★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 810.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本:フランスは福島原発事故の被害を受けた区域の除染技術を提供する(RFI)
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/810.html
投稿者 無段活用 日時 2011 年 10 月 27 日 17:17:21: 2iUYbJALJ4TtU
 


(Japon: la France offre son expertise pour décontaminer les zones touchées par l’accident de Fukushima: RFI)
http://www.rfi.fr/asie-pacifique/20111023-japon-france-offre-son-expertise-decontaminer-zones-touchees-accident-fukush


日本−記事発表:2011年10月23日日曜日−最終更新:2011年10月23日日曜日

日本:フランスは福島原発事故の被害を受けた区域の除染技術を提供する

記者:RFI


2011年10月22日土曜日からの日本訪問で、フランソワ・フィヨン仏首相は、10月23日日曜日、野田佳彦首相との間で、3月の福島原発事故を受けた、原子力分野での協力拡大で意見が一致した。


報告:RFI東京駐在記者フレデリック・シャルル

日本政府は相変わらず、政治家・官僚・電力会社・監督官庁・メディア・科学者・司法による共謀という文化が改めて問題になるのを避けている。福島の事故を悪化させた日本の原子力政策を盲目的に支持する文化だ。それでも、この事故からあらゆる教訓を引き出すことについて、フランソワ・フィヨン氏と野田佳彦氏は合意した。

日本の既成メディアは相変わらず、あるいはほとんど、東京の反原発デモを無視しているが、その一方で、両首相は、原子力問題で完全な透明性を保証することの重要性を強調した。フランソワ・フィヨン氏と野田佳彦氏は、最高水準の原子力安全を支える保安当局は独立機関であることが重要だと力説した。

日本の安全当局に独立性は全くなかった。安全当局は、原子力の大推進者である経済産業省(METI)に所属していた。福島原発事故の後は環境省所属となったが、原子力政策の維持を決めた、全能なる官僚機構のいまだ強い影響下にある。

フランスは日本に、事故の被害を受けた区域の除染分野で専門技術を提供する。日本は被災地の環境を取り戻さなければならない。ルクセンブルクと同じくらいの面積を有する区域の、2400平方キロメートルの表土を洗浄しなければならないのだ。

----------------------

(投稿者より)

RFIサイトに掲載された記事です。誤訳があるかも知れません。ご容赦下さい。

「原子力分野で、日仏両国が協力する」。要は、除染ビジネスに参入するということでしょう。日本政府は除染を進める方針を発表していますが、フタを開ければ、東電の関連会社に業務を委託し、東電をさらに儲けさせる。そこにフランス企業が加わる、という見方でいいと思っています。

ただ、フランスは米仏合作の汚染水処理プラントが故障続きで不評でした。同じことが起こらなければいいのですが。

しかし、記者の視点は別のところにあるようです。原子力マフィアの存在にそれとなく言及し、国民に対して情報遮断を行っている、彼らの姿勢も伝えています。

文面だけを見れば、野田首相は原子力マフィアと一線を画すつもりであるように読めなくもありませんが、どうせポーズで言ってみただけ、と見た方が無難かも知れません。フランス政府も先日の原子力事故を過小評価して、国民から批判を浴びています。

東京都の区部・多摩地域・島嶼部を含めた全面積が約2200平方キロです。それを上回る面積が除染対象となっています。事故を起こした責任も取らず、なおもそれを種に地域を食い物にしようとする。開いた口が塞がりません。

個人的には、除染はいつかしなければならないと考えています。何十年、何百年かかろうとも、美しい山河は取り返さなければなりません。しかし、現在ある技術は、小手先のものでしかありません。今は、放射能の拡散を止めることと、住民の健康と安全を確保することが先ですが、今の政府は全く逆のことをしています。

「放射能を全国にバラ撒けば、癌や放射能が原因の疾患が全国で発生し、原発から放射能が直接飛散した地域の発症率が有意な差となって現れてこない。そうすれば、事故による健康被害に対する補償をする必要がなくなる」と政府は考えている、という見方があります。凡そ人間の考えることとは思えませんが、私もそのような見方をしている一人です。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月27日 18:02:11: xNordGmnic
事故でも何でもすべてビジネスチャンスにするのをグローバル経済原理主義という。金と詭弁を使って何でもかんでもペーパーマネーを極大化する。

地球温暖化の解決策が金融取引だとさ、カーボンオフセットなど詐欺商法そのもの。

TPP推進も同じ原理。


02. 2011年10月27日 18:35:34: de9HOqw6AA
現代科学が未認知の、効果的な放射能除染法は多数存在します。
これら多数の事例の客観的計測が絶対に必要です。
そこから間違いなく日本再生への道は開けます。


放射性物質除染の効果限定的 福島で神戸大調査 (神戸新聞)  赤かぶ
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/736.html
真偽不明な放射能除染方法が福島の汚染を悪化させる! (日刊SPA!)  赤かぶ
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/670.html


03. 2011年10月27日 20:16:25: KnaagnRbV2
自分のケツの穴くらい自分で拭けと言いたい。
自分で拭けないのであればもともと原子力などやる資格はない。

04. 2011年10月27日 20:26:14: f8kk5lnc4g
除染が不可能などということは物理的に有り得ない。

汚染地区の全土を1m掘り下げても放射線量を下げられないと断言できるか?
全戸を解体廃棄して建て直し、アスファルトを全て敷き直してもか?
「要は金がかかるからやりたくない」と東電が言ってるだけ。

日本政府<東電は汚染のリスクを「震度6で大規模な汚染が起きる」と承知して原発を推進していたのであるから、無限責任で金を使い果たしても除染する義務がある。

数十兆単位で金を使えば経済も廻るのだから一石二鳥!
日本も東電も潰れるまで金かけて除染しろ!


05. 2011年10月27日 20:40:17: ZkOAv6N1O2
仮に数十兆単位で予算を組めるというのなら 汚染度が高い地域に暮らし、100年以上の避難を希望する各世帯に一億円づつ配って下さい。

06. 2011年10月27日 21:50:21: yxaeDKwsXQ
除染しても、しなくても、この国は潰れるかもね。
俺は、もう日本は潰れてもいいと思ってるよ。
日本は終わったと認識してる人には、甘いと言われるかな。

>フタを開ければ、東電の関連会社に業務を委託し、東電をさらに儲けさせる。そこにフランス企業が加わる、という見方でいいと思っています。

東電は、原子力複合企業として巨大化していく。

>事故を起こした責任も取らず、なおもそれを種に地域を食い物にしようとする。開いた口が塞がりません。

さらに、東芝・日立といったメーカーや大手ゼネコンも参入して、東日本を食い物にする。

>東京都の区部・多摩地域・島嶼部を含めた全面積が約2200平方キロです。

まだ情報が入って来ないが、奥多摩が、ゴミ置場になることを、危惧している。
東京は、最悪だな。ますます核の吹き溜まりになる。


07. Ryukyuan.isao-pw 2011年10月27日 22:06:23: YrP2vZDuHZBQs : u5btJ5mJr2
放射能汚染環境から何処まで汚染除去が可能かどうかは未知の領域ですが初めから不可能だから費用の無駄だと言う議論には福島は諦めろ、除染など考えずに全員避難させて汚染された区域を閉鎖せよ、そこを放射性廃棄物の貯蔵所にせよとの思い上がった差別意識が見受けられます。
故郷を失う悲しみが都会人には分からないのでしょう。
例え危険性が否定出来ず客観的には居住に適さない環境でも故郷に残る選択肢も完全には否定出来ないと思います。
安全の為には故郷を捨てる選択肢も、健康不安に怯えながらも故郷に残る選択肢も原発災害被災者が各々の判断で決定する権利が尊重されるべき事です。
政府の避難指示勧告に従った方々は結果的に安全が保たれたのかどうかも疑わしいのです。
逆に自主的に避難した方々には充分な補償もされていません。
原発を推進し安全だと瞞して来た政府と事業者であり事故当事者である東電は連帯責任を果たす義務が有り、汚染された環境浄化の義務が有るのです。
例え国家予算の全てをつぎ込んでも原発被災者に対して償う義務が有るのです。
それが不可能と言うので有れば東電も破綻処理して解体し全ての資産を賠償に充当すべきなのです。
政府は原発推進の誤りを認めて全ての原発を直ちに停止し廃炉解体計画を示した上で汚染された環境が浄化不可能な地域を全て住民の納得の行く価格で買い上げて故郷を放棄する悲しみを償うべきなのです。
首都圏の為の電力を賄う為に原発を押し付けて来た差別意識に反省も無く福島の汚染地域を封鎖するとかの発想には唖然とせざるを得ません。
沖縄の米軍基地問題も正に同じ差別意識が作用しているのです。日本の安全の為に米軍基地が必要だと言いながら沖縄に押し付けて振興策と言う札束で反対者を黙らせて来たのです。
沖縄県民は米軍基地の騒音、事件事故、米兵の犯罪が繰り返される環境下でも沖縄の土地を売り渡して故郷を捨てて移住などしません。
★対等な日米関係こそが普天間を解決可能だ!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/05/post_8beb.html
例え今後何十年掛かろうとも沖縄から米軍基地を撤去させ安全安心出来る故郷沖縄を取り戻すまで絶対に諦めません。
福島の人々も汚染された環境が浄化され安全安心出来る故郷を取り戻すまで諦めない筈です。
福島の放射能汚染環境を放置すれば広大な山林原野に降り積もった放射性物質は強風が吹く度に舞い上がって300km圏内への汚染拡散を繰り返すのです。
早川由紀夫の火山ブログ 汚染ルートとタイミング(改訂)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-430.html
福島の再生無くして日本の未来は無いのが現実です。
除染の有効な技術が無いのであれば日本の全ての学者、研究者、企業の技術者が総力を挙げて技術開発すれば不可能では無い筈です。
★誰も書かない原発列島、恐怖の実態!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/10/post_783e.html
★原発災害100km圏内は直接の当事者だ!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/10/post_455f.html
★児玉龍彦教授が熱く語る福島再生への道程!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/10/post_a32d.html

08. 2011年10月28日 01:19:22: eYJOxNmdbs
>07
・・・・差別意識が見受けられます

あなたは福島に住んでいるのですか?

除染をしたところの数値が再び上がってきています

完全な除染方法があるのか、除染すれば再び元の生活を送ることが出来るのか

議論するのはいいけれど

とりあえず女子供を安全な場所に避難させてから

好きなだけ議論してください


09. 2011年10月28日 20:16:59: xpqRhr8Lm2
>>野田佳彦首相との間で、3月の福島原発事故を受けた、原子力分野での協力拡大で意見が一致した

こんな事で意見が一致したところで、「トイレのないマンション」のトイレ問題は解決するのでしょうか?

昔は、トイレのないベルサイユ宮殿は大小垂れ流しなので、上流階級人は高級赤ワイン飲んでいることが礼儀だった。

なぜなら、高級赤ワインを飲むとウンチが赤ワインのカシス臭になるので、後処分が楽なのだそうですよ。

原発は、フランスの高級赤ワインで解決するのでしょうか?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧