★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK121 > 555.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢氏裁判4億円支払い登記遅れの経緯事実判明(江川紹子Twitter)
http://www.asyura2.com/11/senkyo121/msg/555.html
投稿者 otoppi 日時 2011 年 11 月 02 日 10:25:18: cUHXG0u8x2am6
 

小沢氏裁判4億円支払いの経緯判明
江川紹子 Twitter 2011年11月1日、2日 http://twitter.com/#!/amneris84

指定弁護士の石川議員への尋問は取り調べについて。水谷建設からの5000万円については否認し続けたことを強調。調書の下書きで、石川議員の字で訂正している点があること、二組の弁護団に連日接見していることを強調し、小沢氏えの報告了承を認めた記載にも任意性があると印象付ける尋問が続いた。

続)それに対して石川氏は、「私の弱さだった」「私の後援者や秘書も呼ばれ、逮捕されるかもしれない。私も再逮捕されるかもしれない、という状況だった」「自分の周りに迷惑をかけたくない、我が身かわいさの部分もあった。検事さんからここまで書いても小沢さんの起訴はないと言われた」とし、

続)「判断の甘さ、自分の弱さがあった」と述べた。さらに、検察官には話をしても受け入れてもらえなかったことを訴え、「(指定弁護士も弁護士なんだから)おわかりになるでしょう?」と理解を求めた。

新事実その1:H16年10月29日付の土地移転登記の委任状に記された「登記権者」の「小澤一郎」の署名は、石川氏が代筆したものだった。指定弁護士から書面を示された石川氏は、手にとりじっくり見た後、「私の字です」と。小沢氏の字と似ていると言われると「できるだけ上手に書こうと思った」と

この事実に、指定弁護士は意表を突かれた感じ。おそらく、移転登記を2回にわけ本登記を遅らせることを、小沢氏はこの委任状に署名した時に了承したという想定だったのだろう。

新事実2:小沢氏の4億円を預かった時の状況。小沢氏から電話があり、台車を持って、同氏が個人事務所に使っていた元赤坂タワーズの部屋へ。キオスクなどで売っているようなビニールコーティングの袋に1億円が入ったものが4つ。上には新聞紙がかけてあった。それを台車に乗せて2回に分けて車に運んだ。

これをりそな銀行衆議院支店に持って行けば、目立つし、新聞記者もいるので、いろいろ詮索されるのを避けるために陸山会の口座に数日かけて分散入金した、と。変な噂になるのと秘書としては避ける配慮をした。

新事実3:石川氏は、10/29に毎朝小沢氏の私邸であるミーティングで銀行の書類に小沢氏の署名をもらい、先の4億円を定期預金にして、それを担保に融資を受け、それを土地代金の支払いにするつもりだったが、小沢氏は前日元赤坂タワーズに泊まって不在。それで預担融資と支払いの順番が逆転した

先輩秘書の樋高氏の助言で、手続きそのものを翌年にしようとしたが、売り主側からは支払いは予定通りやって欲しいと言われ、登記のみを翌年にする合意ができたのが10/28。樋高氏からは預担融資の件も助言されており、28日にりそなに申し込みをした。りそなから書類をもらってきた。

りそなから預担融資OKの連絡が来たのは夜になってからだったので、その日は無理と思い、翌朝のミーティングの時に小沢氏の署名をもらうつもりでいたが、小沢氏は前夜元赤坂タワーズに泊まって帰宅していなかったため、朝ミーティングにいなかった。支払いは午前10時の約束。(続く)

(続)やむなく、他の陸山会の口座からりそな口座に送金したりして金を集め、とりあえず約束通り土地代金は支払った。その後、その日のうちに元赤坂タワーズに行って、小沢氏に「4億円を定期預金にし、それを担保に融資を受ける」と説明して、署名をもらった、と。(続く)

(続)土地と担保に融資を受けるより、預担融資の方が利子が安い。それも、預担融資を使う理由の1つ、と。

新事実4:石川氏は大学時代、授業にちゃんと出てなかった。左陪席裁判官は、本登記や仮登記の意味などについて、石川氏の説明があまりに素人的なのを感じてか、「あなたは商学部出身ということだが、民法の授業を受けていたのではないか」と詰問。石川氏は「授業に出ていませんでした…」と。(笑)

政治家の秘書のお仕事についての証言。「我々も気を回して(政治情勢について)いろいろ考えなきゃいけない職業」「(変な噂になることを避けるのは)そういう配慮をしていた」「秘書として(政治家からの)金の出所を詮索することがないのは、私だけでなく、他も同じだと思う」

逮捕直前にも弁護士に相談できただろう、という指定弁護士の質問に対し、「私の選挙区の支援者、東京の支援者も特捜部から呼び出しを受けておりまして、マスコミの報道も金須知、毎日、どんなに酒を飲んでも2時3時には目を覚ますような状態で、とてもちゃんと相談できる状態ではありませんでした」と

石川氏は、指定弁護士の事情聴取や証人テストに応じていない。なので、指定弁護士の尋問と小沢氏の弁護人の尋問を比べるのはフェアではない。が、石川氏の弁護人と、小沢氏の弁護人を比べるのは構わないと思う。はっきしゆって、雲泥の差というのはかなり控えめな表現。

今まで、小沢氏の4億円が陸山会に渡される具体的な場面すら、石川氏の公判では、検察側からも弁護側からも明らかにされてこなかった。こういう基本的な事柄が、ようやく小沢公判で出されつつある。という意味で、小沢公判はとても意味のある裁判になっていると思う。

優れた弁護人は、依頼者や弁護側証人にはむしろ厳しいと聞く。石川氏も、喜多村弁護士から厳しく事実を追及され、自分としっかり向き合うよう諭されたのだろう。供述態度の変化に、彼の人間としての成長を感じた。彼がそういう弁護士に頼んでいれば、その裁判も違った展開になっていたかもしれない。

裁判所も弁護人も検察側の土俵で動いていた陸山会裁判と違い、指定弁護士も弁護人も、それぞれ証拠を細かく精査し、新たな土俵を作ろうとしている小沢公判。ただ、指定弁護士側は検察側が集めた資料や調書で勝負せざるをえないところが苦しいかも。弁護側は自分たちが集めた事実を究明しようとしている

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月02日 10:39:24: 5wUqpMSquc
石川氏の弁護団も、ヤメ険弁護士ではなく、きちんと検事と対峙できるまともな弁護団に変えるべきですね。

02. 2011年11月02日 11:16:06: KhXN3B93K2
マスコミはこういう事実を淡々と伝えればいいだけ。

変に脚色するから事実がゆがめられてしまうのだ。

江川さん,いい仕事をしてますねぇ〜

Good job


03. 2011年11月02日 11:30:06: D1Sxrs3YkI
産経新聞の裁判ライブで手にとるょうに分かる。
産経だけが全て伝えている。

04. 2011年11月02日 11:39:36: BAZeGCEiYk
すごいな。検察やマスコミは今まで臆測で書いてたのか?

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110608/trl11060821460008-n1.htm
“検察官役の指定弁護士は、陸山会の会計事務担当だった石川被告が小沢被告から受け取った4億円で東京都世田谷区の土地を購入後、小沢被告の関連政治団体から集めるなどした別の4億円で定期預金を組み、これを担保に銀行から同額の融資を受けたと主張。”

事実:定期担保が小沢氏個人のカネ。土地購入が政治団体保有の別のカネ

世間では土地購入資金の説明がブレるなどと小沢氏が批判されてきたが、
指定弁護士(検察資料)もマスコミの説明も間違いじゃん。
公判になって、個人のカネは定期だとブレてるじゃん。↓

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201110/2011102800050
 石川議員は、受け取った4億円で定期預金を組み、それを担保に銀行から同額の融資を受けた。定期預金は陸山会名義になっており、検察官役の指定弁護士側は4億円が陸山会のものだったことを示す事実とみている。

小沢氏個人のカネは土地購入に使われたと言っておきながら、今さら定期だとして、名義がどーのっておかしいだろ。
こうなると事件自体がまったくどうでもいいことにしか思えないが、マスコミ自身も誤解してたのに、
小沢氏本人がこんな操作を把握してたなんてよく言えるな?


05. 2011年11月02日 11:39:42: AWoneZly3Y
産経のライブだけは、いつも感心してる。それだけなんですが、、、

06. 2011年11月02日 11:40:55: lGQ9x4NIUs
江川紹子さんには、「4億円支払い登記遅れの経緯事実判明」と言う些細な問題ではなく、「小沢一郎の“隠し資産”は10億円を越える」も究明して欲しい。

[1](1)政治資金で個人資産10億円相当購入(政治資金規正法違反)
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/232.html#id_a2884791
小沢一郎が"税金で"購入した隠し資産(10億円以上)を世界初公開(英語版⇒こちら)
小沢一郎は、政治資金で本名「小澤一郎」の名で10億円以上の個人資産を購入しています。
動画にあるとおり、どの不動産も政治活動のための不動産には全く見えません。

[2] 小沢の「隠し資産」暴いた「週刊現代」が全面勝訴
2008年7月号 DEEP [ディープ・インサイド]
http://facta.co.jp/article/200807042.html
いわゆる小沢氏の不動産問題を取り上げた「週刊現代」の記事で名誉を毀損されたとして、小沢氏と民主党が講談社と著者の長谷川学氏らを訴えていた。その控訴審判決で、東京高裁(柳田幸三裁判長)が「記事は真実であり名誉毀損に当たらない」として1審の東京地裁判決を支持。小沢氏側の請求は棄却され、講談社側が勝訴したのだ。

週刊現代(06年6月3日号「小沢一郎の“隠し資産”を暴く」)は、小沢氏の政治資金管理団体「陸山会」が都内などにマンション10戸、6億円以上(その後、さらに買い増しして現在は10億円超)を所有していることを調査報道で明らかにし、その全てが小沢氏名義であることなどから、小沢氏の実質的な「隠し資産」ではないかと追及。
この記事に小沢氏は「『絶対に許さん!』と激怒した」(民主党関係者)という。

[3] 小沢一郎の正体!「小沢一郎の“隠し資産”は10億円を越える」
政治資金を資産形成に悪用!
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51307458.html
小沢一郎氏の隠し資産は軽く見積もっても10億円は下らない。東京港区のマンションを始め、判明しているだけで11件の不動産が小沢氏名義で所有されていた。
 勿論、ここに小沢氏が住んでいるわけではない。東京都港区赤坂御用地の近くに建つ「ラ・セーラ南青山」という12階建てのマンションには一室を持っていた。地下鉄半蔵門駅から2分という便利さである。
 そのマンションの集合郵便受けには表札もなければ、郵便やチラシが入れられないようにガムテープが張られていた。つまり誰もそこに住んでいないか、もしくは郵便や新聞、チラシを受け取る必要の全くない方が利用しているのであろう。
 このような小沢氏の「隠しマンション部屋」は10以上あり、そのうちの8つは都内一等地にあった。地元の岩手県盛岡駅前に一つと宮城県仙台市の県庁近くにも一つ持っている。どちらも高級マンションである。
 なぜこれが「隠しマンション」といわれるかと言えば、政治家の「議員資産等報告書」には一切記載されていなかったからだ。小沢氏が自ら明らかにしてきた個人の資産というものは、世田谷区の自宅、岩手県水沢市の自宅、静岡県東伊豆町の保養地だけである。
 では、なぜこれほど多くのマンションを小沢氏は購入したのであろうか?小沢氏が初めてマンションを購入したのは1994年であるが、この年に4ヶ所購入している。
 その後、1995年に1ヶ所、1999年に1ヶ所、2001年に2ヶ所、2003年に2ヶ所となっている。これらの購入資金はその殆どが自らの政治団体『陸山会』から支出されていた。
 つまり、政治活動に使うと称して資金を集め、そのお金でせっせとマンションを買い漁っていたわけである。取得目的を小沢氏の事務所では「敷金、礼金などがかかる賃貸物件に比べ、所有した方が経済的」と述べている。


07. otoppi 2011年11月02日 11:52:14: cUHXG0u8x2am6 : ATRXZdmC92
>>03
残念ながら産経新聞の報道内容は信用できない。

産経新聞の裁判ライブは早く細かく報道しているのは事実だが、記者解釈による「 」表現や、意図に反する尋問・証言の省略が今までにもあった。

2010年1月13日の西松事件第2回公判での検察側証人ダミー団体認識否定証言は、見事に無視されていた。その後、秘書逮捕のドサクサの中で西松事件訴因変更が行われた。


08. 2011年11月02日 12:05:55: BAZeGCEiYk
しかし、何なんだこの「犯罪」とやらは。
土地購入に使われた小沢氏個人のカネを隠したんじゃなくて、土地購入には不要なのに定期という形で世に出しただけではないか。

・預担融資などしなければ4億はそのままで虚偽記載になり得ない。
・陸山会名義ではなく、小沢氏名義で定期を組んで融資を受ければどこからどう見ても小沢氏個人の資金操作であり、
 小沢氏名義の融資が陸山会に貸し付けられるまで陸山会は関与せず、定期のカネが陸山会に貸されたとする理由はまったく無く、
 これまた虚偽記載になりようがない。
・逆に、小沢氏からのカネを正式の借り入れとして陸山会名義の定期で陸山会名義の融資を受ければ、
銀行融資は実質的な収入ではない(銀行に4億渡して4億受け取った)ので記載不要とされる可能性もあり、
収入欄の借入金は小沢氏からの4億で終わり。虚偽記載にならない。
銀行融資も記載すべきとされたとしても、借りたの銀行なんだから、少なくとも「小沢氏から借入金8億」などという
検察が主張する自体にはならない。

石川氏の行った資金操作の曖昧さだけが虚偽記載の可能性を臭わせるだけで、
政治資金規正法の趣旨に反するような違反など見あたらない。
どうしても辻褄が合わないと言うなら、名義変更でもすれば解決する話である。


09. 2011年11月02日 12:06:52: dD2z5MjaDo
01さん
>石川氏の弁護団も、ヤメ険弁護士ではなく、きちんと検事と対峙できるまともな弁護団に変えるべきですね。

まったく同感ですが有能な弁護士を雇うにはお金が要るのではないでしょうか。

●お金が要る。

私はそう感じたのでだいぶ以前に石川議員の支援カンパをしました。
(石川議員のホームページには「裁判支援カンパの御願い」があります)
        ↓
http://www.tokachi-ishikawa.com/

石川議員は今後も採番を続けることになりますから、弁護士費用等々どうするのでしょうか。

若い人たちをこのようにして社会の餌食にしてゆことに耐え難い悲憤を感じます。

冤罪でどれだけの血税と、どれだけの人々の人生が狂わされるのか。

司法と政治(仙谷)の犯罪を許せない!

それにしてもこのクラスの弁護士は顔を検察の方に向けているのではないかとさえ思えてくる。(判検癒着の延長線上にあるのではないかと・・・・)


10. 2011年11月02日 12:16:13: oXjyYrHR4I
>06
>小沢氏の隠し資産は10億円を超える・・

 今この問題は裁判とはまったく関係ない。鳩山家の1年間の「お小遣い」程度。10億円で驚くような「ケツの穴の小さい男」は口出さない方が良い。
ヤクザと付き合い引退した島田紳介や司会業のタモリなどは、もっと資産がある!


11. 2011年11月02日 13:02:19: TwD20Z9kC6
もう、どう見ても何の犯罪性もないだろ。明らか。

4億円は検察が2年もかけて税金数十億使っても違法性は立証できなかった
わけだし、その時点で修正申告の範疇で済むだけの登記のズレという
だけ。

そこへ、くじ引き?と、国民をバカにしたやりかたで刑法もろくに知らない
くじ引き一般市民になんと、人を起訴できるという起訴権を信じられないが
有するというバカ丸出しで、おまけに告訴人を隠匿というこれまた北朝鮮もびっくりのなんでもアリ状態で大手デマゴミ、記者クラブ使って人物破壊キャンペーン
の乱痴気騒ぎ。

もともと、冤罪を仕掛けた検察はデマゴミを使って小沢氏の
人物破壊キャンペーンを行い、政治権力を奪い大きな改革を
させたくないだけだから、検察審査会の法改正を行い、検察自分たちは
責任を負わない形で在特会の犬共に小沢強制起訴を仕掛けたわけだ。

その過程で司法も行政とグルで三権分立など機能してないことが
明らかになり始め、今に至る。。。

ろくでもない霞が関の国賊どもの正体が戦後何十年も経って
やっと多くの国民に見破られ始めてるという昨今。

利権に関係ない一般国民はたまったものじゃないわな。

死刑だろ。霞が関の腐れども。

その仕組みを知っている多くの政治家どもも単なる税金泥棒で
一般国民の屁の役にもたってない。イラネ。


12. 2011年11月02日 13:06:53: S57QJHub3w
>06. 2011年11月02日 11:40:55: lGQ9x4NIUs

なんだ。無脳な壊れたスピーカーかよ。おまえさんのお仲間にはTPP推進論者がいたり、自民党ネットサポーターズがいたり、みんなの党支持者がいたり、弱者を蹴散らす優勝劣敗、新自由主義支持が多い情弱ネトウヨばっかだな。阿修羅に工作しにくるやつらは。


13. 2011年11月02日 13:11:15: BUptgk6iyw
石川さん自身の再審にあたって、弁護団の変更を求める諸氏の意見に賛成します。是非、郷原弁護士にそのすべてを委ねてほしい。

14. 2011年11月02日 14:23:38: Zc4LsHROVM
6番さんへ
小沢さんが潤沢な資産を保有していること自体に妬みを覚えると感じますよ。
しっとを感ずる対象は他にいくらでもいますよ。
あなたもいい人生を歩んでいないようですね。
人を妬むひまがあったら、自ら稼ぐことをかんがえたほうがいいですよ。

15. 2011年11月02日 14:35:41: 47ymqusthI
>>06さん

>小沢一郎は、政治資金で本名「小澤一郎」の名で10億円以上の個人資産を購入しています。
>判明しているだけで11件の不動産が小沢氏名義で所有されていた。

陸山会など政治団体は、権利能力なき団体という事で、登記はすべて小澤一郎個人でなければ登記ができない。
個人の所有で当たり前。

>なぜこれが「隠しマンション」といわれるかと言えば、政治家の「議員資産等報告書」には一切記載されていなかったからだ。

そうだろう、名義は小澤一郎個人だが、実態は政治団体のものだから「議員資産等報告書」にはいっさい掲載することはできないだろう。もし掲載したらそれこそ虚偽記載だろう。
他の議員も同様掲載していないのでは。


16. 2011年11月02日 14:43:17: YKRTklKkr2
03. 2011年11月02日 11:30:06: D1Sxrs3YkI産経新聞の裁判ライブで手にとるょうに分かると言うが・・・産経新聞は朝日、読売と並ぶ「反小沢」の急先鋒で世間的に信用が無いので・・産経新聞の裁判ライブで信用する人は.いない。

17. 2011年11月02日 14:45:12: bbWxr5WbJY
石川氏も検察の土俵で弁護するようなヤメ検弁護士を解任して控訴審は戦うべきですね。
村木さん勝訴の三大要因は;
   (1)優秀な弁護士
   (2)(1)の実現と法廷闘争資力(旦那含めての家庭の財力)
   (3)意志の強さ
マッチポンプの落目旭日新聞は(3)だけとりあげ村木さんは立派だという。
    

18. 2011年11月02日 14:47:58: k5xGGqRp9g
結局はね
小沢一郎は保たない=日本は保たない
という言論核心イメージというのはね。

戦線後退しか存在しない棄民官僚みたいなもんなんだよ。
左翼言論は即刻棄民はやめて、ソーシャリストのアイデンティティに復帰すべきだね。


19. 2011年11月02日 15:05:33: maxkpWHZCo
06さんは在特会の方なんでしょ
せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:小沢一郎の正体!のコピペはつまんね
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/
法を犯す在特会の連中じゃ
お里が知れてるよ
ノータリン暴力集団

20. 2011年11月02日 16:14:28: erQZQH93SM
伝聞だけど石川議員のヤメ検事弁護士は佐藤優さんの推薦だと・・・?
宮崎学さんが何度もヤメ検事弁護士は止めろと言っていたが
石川議員はヤメ検事弁護士を使い続けた−−−>完敗

21. 2011年11月02日 16:21:23: wLzLwQjRoc
ベンツの原チャリで5キロオーバーしたかもしれんから、強制捜査して起訴。

猛烈にヒマなんだね


22. 2011年11月02日 16:51:46: mp6fw9MOwA
>>09さん

ヤメ検弁護士も費用は高いのではないでしょうか。
ヤメ検は検察に顔が利くので、罪が有る場合はその罪が減額されるとの癒着が有ると思います。
しかし、検察に違法が有る場合には、検察の味方となりながら、検察の求刑より軽い罪での決着を落とし所としていると推認できます。
検察の土俵の上での裁判で有り、正義・法律ではとの観点からの議論は無いのでしょう。
中立であるべき裁判官も検察の土俵外の議論とならないように仕向けているとも考えられます。
判検交流制度が裁判の土俵は検察の描いた筋論の中でとの暗黙のルールを作っていると思われます。
小沢裁判では司法関係の問題点がこれからもどんどん出てくるでしょう。
司法関係者は時間稼ぎの長期裁判で実質上小沢さんを幽閉しようとしたが、これが司法関係の問題点を顕在化する道で有った事を感じ始めて、如何に収拾すべきかとの新たな難問に出くわし面喰っているだろう。
検察審査会を違法に利用した主犯とみられる仙谷はその存在感がなくなり、民主党議員からも表の社会で堂々と批判されている。
仙谷の違法行為は明らかとの情報を得ている人がかなりいると推測される。


23. 2011年11月02日 17:33:51: S9upsINwPc
>>06

>なぜこれが「隠しマンション」といわれるかと言えば、政治家の「議員資産等報告書」には一切記載されていなかったからだ。

政治資金収支報告書の方に政治団体の資産として全部記載してあり隠していない。
議員資産として報告しないのは当たり前だ。
資産として書いたら、実態が異なるため逆に違法になる。



24. 2011年11月02日 18:22:16: VakF4nKSH2

>>06さんが書いている下記の事実は重い。

「東京高裁(柳田幸三裁判長)が「記事は真実であり名誉毀損に当たらない」として1審の東京地裁判決を支持。小沢氏側の請求は棄却され、講談社側が勝訴したのだ。」

つまり、小沢の隠し資産だという講談社の主張が司法の場で事実認定されているのである。

「6億円以上(その後、さらに買い増しして現在は10億円超)」という隠し資産が司法の場で認定された小沢。

国会議員としての道義的責任上問題なのは明らかだ。
この隠し資産についても小沢を徹底的に証人喚問で追及しなければならない。


25. 2011年11月02日 18:33:47: 79xEP8DoCg
2年という時間と30数億円かけながら、今頃新たな事実が出てくるということは、特捜部が極めて「無能」ということだ。
退職金を1/3にしてでも、30数億円は国庫に返納しろ。
裏金も今のうちに明朗会計にしておけ。

>>06 lGQ9x4NIUs
ゴロツキ在特会は黙れ。 (せと弘幸はゴキブリ新風連だ。)
http://www.asyura2.com/11/senkyo121/msg/510.html#c1


26. 2011年11月02日 18:49:30: ZrMDpsyito
 江川さんの記述は、マスゴミの腐敗記事に比して、はるかに正確、公平な視点で書かれ、的確な分析がなされている。
 朝非、塵売り、3K、塵埋日新聞は、江川さんを高額で雇い、ジャーナリズムの基礎から学び、各マスゴミの社説、論説などの書き方を教えてもらったらどうだ。


27. 2011年11月02日 18:57:51: 5kdGKRZxW6
江川氏の記事が弁護士評定等にとどまらず、その記事が端緒になって司法や金権政治家の不正等が正された時には、拍手を送りたい。

28. 2011年11月02日 19:02:56: DLTl1dsGdc

金や不動産は持っていてもいい。

問題は、どう犯罪につながるかだ。
検察は、十分に調べたが「事件の証拠ない」と判断した。

強制捜査権のある側が、血眼になって「犯罪調べた」
なかった、ということ。

憶測では実証できない 犯罪の不成立!


29. 2011年11月02日 19:19:03: DYgZcAEmBU
石川議員の弁護士は変だと言う噂はよく書かれていますね。
辞め検ではなく、きちんとした弁護士に替えるべきと思います。

石川議員を応援する国民より


30. 2011年11月02日 19:25:07: VakF4nKSH2
>>28
>金や不動産は持っていてもいい。

法に則っていればね。

小沢は資産公開でウソをついていたわけで、これは重大な問題だ。

「政治倫理の確立のための国会議員の資産等の公開等に関する法律」の違反である。

巨額の不動産が小沢の隠し資産であることは、>>06さんの書かれているとおり、司法の場で事実認定されているのだ。

このような小沢の巨悪は徹底的に追及する必要がある。


31. 2011年11月02日 19:27:30: m4DeACTjsY
サンケイなどの記事は表題の大見出しから偏向丸出し
検審不利な材料の中からいかに小沢悪しという見出しにするかという事しか頭にない。

32. 2011年11月02日 19:30:51: JwDwgGy09c
>>24.
早くもこの裁判の敗北を認めたのか。
裁判の動向を見れば、別の話に話題をそらしたいという気持ちは分からないでもないが、今行われている裁判について何も言わないのはまずくないか?
独自の分析とか、しないのか?



33. 2011年11月02日 19:46:36: zxRwWYtUnA
24=30のヴァカがまた出現。しんねりとした書き方で揚げ足取り。性格モロだしだねえ。

34. 2011年11月02日 19:48:57: 79xEP8DoCg
>>24. 2011年11月02日 Vaka 18:22:16: VakF4nKSH2 >>06が書いている事実は重たい。
*******
前にも似たようなことを書いて、いじられていたな。
http://www.asyura2.com/11/senkyo120/msg/651.html#c18

35. 2011年11月02日 20:08:40: 93oerKoWCQ
小沢vs検察=旧体制のケンカねたで騒ぐのもいいけどよ、
小沢もそろそろいい年だ。

小沢の最終目的である、旧体制解体=日本再興を実現するために
なすべきことを、小沢抜きでも遂行できる体制が必要だろ。

脱原発、地方分権、メディア解体、どれでもいいが
票をまとめる目標とリーダーを作らんと、旧体制の思うままだぞ。


36. 2011年11月02日 20:20:35: eTVUqn9eqw

江川さんが紹介してくれたことによって、
検察やマスコミのストーリーと異なる4億円の流れの事実が見えてきたし
前回のまとめで、登記の期ズレは、不動産屋からの提案と判明した。

石川氏が「虚偽記載」として有罪判決をうける理由は何もない。

ほんとうに、いままでの石川裁判はなんだったのか
喜多村弁護士や、弘中弁護士の理路整然とした指摘がよくわかる。
指定弁護士が、小沢氏の関与を強く意識させようと
署名を出して、石川氏のものということを言われてあてがはずれたことも
臨場感がよくでていてわかる。
わずか3回ぐらいで、はやくも検察のストーリーがががらがらとくずれていく。

それにしても、
ミスター推認の誤審はひどいし、マスコミも事実を報道しきれていない。
さらに
石川氏の弁護士は、なぜこのような簡単なことをきちんと
整理して、ミスター推認に指摘できなかったのか
無能としかいいようがない。


37. 2011年11月02日 20:28:50: ogCW9CSIZg
小沢Gをもっと深化させた「小沢塾」、秘書連だけでなく
議員連まで広げてやるべきだと思うよ

裁判は長引く
小沢さんはその間ずっと国政に関われない
それは小沢陣営なるものが強大なアメリカスパイ陣営に政治闘争で負けたのだから
ある程度仕方ないと諦めも付く

だが、だからといって彼を遊兵にしたまま失うのは日本の歴史にとって損失だ
せめて礎になって欲しい
中興の祖になって欲しい

現実的な話ではその辺りが多分限界だろう


38. 2011年11月02日 20:43:17: Y7rfzW7tm2
>01 09 13 17 22
全く同意件です 以前からいい加減な弁護士たちだと思っていました
彼らは弁護のための研究をしているとはとても思えない
阿修羅を含めていろんな助言が出ていても読んだ形跡もない
当然のはずの無罪を勝ち取る意気込みが全然見えない
むしろ 被告の足を引っ張り 検察や裁判官と談合で
落とし所を探っているとしか思えなかった
その結果が  落とし所どころ どころか まったくの検事ペースの判決
ヤメ険は獅子身中の虫だ

ヤメ検に気を使ってか 指示なのか検事のことを「検事さん」なんて呼ぶお人よしぶりはやめましょう
あなたの そして女性秘書の方の分も 怒りや悔しさがすべて見えなくなり 強権による過酷な取り調べではなく
「和やかに談笑した」お話合いにすり替わってしまう>>20
「佐藤優さんの推薦」ですって
とんでもない たぶん鈴木宗雄氏も佐藤氏自身も有罪にした弁護士でしょ

絶対更迭

お金のこともありますが 
国民注視の裁判です
きちんとやれば 無罪の判決あたりまえ
しかし 一度有罪になっているのですから
劇的逆転無罪
弁護士にとって最高の見せ場になります
弘中弁護士と相談して 新任の弁護士を選任すべきです
きっと 相談に乗ってくれ しかも当然の無罪を勝ち取れる人を
紹介してくれますよ

先日の敗訴は (裁判官の悪意は措いて)弁護士の無能 もしくは悪意の結果だと思います

もう一度
ヤメ険断固更迭すべし
もう一度


39. 2011年11月02日 20:46:13: ZElsOjGJwE
石川氏は脇が甘い、要するに騙されやすい。

自分のことをしきりに「弱い」と言っているが、弱いから佐藤優氏に取り込まれてしまったのかも・・

「悪党」なる本の出版も佐藤氏の影響を相当受けている。
この本の題名や装丁は気分が悪くなる。

石川氏は佐藤氏とは全く反対の性格であることに早く気付いて欲しい。
このままでは石川氏は破滅する。一刻も早く佐藤氏から離れたほうが良い。


40. 2011年11月02日 20:48:29: tCTeyFIUac
>>28

>金や不動産は持っていてもいい。
問題は、どう犯罪につながるかだ。

基本的に財産権は自由です。(憲法・財産権の自由)

また、基本的に政治活動も自由です。(憲法・表現の自由・政治活動の自由)

政治にはお金がかかります。

  「政治活動の自由」には政治に金を使うことも含む。

また、どう契約しようとしまいと勝手です・・これを「契約自由の原則」といいます。

政治家が不動産や資産を持ってはいけないとする決めは「政治資金規正法」を含め、どこにもない。(財産権の自由・政治活動の自由)


憲法は「良心の自由」を含め、上記広範な自由を保証しています。

また、憲法は「公正な手続」を保証している。(罪刑法定主義)。

法治国家たる所以です。

小沢秘書関係の裁判で起訴されて問題になってるのは、政治資金規正法第12条(虚偽記載)です。それ以外ではありません。

ここに出てくるような小沢さん関係の問題は、法治国家・民主主義国家日本として何一つ問題になるもの、問題にするようなものではないのです。


41. 2011年11月02日 20:59:57: 5o0hN8YtHE
「指定弁護士側は検察側が集めた資料や調書で勝負せざるをえない」と云うことですね。
石川氏の、公の場での証言は納得できますね。
小沢公判は、何を裁いているのやら。検察の密室地獄ばかり目立つ。
検察特捜部、検察審査会、指定弁護士の制度の不備を正して下さいね。

42. 2011年11月02日 21:03:21: BWM3c5R6Y6
「和順庭の四季おりおり」ブログに、裁判を傍聴して思ったことを書きました。

「検察捏造調書発覚!石川証言の小沢氏裁判:第四回公判」
 
 http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-1426.html

なお、「和順庭の四季おりおり」ブログの常にトップにあるツイートテレビでもこのことについて発信しています。ツイートテレビホームページにも動画を挙げています。


43. 2011年11月02日 21:13:45: 0EopofEgjc
>やむなく、他の陸山会の口座からりそな口座に送金したりして金を集め、とりあえず約束通り土地代金は支払った。その後、その日のうちに元赤坂タワーズに行って、小沢氏に「4億円を定期預金にし、それを担保に融資を受ける」と説明して、署名をもらった、と。

これって土地代金は、小沢の個人的な金じゃなく、陸山会が最初から仲介業者に支払ったって事?
ならなんでそんな事くらい検察は把握できなかったんだろう。
通帳見たりすればすぐに分かるはずだと思うんだけどな。
どうも釈然としないな・・・


44. 2011年11月02日 21:16:31: YXmjHX2xLo
石川さんに裁判費用として少しカンパしました。その連絡欄に『弁護士を代えたほうがいい」と書き込んでおきました。無罪になる裁判を長引かせているのはひとえに無能な弁護士と一連の流れの中で感じていましたので。人生を台無しにしないためにもここは石川さんも一考して欲しい。

45. 2011年11月02日 22:43:09: VakF4nKSH2
>>40
>基本的に財産権は自由です。

財産権は自由だが法に触れてはならない。
あたりまえのことだ。

ところが法に群れることを小沢はやったのだ。

具体的には、「政治倫理の確立のための国会議員の資産等の公開等に関する法律」の違反だ。

巨額の不動産が小沢の隠し資産であることは、>>06さんの書かれているとおり、司法の場で事実認定されている。

つまり前記の法に触れていることは明確なのだ。

金に汚い小沢を徹底追及すべきなのである。



46. 2011年11月02日 23:06:49: GEXiI4JUow
24へ
裁判の結果だっていい加減だぞ。
八百長は存在しないと認定されて日本相撲協会が講談社かどこかに名誉棄損で勝訴したが、最近では実は八百長があったと協会が認めたよね。

47. 2011年11月02日 23:37:47: 79xEP8DoCg
>>03. 2011年11月02日 11:30:06: D1Sxrs3YkI
産経新聞の裁判ライブで手に取るように分かる。
産経だけが全て伝えている。⇒ 誤報
**********

産経が毎回、捩じ曲げライブを書き殴っているが、カス記事で閲読に耐えない。
江川紹子レポートだけが裁判のポイントをその都度伝えている。


48. 2011年11月03日 00:02:24: EoqMriFmUh
これで、石川有罪は正しい判決であると言うことが証明された。
金に汚いというだけで小沢は当然有罪である。

49. 2011年11月03日 00:04:50: idzlETCWAI
44さまのおっしゃる通りです。石川氏はすぐ44さまへメールで返信するべきです。ヤメ検を辞めさせれば不肖私も支援するつもりです。(だって辞めなければまた負けてしまうから)

50. 2011年11月03日 00:06:08: E2KCMWID9m
>24

この判決の意義は、週刊現代が真実であると信じたのは合理的であり、
したがって、名誉毀損には当たらないというものであり、
小沢一郎の隠し資産であるかどうかは、一切判定されていない。

この裁判はあくまでも、記事の記載が名誉毀損に当たるかどうか、

つまり
この記事が、小沢一郎氏の名誉を毀損するとの意図を持って書かれたものであるかどうかを判定したものに過ぎない。


51. 2011年11月03日 00:15:14: VKVaNmg9Yp
ほんとに、産経の悪意に満ちた記者の感想、形容詞、比喩など、読んで気分が悪くなる。
なんで淡々と書けないのか。
客観的な報道に必要な文章が書けないなら記者失格。

あっそうか、読者には真実を知らせず偏向して、自分の頭で考えさせないように洗脳する文章を書いてるのね。


52. 2011年11月03日 00:15:24: bpLvYYonXo
>>45
検察をなめるなバカ。

それが事実なら小沢はとっくに起訴されてる。

小沢を起訴したくて堪らない検察が白旗を揚げた。

この事実で十分。

後はお前の「希望」「妄想」「お願い」だけだw


53. 2011年11月03日 00:24:47: EoqMriFmUh
弁護士を変えても事実は変わるものではない。
石川は二審でも一審と同様の判決が出る。

54. 2011年11月03日 00:46:16: 0EopofEgjc
>>24が騒いでる>>06の訴訟の話って、確か民訴じゃないの?
それにねい良き損かなんかで小沢側が訴えて敗訴したってだけじゃん。
罪にも何にもならんぞよ―w
それに確か記事にされたうち、マンション2部屋分だけが事務所で使ってる実態がないとか言って、損賠棄却されたんじゃなかったっけ?
なんか反小沢カルトって、相変わらずミソもク○も一緒だな〜w

55. 2011年11月03日 01:13:19: iOJxcgZyaE

マスコミも検察も想像を膨らませ、悪の連想を増幅しただけ。

こうやって、ひとつ一つの事実を証左していくと、とんだ茶番劇、劇作となるかも

マスゴミも赤っ恥もいいところ。

裁判が進むにつれ、バツが悪くなり、報道が極端に減ってきている。


56. 2011年11月03日 01:50:54: tCTeyFIUac
>>45

>ところが法に群れることを小沢はやったのだ。
>国会議員の資産等

資金管理団体等を含む「政治団体」を保有する事は憲法で保証されている、結社の自由、政治活動の自由です。

公開が義務ずけられているのは、文字通り「国会議員の資産等」です、「政治団体」のものではないので問題ありません。

ものごとにはすべて意味があります。

>巨額の不動産が小沢の隠し資産であることは、>>06さんの書かれているとおり、司法の場で事実認定されている。

 裁判とは、検察官《行政》の「起訴状」による「公訴提起」に依り始まる(刑事訴訟法256条1項)。

その上で裁判官〈司法〉が「公訴事実」について事実の存否を判定して法を適用するもの。

公訴提起は検察官(行政)のみに許される。(刑事訴訟法247条)

裁判官〈司法〉が勝手にやってしまうことはできない。(三権分立)

⇒「事実認定」(刑訴法317条)の「事実」とは、「公訴提起」された「事実」(公訴事実)でなければなりません。(重要!)
 
この部分は「公訴提起」もされていないのです。(検察官の「冒頭陳述」のことではありません。)

 公訴提起(起訴)されているのは、「政治資金規正法第12条(虚偽記載)」のみです。

     したがって、「事実認定」などしてないのです。


「事実認定」の要件を満たしてない、マア余興の部分、与太噺と受け止めればいいでしょう。

適式なる「事実認定」なしで有罪としたもので憲法違反です。


(「証拠」が無いので無罪判決(刑訴法336条)のところ、「推認」と称して検察の「冒頭陳述」をパクって有罪判決とした違法判決でしょう。これらは憲法で保証する「公正なる手続」(罪刑法定主義)に反するものです。)


57. 2011年11月03日 02:39:03: mVwAbr3AdU
元福島県知事佐藤栄佐久のとき、殆ど無罪なのに形式上有罪になった。
どうなるかは、裁判官次第の所もあるのではないか?
絶対油断するな。

58. 2011年11月03日 02:52:42: Y199doqvv6
江川さんの公判傍聴記というか傍聴メモというのか分からないが、ポイントが書かれていて、大変参考になる。

気づいた点、気になった点も含めて私の感想。

>新事実その1:H16年10月29日付の土地移転登記の委任状に記された「登記権者」の「小澤一郎」の署名は、石川氏が代筆したものだった。指定弁護士から書面を示された石川氏は、手にとりじっくり見た後、「私の字です」と。小沢氏の字と似ていると言われると「できるだけ上手に書こうと思った」と

・先ず、細かいことだが、「登記権者」という用語はない。正確には「登記権利者」略して「権利者」ともいう。対する用語は「登記義務者」略して「義務者」ともいう。不動産登記の用語であり、根拠は不動産登記法60条(共同申請)「権利に関する登記の申請は、法令に別段の定めがある場合を除き、登記権利者及び登記義務者が共同してしなければならない。」から来ている。また、仮登記の段階では、登記簿には「権利者」と記載され、「所有者」とは書かれない。本登記の段階で「所有者」と記載される。そこで仮登記の委任状には、買主側は「権利者」と表記する場合が多い。
 http://deisui.sakura.ne.jp/data436.gif

・次に、江川さんの傍聴記だと、H16年10月29日付の土地移転登記の委任状ということだから、これは仮登記の際、法務局に提出された委任状ということになる。それでは、H17年1月7日の本登記の際、法務局に提出された委任状は誰が書いたのだろうか。そしていつ書いたのか。この委任状も石川氏がH16年10月29日に代筆しておいたのか。もしそうなら、いわゆる「期ズレ」(江川さんは「期ズラシ」が正確ではと言っているが)の共謀に小沢氏が関わった根拠がさらに薄くなる。いずれの委任状も法務局に30年保存されているのだから、どちらの弁護士も確認できる。なぜ仮登記の委任状だけ出してきたのか疑問。

>新事実3:石川氏は、10/29に毎朝小沢氏の私邸であるミーティングで銀行の書類に小沢氏の署名をもらい、先の4億円を定期預金にして、それを担保に融資を受け、それを土地代金の支払いにするつもりだったが、小沢氏は前日元赤坂タワーズに泊まって不在。それで預担融資と支払いの順番が逆転した

・「先の4億円を定期預金にして、それを担保に融資を受け」ということだと(陸山会名義で借りた場合と仮定する)、法律的には、その4億円は物的担保、小沢氏は物上保証人ということになる。会計処理上、小沢氏からの4億円は仕分の対象ではない。例えば、ある会社が、緊急に資金が必要となり、銀行からお金を借りる際に、社長個人の定期預金を担保にした場合を考えてみれば分かる。会社としては、銀行からの借入は会計処理するが、社長の定期預金は会社の会計処理の対象外だ。

・ただし、りそな銀行からの借入は小沢氏個人で、小沢氏が陸山会に又貸ししたことになっている(陸山会名義での借入は、りそな銀行の場合難しかったのかは明らかにされていない)。それが、H16年度の政治資金収支報告書に記載されている。第三者の預金であれ、自分の預金であれ、担保は会計処理の対象外。小沢さんの弁護団はこの理屈だろう。私は、会計の専門家ではないので、この理屈でよいのか会計や経理に詳しい方、誤っていれば訂正していただきたい。

>先輩秘書の樋高氏の助言で、手続きそのものを翌年にしようとしたが、売り主側からは支払いは予定通りやって欲しいと言われ、登記のみを翌年にする合意ができたのが10/28。樋高氏からは預担融資の件も助言されており、28日にりそなに申し込みをした。りそなから書類をもらってきた。

・樋高氏の関与が積極的なものであれば、小沢氏よりも樋高氏の方がよほど共犯性が強く感じられる。「助言」=「教唆」という可能性もある。樋高氏の証人申請も必要かも。真実を明らかにする上では。

>新事実4:石川氏は大学時代、授業にちゃんと出てなかった。左陪席裁判官は、本登記や仮登記の意味などについて、石川氏の説明があまりに素人的なのを感じてか、「あなたは商学部出身ということだが、民法の授業を受けていたのではないか」と詰問。石川氏は「授業に出ていませんでした…」と。(笑)

・この裁判官、学生時代の恋人は六法全書だったのではないか。世間には、法学部を出てもほとんど法律を知らない人間は五万といる。私の知人にもそうした人間がいるが、そこそこの会社の役員をしている。大学の学部というのはその程度のものです。特に文系はそうじゃないかな。


59. 2011年11月03日 03:03:23: 30MBDXZUCM
 私も当初は信じられなかった免罪事件よりも非道いねつ造事件だ。

 もう、三権分立などは信じていない。マスメディアが一緒になって国民を洗脳誘導していた、狂気そのもの。

 最近になって原子力村の存在も知りましたが、不正は身を滅ぼし国をも滅ぼしてしまう。

 ベテラン国会議員やメディア関係者は裏の裏まで知っているでしょう。
 国民もが知ってしまった現在、確かな行動も始まっております。彼らの守銭奴振りが益々鮮明となるでしょう。

 真の国民の代表の議員選出とメディア改革は必ずやらなければならない。


60. 2011年11月03日 07:31:42: RMoMvoxyms
これが犯罪だと言うなら、誰もが大口の土地取引を出来なくなるぞ。

61. 2011年11月03日 09:17:35: 685R3SMZeM
政治資金規正法絡みなら、議員除いて誰でもできるだろ。

阿修羅は平気で極論な嘘つくやつ多いな。とくに小沢支持者。


62. 2011年11月03日 09:55:04: apx8Sjyy7A
<<44
けしからん罪という犯罪は、日本にはないんだよ。
偏向大マスコミの洗脳で毒されたあなたのような法律無辜の輩が、冤罪事件を助長、増幅させている。
間違った先入観だが、信ずるあなたは国家のガン細胞化した偏向大マスコミの被害者だから、少しだけ同情したい。

63. 2011年11月03日 10:34:38: lGQ9x4NIUs
>>10. 2011年11月02日 12:16:13: oXjyYrHR4I
> 今この問題は裁判とはまったく関係ない。鳩山家の1年間の「お小遣い」程度。10億円で驚くような「ケツの穴の小さい男」は口出さない方が良い。

鳩山由起夫の毎年の巨額の「お小遣い」は金の出所が母親の株の配当から贈与されたとものだとはっきりしている。ただし、鳩山由起夫の巨額の贈与税の脱税がばれた。

一国会議員の小沢一郎が何故、10億円もの大金を持っているのか?
小沢一郎の収入源は明らかになっていない。
これを追及されるのを恐れて、小沢一郎は国会での説明から逃げ回っているのだろう。
「ケツの穴の小さい男」は国会での説明から逃げ回っている方だろう。

>>50. 2011年11月03日 00:06:08: E2KCMWID9m
> この判決の意義は、週刊現代が真実であると信じたのは合理的であり、
> したがって、名誉毀損には当たらないというものであり、小沢一郎の隠し資産であるかどうかは、一切判定されていない。

「小沢一郎の隠し資産であるかどうかは、一切判定されていない」は詭弁である。
この判決の意義は、週刊現代が「小沢一郎の隠し資産の存在が真実である」と信じたのは合理的であり、したがって、名誉毀損には当たらないというものである。

つまり、この裁判は「小沢一郎は隠し資産を持っている」と言う記事は
小沢一郎氏の名誉を毀損するとの意図を持って書かれたものではなく、事実を書いたもであり、この記事の記載は名誉毀損には当たらない、と言うことである。


64. 2011年11月03日 10:40:21: cgs5m0EcbA
小沢さんの「隠し資産」とか「巨悪が」とかイロイロ書いている輩が散見されるが・・・笑わせるね?

証拠が何かあるのか?

要は疑惑が何かあれば特捜検察や国税庁などの日本の精鋭捜査機関が指をくわえて見逃すハズがないだろう。

とくに特捜検察は小沢氏を2年近く膨大な費用(60億円とも)を懸けて徹底的に捜査・調査したが完全なる敗北に終わった。

そこで憲法違反の検察審査会の違法無法な強制起訴の「けもの道」に頼ったわけだ。

国税が動いたという話もまったく聞かない。

小沢氏が40年間もの議員生活で10億や20億の金を貯めたって何の不思議も無いだろう。

あのタイゾーなどの無能低能なチルドレンでさえ数億の蓄財を成したハズである。

政界随一の有能有力者である小沢氏が10億〜20億円所持していたとしても何の不思議も無い。

自民党の派閥領袖など幹部を小沢氏にやったと同様に徹底的に調査してみたらどうか。

おそらくボロボロと問題が出てくるのではないか。

公明党幹部も同様に調査すれば良い。

政権政党は職務権限があるからだ。

小沢氏には職務権限はまったく無いのだからゼネコン汚職は有り得ない。

小沢氏だけをピンポイントで捜査(攻撃)するのはフェアではない。

それは「法の下の平等」という憲法理念に違反していることは明白である。


65. 2011年11月03日 11:10:28: 0BX4uILCaw
>>06 周回遅れの話をしてる奴がいるから書いとくけど
現代の記事「陸山会の不動産が小沢名義で登記されてる!隠しマンションだ!」

→実態
・不動産は小沢政治団体が所有
・政治団体は権利能力なき社団だから小澤個人の名前で登記するしかない
・したがって個人資産ではなく小沢の資産報告で出てくるわけがない
 政治団体の資産として表にだしているので隠しているわけでもなんでもない
 (じゃなきゃマスコミはどうやって知ったのよ)

→判決は「小沢名義で登記されていることなど前提事実はあってる」「よって名誉毀損とまでは言い切れない」

→政治団体の不動産取得を禁じるよう法改正。

→自民党や現みんなの党議員ら数十人の政治団体も不動産を所持していることが発覚。法施行前に不動産を処分しまくる自民党議員続出

→報道されなくなる

以上


66. 2011年11月03日 11:13:05: erQZQH93SM
石川議員さんは、お人好し?
元検事の三井環さんが最初に言っていた「石川議員はペラペラとしゃべりすぎ・・・」

検事の誘導尋問に乗せられた、で、現在はその後始末に追われている状況
この検事調書で自分は有罪判決に持ち込まれている。
(裁判官の無茶苦茶な推認だけど、検事調書を基にして有罪に)


67. 2011年11月03日 11:22:16: erQZQH93SM
まあ、しかし、検事の取り調べは厳しいから一般的な人は30分持たないと聞いている。

私は交通事故を起こして検事の取り調べを受けたけど(略式裁判って言うの?)
5人くらい検事が机を並べて各々が被疑者の取り調べやっていて
私の隣は窃盗容疑者(拘置所に入っていた様でロープを付けた状態で出てきた
3人の検事が容疑者の周りを取り囲んで取り調べが側で始まって・・・・
検事が容疑者に怒鳴りつけるので驚いた)

私はその取り調べを観ていてビビッてしまった。
コワイ取り調べを側で観ているとキンタマが無くなりました。
重大事件は個室で取り調べるけど。略式とか軽微な犯罪の場合は
相部屋で取り調べる。


あの圧迫感(検事の取り調べ)には気が弱い人は直ぐに負けます。
石川議員さんは、お人好しで気が弱そうなので負けたのでしょう


68. 2011年11月03日 11:39:02: lGQ9x4NIUs
>>64. 2011年11月03日 10:40:21: cgs5m0EcbA
> 要は疑惑が何かあれば特捜検察や国税庁などの日本の精鋭捜査機関が指をくわえて見逃すハズがないだろう。

嘘ばっかり。
要は疑惑が何かあれば特捜検察や国税庁などの日本の精鋭捜査機関が指をくわえて見逃すハズがないはずだが、それは庶民に対してであって政治家には全く手をつけない。

鳩山首相は、大資産家の母親から12億円もの金をもらいながら、ビタ一文税務申告していなかったし、特捜検察や国税庁などの日本の精鋭捜査機関は指をくわえて見逃がしていた。

小沢一郎に関しても日本の精鋭捜査機関は指をくわえて見逃がしていた。
とくに特捜検察は小沢氏を2年近く膨大な費用(60億円とも)を懸けて徹底的に捜査・調査し、捜査した第一線の検事は小沢一郎の起訴を主張したが、小沢一郎の検察のトップへのの圧力で起訴は不可能となり、完全なる敗北に終わった。

「日本の精鋭捜査機関が指をくわえて見逃すハズがないだろう」とかイロイロ書いている輩が散見されるが・・・笑わせるね?

> 自民党の派閥領袖など幹部を小沢氏にやったと同様に徹底的に調査してみたらどうか。
> おそらくボロボロと問題が出てくるのではないか。

なんだ?
小沢一郎にボロボロと問題が出てくるのを認めているではないか!

脱税の刑事罰を強化する「脱税首相」の頭の中身
http://www.justmystage.com/home/holyweb/minshuto/minshuto.html
鳩山由紀夫首相は確定申告初日の2月16日、国会でこう答弁した。「国民の暮らしを守る政治を作り上げるために、適正な納税を心からお願いしたい。国民の健全な納税意識が落ちることがないようお願いしたい」
東京の下町を拠点としている税理士が苦笑した。「いま必ずといってよいほど話題になるのが鳩山首相のデタラメな納税です。その人が平然と国民に正直な申告を呼びかけるんですから。すごい神経です」
鳩山首相は、大資産家の母親から12億円もの金をもらいながら、ビタ一文税務申告していなかった。発覚するに及んで「(親からの資金提供の事実を)知らなかった」と言い続けている。現金や土地などの財産を無償でもらえば、贈与税がかかる。税率は極めて高い。
110万円の基礎控除を引いた贈与金額が1千万円超になると、税率は50%。「不労所得には重い課税を」という考え方に基づく。重税であるがゆえ、税逃れに腐心する資産家と国税当局との攻防が繰り返されてきた。贈与された金を「借入金」として処理するのが、今も昔も変わらぬ税逃れの常套手段だ。
 鳩山家の場合も定石どおり、「母親からの借入金」としながら返済をしていなかった。当然、アウトである。追い詰められた鳩山首相は昨年12月末、遅延税などを除く本税分の6億円弱を収める手続きを取った。
首相秘書が政治資金規正法違反に問われた「偽装献金」の動機も、はっきりしていない。そもそもはじめから母親からの資金提供を隠し、贈与税を逃れるのが目的では、という疑いは残る。金額が大きく、不正な手段による脱税が発覚すれば刑事責任を問われる。鳩山首相は「知らなかった」と言い張るしかない。まだある。首相は約7千万円の株売却益を申告していなかった。
(週刊文春、2010/3/11、ジャーナリスト・落合博実、より要約)


69. 2011年11月03日 11:58:15: 79xEP8DoCg
「国会議員の資産」の件で、>>56. 2011年11月03日 01:50:54: tCTeyFIUac氏から、またまた突っ込まれるVaka1号>>45

前回、石川裁判1審の「事実認定」で反論を喰らい、Vakaは涙目で逃亡www
http://www.asyura2.com/11/senkyo120/msg/407.html#c160

オマエや>>63. 2011年11月03日 在特会 10:34:38: lGQ9x4NIUs等の低脳工作員では精鋭のネットウヨは務まらない。胴元の馬鹿面をぜひ見てみたいものだ。
胴元1
桜井誠:ハンドルネームは「Doronpa」。かつては木村誠と名乗っていたことも。
ネット上での本名や細かい略歴は一切不明。
在日特権を許さない市民の会会長。 活動する度に体が肥大化。
ピザ、メガネ、サスペンダー、そして蝶ネクタイという特異な風貌で全国を飛びまわる。2ちゃんねらーが企画したデモ便乗を機に、 ここぞとばかりに2chや新風連ブログで会員獲得をしようと活動を活発化している。
http://ameblo.jp/doronpa01/


70. 2011年11月03日 12:56:46: Zc4LsHROVM
正直、真実は力なり。例え疑いの目でみる裁判官であっても真実を見せられれば従うしかないでしょ。
真実はなにも弄することなく、真実を告げれればいい。
優秀な弁護士は無罪のスキームを組み立てるのではなく、真実を引き出すもであることがわかった。
68のお兄さんかなにか解からないが、小沢さんがなにをボロボロと認めていると言うのですか。もっと具体的に述べて貰わないとわかりません。
刑事事件でだめとなれば、今度は脱税ですか。
あなたは小沢は怪しい怪しいと言い続けてください。そのうちだれもあいてにしません。国民の間でも小沢問題なんか関心の外、マスコミが世論調査で訊くものだから仕方なくこたえているだけのこと。でもある政治評論家がいっていた、小沢問題に関心がなくなることが、小沢さんにとって怖いことだと。
本当に小沢さんはそう思っているかは解からない。

71. 2011年11月03日 13:37:39: mp6fw9MOwA
>>57さん

元福島県知事佐藤栄佐久のとき、収賄で有罪だが収賄金額0円との判決と聞いて司法は完全に狂っていると感じました。
今では、検察起訴を無罪にするには、その理由を記載した報告書の添付が義務つけられている、推定無罪の法の精神を司法が破っている事実を知りました。
裁判官は無罪を確信し、収賄額0円との判決を出せば司法制度の過ちの修正に動くと期待したのでしょう。
しかし、法務省・検察は検察の正義を保たれたとほっとしたと思われます。
収賄額0円の収賄罪は有効と判断したもので有り、物事の判断基準を歪めている事に気がつかなかったのです。
この事実が、司法制度の行き詰まりを示していると考えて小沢さん関連の裁判を見ていると明らかな法律違反の判決の多い事に気が付きます。
司法関係者は裸の王様状態です。
しかし、登石裁判があまりにも酷いものであり、王様は裸だと言う人が現れてきています。
この流れが出来た状況でこれ以上法を無視した誤判断は正義感のあるマスコミにより叩かれるでしょうし、司法の応援団だったマスコミを片棒を担げなくなるでしょう。
法務省関係のトップが検察よりの転出組で占められており、正義を歪めているとの事実も顕在化しており、司法関係の暴挙には制約が掛っていると考えるのが妥当でしょう。


72. 2011年11月03日 13:57:54: EqYAeOe5w6
マスコミのていたらくな報道には、呆れるばかり。検察の報道機関であることが証明された。本物のジャーナリストは江川さん。それができないふんどし担ぎの記者クラブ・ジャーナリストたち。怒り爆発しょう! 電力節減のためにテレビを消そう!
本当に、鳩山政権失脚、小沢氏裁判、原発という庶民謀殺の仕組みがよくわかつた、この二年間だった。権力守旧派のウソ、偽りついて、よく勉強させられた。しかし、現在でも、性懲りもなく彼ら(権力守旧派)によって、米国指導のTPPは進められいるよ。野田&前原によって決定するらしい?

73. 2011年11月03日 14:24:03: mVwAbr3AdU
>72
まさに、

視聴率下げ運動が必要だな。


74. 2011年11月03日 14:30:14: S6yJ302iQk
小沢氏の裁判4億円の支払いの事実や
登記遅れの事実(不動産屋からの提起)がわかってきた。
これのどこが虚偽記載か

まず、この事実をどうみるか、
そこからコメントがすすむべきだね。
それ以外の論点すり替えのコメントは無用だね。


75. 2011年11月03日 14:43:02: JHx8gTxWlg
>68長々引用して最後にネタ元は文春か?
文春じゃ説得力ゼロ。
残念!

76. 2011年11月03日 15:10:59: ATRXZdmC92
最近の文春、新潮の中吊り広告は、週刊実話や週刊大衆と変わらない。このような内容なら、表紙だけおとなしくしていては客は買わないよ。

77. 2011年11月03日 17:46:44: K7Z0LZyAEE
68さんのように、まだ週刊文春の記事を真に受けている奇特な方がいるのですね。
しかもそれを恥ずかしげも無くこの阿修羅に投稿している。
みっともないからおよしなさいとアドバイスしたいが、いくら愚論でも言論の自由は保障されるべきでしょう。

78. 2011年11月03日 18:24:17: 79xEP8DoCg
>>75。チ77

在特会>>68の騙しスピンに、いちいち取り合う必要はない。


79. 2011年11月03日 19:31:54: 5UPa2nCBEM
>>68 lGQ9x4NIUs
 なるほど。
 では西松建設の事件が明るみに出た直後に漆間が「自民党には及ばない」と発言した背景についてもご解説をお願いします。
 確か漆間発言のタイミングでは、どこにどういうカネがわたったかもすべて明らかになっていなかったと記憶しております。その時点で自民党が捜査の対象外となっていることを確信しているのはどうにも合点がゆきません。自民党からボロボロと問題が出てくるのを法治国家にあるまじき手段で防いだのではないでしょうか。

80. 2011年11月03日 20:32:14: E4bT3Bpr2w
日本人ジャーナリストはどうして国益派議員小沢一郎がNWO裁判の罠にはめられていることを伝えない?海外のNWOプロテスタント達との協力は不可欠だ。

81. 2011年11月03日 22:20:03: PLazg4z4gE
在特会=日本人の美意識にそぐわない人間

日の丸を掲げ醜悪な行動をし、国民に国旗にたいする嫌悪感を
抱かせようとする人々。

日本の愛国者でも、右翼でも左翼でもない。

それ以外の人々。

それを何と呼ぶか。。。


82. 2011年11月04日 00:24:49: lTZCtA55nA
>>68. 2011年11月03日 11:39:02: lGQ9x4NIUs

>要は疑惑が何かあれば特捜検察や国税庁などの日本の精鋭捜査機関が指をくわえて見逃すハズがないはずだが、それは庶民に対してであって政治家には全く手をつけない。
(中略)
>小沢一郎に関しても日本の精鋭捜査機関は指をくわえて見逃がしていた。
>とくに特捜検察は小沢氏を2年近く膨大な費用(60億円とも)を懸けて徹底的に捜査・調査し、捜査した第一線の検事は小沢一郎の起訴を主張したが、小沢一郎の検察のトップへのの圧力で起訴は不可能となり、完全なる敗北に終わった。

自分で書いていて、「矛盾」にも気付かない阿呆がここに一人。

(1)もし「政治家には全く手をつけない」という命題が真とするならば→「特捜検察は小沢氏を2年近く膨大な費用(60億円とも)を懸けて徹底的に捜査・調査」したことと矛盾する。

(2)もし「小沢一郎の検察のトップへのの圧力で起訴は不可能となり」が真とするならば→当時まだ一介の野党議員(まだ政権交代前)の小沢一郎氏がどのようにして検察のトップに圧力をかけられたかを、証拠立てて論じられ無ければ、コメント者の単なる無意味な脳内妄想。しかし事実は正反対に、漆間巌の「自民党には及ばない」発言その他に見られるように、自民党における同等の疑惑を持たれていた議員たちには、何ら「捜査・調査」が行われず、当時野党だった小沢氏のみが槍玉にあげられる事態となっているのは周知の通り。

>>68のコメントを論理的に読もうとすると、一体全体、小沢一郎氏は

・野党当時から検察に圧力をかけられるほどの大物だったのか、
・検察は政治家には捜査野手を伸ばすのか伸ばさないのか、

全く論理矛盾していて頭が痛くなる。常人ならば、たとえ誘導尋問に引っかかったとしても、これだけ短い文章でこれほど多くの矛盾をさらけ出すことはないと、私個人としては思うのだが?


83. 2011年11月04日 00:59:06: zHX5480YC2

>>68 
分かりやすいところで、検察があれだけ大騒ぎしながら、結局2度も
不起訴にしたという厳然たる事実に対して、いったいどういう反論を
示すことができるの?

平均34.??歳のよくわからん奴と同じく「国民目線でみて納得いかない」
ちゅうことですか?

いったい、何を見てそう思ったの?
それとも、大マスコミを見ていて、なんとなくそそのかされたの?


84. 2011年11月04日 10:33:41: nudHy9zoyg
石川議員は、君子だった。樋高議員の名前も出てきた。
記ズレの相談は、樋高議員に相談。
小沢氏は、大手のマスゴミらに常に狙われているから、
選挙前に目立った大金の動きをすると選挙前にマスゴミに
あることないこと書かれて大きな選挙を邪魔される。
それを避けるために記ズレ記載した。
これで、記ズレで小沢氏までの階段有罪が不可能になってくる。



85. 2011年11月04日 13:40:15: I4NM0Py4lg
 裁判で有罪、無罪を争う、時間と金の無駄ですね。4億円やそれ以外の金の動き、沖縄へのこ付近の土地取得の経緯など国民が疑問に思っていることについて国会の証人喚問に応じて、野党の質問に対してしっかり説明すれば今回の検察審査会議決で強制起訴されることはなかったんじゃないのでしょうか。ただそれだけのことでしょう。何もやましいことがなければ、早い段階で堂々と説明して納得できるものであれば、裁判にならなかったでしょう。
 説明責任は、国会議員にとって義務であり権利ではないでしょうか。
 それをしなかったということは、やっぱり状況的には真黒ですよね。

86. 2011年11月04日 17:54:19: erQZQH93SM
証人喚問で何か解決した事が有りましたか?w
証人喚問は政治ショーに過ぎません

裁判も司法仲間のショー演技ですよ
邪魔な政治家や有名人を葬る演芸舞台

裁判で戦うから色々な事情が見えてくるが
裁判所と検察は仲間だから検事調書を基にして判決が出る。

もう一般国民にもカラクリが見えてきている。
裁判も証人喚問も茶番


87. 2011年11月04日 21:08:48: nudHy9zoyg
選挙を邪魔する大手のマスゴミは、不買だ。
だから、日本のマスゴミは死んだなんていわれるんだよ。

88. 2011年11月05日 02:51:15: tUzHMJsLhh
>>85

バカ。

時間と金の無駄なら検察を追及しろ。

一年以上何十億円もかけて捜査した結果は?

国会を小沢の証人喚問で潰す方がよほど時間とカネの無駄だ。

説明すれば強制起訴されることはなかったって?

「検察以下」の奴らにいったい何を説明するのですか?

有罪率99%の検察の捜査能力をあなたは舐めているのですか?

「捜査は及ばない」自民党の議員さんならひとたまりもありませんよ。


89. 2011年11月05日 03:40:54: tGnka4KMqU

10月21日、東京都豊島公会堂で開催された、「小沢一郎議員を支援する会」のシンポジュームに参加して来ました。

帰り際に、池袋駅までの道順を尋ねている”ご老人”がいましたので、私がご案内をしました。聞けば、「私、宮城県から来ているのです・・・」とのこと。

既に年金生活に入っているとのこと。私が56歳の現役地方公務員であることを告げると、「現役は時間が取れなくて、大変だねえ〜」などと言われておりました。

当日、パネラーとして出席した石川議員は”元気”そのものでした。

この番組での、勝手で無責任な論争には”うんざり”もしますが、新鮮な情報に飢えている初老の地方公務員には必要な番組なので、江川さんが与えてくれる情報は、基本的に、情報操作目的でない”事実”ですから、大変にありがたく思っております。

次の投稿を、「待ってま〜す」


90. 2011年11月05日 10:36:36: oXdzEjHQR6
>>63. 2011年11月03日 10:34:38: lGQ9x4NIUs

>。ヨ小沢一郎の隠し資産であるかどうかは、一切判定されていない」は詭弁である。
この判決の意義は、週刊現代が「小沢一郎の隠し資産の存在が真実である」と信じたのは合理的であり、したがって、名誉毀損には当たらないというものである。

なぜ”週刊現代が信じたのは合理的”と言うことが”隠し資産である”
ことになるの?、裁判では週刊現代の能力ではそう信じても仕方ない
と言ってるだけですが


91. 2011年11月06日 00:54:51: 7PStnTeyTA
>63

判決では、合理的などと言ってませんよ。ウソ投稿はいけません。

>控訴審判決で、東京高裁は4日、請求棄却の1審東京地裁判決を支持し、小沢代表の控訴を棄却した。

 柳田幸三裁判長は「記事は、マンションは個人資産と言われても仕方がないのではないか、との意見を表明し論評したもので、国会議員に対する論評の域を逸脱したものではない」と指摘し、名誉棄損には当たらないと判断した。
http://www.47news.jp/CN/200806/CN2008060401000589.html


92. 2011年11月07日 10:30:09: tCTeyFIUac
>>91

>柳田幸三裁判長は「記事は、マンションは個人資産と言われても仕方がないのではないか、との意見を表明し論評したもので、国会議員に対する論評の域を逸脱したものではない」と指摘し、名誉棄損には当たらないと判断した。
http://www.47news.jp/CN/200806/CN2008060401000589.html


法律にはそれぞれ目的があり、用語には意味と要件があって判例などで決められている。

法律も裁判も別の他の裁判で「真実性」を論ずる事はできないでしょう。

法の適用はその法によらねばならない(罪刑法定主義)ものだから。

特に「名誉棄損罪」における「真実性」は考えるよりアバウトでよいようで、そんなに厳密なものではないようです。


この判決でも、「名誉棄損には当たらない」と判示しているというだけ。


以下参考までに、名誉棄損罪(刑法230条)は、信用棄損罪とちがって事実の有無、真偽を問わないとされ、法律にもそうなっている。

一般には摘示した事実が真実に合致すること(真実性)が必要と考えられているのだが、摘示される事実が、「人の社会的評価を害するに足りる事実であること」が強く要求されている。(信用毀損罪の場合は虚偽の事実でなければならない)。

刑法第二百三十条第一項【 名誉毀損 】
公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、“その事実の有無にかかわらず”、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

(刑法230条の2は、名誉毀損行為が公共の利害に関する事実に係るもので、専ら公益を図る目的であった場合に、真実性の証明による免責を認めている。)

判例では、真実性を証明できなかった場合でも、違法性阻却事由説から、確実な資料・根拠に基づいて事実を真実と誤信した場合には故意を欠くため処罰されないとしている。(最大判昭和44年6月25日)。

「事実の摘示」とは、被害者の「人物批評のようなもの」であってもよい(判例)とされ結構アバウトなもの。

参考までに、何が「名誉毀損」になり、何が「名誉毀損」にならないのか?については・・

問題とされている表現行為が、たとえある人の社会的評価を低下させ“真実にも合致しない場合であっても”・、

公共の利害に関する事実を摘示するものであって(公共性)、その目的が専ら公益を図ることにあるときに(公益性)、“摘示した事実が真実であると信じるに足りる相当な理由”があるならば(相当の理由)、名誉毀損の成立を認めない、とする考え方である。 (確実な資料・根拠に基づいて事実を真実と誤信した場合等)

つまり・・ “真実に合致しない場合であっても”、次の三つを同時に満たす場合、名誉棄損に該当しないとされる:・・

1.摘示した事実が公共の利害に関する事実であること(公共性)
2.その事実を摘示した目的が公益を図ることにあること(公益性)
3.摘示した事実が真実に合致すると“信じるに足りることが相当といえるだけの理由がある”こと(相当の理由)
 (確実な資料・根拠に基づいて事実を真実と誤信した場合等)

・名誉毀損罪は、人の名誉を毀損すべきことを認識しながら、公然事実を摘示することによって成立し、名誉を毀損しようという目的意思に出る必要はない。(大審院 昭和13年(れ)第558号)

(名誉毀損罪が成立するには、「名誉を毀損すべきこと」の「認識」が(立証されることが)必要。(判例))

・事実の摘示とは、被害者の人物批評のようなものであってもよい。(大審院 大正5年(れ)第2411号 )

(起訴)罪状が違えばそれぞれ「法の適用」は異なる。


そういうわけで、これとは違うが、三人の秘書裁判(陸山会裁判)でも、裁判範囲(争いの範囲)は、起訴状に記載された罪条に限られるはずです。

起訴の範囲外では「事実認定」した事にならない。

起訴〈公訴提起)は、行政権(検察官)の専権であり、かつその「立証責任」を負うのです。

法の執行権を持つ行政権が司法権に対し、その「法の適用」を求める=裁判を求める手続です、この重要な手続が軽く行なわれることがあってはならない。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK121掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK121掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧