげく、日本の国会議員まで撃ち落としているよ(笑)。得体のしれない、正体を明らかにしない人間に、阿修羅は、蹂躙され、汚されているんだよ。デマ情報に対しては、矛盾点を指摘するだけで、役目は十分だ。

>論文でナノサーマイトと呼べる理由となる特徴を挙げてあるだろ。

どの文章が、ナノサーマイトが見つかったって、いう文章をあげろと1万回言っているだろ(笑)。それをリンクしたら1秒で済むだろ。
呼称はともかく、どうして粉塵の中に爆発物が見つかったの?
物質が何であるか「厳密に特定」するのが科学論文の仕事だ(笑)。なんか爆発物だったんではないか、こうだったんではないか、という推理小説、当て物小説ではないんだよ。バルセロナ爺さんはナノサーマイトが発見された、と言っていることを問題にしているんだよ、それデマだよねって。

論文ベースの議論なんだから、論文のどの文章がそれなのか指摘しなければならないといっているだろ。君は学術頭ゼロだね。

>>149

程度低いからそう来ると思ったよ(笑)。まず、言っておくけど、タイトルは、文章ではないよ(笑)。文章示せって何度言った?(笑)。

論文タイトル:

Active Thermitic Material Discovered in Dust from the 9/11 World Trade
Center Catastrophe

バルセロナ工作爺さん(かその一派)、君は、本当に、絵に描いたような、馬鹿だなあ(笑)。

Thermitic Material つまり、「サーマイトっぽい物質」といっているのであって、サーマイトとは言っていないんだよ(笑)。大学辺りの英語教師、あ、予備校教師でもいいから、尋ねてご覧(笑)。サーマイトとは言っていませんよ、と答えてくれるよ(笑)。Thermiticは形容詞だよ。名詞じゃないんだよ。


英語分かる人にとっては、タイトルは、誰がどう見ても、サーマイトといっていないこと明瞭だからこそ、だから論文の本文(main body)の中から、われわれ、サーマイトを発見した、と書いている文章を摘示せよ、と言っているんだよ。


君さあ、英語そのものの知識がないんだよ(笑)。バルセロナ君、いくら謀略工作アーチストといえ、この反論では、あまりの馬鹿じゃないのか(笑)。

こんなこと書いて、恥ずかしくないのか(笑)。君は、本当に、お話にならないよ。


このタイトルは、論文の本体で、われわれとしてはナノサーマイ(=スーパーサーマイト)っぽいものが見つかったと考えるが、確定できないので、さらなる調査分析が必要だ、とこう言っていることと正確に対応しているんだよ。つまり、この論文執筆時点で、これはサーマイト以外の何ものでもない、と決めることができないでいることを示しているんだよ。

いいか、美川憲一を演じるコロッケは、美川憲一にそっくりだ、だから、コロッケは、美川憲一その人に違いない、あまりにナンセンスな、そういうひっかけレトリックなんだよ。そういう印象操作のための論文なんだ。論文読者からいえば、だったら、コロッケが美川憲一かどうか、DNAでも調べて証明しなさいよ、という話。ジョーンズらは、この物質が、ナノサーマイトであることを証明してはいないんだよ。

この論文発表のあと、第三者機関に、詳しい分析依頼を出したという話もゼロ、もちろん、第三者機関が、これをナノサーマイトでしたという分析結果を出し、それをモルモンジョーンズらが発表した事実もない。つまり、ホラ話だけ飛ばしておけばそれでいい、というスタンス以外のなにものでもない。つまりもともと飛ばし記事、与太記事以外のなにものでもないんだよ(笑)。ポーズであり、情報工作アーチストなんだ。

もう4日間も時間を与えたが、一つの文章(主語と述語から構成されるもの)すらも摘示することができなかった。時間稼ぎの逃げ戦法につきあえない。きりがないので、これで以下のように確定する。

バルセロナ情報工作アーチストチームは、このジョーンズらのいわゆるナノサーマイト論文
http://www.bentham-open.org/pages/content.php?TOCPJ/2009/00000002/00000001/7TOCPJ.SGM

Active Thermitic Material Discovered in Dust from the 9/11 World Trade Center Catastrophe
pp.7-31 (25) Authors: Niels H. Harrit, Jeffrey Farrer, Steven E. Jones, Kevin R. Ryan, Frank M. Legge, Daniel Farnsworth, Gregg Roberts, James R. Gourley, Bradley R. Larsen
doi: 10.2174/1874412500902010007


において、ナノサーマイトが発見されたとの文章が入っていることを、示すことができなかった。つまり、ジョーンズらは、この論文において、ダストから、ナノサーマイトを発見したと、言っていない、ことを。


>>110,111、132,139、

バルセロナ情報工作アーチストよ、二度と、この論文が、ナノサーマイトを発見したと書いてあるなどとデマを飛ばすな。
今後このデマを投稿で繰り返すなら、阿修羅で、確信犯的に、デマを飛ばしている阿修羅妨害者、阿修羅コミュニティーを愚弄し、世間を欺く存在であるとして(君たち、社会的犯罪だぞ)、阿修羅管理人室送りにし、バルセロナきくちゆみ千早の阿修羅アカウントの取り上げ請求するしかないからね。

*それでもバルセロナ爺さんよ、なおその文章が本文にある、というなら、提示してもいいよ。いまわの際(きわ)の君に対する慈悲で12時間君に上げよう。永遠できないけどね。だって、どこにもそんなこと書いてないんだもの(笑)。恥をかきたいなら、その英文を摘示してごらん(笑)。

http://www.asyura2.com/09/kanri18/msg/693.html の02を見てご覧。
houさんは「頭の固いじいさん」と管理人さんから呼称された。
バルセロナ君、制御解体説元締めのアレックスジョーンズがブロンフマンの子飼と判明し(フルフォードも言うように)、君は「謀略じいさん」と認定されていると思うけど(笑)。管理人さんのトッププライオリティーは、誰がその情報を流しているのか、だからね。

バルセロナきくちゆみ千早情報工作アーチスト軍団さあ、君らの仲間のフルフォードにアレックスジョーンズ(一座)が情報工作アーチストとして完全否定されてるから、もうどうにもならないよ。

制御解体説は、捜査当局が厳密な証拠収集手続きを通じて押収し、管理している現物リストに起源をもつ物的資料の中に、TNTやサーマイト類の物的証拠が1マイクログラムも発見確認されていないため、単なる想像上のお話、架空のお話、おとぎ話、こういうこともありうるかもね説、デマ、謀略情報でしかない。(そもそも、出所不明、捜査当局に属さないダスト分析を論じるのは論外。そんなダストは誰かが捏造がいくらでも可能だから)。

要するに一番重要になる物的証拠がゼロの説だ。つまり、政府に対する911裁判を提訴しようにも、物的証拠がないため、裁判自体が開かれない。そのような虚妄説でしかない。


163. 2010年3月30日 22:09:24
結局「ナノサーマイト」論者は鉄骨断面の分析結果も出せず。証拠らしきものは
http://www.bentham-open.org/pages/content.php?TOCPJ/2009/00000002/00000001/7TOCPJ.SGM
のような、何処から飛んできたもか判らない埃を分析した「チェリー・ピッキング」のやり方を教える時の教科書に出来るくらい、バカバカしいものだけでした。

164. 2010年3月30日 22:54:54
自称「お利口さん」達、ずうっとこの「隔離版」で遊んでなさい。

165. 2010年3月30日 23:50:54
http://www.asyura2.com/0601/dispute24/msg/721.html>>1 イエスズ会
2 バチカン
3 国際金融資本
4 シオニスト
5 ネオコン
6 アメリカ政府

>って感じですかね?>>9.11をやったのはこれらの役を巧妙に演じている奴等全員ではないですか?
奴等の中で序列がどうなっているかってのは大した問題ではないでしょう。
その序列自体「物語」である可能性もありますよね?


166. 2010年3月31日 16:36:46
一連の論争を読んだ感想
制御解体説論者と否定論者どちらも頑張ってましたが、とりあえず、私から見ると否定論者の方が優位に見えます。否定論者は建築物の構造にも詳しく、保有耐力接合といった専門用語はともかく、私らのような素人が見ても貧弱でちぎれた柱のボルト、曲がった鉄骨、ちぎれた溶接を見ると素人目にも欠陥建築物ではないかと思ってしまいます。また、鉄骨の切断面も明らかにアセチレンガス+酸素で切断作業している写真が見受けられましたし、切断面の状態から言っても崩壊後に切断作業を行ったものと思えます。

一方、制御解体説論者の方はどうも根拠が薄弱に思えます。融けて流れる金属の伝聞や落下加速度、自由落下とかの話ばかりですし、あまりにも自分たちに都合が良くなるよう、何とかの報告書を引き合いに出しすぎです。反って信憑性を無くしているように思えます。また、証拠らしき粉塵を分析した論文も、その粉塵の採取方法や採取時の写真等も添えられていませんし、WTC崩壊との因果関係も明確ではありませんので証拠とするには無理があると思います。

160、161、164のような捨て台詞はいけません。今まで議論してきた相手にも失礼ですし、自分自身を貶める発言です。


167. 2010年3月31日 19:10:49
>>166
>>161w

168. 2010年3月31日 20:25:04
>>167
何を言いたいのか判りませんが、完膚無きほど論破されたら文章も書けなくなってしまいましたか?。
君の妄想もオカルト仲間では物知り博士として崇められたかも知れませんが、実社会で通用しないことを身をもって知ったことでしょう。これからはちゃんと勉強して社会で役立つ人間になりなさい。

169. 2010年3月31日 23:06:11
>>168
>>160w

170. 2010年4月01日 09:09:44

9/11トリック─「テロ」は起きなかった

http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/muck_raker.html

JEALOUS GAY

http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/index.html


171. 2010年4月01日 16:32:55
>>164 >>167 >>169
所詮、インチキ学者の末路ってこの程度のものです。

172. 2010年4月01日 20:13:18: F5MG4
>>171に補足
> インチキ学者の末路ってこの程度

鉄骨接合部の「貧弱さ」や「欠陥建築」によって、WTCの3棟が全崩壊したことも、崩壊に伴う諸々の観察事実も不思議でないとする、どのWTC公式報告書も建築専門家も言ってないようなスーパーな万能"呪文"を唱えるナンチャッテ専門家のことね。
それを支持するナンチャッテ中立な素人を装う、おそらく同一人物もそう。
最近のコメントでは、>>144, >>156, >>166, >>168あたりが該当する。

他にも別タイプのバカやB層向け中傷工作者がいるが、いずれにしても、匿名掲示板でもなければ恥を晒すだけでしかない。


173. 2010年4月01日 21:26:01: zysVJ
>>172
バルセロナ爺さんのように、自分のウエブサイトに外部柱の接合ボルトが破断した画像を載せながら、鉄骨建築物の基本中の基本である「鉄骨の保有耐力接合」も知らない人の方が余程「ナンチャッテ専門家」ですよ。

174. 2010年4月01日 21:31:51: zysVJ
↑173
また、NISTやFEMAの報告書に載っていなかったって言い訳するんでしょうけどね。

175. 2010年4月01日 23:15:31: Mr3N8
>>173
ここでバルセロナ氏がコメントしているとは思わないが、別に「専門家」を標榜してはいないので無問題w
それより、キミはそのB層向け"ロジック"で、わざわざ自らの墓穴だけでなくお仲間の墓穴まで掘って、ご苦労なこったw

176. 2010年4月01日 23:54:03: SFfOd
B層向け"ロジック"にはまった「D層」がのたうち回っていますね。

177. 2010年4月02日 10:17:39: FBzmn
>>166
自由落下を見たら爆破解体以外にないとわかります。
複雑な議論は必要ありません。
私の場合第七ビルのことを最近まで知らなかったので、疑問を持たず、したがって、youtubeビデオも詳しく検討する事もなかったのですが、ビデオを見れば明白です。専門知識は必要ありません。
このような明白な事実を指摘することがタブーになっている状況は、戦前の言語弾圧の時代と全く変わりません。憂慮すべき事態です。
911テロの物理学的真実を確信している者にとってはこのスレの議論は、まともな議論ではなく、偽情報を広めたい工作員が暗躍しているとしか考えられません。
制御爆破解体(controlled demolition)の詳細はここで説明している時間がないので省きますが、自分で調べてください。

178. 2010年4月02日 10:37:51: BsIV2
大いなる陰謀:知られざる9/11報道特集 (1/8)-(8/8)
http://www.youtube.com/watch?v=E8NcRIT_XF4&NR=1
http://www.youtube.com/watch?v=9f8qMMB82mY&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=ONyhPnbXwKg&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=Y4EcqGrH2Tc&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=yDWZqQLPOGk&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=QcvSx71af-4&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=28GveazR4n0&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=o7s6ijP5xXI&feature=related

179. 2010年4月02日 15:25:09: zAxXB
投稿者「バルセロナより愛を込めて」のウエブサイトを眺めてみると「テルミットは無知の始まり、自由落下は妄想の始まり」を良く表してます。

180. 2010年4月02日 19:01:57: 8yQXk
>>176は自滅した>>173-174などを書いた奴のことね。
正常世界では(特定ギョーカイ用語を使ってWTCの問題を議論しなければならないという)B層向け"ロジック"は通用しないので関係なし。

WTC「欠陥建築」説を唱える>>173-174などは、FEMAやNISTはおろか誰も公の支持者がいないんだから、つべこべ言わずにさっさとそのスーパー万能説を世に出して支持を得ないとカルトのままだよ。

>>177さん、>>166もまず間違いなく「偽情報を広めたい工作員」の一人ですよ。


181. 2010年4月02日 20:31:28: zAxXB
「バルセロナより愛を込めて」さん、壮大な妄想と無知から始まった夢物語、フィクションならともかく、実社会では通用しませんよ。
あなたも「Box core column」、「Exterior column」や「Floor truss」の接合に問題があることぐらい気づいているんでしょう?。明らかに、この件に関しては話題にされたくないのが見え見えですよ。
別人を装って反論してますもんね。


182. 2010年4月03日 01:26:23: lBIA6
「バルセロナより愛を込めて」君は、意図的な誤訳がバレた段階で終わってる。

183. 2010年4月03日 17:13:07: VzMeu
>>181
>>168と同じく、こんな過疎スレでわざわざ自己批判・自虐ネタ提供ご苦労さん。
君は実社会で通用するも何も、そもそも世の中で公に誰も支持しないWTC「欠陥建築」説を一人振りかざして、こんな僻地での落書きで何を粋がってるの。
また、他にも同じような妄想に取り憑かれてる奴がいたが、バル氏は多分コメントしてないよ。

>>182
その"リクツ"に従えば(従わなくても)、米前政権提供の陰謀論も、>>135にあるdebunking911.comも、FEMA・NISTの各報告書もすでに終わってることになる。


184. 2010年4月03日 20:00:58: zysVJ
>>183
私はこのスレを立てた「バルセロナより愛を込めて」さんに言っているので、あなたのような、中学生でも引っ掛からないレベルのトラップに引っ掛かる、「D層」を相手にしておりませんので悪しからず。

最後に「バルセロナより愛を込めて」さん、あなたが「ナノサーマイト」とか「
テルミット」とやらで切断されたと言っていた、画像に関するページがあったので見て下さいね。
http://sites.google.com/site/wtc7lies/photosoftorch-cutsteel


185. 2010年4月03日 22:31:53: Mr3N8
>>184
まともに相手にされてるなんて勘違いするなよ。
一応ギャラリー向けに、君(たち)の印象操作工作を打ち消しているだけだから。
ナノサーマイトに関しては、>>103の論文のような物証や、公式報告書を含む状況証拠がすでにあるから、初期の疑惑の動機の一つになったかも知れないといった程度の写真1枚を今さら云々したって意味ないよ。

186. 2010年4月03日 23:16:50: zysVJ
「バルセロナより愛を込めて」さんが、鉄とアルミの区別も出来なければ、アーク溶接もアセチレン+酸素溶断も知らない、鉄が焼けたらどの位柔らかくなるかも知らない、挙げ句の果てに鉄骨建築の基本中の基本も知らないで「ナノサーマイト、テルミット」等の「妄想制御解体説」を吹聴していたと云うことが、他の読者に解ってもらえただけでよしとしましょう。

ちなみにWTCでも正しく接合された、鉄骨の柱や梁があったのをご存じですか。下記ページの下から2番目の画像がそうです。柱も梁も接合部で破断していないのがあなたでも解るでしょう。(この火花も「ナノサーマイト、テルミット」だなんて言わないで下さいね。)
http://911research.wtc7.net/wtc/arch/core.html


187. 2010年4月03日 23:43:11: Mr3N8
カルト未満の一人WTC「欠陥建築」派がデマを交えて何を言ってるんだか。

188. 2010年4月07日 09:57:52: BsIV2
二度とだまされない! 9・11詐欺の事実を暴くことは、我々の未来を作る作業だ!
http://www.asyura2.com/09/warb0/msg/633.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2009 年 9 月 11 日 20:04:29:

;上記を見ました。

バルセロナときくちゆみは正しい!と分かった。
日本の米国国債引受額のグラフが載っている。
911時点からの米国国債引受額の推移である。
あきらかに日本のお金が流れたのである。

それを見れば
バルセロナときくちゆみは
ハザール人・ユダヤ組ではないことが解る。

バルセロナときくちゆみを
口撃する奴らもいるが
負けずに頑張って欲しいと思う。

尚、グラフ内の文字は表の中へ入れると見にくいので
改善した方がいいと思う。


189. 2010年4月08日 13:39:37: 7kWHhI61hc
「バルセロナより愛を込めて」さん「ナノサーマイト」説を証明する絶好のチャンスですよ。

http://www.asyura2.com/10/warb3/msg/874.html


190. 2010年4月30日 16:54:09: vOFna6ZZ8w
>>132
>ほんの一部だけ厳重に保管されている残骸を除いては、ほとんど調査されずにすでにリサイクルされてしまったので原理的に不可能。
>保管されている残骸や試料の分析は再調査の課題。

http://www.panynj.gov/wtcprogress/wtc-9-11-steel.html

もうやっているんでしょうね?。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b3掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b3掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧