★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 349.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安全審査が実質的ではなく空疎である:技術の本質が底抜けである(日本の原発)/飯田哲也
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/349.html
投稿者 仁王像 日時 2011 年 10 月 10 日 14:42:42: jdZgmZ21Prm8E
 

飯田哲也<原子力ムラの本質的欠陥>ー第一章 「原子力ムラ」という虚構 から

・私は、この原子力ムラでのすべての体験をとおして、次の二点が日本の原子力におけるもっとも本質的な欠陥ではないかと考えるようになった。
 @ 安全審査が実質的ではなく空疎であること
 A 技術の本質が底抜けであること
 分厚い安全審査書は、基本的にそれを請け負っていた原子力関連企業の御三家である三菱重工・東芝・日立がすべて作成しているのである。電力会社に自ら作成する能力はもとよりな(い)。
 国の安全審査は、わずか二時間程度の会議で、分厚い安全審査書をその場で見せられて安全性を評価できる専門家などいるはずがない。簡素なセレモニーに過ぎない。

 第二点だが、日本の原子力御三家である東芝、日立、三菱重工といった大企業でさえ、今日に至るまで原子炉の基本設計パッケージをつくりことができなかったのだ(東芝がウェスチングハウスを買収せざると得なかったことに現われている)。
 核計算などの原子力関連の計算コードでも日本で開発されてものはない。多くがアメリカで、ロシアや欧州のものもある。原子炉を製造する機器基準は、アメリカ機械工学会の基準をそのままコピペしているのだ。

【出典】『「原子力ムラ」を超えて』飯田哲也・佐藤栄佐久・河野太郎/NHK出版‘11年

〔臭うぞう〜〕
 耐震設計を強化したところで、審査が空洞化しているから意味がない(空疎)。審査しようにも審査できる専門家がいなければこれもしょうがない。現状は事実上の「無審査」と同じで、今後も実効性のある審査は不可能だろう。
 自前の技術で培った裾野の長い産業ではない。平野に輸入技術がチョコンと立っている。仮に地震に強い原発を造ったとして、次の大事故が何に起因するのか予想もつかないような未熟かつ今後も未完成のプラントは原理的に廃止すべきなのだ。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月10日 19:21:57: X2rSmrVZ3s
日曜朝のTBSニュース番組で、寺島実郎氏がしばしば口にする「日本の原子力発電技術の維持と向上」とは、一体何なのだろうか?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧