★阿修羅♪ > 原発・フッ素23 > 398.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「狂気の公文書」 新たな発想による事業事例の研究 「南相馬市」経済復興研究チーム作成文書より
http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/398.html
投稿者 宮島鹿おやじ 日時 2012 年 5 月 02 日 07:13:48: NqHa.4ewCUAIk
 

以下の文書のP.10の最下段の項目をお読みいただきたい。

あらかじめ断っておくが、これは、南相馬市という日本国の地方自治体が政策研究という名目のもとに税金を使用して作成した文書である。

http://www.city.minamisoma.lg.jp/mpsdata/web/5125/jirei.pdf

私が指摘したい部分を抜粋する。

<以下抜粋>
○環境放射能関連研究施設整備(相双環境放射線研究トライアングル)
※南相馬 、飯舘、浪江を結ぶ研究トライアングル
・低レベル放射線を継続的に被曝し続けている家畜を包含する生息環境を研究
・低レベル放射線の影響の機構の解明
今回の事故を契機とする当地方の環境に対する不安を払拭するため、環境放射能 についてできるだけ多くの知見を有し、適切な対応を図ることが不可欠であります。今 、南相馬市は放射能による生態への影響を調査及び研究する意義が大きいフィールドとなつてお り、市民のみならず世界中の人々の健康の確保、環境の保全等の観点から、徹底した環境放射能に関する研究が必要となってきています。
このため、環境における放射能の挙動と放射線レベルの解明及びそれらによる被ばく線量の評価法の開発並びに低レベル放射線の人体に及ぼす身体的・遺伝的影響の機構の解明及 びそのリスクの評価に関する研究を強力に推進していく環境を整えます。
<抜粋終了>

この文章を吐き気を催さずに読めた方はどれだけいるだろうか。
ここには、はっきりと「低レベル放射線の人体に及ぼす身体的・遺伝的影響の機構の解明及 びそのリスクの評価に関する研究を強力に推進」とある。
つまり、住民を使用して研究を推進するとはっきりと述べている。

なおかつ

南相馬市は、避難区域指定の解除が行われ、住民が続々と帰還しているのである。

私は、真剣に、これは、生体実験の禁止を謳った「ニュールンベルク綱領」に抵触する、極めて希少な公文書であると考える。


以下に、ニュールンベルグ綱領 第一条 を引用する。
<以下引用>
医学的研究においては、その被験者の自発的同意が本質的に絶対に必要である。
このことは、その人が同意することができる法的能力を持っていなければならず、暴力、ペテン、欺き、脅迫、騙し、あるいはその他の表面には現れない形での強制や威圧を受けることなく、理解した上での間違いのない決断を下すのに十分な知識と包括的な理解を持って、自由に選択できる状況の下で、被験者となる人が自発的同意を与えるべきであること、を意味している。
そのためには、医学的研究の対象とされている人から確定的な同意を受理する前に、研究の性質、期間、目的、実施方法や手段、被験者になったために起こり得ると考えられるすべての不自由さや危険、健康や人格に対する影響について、医学的研究の対象とされている人は、知らされる必要がある。
同意の内容が妥当なものであるかどうかを確かめる責任は、実験を開始し、指導し、あるいは実施する各個人にある。
これは、実施責任者が難を逃れて他の人に責任を押しつけることができない実施責任者個人の義務であり、責任である。
<引用終了>


このような狂気の文書=意思は、いかなる意味においても正当化されない。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 宮島鹿おやじ 2012年5月02日 07:18:03 : NqHa.4ewCUAIk : nL7U6ZGGJQ
この文書に関するより詳細な分析はこちら。
http://fukushima20110311.blog.fc2.com/blog-entry-45.html

02. 2012年5月02日 07:22:52 : xZP2IBtXUk
これっていうのは、結局コジマ医師が中心でやるのか?

03. 宮島鹿おやじ 2012年5月02日 07:29:55 : NqHa.4ewCUAIk : nL7U6ZGGJQ
南相馬市除染推進委員会委員長が児玉氏というのはホントです。

http://www.city.minamisoma.lg.jp/sinsai/2011-12/josen-iinkai.jsp


04. 2012年5月02日 09:51:12 : 0p3Is1yFh2
>起こり得ると考えられるすべての不自由さや危険、健康や人格に対する影響について、医学的研究の対象とされている人は、知らされる必要がある。

直ちに知らせてあげてほしい・・。


05. 2012年5月02日 10:20:46 : B27Z8CRZ7i
広島→長崎→福島と、とらえれば良いのですね?

今まさに、福島県民(否、日本人)が実験材料にされているわけだ!

日本列島は、核実験場と化したのだ!


06. 2012年5月02日 10:58:19 : 4QNZ1Y02gs
>>日本列島は、核実験場と化したのだ!

05さん ご存じなかったのですね。
とっくの昔から日本は核実験場!それも大量の日本人の人体実験を含む核実験場です。

「経済復興研究チーム」の連中はまさに731部隊の再現でしょう。


07. 2012年5月02日 11:27:09 : B27Z8CRZ7i
ということは、裏で操っているのは、国際金融マフィア(血筋の一族)ということ

ですね。


08. 2012年5月02日 12:42:02 : DTK68v7wks
フクシマは巨大な実験場である様相があらわになってきた。

除染実験に携わる企業・団体はこれ↓
http://www.jaea.go.jp/fukushima/decon04/ke05.pdf

現在、環境省が「中間貯蔵施設」「最終処分場」と呼んでいる施設は、実質的には仮置き場でしかない。
せいぜい産廃処分場レベルのものでしかなく、産廃処分場ですらゴミ汁を漏らし、地下水を汚染しているというのに、こんなもので放射性廃棄物を密閉できるわけがない。
また、あいかわらず「焼却処理」というアホな考えから抜けることもできていない。
今後、放射性廃棄物の処理・処分についての実験も行われるだろう。
http://www.env.go.jp/jishin/rmp/attach/memo20120330_waste-shori_gaiyo.pdf

既存産業の建て直しは現実的でなく、廃炉を基幹産業とする「復興」を行うということを、首長やマスコミも公然と言うようにもなった。
子孫は生まれながらにして、被曝者でありモルモットであり清掃作業員だ。

「福島県広野町、廃炉関連を産業の柱に 最初に役場帰還 日本経済新聞 - 2012年4月6日」
廃炉や原子力がらみのビジネスを地域産業として育てるのは当然の策」と話す。 昨年9月に緊急時避難準備区域の指定を解除された広野町からの避難者は、月額10万円の賠償を今年8月末で打ち切られる。小中学校も2学期から再開する。

「書を捨てよ町へ出よう」では、志が小さすぎる。
若者は、「被爆地を捨てよ世界へ出よう」。

おまけ↓
関連ニュース
「東電、廃炉費支援を要請…家庭700円値上げ」
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120427-OYT1T01177.htm


09. 宮島鹿おやじ 2012年5月02日 12:53:45 : NqHa.4ewCUAIk : BfIHrg2GuE
皆さん

コメントありがとうございます。

私は今まではできるだけ冷静に事実関係を明らかにするように努めてきましたが、今回については、冷静ではいられません。
こんな文書を公務員が作成し、厚かましくも何も問題ないかのように公表していることが信じられない。

南相馬市の職員は市長をはじめ幹部職員も含めてバカばっかりなのか!
住民をなんだと思っているのか!
公僕としての自覚・誇りはあるのか!
頭に脳は入っているのか!


10. 2012年5月02日 13:45:21 : EEPukz6NSM
「今回の事故を契機とする当地方の環境に対する不安を払拭するため」とあるのは、「当地には最初から環境(放射能)汚染の危険はない」と言っているのと同じだ。その一方で「低レベル放射線の人体に及ぼす身体的・遺伝的影響の機構の解明及 びそのリスクの評価に関する研究を強力に推進していく」のは矛盾であり、無駄である。最初から原発ありきで、甚だしい矛盾や支離滅裂にも気が付かない、情けなくなるくらいのアホサ加減だ。

11. 恵也 2012年5月02日 14:40:08 : cdRlA.6W79UEw : Oo5JJoGx8I
>>06 日本列島は、核実験場と化したのだ!

次の段階としてフクシマ原発をアメリカ使用済み核燃料保管所。
アメリカの召使になってる野田総理じゃ、俺は心配だ。

モルモット扱いされてるけど、日本は実質植民地だから仕方ない。
しかし少なくとも郡山市などからは子供を強制避難させたい。


12. 2012年5月02日 15:55:29 : DyLk72B4as
>南相馬市の職員は市長をはじめ幹部職員も含めてバカばっかりなのか!
住民をなんだと思っているのか!

つうか南相馬の職員も、その家族もみんな被爆してるだろ。もう手遅れだよ。
連中も犠牲者といえるだろうな。だから、この政策はもっと上部構造の意思
決定を考えるべきだ。つまり国策だよ


13. 2012年5月02日 17:07:29 : EOR6FX7MZs
公務員のモラルは、今や驚くほど低レベルだ。
住民の利益を第1に考え、公務員としての職務に忠実であろうとする職員はごく少数で、むしろ浮いてしまい、出る杭は打たれてしまう。

小さな自治体ほど、コネで採用されることが多いのも事実だ。そしてやりがいよりも生活の安定を目的として就職する者が多い。だから思い切った発言や行動をする者はおらず、正しいことを主張もしない。

これが実態だ。


14. 2012年5月02日 19:20:42 : TH6ry05dzQ
国際条約を知らないから、こんな事が平気いえるンでしょう。

こんな人間が、役人をしているから、駄目になるのでしょう。

本当に無知は怖いし、羞恥心がないのかねぇ。

有れば出来ないか?


15. 2012年5月02日 20:15:22 : TBZq0OQ4jM
フクシマ事故後の行政の一連の対応を見ていて、こう思うようになりました。

公僕は、あくまで公の僕であって、決して市民の僕ではない。


16. デミトリー 2012年5月02日 22:02:29 : 2kYVIsTHbi0XM : rYkMku2ZH2
新たなる発想・・・。

確かに。人体実験都市宣言なんて聞いたことがない。
住民は知ってるんでしょうか。
知りながらとどまることを選ぶんでしょうか。

エデン計画とは、なんと言うネーミング・・・。


17. 2012年5月02日 23:52:32 : T9T23oFFh2
人体実験・・・酷すぎるな
自国民をここまで酷く扱えるとはね

まったく情けない国だよ
ただしこれに税金が使われているなら国民は口を出す権利は所持してる

つうか国民の信託を受け、税金で運営されてる政府や行政機関が国民をモルモット扱いとか、ふざけ過ぎてます


18. 爺さん 2012年5月03日 01:40:48 : pkMRoq8j2xu8g : 3F8WF4fUzA
原発廃止を唱え始めた日本共産党も、原発廃止後に関しては、福島県や茨城・栃木北部について、同じような政策を打ち出すでしょう。あかはたに書かれていることは、これと内実は同じです。

仮に、そこに残りたいという住民の大量の意思がありそれを尊重するとして、この計画書には何と何が足りないと思いますか?
関東東北の現実から目を背けないなら、どのみちこういう話が論議されることになります。
そのときこの計画のどことどこを修正しますか?どう批判しますか?
私は、この計画は一貫して欠落させたものがいくつかありますが、書かれていること自体は、現実的だと思います。

障害者が30年から50年の寿命で暮らし、1割ほどの長寿命者が統率する。歴史的にはありふれていませんか。
それが良いとは決して思いませんが。

私は小出教ではありませんが、程度の差はあれ、多少なりとも日本全体が避けて通れない近未来の姿ではないでしょうか。
ベラルーシでの流れを振り返れば、国連もWHOも何も、これには反対しません。先進資本主義国でのモデルケースとして、どこまで被害が出るか出ないかの見極めまで何があろうが突き進みます。
日本共産党あたりの、福島県内での政策を否定できず原発ゼロを叫んでいたら、もうこの国はお終いです。


19. 2012年5月03日 03:31:11 : 9fYv7gbBJw
これ作った奴の個人まで追って責任取らせようぜ

20. 宮島鹿おやじ 2012年5月03日 06:30:54 : NqHa.4ewCUAIk : uyVbPFiJMY
皆さん
コメントありがとうございます。

爺さん
いつも敬意をもってご投稿を拝見させていただいております。
おそらくは、ある意図の貫徹という観点からすれば確かにこの文書は合理的といえましょう。しかし、そんな意図は私にとってはクソ喰らえです。

>障害者が30年から50年の寿命で暮らし、1割ほどの長寿命者が統率する。歴史的にはありふれていませんか。

もしできることなら、そのような世界を作る者に一撃を食らわせたい。今、せめてできることは、その者に向かって「お前は狂っている」というだけですが。

爺さんの今までのご投稿から、私の言っていることなど「いわずもがな」とは思いますが、若気の至りとお許しください。



21. 宮島鹿おやじ 2012年5月03日 06:52:18 : NqHa.4ewCUAIk : uyVbPFiJMY
地方自治法

第一条の二  地方公共団体は、>住民の福祉の増進を図ることを基本として、地域における行政を自主的かつ総合的に実施する役割を広く担うものとする。

地方公務員法

(服務の根本基準)
第三十条  すべて職員は、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当つては、全力を挙げてこれに専念しなければならない。

(法令等及び上司の職務上の命令に従う義務)
第三十二条  職員は、その職務を遂行するに当つて、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規程に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

(信用失墜行為の禁止)
第三十三条  職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

地方公務員
(降任、免職、休職等)
第二十八条  職員が、左の各号の一に該当する場合においては、その意に反して、これを降任し、又は免職することができる。
一  勤務実績が良くない場合
二  心身の故障のため、職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えない場合
三  前二号に規定する場合の外、その職に必要な適格性を欠く場合
四  職制若しくは定数の改廃又は予算の減少により廃職又は過員を生じた場合
2  職員が、左の各号の一に該当する場合においては、その意に反してこれを休職することができる。
一  心身の故障のため、長期の休養を要する場合
二  刑事事件に関し起訴された場合


(懲戒)
第二十九条  職員が次の各号の一に該当する場合においては、これに対し懲戒処分として戒告、減給、停職又は免職の処分をすることができる。
一  この法律若しくは第五十七条に規定する特例を定めた法律又はこれに基く条例、地方公共団体の規則若しくは地方公共団体の機関の定める規程に違反した場合
二  職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合
三  全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合

地方自治法

第十二条
2  日本国民たる普通地方公共団体の住民は、この法律の定めるところにより、その属する普通地方公共団体の事務の監査を請求する権利を有する。

第十三条  
1 日本国民たる普通地方公共団体の住民は、この法律の定めるところにより、その属する普通地方公共団体の議会の解散を請求する権利を有する。
2  日本国民たる普通地方公共団体の住民は、この法律の定めるところにより、その属する普通地方公共団体の議会の議員、長、副知事若しくは副市町村長、選挙管理委員若しくは監査委員又は公安委員会の委員の解職を請求する権利を有する。
3  日本国民たる普通地方公共団体の住民は、法律の定めるところにより、その属する普通地方公共団体の教育委員会の委員の解職を請求する権利を有する。



22. 宮島鹿おやじ 2012年5月03日 06:53:36 : NqHa.4ewCUAIk : uyVbPFiJMY
日本国憲法

第3章 国民の権利及び義務
 
第11条 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。
 
第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
 
第15条 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。
3 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
4 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。
 
第17条 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。
 
第18条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
 
第19条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。
 
第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
 
第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
 


23. 宮島鹿おやじ 2012年5月03日 07:13:29 : NqHa.4ewCUAIk : uyVbPFiJMY
公務員は等しく全体の奉仕者であり、特定個人、ましてや外国人の利益に奉仕するのではない。公務員は法令及び適切な上司の命令に従う義務がある。しかし、上司の命令が違法である場合は従う義務はない。上司に「あいつを殺して来い」といわれても従う義務はない。そして、すべての法律の基準となる日本国憲法には日本国民全員が等しく個人としてその生命・健康が尊重されるとある。この規定を受けて地方自治法の総則には、「地方自体は住民の福祉を目的とする」とある。

こういった観点から、この「研究チーム」の文書を見ると、明らかに、

日本国憲法違反
地方自治法違反

である。

さらに、地方公務員法によれば、「心身の故障」「非行」があった者に対しては、分限・懲戒処分が可能であり、なおかつ、住民は地方自治体の事務に対し監査請求を行え、さらには、議会の解散、長の解職を請求する権利がある。

南相馬市住民は速やかに、この「狂った文書」を作成した担当者を「心身の故障」を理由に処分することを長に要求すべきである。
というよりも、この文書の作成・公表を裁可した市長そのものの解職を求めるべきである。
これは法に認められた人民の権利である。


24. 宮島鹿おやじ 2012年5月03日 07:23:09 : NqHa.4ewCUAIk : uyVbPFiJMY
訂正

誤:「地方自体は住民の福祉を目的とする」とある。

正:「地方自治体は住民の福祉を目的とする」とある。


25. 宮島鹿おやじ 2012年5月03日 07:26:05 : NqHa.4ewCUAIk : uyVbPFiJMY
いや、普通に考えれば、「身体及び遺伝子への影響を研究する」地域へ、「意図的に」住民を戻した時点で、

詐欺罪
傷害罪
殺人罪

が成立しているはずだ。


26. 2012年5月03日 09:58:12 : 1gBWeG0MFG
つまり、基本的人権だとか生存権だとか、この国の憲法そのものが破壊されているということだ。すでに無法国家なんだよ。

27. 宮島鹿おやじ 2012年5月03日 10:20:33 : NqHa.4ewCUAIk : uzkH2FECmQ
>26

ま、そういうことですな。

しかし、今後、「出るところに出た」ときのために整理しておくことは意味があるかと。


28. 宮島鹿おやじ 2012年5月03日 10:24:00 : NqHa.4ewCUAIk : uzkH2FECmQ
人民が政府に対して「法律を守れ」と訴えるのはよくあるパターンですね。
水俣病のときもそうだった。

29. デミトリー 2012年5月03日 10:38:35 : 2kYVIsTHbi0XM : rYkMku2ZH2
何が欠落してるかって・・・。

住民を安全だと騙していることじゃないですか?

これだけ危険です!
このような健康被害が出るでしょう!
残った人はこのくらい死ぬでしょう!
出ていく人は止めません。
ですが、あえて踏みとどまり、新たな町を築きましょう!
くらいは、住民に呼びかけたらいいのに。

公務員は、今まで考えもしなかった倒産(自治体消滅)を目の前にして、
おかしくなってしまったんじゃないですか?
住民が減って行くことをふまえた対策を考えているように見えますよ。
そのうち、入植者募集みたいなことが始まりそうです。


30. 2012年5月03日 10:45:32 : Adkvo51zEs
宮島鹿おやじ様
安芸ガラスです。

>正:「地方自治体は住民の福祉を目的とする」とある。

この2000年に施行された「新地方自治法」には、自治体が住民と滞在者の生命と財産を守る責務がありません。
旧い地方自治法には、自治体が住民と滞在者の生命と財産を守る責務がありました。

「周辺事態法」と「新地方自治法」はセットです。


31. 2012年5月03日 11:01:48 : rz8yVJb8i2
「カナダで日本語」のブログに昨日紹介されたドイツ放送のレポート、南相馬市の状況は必見だ。日本のテレビでは決して放送されない。

保育園では、無邪気な子供らが地元?の食物をおいしそうに食べて遊んでいる。
園の中は除染したそうだが、ドイツの記者が周辺を計ったところ、とても住んでいい状態ではないそうだ。
あの可愛い子らが、五年後、10年後、どうなるのか、想像するだに可哀想でならない。
が、避難もさせずに人々を帰し、政府が意図的に実験するという事なら、まさに鬼だろう。鬼は人を食い殺す。
鬼畜の実験を今も続けているということだ。


32. 2012年5月03日 11:31:45 : cpmGTIRPSo

ビキニの水爆実験のときから日本人は放射能のモルモットだろ
政府はアメリカから150万円の保証金を受け取った後、

たった100日で水爆マグロを国民の食卓にのせやがった。
戦後 癌が日本人の死亡率No,1になったのはビキニ水爆が原因

福島の放射能が大量にアメリカに飛んで行ったのは 金融屋にとって
そろそろアメリカ国民も邪魔になったからだろう

まあ福島は 敗戦支配が続いている日本にとっては 良い復讐にはなったが
南相馬は哀れだ


33. 2012年5月03日 14:12:55 : IPjqFOnXcs
未来の革命政権樹立の暁には、原発推進派と放射能安全派を残らず引っ囚えて、重度放射能汚染地帯に強制移住させるべきだ。

なかでも罪深い御用学者と御用マスメディア連中は、原発構内に封じ込めて石棺人柱にしてやるべきだろう。

ついでに腐敗官僚、悪徳政治家、強欲利権団体、暴力団組織、支配的エスタブリッシュメント、統一教会や創価学会などの悪質なカルトどもも纏めて地獄の火の中に叩き込まれるべきだ。


34. 2012年5月03日 16:27:01 : rz8yVJb8i2
ドイツZDF「放射能ハンター」
をどうぞご覧ください。

 http://www.youtube.com/watch?v=PtorYF4j9SY&feature=player_embedded


35. 2012年5月03日 16:29:19 : wWTtX2dP9E
>>。ヨ低レベル放射線の人体に及ぼす身体的・遺伝的影響の機構の解明及 びそのリスクの評価に関する研究を強力に推進」

これを読んで、過去のエイズ事件を思い出す。
厚生労働省以下あの事件の本丸はまだ解明されていない。
もうあの世だが、よぼよぼのジジイが個人的に血祭りに上げられたのを思いだす・・

昔、悪魔が来たりて笛を吹くって映画があったなぁ。
悪魔の知恵は神を未来永劫凌ぐ事は無い。
これは摂理である。


36. 2012年5月03日 17:07:45 : MohxEazYDA
これは国側からの要請で、自治体が主体性を見せかけて出したものだ。

つまり、国、自治体及び関係者全部がグルってこと。ホントにクズだ!

何にも知らない住民はホントに哀れだね。

日本人に必要なのは「疑うこと」と「検証」することだね。


37. 2012年5月03日 17:56:44 : L5hFwa4rGY
宮島鹿おやじ様

いつも渾身のご活動に、敬意を抱いております。以前「量子力学」の理解を地球人類が再度見つめなおすことは、現状の自滅的状況を転換させるに、有効と考えている件をコメントしたものです。大変ご無沙汰しております。

一年前の自身の被曝からの健康悪化をコメントしたところ、住居地自治体からマークされまして阿修羅でのコメントを控えておりました。最近、全身の倦怠感や咽喉もとの腫れぼったさ、心臓の不整脈、頭痛など、先が長くないことを予感しております。

さて、私が常々、おやじ様に感じることは、おやじ様は人として、誠実であることと人間を信じて暖かい気持ちを失わない方だと言うことです。
他方、私のように捻くれた人間から見ますと、おやじ様のその誠実さは、お人よしとも受け取れます。

私は、根本的に人間は、そのコアに、「神の分け御霊」あり、と言う理解をもって生きている者です。人生観の一部として、「神さま好きの宗教嫌い」であり、唯物還元論者の対極い位置している人間です。

その存在観念、人生観から、かのスライブにもありました「なぜ人類の進化は阻まれるのか?」という、進化出来るはずなのに、それが発現されぬ理由を、4歳ほどの子供時分から求めて、現在44才に至ります。

今回の投稿の内容から、当方もおやじ様同様の怒りを抱きます。
しかし、この悪魔の所業の出所について、当方が長年に渡り抱くに至った「闇の根源」は、それを語ることですぐさま「変わり者、狂信者」と呼んで頂ける(笑)ように、この人間社会は人間の脳に仕込んで頂いております。今は気にしておりませんが。

量子力学の知見を人類が再検討する価値ありとする根拠は、「唯物還元論の狂信」が、この地球人類にかけられたトラップ(自滅プログラム)である、と言う結論を持っていますが、この論点においては恐らくおやじ様にも共感頂けるものと想像します。

問題は、その自滅プログラムを人類に仕掛けた、存在とその理由についてです。

この時点で、阿修羅参加の諸氏には、カルト版、空耳版へ行けと言われそうですが(笑)、先が長くないので今日はおやじ様にお話しておきます(ご迷惑おかけして申し訳ございません)。

結論から書きます。闇の根源は、五千年以上に渡る地球人類が供給し続けた「虚無の想念エネルギー」と思っています。これは俗にいう「悪魔」と同意義です。産みの親は人類ですが、その想念形態は人類を逆にコントロールするに至った、その理由は「自身に存続」であり、人間の悪想念自体の結晶である想念体は、人間が虚無感を抱けば抱くほどに、その存在の継続になる仕組みです。

故に悪想念体は、特に恐怖心を抱く「強欲な人間」の想念に感応し、唯物観念を強化することで、自身の存在の消失(死)への恐怖を増幅することで、コントロールを行い、その人間達を「悪の枢軸」として構築し続けてきた、と推論します。

何ゆえ、スーパーエリート達が、自らの寿命を超えて、何世代も「人類支配」の野望を継承し続けて来れたのかが不思議でしたが、人智を超えた根源(虚無想念体、悪魔)がその根源と見出すと、氷解してきました。

一部の支配者が、他の人類をストレートに「家畜」と認識しているので、実のところアメリカ国民自体が実験体であり、その研究の集大成が、日本人に仕掛けられた自滅プログラムの推進に使われてきたと理解しております。

故に、世界を操る支配者は、自分達以外を家畜として扱いますので、表立った各国の統治者(大統領、首相、国王など)も、中間管理職であり、奴隷が奴隷自身を管理する世界システムであり、日本における官僚、軍産複合体、金融エリートなどを、搾取のおこぼれを分け与える「アメ」と、「逆らえば一族郎党の抹殺」と言う「ムチ」により、現状の「理解不能な行政の醜態」を生み出している、そのように確信するに至りました。

このような分析が、「唯物還元主義」の土台に立つ我々地球人類には、「取るに足らない空論と妄想」と、諸氏におかれても評論されうるものと想定されえますが、その存在が決して認められぬ虚無想念体(これの産み親は、我々人類)を、排除しないで考察すると、この虚無的な地球の現状を悲しくも素直に説明しえると、このように理解しております。

その仕組みをひっくり返すヒントが、「量子力学の再検討」にあると、以前申し上げておりまして、宗教的な観念論では既に出来ないことは歴史が証明していると、私は思っており、科学と呼ばれるカルト狂信は言うまでもなく無理ですが、それらの方向性の極致に至れば、それらの知識や知見は、人類の世界観(唯物還元主義)を、世界は我々自身の観念によって出来ている、という世界観の転換を図れるのではないかと、一縷の希望を捨てません。

現状の虚無を産みだしたのも我々自身なら、世界を「無限進化発展…弥栄」へと裏返す「理力」を持つのも我々自身で在ると理解しております。

宮島鹿おやじ様の、今までの尊敬に値するご活動を、今後も継続して頂けますますよう、虚無に加担しない心の姿勢を念頭に、希望させて頂いておりますので、よろしくお願い申しあげます。


38. 2012年5月03日 18:51:21 : vwOHTzasRY
>>37
>>スーパーエリート達が、自らの寿命を超えて、何世代も「人類支配」の野望を継承し続けて来れたのかが不思議でしたが、人智を超えた根源(虚無想念体、悪魔)がその根源と見出すと、氷解してきました。

この世にスーパーエリートはいるのですか?
スーパーエリートとは具体的に何ですか?
ただのパーとは違うのですか?


>>その研究の集大成が、日本人に仕掛けられた自滅プログラムの推進に使われてきた
自滅プログラムとは具体的に何ですか?
その根拠的データをアップして下さい。

>>宗教的な観念論では既に出来ないことは歴史が証明していると、
具体的に歴史が証明した史実をどおぞ?



39. 2012年5月03日 18:53:46 : Adkvo51zEs
37さま
安芸ガラスです。

投稿の内容に同意いたします。
とくに、以下の指摘に深く共感いたします。
>問題は、その自滅プログラムを人類に仕掛けた、存在とその理由についてです。

オバマが「非核」の宣言をしました。
気が付けば、日本が下請けでプルトニウムを生産し、米国に引き渡しておりました。
隣の韓国は、「日本では安心してプルトの生産と管理ができないので、わが韓国に下請けをやらしてくれ」と、攻勢をかけております。

日本の支配者は、米国に去っていかれると生きることができないと、思っているようですね。
しかし、このままでは国民が大変なことになります。
それでも、東海村と6ヶ所村の再処理工場の稼働は維持しようとしております。

まさに「自滅プログラムを人類に仕掛け」ているのです。
その理由が、なぜ自滅の方向付けをしようとするのか。
わからないですね。

でも、あなたさまの以下の指摘が、私たちが生き延びるヒントになると感じます。

>現状の虚無を産みだしたのも我々自身なら、世界を「無限進化発展…弥栄」へと裏返す「理力」を持つのも我々自身で在ると理解しております。

それを取り出して消せばよいのです。
つまり、言葉にして火の光に中てれば、消えてしまいます。

ノーマルに生活を営むにはどうしたらいいのだろうか。
これですね。


40. 2012年5月03日 19:06:26 : FxhWhXZErg
>>39
>>気が付けば、日本が下請けでプルトニウムを生産し、米国に引き渡しておりました。

これは国際的発言になりますがいいのですか?
根拠はあるのですか?
プルトニウムを生産とは具体的にどぉいったラインですか?


41. 2012年5月03日 21:02:12 : EvKrOB1DjI
不苦死魔の原発乞食は氏濡のあたりまえ!氏根(うじね)!

42. 2012年5月03日 21:35:52 : EDKamiyFT0
東大 児玉教授の論文のひとつです。

http://plusi.info/wp-content/uploads/2011/08/Vol.28.pdf


43. 2012年5月03日 23:26:49 : qJRdtKM7Cg
ドイツZDF「放射能ハンター」見ました。ありがとうございます。

『日本政府は、原子力利権という祭壇に、国民を生贄として捧げているのです』
と、結んでいます。
本当にその通りなのに、日本国民の大部分が未だにそのことを判っていない。


44. 2012年5月04日 00:19:00 : L5hFwa4rGY
安芸ガラスさま

こんばんは、37のものです。いつも、宮島鹿おやじ様との話合いを読ませて頂いており、的確なコメントをされていることに、感じ入っております。

当方のようなコンセサスなど知ったことじゃない(笑)というスタンスのコメントに、応答頂きまして、ありがとうございます。安芸ガラスさまは、どなたの論調にも、内容を切り分けて論じていらっしゃいますこと、素晴らしい見識をお持ちの方と、当方常に思っております。

当方を含めて我々国民は、例外なく「自滅プログラム(唯物還元主義)」に思考を侵食されておりますが、自分自身の思考をスキャンしてきて分かるのは、完全に侵食されている状態においては、「自分自身が洗脳されているとは全く思わない」のが、洗脳(自滅プログラム)の特徴と解析されます。

欲望機械と化すれば、他者の批判、否定をベースに人生が送られる結果となり、己は如何に思うのか?という他者からの問いに対して、逆切れのごとき拒否反応が発火し、己の虚無を感知されたくない、自覚はしたくないという、自爆プロセスが進行します。ちょうど上下にコメントされていますような具合が、大変分かりやすい特徴のように感じられます。

しかし、安芸ガラスさまのようにコメントを頂けることが大変有り難いと同時に、上下のような書き込みや、重要なスレッドに疾風のように書き困れる(よく工作員などと呼ばれてますね!)書き込みの存在も、重要な意味を持っていると感じます。

よく工作員と呼ばれるコメントを見ますと、「ああ、この話題は真実に向いているのだな」と、早い段階で判断がつきますし、上下のような書き込みが入ると、自滅プログラムがいったいどういうものであるのかの解明に、貢献して頂いていることを感じます。

洗脳は、それが上手く機能されている実態をもって、明らかにされうるものですので、洗脳を我々がうけている、侵食されてしまうのも、あながち意味の無いことではありません。大事なのは「そこから、自身の存在の意味を回復させること」にあると思っています。

自滅プログラム(唯物還元主義)における根幹とは、「如何に人間存在とは、無力であるか、無意味であるか、無価値であるか」と自ら狂信させるということだと理解しております。

そのプログラムに侵食されますと、自らの存在を虚無と解釈し、必ず襲って来る消滅に恐怖し、己の無意味さに打ちのめされます。そして、他者は自分と敵対する物体として認識し、家族、仲間の意味も、己の空虚を穴埋めする所有の意味合いが強く、まして他者となればいつでも裏切り見捨てる決断に、素早く切り替わるシステムを持っています。

それが日本や各国の官僚と権力のシステムを支えている「狂気」と理解しておりますが、その狂気を下支えしているのが、存在認識が唯物還元認識であるとすれば、この世界認識の転換は、その一切の狂気の根拠を覆す力、それを「理力(理解する思考力)」と呼んでおります。

その、「反・唯物還元の世界認識」とは、繰り返しますが「量子力学」における、存在とは何か、という考察にあると言うのが、当方の言わんとするところであります。

それは、生活日常においては、安芸ガラスさまのおっしゃいますとおり、

>それを取り出して消せばよいのです。
>つまり、言葉にして火の光に中てれば、消えてしまいます。

>ノーマルに生活を営むにはどうしたらいいのだろうか。
>これですね。

という生き方となります。
凡庸であるが、その凡庸を換言すれば、「存在は当たり前ではなく、無意味ではなく、無力でもない。生きているということは、量子力学の語るところのように、見ることそれ自体が「私自身」であり、世界は自らの意識の顕在化により、世界は目の前に開闢されているのだ」という、「暗黙の理解による顕現力」の発露だと思えます。

決して、虚無に沈没した人間存在を、責めたり否定する処に住むものではありません。人間存在、それそのものが不可視の「神」そのものと理解出来ます。
我々は一人として、自らの「顔」を観察することができませんが、それと神など見当たらない、というのは同じことを言っていると見えます。
見ている自分自身が世界を開闢させている神なのだから、自分がそれを観察されえないのは至極当然ではありませんか…と言うことです。

話題の方向性を戻します。

>その理由が、なぜ自滅の方向付けをしようとするのか。
>わからないですね。

と安芸ガラスさまがおっしゃるとおり、何ゆえ自滅の方向付けに、日本人、また世界を牛耳る支配者が邁進するのか、理解できかねますが、当方のようなマイノリティーな考察では、闇の意識想念体が存亡の危機にあるという背景を見出します。

自らの糧は、人間の虚無感であると先に書きましたが、人間の意識に、まもなく転換が起こる、その時期が否応無く到達する背景があるということがここの論調の重要な点です。

今回の福島破局事故は、全体には少数とは言え、今までとは比べられない程の、直感に目覚めを誘発したと感じております。「それって何か違和感がある」という目覚めです。方向性はともかく、そのような目覚めからくる、「自らの意思、自らの行動」を回復することは、闇に虚無を供給するシステムに重大な危機をもたらします。

その背景から、闇が自らの存続を図るには、断末魔よろしく、なりふり構わぬ「人類の阿鼻叫喚を誘う」、支配システムの最終かつ終結段階に、進まざるえない、ということを言いたいわけです。

もとより「唯物還元主義」は、自らの絶対主滅をその根底に持っているわけですから、頑張れば頑張るほどに破滅に接近するのは必定である世界観念であり、その上に成り立つシステムも同様です。

故に、支配は完成すればするほどに、その終焉を迎えざるえない仕組みであり、今まさに、地球人類は、既存の世界観の究極点から、反転、転換点(特異点)を迎えていると当方には解釈されます。

日本の官僚と権力構造の断末魔が、この現状だという主張です。
言うなれば、「悪しき歴史も、必要であった」というスタンスとご理解下さい。
(反転に至る力と方向性。人類の目指す処は、その全く正反対の物事が行き着いた処から、反転して現れる、と。)

(当方の語る)「スーパーエリートやら、自滅プログラムの根拠やら、宗教の失敗の歴史の証明やら、また「プルトニウムを生産とは具体的にどぉいったライン」、その根拠やら」と、それらの言葉、それ自体を人間の思考に浮かび上がらせるシステム、それ自体が、それらを反転させていくのに欠かせないものとなって、善も悪も化学反応を起こして、新しいステージへの起爆剤へと変性しつつあると認識している処です。

ややこしい言い回しとなっていますが、重要なのは私達が、虚無に加担しないこと、この点は重要と思われ、怒りを持つも、用心を怠らないけれども、坦々と生活をし、絶望しない、虚無に向かわない、そのために座右の銘(?)として、「何も信じない、何も疑わない」中庸を行く心の態度をキープしつつ、物事をよく租借した上で訪れる直感の到来を待ち、自身のその感性に委ねて結果を追わず、「ノーマルに生活を営む」こと、そのように思っております。

長文、失礼いたしました。またご教授下さいませ。


45. 宮島鹿おやじ 2012年5月04日 00:25:07 : NqHa.4ewCUAIk : aCPpoN359d
デミトリーさん

引き続き、コメントをいただき、ありがとうございます。

>公務員は、今まで考えもしなかった倒産(自治体消滅)を目の前にして、
おかしくなってしまったんじゃないですか?

山下教授は、講演会で、「福島の『崩壊』の阻止に苦慮した」とはっきりいいました。佐藤知事の負託を受けたのではないかと思います。
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/232.html

つまり、県とか市とは
「住民(主体)が先にあり、それに必要な事務(自治体組織)が後にある」
のではなく、
「まず先に自治体の(領土)経営が先にあり、それに必要な住民(税収)が後にある」
という意識を県知事などが持っているということの証拠であると考えます。


46. 宮島鹿おやじ 2012年5月04日 01:21:40 : NqHa.4ewCUAIk : aCPpoN359d
安芸ガラス様

いつもいつもありがとうございます。
本日、フラワーフェスティバル見物に行きましたが、まあ、大きな屋台市のような印象を受けました。
事件がありました。
酒に酔った老人男性が通行人に抱き起こされているのを見ました、その後の男性の足取りは明らかに危なく、行きつ戻りつして歩いています。転倒する恐れがあり、周りの人たちも危ぶんでいました。私は、大会本部や関係者はいないかとあたりを窺っていましたが、まもなく男性は転倒しました、様子を見ながら「付かず離れず」の距離を保っていた私は思わず駆け寄りましたが、間に合わず、老人は後頭部を強打しました。私は乾いた音を聞きました。その後、付近の出店者が連絡し、警官が来て、救急隊員が来ました。彼らが介抱する中、老人の後頭部から大量の出血が始まりました。
私は付き添って歩いていればよかったと思いました。そして、今回の原発事故への関わりを思い、「もう、どうせ間に合わない。今回も間に合わなかった」とも思い、私は妻の前で不覚にも泣きました。

その後、こう思い直しました。もう事は起きてしまった。多くの住民は被曝した。今も意図的に被曝させられつつある。私は事故前は何もしなかった。しかし、今、必要な手当てはなされていない。出血を止めないといけない。私は単に、助けを求めて叫んでいるだけだ。しかし、無意味ではないと。

2000年の法改正についてご教示ありがとうございます。調べてみます。
明日、黄金山に登り、平和記念公園に参ります。
少し読みやすい宋学の本を読み始めています。雑談板でまたお目にかかります。


47. 宮島鹿おやじ 2012年5月04日 01:41:09 : NqHa.4ewCUAIk : aCPpoN359d
31、32、34、35様

コメントありがとうございます。
貴重な情報提供感謝します。
動画等につきましては、必ず拝見します。

今後ともよろしくお願いします。

33、36様

コメントありがとうございます。
ご意見には全く共感します。
人にはやっていいことと悪いことがあり、これは絶対にやってはならないことです。彼らは裁かれるべきであり、我々は何事にも盲信してはならないと思います。



48. 宮島鹿おやじ 2012年5月04日 02:02:10 : NqHa.4ewCUAIk : aCPpoN359d
37. L5hFwa4rGY様

以前、量子力学などについて、お話をしていただいた方ですね。

お体の具合が良くないとのことですが、近辺の方でしょうか。
私も、少しばかり、汚染物質に関わり、そのせいか喉の炎症に悩まされております。是非ご自愛くださりますようお願いします。

>世界を反転させること。
>そこには、全く思いもしない大どんでん返しがある。それを武士道ではこう呼ぶ。
>「無為自然」。世界を我が物とすること。

不可視の視点を織り交ぜたご高見は大変参考になります。
私も、量子力学については「不可視」の世界との接点との理解をもっています。


ご存知かもしれませんが、安芸ガラス様とは以下のスレッドで考察を継続しております。一言で申せば狂気の研究です。よろしければご参加ください。
http://www.asyura2.com/10/idletalk39/msg/853.html
朱子学について一定のまとまりがついたら、「古典物理学」について若干の投稿をいたしたいと思っています。必然的に量子論と関わってまいります。


49. 宮島鹿おやじ 2012年5月04日 02:11:58 : NqHa.4ewCUAIk : aCPpoN359d
42様
貴重な論文の紹介をありがとうございます。
これで、あの人がどういう人なのか一定の輪郭がつかめそうです。
長滝というお名前がありますね。どこかで聞いたような。
今はそれだけです。今後ともよろしくお願いします。


43様
コメントありがとうございます。
私はまだ拝見していませんが、時間を見つけて必ず見ます。


50. 2012年5月04日 02:45:33 : L5hFwa4rGY
宮島鹿おやじ様

お久しぶりです、この夜分に素早きご返答を頂きまして、痛み入ります。

朱子学のスレッドを先日より拝見しておりまして、安芸ガラスさまとの対談?に、
多く学ばせて頂いているところであります。

当方は東京の多摩地区で、不幸中の幸いと申しますか、周辺に点在するホットスポットと比較して、大変汚染程度が薄い地域に住居しております。しかし、高速道路に面していることと、伯母が福島市内で支援に二回訪問したことが、周辺の人々とは違った影響をもたらしているようです。
昔から「カナリア体質」(汚染にすぐ反応する身体機能)なので、そのせいでしょう。
もともと心音に異常の要素があるので、現在心臓周辺に痛みを覚えるのと、左目の視力低下、偏頭痛と後頭部から首にかけての熱っぽさ、弱いめまい、弱い吐き気、鼻をかむと血が混じる(一年前は毎朝、量も多かった)など、外部でなく内部被爆の特徴を明確にあらわしており、仕事(福祉施設)を辞めて、九州か沖縄に移住したいと希望しているここ最近です。

しかし移住先の当ては無いゆえ、熟考中です。

おやじ様のご活動から比較すれば、何もなさない甘えた人間ですが、コンセサスが何ぼのもんじゃ!と吼えつつも、世界観の反転への、人類の共通認識への思考運動(その活動の先生が福岡在住なので、九州へ行きたい)に、日々取り組んでいるところです。

世界認識への知識が、世界認識を変え、認識の転換が、存在への理解を変え、理解が変われば意識が変わり、行動は同時に変わると、そのように理解しております。
宗教で語られる、観念的な世界の変革ではなく、思考としての愛、への存在世界の認識の転換で、「知ることが、自分を変える」理論を打ち立てて、共通の認識に到達することを目指しています。

一方で、身体に置ける「進化向上のシステム」の物性の研究も二十年以上をかけております。モノとしての人体とは何であり、霊としての人体(物質とは意識の映像である)の両面を、一枚の紙の裏と表として、一体の理解を持つ学びをしています。
(人体理解のヒントは仙骨にあり。)

何もかも半人前ですが!


51. 2012年5月04日 04:45:43 : YWnwFIVjS2
宮島鹿おやじ様
安芸ガラスです。

>長滝というお名前がありますね。どこかで聞いたような。

広島では重松逸造。
長崎では長瀧重信。
1月に丸善から『原子力災害に学ぶ放射線の健康影響とその対策』を出版しました。


52. 2012年5月04日 05:04:17 : YWnwFIVjS2
37様
安芸ガラスです。

>当方のようなマイノリティーな考察では、闇の意識想念体が存亡の危機にあるという背景を見出します。

上の「闇の意識想念体」について一語。
むかしの「スペイン風邪」が、これに該当するのではないでしょうか。
第一次世界大戦の後でしたかね。
明らかに「不安」の集合体です。

戦争も、そうです。
こどものころ、私にやさしい祖母がいました。
ところが、「大日本婦人会」のメンバーとして、千人針で街頭に立つわけです。
戦争に自らが協力する祖母と、孫の私に接する祖母は、同じ祖母なんです。
何かが、祖母を街頭に立たしたのです。
それが、彼女を動かしていることになります。


53. 2012年5月04日 06:00:52 : YWnwFIVjS2
37様
安芸ガラスです。

宮島鹿おやじさん宛て50を拝読しました。
ここでは、

>現在心臓周辺に痛みを覚えるのと、左目の視力低下、偏頭痛と後頭部から首にかけての熱っぽさ、弱いめまい、弱い吐き気、鼻をかむと血が混じる

と云われています。


しかし、同時に44では、

>物事をよく租借した上で訪れる直感の到来を待ち、自身のその感性に委ねて結果を追わず、「ノーマルに生活を営む」こと、そのように思っております。

とも云われています。

病気は大変ですが、心身は非常に元気な状態とお見受けします。

書かれている事実から現象を推測いたしますと、左右の太さが大きく違う体つきをされていることです。
ポイントは鼻です。
鼻は動かすことができます。
まず上下に伸びます。
鼻に段差を付くと、左右の形を変えることができます。
さらに、鼻を高くしたり、低くしたりすることもできます。
あとは、捻ることも。
そして上下から、左右から縮めることもできます。
顔の成長は、鼻の可動性にあると思います。

このように鼻は動物性の器官なのです。
でもその内側は、植物性の器官でもあるのです。
「鼻をかむと血が混じる」のは、血管が縮むからです。
血管は植物性器官です。

さて、その鼻を動かすには、ご指摘の「人体理解のヒントは仙骨にあり」の「仙骨」です。
意識の焦点を「仙骨」にあて、鼻を左右などに動かしてください。

>物事をよく租借した上で訪れる直感の到来を待ち、自身のその感性に委ねて結果を追わず

「待つ」意味とは、あらあらしい自然から、人間に都合のよい自然を取り出して、その到来を待つことです。

「結果を追わず」とは、方向付けのことです。
方向付けとは、仙骨に意識をあて、鼻を動かすことです。


54. 宮島鹿おやじ 2012年5月04日 06:55:57 : NqHa.4ewCUAIk : WGdxAk1POc
>>42

ご紹介のあった論文をざっと読みました。
直ちに論証はできませんが、南相馬市除染推進委員会委員長である
児玉龍彦氏は、最も、濃厚な「御用学者」である可能性が著しく高いと認識します。

彼がありがたく参照している長瀧重信氏は、放射線影響研究会理事長です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E7%80%A7%E9%87%8D%E4%BF%A1

ほぼ、間違いない。あの人が除染を主張することで、住民は避難せず、被曝が進行していると。



55. 2012年5月04日 06:57:27 : WGdxAk1POc
誤:放射線影響研究会
正:放射線影響研究所


56. 2012年5月04日 08:34:39 : YWnwFIVjS2
宮島鹿おやじ様
安芸ガラスです。

>私は妻の前で不覚にも泣きました。
よかったですね。
泣くのは、心身が弛んだからですよ。
緊張していたんですね。
あと、春風邪を引くと、本当に心身がリラックスします。


>老人は後頭部を強打しました。
転倒する前、腕はどうでしたか。
腕の振りは、マラソンのQちゃんのような振りでしたか。
それとも、肩より上でしたか。
鳩山前総理のような体は、前に転倒するのです。
後ろに転倒したのは、重心が後ろ側にある人だったのです。

私も毎年、今の時期に転倒しておりました。
転倒に、気が付いたのは腰骨や大腿骨を骨折したからです。
時期と周期がありました。
おとどしまで、その繰り返しでした。
それが、知り合いに「転倒するのは、もう飽きたでしょ」と云われました。
それで、転倒と云う現象を掴むために、その素質を探し出し、陽に中てるために言葉にして、霧散させました。


57. 2012年5月04日 09:31:18 : EDKamiyFT0
42です。宮島鹿おやじ様、ご丁寧なお返事をありがとうございました。
一枚の論文では。。。というご意見もあるやもしれませんが、おやじ様おっしゃておられるとおりW輪郭”くらいは掴むことは出来そうです。

御身体、ご自愛くださいね。おやじ様も他の皆様も、真実を追究しようとする方々には一番長生きしてもらわねば困りますから。

児玉教授の研究内容から言うと、今回の件は彼にとっては王道を行ける話なんでしょう。既に起きてしまったこと。悔やんでいても仕方がない。それならばいっそのこと有効利用!というニュアンスでしょうか。しかし、相手が生き物である以上、そんな安易なことではと私も感じます。憤りというか、絶望といいますか、なんともはっきりしない何かが胸につかえます。

非難勧告を発令しておいて、それでも自分達の選択で逃げないことを選択した場合ならまだ解ります。が、住めない=戻れない地域についても奥歯にものの挟まった発言のまま、ありもしない期待を持たせたまま(除染すれば住めるよ、みたいな)、1年以上引きずっているわけで、合法犯罪とみなされても仕方のない話でしょう(国民の安全を保障する義務は政府にはなかったと思われますので、大変遺憾ながら違法にはならないでしょうから)

長瀧重信氏のリンクもありがとうございました。拝見しました。東大→ハーバードですね、はい(苦笑)長崎大と聞いただけで、私の顔は勝手に歪みますが。。。

おやじ様、わき道へそれますが、医療内容なので補足させてくださいませ。
この2011、7月末〜8月中にかけて日本人医師(ということになっていますが正体は不明です。アカウントは既に削除されています)によってかかれたツイター18項目は既出済みでしょうか(ひとつずつは短い内容です)一般向けにとても解りやすく書いてあり、しかも昨年の夏の時点で、今現在実際に起きていることをかなり的確に書かれていたので持参いたしました。ベラルーシを実際に知っていらっしゃるという言葉に嘘がないので、この医師には近い将来が簡単に予測できたものと感じます。私が先週始めて足を運んだ際にはカウンターがまだ500ほどでしたが今は3000を越えています。今頃になって拡散しはじめた様子です。ご参考までに。

1) 激烈な初期症状 http://www.twitlonger.com/show/burrc5 (2011/07/25)
2) 軽度の知能低下 http://www.twitlonger.com/show/busdm7 (2011/07/25)
3) 放射線に対する感覚的感受性 http://www.twitlonger.com/show/bus4n3 (2011/07/25)
4) β線核種が大変多い http://www.twitlonger.com/show/c7a1fg (2011/08/06)
5) クエン酸は血管内膜炎を治す薬ではない http://www.twitlonger.com/show/c79j7g (2011/08/06)
6) アップルペクチンの実験結果  http://www.twitlonger.com/show/c79or9 (2011/08/06)
7) γ線しか測れないシンチレータ式機種  http://www.twitlonger.com/show/c793ef (2011/08/06)
8) 放射性物質の影響は2種類  http://www.twitlonger.com/show/c8lmk7 (2011/08/08)
9) β線を無視するように誘導する理由 http://www.twitlonger.com/show/c8t7b1 (2011/08/08)
10) 311前の発想は、被害を増加させる http://www.twitlonger.com/show/c9786a (2011/08/09)
11) 現実問題としてどうするか http://www.twitlonger.com/show/cack2u (2011/08/10)
12) 皮膚症状 http://www.twitlonger.com/show/cbgba5 (2011/08/12)
13) 血管内膜炎/心筋梗塞 http://www.twitlonger.com/show/cce5le (2011/08/13)
14) 中枢障害/医療崩壊 http://www.twitlonger.com/show/cceiae (2011/08/13)
15) アップルペクチンの服用 http://www.twitlonger.com/show/ceah4g (2011/08/16)
16) 西日本の内部被曝/亜急性甲状腺炎  http://www.twitlonger.com/show/ch4b49 (2011/08/20)
17) 行政に完全に頼れない http://www.twitlonger.com/show/ch3klb (2011/08/20)
18) β線源がないと、症状の進行を説明できない http://www.twitlonger.com/show/cp4918 (2011/08/30)


58. 宮島鹿おやじ 2012年5月04日 16:26:16 : NqHa.4ewCUAIk : pXghajrFeA
安芸ガラス様

今日も、ある会場で女性歌手の暖かい旋律を聴いているだけで泣けてきました。
しかし、こういった戦いの先輩である、ある方から「戦いは長い。肩の力を抜け」といわれました。ただ、状況は知れば知るほど、強迫神経症的にならざるをえない、とも思いますが、自滅しては元も子もないと思いました。

転倒した老人は、腕はどのように振っていたのかははっきりしませんが、何かを持っていたようで、ビラ配りの女の子からニコニコしながら受け取っていたらしいです。(妻の記憶ですが)だから腕は振っていなかったように思います。少なくとも肩より上に上がっていることはありませんでした。

私も左ひざに水がたまるようになり、山歩きなどは難しくなりつつあります。
安芸様もお体にはお気をつけください。


59. 宮島鹿おやじ 2012年5月04日 16:38:18 : NqHa.4ewCUAIk : pXghajrFeA
57. EDKamiyFT0様

大変貴重な情報をありがとうございます。
今後、思索していく上でベースとなるような情報が満載です。
助かります。

↑のほうで、安芸さんもおっしゃっています「保護の義務」についてですが、2000年の法改正の要点をまだつかんでいないのでなんともいえませんが、仮に災害発生時に住民を保護することが結果としてできなかった場合には、やむをえないという考えも成り立ちそうですが、「意図的に」放射線障害の可能性があるところに住民を呼び込んだ場合、疾病発生の因果関係という問題はあるかもしれませんが、明らかに「犯罪性」があると認識しております。いかに法改正が巧みに行われたとして、この違法性を阻却できる理論を想定できません。その辺はどんなものでしょうか。


60. 2012年5月05日 01:46:08 : Tt0Nq737HE
宮島さん少しお疲れの様ですね。
自身のお身体ご自愛下さい。

目の前の事故はショッキングでしたね。
鹿さんは恐らく感受性が強い方のようですので、暫く後を引くかと思います。

私も色々経験しましたが、私の先祖も含めもっとえぐい戦中に地獄を見た方達の御霊を更に成仏して欲しいと願います。

弱い気には悪い気が寄って来ます。
疲れた時は、あなたの産まれ年の菩薩如来等に真摯に祈って下さい。
少しは膝が良くなるかも?!
最近私は他者の為に常に祈ってます。
それぐらいしか私には出来ないからです。


61. 2012年5月05日 06:19:22 : WJeBTZImVU
宮島鹿おやじ様
安芸ガラスです。

>私も左ひざに水がたまるようになり、山歩きなどは難しくなりつつあります。
胴体を捻じって使っているようですね。
要求を実現するさいには、魚と同じで胴体の左右どちらかを縮めることで、前進運動にします。
手足・首はその結果、動きます。
しかし、宮島鹿おやじ様の行動力のもとは、胴体を捻じって使うことからきているようですね。


>安芸様もお体にはお気をつけください。
ありがとうございます。
きのうは、つれあいに誘われ、原発をとめよう、と駅前でしゃべってきました。
花と団子に例えれば、ひろい意味での生殖活動ですね。

>今日も、ある会場で女性歌手の暖かい旋律を聴いているだけで泣けてきました。
それは、歌の中に訴えがあったからですよ。
また、歌の中に訴えがなければ歌ではないのです。
歌はアクセントをつけたり、メロディーを付けて唄いますでしょ。
それは、体の中の訴えが、言葉の表現となる前に、調子の変化として現れるからです。
宮島鹿おやじ様の訴えがすでに体の中にあり、それが彼女の歌の調子、間合い、言葉の速さに同調したのです。
ですから、泣き行為は、胸を弛めることなので、大変好いことです。


私は駅前で、スピーカーとマイクを使い訴えました。
皆さんは、話す内容が大事だと思われるかもしれませんが、私の方は、実はどの調子だったら、通行人の体が弛むのかを、探しているのです。

>何かを持っていたようで
転倒した人は、今の時期に、手に何かを持つと、後ろに重心が移動するようですね。
きのう近所の人から聞いた話しですが、身内が毎年、今の時期に転倒するそうです。
今年は、洗濯物を干し棹に干そうとして、転倒したとか、です。
自分のクセは、本人も周りの人も判ってはいるが、それを薄くするのは難しいのですね。

日本の支配者のクセも同じものがありそうですね。


62. 宮島鹿おやじ 2012年5月06日 07:42:50 : NqHa.4ewCUAIk : U88sk4VRAE
34さん

「放射能ハンター」拝見しました。
このような海外の番組を見るといかに日本が異様な国であるかということがよくわかります。
ありがとうございました。


63. 宮島鹿おやじ 2012年5月06日 07:49:49 : NqHa.4ewCUAIk : U88sk4VRAE
60.Tt0Nq737HE さん

大変暖かいお心遣いを戴きまことにありがとうございます。

私は寅年ですので、「虚空蔵菩薩」という仏様のようですが、どのようなお方かはよくわかりません。

>最近私は他者の為に常に祈ってます。
>それぐらいしか私には出来ないからです。

これ以上ないというほどすばらしい行為だと思います。
今後ともよろしくお願いします。


64. 宮島鹿おやじ 2012年5月06日 08:17:37 : NqHa.4ewCUAIk : U88sk4VRAE
安芸ガラス様


>胴体を捻じって使っているようですね。
>しかし、宮島鹿おやじ様の行動力のもとは、胴体を捻じって使うことからきているようですね。

まさに、そのとおりです。かなり驚いています。

>自分のクセは、本人も周りの人も判ってはいるが、それを薄くするのは難しいのですね。日本の支配者のクセも同じものがありそうですね。

そのクセをなんとか突き止めたいものですね。
廃仏毀釈のお話(このスレではありませんが)大変驚いています。それでは、まるで戦国時代の合戦ではないかと思いました。それが、今の不条理な政策の起源とのお話は興味がつきません。と、同時に恐ろしくもあります。


65. 2012年5月06日 21:39:47 : X7h2VMVXnA
鹿さん下記はグモンジ方の虚空さんの教えみたいです。
真言になると(鹿さんの宗派は知らないので)違うみたいですが、弘法大志も室戸岬でこのグモンジ法を唱え記憶し、明けの明星を見たみたいですね。
因みに私は空海さんの現中国に経つ前に書いた、決意の書(達筆)を見た時泣けたのでした。

「ノウボウ アキャシャ ギャラバヤ オン アリキャ マリ ボリ ソワカ」

虚空さんは慈悲と記憶力抜群らしいので、やはり加護における鹿さんは真剣にこの世の事を考える程この世のアラユル苦しみが来ると思います。

どんな苦しみが来ても、負け無いで下さい。
私も決して負けません。
この世の苦しみは大した事ありません。
あの世では永遠に苦しみ続けるのです。



66. 2012年5月07日 22:51:47 : SAfuI8kkx2
65さん
安芸ガラスです。

>「ノウボウ アキャシャ ギャラバヤ オン アリキャ マリ ボリ ソワカ」
なつかしいですね。

神社、墓場、焼き場への肝試しのときの、呪文ですね。
星も月もでてなく、階段を登ると、稲荷さんがあるのです。
階段を登りきって、稲荷までかなりの距離があるのです。
歩くと、私を追いかけてくるような、足音がするのです。
そのときにこの呪文を唱えるのです。

先輩から、餓飢(がき)が追いかけてくるので、後ろを向かないようにと、最初に仕込まれます。

私が社会人となり、小学生の先輩となりました。
また、私が先輩として、小学生に「ソワカ」を伝授することになりました。


67. 2012年5月08日 00:13:49 : jF5qwg4Nvw
>>66
>>神社、墓場、焼き場への肝試しのときの、呪文ですね。
あなた、大丈夫ですか?

これは呪文ではありませんよ??
OMG〜


68. 2012年5月08日 00:24:13 : Aitmb8XO1o
>>66
因みにお稲荷さんは伏見が総本山ですが、是非千本鳥居を見てください。
お稲荷さんは、結構寛大な神様ですよ。

自営業なら毎年神から敬い、訪れて下さい。
あと、ガキは人の心の深層に巣食います。


69. 2012年5月08日 07:20:48 : WyUdiT1M8s
67さん
安芸ガラスです。

>>>神社、墓場、焼き場への肝試しのときの、呪文ですね。
 あなた、大丈夫ですか?
 これは呪文ではありませんよ??

心配して頂いてありがとうございます。
おかげさまで元気です。


68さん
>因みにお稲荷さんは伏見が総本山ですが、是非千本鳥居を見てください。

わかりました。

>自営業なら毎年神から敬い、訪れて下さい。
 あと、ガキは人の心の深層に巣食います。

心の深層に巣食うのですか。
では、とりだしましょう。


70. 宮島鹿おやじ 2012年5月10日 05:38:52 : NqHa.4ewCUAIk : SQoRhcCA8I
65. X7h2VMVXnAさん

大変暖かいお心遣いに感謝いたします。
「弱い気には悪い気が集まる」 とは本当にそのように思います。

>どんな苦しみが来ても、負け無いで下さい。
>私も決して負けません。
>この世の苦しみは大した事ありません。
>あの世では永遠に苦しみ続けるのです。

よくわかりました。
自分の中に、黄金の光があると思います。
その光にできるだけ添うようにすれば
負けることはないと思うのですが。
まだ、実感はありません。


71. 宮島鹿おやじ 2012年5月10日 05:53:52 : NqHa.4ewCUAIk : SQoRhcCA8I
安芸ガラス様

福島のことで若干関わることがあり、考察が遅れ気味になっていますが、
「ピン」ときたこととは、やはり、朱子学の「官学化」=「権威主義」化です。
ただし、繰り返しになりますが、朱熹ご本人は、当時の儒学が「受験勉強」「記憶力競争」の具になっていることを強く批判していました。
ある理念がある。しかし、世俗における利益、それに適うような変形が起こる。
仏教でもキリスト教でも全く同じ、構造と運動が見られます。おそらくは、身近な親睦団体や個人個人の心においてさえ同様の運動があるのではないかと思います。

しかし、朱熹の理論については、当時から、陸九淵という方と論争があったようであり、「筒の中の成分」として、批判の基となるものがあったという考えも成り立ちそうです。


72. 2012年5月10日 08:15:26 : W0MkJOmqKY
宮島鹿おやじ様
安芸ガラスです。

>しかし、朱熹の理論については、当時から、陸九淵という方と論争があったようであり、「筒の中の成分」として、批判の基となるものがあったという考えも成り立ちそうです。

面白そうですね。
「筒の中の成分」の発想は、生き物の体から発想したと考えています。
生き物て、円柱(立方体)でしょう。
高さがあり、幅があり、厚さがありますね。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素23掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素23掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧