★阿修羅♪ > 戦争b5 > 429.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
スペインの裁判所、イラクで自国カメラマンを殺害した米軍兵士に逮捕状!
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/429.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2010 年 7 月 30 日 01:27:19: SO0fHq1bYvRzo
 

スペインの裁判所、イラクで自国カメラマンを殺害した米軍兵士に逮捕状!

2003年4月8日、スペインTele5(シンコ)のカメラマン、ホセ・コウソが、バグダッドに侵攻したアメリカ軍によって、ウクライナ人ジャーナリストのタラス・プロツユクと共に惨殺されました。
このイラク戦争はジャーナリストを殺す戦争としても有名ですが、コウソはその最初の犠牲者の一人となりました。

(写真:生前のホセ・コウソ)
http://www.larazon.es/images/uploads/image/f0/f5/235967/c617x266_couso.jpg?1280395610
(マドリッドの米国大使館前でコウソ惨殺に抗議するスペインのマスコミ関係者とジャーナリスト)
http://www.elpais.com/recorte/20030409elpepunac_1/XXLCO/Ies/20030409elpepunac_1.jpg

そして、「戦場での事故」を主張して逃げる米国当局と米軍に抗議するコウソの遺族、特に兄弟のハビエル・コウソらの数年間にわたる粘り強い活動が、一つの実を結びました。

7月29日のスペインの新聞とテレビニュースは、全国管区裁判所(日本の高等裁判所のようなもの)に所属する判事サンチアゴ・ペドラスが、コウソ虐殺に直接に手を下した3名の米国軍人、軍曹のThomas Gibson、隊長のPhilip Wolford、そして少佐のPhilip Campに対して、コウソ殺害の容疑で逮捕状を出しました。

極東にある某米国属国の司法当局者とは一味違うように思えますが、これを伝えるエル・ムンド紙記事の最初の方だけを引用して拙訳をつけておきます。

************************************
【引用、対訳開始】
http://www.elmundo.es/elmundo/2010/07/29/comunicacion/1280394672.html
El juez ordena detener a los militares sospechosos de matar a José Couso
判事は、ホセ・コウソを殺害した容疑で米軍兵士の逮捕を命じる

María Peral | Madrid
Actualizado jueves 29/07/2010 11:11 horas

El juez Pedraz ordena busca y captura e ingreso en prisión para los tres militares estadounidenses sospechosos de la muerte de José Couso, y pide autorización al CGPJ para viajar a Irak entre octubre y noviembre para hacer una inspección ocular de lugares de los hechos.
ペドラス判事は、ホセ・コウソを殺害した容疑で、3名の米軍兵士を、見つけ出して逮捕し刑務所に入れるように命令を出した。そしてCGPJ (Consejo General del Poder Judicial、英語訳ではThe General Council of the Judicial Powerで、「スペイン司法権総合委員会」とでも言えばよいか?)に対して、10月から11月の間にイラクに向かい、事件現場の調査を行う許可を要請した。

El Tribunal Supremo ordenó este mismo mes a la Audiencia Nacional que reabriera la investigación por la muerte en Irak en 2003 del cámara de Telecinco José Couso, al estimar el recurso presentado por su familia contra el archivo de la causa.
最高裁は今月になって、全国管区裁判所に対して、テレシンコのカメラマン、ホセ・コウソの2003年の死についての捜査を再開するように命じていた。これは遺族によって申し立てられていた死亡原因の資料に対する上告を考慮してのことである。

El TS establece que la estrategia bélica denominada "de impacto y terror" sobre personas protegidas en caso de conflicto armado "es penalmente imputable a quien tenga dominio sobre la dirección específica de las operaciones bélicas".
最高裁は、この紛争地で保護されるべき人々に対する「ショックと脅威(原文impacto y terror英語ではshock and awe)」に貫かれた軍事戦略は、「軍事作戦の指揮に携わる者が重大な責任を負うべきものである」ことを明らかにした。

【以下、省略】
************************************

もう一つの大手紙エル・パイスもほぼ同じ内容の記事を書いています。

http://www.elpais.com/articulo/espana/Pedraz/ordena/captura/militares/acusados/asesinar/camara/Jose/Couso/elpepuesp/20100729elpepunac_5/Tes
Pedraz ordena la captura de los tres militares acusados de asesinar al cámara José Couso
ペドラスは、カメラマン、ホセ・コウソ殺害の容疑で3名の(米国)軍人の逮捕を命じる


もちろん米国と米軍がこれに応じるとも思えませんが、この、米国とその戦争に対してのあからさまな挑戦は、今後、いろいろな方面に波紋を投げかけるものと思われます。

今でもまるで昨日のように思い出すのですが、ホセ・コウソが殺害されて2日後に、英国の外相ジャック・ストロウが、イラク戦争の旗揚げ式に参加したホセ・マリア・アスナールと会談するために、マドリッドを訪れました。そのときに、首相官邸前に到着したストロウを、数十名の新聞記者、テレビ記者、カメラマンが取り囲み、取材を拒否してカメラもマイクも地面の上において、数十秒間、腕を組んでストロウを黙ってにらみつけていました。代表のTVカメラマン一人がその様子を写し、それが全てのテレビニュースのトップを飾ったのです。

極東にある某米国属国のマスコミ関係者とは一味違うように思えますが、イラク開戦初期には、もう一人のスペイン人記者フリオ・アンギータ・パラド(エル・ムンド紙)も、バグダッドで米軍のミサイルで殺されています。彼は、元スペイン統一左翼党(旧共産党)党首だったフリオ・アンギータ氏の子息でした。

イラク戦争が開始されたときに、たしか、日本の新聞やテレビ局は特派員を送っていなかったのではなかったかと思いますが、スペインのマスコミ関係者たちは命がけでこの戦争を取材しました。その一例を訳していますので、ご覧ください。
http://www.asyura2.com/0311/war44/msg/580.html
12月9日のバグダッド東部のモスクでの惨劇についての記事

今年になって、中道右派系の新聞エル・ムンドは、この戦争に対する怒りを爆発させたような特派員の報告を掲載しました。
http://www.asyura2.com/10/warb3/msg/450.html
米国のイラク支配を痛烈に批判するスペイン大手紙記事:「歴史が彼らを裁くだろう」


イラク戦争は大嘘で始められた戦争です。そして、911事件から始まる「対テロ戦争」は、その最初から隠ぺいとねつ造、大嘘の塊でした。「戦争犯罪」などといいますが、何よりも、最大の犯罪はこの隠ぺいとねつ造、大嘘に他なりません。
(参照)
アングロ・アメリカのテロ戦争:概観(M.チョスドフスキー)、および翻訳後記
http://doujibar.ganriki.net/translations/3-01,angloamericanswar.html
ブレアーが世界をたぶらかし続けた8ヶ月(「ダウニング・ストリート秘密メモ」の巧妙な心理作戦)
http://doujibar.ganriki.net/translations/6-06,downingstreetmemo.html

そして、日本はその大嘘によって次々と財産を掠め取られ、日本人の生活は従来の中南米の状態に向かおうとしています。
(参照)
「ZERO」への熱い思い 日本人の覚醒に向けて
  http://doujibar.ganriki.net/911news/ZERO.html

日本を潰すために仕掛けられた「時限爆弾」にスイッチを入れたのが、2001年9月11日のあの忌まわしい事件でした。
911から現在に至る、米国支配者の詐欺ペテンとその手口を、誰にでも分かるようにまとめたものが次の拙著です。
「テロ&戦争詐欺師たちのマッチポンプ」内容紹介
http://doujibar.ganriki.net/bookcontents1.html

この大嘘、虚構への追及抜きに「戦争犯罪」を語るものがいるとすれば、それは「テロ&戦争詐欺師たち」の一員か、あるいは無自覚のうちにそれに手を貸している人々なのでしょう。嘘は、いずれ明らかにされ、歴史によって裁かれることになります。

スペインの判事が、彼の指定したホセ・コウソ殺害者を逮捕できるのかどうかわかりません。しかし、本当の殺害者は、ブッシュであり、ブレアーであり、チェイニーであり、ラムズフェルドであり、そしてその裏にいてネオリベラル経済を操り世界を破壊する金融支配者どもでしょう。彼らは同時に、日本国家の破壊者、日本人の生活破壊者でもあります。この点こそ、歴史に刻まれなければなりません。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月30日 20:17:19: FqDvXxU8vI
場合によっては、ウィキリークスの文書で実行兵と指揮官の名前が判明する、可能性もある。
まあ、控え目に言って「ジャーナリストは事故と言い張って見せしめに殺っとけ!」と戦争の初期に命令が出ていた可能性は誰しも疑う所だ。
「カメラがロケット砲に見えた」との言い訳は余りに稚拙。

02. 2010年7月30日 20:41:39: Vbht66t63k
バルセロナ!
ロベール・フォーリソンなどと違って逮捕を恐れてホロコーストから逃げたお前に歴史を語る資格など断じてない。
フォーリソンやグラーフなどみたいに抵抗して逮捕覚悟逮捕されても抵抗している奴らも少なからずいる。
ダブルスタンダードかつコシミズの焼き直しなどいらない。
完全な敵よりも中途半端な味方の方が厄介。
オリバー・ストーンは迫力のある映画を撮れるのか撮れないのかどちらだと思うんだ?

ルドルフなどのように思想上の罪で重罪になるわけではないはずなのに、
日本から逃げて亡命して日本を捨てた裏切り者のお前が日本云々を一切言うべきではない。
お前と同じくご都合主義者で自分自身に甘いコシミズを決して支持などしないが、
コシミズが日本から逃げずにいるのは事実。


03. 2010年7月31日 07:00:15: sJDYtT2yK8
日本人に同じ事が起こっていも日本政府は、米軍兵士に逮捕状は発行しないでしょう。
なにしろ日本はアメリカの奴隷なのだから日本人が死んでもマスゴミ、政府は知らんぷり。
こうなったらマスゴミの会社を全部倒産させて政府転覆しない。

04. 2010年7月31日 07:01:28: sJDYtT2yK8
訂正↑こうなったらマスゴミの会社を全部倒産させて政府転覆しかない。

05. 2010年7月31日 12:00:20: DhtGT4Wu4U
>>Vbht66t63k
 あなたは名前も名乗らず、逃げてるとか人を批判する資格、あるんですか。
 私は名前のある人を匿名で罵倒できませんが…
____________

30日、BS1で日本でも放送していました。


06. 2010年7月31日 18:44:35: FqDvXxU8vI
あのう、05さん、非常に残念な言語能力しか持たない02に対し、そのような婉曲話法は通じないものと思いますが。
ある種の専門員なんですよ、あれは。
普通のまともな人と思って接すると、きっと損します。
どうも異様にユダヤ教と何らかの接触があるようですが、しかし昔よくありがちだった「共産党と右翼の間を行ったり来たり」する彷徨える知能の人々と同レベルかも少し下か辺りではないかと。
ま、世間には色々な「人種」が居ます。

07. 2010年8月01日 02:58:17: mFJL43K2Po
>>05-06
バルセロナ支持者へ。
バルセロナは作家なのでもう部分的に公人で部分的には公的なはず。
中身思想行動の矛盾などで叩かれたくなけば何もしない方がいい。
その点ではあそこまでの活動家のコシミズなどもほぼ同じ。
オリバー・ストーンは逃げて屈服したので作品は負い目や迫力低下などでダメになるであろうなのが根拠証拠。

08. 2010年8月01日 18:17:41: FqDvXxU8vI
コシミズさんが殺人予告を受けたらしい。
07みたいなおかしいのがこの暑さで湧いてるから、なんじゃないのかな?
色々と追求されると苦しい部分多々を抱えてる旧悪に、尚もしがみ付く寄生虫なんて遣ってると、思い通りにならない事が余りに多くて遠い世界へ逝っちゃうんでしょう。
少なくとも、地に足が着いて居ない事は確か。
難儀だね。

09. 2010年8月01日 23:19:55: nWWYoNx6Es
>>08
いい加減に論理的な証拠根拠を示して下さい。

10. 2010年8月02日 02:30:06: FuyobfOb0r
コシミズ「さん」なんて、
FqDvXxU8vIは以前からおかしなコメントで有名なのだが、
この人も輿水信者だったのか。
2CHで追い出されてからここに寄生しすぎ。
そろそろ管理人も輿水系組織的書き込みは例外的に排除したほうがいいんじゃないのかね。

11. 2010年8月02日 21:09:55: FqDvXxU8vI
見え透いた虚偽の情報操作が効かないよう、ID表示を管理人さんが設定されたのに。
遣ってて虚しさを感じないのなら、余りに低レベル。
無礼に呼び捨てを奨励する2ちゃん信者は10自身。
少なくとも米国に国を売る売国奴と、其れに抵抗する愛国者と、の区別をつけるのは当然だ。
コシミズさんは微妙に変な所も有るけど、在特会を敵に回す時点で、十分に10などとは比べ物にならない愛国者。
まだ余程、10みたいな馬鹿よりうんと「まし」だ!!!

12. 2010年8月08日 17:49:12: 8ZUsU1oS5g
>>10 さん
>アフガン戦争「機密文書」暴露の衝撃度
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/427.html#c13

を読んでみたら、「輿水信者」とかいうレベルじゃなくて「子供」ですよ。


13. 2010年8月08日 20:30:18: FqDvXxU8vI
「>歴史が彼等を裁く」し、広島もまた彼等を「裁く」だろう。
何事もそういう物だ。
毀誉褒貶も全て、其の身から出て其の身に返る。
コシミズさんも微妙に変な所もあるが、赤心がある部分も相当にあり、其れに因って総合的に(常識のある人々からは)是々非々に判断される。
其れが出来ないのは、コシミズさんの存在自体が邪魔な輩。
で、そいつ等は馬鹿の一つ覚え粘着しか出来ない、可哀想な知能の輩。
ま、仕方ないよね!
所詮馬鹿なんだから。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧