★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61 > 834.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
星雲の形は「高次元で自転しながら公転する球体」としてパソコンでシミュレーションできる
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/834.html
投稿者 エーテル空間 日時 2016 年 2 月 13 日 21:30:04: 8pG7ohkaiAuIc g0eBW4Nlg4uL84rU
 

 惑星状星雲の形をパソコンでシミュレーションできることがわかりました。惑星状星雲は星雲の一種ですが、幻想的で誰もがうっとりするような美しい姿をしています。同じ数式で宇宙ジェットと呼ばれる天体や銀河もシミュレーションできます。

「高次元で自転しながら公転する球体」を数式化してグラフにしたら、いろいろな惑星状星雲に見事に形が一致しました。使用した関数は三角関数だけです。ガスの放出現象とされる惑星状星雲が、三角関数だけで純粋に幾何学的にシミュレーションできることにびっくりです。

 現在の天文学の常識では、なぜこの数式で星雲をシミュレーション可能なのかを説明できないと思います。そもそも最近の天体観測でわかった事実には、現代天文学で説明できないことがいろいろあります。しかし「高次元で自転しながら公転する球体」というモデルは、惑星状星雲の中心天体が連星系の場合が多いことやダークマターの意味など、いくつかの謎を説明できると思います。

星雲シミュレーション
http://e4rotation.firebird.jp/9-1.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月14日 21:16:57 : F5Jt1xqRcY : kNcbqmHFJdM[14]
天文学のテの字も知らんが、
三角関数のような完全系でそれを近似できたからといって
それが何か驚くような事なんだろうか?

2. エーテル空間[13] g0eBW4Nlg4uL84rU 2016年2月18日 06:11:51 : sgMoL4y4cU : H8YhE@G690c[1]
>三角関数のような完全系でそれを近似できたからといって
それが何か驚くような事なんだろうか?

近似したというよりもシミュレーションしたという方が正しいです。
あらかじめグラフの形がわかっている場合、三角関数で近似することは数学的に可能です。しかし、私の方法はまず方程式があり、その変数となる回転数を変えてみたらいろいろな惑星状星雲とシミュレーション図形の形が同じになったわけです。

たとえば、タバコの煙はガスの放出現象です。その煙を、三角関数だけでシミュレーションできるでしょうか?粒子の質量とか初速度とか重力とか、いろいろな定数を利用したくなるでしょう。私のシミュレーションではそういった定数さえ使っていません。

つまり、惑星状星雲はガスの放出現象とされているけれども、その定説は間違っていると言いたいのです。


3. 2016年2月18日 22:47:52 : UmJMVWlTCM : StdNarJ5ePY[1]
>>2
>>1です。それは失礼しました。

例えば鉄板上の熱の伝導は
熱伝導を偏微分方程式にしてFEM等で
シミュレーションできますよね?

天文学が分らないのでよく理解できないのですが、
エーテル空間氏の研究はこの熱伝導の例えだと
どの部分の新発見なんでしょうか?
熱伝導の定式化の部分?


4. エーテル空間[14] g0eBW4Nlg4uL84rU 2016年2月19日 19:58:49 : sgMoL4y4cU : H8YhE@G690c[2]
>>3

微分方程式さえこのシミュレーションでは使いません。惑星状星雲にエネルギーが供給される仕組みには、熱伝導さえ考慮する必要がないのです。使うのは三角関数だけです。有限要素法などの技法も不要で、エクセルのような表計算ソフトで単純に計算できます。

このシミュレーションのどこが新しいかと言えば、ミンコフスキー時空を別解釈していることだと私は考えています。シミュレーション式自体は高校生でも理解できますが、なぜその式で惑星状星雲が記述できるかは天文学の常識ではわからないはずです。天文学よりも量子力学に分野としては近いのではないかと思います。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ61掲示板  
次へ