★阿修羅♪ > テスト24 > 282.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
試驗投稿
http://www.asyura2.com/11/test24/msg/282.html
投稿者 不動明 日時 2011 年 12 月 21 日 21:06:20: yX4.ILg8Nhnko
 

(回答先: 試驗投稿 投稿者 不動明 日時 2011 年 12 月 21 日 20:33:49)

 
 
 
 

 
 
 
事實は小説より奇也 時空を超え、歴史を改竄せんとする勢力有り
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/677.html#c2
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 1 月 10 日 19:24:45: xsXux3woMgsl6

02. そこちょっとつんつく 2010年1月11日 21:06:27: 8EItFG7yGzQIA

歴史の改竄をする必要性のあったのは誰か?
人類の偉大なルーツを自分達白人系に変えたいアシュケナジーユダヤならば、ただ人類のルーツの太古火星へと金髪碧眼を大量に送り込みさえすれば良かった。
しかし、金髪碧眼を大量に太古火星文明に送り込んだだけでなく、太古火星文明が設置していた太陽系ディフェンスシステムのスイッチをこの太陽系に侵入する為に切らなければならないという事は?......
ここにグレイが協力活動していて、何らかの目的で金髪碧眼を大量に太古火星文明に送り込まなければならなかった黒幕存在が浮かび上がって来るのです。
彼らは地球に入植(引っ越し)したかったが重力等の理由で地球人類とのハイブリッドを試みてすらそれが叶わなかった......そこで、太古火星文明が何らかの理由で地球に移住する際に遺伝子操作をした時点のそれ以前の人種を改竄する為に、カモフラージュとシンクロニシティーを招き改竄された歴史のシナリオを活性化する為に、自身等と同じ金髪碧眼の地球人類を大量に太古火星文明に送り込みその中に本当の自身等の種族を混ぜて送り込んだのではないでしょうか。
もはや闇の権力の真の黒幕はユダヤなどではなくユダヤ陰謀論者の中にはこの恐るべき事態から目を逸らさせる為のプロパガンダもある事が分かります。
映画『トータルリコール』でもありましたね。「太古火星文明の(太陽系ディフェンス)テクノロジーを復活させよ」というメッセージが。
魂の移植テクノロジーはオウム信者等の生きている日本人を北朝鮮工作員の魂とすり替えて行く事もできるし生きている地球人をインベーダーの魂とすり替える事も、また未来や過去そして遠い星や異次元の魂を生きている人間の中に入れる事も可能なようです。
 
 
 
 
ウィングメーカー:(666の獣)の侵略/母なるシリウスへの願い
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/452.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2011 年 12 月 13 日 14:04:39: 8EItFG7yGzQIA

6・水の神、日本人の肉体の母なるシリウスの神々には、来るべき艱難の為にも、至高にしていと偉大なる5・火の神、日本人の魂の父が戦死なされたので、モントークプロジェクトの魂移植・復活テクノロジーをご採用なさって是非とも日本人の魂の父である火の神をご復活頂きたいのです。

北斗七星の星の徴を示されたなら出来れば、その後に創価極東会住吉会ほかFEMA工作コリアン勢力・警察官僚・電力(KDDI他携帯)電話会社に低周波被爆白血病で殺された私が神にも思って慕っている無垢の私の父も、少々龍族の血を分け与えて下さってお助け頂きたかった。

マインドコントロールテクノロジー創価の暗躍凄まじい故に誤解があったのかも知れませんが、残忍なコリアン達の犠牲になった乳幼児期ほか魂の移植テクノロジーでお願い申し上げあげたい事はいろいろございます何卒宜しくお願い申し上げます。
 
 
 
 

 
 
Kazumoto Iguchi's blog : 「アーロン・マッコラム」インタビュー:「開けごまー」シーゲートが開く!!
http://quasimoto.exblog.jp/12671802/

また、キャメロン監督の「アバター」を見た人なら分かるが、実は、アバターで行っていることそのものが、「スターゲート」や「シーゲート」で行っていることであるというのである。

つまり、アバターでは、コンピュータと連結した人がその人のメンタルを合成人間の脳に注ぎ込み、その人造人間を征服しようという星の住人に成り済まして送り込み、その星を制圧しようとするという話である。が、実はすでにこれと同じことを米軍はシーゲートやスターゲートを使って行ったらしいのである。

問題となる遠くの宇宙人の星の住人と同じDNAを持つ人造人間を作製し、スターゲートで送り込む。しかし、その人造人間には魂がないため、地球人の選ばれた超能力者(リモートビューイング、マクモニーグルのような人)を使って、その人造人間の中に入り込む。そして向こうの星の住人とコミュニケーションを取る。

どうやらこんなことを米軍はここ何十年もやってきたらしい。ところが、あっち側はこの人造人間計画にはおかんむり。今度は、あっち側がこっちの我々の世界にやってくるということになりつつある。

そのスターゲート、シーゲートがどうやらアデン湾海上に開きつつあるというのである。

はたしてどんな宇宙人がやってくるのだろうか? ひょっとしたらUFOで来るかもしれない。あるいは、戦闘ロボットかもしれない。

そこで、世界中の軍艦が周囲を取り巻いているのだというのが、アーロン・マッコラムの”セオリー”である。

問題は、その時にやって来る者たちが「良い宇宙人(フレンドリー)」か「悪い宇宙人(フレンドリーでない)」かどっちかということである。

ちなみに、現在地球にいて米軍と協力しているETは「フレンドリーでない宇宙人」だと確信を持っているとアーロン・マッコラムは言っている。私の分析では、クーパーが暴露した、おそらく、「ロングノーズグレイ宇宙人」のことだろうと思う。古代ユダヤ人の先祖をいじくったとされる宇宙人の一派である。

その時がどうも2012年をはさむらしいということから、ここ最近のNWOの面々が風雲急をつげているのであろうと私は見ている。

これでは、ひょっとしたら「第三次世界大戦」どころか、「第一次宇宙戦争」勃発ということであるから、実に、あまりにスペクタクルな世界になることは間違いないだろうヨ。これこそ、「宇宙からの黒船」ですナ。

かつての日本で、「B29に竹槍で突っ込んで行った日本人」のような、壮大な宇宙文明に対して地球製のおそまつUFOで戦うイルミナティーのような感じの、なにか可哀想な気がするのだが。
 
 
 
 
Kazumoto Iguchi's blog : アーロン・マッカラム「宇宙人は着々と地球乗っ取り計画を実施中だよ〜〜ん!」1.2.3
http://quasimoto.exblog.jp/15006440/
http://quasimoto.exblog.jp/15006456/
http://quasimoto.exblog.jp/15006467/

Kazumoto Iguchi's blog : マイケル・プリンス「WWIII、敵対的なETたちと人類との間の戦争が開始された!」1
http://quasimoto.exblog.jp/15006532/
http://quasimoto.exblog.jp/15006577/


 
謎のモントークプロジエクト
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/699.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 1 月 18 日 21:57:11: xsXux3woMgsl6

ナチスの科學は世界一ィィィィィ〜!!
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/323.html
投稿者 不動明 日時 2011 年 11 月 04 日 22:04:19: yX4.ILg8Nhnko

アルデバラン(嫉妬の女神ヘラの母星)が立ちはだかっているのかっ!?
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/481.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2011 年 12 月 21 日 18:01:36: 8EItFG7yGzQIA
 
 
 
 
 
 
 
 
スピリバーグの息子が關に對して非常に意味深な事を言つてゐる。
知つてゐるんだらうね、此れから日本が待ち受ける運命を、勿論。
そして期待してゐるんだらうね。

22分邊りから


 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > テスト24掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > テスト24掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧