★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 707.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
セシウムで心臓・血管が傷つけられ、高血圧・虚血性心疾患・動脈硬化・脳卒中−ヤブロコフ「心臓および血管に関する病気」から
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/707.html
投稿者 ポリーテイアー 日時 2011 年 10 月 23 日 16:03:29: trv0OrkwFmReI
 

「セシウムが心筋に蓄積すると確実に死ぬ。刺激伝導系が全てやられ不整脈で死ぬ。心不全で死ぬ。突然、心室細動、TdP、パルスVTが起こる。まだ報道されてない思う。「児玉龍彦 東大教授」」と児玉教授はつぶやいたが、以下のヤブロコフの研究報告群を詠むと、セシウム摂取で傷つくのは、心筋だけではない。セシウムが血液中を巡回しながら乱射する放射線によって血管が傷つけられ、弾力性を失って硬直肥大化する。特に、左心室が肥大硬直化する。また、脳の血液循環も悪くなり、中枢神経の発達にも悪影響(→知能低下)につながる。若年者にして動脈硬化の症状が現れる。

公衆衛生ネットワーク(注1):3号炉のプールが爆発
→ウラン・プルトニウムが首都圏全域に飛散
→東京港区虎ノ門で464 nSv/h (311以前の116倍)の中性子線を検知=U235が存在する(注2)。
→柏市でウラン235のスペクトルが観測される

結論:一刻も早く首都圏を離れる必要がある。

なぜなら、セシウムで心臓血管系の疾患・泌尿器系の疾患になってしまうことに加えて、α線核種・ストロンチウムが骨髄に入ることにより血液の癌にもなってしまうから。

(注1)http://phnetwork.blogspot.com/ 原子力非常事態宣言
(注2)http://fukushima-diary.com/2011/10/breaking-news-neutron-ray-measured-in-tokyo/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+FukushimaDiary+%28Fukushima+Diary%29
ウラン235は保安院の大気放出推定量のデータになぜか載っていません。

---------------------------------------------------------
5.1.2 Cardiovascular Diseases
心臓および血管に関する病気は、チェルノブイリの放出によって汚染されたすべてのエリアで広範に見られた。
5.1.2.1 Belarus
(1)心臓および血管に関する病気は、全国でチェルノブイリの前と比べて10年で3-4倍増加し、ひどく汚染されたエリアでは3-4倍を超えるほど増加した。
(2)心臓および血管の恒常性(ホメオスターシス)障害が、15-40Ci/km2以上の汚染区域において、出生後4日間の多くの新生児の特徴であった。
(3)ゴメリ州の汚染されたChechersky区域における新生児の出血率は、破局前と比べて2倍以上であった。
(4)被曝レベルと相関して、ゴメリ州の汚染エリアから来て検査された3-7才の子供の70%以上において、心臓および血管系の変化が見つかった。
(6)5-20Ci/km2のCs-137による土壌汚染エリアにいる新生児から1歳児までの子供の70%以上で、心臓のリズムの異常が見られた。心臓のリズムおよび伝導率の異常は、摂取した放射性核種の総量と相関していた。汚染されたエリアにいる虚血性の心臓病患者において、心臓リズムの有意に高い異常率および異常の存続があった。
(7)上昇した動脈の血圧と下降した動脈の血圧の両方が、汚染されたエリアにいる子供と大人に見られた。上昇した動脈の血圧は、30Ci/km2以上の汚染があるMogilev州にいる大人において、有意により頻繁に発生した。子供のより高い動脈圧は、摂取したCs-137の総量と相関していた。
(8)健康な子供と比べて、4-16才の子供における脳の動脈の血管は、ゴメリ・MogilevそしてBrest州の汚染エリアの子供の内で、より一層脆かった(硬くて弾性がなかった)。
(9)被曝した両親の下に生まれた子供たちの中では、循環器系の罹病率が1993-2003年で有意に高かった。
(10)帝王切開出産時の失血量は、Cs-137 1Ci-5Ci/km2レベルの汚染地帯に住むGomel Province出身女性の方が、汚染されていない地域に住む女性に比べて、有意に多かった。(Savchenko et al.,1996) p.62[爺さん訳部分]
(11) Cs-137 1Ci-5Ci/km2レベル以上に汚染された地域に住む10歳から15歳の少女は、低汚染地域に住む少女に比べて、大脈管の血管運動神経反射に示される後肢への血液供給が有意に異常だった。(Khomich and Lysenko,2002;Savanevsky and Gamshey,2003) p.62[爺さん訳部分]
(12)男女の掃除人の主要な罹病は、高血圧・急性心臓発作・脳血管疾患・手足のアテローム性動脈硬化(動脈壁の内側に脂肪質[アテローム]が沈着し、そのため動脈が狭くなる)−これらは1993-2003年に有意に増加した−であった。

5.1.2.2.Ukraine
(2)5000-15000Bq/平方メートルのレベルで汚染されたエリアにいる子供の55.2%で、早期のアテローム性動脈硬化症状が観察された。
(3)心臓および血管系の病気は、胎内で被曝した子供においてよりしばしば有意に発生した(57.8 vs 31.8%,p<0.05)
(4)…若年の避難民と汚染エリアに住んでいる避難民において、アテローム性動脈硬化と心臓の虚血性の病気がよりしばしば有意に見られた。
(5)筋緊張異常 (頻脈・甲状腺機能亢進症・神経障害)に由来する掃除人の罹病率は、破局後10年でウクライナ平均の16倍であった。

5.1.2.3. Russia
(2)汚染されたOryol州のMtsenskとVolkovskエリアにおける新生児の出血率は、破局前と比べて2倍であった。
(4)掃除人の健康は、対照群の健康と有意に異なっており、掃除人の動脈の血圧は高く、虚血性の心臓病であり、心臓の壁の厚み(この厚みはアテローム性動脈硬化の特徴を持っている)が増していた。Voronezh州の汚染エリアに住んでいる掃除人は、対照群と比べて、脳卒中および虚血性の心臓病の症例数において有意に異なっていた(表5.3)。
(5)破局から10年経って、・・・心臓収縮時の血圧上昇が検査されたすべての掃除人の特徴であった。
(7)検査されたすべての掃除人において、脳のウィリス動脈輪における動脈の血管の張力低下が見つかるような特徴を示していた。
(8)神経循環系の筋緊張異常が、1986-1987年に検査された大多数の掃除人で見つかり、その症例数は増加している。これらの変化は、主に、小動脈・細動脈の病気が原因となって発生し、若年の掃除人においてより頻繁に起きる。掃除人の脳における血液循環不全は、時として循環不全性の脳障害として定義され、慢性的な脳の循環病理は、中枢神経系の機能的および組織的破壊に至る。循環不全性の脳障害は、チェルノブイリの放射性物質のわずかな吸収放射線量によって引き起こされた影響(効果)に対して特有(明確)であり、こういった病理学上の状況は疾病の国際的な分類において見られないものである。
(9)・・・高血圧は、掃除人の子供においてさえもよりしばしば見られた。
(10)1993-1994年に検査された掃除人の大集団の幾人かを2000-2001年に再検査すると、腕頭動脈のアテローム性の動脈硬化が見られた。
(11)左の心室の心筋容積(重量)が、掃除人において有意に大きかった−動脈圧に異常はなかった。
(13)目の脈管の異常な循環が、検査されたすべての掃除人に見られた。また、掃除人は、血管の壁が持つ属性−病原微生物の成長を破壊するか、妨げることができる属性−の減退に陥っていることも見出された。
(14)虚血性の心臓病を患っていた掃除人は、同年代の他の患者と比べて、多くの血行動態上のパラメーターが有意に異なっていた。

5.1.2.4 他の国 Moldova
・・・検査されたChisinauの掃除人のおよそ25%で、大動脈の壁が厚みを増し、そして22%で心臓の左心室の肥大がそのままであった。

結論:血液、造血器官および循環器系の機能不全に共通する原因のひとつとして、血管の内皮および血管を覆う表面の放射性物質による破壊である。血液および循環器系の増大せる罹病率へと帰着する、チェルノブイリの放射性物質による汚染の深刻な影響は疑い得ない。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月23日 16:40:41: RE24fqItMo
爺さんが過去に訳してくれた部分:

@「第4章12節 チェルノブイリでの食品と人々の放射能汚染」
  http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/501.html

A土壌汚染1138Bq/kgから5695Bq/kgで将来起こり得ること。「チェルノブイリ」から抜粋 http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/568.html

B日本で起こり得ること ウクライナ ルギニ地区 1986年
  http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/631.html

C「第4章14節 チェルノブイリ放射能汚染地域での放射線防御の方法」
  http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/694.html

D「チェルノブイリ」 第U章 5節 遺伝的変異  フェアユース翻訳海賊版シリーズ
  http://www.asyura2.com/11/genpatu16/msg/646.html

E「チェルノブイリ」第U章 5節 8.神経系・感覚器官疾病と精神衛生への影響 フェアユース翻訳海賊版シリーズ
  http://www.asyura2.com/11/genpatu16/msg/780.html


02. 2011年10月23日 17:39:12: 1laTubqZew
放射性セシウムは、どのようにして不整脈を引き起こすのだろう。

心臓内の電気は、心臓刺激伝導系(洞結節→右心房内の三つの経路→房室結節→ヒス束→脚(左脚と右脚)→プルキンエ腺維)を伝わる。

セシウムはカリウムと同じアルカリ金属なので、細胞膜にあるカリウムチャンネルを、量は僅かかもしれないが、通るだろう。

放射性セシウムが、心臓刺激伝導系の細胞膜のカリウムチャンネルに何らかの影響を及ぼしている?
或は、カリウムチャンネルを通った放射性セシウムが、心臓刺激伝導系の細胞の内部から何らかの影響を及ぼしている?

カラクリがわからないので、どうにも気になるのだが、この種の分子生物学的な研究は、現在、どこまで進んでいるのだろうか。


03. 2011年10月23日 18:08:08: m70crzqcTM
こうした海外からの医学情報が入ってくるたびに思うのだけど、日本の医学界や医師会はこれらの情報はまったく信用してないんじゃないの。

本当に信用できる情報なら、いの一番に何らかの行動を起こすだろうに、いまはTPP導入の成り行きの方が大事なんだろうね。


04. 2011年10月23日 18:13:32: 8yLzQZVUvc
>5-20Ci/km2の・・・土壌汚染エリア
>で・・・新生児から1歳児までの子供の70%以上で、心臓のリズムの異常

5-20Ci/kmといえば1Ci=37000ベクレル毎平米で
18万5000〜74万0000ベクレル毎平米だ。

福島県の中通りは30万〜60万ベクレル毎平米だ。概略近い。

【5 - 15 Ci/km2. 185000〜555000 Bq/m2】:
「希望すれば移住が認められるゾーン 」←ソ連、当時の基準。



05. 2011年10月23日 18:32:00: 8yLzQZVUvc

>慢性的な脳の循環病理は、中枢神経系の機能的および組織的破壊に至る。
>循環不全性の脳障害は、
チェルノブイリの放射性物質のわずかな吸収放射線量によって引き起こされた影響(効果)に対して
特有(明確)であり、
>こういった病理学上の状況は疾病の国際的な分類において見られないものである。


  
 
血管の細胞がやられて、脳障害が引き起こされる、それも

わずかな吸収放射線量によって、であると。


ガンだけが問題であるかのように言う”学者”ガいる。
「年配のひとは放射能の影響を受けにくい」という”学者”が居る。

”耳学問”が得意なんだろう。自分で研究や調査もしたことないのに言うなんて。
40歳が50歳に、50が60にって、見た目じゃひどく放射能影響うかとも
わからんかも。いきなり赤ん坊が奇形で生まれるのと比べたら。

だが、

脳や心臓や血管がやられて、成人がボケたり、死んだりする原因になる。
汚染食品を喰ってくれとは、そういうことだろう。中高年を一掃して、若い病人だらけの日本にするっちうことだろう。

 
 
 
政府と御用学者のプロパガンダであるゆえんだ。



06. 2011年10月24日 02:48:37: RE24fqItMo
>日本の医学界や医師会はこれらの情報はまったく信用してないんじゃないの

そりゃそうだよ。原子力資本にカネで買収されているか、放射能の害を否定する厚生労働省の指揮下にあって、自由に発言できない。国内の新聞やテレビはウソしか報道しない。頼れるのは、海外の書籍・ニュース・論文だよ。この国で流通している情報はウソがほとんど。市民は、自分でネットから情報を入手し、解析し、判断するしかない。


07. 2011年10月24日 06:51:09: kNKfAobwxo
海外在住ですが、ウクライナから移住して来た女性は”高齢者からまずやられた”と言った。”子供の間違いじゃないの?”と聞いたら”まあもう昔のことだけど、歳とった人が沢山倒れた”って確かに言った。

だから非常に気まずいけど、高齢者ももしかしたらマズイのかもしれないと思う。確かアメリカも妊婦やら子供以外に65歳以上も80Km圏内に長期間とどまらないように勧告していたような記憶が。その時にこの話を思い出してぎょっとした。


08. he8 2011年10月24日 09:04:14: /XGAlxEUgVRGw : Swu6QSsKeQ
九大医学部図書館のロジア語文献は、書庫で見つけても、まっさらなままで、誰も、手にとって見た形跡もない。
まあ、手っ取り早い金儲けの王道として、医学部の道を選んだのが、全員だろうから、わざわざ、小難しいロシア語を学んで、チェルノブイリ関連の情報を、ロシア語から、直接、仕入れようなどという、高い使命感をもつ医学部生など、いるわけないのは自明なのだが。

09. 2011年10月24日 09:38:11: A6xkK7i5cg
>08さま
九大でもそのようなでしょうか。残念です。
これからはまず自分で調べる、頼りになるお方を自分で探す、
こういう事にですね。
自分で探すのも予防・治療の内と。
とんもない時代になってしまいました。
いや、とんでもない日本の正体がバレて
しまいました。



10. 2011年10月24日 10:48:23: zFhyQuFua6
高齢者、もちろん危険です。人間すべて、胎児から百歳以上まで、放射能には勝てない。ありとあらゆる病気や体調不良になりやすくなる。

「高齢者は放射能の影響受けない」というのはデマです。それは、「固形ガンが大きくなるまでには年数がかかるからそれまでに高齢者は寿命で死ぬだろう」という考えがもとになっているだけ。



11. 爺さん 2011年10月24日 12:15:27: pkMRoq8j2xu8g : ppO8GsEYKI
内科の医師でなくても次の辞典を利用すれば訳せます。
http://ejje.weblio.jp/
英語に慣れてくれば医学用語は英語の解説がネットにたくさんあります。
少なくとも英語を理解しないと「専門家」に騙されゆで殺される国になってしまった。
若い人はどんどん訳したり要約紹介したりして世界の知識を国内に拡散しよう。
後で仕方なく放射能亡命するときにも役立つと思う、若いんだから。
年寄りにはできないことをどんどんやろう。
嫌気がさしたら去年のNHK竜馬伝でも見て気晴らしよう。
福山氏は福島で御用キャンペーンに加担しているけどね。

12. 2011年10月31日 01:37:31: sXzp2B5Iow
少なくとも生命は、カリウム40の耐性が考慮されていると仮定する。従って、放射線の影響は、あるとしても少ないと考えてもよい。さて、カリウムチャネルでカリウムやセシウムが通ったり、他のチャネルを通って出る仕組みがある。しかし、細胞内に取り込まれたセシウムが核変を起こしてバリウムになったとき、イオンチャンネルは正しく動作するだろうか。少なくともカリウムが核変した場合、カルシウムになるので、カルシウムチャネルを通れる。これは設計通りであるが、バリウムに対する設計がなされいるかが疑問である。サイズだけ見る一方向のチャネルであれば、不具合が起こりやすい。

13. 2011年11月06日 17:19:03: kP8f8nriss
えーと。
これだけ一見「事例っぽいもの」が載っているにもかかわらず、統計的に有意な数値データの組み合わせとなっているものが一つもない、という馬鹿馬鹿しい資料から何を読み取れと?

有意なデータと解しうる可能性があるのは5.1.2.1.(6)(7)くらい。それも、異常とした評価基準がないく主観判断。どうせいと。

危険厨の流したデマのストレスで血圧上昇する度合いのほうが何十倍でかいかわかったもんじゃないw


14. 2011年11月07日 04:49:09: RE24fqItMo
>13

文句があるなら、この本を出版した「アメリカ科学アカデミー」に言いましょう。無数にいる優秀な科学者が束になって答えてくれますよ(笑)。工作員、早く氏ね。


15. 2011年11月08日 12:36:10: kP8f8nriss
>14
この文章の更にベースとなるデータがあるなら変わるが、この書き方見ればそんなもんないだろ。もっと確実な書き方はいくらでもアル。

危険厨は日本人の心と体の健康によろしくない(チェルノブイリの風評被害でぐぐって見ろ)のでにほんから退場しろ。
ああ、お前の言葉遣いの酷さからすれば地球からのほうがいいw。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧