★阿修羅♪ > テスト24 > 642.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: テスト
http://www.asyura2.com/11/test24/msg/642.html
投稿者 明るい憂国の士 日時 2012 年 1 月 26 日 18:13:13: qr553ZDJ.dzsc
 

(回答先: Re: テスト 投稿者 明るい憂国の士 日時 2012 年 1 月 26 日 17:16:16)

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr01253

◆2012/01/25(水) ありがとう! 阿修羅!


鷲が書いた『菅直人を吊るせ!』という一文に火がついて…、
掲示板『阿修羅』のコメント欄が、一時は、「吊るせ!」の大合唱になった。
その高揚が、やや下火になった感じもするが、まだ燻(くすぶ)っている。
コメント欄に書かれた多くのコメントを読みすすめていくと…、
こんな国に住まねばならないことの苦しさや、悲しさや、たとえようもない
辛さが、ひしひしと伝わってきて、胸が打たれるおもいだ…。
その胸の痛みを何とか掻き消そうと、鷲は、次のような文章を書き置いた。
--------------------------------------------------------------------------------

「菅直人を吊るせ!」
こんな↑激しく野卑なシュプレヒコールに、びっくりするほど多くの方々が
唱和されたというのは、昔(311以前)なら、恥ずかしく、また許されない
ことです。

しかし…、
いま、「菅直人を吊るせ!」 とかと、激しい憎しみと激烈な怒りを込めて
叫んでしまいたい憤怒と激怒の感情、いや、激情が、この国には充満
しきっています。
そのほんの一部が、ココで噴出した…、ということなのでしょう。

ただし…、
「菅直人を吊るせ!」と私たちが声の限りに叫んでも、菅直人を絞首の
刑台で吊るすことは絶対にできません。
逆に、「叫び」(国家叛逆)を主導したリーダーが吊るされてしまう可能性
のほーが高い! この国は、そーUー国になってしまっているのです。

その証拠が、石井紘基が刺殺されたという事件です。
この残虐きわまりない事件の背後の闇には、菅直人が隠れていました。

石井紘基は、無残にも、菅直人に吊るされ、刺殺されてしまったのです。

そんな残虐非道な殺人政治であることを知り抜いていても…、
それでもなお、私は、実名で、逃げず、ブレず…、大声で…、
「シュプレヒコール! 菅直人を吊るせ!」
と叫び続けていく所存です。

とまれ、沢山の皆さまの衷心からの声をお聞きした結果…、飯山一郎、
あらためて大きな勇気がわいてきました。ありがとうございました。

皆さま、ほんとうにありがとうございました。    (飯山一郎拝)

   \( 飯山一郎は、カッコつけ杉だー! )/

             \( そーだ! すっこめー! )/

PS 五月蝿い! ↑ ↑ ↑ テメーらこそスッめ! つの。


 ───────────────────

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr0124

◆2012/01/24(火) 鷲にとって気になる情報


うーー、鷲の本、きょうもネット書店にはチョボチョボしか入荷してない。
あーー、それなのに、
版元の社長は昨夜、紀伊国屋だかの営業の連中と呑みまくっていた…。
そんな情報が入ったので、鷲は昨夜遅く、ツイッターで皮肉を言ってやった。


三五館のボスが、ネット書店にブツを回せない事情を隠すために、
大酒呑んで大馬鹿になって?大石内蔵助を演じている。
今夜もリアル書店の連中と呑みまくってオダテられ…、結局、明日も
ブツは、ネット書店には来ない鴨ね。鴨ネギ大石どこへ行く?
吉良邸ではなく紀伊国屋。>@SANGOKAN35

てね。

へーー、その鷲も、ツイッターではヘンなこと言われてる。
鷲のコトをゴチャゴチャ言ってたのは、なんと! あの『月刊日本』だ。

まもなく金王朝3代目を継承した正恩の母親が横田めぐみさんである
と詳細に論じる本が出版される。
その出版を急そがせたのは、金王朝そのものである。
『横田めぐみさんと金正恩』 飯山一郎著 三五館刊
(GekkanNippon 月刊日本)

えーー、 「鷲の本の出版を急そがせたのは、金王朝そのものである!」
ほーー、鷲って、金正恩の手羽先なの?!

たしかに、鷲の本の出版の経過・過程は、異常だ。
どれほど異常か! これを鷲は、後日、ぜ〜んぶバラすつもりだ。

げーー、『月刊日本』のツイッター文を良〜く読んでみると…、
『月刊日本』までが、鷲の本の宣伝をしてくれているじゃねーか!
わーー、嬉しい!
嬉しいが、なんかヘンだ…。
もしかしたら、いや、もしかしなくても…、
『三五館』のバックにいるのは、『月刊日本』じゃないのぉ?!


 ───────────────────

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr0125

◆2012/01/25(水) 本が出ました! (海外)


(抜粋)

さて、『横田めぐみさんと金正恩』(三五館)は、今後、日本国を含む東アジア
の政治社会情勢をガラリ!一変させるという“言葉の時限爆弾”が仕組まれて
おります。
で、その“心理学的時限爆弾”は、今後、日本語版から中国語と朝鮮語に翻訳
され、発売後、短期間で、ネットをつかったインタラクティブ(参加型相互対話)
なコミュニケーションが拡散されはじめた瞬間、猛烈かつ激烈に爆発!します。
この結果、東アジア全域に、覚えておいて下さい、『ツランの嵐』という強烈な
旋風が巻きおこります。
この「ツラン旋風」は、暗示的に申しますと、『乳酸菌の嵐』でもあります。

これ以上語ると『横田めぐみさんと金正恩』(三五館)を読破する楽しみが失せ
てしまいます…。
どうか皆さま…、
『横田めぐみさんと金正恩』(三五館)なる拙著を、どうか、どうぞ、ネット書店で
是非ともお買い求めいただきまして、我らが祖国・日本が、広大にして無限な
東アジアの全域各所で、日本民族の文化的潜在力を総動員して、祖国再興!
を見事に成し遂げる…、その夢と構想に想いを馳せて頂きたく存じます。

 飯山一郎拝む


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > テスト24掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > テスト24掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧