★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK110 > 429.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
副島隆彦:私たちは、今こそ福島県産の野菜、果物、コメ、魚を進んで食べる運動を始めなければならない。それが復興への支援だ。
http://www.asyura2.com/11/senkyo110/msg/429.html
投稿者 クルテクと森の仲間たち 日時 2011 年 3 月 22 日 09:08:24: Z7xl4Cth248vg
 

「副島隆彦の学問道場」の「重たい気持ちで書く掲示板」より
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

[309]私たちは、今こそ福島県産の野菜、果物、コメ、魚を進んで食べる運動を始めなければならない。それが復興への支援だ。

投稿者:副島隆彦 投稿日:2011-03-22 06:41:53


副島隆彦です。 今は、2011年3月22日 午前3時です。

 私は、21日には 自宅に戻ってきました。 19日に続いて、20日も、私たちは 福島第一原発に、今度は、県北の方の南相馬(みなみそうま)市の方から、原発10キロメートル圏内の浪江(なみえ)町、双葉(ふたば)町(5キロ圏)まで到達して、真実の放射能の線量(せんりょう)を測定しました。 

 たしかに、浪江町(なみえまち)、双葉町(ふたばまち)では、220マイクロシーベルト毎時( 220μSv/h) の やや高い数値が出ました。新聞記事にある 福島県の対策本部が毎日、地元で 発表している 「放射能測定値(暫定値)」の数値と、一致しました。

 これぐらいの数値は、人間の体には全く影響はありません。福島県の人たちは、これぐらいの数値は、当たり前として受け止めて、淡々と生きています。

 15日の、2号機の水素爆発があった(1号機=12日、3号機=14日に続いた、第3回目の水素爆発)あとには、横浜市でも、160マイクロシーベルト毎時(160μSv/h) が測定されたそうです。 この 15日が、一番、危険な日でした。 そして、緊迫の山場は16日まで続きました。

 そして、17日(木)には、巨大原発事故は、危機の峠を越して、現場で奮闘する“フクシマ50の英雄たち” と世界中から称賛されている、東電の下請けの作業員と日立・東芝からの派遣社員たち自身が、そのことを実感したでしょう。

 そして、4つの各号機の、格納容器爆発(水蒸気爆発)=高濃度の放射線の数百キロへの飛散 という 日本人どころか、人類すべてにとっての最凶悪事は、終息に向かいました。この真実を、アメリカは、17日 昼に、グローバルホークという無人偵察機を使って、4つの原発の上空から調べて、真実の放射能数値を知った。

 真実をいち早く知った、アメリカ政府と、最高支配者たちと、ニューヨークの金融財界たちは、17日の夕刻には、最高会議を開いて、「フクシマの危機は去った」と確認したようです。そこで、18日(金)には、ニューヨークの金融市場では、狼狽(ろうばい)売りの投げ売りで、暴落していた株価が、早くも上昇に転じています。 東京市場(日経平均株価)も、18日には、大暴落(一日で1250円の急落)から立ち直りを見せています。

 私、副島隆彦は、自宅に帰って、急いで、金融・経済の分析を始めています。これらの分析は、会員ぺージの方に載せます。 災害からの復興銘柄として、仮設住宅(被災者用の応急のプレハブ住宅)20万戸とかを作る住宅メーカーが、22日(火)からの株式市場で、棒上げ、急上昇すると、盛んに推測されています。

 私、副島隆彦は、「こんな悲惨な巨大災害の時でも、ある種の人間たちは、自分の金融投資(バクチ、博奕)での大儲けの為に動くのだ。それが、人間と言う悲しい生き物なのだ」 と、達観しています。

 私は、浪江町や、南相馬市の海岸で、ものすごい数の家が津波で破壊され、一面に瓦礫(がれき)が散乱している光景を、前日の県南の四倉(よつくら)、新舞子(しんまいこ)の海岸の悲惨な現状に続いて見ました。 美しい景勝の地の 家々は、無残に破壊されて、車も多くが海中に没しているでしょう。 この世の地獄そしてそのまま浄土(じょうど)の姿です。

 今も、車の中にいたまま、津波で死んだ人たちの死体の多くは収容されていません。波打ち際に打ち上げた死体だけが自衛隊の手で集められ、遺体安置に並べられているのです。

 救援に駆け付けた5万人の自衛隊でさえ、災害3日目の14日の深夜には、「原発が非常に危険なので、、上からの命令により退避します」と、避難場所(小学校の体育館とか)の被災者たちに伝えて、置き去りにして、一気に立ち去っていったのです。私は、その現場に、こうしてやって来たからこそ、この真実を体得できました。

 そのことの衝撃(ショック)で、今、自衛隊全体が、深い鬱屈の中にあります。国家戦略家(ナショナル・ソストラテジスト)である、私、副島隆彦には、この核戦争・化学戦争に全く対応していなかった、そして、自分たちだけ、我さきに国民(一般住民)を残して逃げて行った、災害出動の自衛隊の、不甲斐なさを、彼ら自身が、大きな危機が峠を越した今だから、全身が震えるような悔悟の気持ちに襲われているだろう。

 同じ日本国民を戦争の脅威から助ける盾(たて、シールド)となると決意して、進んで自衛官になった者たちの、無念と屈辱感が、私にはよく分かる。だから私は、今の自衛隊を絶対に批判しない。この時、自分たちが強度の放射能で被曝することを恐れて、一目散に災害地から先に撤退していった自衛隊を、私は決して非難しない。この問題は、不問に付されて、皆が忘れ去ってゆくだろう。

 誰もが、原発の事故現場から、10キロでも遠くに逃げたい。そして、多くは、福島県の西隣の新潟県にまで避難したようだ。 同じ被災地である北の宮城県(仙台)方面に逃げるわけにはゆかず、そうかといって、南に逃げて、東京(首都圏)を目指しても、大混乱する、と分かっている福島県民は、新潟県に活路を求めたのです。 

 家と家族を失い、命からがら逃げてきた先の避難所で自衛隊に、「私たちは先に退避します。原発が大変危険です」と言い残された被災者たちが、阿鼻叫喚(あびきょうかん)の地獄に落とされたことは、火を見るよりも明らかだ。今も、ガラーンとして、運動場に軽自動車が、100台近く散乱していた小学校を目撃した私には、いつが、最大の危機のピークだったのかまでが、体で分かる。 

 被災者たちは、自衛隊のあとを追うようにして、沿道12号線を、西の方(福島市へ)に、15日の暗闇のなかを、ぞろぞろと移動していった。途中でガソリンが切れて、乗り捨てられた乗用車が、たくさん、いまも路肩に置かれている。 22日からの今週も、ずっと、ガソリン切れは続くだろう。

 ゴーストタウンと化して、ガラーンとした町が続きました。浪江(まみえ)の駅の前の半倒壊している酒屋の中で、コンピュータだけが不気味に動いて、音をだし、点滅しているのを見ました。電気は通っているのです。

 原発から5キロの地点である 双葉(ふたば)の駅のすぐ近くまで行けたのですが、そこから先は、道路に倒壊した家の瓦礫と、垂れ下がった電線がたくさんあったので、ここで私たちは前進を阻(はば)まれました。この地点で、220マイクロシーベルト(220μSv/h)を測定したのです。あとで、写真を示します。

 私に、決死の覚悟で同行してくれた弟子の石井利明(いしいとしあき)君が、下の 重掲「308」番の報告文に引き続いて、翌日の20日の調査、現状の目視、放射能測定の結果を書きます。 19日(土)の初日の、富岡(とみおか)町からと、それから、県南の いわき市からの 巨大事故原発 への接近による 視察、目撃、放射能測定 のことも引き続き書きます。

 私が、今、強調しなければいけないことは、被災地の現地で生きる福島県民を応援するために、私たち日本国民は、福島県産の 野菜、果物、コメ、そして魚を進んで食べる、ということです。 私たちは、同じ日本国民として、悲惨な大災害から福島県が急速に復興することを、徹底的に、支援しなければいけないのです。 そのためには、「今こそ福島県産の産物、食品を進んで食べよう」という運動を始めなければいけない。  

(転載貼り付け始め)

●「 自宅待機で出荷ストップ 風評被害「放射能」って? 農業も二重苦 」

産経新聞 2011年3月16日 20:41

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110316/biz11031620440075-n1.htm

 福島第1原発の事故で高い放射線量を観測した問題は地元の農業関係者に深刻に受け止められている。震災で出荷がストップした地域がある上、風評 被害が起こりかねず、二重の衝撃に見舞われている。

 「放射線は目に見えない上、今まで経験したこともなく、どうしようもない」。福島市のJA新ふくしまの担当者は声を落とす。現在、特産の イチゴ「ふくあや香(か)」が出荷のピークを迎えている。

 同市は原発から約60キロ内陸にあり、特に影響はないとされるが、担当者が頭を悩ませるのは風評被害だ。「農薬だと残留量のデータを消費 者に示して大丈夫だと説明できる。放射線だと何が悪いかも分からない」

 原発の南に位置する福島県いわき市では15日、30キロ圏内に入らない地域でも市の呼び掛けで多くの農家が自宅で待機した。

 地元JA担当者は「外にも出られず、様子を見るしかない」と頭を抱える。「イチゴやトマトが地震以来、出荷できない状態。さらに熟成が進 むと本当に出荷できなくなってしまう」福島県は豊富な水資源でも知られる。田村市は湧き水を使ったミネラルウオーター「あぶくまの天然水」を販売。取水地は原発からの距離が約 35キロだ。

「風評被害を考える余裕はないが、不安だ」と販売を担当する同市あぶくま洞管理事務所の担当者は懸念を隠さない。 食品の国際品評会「モンド・セレクション」で最高位の「大金賞」を7年連続で受賞するなど定評を得ているが、震災でボトルや煮沸用の軽油 が底をつきつつあり、製造を取りやめている。担当者は「先が読めない。一体どうしたらいいのか」と悲嘆した。

 農林水産省では地震と原子力災害の2つの対策本部を立ち上げているが、担当者は「事態はまだ動いており状況把握もできていない」と対応に 追われている状態だ。

●「 茨城  風評被害対策 を国に要請 」

NHKニュース 2011年3月21日 21:08
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110321/k10014812461000.html

 茨城県産のほうれんそうから国の基準値を上回る放射性物質が検出され、出荷を自粛していることを 受けて、茨城県の農業団体は、21日、農林水産省に対して、ほかの農産物について風評被害が起きないよう、安全性について早急に調査するよう 要請しました。

 茨城県産のほうれんそうから国の基準値を上回る放射性物質が検出されたことを受けて、茨城県は当 面の間、県の全域でほうれんそうの出荷を自粛することを決めています。これについて、JA茨城県中央会とJA全農いばらきは、21日、農林水 産省の筒井副大臣に対して、ほかの農産物にも風評被害が広がらないように対策を講じることを要請しました。

 具体的には、ほうれんそう以外の農産物について、安全性の調査を早急に行い、その結果について国民に周知することや、農家が受けた経済的な被害について東京電力や国の責任で補 償することを早く明確にすることも求めました。

 JA全農いばらきの柴田誠県本部長は記者団に対して、「ほかの農産物についても風評被害が懸念 されるので、安全性についてしっかりと検査をして、国から情報を出してもらうことが大事だ」と話していました。

●「 【Q&A】農作物から放射能、食べても平気? 」

朝日新聞 2011年3月20日 8:54

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103200071.html

 福島第一原発の事故の影響で、牛乳やホウレンソウから放射性物質が見つかった。飲んだり食べたりしても大丈夫なのか、まとめ た。

 *■健康害するリスク小さい*

 Q ホウレンソウや牛乳が放射能で汚染されているの?

 A 福島第一原発の事故では、ヨウ素やセシウムなどの放射性物質が周辺に広く飛び散った。それが、ホウレンソウの表面に降り 注ぎ、検出された。汚染された草や水をとった牛の乳からも見つかった。

 Q どれぐらいの値なの?

 A 厚生労働省の規制値に比べると、ホウレンソウからは3〜7・5倍のヨウ素が見つかった。牛乳からも最高5倍のヨウ素が出 た。規制値は、今回の事故をきっかけに、厚労省が暫定の値として設けたものだ。

 Q 汚染された食品を食べたり飲んだりしても大丈夫なの?

 A 食品の安全性基準は厳しい値に決められている。健康に影響を与えかねない値より、かなり余裕をもって設定されている。だ から、「ただちに健康に影響が出るわけではない」という見方で専門家の意見は一致している。あまり心配し過ぎてもいけないよう だ。

 Q 汚染された食品をとると、体はどれぐらい被曝(ひばく)してしまうの?

 A 今回、ヨウ素に汚染されていることが分かった福島県の牛乳を約1リットル飲むと、人体が受ける影響は、約33マイクロ シーベルトという値になる。これは胃のX線集団検診を1回受けた時に受ける放射線量の約20分の1。

 最も高い値が出た茨城県のホウレンソウを洗わずに1キロ食べたとすると、約330マイクロシーベルトになり、胃のX線集団検 診を0・5回受けた値にあたる。

 Q それは、どのぐらいのリスクなの?

 A そう大きくはない。単純に比較はできないが、妊婦がX線撮影などを受けるとき、胎児へのリスクは、少なくとも5万マイク ロシーベルトまでは問題がないとされている。ただ、上限の判断は難しく、米国の学会や審議会の間でも15万マイクロシーベル ト〜5万マイクロシーベルトと幅がある。

 Q 時間がたてば、放射能は弱くなるの?

 A 放射線の量が半分になるまでの期間を「半減期」という。ヨウ素の場合は8日と短い。セシウムは30年と長く、長期間、放 射線を出し続ける可能性がある。その土地で育った草を家畜が食べ続けると、肉などの畜産物も汚染されてしまうかもしれない。

 Q 今後はどんな注意が必要なの?

 A 汚染地域は広そうだ。農産物が流通に乗る前に、どれぐらい汚染されているか、早く調べる必要がある。ヨウ素は半減期が短 いとはいえ、大量に取ると子どもでは甲状腺にたまってしまい、がんになる危険がある。とりわけ、原発周辺地域に住む子どもには注 意が必要だ。

 *■水で洗えば流せる*

 Q 食べる時にできることはないの?

 A 元原子力安全委員の松原純子さんは「気になる人は流水で洗って。葉の表面についた放射性物質を落とすことができる」と話 している。ホウレンソウをお浸しにするとヨウ素、セシウムを50〜80%除去できるとの実験結果もある。秋田大名誉教授の滝澤行 雄さん(公衆衛生学)は「熱湯でゆでてあく抜きするのも有効」と言う。熱で放射性物質は分解しないが、洗い流す効果があるよ
う だ。

 Q 牛乳はどう?

 A 液体はこうした方法は採れない。ただ、牛乳で規制値を超える値が検出された福島県川俣(かわまた)町では全酪農家が震災で出荷してい なかった。仮に同程度の値の他地域の牛乳を続けて飲んでいたとしても、事故から1週間と時間が短く放射性物質の総量は限られる。 いま店頭や家庭にある牛乳を捨てる必要はない。

 Q どういう経緯で分かったの?

 A 17日に厚労省が地方自治体に調査を求め、19日に結果が出た。全国消費者団体連絡会事務局長の阿南久さんは、すぐに調 査を始めて結果を公表し、問題の食品を1年間食べ続けた場合の影響を示したのはわかりやすいという。ただ、調査の全容が明確でな いのが気になるという。「調査内容や数値の意味をわかりやすくかみ砕き、消費者はどうすればいいのか、具体的行動に結びつく説明 を添えてほしい」と注文している。

 *■Qこれからどうなるの 出荷停止を政府検討*

 Q すでに出荷された農産物はどうなるの?

 A 食品衛生法では、有害物質を含む食品の販売を禁じているが、放射能についての基準はない。このため、厚労省は今回、根拠 のない風評被害を防ぐため、急きょ暫定規制値をつくり、対応した。でも、規制値を超えるサンプルが出た日の出荷分しか止められな い。検査日より前に出荷されたものについて、大塚耕平厚労副大臣は「自主的な対応になる」と話している。

 Q 今後の対応は?

 A 規制値を上回っても食品衛生法では、調査対象となった農産品をつくった農家の出荷だけしかとめられず、出荷停止の判断も 都道府県に委ねている。このため、政府は、原子力災害対策特別措置法に基づき、福島県と茨城県のホウレンソウ、福島県の牛乳の出 荷を政府判断で停止する検討を始めた。

 これまでも、茨城県で起きたJCO事故などで周辺から出荷される農水産物の風評被害が起こるなど、食品の放射能汚染は問題に なった。風評被害や消費者の不安を解消するため、食品安全委員会などによる丁寧な説明も必要だ。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 風評被害や、体内被曝を言う人間 や、新聞記事や役人(官僚)たちほど、ビクビクして、彼ら自身が、風評被害をまき散らしているのだ。 大丈夫だって。 大丈夫。 いちいち、小さな数値のことなんか気にするな。もう、高濃度の放射能の恐怖は去ったのです。あとは、微量の放射能がくっついている野菜や魚を、私たち、日本人全部が、がぶがぶ食べればいいんだ。子供が食べても大丈夫だ。

「副島さん。あなたは、そんな無責任なことを書いて、あとで責任を取れるのですか」と、私に、書いてくる人間を、私は許さない。目の前にいたら、殴り倒してやる。

 お前こそは、偽善者(ヒポクリット)だ。自分を善良な人間で、インテリだと気取った、悪人だ。 私は、善人を装う 偽善者が大嫌いだと、ずーっと、書いてきただろう。私の本から、一体、何を学んだのだ。自分だけ助かればいいのか。その神経質(しんけいしつ)の、生き方をやめろ。泥だらけの食べ物でも、何でも食べて、人間は生きて行けばいいのだ。  

 福島の東半分の人たちは、(避難した少数の金持ちだちを除いて)今も、ここで、生きているのだぞ。福島県人を食べ物で、差別する気か。どうせ、これからは、日本人だ、というだけで、世界中から、放射能で汚染されているかもしれない国民、と、これからは、世界中から、私たちは差別されるのだぞ。外国の空港に着いたら、日本人だけは、ベクレル検査を受けさせられるのだぞ。 それなのに、福島県を、内心で微妙に差別して一体どうなるというのか。

 私たち日本人は、今こそ、福島県産の食べものを食べる運動を始めなければならないのだ。

 私が、海沿いの 6号線で 目撃したのは、ブタが2匹(つがい、夫婦のように)、木の茂った 草むらの中を、元気そうに走ってゆく姿だった。このブタたちだけが、この人間の姿をすべて失った地で、生き生きとしていた。「私たちは、もう、人間には、殺されない。食べられない。自由だ」と二匹のブタが叫んでいたようにも聞こえた。 

 それに比べたら、犬と猫の姿は、かわいそうだった。海岸線近くは津波で破壊された家の瓦礫が続く。そこで、飼い主が死んだのか、置き去りにして避難したのか、立派な犬たちが、食べ物を探して、痩せ衰えて、近寄って来た。津波に遭ったのだろう傷ついているのもいた。 私たちは、手持ちのおにぎりとお菓子を与えた。が、ご飯をあげられたのは、近寄って来た2匹だけだ。 猫も路肩にうずくまっていた。 川沿いの瓦礫の上をカラスだけが、20羽ほども、飛び回っていた。あとは、あたり一面、生き物の姿はない。
 
 原発事故の放射能漏れのこれ以上の危険はもう無い、と分かったら、どんどん住民が、帰って来るだろう。地震・津波と違って、原発事故は、災害だとは政府によって認定されていないだろうから、警察も道路で規制することは出来ないのだ。 だが避難勧告だけは出ている。おかしなものだ。政府は、「原発事故」とは、言っていない。「原発事象(じしょう)」という奇妙な言葉を使っている。政府と東電が折半することになる、巨額の被害補償のことが頭から離れない。

 私たち日本国民が、いますぐ始めるべき、福島県民を助ける運動は、それは、福島県産の、野菜、果物、コメそして魚介類を、どんどん食べる運動である。「風評被害」も、「体内被曝」も、なにも有るものか。 私たちは、今も現地で淡々と、生きている福島県民と一緒になって、福島県産の食産物を、どんどん食べる運動を始めなければならないのだ。

「体内被曝の恐れ」などと、難しそうな、専門家ぶったことを言って、自分に知識がある振りなどするな。その前に、現地に飛んできて、現に生きて生活している福島県の東半分の(浜通り、中通り)の人たちと、話せ。

 地元の人が言った。 「東京のテレビのアナンンサーが、『今日は、南風(北のように吹く)です。安心してください』と言ったのよ。福島県民のことなんか、東京の人たちは何も考えてくれないんだ。東京の為に、電力を作って、そして、私たちはこんなひどい目にあっているのに」 と。  

 私、副島隆彦は、人間(人類)と言う、おそろしく悪意の生き物の、底意地の悪さを、今、感じている。「自分は、風評被害で、体内被曝とかを、神経質に言う人間ではない」と書くような人間が、一番、底意地が悪いのだ。「副島先生が、書いていることは、科学的な根拠が示されていない。先生の本はたくさん読んでいます」と書くような人間の、ロクなやつはいない。 なぜ、自分だけが、そして、自分の子どもだけがかわいいのだ。それは、当たり前だ、というのなら、言え。 

 私は、決めた。私は、福島にも住む。家を買って、出来れば、福島第一原発が見えるところに、家を買って暮らして、そして、毎日、福島県産の野菜、果物、コメ、魚を食べる。

 大きな危機(高濃度の放射能の飛散はもうない)が去った今だからこそ、私は、そうする。私は、次は、福島県(および、北茨城)の復興の為に命がけになる。 宮城県(仙台)と、岩手県(三陸海岸)の復興は、他の人たちに任せた。

 学問道場の会員たちで生活に余裕のある人は、私と弟子たちが、すぐに家を買って住み始める おそらく、原発20キロから30キロ地点の家に、現地視察を兼ねて、訪問してください。ぐだぐだ、言うな。現地に来なければいけないのだ。 ぐだぐだ、遠くから言うな。書くな。馬鹿どもめ。 福島の人たちは、ここで、生きているのだぞ。

 何が恐ろしいことがあるか。1000マイクロシーベルト毎時(1mSv/h)や、5000ベクレルぐらいの、微量な放射能など、全く問題ではない。何を、そんなに騒ぐのだ。馬鹿ども。ワーワー、自分の知ったかぶりを言いたいのなら、現地に来て、言え。危機は去った、と、私、副島隆彦が言うのだから、そうなのだ。「私は、副島隆彦を尊敬していますが、まだ、半信半疑です」というような人間は、学問道場の会員である必要はない。いなくなれ。 福島県なんて、来ようと思えば、自動車で5時間も運転すれば来れるじゃないか。今は、東京からこっちは、ガソリンが無いだけのことだ。

 ところで、福島県の南部の海沿いの いわき市 に、 もう要らなくなった家をお持ちの人は、どうか、私たち学問道場に、寄付するか、超安価で売ってください。500万円ぐらいまでにしてください。たとえば、いわき市の中心の商業地区の平(たいら、いわき駅もある)は、生活インフラも壊れていません。 

 ここを、私たちの活動拠点にして、まず、「福島県産の食品を食べる。それから、さまよっている犬猫を助ける 運動」 をすぐに、始めます。訪れて来る 会員たちの宿泊施設にもします。ここは、原発から40キロの地点です。

いくら災害地と言っても、半壊した家に、勝手に住み着くことはできない。住宅への不法(違法)侵入になる。だから、人が住む気のなくなった売り家を買うか、借りるしかない、

 有名なJビレッシは、ここから、海沿いに6号線(古代からの常磐道)に20キロ行ったところにあります。このJ(ジェイ)ビレッシが、今も、東電の事故対策の最前線基地になっています。いくらなんでも、東電の幹部や、原子力安全・保安院の経産省の官僚たちでも、このJビレッシまでは、来ているだろう。 

 プロウ pro のサッカー選手たちが合宿をする大きな施設だそうだ。 ここは、福島第一原発から20キロ、福島第二原発から10キロの真南です。今は、緊急車両以外は通行禁止になっていますから、近寄れません。しかも、20キロ以内は、電気も上下水道も、通信(電話線)の生活インフラを回復させないのではないか。だって、誰も、こんなところには近寄りたくないのだから。

 だから、いわき市の平(たいら。海から10キロだから、次の津波が起きてもここまでは来ません)あたりがいいのか、それとも、郡山(こおりやま。新幹線が停まる)がいいのか。やはり、南のいわき市がいいのだろう。そのうち、余裕が出来たら、北の方の南相馬市(原発30キロ圏。住民たちが今もいる)にも、あと一軒、家を手に入れたい。この購入資金を少額ずつ、援助してもいい、という人は、どんどん学問道場に、送金してきてください。

 私は、災害義捐(ぎえん)の募金とか、寄付金というような、考えはしません。税額控除が受けられるとか何とか、クソ国税庁・税務署が、この世で一番、大嫌いですから。彼ら税金官僚=カネ取の国家暴力団 とは、私は、死ぬまで徹底的に戦うのだ、と決めていますから。

(転載貼り付け始め)

●「 茨城産ホウレンソウ、撤去の動き続々 放射性物質検出で 」
朝日新聞 2011年3月20日 19:33
http://www.asahi.com/national/update/0320/TKY201103200214.html

 首都圏の大手スーパーなど小売店では茨城県産のホウレンソウを撤去する動きが出ている。福島や茨城産の他の農産物も不安視する消費者もいて、各 社とも難しい対応を迫られている。

 首都圏を中心に展開するスーパーのマルエツは、19日夕方の発表を受けて茨城産のホウレンソウを棚から撤去し、他の地域産に 切り替えた。

 他の茨城産の野菜は従来通り扱っている。ただ、福島、茨城産の米や野菜、肉について「大丈夫か」と客からの問い合わせが相次 いでいるという。健康への影響はないと説明しているが、買い控えが広がれば「両県産商品の取り扱いの見直しも、検討しなければな らなくなるかもしれない」と話す。

 大手スーパーの西友でも、関東地方の十数店で販売していた茨城産のホウレンソウを店頭から撤去した。他の産地に切り替えて対 応する。両県産の他の生鮮食品は「行政から指示されない限り、販売を続ける」(広報)という。

 大手スーパーのダイエーも関東地方の25店から茨城産のホウレンソウを外した。両県産の他の食品は引き続き販売し、客からの 問い合わせには「健康に影響はない」と冷静な対応を呼びかけている。

●「 農畜産物から放射性物質、JAが補償要請 国・東電に 」

朝日新聞 2011年3月20日 18:54

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103200165.html

 福島第一原発事故の影響で牛乳やホウレンソウから放射性物質が見つかった問題で、JAグループは20日、厚生労 働省、農林水産省などの関係省庁と民主党、自民党に対して、出荷停止などの措置がとられた場合、国や東京電力が農家に万全の補償をするよう要請した。

 要請文では、「生産現場から強い怒りと今後の生産・販売に対する懸念の声が上がっている」と指摘。風評被害で価 格が下落した場合の補償も求めている。また、基準値を超える農畜産物が検出された場合、出荷を停止する地域や品目を限定して早急に周知すること、消費者への正確な情報提供、被災地の土壌の安全確保なども求めた。

 東電は19日の会見で「損害賠償の申し出があれば、国と相談しながら準備したい」との考えを示している。

●「 福島第1原発:ホウレンソウなどの出荷停止「当分の間」 」

毎日新聞 2011年3月21日 19:44

http://mainichi.jp/select/today/news/20110322k0000m040085000c.html

 菅直人首相は21日、福島、茨城、栃木、群馬4県の知事に対し、4県全域で生産されたホウレンソウとカキナ、福島県産の原乳について「当分の 間、出荷を控える」よう指示した。東京電力福島第1原発の事故発生後、茨城県産のホウレンソウと福島県産の原乳から食品衛生法の暫定規制値を超え る放射性物質が検出されたのを受け、原子力災害対策特別措置法に基づく措置として、初めて全県単位での農作物の出荷停止に踏み切った。

 出荷停止は枝野幸男官房長官が21日夕の記者会見で発表した。枝野長官は「直ちに健康に影響を及ぼすものではない。出荷制限措置は、 暫定基準値を超える状態が長く継続することは好ましくないため決定した」と説明。「過剰な反応のないよう、冷静に対応をしていただきた い」と呼びかけ、農家などが受ける損害に関しては「適切な補償が行われるよう万全を期す。東京電力が責任を持つが、十分でないなら国が責 任を持つ」と明言した。

 出荷停止を行う「当分の間」の見通しは「放射線の観測による」とし、「今後、各地でモニタリングし、調査結果を分析したうえで必要が あれば追加の指示をする」と述べ、対象品目・地域を広げる可能性にも言及した。今回の対象地域が県単位になった理由については「原産地表 示が県単位で行われている」と語った。

 福島第1原発周辺の避難指示(20キロ圏内)、屋内退避指示(20〜30キロ圏内)と出荷停止の対象地域の違いについて、枝野長官は 「大気中のものに接する場合と飲食し体内に取り込む場合に違いがあるのは当然。日常生活をする大気中の放射線濃度には問題がない」と強調 した。【小山由宇】


 ◇茨城の最高値は5万4100ベクレル

 厚生労働省によると、21日までに茨城、栃木、群馬県内で採取されたホウレンソウと千葉県産の春菊から、暫定規制値を上回る放射性ヨ ウ素(規制値は1キログラムあたり2000ベクレル)、群馬県産のカキナから放射性セシウム(同500ベクレル)を検出。福島県産の原乳 から、放射性ヨウ素(同300ベクレル)を検出している。それぞれの最高値は、ホウレンソウが茨城5万4100▽栃木5700▽群馬 2630、カキナが555、原乳は5300(いずれも単位はベクレル)となっている。

 このうち春菊については、現時点で検出されているのが千葉県旭市だけで、地域が限定されていることなどから対象外とした。今後地域的 な広がりを見極めた上で制限を検討する。【市川明代】


 ◇「誠に申し訳ない」東電副社長

 農産物に放射性物質の被害が生じていることについて、東京電力の藤本孝副社長は21日の会見で「誠に申し訳ない思い。賠償についてど ういう方法があるか、国と相談したい」と述べた。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。こんな、食べ物ひとつ の ことで、ぐだぐだ書いていることが、私は、もうイヤになりました。 みなさん、もう、 日本人は、これまでのような、過剰なキレイさ(除菌)とか、清潔さ、とか、無菌とか、見た目の美しさとかの、過剰な神経質の、神経症の国民性を、止(や)めることにしませんか。そうしないと、この先、生きて行けないのです。

 私たちの日本が、まさしく「風の谷のナウシカ」だったのです。巨匠・宮崎駿(みやざきはやお)は、日本こそは、死の空気で汚染された、二つの強大な政治体制の間、狭間(はざま)で、かわいそうに、しかし健気(けなげ)に生きる「風の谷」に住むナウシカという国民、民族だったのです。 微量の核汚染で、薄く汚れた空気の中で生きて行くことを、私たちは、覚悟して、受け容れて、強く生きていかなければならない。

 だから、私たち一般国民に出来る、一番、大事なことは、福島県産の食品を、進んで食べて、そのことで、福島県の復興を助ける、ということだ。 私は、このように確信しています。現地に行って、このことが、体で分かりました。体で分かることは、頭で分かることの百倍、すごいのです。 生来の知識人である私は、小賢(こざか)しい、低知能の人間たちが振り回す、下らない「科学的な根拠に基づく 証拠と 証明が、必要」などと したり顔をした人間が、大嫌いだ。あっちに行け。

 私は、だから、弟子たちと、出来るだけ、凶悪事故を起こしたが、やがて、癒(い)えて行く福島第一原発の 出来るだけ近くに、家を買って、順番に、住みます。会員の皆さんも、どんどん視察に 来てください。私は、本当は、原発が見えるところに住んで、毎日、工事が進んでゆく様子を見ていたい。 だが、こそらの生活インフラは意図的に回復させないだろう。

 すでに、日本政府と、管理され尽くしているNHKはじめメディア(テレビ、新聞)は、福島原発巨大事故から、どんどん、計画的に、離れて、消してゆくだろう。日本人は、フクシマの問題を、次第に忘れ去されされるようになるだろう。そして、福島県人が、取り残される。災害からの 復興の掛け声だけが掛かるが、誰も関心を示さず、福島には近寄らない。

 原発から20キロ圏内の住民は、すべて、他の県に、移住させる計画が、早くも始まっている。すべては、計画的に、「現地の人たちを口封じする。裁判なども極力起きさないようにする。嘆(なげ)いて、無力させて、怒りや悲しみだけのまま、次第に風化させて行く」という計画だろう。 だから、「○○号機から、また、煙が出ました。危険です」と、ヤラセの報道を続けて、現地に人間を近づけないようにする気だ。

 だから、私は、福島県で出来るだけ原発に近いところに住んで、そこの食べ物を、そこの住人たちと同じように、食べて生きる。 会員の皆さん、私がその家にいますから、遊びに来てください。「遊びに来て」と、書いたら、また、目くじらを立てて、被災地に対して不謹慎だ、と、私、副島隆彦を非難する気か。 お前たちの、その、過剰な「優しさコトバ」の偽善体質の 偽善汚染を、なんとかしたらどうだ。 

 やるべきは、だから「ようそこ福島へ」「福島県産の生鮮食料品を食べましょう」運動だ。他に何をやることがあるというのか。 今、テレビで、言っていた。「 どこまで、数値を信用したらいいのか。正直、食べるのは、不安ですね」などと、言うな。 福島産品を私たちは、進んで食べましょう。

ここまで、書いたら、午前6時40分になっていました。

副島隆彦拝


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年3月22日 09:11:53: o4BTbBgVik
−−−−−−−−−−
 「体内被曝の恐れ」などと、難しそうな、専門家ぶったことを言って、自分に知識がある振りなどするな。その前に、現地に飛んできて、現に生きて生活している福島県の東半分の(浜通り、中通り)の人たちと、話せ。

 地元の人が言った。 「東京のテレビのアナンンサーが、『今日は、南風(北のように吹く)です。安心してください』と言ったのよ。福島県民のことなんか、東京の人たちは何も考えてくれないんだ。東京の為に、電力を作って、そして、私たちはこんなひどい目にあっているのに」 と。  

 私、副島隆彦は、人間(人類)と言う、おそろしく悪意の生き物の、底意地の悪さを、今、感じている。「自分は、風評被害で、体内被曝とかを、神経質に言う人間ではない」と書くような人間が、一番、底意地が悪いのだ。「副島先生が、書いていることは、科学的な根拠が示されていない。先生の本はたくさん読んでいます」と書くような人間の、ロクなやつはいない。 なぜ、自分だけが、そして、自分の子どもだけがかわいいのだ。それは、当たり前だ、というのなら、言え。 

 私は、決めた。私は、福島にも住む。家を買って、出来れば、福島第一原発が見えるところに、家を買って暮らして、そして、毎日、福島県産の野菜、果物、コメ、魚を食べる。

 大きな危機(高濃度の放射能の飛散はもうない)が去った今だからこそ、私は、そうする。私は、次は、福島県(および、北茨城)の復興の為に命がけになる。 宮城県(仙台)と、岩手県(三陸海岸)の復興は、他の人たちに任せた。
−−−−−−−−−−


02. 2011年3月22日 09:23:16: pnUESyN77o
この様な科学的根拠が示されない論説には違和感がる。

私は当面の間、北関東〜東日本の野菜は食べない。


03. 2011年3月22日 09:26:34: edwK3ATO16
国会議員はなにやっている。
被災地県別に復興大臣を任命して
責任をもたせて、りーダーシップを発揮して
もらえばいいにだ。県知事にまかせていいのは
福島原発推薦知事の○○と恒三(こうさん)だ。
命をかけて原発責任をとれ

04. 2011年3月22日 09:43:22: wL4qfYB81Q
いわき市民です。地震、原発、風評被害、農作物とどれだけダメージを受けたか。
これから復興が始まり建築や土木は好景気に沸くかもしれない。その時東京資本は
入れないで欲しい。東北6県と茨城県とで会社を作り利益を他に渡さないで欲しい。
無理でしょうか。

05. 2011年3月22日 09:59:10: Opev5wMx0g
私が子供の時、地元の肴が汚染されたと売れなくなり家業に支障が出た。で、私は魚しか食べなくなり肉類はいまでもほとんどたべません。けれども64歳現在まで元気です。副島様の心意気に感謝します。

06. 2011年3月22日 10:48:06: BLo5raCk2Q
福島県民です、同じ福島県でも中通りや会津は人的被害は少なかったのです。
こちらも道路・鉄道・ガス・水道などのインフラ復旧ができていないため大変な状況ですが、津波と原発被害で避難生活を強いられている浜通りの方のことを思えば我慢すべき時だと思っています。

息子の同級生が原発近くの新地町出身で、彼の友人が津波にさらわれ行方不明になったのですが、原発による避難勧告がでたため、ほとんど救出活動ができなかったと聞いています。(原発に避難指示が無ければ、多くの被災民を救出できたのは間違いないです)
大野病院の院長や職員が患者を見捨てたとマスコミに叩かれましたが、自衛隊が待避するような状況で、誰を責めることができるか、安全な地にいるマスコミに違和感を感じていました。

副島先生の体を張った現地報告、被災地の住民にとって、一番知りたい情報です。原発周辺がどうなっているのかがわかれば、無用なデマに惑わされずにすみます。
報道発表の数値が本当か疑心暗鬼になっていましたが、先生が現地でガイガーカウンターで測定し裏付けてくれたおかげで、出てきた低い数値を信用できるようになりました。
小生は先生と主義主張が違う点はありますが、今回の先生の行動福島県民として大いに感謝します。


07. 2011年3月22日 11:25:44: UCzXkHDwTs
>>02 ー>自分の事しか考えない平均的日本人。

地元の人が言った。 
>>。ヨ東京のテレビのアナンンサーが、『今日は、南風(北のように吹く)です。安心してください』と言ったのよ。福島県民のことなんか、東京の人たちは何も考えてくれないんだ。東京の為に、電力を作って、そして、私たちはこんなひどい目にあっているのに」 と。

>> 02−情けない。 


08. 2011年3月22日 12:32:22: g2wAEXu9t6
誰かのTwitterに福島氏は単位を間違えているとかありました。どうなんでしょう。正確な情報が必要です。

予言されていた“原発震災”広瀬隆氏インタビューでは状況は厳しいです。
ビデオニュース.com http://p.tl/Qjkp 動画 http://p.tl/YGR9

文部科学省のモニタリングカーを用いた福島第1発電所及び第2発電所周辺の空間線量率の測定結果(地図)
http://p.tl/drGM

全国の雨の放射能濃度一覧
http://atmc.jp/ame/

全国の放射線モニタリング状況
http://www.mext.go.jp/


09. 2011年3月22日 13:42:45: 4IoFwq6fRU
「南風」を「南に向かって吹く風」と勘違いした、ということはないでしょうか。

10. 2011年3月22日 13:44:07: dhiYVAKzRQ
復興は政府と東電に責任を取らせることから始まる
国民に危険な野菜を食べさせる事ではない
副島隆彦 おまえの正体は見えた

11. 2011年3月22日 14:21:43: C35HEVLnZ6

ホウレンソウ単品では人体への被害は少なくても、汚染されたホウレンソウを食べ、汚染された牛乳を飲み、汚染された魚を食い、汚染された米を食うというように積算されたらアウトだ。

その理屈がわかっていてあえて食えと言うのはかなり問題。

>>10さんの言うとおり、副島の本性が見えた気がする。



12. 2011年3月22日 14:54:00: fFhtmkaiog
副島先生
貴方は影響力の大きい人です。
武田先生のブログを熟読する事をお勧めします。
http://takedanet.com/
おそらく執筆内容が変わると思います。
危機の中、求められるのは感情的な正義感ではないでしょう。
冷静になってください。お願いします。

13. 2011年3月22日 14:56:24: kL1HO9xJpE
うーん。

先週、早く西に逃げろといってた人が、福島に住みたいので家屋を譲ってくれとは。


14. 2011年3月22日 17:34:03: XUZnKNjZyg
福島原発はすべて、廃炉にするべき。また、日本の原発はすべて、順次停止すべき。
東電の社長は、とりあえず日本国民には、謝罪すべき。
東電は福島ないし近隣の県民に対して、必要な補償をすべし。
私は食べない。復興とは別次元の問題である。
東電が謝罪し、国家がその非をみとめ、市井の人に対する補償をしたならば
福島ないし近隣の野菜、農産物は食べてあげよう。それが条件ですね。

15. 2011年3月22日 17:34:10: kFC5TEBIb6
>私は、災害義捐(ぎえん)の募金とか、寄付金というような、考えはしません。税額控除が受けられるとか何とか、クソ国税庁・税務署が、この世で一番、大嫌いですから。彼ら税金官僚=カネ取の国家暴力団 とは、私は、死ぬまで徹底的に戦うのだ、と決めていますから

義捐金と税務署との関係は?本当によく分かりません。税額控除無しの方が義捐金として良いとのことなのでしょうか?真剣に副島先生の意図されるところが分かりません。ご自分が福島に家を買うのに寄付をつのる一方で義捐金という考えはしないとは???どういう意味でしょう?

福島第一原発のコンクリート詰め作業をしてから余生は福島で過ごされるということなのでしょうか?それともコンクリート詰め作業は必要ないとのことでしょうか?


16. 2011年3月22日 18:13:37: u8T2aRIP9Y
食べるも何も市場に出回らないからなあ、福島県産品。

17. 2011年3月22日 18:58:37: C35HEVLnZ6
>>15
>ご自分が福島に家を買うのに寄付をつのる一方で義捐金という考えはしないとは???どういう意味でしょう?


つまり今回の震災で金儲けはするが、寄付はビタ一文しないということです。

税計算の際に寄付した金額が所得から控除されるのと、副島が寄付する行為とは何の関係もない。
それを理由にデマ本で儲けた金を寄付しないのは、要は寄付したくないと言っているのと同じです。

ウソをついてでも金儲けをする副島の本性がよく見えますね。



18. 2011年3月22日 20:18:56: AdKaaFvNBE

【 タヌキ腹組 工作員見習“ぽんぽこ”の お節介な怪説・笑説 】

 むしろ、被災地の方が危ない野菜を食べないようすることが支援だろう。

(勿論、風評被害は拡げるべきでない)


19. 2011年3月22日 21:38:41: kFC5TEBIb6
15です。

募金に応じたくないことを正当化するために意味不明な税務署を持ち出して来ているだけということなのですね。

副島先生程、色々情報を知っているなら信用できるところに寄付するとか、会員の方で福島在住の方々を会員内で援助するように誘導できるのではないでしょうか?

信じたくないですがやはり副島先生は今回の震災に寄付したくないと解釈する方が妥当とのことなのでしょうか。

投稿文の主旨と違って申しわけないですが。


20. 2011年3月22日 22:19:59: Rqv9YebDvI
慣れないヒロイズムに酔って頭がおかしくなったとしか思えない。
誰も福島を差別なんてしていない。危険なものは食べないと言っているだけだ。
「差別されている福島県民」という思い込みで長々と愚説を垂れ流し、
被差別者の味方気取りで架空の差別者を糾弾する。
人品卑しいとしか言いようがない。

21. 2011年3月22日 22:23:24: q37NqXkpMY
意味不明。
なんで?!自分で家を購入するのに、学問道場の会員に募るのか?!
家ってのは、人生最大のお買物って言われてて、大方、ローンを組んで買うのが、
ほとんどでしょう。会員の皆様は、お金持ちばかりなんですね?!
氏の「金(きん)を買う」って本には、デカイ金の塊を自分の所持金って掲載して
ましたよね?!あんな塊の金をお持ちなら、寄付なんていらないはずです。
何か、「お布施してください」って解釈してしまいそうです。
一声かけて、お金を徴収できる力って、宗教カルト商法と紙一重に思える。

22. 2011年3月22日 22:37:59: FmB0JlnSpg
さすがのNHK大越も、ほうれん草を食べても数日程度なら「直ちに人体に影響がない。」と言っていた。裏を返せば、継続して食べていれば、発ガンの危険性が窮めて高いと言うことを意味している。いずれ、明らかになるだろう。

@放射能汚染で関東まで壊滅的打撃を受けるから、
「西に逃げろ」「決死隊を組み炉心にコンクリートで覆う」 
      ↓  
A一時、一地点計測して、霊能力者になり「放射能の危機は去った」「安全宣言」
      ↓
B「福島に家を買って住む。」「福島の野菜、牛乳、魚を食べろ。」

誰かも述べていたが、感情的な薄っぺらな正義感など吐かずに
、一度でもいいから黙って実行しろ!

さすが、商品先物会社主催の講演をしたり、巨額の詐欺容疑で逮捕された人物の投資顧問会社のお先棒を担いで株式講演会を、おやりになられるだけのことはある。

あの顔を見れば気がつく。欲望でぎらぎら、べたべたした顔を。


23. 2011年3月22日 22:41:20: FmB0JlnSpg
そもそも、未来を見通せる霊能力者、預言者、経済通であるならば、

株式講演などせずに、黙って株式相場で巨万の富を得ている。

小●川氏のようにな。


24. 2011年3月22日 22:48:37: 406Fpgk0wg
 副島隆彦・・・完全に狂っている。汚染された野菜は食べてはいけない。それは、東電、政府が補償すべき問題だ。副島は、先週からいったい何を言っているのか。もう彼の本を読むのはよそう。・・・支離滅裂だ。

25. 2011年3月22日 23:08:52: FmB0JlnSpg
正体見たり守銭奴王者。

9時のNHKで、生協がチェルノブイリ事故を契機に、放射能物質を計測できる計器で正確な数値を計り、クリアーしていれば茨城産だろうが、福島産だろうが、、顧客に販売すると放送していた。これこそが正しいことだと思った。
ただ単に、薄っぺらな精神論か計算づくか知らんが、「福島産は安全だから食べろ。」。氏特有の見え透いた売名行為である。
正直言って子供以下の幼稚な思考回路。何をかいわんや。
越水と同じく、大地震は売名、会員増員の絶好のチャンス、ここぞとばかり、センセーショナルな妄言を、ネットを利用して撒き散らしているとしか理解できない。本当に真の思想家としてやるべきことは、人類を危機に陥れる原発の廃止だろう。一度でもいいから、東電の前で、演説でもしてみろ。実践してみろ。

独●党とおなじく、所詮とっぴなことを言って講演料、会費、書籍販売稼ぎの営業マン。


26. 2011年3月22日 23:19:39: n2ETHGz9jE
紙一重どころか、すでにイっちゃってるよ、この人!
近寄らんとこ。

27. 2011年3月22日 23:35:46: FOoB2T7JCI
福島県民の当面の仕事は、原発産業倒壊に有るはずだ。
汚染された野菜でもいいから食べてくれ、と本気であなたがたは思ってるのか?
今だからこそ団結して取り組めるはずなのに…。そうすれば彼らからの補償金、新エネルギー産業での雇用など、今後の日本にも貢献する道が開けてくるはず。
まずは…原発産業の闇の実態を知る事だ。

28. 地には平和を 2011年3月23日 00:12:43: inzCOfyMQ6IpM : QG4wgSaLtY
原発を推進して来た者、政府、東京電力が全ての被害者に賠償すべきだ。原発を推進して来た者達の全財産を没収しろ!当たり前だ。そんなものでは到底追っつかないがな。原発PRに出演したタレントの全財産を没収しろ!更に今後のテレビへの出演を禁止しろ!自業自得だろう。知らなかったでは済まされんゾ!

29. 2011年3月23日 00:53:24: wyL6a1GuoU

副島隆彦の守銭奴ぶりがバレて、総スカンだな。

イカれていることに気づいたわけか。



30. 2011年3月23日 01:04:41: FmB0JlnSpg
一番悪質な守銭奴王者。

よくもまあ、いとも簡単に「決断」、「決めた」などといえるものだ。
副島にとって、いかに言葉とは軽いものか。
はっとさせるセンセーショナルな言は、副島にとって、売名=金儲けの道具か。
東京で弟子を集合して事故現場に行って放水活動をしたのだろうな?
福島産の野菜、果物、米、肉、魚を食べているのだろうな?
今後ずっと食べ続けるのだろうな?

>私、副島隆彦は、この超危険の事態を受けて、【決しました。】私は、東京で、決死隊を組織します。60歳以上の老人で、ある程度元気な人で、もう 家族の心配をするよりも、心配される立場になっている人たちで、学問道場の会員の人で、若い日本人たちの為に、もう死んでもいい、と決意出来る人は、東京の中心の場所(あとで、その建物を、順次、指定します)に集まりましょう。

>私は、【決めた。】私は、福島にも住む。家を買って、出来れば、福島第一原発が見えるところに、家を買って暮らして、そして、毎日、福島県産の野菜、果物、コメ、魚を食べる。


31. 2011年3月23日 01:36:10: FmB0JlnSpg
決断、決めるばかりで・・・実行したの事後報告は一切なしる。
吐いたその瞬間消え去る偽善のアジテーション!!!

武士に二言無し。メルトダウンしたら決行されるのでしょうな。
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/page:8

若い人たちは、西に逃げてください。 老人と、公務員は、★決死隊員になる覚悟を決めてください。(報告 5)副島隆彦

私、副島隆彦は、この超危険の事態を受けて、★決断しました。私は、東京で、決死隊を組織します。60歳以上の老人で、ある程度元気な人で、もう 家族の心配をするよりも、心配される立場になっている人たちで、学問道場の会員の人で、若い日本人たちの為に、もう死んでもいい、と決意出来る人は、東京の中心の場所(あとで、その建物を、順次、指定します)に集まりましょう。
災害ボランティアたちの多くは、福島県の被災地に近寄っても、足手まといになるから、ある程度の所で、警察に制止されて、それよりも前には行けないようだ。

私、副島隆彦が、組織しようと思うのは、福島第一原発の 炉心の爆発が起きたあと、多くの人間が、現地から逃げ出すだろうから、どうせ、人手が足りなくなる。その時に、原発の事故現場を目指して、放置してある自動などを確保して、進みます。そして、
最後の最後の作業である、 破壊された 炉心を、鉛・鉄・コンクリートで覆い隠す作業が残る。 その 現場の作業の私、副島隆彦は、国家と民族が、必要とするのであれば、この作業員の仕事に 応じます。若い国民たちのために、もう、命は要りません。 現場にいる公務員(警察、消防、救急、自衛隊など) の 足手まといにはなりません。 彼らでもやりたがらない仕事があったら、それを現場の指図に従って、やりにゆきます。

 祝無に忠実な まじめな公務員たちも、決意してください。現場に、どんどん全国から、業務命令で応援で動員されているだろう。 すでに、私が聞きましたが、自衛隊で、原発事故の現場に、新たに投入される 自衛隊員たちは、定年間際で、すなわち 55歳近い人たちだと思う。

 「自分は、もう、子供も大きい。自分の部下たちを死なせるわけにはゆかない」と、決意して、現地に向かいつつあるという。 もう、こうなったら、どれだけ公務員は、死んでもいい。自分と家族のことを考えて、逃げたい人間は、逃げられるようにしてあげるべきだろう。警察も同じように、現場にどんどん人員を送るべきである。 

 どうやら、天皇陛下は、京都にお移りになったようである。だから、計画停電というアナアウンスをして、都心を静かにして 移動したようだ。東海道新幹線だけが、今日(15日)も平常のように動いている。外国人と、金持ち(資産家)たちを先に、西に逃がすためだ。一般大衆と、企業の会社員たちは、仕事という義務があるから逃げられない。生徒、学生たちは、すでに学校は休校になっている。

 東京の虎ノ門の アメリカ大使館は、すでに、早く 11日(地震発生)の時点で、都心の機能を、横田基地に移している。横田の巨大な米空軍の基地から、大型輸送機で、どんどん逃げ出すだろう。 フランス政府は、12日の時点で、日本にいるフランス人に、「関東地方を捨てて、関西に移動しなさい」という 国民退避勧告を出している。

 もう、東京圏 は、スーパーの食糧も、災害用の備品も売り切れて、会社に出勤している人たち以外は、自宅で、じっと待機しているのだろう。 そして、まず、妻子だけ、関西に逃がした、という人たちが、13日からいる。 私、副島隆彦が、「決意して、300キロの離れたところまで逃げなさい」と書いたのが、12日の午後6時からだ。

 さあ、もう、こうなったら、★腹を決める。 何ごとも、夢みたいなことに、すがりつかないで、日本人それぞれが、決意して、自分は逃げる、という人は逃げ延びてください。そして、私、副島隆彦と同じように、若い人たちに、「生きる席」を譲る、という人は、今から、死ぬ決意をして、原発の事故現場に向かう、準備を始めましょう。 私は、もう決めました。

 軽挙妄動はしません。 流言飛語を流す気もない。誰にも迷惑をかける気はない。 私は、自分が生まれて、57歳の今までお世話になった日本国と日本国民の為に、恩返しのつもりで、★時期を決めて、事故現場に向かいます。 愚かな情報や、知識や、ウソばっかりの報道や、無能な指導者たちや責任を取らない官僚たちのに、だまされて、これ以上、愚かな 夢、希望、願望、期待などには、振り回されません。 

 東大法学部卒の、官僚ども。そして、長年、体制派の政治家として安穏としてきた醜悪な人間たち用。 無能極まりない、お前たちが、総体として、こんなヒドイ現状を作ったのだぞ。その責任を感じる、とことさえ、出来ないだろ。お前たちは、まとめて、本当に縛り首だ。  

地獄の淵にある 日本民族に 幸運がありますように。  副島隆彦拝 


32. 2011年3月23日 01:42:29: FmB0JlnSpg
>やるべきは、だから「ようそこ福島へ」「福島県産の生鮮食料品を食べましょう」運動だ。他に何をやることがあるというのか。

日本国民を奈落のそこに突き落とした元凶の原発全廃だ!
蛆虫さんよ


33. 2011年3月23日 02:55:41: kL1HO9xJpE
うーん。先週、副島にせかされて東京脱出した人たちはもう簡単には会社に帰れないよね。

家族ともけんかして出てきた人もいるだろう。

本当に矛盾してるよ。ガイガーカウンターみたいなのだけで、判断できるのかな。放射能って言っても内容が大事だろ。プルトニウムが微量でも入ってるってどうやって判断するんだろうね。

少なくとも福島を視察してから、西に逃げるかどうか判断すりゃよかったはずでしょう。

論理的に支離滅裂。


34. 2011年3月23日 04:01:48: EGaQ73B5yp
>>33

ウソえじま降彦の肛門道場カルトと酷似した破廉恥騒動が、
オウム騒動の時期に起きていたな。

「富士山噴火予言」を宣伝して組織拡大に血道を上げていた
小島露観の営業カルト集団「古代帝国軍ザイン」のことだ。

あの騒動を知っている奴なら、今回のバカ教祖と肛門道場カルトの
破廉恥ぶりを苦笑していることであろう。


剥烏降彦拝


35. 2011年3月23日 07:45:16: FmB0JlnSpg
さあ、霊能力者はなんというのか。
がぶがぶ、放射線や福島産農産物を食べろ!

福島の野菜から新たに放射性物質 11品目で基準大幅超過
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032301000065.html

 厚生労働省は23日、福島県産のコマツナ(小松菜)、キャベツ、ブロッコリーなど野菜11品目から、食品衛生法で定められた暫定基準値を大幅に超える放射性物質を新たに検出した、と発表した。

 同省は、同県産のホウレンソウ、コマツナ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーなどは当分食べないよう呼び掛けた。

 JA全農を通じて流通する福島県の露地野菜は、21日以降は出荷されていないという。

 厚労省は、放射性物質の量が最も多く検出された野菜を約10日間、1日100グラムずつ食べ続けた場合に浴びる放射線量は、1年間で人が自然に浴びる線量の約半分に相当するとしている。「このまま食べ続けると、一般人が被ばくしても問題ないとされる線量を上回る可能性がある」と指摘した。


36. 2011年3月23日 09:27:30: OBQXkSvDlc
枝野の言うことはいい加減でかつ不足しており、そのくせ危機ばかり発生すれば、副島さんやいろんな国の言うように、もうあぶないと思って行動するのは当然ですよ。少なくとも副島さんは命がけでやっているようで、雨でそれも空からの視察を中止した菅とは大違いで、間違えるかも知れないが人間としては信用できるので、参考にさせて貰っています。(今までは大体は当たっていました)

37. 2011年3月23日 10:35:04: gAbjEsGOVc
副島はなんだか言っていることがおかしい。
なんかたくらんでいるんじゃないか?

38. nochip92 2011年3月23日 11:23:22: .WzMssGNqJOI2 : bJ4KhNt75w
茨城のほうれんそうは昔の久米宏さんのいうところの狭山のお茶扱いだ。
自分は食べてるけどね。
マスコミの偏向報道は未来からの視点で見ないとよくわからない。
悪いことしてないのに出荷できない酪農家も負けないでほしい。
放射能を軽減する醗酵菌や酵素はどこかにあるはずです?

39. 2011年3月23日 16:12:20: FmB0JlnSpg
東京の浄水場から放射性ヨウ素検出 乳児の基準値2倍超 「飲用控えて」
産経新聞 3月23日(水)14時24分配信

 東京都は23日、水道局の金町浄水場(葛飾区)から、放射性物質が乳児の暫定基準値の2倍を超える数値を測定したことを明らかにした。

 都によると、放射性ヨウ素を水道水1キロあたり210ベクレルを検出したといい、乳児に水道水の飲用を控えるよう要請した。乳児の水道水の摂取を控える地域は、東京23区、武蔵野市、町田市、多摩市、稲城市、三鷹市。

 厚生労働省が示した乳児の飲用を控える暫定規制値は1キロあたり100ベクレル。


40. 2011年3月23日 18:47:09: EHLxx6UHe6
スポンサーの命令で、右往左往させられてる?
あまりにも、本をバシバシと出して、影響力は、かなりあった方ですからね。
これだけ名を売って、世間に広めるには、お金(スポンサー)がないと、
なかなかどうして売れっ子には、なれません。タレントもそうだし。
テレビもスポンサー様、様ですから。

41. 2011年3月23日 21:36:39: FmB0JlnSpg
40氏、そういえば、霊能力者、預言者は、
東電、原発の問題にはまったく言及していない。
なぜだろう?

西に逃げろ
 ↓
危機回避した、安全宣言
 ↓
福島さんの農産物を食べろ

「決死隊を募って炉心にコンクリートで覆うと決断した。」
「福島に家を買って住むと決めた。」
霊能力者よ、必ず実行しろよ。
じっと見ているからな。
これで、こいつの本性がはっきりわかる。

射線の蓄積注視を 福島市、自然被ばく年間量超す 24時間屋外なら 


42. じん 2011年3月23日 21:49:20: deF9eE7Rfw8s6 : aY26b3tFKQ
原発の事故でそこら辺に住めなくなった人達から、土地を買おうというのは素晴らしいお考えです。
なぜならその土地には多分価値も無く捨てろと最終的には国から言われることでしょう。
それらの土地が文章を書き、言葉が外で生きる人の手に渡り、これから其処で人間モニターとしてその現場の産物を取り、水を飲んで何処までのレディエイションが人間の年齢別の影響を与えるかのデーターをとる事が出来ます。

今回の地震津波原発の影響が出て、これからの将来の建て直しさえ自分の町では出来なくなるのが福島のみなさんです。

他人の言葉を笑ったり、のろったりするのは簡単ですが、自らの体でその土地は安全性を示したいと思われる思想が素晴らしいです。
逃げるのは簡単ですが、人を思うが為に其処に自ら手を下す人の価値が今こそみえるときでしょう。


43. 2011年3月23日 21:57:29: FmB0JlnSpg
42

現実に、「決めた」「決断した」「決死の覚悟」を実行してから言ってくれ。


44. 2011年3月24日 00:33:32: 0zHDMZyNzQ
この人、「前原がアメリカから見捨てられた」なんて言ってたけど、
どっこい!本人が、スポンサーに見捨てられてるってことかな?
”身をもって、氏に注目してきた人々に知らしめよ”って辞令なのでしょうか?


45. 2011年3月24日 14:30:11: 9kMSboacTk
将来、福島に住まない理由も会員達から金が集まらず資金不足で土地が買えず住めないというのではあるまいか?

今回副島は経済評論家として復興株が上昇していると指摘しているが、東日本ハウス株価上昇のからくりなどは一切指摘していない。

普段の論調と違う。ベンジャミンが今回の地震でJ.ロックフェラーが絡んでいることを指摘しているが。

後ろ盾が絡んでいるから地震が人工地震なのかどうかの追及もしないし、復興株上昇のからくりなども言及しないのかもしれない。

いずれにしても普段の副島なら、この地震の裏は・・・とかこれは全くの自然の地震であり人工地震などデマだとか言って吼えるのでは?
なんか普段よりおかしい。放射能汚染された福島産の食品を摂取して人口削減のプロパガンダに載せられているような。

実際イスラエルが今回の原発事故で関西以西に自国民は非難するように勧告している。その情報をいち早く知っており、若い人は西に逃げなさいと言っているように見える。


46. 2011年3月24日 16:45:31: qSlbXVySMQ
広瀬 隆先生の結論・・。「直ちに原発を止める」コレ以外に解決策はありません。

47. 2011年3月25日 01:53:08: FmB0JlnSpg
霊能力者は、どうしていつものようにヒステリックに、
原発廃止を叫ばないのだろうか?
叫ばないと言うよりも、ある事情があって叫べないののだろう?

広瀬隆 ニュースの深層(動画)
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/353.html
動画内容メモ
・電源を回復させないと水が循環せず冷却できない。放水では焼け石に水。
・原子炉の下には複雑な制御棒や配管や配線がある。これはTV解説者は知らない。
・海水注入は水分が蒸発して大量の塩が出て配管やバルブに塩が固着して詰まっている状態。
・電源とポンプが回復しても冷却は困難。
・現地の東電スタッフは、既に生死に関わる量の被爆をしている。
・TV解説者はパニックを押さえる事ばかりで、本当の事を話していない。
・1機の原子炉が逝けば人間は近づけなくなる。つまり他も冷却が継続できなく結果6機が逝く。
・6機全てが完全に冷却できるには全て成功する必要があり、その可能性は低い。
・最悪の事態が起きたら1週間で日本全土が放射性物質で覆われる。雨が降れば地面に落ち水と野菜も汚染される。
・最悪を想定し、被害を最小限にする措置を検討する段階。
・セメントで固める事も検討し、全国のセメント屋に手配すべき。
・東電は無知なので対応能力はない。ド素人の保安員、政治家達が集まっても意味がない。スリーマイルの対応より悪い。
・現地には原子炉を設計した日立と東芝のスタッフを集めて対応するべき。
・「健康に被害がない」は嘘。放射線物質が飛んでいる状態。
・生活比較で現在言われている単位は『シーベルト/年』。発表しているのは『シーベルト/時間』。これを誰も指摘しない
・CTスキャンは『放射線』。飛んでくるのは『放射線物質』。放射線物質を吸い込めば、体内で長期間被爆する。
・400ミリシーベルトは年間被爆量の350万倍。
・福島県内は大量に汚染されている。
・『直ちに健康に影響は出ない』という表現は許しがたい。ガンは数年後にも出る。
・ドイツ人が解析した放射線の移動シミュを日本が公表すべき
(http://www.spiegel.de/wissenschaft/natur/bild-750835-191816.html)
・全国の原子力発電所がなくても大丈夫。真夏の最大使用時でも火力と水力だけで賄える能力がある。日本の原発17機全て止めた事もある(停電なし)。

三号炉で使われている数十トンのMOXプルトニウム燃料が損傷し、
微粒子として大気に拡散し、
そのわずか数粒子を吸引しただけで恐ろしい結果が待っているのです。

必見、フランスのIRSNによる放射性物質拡散のシミュレーションです。
http://www.irsn.fr/FR/popup/Pages/animation_dispersion_rejets_17mars.aspx
浜松・長野市・新潟まで汚染範囲に入っています。


菅首相は審議官の“更迭”
http://www.asyura2.com/11/senkyo110/msg/354.html
 その日、経済産業省原子力安全・保安院の中村幸一郎・審議官が、「(1号機の)炉心の中の燃料が溶けているとみてよい」と記者会見で明らかにした。ところが、菅首相は審議官の“更迭”を命じた。

http://www.asyura2.com/11/senkyo110/msg/348.html#c3

放散されたストロンチウム90、沃素131、プルトニウム、セシウムなどが何を語るか
これらが体内に入ったときに出す放射線が恐ろしいのだ
これらから出るα線は紙1枚で止まるが体内では確実にガンを起こすのだ
ストロンチウム90からは人の一生よりはるかに長い間、放射線を出す


http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/460.html#c1
 この様に、放射線は結果ですが、放射性物質は元凶です。それは体内被曝
の原因になります。放射線と放射性物質またはダストとは明らかに分けて考
えなければなりません。


48. 2011年3月25日 01:53:14: OCtNVAeFND
>45 人口削減のプロパカンダ  ありかも。煽り過ぎて化けの皮剥がれた。

49. 2011年3月25日 12:20:49: 9kMSboacTk
クルテクさんのあの「ナウシカ云々」の投稿は二重投稿なのではないか?

副島ドンキホーテのお供のサンチョパンサをされた弟子の石井さんが学問道場ので福島放射線量レポートをしてくれていますが、結構高い値なのでは?

こんなところで子供も食べていいというのはどうなのか?

唯、「市場に出たらむやみに避けないで福島産の農産物は食べるようにしよう。」それだけで良いのではないか?

放射線や放射性物質はすぐには健康被害を及ぼさない。

なのに福島第一原発から8kmのところに潜入してそれで安心とは?

唯、副島氏が今日にでも癌が見つかっても57歳で立派な癌年齢だから前からあったのかも知れないが。


50. 2011年3月25日 21:19:30: X2jxQUHtlc
西に逃げてください。ってのは、本心で叫んだ。
が、しかし・・スポンサーに怒鳴られて「お前が、逝ってこい!」と脅された。
20日に、下地議員と田中康夫議員が現地入り。何故か?生方(もと読売)までも。
19日に情報をつかんで、自分が先に現地に行った。写真までつけて、コメントも
いつもの歯切れのよさは、まるでなく、ぐだぐだと解説までつけて。
こんなに末端の人達ばかりが、被爆させられて。まだ、若いのに。
福島の恥、肛門も全く姿が見えませんな。コイツは、逃げたのか?!
宮城も道路の整備が整わず、今だ、缶詰1缶を4人で分けてるって所もあるそうだ。
地域のリーダーが、逃げるから住民の苦しみは、軽減されることがないのだ。
政府や東電や関連会社(特に下の者に丸投げして自分達は、安全圏であぐらかいて
指示した馬鹿者)、原発推進した関係者(学者・教授も)、いい加減なことを
散々エラそうにのたまった奴ら。こいつらが、福島や近隣地区の皆様に生活を
保障しろ!!どれだけの損失か!!今でも海で遺体が浮いてるのに。
戦争と同等の苦しみを今、我々は、味わっているのだ。戦犯をあぶりだせ!!

51. 2011年3月25日 21:26:56: 9kMSboacTk
[326]放射能についての心構え 投稿者:岸 圭介 投稿日:2011-03-25 10:36:21


副島先生、石井さん、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

副島先生の、震災直後の「1万人以上の被害者がでる」「若い人は西へ逃げてください」発言以来、19歳と15歳の子どもをどうしようか悩みました。この重掲と、武田氏や放射能測定値のホームページなどを見ながら、とりあえず子どもに昆布を食べさせて、事態を見守っていました。副島先生の終息宣言を見たときには、ほっとしました。

しかし、今までの基準からみると、放射能は楽観的な量ではありません。阿修羅のコメントにのる副島先生への中傷を読みながら、いろいろ考えていましたが、今朝、考えがまとまりました。

それは、1ミリシーベルトなどたいしたことはないという副島先生の体験を信じ、このくらいの放射能はたいしたことではないのだと決意し、体に信じ込ませることです。一般的には、科学的ではない考え方ですが、近代科学にはうそも多いということを教えてくれたのも副島先生ですから、それでいいのだと思います。福島産の食べ物を食べ、「大七」「末廣(すえひろ)」「喜多の華(銘柄は「蔵太鼓」)」を飲みたいと思います。

とはいえ、なるべく昆布を食べ、免疫力を落とさないような生活を心がけることは、特に子どもに対しては注意していきたいと思っています。

また、この原発事故を完全に終わらせるまでには、現場で働く方々が数多く被害にあわれると思うと、日本にあるすべての原発を停止させるための活動を、私たち国民が起こしていかなければならないと思います。「被災者のために私たちができることは何か」ということが盛んに言われていますが(政府の責任放棄のようで、複雑な気持ちでマスコミから流れるこのせりふを聞いていますが)、その気運が原発廃止に向かうことを願っています。

地獄の淵から生還した副島先生に幸あれ                


学問道場より。

あーあ学問道場の会員なら阿修羅からも学問をして欲しい。
物理的身体障害なんだから放射線障害は。誰もが走行中のトラックに頭から突っ込んだら死ぬか死ぬかと思うほどの怪我するでしょう。地球の法則なんだから。
若いお子さんにはそんな副島教を押し付けないでくださいね。会員さん。

それにあなたが尊敬する副島先生は地獄の淵から生還していない。これから健康面では崖っぷちに立ち続けるんですよ。


52. 2011年3月25日 22:01:04: X2jxQUHtlc
>51 無味無臭だから、即効性がないから、わからないんだよ。

J-CIAって二階堂の姉妹サイトで、死者が出た!って書いてあった。

お金持ちは、本当に逃げているのに。関西から西へ。

副島センセは、すぐに逃げて帰ってきてますから。

無味無臭が蓄積するのですよ。素人の計測で本気になるのなら、どうぞご自由に。


53. 2011年3月25日 23:44:38: FmB0JlnSpg
会員の方々、虚心坦懐、素直な澄んだ瞳で、下記の放送をご覧ください。
本当に危険は去った、絶対安心かどうか、なぜ原発廃止を一言も触れないのか。

http://www.ustream.tv/recorded/13509353


54. 2011年3月26日 00:10:15: FmB0JlnSpg
追伸

時間がない方は1時間20分からご覧ください。
放射線は関東までこないが、放射物質は東京でも関西でも飛んでいきます。
霊能力者がガイガーで計測したのは、放射線量のみです。


55. 2011年3月26日 04:48:52: EGaQ73B5yp
狂ってくと森の仲間たちって
キチガイ集団なんですか?

56. 2011年3月26日 13:36:43: zv0uTnZFdo
>56 副島氏の弟子なんじゃね?!

57. 2011年3月27日 00:53:57: FmB0JlnSpg
霊能力者よ、無恥の悲しさ

http://www.ustream.tv/recorded/13569972


58. 2011年3月27日 14:36:51: FZtkxKL9VA
1〜4号機に相当量の海水をかけ、それが海にドボドボと流れて、汚染される。
太平洋の海産物の打撃は、計り知れない。太平洋側の地下水や川の汚染度も
早急に調べないと、売ってる水にも危険サインが、出される日が近いかも。
それよりも、福島近辺の土壌が、住めるのか、移住した方がいいのかどうかを
政府と東電が、明確に調べて危険なら住民に説明して「強制退去」を命じて、
安全な土地へ集落ごとに移住させ、生活の活路を見出すのが、先だ。
東京からの安全圏ライブは、もういいから、おまえらが行ってこい!!
はるな愛のほうが、人間味あるぞ。南相馬市まで行って励ましていた。見直した。

この未曾有の件で、誰が、日本を思っていて、誰が、売国奴なのかも見えたし。
「人間、窮地にたった時こそ、本性でるよねえ〜!」(はるな愛風に)


59. 2011年3月29日 14:01:58: tyaeV4uelw
ネットゲリラ 原発事故「絞首刑に値するA級戦犯リスト」拡散希望!!


60. 2011年4月16日 15:36:43: j4LqrPFp8o
当初より、日本国民の代表者たる公たるべき国会議員、及び政府並びに官僚は、日本国民のまずは生命を最優先する最悪の事態を想定した出来るだけの避難勧告を宣言するべきであり、その筋に対し、真っ当なる日本国民ならば、結果はどうあれ、最大限の人道的判断に理解を示す。即ち、エゴの立場で、本来なら、何よりも最優先にすべき生命の尊厳とプライドを以ての責任ある言動が、トップと称する立場であればある程腐るかな筋違いなる言動!連日、御用学者の同じ顔ぶればかりが辟易する無責任回避しながらの全く責任の所在を明確にしないまま進行する様は異常で、これ又スルーしながら刷り込み発言の流れのままにテレビプログラムは愚にもならないおかしさを感じながらも更に進行して行く…。何故に反対論者を対峙する立場で公平に出演依頼しないか!あの朝まで生テレビすらそうであった!それ程に原発問題、即ちエネルギー思想問題に触れられないタブーがあるならば、傲岸不遜なる面々よ!この最悪なる放射能事故がもたらす最悪の事態は、あなたがたの我が子や孫…即ち孫子の代まで禍根を残す様にして遺伝子に明確に本来ならまともな情報伝達のあるべき姿に異常信号を与えてしまった事に同じ様に後手後手で知る事になる…。今回の原発事故による核分裂の連鎖反応は生命を最優先に鑑みる事なき世界の…まさに中心核を逸失したなりの核分裂反応のなせる業としか言い様がない…。即ち…生命を最優先にして鑑みれば、如何にすり替えごまかそうとも最も危険で!最も制御に於いて現代科学では制御仕切れない程に危険極まりない発電方式が原子力発電である!生命をすり替えて述べる政治家を選んではならない!

61. 2011年4月22日 17:11:27: 2CMoO0l7H2
風評じゃない。
被災者ぶって汚染した野菜を食べさせようとする。
普通なら逆じゃないか?
それに、あなたは勘違いしている。
国民が体に害がある、ないで買わないんじゃない。
汚染されてるから、買わないだけだ。
体に害がなくても買わないのが普通の人。
風評=よくないうわさ。
これは噂じゃない。だから風評じゃない。
正しい言い方は、汚染被害。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK110掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK110掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧