★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK115 > 224.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
核武装を動機とした原発推進派は、岸信介から梶山静六までの台湾ロビーと重なっていた
http://www.asyura2.com/11/senkyo115/msg/224.html
投稿者 五月晴郎 日時 2011 年 6 月 16 日 17:52:05: ulZUCBWYQe7Lk
 

この投稿は、以下の一連の投稿上の文脈に沿ってされています。

@話題にされない原発推進派の動機 : パワー・ポリティクスの文脈では核武装=脱・対米従属
 http://www.asyura2.com/11/senkyo114/msg/820.html
ARe: 話題にされない原発推進派の動機 : パワー・ポリティクスの文脈では核武装=脱・対米従属
 http://www.asyura2.com/11/senkyo114/msg/836.html
BRe:Re: 話題にされない原発推進派の動機 : パワー・ポリティクスの文脈では核武装=脱・対米従属
 http://www.asyura2.com/11/senkyo114/msg/930.html
CRe: Re:Re: 話題にされない原発推進派の動機 : パワー・ポリティクスの文脈では核武装=脱・対米従属
 http://www.asyura2.com/11/senkyo114/msg/937.html

核武装を動機とした原発推進派は、岸信介から梶山静六までの台湾ロビーと重なっていることに気付く。

言論界では櫻井よしこが、「そのまんま」で、他に中西輝政、屋山太郎、岡崎久彦・・・・台湾ロビーと深い関係の産経系よりも、正力、ナベツネのアメリカ直結の読売を広報紙とする傾向があった。ある時期まで連動していたと考える。
(政治家でも中曽根はアメリカ直結であります)。
ある時期とは安倍晋三周辺が米国にカルト・オブ・ヤスクニと危険視された2006年と考える。
これらの言論人は、この時期を境に、以前のようにマスコミにあまり出なくなった。

2011年の今、アメリカは中国と(日本の頭越しに)完全に手を結んだように見える。
台湾は中国と、より一層の一体化を進めているように見える。

以下に参考図書のタイトルのみを挙げます。

台湾ロビー 本澤 二郎著 ISBN4-88718-483-2 1998年データハウス刊行 

第一部 台北に操られる危険な安保・外交政策

・新ガイドラインに鼻高々の台北
・台湾ロビーの盟主になった梶山静六
・第二の岸信介を目指す?
・アメリカ大陰謀に組み込まれた外務省民族派
・中国封じ込めを狙った日米安保の強化
・台湾ロビーの暗躍
・活発化する台湾ロビー
・旧社会、旧公明も懐柔
・ワシントンの台湾ロビー
・中国のささいなロビー活動?
・沖縄の米軍基地にたよる台湾
・沖縄投資に秘められた狙い
・李登輝の安保観
・緊張の火種は台湾総統の訪米
・李登輝の知られざる大陰謀
・おごるワシントンの戦略
・中国封じ込め政策と台湾ロビー
・ワシントンの恐ろしいわな
・前米統合参謀本部議長の訪台
・日米産軍複合体の野望
・共和党下院議長の台北滞在
・共和党大統領候補が台湾の政治顧問
・台湾軍拡を誇示する当局
・台湾の新旧世代
・台湾ロビーの事情にうとい北京
・台湾のおみやげはお金?
・新ガイドラインと北京の台湾研究所
・「中国は分裂を許さない」と許世詮所長
・情報不足の沖縄の悲劇
・世論の分断に成功した当局
・松本英子女史に学べ

第二部 永田町に巣食う台湾ロビーの生態

・元自民党秘書が明かした黒いロビー工作の実体
・対日工作は自民党に集中
・真相は墓場に持ち込まれる
・岸信介は台湾ロビーの親玉
・吉田茂の苦渋に満ちた選択
・北京に目を向けていた吉田茂
・台湾を利用した岸の安保改定
・岸信介と蒋介石の深い仲
・石橋湛山と中国
・佐藤栄作と台湾
・北京へ軌道修正した池田勇人
・国民党の腐敗体質と台湾ロビーのルーツ
・反利権の灘尾弘吉
・台湾ロビーの拠点は日華議員懇
・公表されない議員リスト
・急浮上した村上正邦
・台湾ロビーに二世議員が大挙
・目立つ反共主義者
・継承されている青嵐会人脈
・旧公明議員も日華議員懇メンバー
・台湾利権に群がる永田町の面々
・自民党青年局の意外な役割
・大平ブレーンが語る青嵐会の背景
・橋本事務局長が語る日華議員懇
・元中川一郎秘書の証言
・元千葉三郎秘書の証言
・松野頼三がぶちまけた日米安保の役割
・日華議員懇の正体
・台湾ロビーに乗っ取られた自民党外交調査会
・米産軍体制に呑み込まれた自民党安保調査会
・李登輝の思いを代弁する自民議員
・岸信介の孫が自民党外交部会長代理
・対日工作の背後にビジネス
・金丸信の金塊の送り主?
・派閥と台湾ロビー

第三部 対日工作員80年の生涯

・億万長者の死
・上海――香港――東京
・日本の売春婦を手当たりしだいに買う
・尊敬されない日本人
・政治利権を利用して金もうけ
・日本軍に殺された父と妹
・夫婦ゲンカが原因で助かる
・蒋介石側近との運命の出会い
・バナナ貿易でロビー工作
・岸信介と裸のつきあい
・藤尾正行とも深い交流
・岸が一番喜んだバナナ
・パートナーはクリスチャンの美人実業家
・陳――馬ラインは最強の対日工作員
・最初の妻と部下の運命
・六十年前の衝撃的事件を証言  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年6月16日 17:57:24: rWmc8odQao
「2011年の今、アメリカは中国と(日本の頭越しに)完全に手を結んだように見える。台湾は中国と、より一層の一体化を進めているように見える。」

で、みんなで仲良くしますか?
結論が書かれていない気がします。


02. 2011年6月16日 17:59:34: BLII8Mvbng
1 :名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/06/14(火) 18:21:21.42 ID:s6c7Snfd0 ?PLT(12000) ポイント特典

中曽根、李登輝氏を尊敬=菅首相


 14日の東日本大震災復興特別委員会で菅直人首相は、中曽根康弘元首相と台湾の李登輝元総統を「尊敬している」と高く評価した。
中曽根氏については「当時は『田中曽根内閣』と批判したが、首相を辞めた後は、話を聞いていて、日本と政治のことを非常に深く考えている方だと感じた」。
李氏に関しても「台湾の自宅で、日本人が忘れた原点を聞かせていただいた。尊敬する人物の1人だ」と語った。自民党の丸山和也氏への答弁。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110614-00000098-jij-pol

===================================

鋭く切り込む投稿感謝


03. 2011年6月16日 18:25:06: yxstEvnWG6
>>1

原発推進派は、核武装を動機として原発の導入をアメリカから進めた。
この動機には、日本と違い核武装が可能な国際的環境を有していた中国への意識が、深く影響している。
この原発推進派を背後で支援したアメリカは今、その中国と「戦略的パートナーシップ」をとなえ、台湾は今、中国と一体化を進めている。

これらの変化から、記事冒頭@の「地下原発を推進する議連」も、「核武装=脱・対米従属路線」は、アメリカという釈迦の手の上での行為であったこと、アメリカの極東戦略という大きな枠組みがあっての枠組みであったとの認識を持っているはずということを指摘したく思います。
記事冒頭@の「今の日本の政治を支配する勢力」は、「地下原発を推進する議連」以上にアメリカの言いなりの勢力ではと見ています。


04. 2011年6月16日 18:35:39: yxstEvnWG6
>>3
よって、菅が(菅以外の誰が「今の日本の政治を支配する勢力」から首相になっても同じ)脱・原発に舵を切るとすれば>>3の文脈でやると考えます。菅か菅の次の誰かが脱・原発をしたとしても、この範囲内でする。

05. 2011年6月16日 23:18:36: yxstEvnWG6
(投稿者)参照; 日本における台湾ロビーは、アメリカにおける第二次世界大戦前の宋美齢で有名な「チャイナ・ロビー」の流れ、つまり中国大陸における国民党の流れです。

また、第二次世界大戦後において、1953年の朝鮮戦争停戦後には、その政治的影響力と潤沢な資金を、次のように描かれています。

=引用開始=

53年の朝鮮戦争停戦後、「チャイナ・ロビー」と呼ばれる超党派の一大勢力が力をつけた。強力な政治的影響力と潤沢な資金源は、麻薬とCIAだったと言われている。蒋介石率いる国民党は、48年に独立したビルマでアヘン戦争時頃からケシの栽培を続けていた。これを軍資金としていたのだ。実態は、タイ経由(タイ警察まで加担)で運搬し、CIAが運営している航空会社で欧米などへ輸出していた。

 CIAと米軍が麻薬取引にどの程度関与したかは不明だが、CIAの活動資金はこれらの取引によって生み出されていたことも事実である。例えば59年のキューバ革命後、亡命者にアメリカへの麻薬輸入をさせていたのはCIAだ。80年代のレバノン内戦介入時には、麻薬の栽培まで手を広げている。さらにアフガニスタンでのソ連との戦いでは、ゲリラ地域でケシの栽培を盛んに行っていた。

 整理すると、国民党勢力による麻薬栽培や精製を支援していたのがCIAだった。アメリカの自国民を麻薬付けにしてもなお、その資金が必要だったのだ。あらゆる手段での販売で得られた資金は、政界にばら撒かれた。いわゆる「チャイナ・ロビー」がアメリカの外交政策を進めるという構図は、このような資金によってまかなわれていた。この結果、米ソの冷戦状態が続くこととなった。

 冷戦を遂行するCIAや軍は、連邦会議も知らない秘密資金や作戦を拡大させた。これらは「産軍複合体」と呼ばれ、61年にアイゼンハワー大統領自ら非難するほどの国益を損なう勢力だった。後任は43歳のケネディー大統領。フルシチョフが冷戦を終了しソ連を立て直したいとの情報から、冷戦の和解と・終了を提案した。ところが産軍複合体は、これを全力で阻止しようとした。CIAの解体を含む冷戦終結構想は、63年のケネディ暗殺により幕を閉じた。その後ベトナム戦争は泥沼化し、一般人を巻き込み300万人もの死傷者を出した。

=引用終了=

引用元:「米中論 〜何も知らない日本〜」 
    http://www9.ocn.ne.jp/~smatsu/reports/bei/bei2.html


06. 五月晴郎 2014年2月23日 19:29:05 : ulZUCBWYQe7Lk : aeZXwWpQQ6
■日米原子力協定の一週間になります投稿日:2014年 2月22日(土)22時09分33秒

世一良幸さんのツイッターから。https://twitter.com/astroecology

 * 「揚羽 ?@agehataaan ? 2月20日
「戦後教育はマインドコントロール」とか、「戦前教育が正しかった!」って本気で言ってるわけね…。安倍総理はもう頭おかしいし、悪質過ぎる。」


 これを見て、あらためて思ったのですが、晋三さんは、熱心なおじいさんっこだったのでしょう。すなわち、岸信介の言葉を、素直に、その通りと思いながら育った人である、と。
 だから、その発想が、戦前のままになっている、と。

 では、おじいさんと孫の違いは何か?
 これは、アメリカを軸にすると、わかりやすいです。
 おじいさんの場合は、その右翼思想が、たまたまアメリカが始めた冷戦に合致した、と。アカに対抗する岸信介の立場は、A級戦犯として処刑するよりも、利用できる、と。

 孫の場合は、冷戦が終わったので、アカ対策に利用する価値がなくなったところに、右翼思想だけが、爆走を始めてしまった、と。
 アメリカとしては、そこまで戦前ガラパゴスだとは、予想していなかった、と。

 座間宮さんが、1955年の自民党結党と、第一回・日米原子力協定の成立と、原子力基本法の成立の関連を指摘しています。
 これはグッドです。
 そして、そこに岸信介が絡んでいた、と。

 岸信介の知恵。
 原子力協定の本文ではなく、議事録に、日本はアメリカの原子炉を使うという文章を入れる。
 そうすれば、国会でこのことが議論になることはない。
 なぜなら、国会で議論されるのは、本文だけだから。

 岸は、どこからそのような知恵を手に入れたか。
 アメリカは日米協定を結ぶ前に、トルコと結んでいたのでした。
トルコとの協定では、アメリカ製の原発の使用義務のことが、本文に明記されていたのでした。

 岸はそれを見て、日本でこれをやったら国会を通らない、と悟り、議事録に挿入したのでした。
 以後、日本の原発は、すべてアメリカ製であることが決定。
 今に続く、と。

 座間宮さんの非常にわかりやすい解説でした。

 座間宮さんが日米原子力協定に関心を持ったのは、2012年になってからとのこと。
 原発事故がなかったら、関心をもつことはなかったかもしれない、と。

 原発事故は、戦後日本の対米従属の大きな秘密の一つを、暴露させました。

http://8706.teacup.com/uedam/bbs/12758


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK115掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK115掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧