★阿修羅♪ > 原発・フッ素18 > 563.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
東日本の農地は遺伝子組み換え作物の実験場−何千年も眠っていた遺伝子が目覚めて、病気や奇形の野菜・家畜が出現
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/563.html
投稿者 ポリーテイアー 日時 2011 年 11 月 20 日 09:39:43: trv0OrkwFmReI
 

腐海の構造(2)
 ヤブロコフ『Chernobyl』の第9〜10章:「チェルノブイリ放射能の植物および家禽に対する影響」の解釈を記す(詳細は爺さんの報告を待つとして)。まず、生態系全体が、まるで大隕石でも当たったかのような衝撃を受け、従来のものとは根本的に異なる生態系が生まれていることがわかる。(1)ショウジョウバエは、放射能に対する耐性を獲得し、低濃度汚染エリアとはうってかわって、高濃度汚染エリアで致死的な遺伝的変容が少なくなった(放射能環境に適応した)。条虫類および線虫類の数が増えた。ミミズは成虫しかいなくなった。通常、無性生殖であるところの貧毛類は、生殖細胞を持つようになった。要するに有害な寄生虫や害虫が大幅に増え、新種の虫や従来とは違う遺伝子を持った虫(遺伝子組み換え虫)が発生している。また、(2)植生の破局が観察される。かしの木には癌のような「こぶ」ができ、植物さえもがんだ。まるで化け物のような多核の植物や、染色体欠損・葉緑素の遺伝的変容によるミュータントも生まれている(新種の)。黒さび病にかかったキノコもいる。ベビーリーフであってもそれは老化した葉だ。放射能の影響で、葉の表面には今までにはない「斑点」が浮き出るようになった。種の多様性が失われ、偏った異様な分布を持った新たな生態系が誕生している。ミュータントだらけの腐海だ。(3)腐海の動物達では、吸収したストロンチウム90の体内濃度が事故後10年間でどんどん上昇した(100Bq/kgから600Bq/kgへと)。ツバメではアルビノが多発し、ハタネズミ(bank vole)は22世代後になっても染色体の欠損が観察され胎児の体内での死亡が有意に上昇している―被爆の影響は永遠。豚は受精できなくなり、鳥達も免疫不全に陥って病気だ。動物も甲状腺がん・乳癌を発症しているし、感染症にかかりやすくなっている。
東日本の農地は遺伝子組み換え作物/動物の実験場になったに等しい。BT菌(バチルス菌)のクルスタキィの遺伝子を組み込んだトウモロコシを食べたガやチョウの幼虫は、腸の内部に穴が開いて死ぬことはよく知られている。形はいままでと同じキュウリやナスであっても、それらは遺伝子組み換え作物だ―虫が食べて死ぬようなものを食べれるわけがない。腐海は、病気になった異形の化け物のような動植物たちが、互いを貪り食うSFのような世界だが、それがまさにチェルノブイリ同様、福島を中心とする東日本に出現したのだ。野菜を検査した結果、セシウムが検出されなくても、遺伝子組み換えの野菜・奇形の病気野菜は食べてはいけないという真に絶望的な結論が導かれる。セシウムやウランに汚染されていなければ食べられる、という単純な話ではなく、放射能生態系(腐海)で育ったものは危険で食べれない。原発事故を、絶対に、絶対に、起こしてはならなかった理由の一つがここにある。腐海に侵された生態系は捨てるしかない。人間が病気になるのはもちろんのこと、野菜や家畜も奇形・病気になってしまう(旧ソ連でこのような事実を公表した学者は銃殺刑か監獄に収監されただろう。しかし、ここは日本だし、本当のことを言っていいのだ。)土壌・大気・水中において放射性核種の大循環が始まった腐海を除染できるわけがない―腐海に入れば、除染中に追加で被爆してしまう。
東京からは避難しなければならない。ラットによる実験では、東京都と汚染レベルがほぼ等しいキエフにおけるネズミの平均寿命は約21.6ヶ月であり、事故が起きる1986年以前にはその平均寿命は28.2ヶ月だった(チェルノブイリ近郊ではもっと短く、20.3ヶ月;p.263)。また、同様にラットの発癌は、キエフでは平均して生後14ヶ月後に、チェルノブイリでは10ヶ月後に起きた(1985年には16ヶ月だった)。また、癌の発生率は、キエフでは17%、チェルノブイリでは35%だった(1985年には5%だった;p.271)。低線量被爆エリアでも癌の発生率は有意に上昇し、寿命も有意に短くなっている。子供や妊婦は、矢ケ崎先生のいうとおり、東京を離れた方が無難だ。
首都圏にいれば、東日本の腐海で育った農作物・家畜が流通してきてそれらを食べざるを得ない。その健康に対する影響が、どのようなものとなるのか、過去に学んで推して知るべし。

(参考)腐海の構造(1)−放射性核種の永続的循環
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/517.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月20日 10:02:28: HYHUspnQ6g
神戸大の山内教授が除染してみてできなかった、という結果を無視して「西山英彦・国軍」と「児玉龍彦・東大軍」が福島に突撃するらしい。過去に学ばず愚かなこと極まりない。戦時国債を発行し、日銀に引き受けさせて、移住費用を出したほうがいいと思う。児玉先生は知っているはずだが、バズビー教授の友達達は、チェルノブイリにちょくちょく調査に入って、みんな死んでしまったよ。

02. 2011年11月20日 10:20:24: HYHUspnQ6g
ポリーテイアーさん投稿お疲れさま

>遺伝子組み換え作物の実験場みたいになった、火星かどこか別の星のような土壌生態系の作物を食べて安全であるわけないですね。セシウムが入ってなくても危険ですわ。

と以前コメントしましたが、以下を読むと、腐海では、各種ウィルスが凶悪化し、良性バクテリアが減るという微生物生態系における変容も考慮に入れなければならないと思います。活性化したウイルスやバクテリアによる感染症にかかって死ぬ確率も増えるわけで、この冬の感染症の流行による乳幼児の死亡率上昇が懸念されます。

http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/717.html

確認しておくと、内部被曝で遺伝子が傷ついて癌、凶悪化したウイルスが蔓延して遺伝子が傷つけられて癌。二つの経路で発ガンリスクが飛躍的に上昇するということですね。


03. 2011年11月20日 10:38:12: FpVPO6YryM
投稿 有難うございました。

04. 2011年11月20日 12:24:10: o0atutHfLk
高濃度汚染エリアで、放射能環境に適応した新種の虫が出現したということに、妙な感動を覚えてしまった。
ここでも進化論は、あてはまるのか。
我々には、住めない世界だが、砂漠化するわけでもないのだろうか。

05. 2011年11月20日 13:18:14: JPtXa0qTnk
ウルトラマンやゴジラの世界もあながちフィクションとも言えなくなったということか。日本人もガミラス星人のように放射能で生きれるように進化するのかも。
それには無数の屍が必要だが。はあ、ため息。

06. 2011年11月20日 17:57:14: HYHUspnQ6g
ポリーテイアーさんの参照箇所で私もおもしろい表を見つけました。

p.260「表10.5」Cs-137の家禽中蓄積(Bq/kg) 1992-2006年 8-28Ci/km2汚染エリア

     平均 最小―最大値
ヤマシギ:370   270-470
ヤマウズラ:350 280-450
マガモ:920 314-1930

ロシアの家禽のCs137の規制上限値:180Bq/kg

要するに、体内に蓄積されるCs-137の量は、種による違いよりも、個体差の方が大きい。だから、全数検査しないと、サンプル検査では高濃度に汚染された肉にロシアンルーレット的に当たる可能性がある(もちろん見た目は普通でもミュータントかもしれないので避けた方が無難でしょう)。

また、図10.4を見ると、マスおよびアルプスイワナの体内セシウム量は、初年度は8000-10000Bq/kgあったけど、6年目には800-1000Bq/kgまで減ったけど、それから先は12年経っても殆ど減らず減衰しない。だから、今回の福島の事故でも10年くらい経ったから安全だとうことにはならない。6年目以降、ほとんど減衰しないので、千葉〜北海道の太平洋沿岸の魚は、全数検査しない限りずーっと食べれないし、検査しても遺伝子変異を起こしているミュータントである可能性が高いので避けた方が無難。


07. リベンジ 2011年11月20日 18:38:26: Qd30zXTdWrrwo : zNF9NfQdLM
素晴らしい投稿がでましたので、久ぶりにコメントします。

ポリイテーアさん、投稿、本当に有難う御座います。恐らく意を決して、専門家の立場から真実を投稿された事だと・・書かれていることは殆どが正確で真実です。後は、我々読者がどれだけ、この投稿を真摯に受け止めれるかに掛かっているでしょう。
ただ、一点、人類は史上、これまで、さまざまな苦難に立たされ、それを果敢に乗り越えてきた歴史があります。今回も途方も無い、人類初の超がつく大困難。誰もがどうしようもないという気持ちにさせられる事は仕方ないとしても。決して、安易に言うのではないけれど、誰も方法を見出せない、どうしようもない、この状況下で、果敢にこの汚染能汚染の連鎖をを乗り越えられる人類の挑戦と努力を期待したいのです。放射性物質は電子が不安定な為に安定する数になるまで分裂を繰り返し、分裂する時、各種の放射線を発生するわけですから、その電子の不安定を人為的に安定化させる・・つまり、電子のキャップ化でその分裂を止める方法があります。此処に、ヒントがあるのではないでしょうか?現在、外部・内部被爆を止める自然薬品が旧共産圏で発明、作られ、販売され、その効果が認められております。ただ、それは、被爆から8日以内に服しなければならないという、現在では限られた効果しかないが・・之も改良できると信じます・
そのような、効果のある対策・薬品が開発されるまでの時間との戦い。余りにも、超広範囲の汚染へ挑戦には、挑戦する前から、その困難さに圧倒され、気持ちが萎えてくるのはしょうがないが、それでも・・其れでも、人類は、または誰かが挑まなければならない。
人類が核を生み出し、作ったのだから・必ずできるはず。


08. 2011年11月20日 20:34:33: TRlvpkEP3A
わたし、ミミズがすきなんです。土を豊かにしてくれるミミズ。7番目の節に白い環のあるミミズ。でも、今年は本当にミミズの世界に天変地異が起きたことを実感しました。ミミズの個体数が激減したのです。この記事を読ませていただいて、本当によくわかりました。ありがとうございました。

09. 2011年11月20日 21:44:44: ndTX2fEbRM
ポリーテイアーです。

追加:
--------------------------------------
放射能に汚染された動物性プランクトンが、以下の深海で捕獲された。 p.259

黒海 深さ1071m(1986年 5-6月)、
北太平洋およびベーリング海 深さ110-780m(1986年 6-7月)
地中海 深さ200m (1986年 5/8-5/15;フォールアウトは、5/4-5日)-カイアシ類の糞便ペレットから検出
ノルウェー沖 深さ222m(1986年 5-6月)
---------------------------------------

セシウムは、以外と早く沈降しますね。海洋深層水とかくみ上げて飲んでいますが、大丈夫なんでしょうか?汚染されていると思います。川から流れてくるセシウムによる磯焼けも懸念される。

---------------------------------------------------------------
また、バルチック海のプランクトンは、1986年には2600Bq/kg(ベータ線核種)・3900Bq/kg(ネプツウム239)の汚染であった。
---------------------------------------------------------------
→太平洋に降り注いだ放射性核種は、プランクトンの中に大量にとりこまれているでしょうから、北太平洋のサケ・マスはもう食べれないだろう。生物濃縮(bioaccumulation)が進んで以下の海産物は全滅−マグロ・カツオ・秋刀魚もアウト。北太平洋を回遊する魚はすべてアウト。また、海底も泥に大量にセシウムが含まれるので、ひらめ・かれい・あいなめ・どんこ・めばる・かさご・あなご、もアウト。貝類・海藻類もアウト。

最後に、蜂蜜もアウト
(破局の数時間後、ドイツの蜂蜜の汚染レベルは、14000Bq/kg[ヨウ素131]、750Bq/kg[Ru-193]であった。) 


10. 2011年11月20日 21:54:24: ndTX2fEbRM
深海は、温度が低く、微生物がほとんど存在せず、ミネラル分豊富な綺麗な水がゆっくり流れているといわれているが、これほどまでに大量の放射能が海にばら撒かれたことはなかった。深海が汚染され、新種のバクテリアや微生物が生息するようになるかもしれない。そうすれば、そのような微生物たちは、ベーリング海沖で上昇し、北大西洋で沈降する海洋深層水の大循環に乗ってすべての海に運ばれてゆくだろう。海の生態系が大変貌し、海の幸が食べれなくなれば、これは人類存亡の危機といってもよい−安全な食料をめぐって、世界大戦が起きても不思議ではない。

11. 2011年11月20日 22:31:35: HYHUspnQ6g
タイムリーなことで。
-----------------------------------
福島第一セシウム、カムチャツカ沖の深海5千Mまで到達
 東京電力福島第一原発から出た放射性セシウムが事故から約1カ月後に、2千キロ離れた深海5千メートル地点まで到達していたことが、海洋研究開発機構の観測でわかった。大気中のセシウムが海に落ち、プランクトンの死骸などに付着して沈んだようだ。20日、都内で開かれた報告会で発表された。
 同機構は4月18〜30日、福島から2千キロ離れたカムチャツカ半島沖と、1千キロ離れた小笠原列島沖の深海5千メートルで、プランクトンの死骸や砂などからなる1ミリ以下の粒子「マリンスノー」を採取して分析した。この結果、両地点でセシウムを検出した。セシウム137と134の比率などから、原発から出たものと判断された。濃度は解析中という。海洋中の放射性物質は、海流のほか、様々なルートで移動、拡散している実態が裏付けられた。(瀬川茂子)

ttp://www.asahi.com/national/update/1120/TKY201111200270.html


12. 2011年11月20日 22:53:49: 0fDdiDebEU
陸も「腐海」、海も「腐海」となるとややこしいですな。そうでもないのかな。
どうでもいいコメントで、すんません。

しかし、たいへんな時代に生まれ合わせてしまったものですなあ。


13. 2011年11月20日 23:31:21: HYHUspnQ6g
〔開票速報〕福島県議選で共産党5議席、社民党1議席と明暗
投稿日:2011/11/20(日) 22:25:31.50 ID:HBg//8AJ [7/7]

自25
民13
公3
共5
社1
み1
無5
残5

すごいな。原子力発電所作った自民党が第一党だ!放射能ふりかけられても、まだ自民党支持か!完璧にマゾだな。福島県民は。それじゃ、人間として生きていても仕方がないから、早く癌になって死んじまいなよ。被爆して自民党支持!すごすぎる。もはや人間じゃない。


14. 2011年11月20日 23:48:38: FEC1zKK4NY
やはり、福島県は放棄したほうがいい。
日本全体への放射線の影響をくいとめるには、福島に住まない、入らない
ことが最善の策だと思う。
原発4基が爆発したのに、以前と同じ生活をしようという姿勢・気持が問題だ。
そもそも、自治体へ原発補助金があったのは、そのような事態があったときの
前払い慰謝料だったのだ。

15. 2011年11月21日 00:58:05: sxpB6FyS1I
>被爆して自民党支持!すごすぎる。もはや人間じゃない。

やつらは、放射能環境に適応するつもりだ。虫ごときに出来たことが、自民にできないわけがない。いずれ新種が誕生するだろう。それは、もはや人間ではない。

今西進化論が好きな私は、彼らとは「棲み分け」ることにしよう。


16. mainau 2011年11月21日 01:33:50: GgaPs4QXWLwO2 : 85rTG3hiJk
結局、動物も植物も人間も、細胞レベルではそれほどものすごく違うということはなくて、みな生き物は生命の情報をDNA の二重らせん構造にて伝える。
放射能の破壊的エネルギーは、この二重螺旋構造をずたずたにする。
だから、巨大な原子炉事故においては、すべての生物の種が例外なく影響を受ける。
動物も植物も人間も、二重螺旋構造がずたずたにされる。

17. 2011年11月21日 01:57:53: 3KMfb86pxQ
福島は放棄しろと言ってるヤツ。
もっと被災者の立場になってみろ。
金がもったいないなどと言う奴は東電と同じだ!
人事だと思って勝手なこと言うな!
核のゴミ捨て場にしろなどとはもってのほか。
どさくさに紛れて福島由来でない高レベル放射性廃棄物まで押し付けられかねん。
推進者を喜ばすだけだ。

18. 2011年11月21日 03:00:32: v0f1vdXQfw
別に被災者の立場に立つ必要なんてないし。
こっちとしては原発全廃してくれればいいだけ。
そのためには福島を脱原発の根拠として有効活用しなければいけない。

19. 2011年11月21日 04:14:54: JrPYjVYQO2
効果の期待ができない利権の除染活動が空しい。その費用で多くの福島の
子供疎開が可能になるのに。

20. 2011年11月21日 06:24:19: HnEcv4fZws
3月の終わりにですが、親戚がレース鳩をやっていますのでガイガーカウンターを持っていき、帰ってきた鳩にあてた所、今まで見たことのなかった警告の赤ランプがついて、音が鳴り続けていましたよ・・・・。その鳩一群ですが、4月以降、地震の影響もあるのかもしれませんが、繁殖がまったくうまくいかないそうです・・・・。まず卵の段階で受精していても、中止卵となって腐ってしまい、さらに卵の殻が異常に薄いものや親の体重に堪えられないくらいぐずぐずのもろい卵が多数出ているそうです・・・。今までこんなに多いことはなかったことだとのこと・・・・。

21. 2011年11月21日 06:52:05: G6NdwZ91Ks
人間の進化ということで、17世紀ヨーロッパのある有名な学者をおもいだしました。
名前は失念。

彼は、鼻にちいさな黒いできものができて、それが何年かかけて顔中にひろがって
本当に恐ろしいばけものになってしまったそうです。

進化のまえには、そういう恐ろしいことが無数になくてはならないかもしれません。


22. 2011年11月21日 09:58:15: HYHUspnQ6g
20さん

貴重なコメントありがとうございます。レース鳩を育てている場所はどちらですか?北海道なら、北海道民はびっくりするでしょう。


23. 2011年11月21日 12:14:09: HYHUspnQ6g
ドキュメント:
その日のあとで〜フクシマとチェルノブイリの今 (1)〜(4)

http://www.youtube.com/watch?v=B3qAAnrnzUY&feature=mfu_in_order&list=UL

http://www.youtube.com/watch?v=z0zDCZFf9hw&feature=bf_next&list=ULB3qAAnrnzUY&lf=mfu_in_order

http://www.youtube.com/watch?v=zZOWyZukFCQ&feature=bf_next&list=ULz0zDCZFf9hw&lf=mfu_in_order

http://www.youtube.com/watch?v=hkGuc478e00&feature=bf_next&list=ULzZOWyZukFCQ&lf=mfu_in_order


24. 2011年11月21日 12:35:12: HYHUspnQ6g
そりゃ、日本でモノ作りしても、製品に放射能がついているかもしれないし、貿易立国なんて夢のまた夢。まともな神経していれば、メード・イン・ジャパンなんか買うわけがない。ザルみたいな放射能規制値で全数検査していないし、日本人は騙せても外国人は無理でっせ。外国ではメディアが機能しており、本当のことを報道している。原子炉は今でも1.6シーベルト/hourの放射能を巻き散らかして暴走中だし、このまま絶賛放出中の状態を続けて国が破綻しないわけがない。

---------------
日経平均、今年最安値圏 トヨタなど70社超最安値更新
 21日の東京株式市場で日経平均株価は一時、前週末より30円98銭安い8343円93銭まで下げ、今年最安値圏で取引されている。東京証券取引所第1部ではトヨタ自動車やソニー、みずほフィナンシャルグループなど70社超が取引時間中の今年最安値を更新した。
 日経平均の午前の終値は前週末より9円87銭(0.12%)安い8365円04銭で、終値での今年最安値(9月26日の8374円13銭)を下回る水準になった。東証1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同1.89ポイント(0.26%)低い718.09。出来高は6億3千万株、出来高は3596億円で、いずれも前週末を下回った。
 為替の円高基調が強まっていることに加え、米国の政府債務削減をめぐる与野党協議の難航が伝わり、売り材料になった。市場では「米の政府債務削減交渉が難航した8月以降に相場が急落したこともあり、リスク回避で買い控え色が強まっている」(大手証券)との見方が出ている。


25. 2011年11月21日 12:53:57: VmrM5pfMOQ
一時期植物の奇形をブログで取り上げている人がいて、そんなことは気のせいだだとかひどく叩かれていた事を思い出す。


自分も関東に住んでいるが、環境中の特に植物の異常は気のせいでは無いレベルで感じていた…


人間の目は例えば99.9%の正確な円じゃなくても、円ではないと感じられる測量能力を持っているというが(今でもコンピューターよりも正確に真球を作るのは卓越した職人だという…)

その人間が環境の些細な変化を感じられないハズはないと思う、なかには優れた感覚をもっていて、以前とは全然違う景色だと、感じられる事も当然あるだろうと思う。

プルトニウム、ストロンチウムを真に計測するにはものすごく高価な機械と対象物を灰にするくらい細かくしないと真の計測は出来ないと言っていた…


それにあわせてこの投稿の、突然変異した食物も危険だという事はプラスアルファーで危険があるんだなと感じた、やはり放射能の影響は目に見えないというのはものすごいレベルの話なんだなと再確認…。


周りの人間は「この時期に放射能に神経質になると魚なんか食べれないじゃん」と言って居酒屋でも魚をバクバク食べているが…


自分はどこの魚かわからないものをそういう風に食べることはもう出来ない、放射能の影響はまだまだ全然わからないんだろうが、遺伝子を損傷する、という事は当然それ相応の様々な問題が出てくる訳だし、セシウムが入ってる、いない、ここは綺麗だ、汚染があるとか、そんな単純な問題ではなく、もっと色々な場面に影響は及ぶと思う…。

いわば感染症みたいなものだと再確認…

海は魚を区切れる訳じゃない、陸でも何が流通して何が何を食べたのかなんて全くわからない…なのでやはり、汚染物はなるだけ出さないよようにして、危険だと思うところからはできるだけ離れるしか現段階では無いと思う。


今でこそ、原発間近で亡くなった作業員でさえも放射能によるものと認められないのに、この遺伝的影響によるものなんて完全に謎の死の原因になるだろうから、とても危険だなと思う。

しかし…この遺伝子組み換えのような物に対する物はどう防いで行けばいいものかまた頭を悩ませる…

やはり一番は食わぬこと、贅沢はなるだけしないで粗食になる事なのかもしれないな…

将来日本は汚染国になることはもう避けられないだろうな…。


26. 2011年11月21日 13:19:51: HYHUspnQ6g
>それにあわせてこの投稿の、突然変異した食物も危険だという事はプラスアルファーで危険があるんだなと感じた

海洋深層水も危険ですよ。セシウムはプランクトンの死骸とともに、5000m下の海底まで、もう沈んでいます。


27. 2011年11月21日 14:24:51: dRgEcbF9a2
これはやはり福島を捨てるべきですね。 移住者を手厚く保護するシステムを作ればいいのでは。
国や経済は人が健康で世代を重ねることでできるのです。人こそがすべての源泉です。これをからしては国も未来も、経済もありません。
後退するのは怖いですが、勇気を持って後退し、未来を築こうではありませんか。

28. リベンジイ 2011年11月21日 19:57:11: WgFY5bdRB9ByE : zNF9NfQdLM
ポリーテイアーさん・・追加情報、有難う御座います。

但し、ポジテイブな観点から申し上げますと遺伝子が変化した生命体、又、遺伝子操作された生命体・生物でもある時点になると、本来の原始状態(色々な変遷を経る前の状態)へ回帰する可能性があるのです。生命力旺盛な生物、生命体は絶滅の危機にあると自己防御の為にある遺伝子を働かせ生き残りを掛けるようです。そして、なるべく本来の状態・原始時代の状態へ戻ろうとする傾向があるのです。ですから、ミュータントとなったものでも、ずーっと永遠にそのまま続くのではなく、少しづつ、少しづつ、環境との関係で元に戻る・・たしかに、このような急激な環境の変化は、一時期、微生物の世界でも有害なものが増える傾向がありますが、これは、我々にとって有害と思っていても、それは実は環境の中では環境をそれを元に戻そうという作用の一つとして機能している可能性が高いのです。其処に人の力で微生物等に生命力を与える方策が何かが必要で、悪戯に化学物質を土壌や河川にばら撒き放射性物質を取り込もうとすると、却って、其処に潜む微生物等をさらに圧迫し(若しくは絶滅)、環境の戻りが不可能、若しくは遅延してしまう可能性が高いのです。森が綺麗に変われば、水が元に戻り、河川の水が元に戻れば、海の水も変わっていきます。
モチロン、之には、相当の期間が必要ですが、人類が之まで多くの核実験によって汚染された、地球にあって、我々が未だ生息できているという事はこの事象が起きている事を意味していると思うのです。環境(土壌・海洋の微生物)の生命力を信じ、それを手助けしていく方法が時間が掛かっても必要と思われます。チェルノブイリ近郊でそこから離れずに、生活している人々を写したビデオがあります。森が元に戻りつつあり、河川も元に戻りつつあるようで、人々は放射能の影響が軽減された?中で生活しているようにしか思えない映像でした。之を見た時には、驚きと共になるほどと頷くものがあったのです。まず、森の生命力を高め、活動的にし、之により、河川の水が変わり、土壌(今のどじょう首相ではなく・・)が変わって、海が変わっていく・・其処に期待したいと思います。
もちろん、今後、日本国内・得に東北、関東地域で、今後5-10年官若しくは2-30年間は健康への被害。そして農業、水産業への影響は作物の栽培、家畜の育成不良・若しくは取り込まれた放射能物質の為に大きな悪影響を受けることは間違いありません。特に環境にばら撒かれたコバルトはこういった土壌中の微生物(バイオマス)を殺傷していきます。この国難を乗り越え、日本・人類の存続へ希望を持ちたいと思います。


29. 2011年11月21日 21:52:54: HnEcv4fZws
22様
御返事遅くなりました、
群馬県です。

30. 2011年11月21日 21:55:34: ivImGi9jsU
関東です。かなりの数のミミズの尻尾の方が膨らんで腐っている。いままでは無かった現象だ。

31. 2011年11月21日 22:04:46: rNnUxTaY0s
>すごいな。原子力発電所作った自民党が第一党だ!放射能ふりかけられても、まだ自民党支持か!完璧にマゾだな。福島県民は。


論理的思考力がないのでしょう。

多くの日本人がテレビのイメージ工作に洗脳されてしまう。

自民と東電が非難されるべきなのに、尻拭いしている民主が馬鹿を見ている。

それと東電の擁護なんかしている民主はアホだね。

どうせ総選挙で負けることが分かっているなら、東電は切るべき。


32. 2011年11月21日 23:44:18: HYHUspnQ6g
29様

ありがとうございます。群馬ですか。神奈川県の茅ヶ崎市も相当量のセシウムが降ったようなので、神奈川県で鳩を育てても同じような結論になるかもしれません。福島県でなくとも、低線量被爆エリアとなった首都圏でもそういう影響が出ているということですね。鉱夫はカナリアを連れて行くそうです。カナリアが騒ぎ出したら、危ないので坑道を出る。鳩はカナリアのようです。


33. 2011年11月22日 02:28:44: al9RDwMUm6
迷い鳩が、増えている。フジテレビのトリビアでやっていました。
電磁波の影響らしいです、放射線の親戚です。携帯電話の普及と正比例
して増えています。

34. 2011年11月24日 03:25:32: HnEcv4fZws
32様。お返事遅くなりました。
自身4月から手前みそでゼオライト、草木灰、石灰をまいたり、土を3度もかき取ったり、高圧洗浄機で除染なるものをやってきましたが、やはり限界を感じこの群馬を出る方向で考えております、風が吹くと台無しなんですよ。。空っ風。。。また元にもどる・・・・・・さらに最近の落ち葉の山!!!!
そして、この動物たちの異変、そして自身の異変です、私は30歳を少し過ぎてしまいましたが、この6月、甲状腺炎、乳腺炎なるものに立て続けになってしまいました・・・・!子供ばかりではないですね甲状腺は・・・・。
生まれて初めてですが非常に体調が悪いです・・・・。
周りも体調が悪い方ばかり・・・・・、特に呼吸器が弱くなっているようですね、
ほか帯状疱疹の方も大勢いいます。群馬県は汚染が思ったよりひどいのでは…と身にしみて感じています。

35. 2011年11月24日 03:27:56: JrPYjVYQO2
復興しようとする大熊町の住人が理解できない。

36. 爺さん 2011年11月28日 14:39:01: pkMRoq8j2xu8g : 555cbKiIlg
ポリーテイアーさんへ、
私、体調不良で翻訳投稿はしばらくできません。
第V章を紹介されるなら、どうぞ訳も交えて派手にやってください。

頭痛が続き、歳だからとうとうやられたかも。
あなたが訳さないよう時間稼ぎしたのではありません。
「人民」と言う言葉が苦手なのはあしからず。


37. 函館の犬。 2013年8月20日 17:27:15 : bhbAK3m6MJQx2 : S0Kwv6V2mI
とうとう福島県鮫川村で高濃度放射性廃棄物の焼却が始まりましたね。フクイチから南へ約60キロの小さな村で、二回目の原発事故に匹敵する環境テロです。いままでの焼却とは、ケタが違います。落ち葉、牧草、全部焼却します。焼却炉近くには人家が、水源があります。すぐとなりは、いわき市、北茨城市です。まともな国家ならトップニュースです。どこまで煙は飛んでゆくのやら。きっと多くの国民は、桜島の噴火のように大規模には飛ばないだろうなんて安心してるんでしょうね。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧